ぼやかせていただいております。

BBCの政府に対する批判はいいんだよ。インチキな”解説”が困るんだよ。

2018年07月02日 19時15分05秒 | Weblog



日本政府についての批判はいいんだよ。どんどんやれ、と。

ネトウヨやネトウヨ議員に対する批判もいいんだよ。


日本語ができない記者や、インチキジャーナリストのインチキ”解説””だが、文化評論が困るんだよ。

それと#MeTooとか自分たちとは違うフェミの形態があることが認められない狭い心、東洋の女性は無力だという固定観念ーー要するに民族差別だなーーこれは困るんだよ。
コメント

盗聴器の場面はなにか腑に落ちないところもある

2018年07月02日 18時55分02秒 | Weblog


2018.07.02 14:30 | カテゴリ:ニュース • 政治経済 | コメント(25)

【驚愕】伊藤詩織さんの自宅に盗聴器、BBCの取材で発覚!不審車両の存在も・・・

特に問題となっているのは伊藤詩織さんの自宅から盗聴器が発見された場面で、半信半疑の伊藤さんを前にBBCのスタッフさんが探知機を渡して調査をやらせてみたところ、コンセントの裏などから盗聴器が発見されました。
誰が盗聴器を設置したのかは不明ですが、伊藤詩織さんの告発を嫌っている勢力や人物が設置した可能性が高いです。


ではなくて、近所のディスカウントショップで盗聴器発見器あるか、と聞いて、おもちゃみたいのを買ってきたーー買ってきたら、「カメラもわかるんだ」と。

探吉くん、とかいっていたから、

探吉くん(たんきち) 24時間安心サポート!!【盗撮・盗聴電波発見機】手のひらサイズで持ち運びに便利!


これであろう。


部屋のスイッチのそばにいくとピーピーなって、スイッチを外している場面がある。分解している。2人はなぜか、笑っている。なんと、盗聴器が発見される場面で偶然にもBBCのカメラが入っていたわけである。だが、そこからでてきたかもしれない、盗聴器は映されていない。

仮に、盗聴器があったとすれば、確かに大事。

盗聴器を発見したらどうする?

住居侵入罪やストーカー規制法違反の疑いがあれば、警察に相談する
盗聴器が仕掛けられた場合、住居侵入罪やストーカー規制法違反の疑いがあります。

犯罪の疑いがある以上、警察の出番になります。

必ず警察に相談し、相手がわかっていても直接話し合いなどせず、警察や専門家に任せることが望まれます。


普通は警察に相談する。警察は信用していないというなら、少なくとも、弁護士に相談しているだろう。

しかし、これほどの一大事を弁護士や支援者たちは黙っている。

ーーーなにか腑に落ちない感じがしないでもないのである。


更新











コメント

加 米に報復関税発動、どうする日本?

2018年07月02日 18時18分08秒 | Weblog
カナダ、米国への報復関税を発動 鉄鋼製品など1.4兆円分
2018.07.02 Mon posted at 15:57 JST


Canada Begins Imposing Tariffs on U.S. Goods From Ketchup to Lawn Mowers

日本もやったれば?
コメント

強まる杉田議員への批判

2018年07月02日 18時08分50秒 | Weblog





村木 一郎
昨日 16:51 ·
伊藤詩織氏についてのBBC放送。ネットで駆け巡っており,余りに辛いので静観を決め込んでしまいました。
そうしたところ,同番組内で自民党杉田水脈議員らの下記画像も登場したことを知り,愕然としています。この画像に登場する人たちはこの国を辱めるだけです。猛烈な嫌悪感しか抱きません,少なくとも,杉田議員は辞職べきです。恥ずかしい。



コメント

また、告訴したら?

2018年07月02日 17時58分53秒 | Weblog



可能ならそうすりゃいいと思うんだけどなああ。
コメント

The concern about British culture of sexual abuse has not been taken seriously

2018年07月02日 15時26分44秒 | Weblog





Oxfam told of aid workers raping children a decade ago
by Lizzie Dearden
17th Feb 2018 8:23 AM


UK's Oxfam hit by new report of sex abuse by aid workers


British aid organisation Oxfam faced fresh pressure on Tuesday after a former senior member of staff said her concerns about “a culture of sexual abuse” involving aid workers had not been taken seriously by the charity’s bosses.



