きらくなたてものや

楽しむ、楽しい、いえづくり、まちづくり

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「吾唯足知」の着地点

2012年07月27日 | 家づくりの理念
大学時代、
私に向けた何の寄せ書きだったかは
ちょっと思い出せないのですが、

私の親しかった友人が、
「吾唯足知」と、
「口」の四方に文字を重ねた
竜安寺のつくばいそのままを
書いてくれたことは
よく覚えています。

その時は、
おもしろいな、程度に
この文字を眺めていたのですが、

今になって
この文字こそが
現代社会における幸福論において、
鍵となる言葉だと
強く思っています。

経済のこと、

食のこと、

エネルギーのこと、

そして住まいに関しても
それが当てはまると
考えています。

例えば現在、
住宅の省エネ性能の確保が
将来義務化されることに先立ち、
伝統工法の温熱環境に関する研究が
本格的に始まったところなのですが、

温熱環境を改善するために、
例えば土壁に「断熱材」を添えれば、
割と簡便に解決するのだと思います。

しかし断熱材のことを
色々調べてみると、

その大半は原料を海外に頼り、

またそれを作るのに、
莫大な生産エネルギーを
要するようです。

だとすれば、
まだまだ施策を決める前の研究段階、

今私が取り組んでいるように、
いわゆる「断熱材」に頼らないことを
めざしてみたいのです。

つまり、木や土、藁や竹、紙や石など
身近にいただくことのできる素材を使った住宅の、
「足るを知る」温熱環境の着地点は
一体どこなのか、ということを探りたい。

暑くないわけではないけど、
十分暮らせる家、
寒くないわけではないけど、
十分暮らせる家。

それに行き着くことが
真の「省エネ」、
真の快適な家なのではないかと
考えています。

「足るを知れ」というと、
何か禁欲的な響きを
感じる向きもあろうかと思いますが、

むしろ遠い将来まで見据えた
「おいしい」「楽しい」「心地よい」

そして「健康」をもたらす
哲学と捉えて、

今後強く意識し、
提案していきたいと
思います。
コメント

抗うきっかけ

2012年07月25日 | 今日のできごと
美健ガイド社から、
マンガが2冊送られてきました。

今回もまた
興味深いお話のようです。

美健ガイド社とは、
健康な身体、健康な暮らしを提案する
小冊子のマンガを発行する出版社なのですが、

藤沢の日本一うまいほうとう屋、
へっころ谷でごはんを待っている間、
手にしたマンガがきっかけで
知りました。

これまで十数冊マンガを
取り寄せましたが、
どのマンガも、
私たちの暮らし方を
考えさせてくれます。

とくにそのうちの1冊、
「37℃のふしぎ」というマンガは、
住宅のありようを
示唆する内容です。

住宅の世界では、
省エネの大号令のもと、
数年後には莫大な生産エネルギーを要する
断熱材の使用が
ほぼ義務となる方針ですが、

私はこのマンガを読んで、
その方針に最後まで抗おうと
心に決めました。

もちろん省エネは大事、

だけど長年にわたり、
この気候風土に生きてきた
人間の身体と知恵、という視点も
大事にしたいと思います。


コメント

褐色を誇りに思う

2012年07月24日 | 今日のできごと
先ほど報告したとおり、
今日は地鎮祭。

撮影した集合写真を眺めていると、
普段外で仕事をしている人たちを差し置いて、
誰よりも肌の色の黒いことが発覚。

最近紫外線が有害とか、
男の日傘が売れているとか、
よく分からん話を耳にしますが、

子どもの頃じゃ、
夏を過ぎて腕を並べて、
どちらが黒いか、なんて
競ったもんです(笑)。

というわけで、
うれしい!ということにしておきましょう。

だけど紫外線が有害だなんて言ったら、
僕らラガーマンや、農家の人たちは、
どうすればいいんでしょう?

