きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

まちの単位を考える

2008年08月31日 | 今日のできごと
現在、某市で建築確認の申請を
予定しております。

最近その市は、
周辺の幾つかの市町村を合併し、
とても面積の広い市となりました。
それには、
政令指定都市をめざすという目論見も
あるようです。

さてその合併により、
もともと「町」であったところで
建築確認申請を行おうとしているのですが、
必要書類を手に入れたり、
あるいは手続きを行う場所が
3ヵ所にわたることになっています。

それぞれの窓口が近ければいいのですが、
何せデカイ市ですので、
行き来するのに車で30分以上、
あるいは1時間以上、
しかも公共交通機関の使い勝手が悪く、
下手すれば全て回るのに
一日がかりです。

せめて合併したのだから、
全て窓口を近いところに
集約してくれればいいのに、
と思うのですが、
そうもいかない事情が
あるのかもしれません。
ただ少なくとも、
合併して不便になったな、
というのが正直なところです。



話は変わりますが、
私は以前、都市計画の事務所に
居たことがあります。
今も時折、まちづくり的な仕事に
触れることがあります。

その中で、面白いな、と思う
取り組みに出会うことがあるのですが、
私の印象では、
小さい単位の市町村のほうが、
そうした取り組みに出会う確率が
高いように感じます。

そしてそうした取り組みに
関わる人たちとお話する機会をいただくと、
そうした人たちは例外なく、
自分の住むまちが大好きだということ、
またすばらしい仲間に恵まれているということに
気が付きます。

小さな単位のまちは、
相対的に帰属意識を生みやすく、
また顔の見える関係を
作りやすいのかもしれません。

帰属意識と顔の見える関係、
これは私たちが居る、
もの作りの世界でも、
いいものを作り出すために
不可欠な要素です。

とはいえ大きなまちが、
それらの要素を生み出すことが
不可能とは思いません。

市町村合併は、
様々な事情が重なって
至った結論だと思いますが、
大きくなったまちが今後、
面白く、楽しくなっていくには、
自分のまちが大好きな人が増え、
そしてそうした人たちが
つながっていくことができるかどうかに
かかっているのではないかと思います。

大きくなったまちの、
今後の動きに期待!しております。
コメント

稲村ヶ崎で泥コネる その3

2008年08月30日 | 鎌倉か邸
先週末に引き続き、
泥コネ作業です。

参加者は、
・建て主さん一家
・練馬から‘い’さんご家族、
・さいたまから‘て’さん、
・地元の‘す’さん、
・きらくなたてものやから2名、
の合計11名。

天気予報は、「雨」。
しかし何と不思議なことに、
時折雨がぱらつきましたが、
お日さまが顔を出し、
蒸し暑いと感じるほどの
お天気でした。

作業のほうは、
先週に引き続きなので、
要領がつかめたのか、
作業の速度が上がり、
持ち込んだ粘土の山が、
みるみる低くなりました。




今回は‘ふるい’を持ち込み、
予め粘土の粒子を細かくしました。
これが効いた!

なおこれは主に、
男性陣の仕事。




そして泥コネは主に、
女性陣の仕事。

こねた泥に足を突っ込むと、
生温かいまろやかな泥が
とても気持ちいい!のです。

そして、
「泥パックだから足がきれいになる」
と冗談めかして泥の中に入るのですが、
本当にきれいになります。
実際今、私の足の裏はツルツルです。
泥の美容効果は、本当?!
コメント (5)

猿橋をみた

2008年08月29日 | 今日のできごと
夏と秋がせめぎ合っているといいますか、
夏の夕立と秋の長雨を
掛け合わせたようなお天気が続きますね。
不思議な感じです。

さて今日は、
午前は藤野、午後は山梨に用事があり、
その合間少し時間ができたので、
移動の途中、日本三大奇橋の一つ、
猿橋を見に行きました。

猿橋は木でできた橋、
木造の架構が面白いと聞いていて、
予てより行きたかったところです。





まず驚いたのは、
橋を架ける場所。
落差が30m近く(私の目視概算)あろうかという
絶壁の上に橋が架かっていて、
よくも昔昔、ここに橋を作ったものだと、
その心意気と技術に感心しました。




上から見ると、こんな感じ。

私たちが橋の欄干で川を眺めていると、
橋にトカゲがいました。
するとそのトカゲ、
誤って橋から転落事故!
およそ30mの高さを落ち、
川の流れに呑み込まれていってしまいました…




