みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

筋肉をつくる力「たまご・タマゴ・卵」70歳の実体験!筋肉強化、若返り、足腰、心臓強化、免疫アップ、熱中症、寒さに強くなる 「人工的なタンパク質」プロテインやアミノ酸サプリメントは腎臓を壊す!

2018-08-28 18:59:43 | 健康

筋肉をつくる力「たまご・タマゴ・卵」

70歳の実体験!

筋肉強化、若返り、足腰、心臓強化、

免疫力アップ、がん、生活習慣病、

熱中症、寒さに強くなる!

「人工的なタンパク質」

プロテインやアミノ酸

サプリメントは腎臓を壊す!

卵は死に至る病の罹患率を下げる!

脳卒中、認知症、糖尿病…!

タマゴはスーパーフード!

医者が教える食事術 最強の教科書!


「たまご」で心臓強化、夏の暑さにも強くなる<70歳の体験>1年間タマゴを1日5個を食べ続けて!筋肉もつき、身長も20代に戻る!熱中症対策、若返り、がん、糖尿病、認知症、動脈硬化、生活習慣病!受験生、スポーツマン! みんなが知るべき情報/今日の物語




医者がプロテインをオススメしない怖い理由 | 医者が教える食事術 最強の教科書 | ダイヤモンド・オンライン/美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる――手軽な大量摂取の知られざる危険性。その危険性とは?20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

クリックお願い致します

私は約1年、タマゴを1日に5~6個、食べてきました。

(一般的には1日3個でしょうか)

『古稀70歳』になりましたが、たいした運動もしていないのに、筋肉がつき、腹筋も割れています。

2018年、7~8月は猛暑と豪雨の「異常気象」のだっだと気象庁。

私は、今年70歳になりましたが一昨年、去年より夏に強くなり、軽い肉体労働でも、心臓の動悸すぐにバクバクしていましたが、心臓のバクバクも起きなくなりました。

3歳からの持病で、10代からあらゆる健康法を試してきました、69歳で「たまご中心の食事法に…!その経験からもタマゴはスーパーフードです。

68~69歳の時、体力が落ちてきて、なんとかしなくてはと、本屋さんやネットで食事、食材を探りました。

そこで探し当てたのが「たまご」でした。

最新の科学では、たまご肉の動物性蛋白質、動物性脂肪は体に良い、今までの常識?とは真逆でした。

卵はスーパーフードでした。卵は完全食で全身の細胞の栄養になり、体を作ります。ビタミンCが足りないだけです。

卵アレルギー性の方は肉を食事の中心におくといいと思います。

たまごのコレステロール、肉の動物性脂肪は余分な量は対外に排出されます。

70歳にして、顔のたるみ、首のシワも消え、身長も20代に戻りました。(足の裏の筋肉とや体全体の筋肉がつき)

タマゴは、忙しいは生卵。

電子レンジで、簡単タマゴ焼きが作れます。

電子レンジ耐用の器に、卵、水、塩、コショウなどで簡単に作れます。

たまごは1日3個以上が、下記の記事から効果的と思います。

万病の元は、砂糖、糖質のとりすぎ、強いストレス、化学物質…!

また、牛乳、小麦粉も腸に悪いようです。

放射能対策には、重曹、緑茶、味噌。

下記の記事を参照されて下さい。


卵『タマゴ』は死に至る病の罹患率を下げる!英国、中国の科学者!脳卒中、心臓疾患、認知症、がん、糖尿病、生活習慣病! - みんなが知るべき情報/今日の物語

卵のコリンが認知症の予防に!1日の摂取量は550mg、3個以上!さらに脳に良いカロテノイド、 緑黄色野菜野菜と一緒に食べると吸収率が8倍!元気で長寿の人は1日にタマゴを3個~5個!1日に10個以上食べてもOKが最新科学研究! 脳と筋肉に良いタマゴ!がん、糖尿病、動脈硬化、美容、ダイエット!*管理人はカロチノイドが含まれるカレー粉を生卵やタマゴ料理に使っています!- みんなが知るべき情報/今日の物語

夏バテ、熱中症の予防に『タマゴとほうじ茶』卵のタンパク質が体をつくり、ほうじ茶の成分が熱中症に効果的です!カフェインが少なく、トイレ不安も少なく! ビタミンCはレモンより凄く、美肌、ダイエット効果も! : 気分上々/みんなが知るべき情報

がん、生活習慣病!医者が教える食事術『最強の教科書』20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68! 末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴは1日10個、食べてもOK!痩せたければ脂質をとれ!- みんなが知るべき情報/今日の物語


医者がプロテインをオススメしない怖い理由 | 医者が教える食事術 最強の教科書 | ダイヤモンド・オンライン


医者がプロテインをオススメしない怖い理由

牧田善二:医学博士 

2017.11.7

美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。飲む前にきちんと知っておきたい、その危険性とは? 20万人以上の臨床経験と、生化学×最新医療データ×統計データから、医学的エビデンスに基づいた本当に正しい食事法をまとめた牧田善二氏の新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』から、内容の一部を特別公開する。

人工的なタンパク質は腎臓を疲弊させる
――手軽な大量摂取の知られざる危険性

 重要なことを「肝腎(かんじん)」と言います。これは、肝臓と腎臓から来ています。

 私たちが生きていくために必要不可欠な臓器としては、心臓や肺、脳などがすぐに思い浮かぶでしょう。

 しかし、栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓がやられてしまったら、私たちは命をつなぐことができません。

 詳しくは新刊『医者が教える食事術 最強の教科書』で書いていますが、肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」は、大事な腎臓を悪くする可能性があります。どういうことか簡単に説明しましょう。

 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。

 もし、腎臓の濾過機能がすっかり駄目になれば体中に毒素が回る尿毒症となって死に至ります。それを避けるために、機械に血液を通して毒素を濾過しているのが人工透析です。

 人工透析を必要としている患者さんは「身体障害者1級」の手帳を持ち、医療費が無料になります。腎臓が機能しないということは、それほど重篤な状態だということです。

 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。

 また、タンパク質の大量摂取は骨に悪い影響を与えるという論文もあります。こうした人工物で健康体をつくろうというのは大きな間違いなのです。

■プロテインやアミノ酸は腎臓を壊す!?

