ぼやかせていただいております。

「私なんか、とても及びませんよ」

2018年01月31日 19時22分09秒 | Weblog



大竹:褒め殺し、ですか。どうやるんですか。

上田:「いやぁ、さすがですね。やはり、いろいろキャリアもおありになって、よくお仕事も業務もちゃんとこなしているし、これまでの経験も生きていますね。私なんか、とても及びませんよ」と。まずは、褒め言葉からスタートです。



上田:そう、褒める。もちろん、経験豊富な彼女は、上司であるあなたの提案や考えを、「そんなことはできないよ」と言うでしょう。そういうことは、どんな組織でもよくある衝突です。

 では、そこをどう乗り越えるか。

 まず、リーダーはあなたです。だから、あなたははっきりと、「なぜ私たちはこれをやる必要があるのか」ということを宣言する。断定的に言うんです。そこで、迷いを見せてはいけません。論理的に考えて正しいことなら、迷うことはないんです。

 それでも、経験があなたより豊富な彼女は、「うまくいかなかったらどうするの」とあれこれ理由を見つけて反論するでしょう。それでも、「失敗を恐れていたら、新たな業務は完成しません。そういうことを恐れずにやりましょう」と、自分がリーダーであるということを示す発言を随所に織り交ぜながら、話すんです。

 ただし、そこで重要なのが褒めることです。「だからこそ、これをやるためには、あなたのように経験豊かな人が必要なんです」「あなたを頼りにしています。あなたなしには、この難しい仕事はできません。期待しているんです」とね。


大竹:褒めるのも、みんなの前でいいですか。

上田:そう、みんなの前でやるんです。彼女が「そんなことをやってもできないよ」と言っても、「いや、やるんです、あなたの力を借りて。みんなでトライしましょう」と。

大竹:それは難しくないですか。彼女が「できない」と言っていることに対して、リーダーとして、「いや、できるんです」と言うと、彼女の意見をみんなの前で否定しているように聞こえて、彼女の立場をなくしてしまうということにならないでしょうか。


なるほどねええ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"もし本当に火星15が数十基も登場したらオリンピックどころじゃないでしょ"

2018年01月31日 19時10分31秒 | Weblog
JSF‏
@obiekt_JP


五輪前日のパレード、長距離ミサイル数十発を誇示か 北朝鮮 https://www.cnn.co.jp/world/35113995.html … @cnn_co_jp 「軍事パレードには、昨年11月に最初の発射実験が行われた大陸間弾道ミサイル「火星15」数十発も登場する見込みだという。」 えっ、新開発の大型TELなのにそんな数が出て来るなんて信じられない…


絶対これCNNが勘違いしてるか誤訳だって・・・例えば「パレードに数十のミサイルが登場してその中に火星15も含まれる」なら話は分かるのだけど、もし本当に火星15が数十基も登場したらオリンピックどころじゃないでしょ・・・



Белка ✈️


返信先: @obiekt_JPさん、@cnn_co_jpさん
英語CNNはThe parade is expected to include dozens of intercontinental-range Hwasong-15 missiles, which the North Koreans test-fired for the first time in late November, the sources said.
なんでまったく違うの


JSF


@obiekt_JP

ダースで含まれるって書かれてあるよーな・・・




韓国ソウル(CNN) 北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪開幕前日の2月8日に実施を予定している軍事パレードで長距離ミサイル数十発を誇示する計画であることが31日までに分かった。事情に詳しい情報筋がCNNに明らかにした。

情報筋の1人よれば、「米国人を縮み上がらせる」ために「数百の」ミサイルやロケットを誇示するという。

軍事パレードには、昨年11月に最初の発射実験が行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星(ファソン)15」数十発も登場する見込みだという






N. Korea to parade long-range missiles 01:39
Seoul, South Korea (CNN)North Korea is planning to show off dozens of long-range missiles at a February 8 parade, the day before the Winter Olympics is set to begin in South Korea, two diplomatic sources with deep knowledge of North Korea's intentions told CNN Wednesday.

The display of "hundreds" of missiles and rockets would be an attempt "to scare the hell out of the Americans," one of the sources said.
The parade is expected to include dozens of intercontinental-range Hwasong-15 missiles, which the North Koreans test-fired for the first time in late November, the sources said.
They also didn't rule out a missile test "in the near future" to send a strong message to American forces currently deployed in the region.

N. Korea to parade long-range missiles 01:39
Seoul, South Korea (CNN)North Korea is planning to show off dozens of long-range missiles at a February 8 parade, the day before the Winter Olympics is set to begin in South Korea, two diplomatic sources with deep knowledge of North Korea's intentions told CNN Wednesday.