しかも、国内的には


Sex trafficking taking place on an 'industrial scale' as government strategy 'failing', MPs warn
Hundreds of vulnerable women, predominantly from Eastern Europe, being supplied by trafficking gangs into residential properties to be sexually exploited by British men, report finds

May Bulman Social Affairs Correspondent
@maybulman
Monday 21 May 2018 00:19
63 comments


Sex trafficking is taking place on an “industrial scale” across England and Wales as the government’s strategy for tackling the issue fails to deliver, new research claims.

A report finds so-called “pop-up brothels” – premises rented for short periods of time to sexually exploit women – are widespread, with hundreds of vulnerable women, predominantly from Eastern Europe, being supplied by trafficking gangs into residential properties in order to be sexually exploited by British men.

The inquiry by the All-Party Parliamentary Group (APPG) on Prostitution and the Global Sex Trade found the practice was being enabled by “prostitution procurement websites” such as Adultwork, and driven by a minority of UK men who pay for sex.


Sexual exploitation of women in 'pop-up brothels' is widespread, report says
Politicians call for UK to criminalise paying for sex, which helps fund trafficking


Vulnerable women are being sexually exploited on an industrial scale in “pop-up brothels” run by trafficking gangs, according to a report.

The brothels, often set up in residential properties using short-term leases, allow gangs to keep a step ahead of police and retain control over the women, the all-party parliamentary group on prostitution and the global sex trade said.









British seaside town taken over by POP-UP BROTHELS 'run by Eastern European pimps'
A POPULAR British seaside town has been taken over a number of pop-up brothels allegedly set up by Eastern Europeans using holiday lets as sex dens, according to police.
By ALETHA ADU
PUBLISHED: 00:00, Fri, Jan 6, 2017 | UPDATED: 00:11, Fri, Jan 6, 2017


Although it is considered an offence to operate brothels, Inspector Dave Meredith, an officer for Newquay, said he is far more concerned on helping the women who could be victims of sex crime because they are most likely acting “under duress”.





Tower Bridge, London.
Here are some important things to know if you're visiting London for sexual activities:


The number of women selling sex on their own off-street had increased considerably in the last few years, with the majority hailing from Eastern Europe, South America, particularly Brazil, and South East Asia, especially China and Thailand.
There are thousands of escorts from all over the world working in London. London is probably the best city in Europe to find different type of escorts. Some high-class escorts in London can cost you a fortune but you can also find several escort agencies who are offering models for reasonable prices.
London 's main Red-light district is located in a small area in Soho. Red Light district area in Soho has many brothels, sex shops and lap dancing clubs and police sometimes raids them. Other unofficial red-light areas in London are considered to be King’s Cross, Piccadilly Circus and Shepherds Market.
Most, if not all of sex workers in London operate out of apartments or massage parlors (illegal brothels). There are more than 1,000 illegal brothels in greater London area alone.
London has several areas for street prostitution. Streetwalkers are asking for £20 - £30 for a oral performance and some prostitutes offer sex for as little £30. If you find a sex worker giving a full service with £30, you will be quite sure that she's not a super model.
The bars in London are great, the strip clubs even better with over 50 strip clubs in London, and you will always find one that will satisfy your needs. London has probably the best selection of quality strip clubs in Europe.
You can find hundreds of erotic massage parlours in London. They don't usually give their address in public so you need to contact them first to get the exact location. Many of the parlors are operated by Asians.


性奴隷にされた東欧の女性をイギリス人男性が犯しまくり、それが産業規模

さらに、

Britain's secret culture of pedophile





Children's rights activist Peter Newell jailed for abuse
By Vinnie O'Dowd
BBC News
16 February 2018
Share this with Facebook Share this with Messenger Share this with Twitter Share this with Email Share


少年や子供まで犯しまくり。

性的に退廃しているなああああ、イギリスは。

ハイチ、東欧、少年、子供など弱者を食い物にするの得意なんだなあああ、イギリスは、昔から、


なんで、もっと国際的に周知しないんだろう。

とくに、イギリス通の日本人から、もっとこの手の話があっていいような気がするがなああ。

おまいら、ロンドンオリンピックのときなんでだまってたんだよ、きったねええなあ。







コメント

France's Macron brings back national service

2018年07月02日 14時44分15秒 | Weblog









France's Macron brings back national service
By Lucy Williamson
BBC Paris correspondent
27 June 201


The first phase is a mandatory one-month placement with a focus on civic culture, which the government says will "enable young people to create new relationships and develop their role in society".

Voluntary teaching and working with charities are among the options being looked at, alongside traditional military preparation with the police, fire service or army.