持ち出し梁を受ける
木のコグチのデザインが、
家のマークのはんこが
ぺたぺたと押されているような感じで
かわいらしいですね。




橋の近くの滝で
虹が出ていました。




昼前に猿橋を後にし、目的地の山梨へ。
道中、勝沼のあたりを通ったのですが、
見渡すかぎり、ぶどう、ぶどう、ぶどう。

街道沿いに、ぶどう畑とその直売所が並んでいて、
たまらずあるお店に車を止め、ぶどうを買いました。

思いがけず、いい時期にここを通りました。



コメント

こちらもぜひ

2008年08月28日 | 告知・連絡
身の回りでできることから、という思いから、
最近、地域活動に取り組み始めています。

そちらの活動も、
ブログにて記録を進めていますので、
ぜひご覧ください。

■西鎌倉地域教育懇話会
地域ぐるみで教育を考える取り組みです。

■柞(ははそ)の森音楽祭
世代を超え、地域ぐるみで開く音楽祭です。



活動を通じて、
近所に縁ができはじめると、
ますますこのまちでの暮らしが
楽しくなります。

今いただいている仕事の
工事現場も近いので、
週の半分以上は、
徒歩や自転車で、
用事を済ますことができます。

一方でたまに、
会社員だった頃、雨の日も日曜日も
あれだけ通い詰めたトウキョウに行くと、
もうすっかりおのぼりさん気分(笑)。
コメント

こちらも小舞

2008年08月27日 | 藤沢む邸
鎌倉ほ邸に引き続き、
こちらも竹小舞かきが
始まりました。

今年2棟の現場が
2、3週間の差で進み、
まるで歳の近い
兄弟を育てているような
感じです。
コメント

涼しい日が続くので

2008年08月26日 | 今日のできごと
晩ごはんは、ナベでした。
8月にナベは、人生初?!
コメント

久しぶりに

2008年08月25日 | 今日のできごと
久しぶりに昨夜、
近所の‘く’一家と家族とで、
葉山ピスカリアに行きました。

目的は、
先週迎えた
‘く’とうちのヨメの
誕生日祝いです。
(2人は偶然にも同じ誕生日)

ピスカリアの‘い’さん、
デザートにお祝いの飾りを添えてくれて、
お祝いの雰囲気が盛り上がりました。

それにしてもここは
いつ来ても何を食べても
うまいですねー。

今日はとくに、
マナガツオの炭火焼のうまさに
感動しました。





コメント

稲村ヶ崎で泥コネる その2

2008年08月24日 | 鎌倉か邸
昨日に引き続き、
稲村ヶ崎で泥をこねました。

参加者は、
‘か’さんご夫妻、
途中から‘か’さんのお母さん、
遠く富津から‘た’さん、
きらくなたてものや2名、
と、昨日とはうってかわってこじんまりと。

天気が危ぶまれましたが、
少々の雨でしたら作業できますので決行。
すると午前中はほとんど雨が落ちず、
午後から降ってきました。
それでも作業を行いましたが、
2時過ぎちょっとつらいな…、
と思うほど雨が強くなり、
作業を中断して、
空を眺めながら早めのお茶。
その後も変わらなさそうだったので、
そのまま作業はお開きとなりました。

泥のほうは、
皆さんとてもていねいに
粘土のダマをとってこねましたので、
トロリととてもいい感じです。
そのかわり作業はゆっくり。
ま、楽しみはしばらく
とっておくということで(笑)。

ということで、
来週末もやります!
興味ある方はぜひご参加ください。

足がとっても
きれいになりますよ。
コメント (2)

稲村ヶ崎で泥コネる

2008年08月23日 | 鎌倉か邸
稲村ヶ崎でこれから始まる家づくりのため、
建主さんの手で、泥をコネることになりました。

今日は建主さんの親戚をはじめ、
15名くらいいたでしょうか、
ワキアイアイとにぎやかに作業しました。

お天気のほうは、
真夏の熱い太陽を予想していましたが、
思いのほか涼しく、
外で作業するにはちょうどよい感じでした。




もんじゃ焼を作る要領でこねてます。




子どもたちは、
粘土の山で大はしゃぎ。
山のてっぺんで、
土遊びにいそしんでました。




午後の休憩時間は、
スイカ割り。

この時間は、
肉体労働をしてて
本当によかった!と思う、
至福の時間です。



さあ、
ウデとコシがイタいが、
明日も作業だ!
(来週も…?!)
コメント (2)

泥コネ作業やります!

2008年08月22日 | 告知・連絡
あすあさってと、
稲村ケ崎でドロをこねます。

泥コネ作業は、
こんな感じです(ここをクリック)。

童心に帰って泥とたわむれたい方、
休憩時間に海を楽しみたい方、
全身運動してダイエットしたい方、
その他どんな動機でもかまいません、
ぜひご参加ご検討ください!

なおご参加いただける方は、
今日の17時までに、
tamotsu.hidaka@kirakunat.com
までご連絡ください。
コメント   トラックバック (1)