みんなが知るべき情報/今日の物語

脱原発、反戦、平和憲法、世界情勢、健康情報、スポーツなど!たまご中心の食事で若返り、老化防止、免疫力、筋肉強化。

がん遺伝子も変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する!

2019-05-04 18:25:12 | 政治
がん遺伝子も変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する!



遺伝子は、変えられる。 | シャロン・モアレム 著/中里京子 訳 | 電子版 | ダイヤモンド社/食事、仕事、人間関係、環境……何気ない日常が、遺伝子を変える!?全世界注目の「遺伝学者×医師」が、最先端の遺伝学「エピジェネティクス」のすべてを解き明かす!世界18か国でベストセラーとなった「人生を変える遺伝子の真実」、ついに日本上陸。「遺伝」を、もう「運命」とは呼ばせない。

環境と遺伝子の間:あなたのエピジェネティクスは常に変化している|WIRED.jp(記事は下記に)

後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明|WIRED.jp(記事は下記に)

環境で遺伝子も変わる | [公式] ペンションすこやかin軽井沢(記事は下記に)

★管理人が50数年前(高校生)、遺伝子と進化を勉強している時代、遺伝子は環境で変化すると仮説を立てていました。遺伝子に環境情報を伝えるのは蛋白質やRNAであるとなど。獲得形質は遺伝する…そのころは進化は突然変異学説が主流でした。半世紀を経て実証された事にうれしく思います。いま、私は、スーパーフードはタマゴ、肉に辿りつきました。
★いま私の職業はコチラ↓
遺伝子は変えられる!食事、運動、生活環境によって!今あなたに、がん遺伝子が見つかっても遺伝子は変わる【人生を変える遺伝子の真実】後天的に獲得された形質は次の世代へと遺伝する!: 整体職人【くりはら施術院】仙台

遺伝子【DNAスイッチが運命を変える】NHKスペシャルに思う!私が高校生の50数年前に考えた仮説が実証され、感慨深く!遺伝子は環境と情報交換して変化し、遺伝子発現が変わる、後天的な獲得形質は遺伝する!: 整体職人・仙台




遺伝子は、変えられる。 | シャロン・モアレム 著/中里京子 訳 | 電子版 | ダイヤモンド社/食事、仕事、人間関係、環境……何気ない日常が、遺伝子を変える!?全世界注目の「遺伝学者×医師」が、最先端の遺伝学「エピジェネティクス」のすべてを解き明かす!世界18か国でベストセラーとなった「人生を変える遺伝子の真実」、ついに日本上陸。「遺伝」を、もう「運命」とは呼ばせない。


遺伝子は、変えられる。―――あなたの人生を根本から変えるエピジェネティクスの真実 | シャロン・モアレム, 中里 京子 | 科学・テクノロジー | Kindleストア | Amazon(読者感想より抜粋引用)

■【遺伝子には決して抗えない】そう思っていた
私たちが学校で習ってきたメンデルの法則は、問題がある遺伝子を親から受け継いだとすれば、症状が現れることになる
しかし、そうではないことが分かった

問題がある遺伝子を受け継いだとしても人によっては重症度や症状の内容に差が出る
そして遺伝子が何らかの要因によって遺伝子のスイッチを「オン」にしたり「オフ」にする
それが【表現度の差】と【遺伝子発現】である

同じ遺伝子を持つ一卵性双生児でも、【表現度の差】によって症状が違ってくる

そして、【遺伝子発現】はあなたの行動によって、環境によって自らの遺伝子の運命を決定することも、決定させられることもある

そう、遺伝子は不動ではないのだ

面白かったトピックを紹介すると
・食べ物が「遺伝子のスイッチ」を押す

・DNAが変わらない蜂が、エサによって女王蜂と働き蜂に分けられてしまう
女王蜂の食べるローヤルゼリーがミツバチを働き蜂にする遺伝子を「オフ」にして抑える働きをする
・なぜタバコを吸っている人はあれだけのカフェインを代謝できるのか
タバコの有害成分が遺伝子の発現を「オン」して、カフェインを分解しやすくする
・ほうれん草が結腸腫瘍を半分に抑える

などの私のような初学者でも好奇心をそそられるような、トピックをたくさん用意してくれる

もちろん遺伝病についても豊富に書かれているので、読み応えは十二分にある

遺伝子は変えられる、良くも悪くも‥

■この本のタイトルは敢えてキャッチーにするために出版社が付けたものだと思うが、決して間違えではないと思う。
多くの人の常識として、何となく深く考えずに、「なんだかんだ言っても遺伝だから…」というのがあるが、実はDNAは意外と簡単に書き換わってしまうということを悟るためには必読の本。