The second phase is a voluntary placement of at least three months and up to a year, in which young people will be encouraged to serve "in an area linked to defence and security" - but again, they could opt to carry out volunteer work linked to heritage, the environment or social care.
コメント

合法的性行為に同意を要件にすること

2018年07月02日 14時31分53秒 | Weblog
「明白な合意のない性行為はレイプ」、スウェーデンで新法施行
2018年7月1日 17:48 発信地:ストックホルム/スウェーデン [ スウェーデン ヨーロッパ ]


新法では、性行為に及んでいる当事者らのうち、一方が自由意志で行為に参加していない場合、もう一方の行為はレイプと見なされる。

 これまでレイプは暴力や脅しを伴う性行為と定義されていた。だが政府発表によれば、今後は暴力や脅迫を伴わない性行為や、被害者の弱い立場につけこんだ性行為でなくてもレイプの罪で起訴されることもあり得る。

 新法はレイプ事件を裁く判事らに対し、性行為の際に言葉や身ぶり、その他の行為によって合意の表現が成されたか否かに注視して判決を下すよう求めている。

 一方、新法の制定に関わったアンナ・ハネル(Anna Hannell)裁判官はスウェーデン通信(TT)に対し、性行為への合意を示すのに「アプリのイエスボタンを押すとか、口頭で正式に『はい』と言う必要はない」と述べ、自ら身体的に性行為に関わっていれば合意の合図と見なされると語った。


New Swedish law recognizes sex without consent as rape
Camille BAS-WOHLERT
Agence France-Presse

Stockholm | Sun, July 1, 2018 | 12:45 pm


The law stipulates that a person has committed rape if they have been part of a sexual act in which the other person has not participated "freely".

Rape had previously been defined as a sexual act carried out with the use of violence or threat.

Now for someone to face rape charges, "it is no longer necessary that violence or threats were applied, or that the aggressor took advantage of the victim's particularly vulnerable situation," according to the government.

The law says that courts will need to pay particular attention to whether consent was expressed with words, gestures or in another manner, and judges will have to rule on the issue.

Judge Anna Hannell, who helped create the law, said there was "absolutely no requirement to formally say 'yes', to hit a button in an app or anything else of the same type".

"Simply participating physically is a sign of consent," she told Swedish news agency TT.








違法、合法的性交渉の境界というのは、常に問題になりうる。

違法か、合法かで


違法ーーーーーーーーーーーーーーー合法

強い抵抗の表現ー抵抗の表現ー合意の表現


強い抵抗があれば、違法で、それ以外は合法なのか、

少しでも抵抗があれば、違法で、それ以外は合法なのか、

合意の表現がなければ、違法で、それ以外は合法なのか?

抵抗と解釈されうる行動があったが、合意と解釈されうる行動もあった場合はどうか?

いろいろ難しい問題はありえる。

ありえるが、例えば、


【強姦罪の成立が否定された例】

○ 東京高判平成26年9月19日(自然確定)
(一審が認めた罪となるべき事実)

被告人は,平成25年2月25日午後8時30分頃,千葉県内の小学校校庭内において,被害者(当時15歳)に対し,その正面から同人の肩を手で押してその背後にあるコンクリートブロックに同人の背中を押し付け,同人着用のブラジャー内に手を差し入れてその乳房をもみ,さらに,同人の背後から,同人がスカートの下に着用していたパンツ等を足首まで無理矢理引きずり下ろすなどの暴行を加えてその反抗を著しく困難にし,強いて同人を姦淫した。

(暴行脅迫の程度に関する一審の判示(要旨 ))
夜間に,当時15歳の中学3年生であり,飲酒の影響下にもあった被害者に対し,小学校の校庭内の校舎から見えにくく暗い場所において,その肩を押してコンクリートブロックの際に追い込み,キスをしたり乳房を触るなどした後,向きを変えさせて背後から被害者と性交し,その間,被害者が 「やめて」と言いながら,被告人の手を押さえたりズボンを脱がされまいとするなどの抵抗をしても,性交等をやめなかったというものであるから,被告人は,被害者の,男性(被告人)との性交渉に関する自由な意思決定を妨げ,被告人との性交を拒絶することを著しく困難にさせるのに足りる有形力の行使をしたものと認められる。