あるいは子どもたちは、
あまり外で遊ばないほうが
いいということでしょうか。

紫外線を避けて回っていたら、

ただでさえ温度変化に対する適応力が
衰えている傾向を感じているのに、

ますます人間の環境適応能力が
低下するような気がしてならないのですが、
実際はどうなのでしょうか。
コメント

夏が始まり、物語も始まる

2012年07月24日 | 町田か邸
二、三日前は、
もう秋?と思わせるほど
肌寒い日でしたが、
今日はしっかりと
夏らしい日。

こうしてお天気に恵まれ、
今日は町田で地鎮祭でした。

地鎮祭なので
午前中はずっと
空の下にいたのですが、

気温は高かったものの、
雲が熱い陽射しから守ってくれたので、
相当助かりました。

お天気の神様に感謝!です。

もう一つ、
建物の配置が
元々あった柿の木に当たってしまい、
伐らざるをえないので、
お別れの儀式も同時に行いました。

若い青い実が
鈴なりになっているということもあり、
たいへん名残惜しいのですが、

例え今の場所で残したとしても、
建物の日当たりに影響するし、
柿の木自体にも
あまり日が射さなくなって
しまいますからね、

新たな場所での芽吹きに
期待したいと思います。

ということで
周辺に里山の名残が
色濃く残るこの場所で
新たな物語が始まること、
楽しみです!





コメント

男子厨房に立つ

2012年07月24日 | 今日のできごと
今晩ヨメが職場の飲み会のため、
自分が晩メシ担当。

仕事が立て込んでいたこともあり、
外食という案もあったのですが、

ムスコが明日朝部活のため6時頃外出、
しかも試合だというので、

時間短縮、および、
エネルギー源を摂取するため、

今家にどっさりとある夏野菜を使って
パスタを作ることに。

実は、
上手いかどうかは別として、
厨房に立つのは好きです。

料理を作る際に得る感覚は、
モノづくりに通じるものがありますしね。

だから厨房の設計も大好き!

奥様と厨房の話をする時は、
内心ワクワクしております。
コメント

お店に関してつれづれなるままに

2012年07月23日 | 今日のできごと
遅ればせながら、
昨日初めて辻堂にある
湘南テラスモールに
ヨメと友人家族とで
行ってきました。

あまり物欲のない私は(笑)、
どの商業施設も
お店が同じように見えるので、
(気のせい?)

ヨメが友人と
買い物に興じている間を少し借りて、
空間がどうなってるんだろうかと
施設全体をぶらぶら散歩。

その名に現れているように、
「テラス」の気持ちよい施設でした。

またこうして
外部が重なり合う空間は、
その先まで足を運ぶ意欲を
かきたてます。

それと
こういう場所に来て楽しいのは、
人間観察。

とくに愛し合っている感じの二人を見ると、
こちらも幸せのおすそ分けをいただいたような
心持ちになって、
気分がほっこりとなります。

「愛し合ってるかーい!」
と叫びたくなる気持ち、
分かります(笑)。

だけどこうした賑わい、
まちなかにも戻らないかなー。



次の日の今日、
お祝い用のお酒を調達するため、
地元の酒屋へ。

最近私は酒を控えているので、
こうした時しか
来ることがないのですが、

それでも酒屋さんとは
顔見知りなので、

お酒を包んでくれている間、
あれこれと世間話。

こうした時間が
何とも楽しいのです。

だけどこの楽しみは、
おカネでは決して買えません。

個人のお店は、
少しでも値段や品揃えで、
大手に対抗しようとすることも
大事かもしれませんが、

しかしどうしたって、
大きいお店の方が有利。

私たち極小のお店で大事なのは、
通り一辺倒の客対応ではなく、
心通う場所を作ることなのだと
改めて思いました。

それと、
以前もこの場で書きましたが、
おカネは応援のカード。

私たちがおカネを使った先に
元気を与えているわけです。

単に高い、安いだけで
評価するのではなく、

「元気」が身近なところで
ぐるぐる回るように、

そんな視点で、
お店を選びたいものです。

その場で会話が生まれれば、
この先さらに
元気になるってものです。


コメント

2012-13鎌倉エネルギーカフェ開催!

2012年07月20日 | 告知・連絡
原発がなくても豊かに暮らせる社会を、
ぜひとも実現したいと思っています。

そのために大事なことの一つは、
地域単位、あるいは身近な暮らしの中で、
エネルギーを節約すること、
あるいはエネルギーを作ることを考え、
たとえ小さなことでもいいから、
実践することだと考えています。

その手始めに、鎌倉に縁のある皆さんと、
鎌倉エネルギーカフェを開催します。

カフェを開く場所は、
電気を使う量が極めて少なかった時代、
心地よく暮らすための技術と知恵が詰まった
鎌倉の古民家の屋根の下。

そしてこのカフェは、参加者みんなが主役。
みんなで楽しく、かつ真剣に、
エネルギーのことを語り合いましょう!