食生活によって体質が変わることは多くの人にとって常識だが、実はDNAも書き換わっているということが分かってきた。
過去のいじめの体験によって性格が変わることは多くの人にとって常識だが、実はDNAも書き換わっているが分かってきた。

DNAは不変なものではなく、常に改変され続けている。
そんなに簡単にころころ変わっちゃうようなものを、いつまでも自分の運命だと信じ込んでいた自分が馬鹿馬鹿しく思えてきた。

■生物学に関しては知識はなかったが、わかりやすく、勉強になった。

”航空機による移動中に浴びる放射線、日焼けで浴びる紫外線、カクテルに入っているエタノール、タバコの残留物に含まれる化学物質への曝露、殺虫剤とパーソナルケアに含まれる化学物質。こうしたものはみな、あなたのDNAを損傷しかねない、よくある危険因子の例だ。” 
日々の生活においてとてもためになりました。

■遺伝子が、獲得形質の影響を受ける話かと思って買ったが、違っていた。
同じ遺伝子を持っていても、その遺伝子が発現するかどうかによって、結果が変わると言う話だった。

■その人が持っている遺伝子によって「1個のリンゴが健康の素になる人、命取りになる人」がいるそうだ。一方、その遺伝子を持っていても、それが働くか働かないかは、環境に左右されるという。読者としては、良い遺伝子にはちゃんと目を覚まして働いてもらいたいし、都合の悪い遺伝子には、永遠に眠ったままでいてほしい。そのためには、どんな環境を整えればいいの?その基本を教えてくれる内容だった。でも、実際に遺伝子に対して幸せな生活習慣を身に着けようとしたら、自分の遺伝子を調べて、その一つ一つへの対応法の知識を別の場所で得ていかねばならない。この本は、その出発点。


環境で遺伝子も変わる | [公式] ペンションすこやかin軽井沢


環境で遺伝子も変わる

133月2015

 これまで、遺伝子が総てを決定すると思われてきましたが、実は遺伝子は設計図に過ぎず、設計図を書き換えるのは周りの環境から情報を得た細胞膜である、と米国の生物学者ブルース・リプトンが報告しています。

数年前に発行されたリプトン氏の著書、「思考のすごい力」 では、細胞から核(遺伝子)を取り出して、なお生きている細胞膜の環境を変えることで起こる変化が、実験に基づいて書かれています。

『思考のすごい力』とは? - ビジネス書10000冊から答えを見つけて、仕事の悩みを解決します!〜大杉 潤〜

こうしたことは、マクロビオティック創始者の桜沢先生や自然医学の森下先生が、「食餌で遺伝子も変わる」 と昔から発言しておられたことを証明しています。

そして、いかに精神(思考)が私たちの体を支配しているか、ということも本書を読むとよくわかります。

以前は、「氣(生命エネルギー)」 というと眉唾のように思われましたが、それも今では量子力学という学問の分野で証明されようとしています。

心のあり方を自分の意思だけでコントロールするのは難しいことですが、大自然の中では比較的容易です。

「心が洗われる」 とか「清々しい」 などと感じさせてくれる自然は、まさに私たちの心をリセットしてくれています。

私が嬬恋に転居したのも、お客様をここにお招きしたいと考えるのも、実はそこに理由があります。

健康というのは、心のあり方を頂点として食事や運動、環境のすべてが絡み合っていますので、ぜひ皆様により良い環境を味わっていただきたいと願っています。


 環境と遺伝子の間:あなたのエピジェネティクスは常に変化している|WIRED.jp


環境と遺伝子の間:あなたのエピジェネティクスは常に変化している

NEWS2013.11.28 THU

「遺伝だから」とダイエットをあきらめてしまったことはないだろうか? 親から受け継いだものは仕方ないと、わたしたちはさまざまなものをあきらめがちだ。一方で、実際に生活をしていると、環境などの後天的な要因が遺伝子を超越することがある気がしなくもないのも事実だ。わたしたちは、遺伝子を超えることはできないのだろうか? その答えが「エピジェネティクス」だ。

「DNA」とは生命の設計図、
「遺伝子」とは設計図に書かれた詳細

ひとつ、あなたに質問したい。あなたを取り囲む環境や経験。つまり文化や社会、そして主観的な強い感情といったものは、細胞内の遺伝子に影響するものだと思うだろうか? 