(本判決の判示(要旨 ))
原判決について 強制わいせつ罪における暴 ,「 ,, , 行の程度が 一般には 強姦罪と同様に被害者の抵抗を著しく困難にする程度とされていながら,暴行自体が強制わいせつ行為でもある場合を説明するに当たり,被害者の意思に反するものであれば足りるように解釈運用されていることから,原判決は,実質的には,強姦罪においてもこれと同等の暴行があれば足りるもののように解したと思われなくもない。仮にそうであるとすれば,そのような理解は,暴行自体がわいせつ行為となり得る強制わいせつ罪と暴行が性交の手段である強姦罪との行為の性質の相違を看過するものであって,正当とはいえない。強姦罪が成立するためには,その手段である暴行は,あくまでも性交についての抵抗を著しく困難にする程度のものでなければならず,その意思に反するものでは足りないと解される」とした上,・ 「被告人は,女生徒(引用注:被害者)の肩を押して背中をコンクリートブロックに押し付けた以外は,合意の上での性交の場合にも伴うような行為に及んだにとどまり,女生徒の抵抗を排除するような暴行脅迫は加えていない。さらに,性交の際の両者の体勢によれば,女生徒が足をばたつかせるなどしさえすれば,性交を容易に妨げることができたといえる。そうすると,本件における性交が,夜間に小学校の築山の裏側という人気もなく暗い場所で行われたものであり,被告人が当時25歳の成人男性であるのに対し 女生徒は当時15歳 , , の小柄な中学3年生であることを考慮しても被告人が女生徒の抵抗を著しく困難にする程度の暴行を加えたということはできない 」とし, ・ さらに,飲酒の影響についても 「飲 , 酒が女生徒の身体等に与えた影響は,その飲酒-5-資料28量や事実の経過からみて,それほど大きいものとは考えられない 「女生徒の左膝の負 」傷等がその運動能力に一定の制約を与えたことは認められるものの,女生徒は,飲酒場所から性交現場まで2キロメートル以上を歩き,性交の際にもズボンを下ろされないようにつかんだり,被告人の手を押さえるなどの抵抗をしたというのであるから,それなりの運動能力を保持していたものと認められる」と認定した上で,「運動能力の制約は,それほど大きいものとはいえず,当裁判所の事実取調べの結果を加えても,被告人が女生徒の抵抗を著しく困難にする程度の暴行を加えて性交に及んだと認めることはできにない 」とし, 。原判決を破棄して無罪を言い渡した。


これが強姦でないとした判決は著しく不当であろう。被害者からしたら、ふざけるな、という判決であろう。

これは 強姦を否定して、強制わいせつの罪になったということであろうか?

微妙なケースはあるだろうが、原則、意思に反していると解釈できる抵抗したらやめるべきで、それを超えてやったら駄目、ということにすべきであろう。

暴行・脅迫
強制性交等の手段としての暴行又は脅迫の存在が必要である。なお、暴行又は脅迫者と性交等の実施者が同じである必要はない。

判例によれば、旧強姦罪の暴行・脅迫については「相手方の反抗を著しく困難にする程度のものであれば足りる」として、強盗罪の場合のような、相手方の反抗を不能にする程度までの暴行・脅迫でなくともよいとする(最判昭24年5月10日刑集3巻6号711頁)。現在の判例・解釈の主流は、この判決を基本にしている。


反抗を不能にする程度までではないが、意思に反した、というだけでは足りない、というのでは、あまりにも、個人の、性的自由の保護が薄すぎる。






コメント

外圧、出羽守たち:あたしたちは無力な女の子、白人欧米人さま、お助けくださーーーい!

2018年07月02日 10時15分33秒 | Weblog



おれは、そもそも、オリンピック開催反対。
はすみとしこのポスター嫌い。枕営業については、名誉毀損と言っているし、杉田議員の議論は有害と主張しているのだが、国際的に周知させて、というのは、外圧を使って改革させたい、ということなのか、たんなるマゾなのか、あるいはサドなのか・・・非常に歪んだ精神だと思うがなあ。

変えたいなら、なんで自分でガンガン言わないんや。

悪いが卑怯者としか思えんな。



kazukazu88さんがリツイート



TrinityNYC



@TrinityNYC

BBCのような番組を、日本のメディアが自分で作ろうとしない・作れないことに、日本の女性蔑視の根深さを感じる。Sexual Assaultの定義自体ができていないし、番組内で@jakeadelstein さんが言ってたように、「え?それもアソルトですか?」と女性自身が驚くほど、性暴力が蔓延・日常化している。




