みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で免疫力アップ、若返り、老化防止、筋肉強化。

【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本

2019-06-28 16:46:52 | 健康
【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本/宇多川久美子著


睡眠薬 その一錠が病気をつくる 薬を使わない薬剤師が教える - 宇多川久美子 - Google ブックス






その「1錠」が脳をダメにする: 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 - 宇多川久美子 - Google ブックス





睡眠薬 その一錠が病気をつくる | 宇多川久美子 |本 | 通販 | Amazon


内容紹介

まるで風邪薬のように飲んでいる睡眠薬がもたらす依存症の危険性や、薬に頼らず良い睡眠を得られる具体的な方法を紹介する1冊。

<目次>
第1章 睡眠薬の甘い罠
かかりつけ医でとりあえず処方される睡眠薬 
不眠大国日本は、睡眠薬大国でもある 
睡眠薬による眠りは、麻酔薬と同じ
「睡眠薬・睡眠導入剤」「睡眠改善薬」はどう違う 睡眠薬・睡眠導入剤は向精神薬/ 睡眠改善薬の成分はかゆみ止めと同じ
睡眠導入剤なら安心というわけではない
専門医の睡眠薬処方には、問題はないのか

第2章 睡眠薬の仕組みと副作用
睡眠薬は作用時間によって使い分ける
主流の睡眠薬は、GABAの働きを増強させたもの 睡眠に関わる脳の神経伝達物質
先発のバルビツール酸系は催眠作用も副作用も強力! 
BZ系の睡眠薬にも副作用はある! 
睡眠薬の作用時間と副作用の関係は? 
BZ系の睡眠薬は、うつや認知症も招く
安全性の高い新薬も登場! 

第3章 眠りの本質と「睡眠負債」
「睡眠負債」は、罪作りなキーワード 
認知症、ガン、糖尿病、健康面の不安も 認知症リスク/ 睡眠不足は免疫力にも影響?!/肥満だけじゃない! 睡眠障害は生活習慣病である 
一晩に、2種類の睡眠を繰り返している
眠くなるのは朝の光を浴びて約14時間後 睡眠物質が眠りの質をカバーしてくれる
認知症は体内時計を狂わせる 
快眠メソッドは、ほどほどでいい 体内時計、睡眠時間、朝型・夜型は個人差があって当然 

第4章 減薬・断薬するには?
睡眠薬の服用は、いつも不安と背中合わせ
不眠症のタイプごとに、処方される薬は異なる
副作用の面から、睡眠薬を考えてみる 
多剤処方よりは単剤処方にすべき 多剤併用は、お薬手帳でチェック! 
「依存=薬をやめられない」を自覚することが、断薬への近道
日本の緩い規制が副作用を深刻に…… 
副作用の少ない新薬はどんなもの?
減薬・断薬成功のコツ

第5章 睡眠薬に頼らず、快眠する方法
「睡眠衛生」と不眠の原因を見直そう 
ひと言で不眠症といっても、原因はさまざま 
薬に頼らず不眠を治したい 睡眠習慣を確認してみる/ 朝の光を浴びて入眠時間をコントロール/「目覚ましOFF法」で自分の睡眠周期を確認する/ 眠れない! と条件付けしない/快眠のための睡眠環境づくり

内容(「BOOK」データベースより)

寝つきが悪い、すぐに目が覚める、ストレスがある…など、いろいろな理由から飲むことになった一錠の睡眠薬。いつのまにか依存症になっていませんか?不眠や睡眠障害の大半は、自分でつくっていることも。日本は睡眠薬大国。処方の規制が世界一甘い!睡眠薬や睡眠導入剤、そのリスク。薬に頼らずぐっすり眠れるようになる方法を伝授!


睡眠薬 その一錠が病気をつくる 薬を使わない薬剤師が教える- 漫画・無料試し読みなら、電子書籍ストア BookLive!


作品内容

その睡眠薬&睡眠導入剤、本当に必要ですか?まるで風邪薬のように飲んでいる睡眠薬がもたらす依存症の危険性を伝えると共に、薬に頼らず良い睡眠を得られる具体的な方法を紹介する1冊。

レビュー

「睡眠薬 その一錠が病気をつくる 薬を使わない薬剤師が教える」のユーザーレビュー

2019年04月19日

何科を受診してももらえる「とりあえず処方される睡眠薬」、不眠大国日本は、睡眠薬大国でもある。ベンゾジアゼピン(BZ)系睡眠薬の消費量はベルギーと共に世界でも突出。この神経伝達物質といいますか、向精神薬は脳の中枢に作用する強力な睡眠効果と呼吸停止、呼吸抑制などの強力な副作用を。鬱や認知症を招くリスクも。肥満だけでなく睡眠障害も生活習慣病と著者は説きます。眠くなるのは朝の光を浴びて約14時間後。朝の光を浴びて入眠時間のコントロールで、減薬・断薬をすすめていらっしゃいます。