2003年に解読を終えたヒトゲノム計画により、両親から受け継いだ遺伝子は生涯において不変だという考えが一般にも広まった。確かに設計図の中の約2万2,000ほどの遺伝子は原則変わらない。しかし同じ遺伝情報をもつはずの一卵性双生児が、まったく違う性格となり、時に片一方だけが遺伝性の病気を患うことがあるのはなぜだろう? それに2001年に生み出された初のクローン猫『Cc』の外見や性格が、オリジナル猫とはまったく異なっていた事実は、あまりにも有名な話だ。

わたしの身近にある例も、ひとつ挙げてみよう。わたしには何人か養子として育てられた友人がいる。そのうちのひとりは、DNAは韓国人であるにもかかわらず、産まれてすぐに祖国から養子に出され、アメリカの片田舎の白人夫婦に育てられた。

彼女の姿をこの目で見なければ、誰も彼女がアジア人の遺伝子を引き継いでいるなどとは思うまい。韓国料理店には足を踏み入れたこともなく、箸さえうまく使えない(もちろん“使わない”という心理的なチョイスもあるだろうが)。アジア系アメリカ人のほぼすべてに、両親から受け継いだ祖国の文化が垣間見られるのに対し、この友人からは韓国文化のかけらすら見出すことはできない。彼女は疑うべくなく、アメリカ北西部のアクセントと白人文化を色濃く受け継いだ、生粋のアメリカンガールなのだ。

もし彼女に一卵性双生児の片割れが存在し、その片方が韓国で育てられていたならば、このふたりは同じ遺伝子を共有していても、まったくの別人となっていただろうことは想像に難くない。別々の言語を話し、異なる文化に育ち、食べ物も生活習慣も何もかもが全まったく違う環境。仮に彼女らの遺伝子の“発現量”を比較できたとすれば、そこには大きな違いが見られたはずだ。では具体的に、ふたりの遺伝子の間にはどのような違いが現れていたのだろうか?

このように環境が与える遺伝子への影響について調査するため、まさに上述の例をミツバチで実験した研究者がいる。遺伝子の情報によりタンパク質がつくられ体となるのは、人間に限らずどの生物にも共通する仕組みだ。

われわれを形づくる遺伝子の分子構造は、どうやら思っていたよりも環境に影響を受けるらしい。近年の研究によると、必ずしも遺伝子が運命を決定づけるのではないことが明らかになってきた。あなたを形づくる膨大な設計図の中の一部が発現するかどうかは、“可能性”に過ぎないのだ。

社会的環境がもたらす生物学的反応:エピジェネティクス

米イリノイ大学のジーン・ロビンソン教授は2009年に発表した論文で、“育ち”が遺伝子に与える影響について実験を行った。彼が注目したのは、非常に気性が穏やかなイタリアミツバチと、集団で人を刺し殺すこともある獰猛なアフリカナイズドミツバチ(以後キラー・ビー)だ。

ミツバチ類は高度な社会性をもつ昆虫で、それぞれの役割は階層により成り立っている。これらのミツバチの見かけにほとんど変わりはないが、キラー・ビーには自分のテリトリーを守るため、非常に攻撃的になるという性質がある。そこで研究チームは、それぞれの幼虫を孵化一日目で別種の巣に移し、2種類のミツバチがどのような性格に育つのか、という実験を行った。

ロビンソンの以前の実験で明らかになっていたのは、孵化したばかりの幼虫ならば、別種でもそれぞれの巣に受け入れられるということ。そして“養子”に出されたイタリアミツバチは、養い親のキラー・ビーと同じようにキレやすく攻撃的になり、逆にイタリアミツバチに育てられたキラー・ビーは、育ての親に倣っておとなしくなるということだった。

ロビンソンは、年を重ねたキラー・ビーがより攻撃的になる性質を受け、警戒フェロモンという“環境的な刺激”が、個体をより凶暴化させることに注目。詳細な遺伝子解析の結果、キラー・ビーの5~10%の遺伝子は警戒フェロモンに反応し、護衛、兵隊、食料調達などの役割を決めていたことを突きとめた。

驚くことに、キラー・ビーの警戒フェロモンに晒されて育ったイタリアミツバチの遺伝子も、これに影響を受けていたのだ。生まれもったゲノムの塩基配列はもちろん変わっていなかった。しかし、イタリアミツバチは警戒フェロモンの影響により、温厚から獰猛な性格になるように、「遺伝子のスイッチ」が大きく切り替わっていたのである。

環境によって変化する遺伝子のスイッチ。このコンセプトは1942年にコンラッド・H・ウォディングトンにより初めて提唱され、「エピジェネティックス」と呼ばれている。二重らせんで成り立っているDNAや、DNAが巻き付いているヒストンたんぱく質を、有機分子が後天的に化学装飾(DNAのメチル化やヒストンのアセチル化)するもので、これが親から受け継いだ遺伝情報をオンにしたりオフにしたりと調節しているのだ。