TrinityNYC




もっぱら安倍と山口のつながりに焦点充ててる風なのもなんだかなあと私は思いますね。日本には、詩織さんが受けたような社会的バックラッシュが怖くて名も顔も出せないで黙っている被害者が大勢いるはずなのに。そういう「声を上げられない人たち」には「そういうもんだ受け入れろ」とか言い出す始末。


/Jake Adelstein中本哲史


おっしゃる通り。現役の田中嘉寿子検事が書いた本「性犯罪・児童虐待捜査ハンドブック」で実際に届け出る被害者が全体の4%に過ぎないと推測した。同じ本で、司法捜査局がいかに消極的に性犯罪の事件を取り扱うことも嘆いています。現役の女性検事でさえこの醜態を指摘するならやはり問題が大きい



Jake Adelsteinの番組での発言に日本人女性として屈辱感を感じないところは、出羽守も、末期症状だな。

こいつらでは絶対に日本をよくすることはできない。

超ムカツなあああ。

しかし、類は類を呼ぶで、似たもの同士がよく集まるものだなあ。



コメント

共通の歴史を書き始めるために、韓国大使館前に慰安婦像

2018年07月02日 05時52分21秒 | Weblog



いいアイデア。

日本は日本軍慰安婦について謝罪も補償もした。韓国は韓国人米軍慰安婦や韓国軍ベトナム人性被害者について反省していない。

そこで、韓国出自の慰安婦像を韓国大使館前に建立して、共通の歴史を書きき始めましょう!と訴えたらどうだろうか。

駐日大韓民国大使館

所在地: 〒106-0047 東京都港区南麻布1丁目2−5



幸い隣に駐車場もあるようだし、小さな場所を借りるなり、買い取りなどすればいい。そこに慰安婦像と韓国が謝罪も補償もしていないことを英語で書いたプレートを置く。

すでに補償したにもかかわらず、安倍ちゃんはさらに、10億だが、韓国に拠出していたが、こういうところに金かけるべきなのである。

もしやったら、安倍ちゃんの悪口減らすよ、おれ。

右も左も賛成できることじゃないの、こんなこと?

高須院長どうだろうかね?

コメント

在日認定して、美化された幻想の日本人像を守りたいのか?

2018年07月02日 05時39分39秒 | Weblog



在日認定というのも、よくわからない現象なのであるが、在日認定して、美化された幻想の日本人像を守りたいのかな?


ただ、在日認定という行為そのものが、国際的には、日本人のイメージを損ねるわけで、そんなことをするやつこそ、在日だあ!とかいう輩がでてきて、


「おまえこそ、在日だああ!」
「いや、おまえこそ在日だ!」
「在日はお前だろう!」


とかなって、そこに、長屋のご隠居さんがでてきて、


「じゃあ、まあ、みんな在日ということで・・・」

「・・・・・あっはっはっ」


とみんなで笑ったとさ、とか、いう落語はないのだろうか?


コメント

Rape? It's the fault of the victims, say 50% of British women

2018年07月02日 05時03分30秒 | Weblog
BBCのJapansSecretShameという番組を絶賛している人がいる。

おれは、もともと、詩織さんの件でも、検察の対応、検察審査会の対応について問題にしてきた。

また、#MeToo 運動が盛んになったときでも、日本でももっと騒げばと言ってきた。

わからんのは、日本のケースをBBCの番組にされて初めて騒ぎ出す奴ら。そのなかには、フェミや出羽守もみかけるわけだが・・・・

フェミは出羽守の一種で、出羽守は欧米が日本にむける民族差別的視線に同調する生き物、という意味では当然なのかもしれないが、寂しい気もする。



「日本の秘められた恥」  伊藤詩織氏のドキュメンタリーをBBCが放送
2018年06月29日



アイルランド在住のシネイド・スミスさんは、「#JapansSecretShameを見ている。ショックだし、ものすごく心が痛い。何がいやだって、女性が女性を攻撃してること。被害者を支えるんじゃなくて、女性が彼女を責めてる……。犯罪を犯した男を責めなさいよ!」と書いた。

これ引用して、びっくりしている日本人もいたようだが、別に驚くに値しない、と”でもの守”としては指摘しておきたい。


Rape-splaining: 10 Examples of Victim Blaming

日本にみられる被害者バッシングというのは英語圏でもみられ、


Don't blame women's drinking for rape
By Matthew C. Whitaker, Special to CNN

Updated 1642 GMT (0042 HKT) November 6, 2013


A recent, widely discussed column in Slate rekindled an old debate about women, drinking and rape. It argued that young women should not become intoxicated because studies have shown that drinking, and the incoherence it produces, can lead to rape. Last week, in an article in USA Today law enforcement officials identified alcohol as "the No. 1 date rape drug," and health care providers urged women not to conduct themselves in ways that increase the likelihood of sexual assault.


