きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

紅い間

2012年11月26日 | 小田原お邸
小田原お邸にて。

玄関から見える廊下は、
紅い間。

柿渋を塗った木組み、

紅い花梨の床、

紅い土の壁。

紅は元気の出る色です。


コメント

引き締まる土間

2012年11月14日 | 小田原お邸
小田原お邸にて。

現場へ行くと、
玄関土間が完成していました。

大磯砂利の洗い出しで縁取り、
その中は那智黒石を敷き詰めています。

施工方法を見て、
これは職人の感性と腕で
印象が変わるな、
と思いましたが、

そこはやはり湯田さん、
上品に黒く仕上がりました。

キリリと引き締まった感じの
印象の玄関です。


コメント

いっこいっこ

2012年11月05日 | 小田原お邸
小田原お邸にて。

現場に行くと、
左官職人の湯田さんが
玄関先に座り込んで、
何やら作業しています。

すると土間の仕上げの
作業でした。

大磯砂利の洗い出しの
縁取りの中に、
那智石を一個一個、
並べています。

洗い出しの場合は、
砂利を「撒く」といった感じですが、
石の場合はていねいに、
一つ一つ並べないと、
ボコボコになり、
また美しく詰まったように
見えないそうです。

これは手間だ。

作業の様子を見ていると、
施工単価の意味が
よく見えてきます。


コメント

あとは仕上げ

2012年09月27日 | 小田原お邸
今日は久しぶりに小田原お邸に。

外壁仕上げがほぼ終わり、
内部もほぼ仕上げが残るのみと
なっていました。







室内の壁は中塗りが終わり、
間仕切りの石膏ボード(今回は石膏ボードです)も
貼り終わっていますので、
空間の様子が明確に分かるようになっています。







玄関では、
左官屋さんが
土間を仕上げていました。

今回は大磯砂利による土間。

まずは四周と幅木を
仕上げています。
コメント

貫伏完了

2012年08月10日 | 小田原お邸
小田原お邸にて。

貫伏せが完了し、
開口部の位置が
明確となって、

空間の様子が
よく分かるように
なってきました。

ここは、
今南面の開口部が
象徴的な家です。


コメント

貫伏進行中

2012年07月18日 | 小田原お邸
小田原お邸では、
荒壁土、裏返し塗りに続く
第二段階、
貫伏、斑直しの最中。

暑くなってきて
風もよく通るので、

乾きもよさそうです。


コメント

土壁の乾きゆくうた

2012年06月15日 | 小田原お邸
壁土に

沁みる水気が

飛ぶ替わり

まちの風と陽

染みて固まる


コメント

風と土

2012年06月14日 | 小田原お邸
今日は
荒壁土を塗ったばかりの
現場二つへ。

双方とも
梅雨の前に塗り終えたので、
順調に乾いております。

しかし風の当たる場所は乾きが早く、
風の当たりにくい場所は乾きが遅く、

風が家に与える影響は大きいな、
と思った次第です。


コメント

中間検査

2012年05月25日 | 小田原お邸
小田原お邸にて。

竹小舞完了、
一部土を塗った状態で、
今日は中間検査。

おかげさまで
無事OK。

検査の後、
検査する方が
フツーの人に戻り、

ニコニコしながら
かけてくれる言葉が
いつもうれしいです。


コメント

西の陽と竹小舞

2012年05月21日 | 小田原お邸



今朝私たちを
興奮させた太陽は、

雲の中を通って
何ごともなく空を一周し、

西の空に沈む手前で、
私は小田原の現場に到着しました。

現場では先週に引き続き、
左官屋さんが竹小舞かき中。

道半分、
といった感じでしょうか。

妻面を見上げると、
竹小舞から漏れる夕陽が
とても美しかったです。

今日は何度も
太陽に心打たれる日です。





コメント