この有機分子はひとたび化学装飾が起こると、長い間、時には一生付着することとなる。最近の研究では、ライフスタイル、食生活、社会的変化、環境汚染、また心理的な変化によっても、エピゲノムが変化することが明らかになっている。

遺伝子と環境の間。氏と育ちの隙間。そこにエピジェネティックスが作用する。そして環境からの情報を取り込むことで生じた一部のエピジェネティクスは、なんと次世代へと遺伝することが明らかになってきたのだ。

■エピジェネティクスの後天的な変化には遺伝するものもある

豪アデレード大学ロビンソン研究所のトッド・フルストン博士は、マウスを使った実験で、生殖細胞をつくり出す精巣と精子のエピジェネティクスに着目。マイクロRNAを用いたエピジェネティクス解析で、実験前後で精巣と精子の遺伝子表現型が変化したかを調査した。マイクロRNAとは、たんぱく質を翻訳するRNAとは違い、遺伝子の発現を調整しているとみられているものだ。

研究グループは20匹の雄マウスを2つのグループに分け、10週間もの間、一方には高脂肪食、そしてもう一方にはコントロールとして普通食を与えた。その結果、高脂肪食の雄マウスの体脂肪は21%も増え、精巣や精子のマイクロRNAにも変化が認められたという。

そこで肥満となった雄マウスをコントロールの雌と交配させ、子ども世代が肥満マウスの遺伝子表現型を引き継いでいるかを調査。さらに、子ども世代の雌とコントロールの雄を交配させて、生まれた孫世代にも同様の表現型が遺伝するかを調べた。

すると雌雄問わず子どもたちのすべてに部分的、または全遺伝子表現型が遺伝していることが確認され、特に雌の子どもは67%も肥満率が上昇。しかも父マウスに糖尿病などの代謝疾患が確認されなかったにもかかわらず、糖尿病の前兆であるインスリン抵抗性の上昇が認められたという。また、雌の子どもが産んだ孫世代の雄も27%肥満が増加し、高脂肪食を与えられて肥満となった父マウスの影響が、2代にわたって伝達することが確認されたのだ。

この研究内容が掲載された『The FASEB Journal』の論文は、子どもをつくるまでのたった2カ月半の食生活が、生殖細胞の分子構造にまで影響を及ぼしたことを示唆している。そしてこの遺伝子のスイッチはその後2代にわたって“遺伝”した。DNAの塩基配列の変化を伴わずして、遺伝子のスイッチが変わる。われわれが生活習慣、または生活環境を変えるだけでも、エピジェネティクスには変化が現れていたのだ。

住む環境を変えてやるだけで、ミツバチのエピゲノムは劇的に変化した。たった2カ月半の高脂肪食も、マウスを2代にわたって肥満体質にした。では、われわれの経験は? 社会から疎外された強い孤独感、個人が感じるストレス、善行による深い幸福感や満足感は、われわれのエピゲノムに変化をもたらすのだろうか。

米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のスティーヴ・コール博士によると、答えは“イエス”だ。

■深層心理が免疫細胞のエピジェネティクスに変化をもたらす

以前より、医学、ライフサイエンス、心理学などの分野では、孤独な人は病気になりやすいことが指摘されてきた。そこでスティーヴ・コール博士は、社会的に孤立し慢性的に強い孤独を抱えた人は、免疫システムに何らかのエピジェネティックな変化があるのではないかとの仮説を立てた。

コールは2007年の研究で、孤独な人の免疫細胞のうち、白血球の遺伝子の2つ(NF-κBとAP-1)がどう発現しているかを調査した。被験者は平均年齢が55歳の14人。DNAマイクロアレイによる遺伝子発現解析を行い、社交的なグループと孤独なグループを比較したところ、約2万2,000というヒト遺伝子のうち、209の遺伝子の発現において大きな相違が見られた。孤独感を感じている被験者は、炎症にかかわる78の遺伝子が過剰発現となっており、逆に抗体の生成や抗ウィルス反応にかかわる131の遺伝子においては、発現量の低下が見られたという。

この結果によると、強い孤独感は、心臓病、アルツハイマー病、関節炎など、炎症を伴う病気のリスクを上昇させ、さらにウイルス性の風邪などにかかりやすくなることを示唆している。面白いのは、「どれだけ社会から疎外されているか」という客観的な事実ではなく、「本人がどれだけ孤独を感じているか」という主観的な感情のほうが免疫細胞との関連性が強かったことだ。

また同氏含む研究チームは、幸福感が免疫細胞に及ぼす影響についても追求している。2013年7月29日付けで『米国科学アカデミー紀要』に掲載された論文では、驚くべきことに幸福の種類によっても免疫細胞のエピゲノムが変化すると発表されている。