We need to look no further for evidence of this than the Steubenville, Ohio, incident in 2012 in which a teenage girl was sexually assaulted, was dehumanized, and then blamed and vilified by some in her community and beyond, while others appeared to lament that the futures of her football-hero assailants were ruined by their rape conviction.

In a similar case in Maryville, Missouri, this year, a teenage girl alleged she'd been raped, the sheriff "described it as a 'horrible crime'," declared that the perpetrators should be "punished," and then the county attorney declined to prosecute, saying "there was not a criminal offense." (The charges were dropped, but after a wide outcry, the case was, thankfully, reopened.)


Despite these realities and the frequency with which women are subjected to sexual violence, the dialogue of late has recalled pre-feminist movement denunciations of "bad girls" who invite sexual assault by wearing provocative clothes, drinking too much and losing their wits.

As a father of a young daughter, I find this very disturbing. Blaming excessive drinking for sexual assault among women is like blaming someone who left their keys in their car for the theft of their vehicle. Is leaving your keys in your car unwise? Yes. Is it the cause of your car being stolen? No. The person who stole your car is the responsible one. Besides, they do not need your keys to take your car.
Sadly, the certainty of punishment for stealing a car is often much greater than the certaining of punishment for raping someone; 97% of rapists receive no punishment, according to an analysis by RAINN and the Justice Department.
Even if someone is being "stupid" and leaving his or her car unlocked, and it is stolen, few people will respond by saying "we should not punish the car thief because who can blame him for taking advantage?"



泥酔した女が悪い、という声もあるし、そうやって女性被害者を非難するのはおかしいじゃないか、という声もある。






Judge accused of 'victim-blaming' over rape comments
11 March 2017
Share this with Facebook Share this with Messenger Share this with Twitter Share this with Email Share




A female judge's warning that drunk women are putting themselves at greater risk of rape was "victim-blaming", a police commissioner has said.

Judge Lindsey Kushner QC said women were entitled to "drink themselves into the ground" but their "disinhibited behaviour" could put them in danger.


泥酔するのはかまわないけど、そんなことしたら危険な目にあうことは覚悟しなきゃ、みたいに、レイプ被害者を責めるような発言をした女性裁判官もいる。

女性が女性被害者を非難することについても、


Women say some rape victims should take blame - survey

Rape victim in specialist clinic (posed by model)
The survey found there was some reluctance to report being raped
A majority of women believe some rape victims should take responsibility for what happened, a survey suggests.

Almost three quarters of the women who believed this said if a victim got into bed with the assailant before an attack they should accept some responsibility.

One-third blamed victims who had dressed provocatively or gone back to the attacker's house for a drink.

The survey of more than 1,000 people in London marked the 10th anniversary of the Haven service for rape victims.

More than half of those of both sexes questioned said there were some circumstances when a rape victim should accept responsibility for an attack.

Less forgiving

The study found that women were less forgiving of the victim than men.

Of the women who believed some victims should take responsibility, 71% thought a person should accept responsibility when getting into bed with someone, compared with 57% of men.



Rape? It's the fault of the victims, say 50% of women
By REBECCA CAMBER FOR THE DAILY MAIL
UPDATED: 16:44 BST, 15 February 2010



Half of women think rape victims are sometimes "asking for it" according to shock survey
More than half of women think rape victims are sometimes "asking for it", a shocking report says.

SHARE
ByJon Clements
00:00, 15 FEB 2010UPDATED18:55, 3 FEB 2012



半数の女性がレイプ被害者に非がある、といい、女性のほうが女性被害者に厳しいという統計もある。



Why women blame rape victims
A new survey showing female finger-pointing over sexual assaults should come as no surprise

TRACY CLARK-FLORY
FEBRUARY 16, 2010 10:46PM (UTC)




So, why am I not taken aback by the prevalence of these attitudes? As Feministe's Cara Kulwicki writes in the Guardian, women are taught from a young age that they are charged with guarding against rape and, since they "are much more likely than men to be the recipients of messages about their responsibility to not become victims of sexual assault, they are also more likely to internalise them" -- and project them onto other women.

