ちゅうちゃんワールド

ベトナム戦争で日本へ逃げ、新たな生活がスタート。この『ちゅうちゃんワールド』は少し変わり者の彼女の日記である。

続き

2008年07月31日 | 音楽活動

はい、先日の第2回中国音楽国際コンクール

続きを書きます。

http://blog.goo.ne.jp/kimono1206/e/96711b2c6be8e66a41dd764f3f23ab46

とりあえず、素晴らしい竹笛の演奏が

聞けたことだけで

とても満足している私でした。

 

コンクールの結果発表が

その日の晩21時に掲示板にて発表との事で

地元だったので娘のシュナを連れて一緒に

見に行きました。

本当に全然賞が欲しいという願望は

まったくなく参加出来た事、

参加者との交流出来た事だけでも、

とても嬉しくて感謝でいっぱいでした、

なので、

全然期待もしていなかったので

緊張なんて、全然しなかったです。

しかし、なんと

1位

うそ本当

結果発表は名前じゃなく、

番号で書かれていたので

自分の番号が分からなくなってしまいました。

こんな私が1位もらえるなんて

なんだか申し訳なかったです。

もちろん1位の上に特等賞があります。

正直ホットしました。

贅沢な願望ですが

ちゅうちゃんは1位が大嫌いなんです。

とにかく、プレッシャーに弱い私なので

1位をとるなら2位3位が気がとても楽で、

古筝をマイペースで練習できるからです。

 

入賞式は大好きな絽のアンティーク着物

行きました。

今回は本場中国からの参加者が

たくさんいたので

着物で行ったらとても、喜ばれて

人気者になってしまいました。

 

最後にみなさん、

ここまで来れたのも、

今まで支えてくれて家族、

お友達、

そして、勇気とアドバイスを

くれた師匠のおかげです。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

この人に出会えて私の人生は、、、、

2008年07月29日 | 音楽活動

みなさん、こんにちわ、

ちゅうちゃん

先日7月25、26日と第2回中国音楽国際コンクール

があり、一般の部の器楽で参加してきました。

もちろん、私の器楽は

中国民族楽器古筝です。

今回は本場中国からの参加者が

約100何人参加されたみたいです。

とても、すごーく緊張しました。

今回は課題曲と自由曲があり

課題曲は「雪山春曉」を選曲したので

そのイメージのアオザイを着ました。

<このアオザイには思い出があり、

7.8年前にベトナム

結婚衣装の中に着るつもりで

オーダーで作ったアオザイです>

自由曲は「戦台風

一生懸命何の衣装が合うかな?

と考え、このアオザイにしました。

そうなんですよ

これもアオザイなんです。

<これも、7,8年前のものです>

衣装選びにいとこのベトナム人に見せたら

古いので、「だざい

と言われました。

がーん。

きっと今のアオザイはもっとおしゃれなのが

あるのでしょう

あ、そうそう、

私ちゅうちゃんはまだ、

みなさんに言ってなかったですが

ベトナム出身なんですよ

この話はまた時間があるときにしましょう。

さて

コンクールの続きをしましょう

1日目の課題曲は北野工房

終わってすぐに仕事があるので

演奏してから、すぐに帰りました。

2日目は神戸文化ホールで

ここは1日目と違い個室だったので

よりいっそう緊張してしまいました。

これはいけないと

1枚の紙をひろげました。

その紙と言うのは

私が以前師匠がアドバイスしてくれた

一言一言の勇気の言葉を

メモした紙です。

何回も何回も繰り返し呼んで

心の中にいれました

曲は少し焦って弾いてしまいましたが、

以前のような嫌な緊張ほどではなかったような

正直、演奏中飛んでいて何も覚えていません

すみません。

その後自分の演奏が終わったので

他の人の演奏をゆっくり聴くことにしました。

その中に言葉でどう表したら良いか

分からないほどの

素晴らしく、そして、

コレが音楽と初めて実感しました。

その人は中国の竹笛を演奏してました。

演奏する前の空気は緊張感が溢れていましたが

なんと演奏が始まると。。。。

違う世界に吸い込まれたみたいです。

目が耳がその人から離れられませんでした。

まるで、私の心を奪われたみたいです。

あっという間に演奏が終わり、

我に返りました。

素晴らしい、、、

素晴らし過ぎる。。

私はこの人の演奏を聞けて、

そして、この人と出会えて

もう何も望むことはなかったです。

むしろ、この場にいれる事だけで、

感謝の気持ちでいっぱいでした。

この人に出会えて、

もしかしたら、私の人生が変わりそうです。

 