研究者らは、35歳から64歳までの被験者80人を幸福の種類別に分けた。1つめの幸福感は快楽主義的、または”Hedonic”なもので、目先の欲求を満たすことで簡単に得られるものだ。例えば「おいしいものを食べて幸せ」や、「欲しかったものが買えて幸せ」など、単純な自己満足がこれにあたる。2つめの幸福感は「人生に方向性や意味がある」「よりよい人間に成長できるような挑戦、または経験をしたことがある」「社会に貢献できるものがある」など、何らかの理由が満足感や安寧を生じさせる、”Eudaenomic”な幸福だ。

被験者らはHedonicやEudaenomicな質問に答えてもらい、幸福の度合いを0(一度も感じたことがない)から5(毎日感じている)まで段階評価するよう指示された。そして血液中の免疫細胞の遺伝子と相関性があるかどうかを調査した。

幸福の種類によって免疫細胞の遺伝子スイッチが変化するのはにわかに信じがたいが、コール博士らが研究で得た結果とはそういうものだ。物欲を満たすことや、おいしいものを食べるという行為で得られる短期で浅いHedonicな幸福では、免疫細胞が活性化するどころか孤独感を感じているのと同じようなエピゲノムのパターンが見られた。逆に社会に貢献することで人生に意味を見出すような、深い満足感を伴うEudaenomicな幸福感では、炎症反応に関連する遺伝子が抑えられ、抗ウイルス反応に関連する遺伝子はより活性化されていた。

コール博士とともに研究に携わったバーバラ・フレドリック博士は、同じ幸福感でもまったく別の結果が出たことに対して最初は驚いたという。Hedonicな生活を送っている被験者でも「人間として満たされた生活を送っている」と述べており、免疫システムにネガティヴな影響があるとは思いもしなかったのだ。

しかし目の前の欲求が満たされることで得られる幸福感には、何らかの代償があるのだろう。手っ取り早く得られるHedonicな幸福感とは、いわばストレスによる過食で得られる虚しい満足感のようなものだという可能性がある。本人の自覚はなくとも、それは免疫細胞の遺伝子には発現していたのだ。

■生物はエピジェネティクスにより常に変化している

これまでわたしは、外因的な環境変化や内因的な深層心理が、エピジェネティクスに変化をもたらす例を述べてきた。同じ環境にいるからといって、同じ遺伝子が発現するとは限らない。個人の主観的な孤独感の度合いにより免疫細胞の遺伝子が反応したように、人の経験というのは、出来事に対して十人十色だからだ。

同じ遺伝子をもつ一卵性双生児やクローンでも、考え方や性格が異なり、嗜好や行動パターンに違いが見られるのは、環境や主観的な経験により、遺伝子のスイッチが変換されるせいだといえるだろう。

では、われわれはどうしてこのように進化したのだろう? 仮説はいくつもあるだろうが、そのひとつに「目まぐるしく変化する社会環境にいち早く順応するため」というのがある。われわれの細胞は毎日死に、そして毎日新しいものが生まれる。新たに分裂した細胞には、エピゲノムの情報が正しく刻まれ、それはまた新たな細胞をつくり出す。生物とは、環境や経験を分子バイオロジーへと変換する、いわば生体マシンともいえるかもしれない。

エピジェネティクスの分野は、シーケンス技術の進化に伴い黎明期を迎えたばかりだ。今回ご紹介できたのは、多くの研究のうちのほんの一部に過ぎないが、そのどれもが環境に対応する遺伝子レヴェルの流動的な変化を示唆している。これからさまざまなことが明かされていくだろう。例えば個々の努力。深い孤独感や幸福感でみられたように、多大なる努力とはエピジェネティクスな変化を促し、それは次世代に遺伝するのだろうか。人間は努力することにより、突然変異よりも高い確率で、“進化”できるのだろうか。

ふたりの親から受け継いだ遺伝子は、あなたがどのように生きるかによって、環境や経験が装飾され2つのらせんに刻印される。いずれにせよ、個人が人生を生き抜いたあと、時間を止めたDNAは、この世に存在したどのDNAとも似つかない、世界で唯一のあなたの歴史が正確に刻まれた、分子生物史といえるのではないだろうか。


後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明|WIRED.jp


後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明

NEWS2017.10.10 TUE 17:00

後天的に獲得された形質は、次の世代へと遺伝する──「エピジェネティクス」の謎を独科学者らが解明

DNAという「生命の設計図」に書き込まれた遺伝子は、環境や生活習慣によって変化することが近年の研究でわかっている。「エピジェネティクス」として知られるその変化は、次世代にも遺伝する。そのメカニズムを、ドイツの研究グループが解明した。