第1回 暮らしの中で節エネ(夏編)
2012.8.26(日)14:00-17:00

第2回 家の省エネ性能を考える
2012.9.22(土)17:30-20:30

第3回 暮らしの中で節エネ(冬編)
2012.11.17(土)17:30-20:30

第4回 地域単位でエネルギーを起こす①
2013.1.26(土)17:30-20:30

第5回 地域単位でエネルギーを起こす②
2013.3.23(土)17:30-20:30

※4月開催予定の「鎌倉路地フェスタ」にて、
上記イベントの成果を展示する予定です。

■会場:カジュアートスペース(鎌倉市二階堂57-1)
■会費:500円
■定員:20名
■問い合わせ・申し込み
きらくなたてものや 日高
電話:080-5467-8701
E-mail:tamotsu.hidaka@kirakunat.com
コメント

WeAreOne!へカキシブ隊

2012年07月20日 | 告知・連絡
宮城県石巻市北上町。
東日本大震災による大津波で、
何にもなくなってしまった
まちの一つです。

多くの人たちは、
仮設住宅等に移って
そのまちに暮らし続けていますが、
行政や企業による
まちの暮らしを支える機能の再建は、
遠い将来になる見通しのようです。

そういった状況の中、
地元の方たちが
「WeAreOne北上」という団体を立ち上げ、
日常品の買物や交流の場、
また託児施設を兼ねた子どもの拠点を
自発的に建てる運びとなりました。

私たち「北上ふるさとプロジェクト」は、
そういった動きの中で、
木の家ネットの仲間でもある
宮城県で活動する建築家
ササキ設計佐々木文彦さんとのご縁で、
その建物の設計と施工の
お手伝いをさせていただいております。

その建物の一部に、
仲間の大工が仮設住宅の現状を憂い、
震災直後に試作した
伝統工法による木組みと板壁の仮設住宅を
移設する予定なのですが、

移設に先立ち、
それらに柿渋を塗り、
復興への祈りを込めて磨き上げて、
北上町に送り出したいと思っています。

そこで以下の要領で
WeAreOne!へカキシブ隊を開催いたしますので、
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

なおご参加いただける方は、
人数確認、また道具等の用意のため、
お手数ですが以下の連絡先まで
参加の旨をご連絡ください。
tamotsu.hidaka@kirakunat.com

■日時…012年8月4日(土)9:00~18:00
■場所…埼玉県飯能市落合445-1 杉原建築作業場
■集合…8:50西武池袋線「飯能」駅南口ロータリー
■連絡事項等
・持物:作業できる服装、運動靴、タオル
(柿渋は衣服等に付着すると、二度と落ちません。)
・基本的に雨天決行です。
・ご都合のよい時間だけでもOKです。
・交通手段、詳細の場所等の事務連絡は、改めて個別にさせていただきます。
・昼食、交通費等は、恐れ入りますがご負担をお願いします。


追伸
AfH(Architecture for Humanity)」という団体から、
助成金をいただいて行う建設事業ですが、
それでも建設資金が不足の傾向にありますので、
寄付金を募集しております。
そちらも併せてご検討いただければ
誠に幸いです。
コメント

ご開帳もすぐ間近

2012年07月18日 | 二宮し邸
二宮し邸では
雨樋が付き、

いよいよ足場を払う
準備が整いました。

あとは外の掃除と
吹抜けを仕上げれば、

ご開帳です。

この地での物語は、
いいペースで
頁がめくられていきます。


コメント

ほぼ同時に刻みが始まる

2012年07月18日 | 今日のできごと
所用で吉岡木材に行くと、

下小屋の右側では、
杏工匠が町田か邸を刻み始め、

ほぼ同時に左側では、
藤間建築工房が
横浜あ邸を刻み始めていました。

杏工匠の棟梁は、
もともと藤間さんの弟子。

そんな関係の大工が
同じ屋根の下で刻んでいる姿は、
私たちの取り組みが
時を重ねてきた証しでもあり、
何だか感慨深いものがあります。

お互い刺激に
成るでしょうしね。

しばらくここへ来るのが
より楽しみになりました。

ということは、
来月あたりからカキシブ隊が
本格的に始まります。

日程が近くなったら
告知させていただきますので、
皆さまよろしくお願いいたします。





コメント