長くなってしまったので

また続きなは後ほど書きます。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

始めました

2008年07月17日 | シュナとリュウ

久しぶりに私ちゅちゃん

子供達の話題をしましょう

娘シュナは4歳になりました、

3歳から5歳までが、

頭がすごく賢い時期と聞いています。

なので、何か学ばせたい

そういう環境を与えてあげたい

と思いました。

中国舞踊を学ばせたかったのですが、

日本で学ぶにはまだ小さいとの事。。。

なので、中国舞踊の基礎の体作りはバレー

ほぼ同じような感じなので

バレーを習わせることにしました。

レオタードを買うまでは、

中国舞踊の練習着で練習していましたが

他の子が可愛いレオタードを着ているので

早く買ってあげたいという気持ちがあり、

レオタードが到着するとシュナは大喜び

レッスンがない時も

家で着てる時もあります

レッスン中はよく先生に怒られています。

クラスでは一番年齢が小さいからか

他の子より、集中力がないような

しかも、よく先生に

「シュナちゃん、お口をチャックして

体を動かしなさい

と言われます。

でも、体はやっぱり、柔らかいですね

素晴らしい。

 

もう1つは音楽の基礎とも言われる

ピアノを習わせました。

私はピアノはまったく分からず、

しかも、おたまじゃくしの楽譜も読めないんです

中国民族楽器古筝の楽譜は数字なので、

数字の楽譜は読めるのですが。。。

でも、シュナと一緒に1からピアノ勉強してます。

以前は全然興味がなかったのですが

いざ、習うと面白いですね。

やはり、シュナは若いせいか、

私より、覚えるのが早いです。

この写真は家でピアノの練習をしています。

どこも外出するわけでもないのに

私が着物きるので真似をしたいようで

着物を着ているだけです。

 

ついでに息子1歳のリュウの話題も少ししましょう

シュナも可愛いですが

正直シュナよりリュウの方が可愛いかもです。

この写真は車の運転の真似をしています。

やっぱり、男の子ですねー、

おねいちゃんがいるせいか、

おねいちゃんの真似ばかり

時々

「あれ?シュナがこの年齢の時、

こんな事出来たかしら」

と思うぐらい、リュウは1歳ではないみたいで

とても、賢いです。

親ばかですみません。。。

あー、2人とも大きく成長するのが寂しい

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

見せる演奏

2008年07月07日 | 音楽活動

先日6月28日に

中国民族楽器古筝を演奏してきました。

http://blog.goo.ne.jp/kimono1206/e/e695d88f066d9d768542b0f5318045cd

以前よりかは、師匠の一言のお言葉で

http://blog.goo.ne.jp/kimono1206/e/9bfacbf81760629a2cf87d8f4f18c326

勇気を頂き、

イヤな緊張はしなかったのですが

やはり、

自分がもっているすべてを発揮する事が出来ず、

すみませーん。

 

私の前の演奏の人がマリンバだったのですが、

とても、見事でした。

何が見事だというと。。。

演奏の音ははもちろんなんですけど、

「見せる演奏」

が見事でした

ただ、普通にマリンバをたたいてるのではなくて

体と演奏が一致して、体を動かしながら、

曲にのっている。

音の表現だけじゃなく、

顔の表現と体が付いてきているのです。

この人はすごいなー

と思いました。

生き生きとして、

演奏を本当に楽しんでるんだなー

と思いました。

見ているお客さんも

きっと気持ちが良いのだろうなーと

 

ちゅうちゃんの演奏といったら、

まだ気持ち的にもゆとりがないんでしょう

曲弾くのに必死で顔が強張っている。

 

そういえば、忘れてた

以前毎日鏡の前で古筝の練習をしていたことを。。。

今は鏡の前では練習しなくなっていた。。。

これからは、曲だけではなくて、

見せる表現も意識してみないと

いけないなーと思いました。

この課題は曲をマスターするより

難しいような気が。。。

果たしていつになることやら。。。

でも、今回の演奏会で

とても、大事な事を学びました

 

そして、来て下さった方々

本当にどうもありがとうございます

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加