1944年11月、第二次世界大戦が終焉に近づきつつあるなか、オランダ西部ではナチスドイツによる出入港禁止措置のため、深刻な食糧不足に見舞われていた。封鎖中の食料配給は、11月の時点で1日わずか1,000キロカロリー未満。翌年2月末には580キロカロリーまで制限された。

この飢饉は老若男女問わず450万人に影響し、多くの人々が飢餓状態に陥った。そうした環境でも、低体重とはいえ4万人の新生児が特に問題もなく産声を上げられたのは、不幸中の幸いだったといえるだろう。

7カ月も続いたこの飢饉は、悲劇的ながら思いもよらぬ疫学調査の機会を、当時の研究者たちに与えることになった。「オランダの飢餓の冬」を経験した妊婦たちは、同じ場所で同じ時期に急激な栄養不足に陥っていたことから、母体の栄養不足が与えうる子どもの長期的な健康への影響を調査することができたのである。

結果は驚くべきものだった。飢饉のさなかに生まれた子どもたちは低体重で生まれたにもかかわらず、成人後は高い確率で肥満となり、糖尿病、高血圧、心血管疾患、微量アルブミン尿症などの病気を発症していたのだ。さらに同じ健康上の問題は、孫の世代にも認められたのである。

この興味深い疫学調査は何を示唆しているのだろう? 簡潔に述べると「妊娠中の栄養不足はのちに生まれてくる子どもの健康状態に影響し、生活習慣病などのリスクを高める。そしてこの特性は遺伝する」となる。これを生物学的視点でみると、環境が及ぼす遺伝子への影響がおぼろげに浮かび上がってくる。

生物学では長らく、DNAの中にある膨大な遺伝子は、生涯を通じて変わることがないと考えられていた。ところが近年の研究では、環境的な変化が遺伝子のスイッチを「オン」にしたり「オフ」にしたりし、特定の遺伝子が発現するかどうかを左右している事実が明らかになってきた[日本語版記事]。

さらに驚くことは、さまざまな環境から後天的に変化した遺伝子のスイッチが、親から次世代へと遺伝するかのような事象が数多く報告されるようになってきたことだ。そこで、ドイツのマックスプランク免疫生物学エピジェネティクス研究所のグループが、このメカニズムの解明に乗り出した。

■形質が遺伝するメカニズム

研究グループは、ショウジョウバエを使用して、遺伝子のスイッチ、いわゆる「エピジェネティック」な変化が、母親から胚に伝達されるメカニズムに着目。彼らはヒトにもある「ヒストンH3のリジン27トリメチル化(H3K27me3)」と呼ばれる特定の改変に焦点を当てた。「H3K27me3」は、DNAがコンパクトに収納されているクロマチン構造を変化させて遺伝子発現を抑制することに関連している。

研究者らは、精子と卵の生殖細胞がつくられる過程で「H3K27me3」の分布を調べてみた。すると父方の精子形成の過程では激減していた「H3K27me3」が、母方の卵母細胞には豊富に残されていた(父方の「H3K27me3」も低レヴェルでは確認されている)。さらに受精後、ほかのエピジェネティックな改変が消失していたなか、母方の「H3K27me3」だけはまだ存在していることを発見。これは一体、何を意味しているのだろうか?

「これは母親が後天的に獲得した形質が、子孫に継承されることを示しています。わたしたちは、これらの形質が胚で何らかの重要な働きをしているかどうかに興味をもちました」と、論文の筆頭著者であるフィーデス・ゼンクはプレスリリースで説明している。

彼らはこれを確かめるため、ショウジョウバエの「H3K27me3」を、特定の酵素を使って消去した。すると初期発達中に「H3K27me3」が欠けた胚は、胚発生の終わりまで成長することができなかった。これは生殖において、「H3K27me3」がエピジェネティックな情報を次世代に継承させるだけでなく、胚の発達にとっても重要な役割を担っていることを示唆している。

さらに研究者らが胚を詳しく調べてみたところ、通常であれば胚発生初期にはオフになっているはずの発達遺伝子が、「H3K27me3」が欠けた胚ではオンになっていたことを発見。「胚の遺伝子コードを処理し、正確に転写するには、継承されるエピジェネティックな情報が必要とされているようだ」と、ゼンク博士はコメントしている。

■母親からのガイダンス

ゼンク博士らの発見は、「H3K27me3」が母方の生殖系列から次世代に継承され、子孫の遺伝子発現調節に寄与している、という強力な証拠を示している。また成熟精子にもわずかながら「H3K27me3」が保持されており、父方のエピジェネティックな情報が受精卵に継承される可能性も示唆されている。そして環境変化が反映されているこれらの遺伝的スイッチは、無事に胚が発達するために不可欠な情報なのだ。