It isn't just an issue of cultural learning, though. It's also a way for women to emotionally distance themselves from rape victims: I won't be attacked, because I'm not one of those girls


女性は、性被害にあってはいけない、また、あわないように、ああしろ、こうするな、となんやかやと、若い頃から、教育されており、そうした規範を内面化してしまっているので、被害者にあってしまった人について、掟破りを犯したものとして非難してしまう。また、非難することによって、被害者と距離をおき、あんな女じゃないから私は大丈夫、と安心感を得るのである、と。

コメント

Rare, shocking image of the Tiananmen Massacre aftermath.

2018年07月02日 03時28分53秒 | Weblog

via buvery


コメント

英仏でできて、日本ができない、というのはおかしい。

2018年07月02日 03時24分17秒 | Weblog






 左派右派を問わず人気のある仏知識人の提言だが、全くナンセンスだ。同盟国の米国がトランプ政権のもとで頼りがたい存在になったのは確かだが、それに対する選択肢が地域外交から自国防衛まで複数あるのに、核保有しか道がないというのは論証されていない。

 また日本が核武装した場合、何に直面するかを具体的に検討していない。まず、日米同盟は解消か、著しく弱体化する。核不拡散条約から離脱すれば、今の北朝鮮と同じように、日本も経済制裁の対象になりうる。国際的な孤立は安全を保障しない。

 日本の国土特性に照らして抑止力を効かせるには、相手の第一撃に確実に報復できる原子力潜水艦などが必要だが、英国並みの配備に建造費を含め3兆円、年間運用3千億円と試算される。財政的にも難しい。韓国など近隣諸国に核がドミノのように広がりうる。東アジアの不安定性は増す。

 加えて、憲法や世論の制約がある。極論で何かを解決できるかのような幻想をふりまくのはやめるべきだ。


地域外交ももちろん大事なんだが、核武装というのは自国防衛のため。

トランプも、日本に核もたせりゃいいと言っていたこともあるし、日本に核もたせれば、という意見は英語圏では他にもある。

英仏もやっているのに、日本ができない、と決めつけるのもおかしいわなあ。

英国の予算でできるんなら、日本ができないわけもないわなあ。

すでに東アジアは不安定になりつつあるわけで、そのなかで、どう日本が生き抜いていくかの解決策の一つが核武装

核武装国同士のほうが大きな戦争は起きにくいともいわれてもいる。


必要で合理的なら政治家や学者が世論を説得するのがスジ。

核武装は憲法上の制約ではなく、非核三原則など1950~80年代の日本で標榜された当時の国是。

かりに、憲法が制約になるなら、そっちも変えんとあかんわなあ。

憲法は生き残った、でも、日本国民は死んだ、では困る。

北朝鮮の核武装、アメリカの世界のリーダーから撤退など、極端な状況があらわれてきている。かつての極論とされていたとしても、いまでは、合理的な環境にあるのかもしれんわなあ。

 

 
コメント

強姦事件を巡る2つの極端の立場

2018年07月02日 02時36分16秒 | Weblog





打越 さく良
18時間前 ·

‪「被害者の落ち度」といって被害者に更なるダメージを与えるセカンドレイプは、残念だが性犯罪被害にあるあるであった。その問題性はセカンドレイプという言葉で知られるようになった…と思っていたが…。‬
‪性犯罪被害者救済に熱心な自民議員もいるが、自党の杉田水脈議員のこんなツイートを諌められないのだろうか。
TWITTER.COM
ラサール石井 on Twitter
“被害者に落ち度があろうがなかろうが強姦は強姦だよ。 https://t.co/gNHe3X1pvq”




What is secondary victimization?

Secondary victimization refers to behaviors and attitudes of social service providers that are "victim-blaming" and insensitive, and which traumatize victims of violence who are being served by these agencies. Institutional practices and values that place the needs of the organization above the needs of clients or patients are implicated in the problem. When providers subjugate the needs and psychological boundaries of rape victims to agencies' needs, victims feel violated.

The disregard of victims' needs by providers can so closely mimic victims' experiences at the hands of their assailants that secondary victimization is sometimes called "the second rape" or "the second assault." The personal beliefs and behaviors of social service workers are also sources of secondary victimization:

Belief in rape myths that blame the victim for the assault and which result in providers voicing doubt about the veracity of victims' accounts
Neglecting to offer or outright denial of important services such as pregnancy testing, informing rape survivors about HIV-AIDS and other sexually transmitted diseases, and legal prosecution of the sexual assault
The performance of services in ways that leave victims feeling "violated and re-raped" or which otherwise damage victims' psychological well being.