不自然な大量摂取は逆効果

 では、人工的なタンパク質とはなんでしょう。代表的な例が、パウダータイプなどのプロテインやアミノ酸です。スポーツクラブに行くと、摂取している人をよく見かけます。とくに男性に多いですね。

 どうせ運動をするなら、筋肉がつくプロテインや疲労を取り除くアミノ酸の力を借りたほうが効率的だと考えるのでしょう。

 しかし、私はいますぐやめたほうがいいと思います。こうした人工的な商品には、自然な食品とは比べものにならないほど大量のタンパク質が含まれています。もともと腎臓が悪い患者さんは、普段の食生活でも肉や魚、豆腐などのタンパク質を厳しく制限します。ただし、健康な人が食品からとっている分には過剰摂取にはなりません。

 問題なのは、プロテインやアミノ酸など、人工的につくられたものです。こうしたものを日常的に摂取していれば、腎臓を壊す可能性が高いのです。

 私の患者さんにも、パウダータイプのプロテインを摂取して、腎機能を示す「尿アルブミン」の数値がいきなり悪くなった人がいます。

 尿アルブミン値は、とても重要な指標ですが、測定する医療機関は多くありません。医師がその重要性を理解していないのです。

 たいていの医師は「腎臓の状態を知りたかったら血清クレアチニン値を見ればいい」と思っています。しかし、血清クレアチニン値に異常が見られるときには、腎臓は相当ひどい状態になっています。その前に、尿アルブミン値の変化をつかみ、適切な手を打つことが必須なのです。

 ところが、会社で行う普通の健康診断では、血清クレアチニン値しか測定しません。そして、人工的なプロテインやアミノ酸を摂取していても、血清クレアチニン値にはなかなか変化は現れないということです。このことがなにを意味するか、知的なビジネスパーソンならわかるでしょう。

(この原稿は書籍『医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68』から一部を抜粋・加筆して掲載しています)


ブログランキング・にほんブログ村へクリックよろしくお願い致します

【認知症】水をたくさん飲んで改善、予防!卵のコリンが認知症の予防に!水1日1500ccの水分摂取の習慣!卵1日2~3個!脳と筋肉強化、がん、糖尿病、動脈硬化、心臓、若返り、死に至る病の罹患率を下げる! - みんなが知るべき情報/今日の物語

末期がん患者の8割が改善!タマゴ・肉・脂質が主食『糖質制限』免疫栄養ケトン食!衝撃の最新科学研究!肉たまご、動物性脂肪…バター・ラードは体に良い…今までの説と真逆!良質なタンパク質と脂質を主食に!タマゴ肉の蛋白質が体・細胞を作り、体温を上げ、免疫力を高める!癌細胞は糖質が大好き、糖質、炭水化物の過剰摂取が自律神経を乱し、万病の元!動物性脂肪は脳の栄養!過剰摂取分は排出されます… 脳が疲れたら甘い物はウツの危険!肥満、体の脂肪は糖質の過剰摂取!動物性脂肪を摂取しない『糖質制限』は危険です! - みんなが知るべき情報/今日の物語




肉・タマゴを食べる人は長生きする【体を作るアルブミンタンパク質】筋肉、血管、免疫細胞、体温上昇


炭水化物、糖質の食べすぎが 老化、肥満、うつなどの原因。らしい・・!!-gooブログ

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語













癌細胞は味噌が嫌い!みそ汁1日3杯で乳がん40%減!原爆・放射能にも勝った味噌!胃ガン、前立腺がん - みんなが知るべき情報/今日の物語

『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

カレーで動脈硬化の予防!血管内皮機能を改善する効果をハウス食品が確認=カレー粉のスパイス。ハウス食品は広島大学・東幸仁教授との共同研究で、カレーに動脈硬化予防で重要な役割を果たす血管内皮機能を改善する効果があることを臨床試験により確認したと発表した。カレーには、スパイス由来の抗酸化物質が多く含まれており、高い抗酸化力が期待できる食品。


癌はいくら進行しても「死に直結しない」死ぬ理由を満たさなければ絶対に死なないのです!ガンが転移しただけでは死なない!なぜ人間は「がん」で死ぬのか?がんの9割は癌治療するほど命を縮める!患者は実際以上に悲観しがち!恐れるべきは癌ではなく【ガン治療】 - みんなが知るべき情報/今日の物語






フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

気分上々物語/みんなが知るべき情報

楽笑楽園M

日々物語 - Yahoo!ブログ

地震カテゴリー・一覧 - みんなが知るべき情報/今日の物語

災害 - みんなが知るべき情報/今日の物語

政治 - みんなが知るべき情報/今日の物語

健康 - みんなが知るべき情報/今日の物語

みんなが知るべき情報

PINGOO!・メモリーボード|みんなが知るべき情報/今日の物語

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックよろしくお願い致します


クリックお願い致します


『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「汚物処理」安倍晋三首相は... | トップ | 8月28日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

健康」カテゴリの最新記事