今回の研究はショウジョウバエを使ったものだが、「H3K27me3」はマウスの着床前の初期胚におけるクロマチン構造でも検出されており、研究者らはほかの哺乳類においても同様のプロセスを経るものと推測している。

この研究は、両親の遺伝子だけではなく、そのときの気候的な環境や、親の食生活、運動、喫煙やお酒、ストレスなどの生活習慣に影響を受けて微調整されたエピジェネティックのいくつかが、次世代へと継承される仕組みを解明した重要なものである。このマイルストーンとも呼べる研究は、『Science』で発表されている。

親は子どもの発達を導く遺伝情報を提供する。親のエピジェネティックな情報は、子どもが最初に直面するであろう環境に適応するための、母親からもらえる最初のマニュアルのようなものといえるだろう。そして親世代が後天的に得た形質は、子ども世代、そして孫の世代へと受け継げられていくのだ。


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter
『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語

フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

楽笑楽園M

日々物語/楽笑楽園

- 今日の物語F

さんちゃんの部屋/日々物語

日々元気





核軍縮!核兵器削減の枠組み作り【米ロ首脳が電話会談】中国含む3か国での意見交換!一方、安倍晋三政権は軍拡、核核武装への原発推進、改憲を推し進め【血税を強奪】トランプ、我々は核兵器に何十億ドルも費やして

2019-05-04 14:18:24 | 政治
核軍縮!核兵器削減の枠組み作り【米ロ首脳が電話会談】中国含む3か国での意見交換!一方、安倍晋三政権は軍拡、核核武装への原発推進、改憲を推し進め【血税を強奪】トランプ、我々は核兵器に何十億ドルも費やしている!中国側からは前向きな反応を得ている!





米ロ首脳が電話会談、中国含む3か国での核軍縮で意見交換 TBS NEWS


米ロ首脳が電話会談、中国含む3か国での核軍縮で意見交換



 アメリカのトランプ大統領は3日、ロシアのプーチン大統領と電話で会談し、中国を含めた3か国での核兵器の削減に向けた枠組み作りについて、意見を交わしたことを明らかにしました。

 「我々は核兵器に何十億ドルも費やしている。我々は2か国でなく3か国での合意の可能性について議論した。中国にはすでに話しているが、中国もこの枠組みに入りたがっている」(アメリカ トランプ大統領)

 トランプ氏は3日、プーチン氏と1時間以上電話で会談し、終了後報道陣に対し、アメリカ・ロシア・中国の3か国での核兵器の削減に向けた枠組み作りについて意見を交わしたことを明らかにしました。

トランプ氏はこの問題について、すでに中国側とも話し合いを始めていることを明らかにしたうえで、中国側からは前向きな反応を得ているとしています。

 核兵器の削減をめぐっては、今年2月、アメリカがロシアと結んでいたINF=中距離核戦力全廃条約からの離脱を宣言し、懸念が広がっていただけに、3か国による新たな核軍縮の取り組みが実現するのかどうか、世界各国の関心が集まりそうです。


原発再稼働の真の目的は?安倍政権が原発輸出に固執する恐ろしい理由!日本の核武装はもはや空想ではない!


恐ろしい世の中になるよ!小沢一郎から見た安倍政権【彼は核武装論者】原発にこだわるのは…そのへんがある!核技術を温存したいんだろう!戦前の昭和史と似てきた… 経済格差が増え、戦争・軍需産業で不況を乗り切ろうとしている!(サンデー毎日)憲法上、原子爆弾だって問題ない!安倍晋三2002年講演!安倍家は「死の商人」兄は三菱、安倍兄弟が復活させた日本の死の商人!防衛予算のほとんどを懐に入れている!戦前も戦後も暴利をむさぼっている軍需財閥!… - みんなが知るべき情報/今日の物語 - みんなが知るべき情報/今日の物語



日本の原発性能から考えて「原爆を2000個製造可能」との試算!すでに核武装と同じ!武田邦彦 、すでに核武装したと同じ

原爆だって問題ない!安倍晋三は核兵器使用の賛同者である!憲法上も問題ないと!広島・長崎原爆を肯定していると同じである!福島原発事故の主犯格!原発も放射能も戦争も推進!殺戮、戦争サイコパス、これが日本国総理、安倍晋三の正体だ! - みんなが知るべき情報/今日の物語





血税を使い選挙対策!日米貿易協議本格化【農産品など】は参院選後か!トランプ氏配慮?米ガラクタ武器、戦闘機の大量購入!安倍晋三一味にはキックバック!ダマされるな私達! - みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