その「1錠」が脳をダメにする 薬剤師が教える 薬の害がわかる本 - 新書 宇多川久美子(SB新書):電子書籍試し読み無料 - BOOK☆WALKER -


あらすじ・内容

「早めの処方」が依存をつくる!
薬の危険から「大切な家族」を守る、必読の書

「薬をやめるとどうなる!?」
「早めの処方が効くって、本当??」
薬の常識の9割は、ウソ。
薬剤師が教える「本当の薬の常識」とは――。

「効いたよね、早めの○○♪」
薬の「常識」は製薬会社のCMによって、刷りこまれていることが多い。
それを鵜呑みにしたばかりに「よかれ」と思って飲んだ薬で、逆に体をこわし健康を遠ざけてしまう。
本書は、「薬を使わない薬剤師」として、「薬」の真実にきりこんできた著者が、
これまで正しいとされてきた「薬の常識」を疑い、その「思いこみ」を正す企画。

・早めに飲むと抵抗力を落とし、命の危険も
・「食後・食前」には意味がない
・健康診断が病気をつくる
・胃腸薬はウィルスを増殖させる
・うつ病の薬の副作用は、自殺願望

市販薬、処方箋、サプリメントの副作用など、
病気を抱える人だけでなく、小さな子どもや高齢者を持つ家族にも必読の1冊。

一家に一冊置いて、いつも参照したい、現代の家庭の医学である。


癌を治す/1日に人参ジュース10杯とお風呂に3回【末期の子宮がん】その「1錠」が脳をダメにする/宇多川 久美子著/薬剤師が教える 薬の害がわかる本 (SB新書) 電子書籍 /175ページ~176ページに、キャリアウーマンとして40年活躍した女性が、子宮がん末期、医師から手の施しようがないと宣言された彼女は田舎に帰り、懸命に勉強して、抗癌剤治療はせず、1日にお風呂3回、人参ジュース10杯を飲み、3ヶ月で治した3年後も再発していない。- みんなが知るべき情報/今日の物語


ひとつ間違えれば命を失う…多剤服用はこんなに怖い(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

やはり薬物の副作用か、麻薬ヤク中か【警官襲撃事件】飯森容疑者は2級の精神障害者保健福祉手帳を持っていた!向精神薬は覚醒剤と同じ!大阪吹田… - みんなが知るべき情報/今日の物語


「向精神薬は覚醒剤と同じ!」 医師が危険性を警告 | 宝島オンライン

ダマされるな!医者に出されても飲み続けてはいけない薬!降圧剤、鎮痛剤、糖尿病の薬、抗血栓薬、抗うつ剤、認知症薬で暴力的な人格に!はげ薬でがんになる?新しい薬が新しい病気を作る…その「1錠」が脳をダメにする!薬、病院、医者好きの日本人は金づる、騙しやすい!



血圧は200でもセーフ!降圧剤で脳梗塞に!コレステロールには『上限値は必要ない』ダマされるな医者と医療マフィア!血糖値は100でもアウト…この数値が「病気のボーダーライン」高血圧の嘘 (週刊現代) 


【危険】ロキソニンに重大な副作用「小腸・大腸の狭窄・閉塞」鎮痛剤が脳の免疫システムを壊す!厚労省…把握できる副作用には限界がある!その一錠が脳をダメにする!



ひとつ間違えれば命を失う…多剤服用はこんなに怖い(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

<恐ろしい日本の医療> 大量投薬・副作用大国 <殺される患者> 製薬会社に操られる医師・病院・官僚…-gooブログ


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

減塩食は「ヘルシー」ではない!減塩のほうが健康に良い!などという根拠は医学的には皆無です!高血圧説も根拠なく、減塩の嘘!武田邦彦氏 - みんなが知るべき情報/今日の物語

『パンと牛乳は今すぐやめなさい』パンは腸と脳をこわす!牛乳は骨と血管を弱くする!乳ガン患者はパンと牛乳が大好き!小麦のタンパク質『グルテン』の怖さ!疲れ、肥満、腸トラブル、うつ、湿疹なども改善!自傷行為や異常行動がおさまった!/小麦のタンパク質『グルテン』の怖さー未消化のグルテンは体内では『異物』だ!臓器を攻撃する抗体ができてしまうー人間の臓器には、小麦のタンパク質とアミノ酸配列が似ているものがある!/人は牛乳のタンパク質を分解できない!中毒を起こすモルヒネ様の物資に変化する!日本人に不足がちな鉄の吸収を阻害する!詳細は本を読んで下さい、お勧めです! - みんなが知るべき情報/今日の物語



がん細胞〜牛乳の功罪「がん細胞を活性化」牛乳は本当に、よくがんを育ててくれる!乳癌と乳製品と糖質の乳癌と乳製品と糖質の過剰摂取…そして放射能と原発再稼働!



