きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竹小舞、完全終了!

2012年11月23日 | 町田か邸
子どもたちのラグビーの試合、
およびグランドスタッフとしての務めを終えて、
夕暮れ時に町田か邸に駆けつけました、

すると建主さんと、
建主さんのお父さんと、
イトコのTくんが、

あと残りわずかとなった
竹小舞かきを行っていました。

実は昨日から左官屋さんが入る予定で、
残りは左官屋さんにお任せしよう、
ということになっていたのですが、

昨日、作業が9割9分まで行った様子を見て、
「ここまで来たら、最後までやっちゃいなよ」という、
左官屋さんのありがたいお言葉。

お言葉に甘えまして、
建主さんたちは今日、
延長戦、というわけです。

残りは難しい三角形の部分。

しかし先日私が作った見本を見て、
相変わらず丁寧に
仕事を進めていました。

そして最後残ったのは、
横に這いつくばりながらでなければできない、
三角形の部分。

建主のお父さん、
屋根の部分に架かっている
金属製の冷たい足場に横たわっての作業、
おつかれさまでした!

お父さん、
どおりでうまいな、と思ったら、
子どもの頃手伝ったことが
あるそうですね。

60年ぶりくらいになるのでしょうか。

しかしこうして何十年たっても、
業が伝わるというのは、いいですね!

というわけで
この難関の壁が終わって
竹小舞は完全終了!

私も這いつくばりながら、
「終わった~!」と絶叫。

這いつくばって手足が痺れていた
ということもありますが(笑)、

足腰立たないほど、
気が抜けてしまいました。

この達成感!
たまりませんね。

建主さん施工は、
私も段取りがたいへんになるけど、
これだからやめられませぬ。

そして忘れてはならぬのは、
お手伝いいただいた
延べ50名を越す人たち。

作業を終えた壁の
一つ一つを眺めると、
その人たちの
後ろ姿を思い出します。

参加された皆さん、
本当にありがとうございました!







最後の難関の
這いつくばって仕事した
三角形の壁。







竹小舞の影は、
苦労の跡。

眺めていて
感激もひとしおです。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 楠とクス | トップ | 晩秋のカキシブ隊結成 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました! (町田のか)
2012-11-26 22:41:12
日高さん、ご協力くださいました皆様
本当にありがとうございました!
皆様の力がどれだけ大きかったか。
そして終わり間近の週には、毎晩のように夜遅くまで一人作業して下さる日高さんのお力の偉大なこと!

関係者全員の力の結集で出来上がった竹小舞、あまりの美しさにこのままにしておきたいほどです。昨晩、既に土が塗られている箇所を発見して、「う~ん」と残念に思ってしまいました。家ができるのが楽しみなのか何なのか。微妙な心もちです。

とはいえ、完成までのこれからの道のり、楽しみにしています。
これからもどうぞよろしくお願いいたします!
取り急ぎ御礼まで。

Unknown (きらくなたてものや)
2012-11-27 00:11:56
人がたくさん集まり、みんながんばれたのも、ひとえに‘か’さんのお気遣いがあったからです。ありがとうございます!
しかし工程が進むと残念、と思うのは、考えてみたら不思議ですね。しかしよく分かります。私も現場へ行くことが終わってしまう日が来てほしくない、といつも思います。

コメントを投稿

町田か邸」カテゴリの最新記事