平成とは【安倍晋三一味の人工地震・災害の歴史】東日本大震災、311原発テロ、オウム真理教サリン事件、阪神淡路地震、熊本地震、大阪地震、北海道地震、人工台風、人工豪雨、人工猛暑など!人口削減ホロスコープ - みんなが知るべき情報/今日の物語

池袋殺傷暴走はアベトモ事件だった【飯塚幸三】息子・飯塚洋は安倍晋太郎・晋三の秘書!安孫は【少女監禁レイプ事件】もみ消し!原子力ムラの住人、日航機墜落事故、リクルート事件、日本のOSトロン潰し!事故現場には伊藤詩織さんの事件をもみ消した中村格と北村滋内閣情報官も居た!飯塚幸三は既に退院しているが逮捕されず! - みんなが知るべき情報/今日の物語

官僚池袋暴走事故【少しでも不安なら車を運転しない選択肢を】松永さんの夫会見!旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が運転する車が暴走し自転車に乗っていた松永さん母子や歩行者を次々にはねた! - みんなが知るべき情報/今日の物語

朝日新聞が衰退する訳、ブログに引用しただけで著作権違反と削除を迫る!先の戦争を煽り反省もない新聞! - みんなが知るべき情報/今日の物語

朝日新聞の戦争責任【凄まじい戦争礼賛記事】第二次世界大戦、国民洗脳に果たした役割!未だ戦争責任取らず

【腐敗三昧の税金泥】安倍政権!日本は不思議な国…国民は黙っているんですね!NHKと読売の宣伝報道による情報操作!日米のマスメディアは戦争屋CIAの手下!日々、国民を洗脳している! 用もないのに6か国訪問!本澤二郎「ジャーナリスト同盟」通信- みんなが知るべき情報/今日の物語


『重曹』は癌や、被爆、肝臓病、インフルエンザ、アレルギー、虫歯、便秘、腎臓病・胃潰瘍・痛風など…あらゆる病気を治す効果がある?!コップ一杯分の水に小さじ半分程度を溶かし重曹水を作り、それを飲むだけ!癌対策記事あり

『癌は味噌がきらい』発がん抑制効果、死亡率も減!放射能対策にも! 胃癌、乳癌、肝臓癌、肺癌、大腸癌、前立腺癌など…長崎原爆、味噌で原爆症にならず!日本は癌で死ぬのではなく、がん治療で死ぬのである!日本だけが癌死亡率が上昇し続けている! 米国、カナダは抗ガン剤や放射線治療から抜け出した! 医者自身が癌になったら、三大療法は受けず食事療法・食養に走る!ガンは砂糖は糖質が好き!  - みんなが知るべき情報/今日の物語

緑茶はストロンチウムの吸収を防ぐ!日本の緑茶には放射線に対する防護作用がある!味噌と緑茶の癌、放射能対策!

癌にタマゴと「がん治療に殺された人、放置して生きのびた人」の著者「近藤誠医師」も記述!元ハーバード大学准教授・荒木裕医師も「ガンにならない体」卵、肉や魚介類!がんを切らない選択、抗がん剤だけはやめなさい、がんでもふつうに暮らし、穏やかに逝く極意!近藤誠医師も上記の本の中で、がん対策に卵で先ず栄養をとりなさいと。糖尿病、肝臓病の医師達も卵を1日3個以上を奨めています。- みんなが知るべき情報/今日の物語

がん、脂肪肝改善【高カカオチョコ】食前3食・間食前に…1日25グラム/生活習慣病、癌、糖尿病、認知症、肝臓、心臓疾患 、便秘、動脈硬化、高血圧 、免疫力アップ、脳卒中予防 、インフルエンザ、風邪、疲労回復、滋養強壮、記憶力、美肌、ダイエット、ピロリ菌など!純ココア=無糖カカオチョコ- みんなが知るべき情報/今日の物語


フォローお願い致します→復活マッジクアワーTwitter

ブログランキング・にほんブログ村へ クリックお願い致します

楽笑楽園M

日々物語/楽笑楽園

- 今日の物語F

さんちゃんの部屋/日々物語

日々元気




今日の物

<script type="text/javascript">document.write(unescape("%3Cscript")+" src='http://widget.zenback.jp/?base_uri=http%3A//blog.goo.ne.jp/kimito39&nsid=114673808152993203%3A%3A114676501097544259&rand="+Math.ceil((new Date()*1)*Math.random())+"' type='text/javascript'"+unescape("%3E%3C/script%3E"));</script>

セイセキ

<script src="http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo_parts.rb?bu=http%3A%2F%2Fblog.goo.ne.jp%2Fkimito39"></script>