牛乳はカルシウムを奪い骨を弱める!毒素をだし、血液を汚す!骨粗鬆症、乳がん、前立腺がん/政治や宣伝で洗脳!

牛乳、それでもあなたは飲みますか? 【乳がん、前立腺がん】 骨粗鬆症も欧米人に多く。そして放射能。

輸入される米国産小麦のほとんどから発癌物質グリホサートが検出!モンサントの有罪が確定した!元農水相山田氏の訴え/日清製粉等大手3社の小麦粉等からグリホサート検出!米国、EUでは今大変なことが起きています!安倍内閣に命令して「種子法」を廃止させたモサントの【除草剤】がん性で320億円賠償責任「ラウンドアップ」 - みんなが知るべき情報/今日の物語


集団検診被曝の背後に恐ろしい勢力の暗躍!朝日新聞が設立した【日本対がん協会】検診ムラ!生体実験・日本軍731部隊とX線胃がんバリウム検診の医療被曝【がん発症】日本は世界一、医療被曝が多い! 731部隊の指揮官は安倍の祖父・岸信介! - みんなが知るべき情報/今日の物語




米国公文書に明記!ガン3大療法もワクチンもブドウ糖点滴も人口削減計画の一環と!癌じゃないのに癌という診断を受けて本物の癌を発症!危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、命を落としていると!癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません!重曹など癌対策記事あり! - みんなが知るべき情報/今日の物語


子宮頸がんワクチン、2種類のウイルスのみ有効、15種類のうち。がんの発症予防は未確認!! -gooブログ

インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな【危険】発がん性物質…薬事法上の劇薬です!国民は騙されている… -/ 医者がよく言うセリフに、打っとけばインフルエンザに罹っても軽く済む。まったく科学的根拠のない発言です。インフルエンザは、風邪じゃないともいわれていますが、風邪です。どれだけ効かなくて、国民を騙しているか…!


トランプの公約【医療マフィアの粛清】大量ワクチン接種で自閉症の件!トランプ大統領は口だけで吠えているのではない!トランプの革命力「アメリカ大変身」日米マスメディアは報道しない - みんなが知るべき情報/今日の物語


遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する! - みんなが知るべき情報/今日の物語



著名人は何故【癌でなぜ急死するのか】眠っているがんを起こしてはいけない!手術、抗がん剤、人間ドックやがん検診で命が縮む怖ろしい実情!オプジーボなど「夢の新薬」の闇!近藤誠著/樹木希林さん、有賀さつきさん、九重親方…有名人の闘病を例に、わかりやすく語る! - みんなが知るべき情報/今日の物語



『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!元ハーバード大学准教授・荒木裕/癌は熱い風呂、味噌、重曹で治る位の病気!ガン細胞は糖質が大好物「三大療法」ではガンは治らない!減塩は悪魔のささやき!純ココア・高カカオチョコレート、カレー粉など!糖尿病、認知症、動脈硬化…生活習慣病!高齢者は、魚には必ず、卵か肉を、アミノ酸バランスが魚は不十分です。動物性蛋白質・脂肪で体を作り体温を上げて免疫力がアップします。プロティン、アミノ酸サプリメントの人工食品はは腎臓に負担をかけ副作用があります。卵はスーパーフードです。スポーツマン、受験生にも最適です。急ぐ時は生卵で。食品のコレステロールは余分な分は排出されます。- みんなが知るべき情報/今日の物語


癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

『皮付きピーナッツ』がん、認知症、糖尿病、目の老化予防、便秘、美肌、放射線障害、生活習慣病!ハーバード大研究でわかった最強食材!レスベラトロール栄養成分!1日の摂取量は30粒程度!井上教授の新刊ハーバード大の研究でわかったピーナッツで長生き!中国産の殻つきピーナッツも今は安全ですとあります!ー管理人のメイン『スーパーフーズ』は卵ですが、皮つきピーナッツもラインナップしました。味噌、重曹、カレー粉、高カカオチョコ、などと共に。 - みんなが知るべき情報/今日の物語




認知症の改善・予防にカレー粉、ターメリック『たけしの家庭の医学』カレー粉の効能が凄い!癌、動脈硬化、糖尿病、生活習慣病、冷え症、貧血、ダイエット、美肌、若返り、加齢臭、幸せホルモンにIQが7も上がる!漢方学の権威語る…カレーは食べる漢方薬!- みんなが知るべき情報/今日の物語



フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します




コメント   この記事についてブログを書く
« 安倍総理からのお知らせ…私が... | トップ | 自閉症の原因のひとつがワク... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。