THE SECOND RAPE - UNEQUAL TREATMENT


People may disbelieve the rape victim, ridicule her, abandon, blame, ostracize, sabotage, threaten, betray her, or side with the rapist against her
. These painful and dangerous reactions can come from family, friends, and authorities as well as from people associated with the rapist. Many people fault the rape victim for what she may have done before, during, or after. The most important thing for a counselor/friend to do is believe the person when they tell you that they believe they were drugged and raped.


Because most victims of drug-facilitated rapes have no memory of the sexual assault, people may mistakenly minimize the trauma. Victims feel powerlessness, and humiliated by not knowing what was done to them. ( 2, 3)


It fact, it's particularly devastating to rape victims when you're treated badly by the very people you expected would help you. For many victims, witnesses and their family members, the emotional injuries may be the most difficult and long-lasting effects of being the victim of a crime. Many victims say the betrayal of these experiences is so painful that it was worse than the rape itself. That's why, in the literature on rape, this all too common abusive treatment of rape victims has been given the name, "the second rape".




 セコンドレイプというのは、被害者を支援すべきひとたちから、加害者から受けた被害と同程度の被害をうけることで、例えば、家族や友達、弁護士、カウンセラー、警察などから、信じてもらえなかったり、からかわれたり、見捨てられたり、非難されたり、仲間外れされたり、妨害、脅迫されたり、心の傷を過小評価されたり、提供されるべきサービスを受けられないこと、であるわけですね。


 英語だと、セコンドレイプは、家族や友達、警察など被害者を支援すべき人たちから、無理解や無視、誹謗などを指し、一般には、Secondary Victimization Victim blaming 、日本語的には2次的被害や、被害者バッシングといった感じでしょうかね。。

 十分なレイプキットが準備されていなかったり、伊藤さんに対する、在日認定や、嘲笑、などは典型的な被害者バッシングにあたるわけす。

これとは反対に、False accusation of rape 強姦の誤った告発、冤罪、ぬれぎぬ、というのもある。

 濡れ衣のケースを強調するのは危険なわけですが、他の犯罪同様、濡れ衣、という場合もある。

The myth that false rape accusations are common is dangerous and damaging

it is generally agreed that, for about 2% to 10% of rape allegations,a thorough investigation establishes that no crime was committed or attempted 


レイプ疑惑の2%から10%は濡れ衣である、とも言われている。

WHY MEN ARE BEING WRONGLY ACCUSED OF RAPE
JOANNA WILLIAMS
EDUCATION EDITOR




Mears (pictured) spent two years on police bail having been charged with rape. Last week, the 19-year-old Oxford student had the case against him dropped following a review of evidence. A couple of days earlier, Samson Makele’s trial was halted after his defence team found more than a dozen images of him and his accuser cuddling in bed. In December, Liam Allan, aged 22 and a law student, had his rape conviction thrown out of court when new evidence came to light. A text message from the complainant to a friend stated she had had sex with Liam, but ‘it wasn’t against my will or anything’. Scotland Yard currently has 30 rape cases under review.



We need to ask why these cases were brought to the police in the first place.

An easy answer is that women maliciously make false rape accusations, perhaps to cover for a consensual sexual encounter or to exact revenge against a man.


A false allegation is an accusation that the complainant knows never actually occurred. But, as Professor Phil Rumney details, there may be false allegations that fall outside this definition, such as ‘non-malicious allegations from people with particular medical conditions who genuinely believe they are victims of rape or other sexual offences, but who are mistaken’. For some women, then, a false accusation may be founded upon a genuine belief that they were raped.

Unwanted sex is rape. This means that after a sexual encounter, perhaps weeks later in conversation with friends, a woman can reach the conclusion that she did not give enthusiastic and ongoing consent and was therefore raped.

It’s possible that some false rape accusations may not be malicious but may occur when a woman is convinced she has been raped. When, subsequently, the police knock on the door of the accused, he may quite genuinely have no inkling of having done anything wrong. A man who has committed a rape would hardly be likely to have his photo taken with his victim or continue to phone and text.


女性が男性を陥れようとして悪意で、虚偽の告発をする場合もあれば、女性は強姦されたと真摯に思っているが、間違っている場合も皆無ではない。

 山口氏について少なくとも倫理的には非難されるべきだとは思いますけど、真相がわからないのに、伊藤さんを責めたり、あるいは、山口氏を犯罪者扱いするのは間違っている。

 ここらへん、気をつけたいところ。



 

 

コメント