きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コウヤマキの浴槽納まる

2013年02月28日 | 町田か邸
町田か邸にて。

サワラと十和田石に囲まれた浴室に、
コウヤマキの浴槽が入りました。

高貴な香りが辺りを包みます。

コウヤマキは、元々貴重な木でしたが、
秋篠宮に男の子(悠仁さま)が生まれた時、
コウヤマキがお印の木となったため、
更に手に入りづらい木となりました。

しかしいいものはいい。

加工しやすく、
木肌も香りも高貴で、
水にも強い、
丈夫な木です。


コメント

畳と格子が響き合う

2013年02月28日 | 横浜港南あ邸
町田か邸にて。

朝畳が入りました。

心地よい昼下がり、
畳表と格子の影の一致。


コメント

笑門のある家

2013年02月28日 | 町田か邸
町田か邸にて。

笑門のある家。

ここをくぐって家に入ります。

確かここは(も、か。)、
竹小舞かきの時などそうだったけど、
笑い声の絶えない現場でした。


コメント

大詰め

2013年02月28日 | 町田か邸
町田か邸にて。

明日完成に向けて、
現場は大詰め。

連日様々な職人さんが
入れ替わり立ち替わり。

今日は、
大工、建具、畳、水道屋、

明日は、
電気屋、建具屋、ガラス屋、板金屋。

とくに建具が入ると
グッと空間が締まります。

そして3/2は完成見学会なので、
皆さんぜひ来てください。


コメント

竹小舞見

2013年02月23日 | 横浜港南あ邸
横浜あ邸にて。

木組みと竹小舞の見学会の後は、
建主さんと大工たちと現場で「竹小舞見」。

いわゆる飲み会です(笑)

美しい竹小舞に囲まれて、
おいしいお酒をいただきました。

上棟の時も
建主さんや職人たちと
現場で酒をいただきますが、

そのときとはまた違った
感慨がありました。


コメント

木組みと竹小舞の見学会開催

2013年02月23日 | 横浜港南あ邸
本日は横浜あ邸にて、
木組みと竹小舞の見学会。

ご参加いただいた皆さま、
ありがとうございました!

竹小舞ができると、
いつもはすぐに
土を塗ってしまうため、

実は竹小舞の見学会は
なかなか行うことができないので、

皆さまに見ていただくことができて
よかったです。


コメント

木と土と鉄

2013年02月22日 | 町田か邸
町田か邸にて。

きらくなたてものやがよく使う
鉄錆色の金物で、

便所の棚は、
支持されています。

木の板と、
荒壁土と、
鉄錆色の金物。

なかなかよい
ハーモニーです。


コメント

腰の石貼り完了

2013年02月19日 | 町田か邸
町田か邸にて。

浴室の十和田石貼りが完了。

十和田石とは
堆積した火山灰が長年かけて固まった
凝灰岩の仲間です。

大谷石もその仲間ですが、
十和田石は大谷石よりも
緻密で締まった感じがします。

十和田石は、
凝灰岩としての柔らかさと
緻密さのバランスにより、

こうしてお風呂の中に
使われることが多いです。

温泉に行くと、
この手の石をよく見かけますね。

さあ来週は、
とてもいい香りの
浴槽が入る予定です。

先に石貼りを行うとは…、

そう、木の浴槽が
入ります。

楽しみ!



コメント

薪に雪

2013年02月19日 | 町田か邸
町田か邸にて。

現場で打ち合わせをしていると、
庭先にみるみる
雪が積もっていきました。

積んで間もない薪も、
あっという間に雪化粧。

まだまだ冬は終わりませんが、
こうして美しい光景を
見ることができるし、

目鼻も楽なので、

よしとします。




コメント

香る下地

2013年02月16日 | 横浜港南あ邸
横浜あ邸にて。

今横浜あ邸に行くと、
独特の爽やかな
木の香りがします。

その香りを発しているのは、
床の下地となる板。

きらくなたてものやの場合、
床からの漏気を防ぐため、
床を二重に貼るのですが、

見えなくなるほうの板は、
材木屋さんの規格外の板を
使わせていただいております。

床下ですから、
マツ以外樹種は問わないのですが、

今回材木屋さんから
やって来た板は、
ヒマラヤスギでした。

様々な理由で
「規格外」なのでしょうが、

下地にするには、
実にもったいない香りです。





コメント