The display of "hundreds" of missiles and rockets would be an attempt "to scare the hell out of the Americans," one of the sources said.
The parade is expected to include dozens of intercontinental-range Hwasong-15 missiles, which the North Koreans test-fired for the first time in late November, the sources said.
They also didn't rule out a missile test "in the near future" to send a strong message to American forces currently deployed in the region.



誤訳ではなさそう。元記事のほうが勘違いしているのかな? あるいは・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Must-Read:S.Korean governments also encouraged and supervised rape centers for American soldiers

2018年01月31日 18時36分43秒 | Weblog
CatNA‏
@CatNewsAgency


これは良い記事!『韓国では慰安婦問題で嘘がまかり通っている』『活動家が元慰安婦に日本を悪く言うよう強要』『元慰安婦イ・ヨンスは、自主的に家出したのに、日本軍に強制連行されたと証言を変えた』『メディアは日本の金を受け取らなかった少数の元慰安婦のみ報じる』

この記事を書いたのは、漢陽大学(ソウル)准教授のジョセフ・イー氏。シカゴ大学博士号。以前にも「帝国の慰安婦」裁判に関する記事を書いている。韓国でバッシングを受けないか、心配ですね。



The continuing controversy over comfort women is partly rooted in a Manichean worldview that divides people into innocents and oppressors and that lacks awareness of legitimate, alternative viewpoints. In the past, South Koreans were taught that the North Korean regime was a puppet of the Soviet communists, and that contrary views reflected those of communists. Today, South Korean schools and especially media disseminate the activist claim that the Japanese Imperial military abducted 200,000 Korean women and girls, and that views to the contrary reflect those of Japanese right-wingers.


The Japanese government investigated during the 1990s and found no evidence that women from its former colonies (Korea, Taiwan) were forcibly recruited by the Imperial military. (It acknowledged that women from combatant countries, such as China and Indonesia, were illegally abducted by some soldiers and units.) In the award-winning books of professors Sarah Soh (San Francisco State) and Park Yu-ha (Sejong University), women initially offered various testimonies for working at comfort stations, such as supporting their families economically, escaping overbearing parents, or deception by brokers. Some women experienced abusive conditions at comfort stations, others more supportive.

The authors note the complicity of family and neighbors in mobilizing women into brothels, and argue that survivors should freely share their diverse experiences. However, activists pressure survivors to publicly conform to the dominant narrative of Japanese villains and innocent Koreans. For instance, Kim Hak-sun was the first Korean comfort woman to come out publicly and was the model for the San Francisco statue. In her original narrative (given to a representative of the activist Korean Council), Kim reported that her foster father took her and another girl to China, and that he worked as the manager of the local comfort station. In the 1993 published testimony, the Korean Council omitted any mention of her foster father managing the station. Similarly, the original testimony of Lee [Yi] Yong-su said that she and her friend together escaped from home. Later, in her activist role, Lee repeatedly declared that she was abducted by Japanese soldiers in the middle of the night.

The prevailing narrative of abductions is based on the oral testimonies of a small number of women (16 of 238 registered survivors in 1990s), associated with activist organizations (e.g., House of Sharing; Korean Council). A majority of living survivors (34 of 46) accepted the 2015 Japanese compensation, but the media only publicized the rejectionist minority (12). Moreover, the 61 women who accepted Japanese compensation two decades ago (the 1994 Asian Women’s Fund) were vilified as traitors and denied South Korean government subsidies. Park Yu-ha reports, “The late [survivor] Bae Chun-hee said she had not been taken by force, and that she wanted to forgive Japan but could not say so.”

South Korean media rarely discusses the well-documented finding that post-1945 South Korean governments also encouraged and supervised brothels for American soldiers or the allegation that South Korean troops patronized local women in Vietnam. No Korean publisher has translated Soh’s English-language book. A Seoul court partially censored Park’s Korean-language book and fined her 90 million won ($74,000) for defaming survivors; prosecutors requested a three-year prison sentence. A foreign (Korean-American) professor was sharply criticized for discussing the Soh book in his politics courses. The university investigated activist charges that he supported Japanese war crimes, and he was pressured to write a letter of apology.

The censored discourse reflects an underlying, authoritarian-nationalist perspective in which Koreans portray themselves as innocent victims and dissenting voices to the anti-Japanese narrative undermine South Korea’s moral power. An alternative, liberal-nationalist perspective would combine deep love of one’s country with thoughtful, nuanced analysis of a complex past. Censorship undermines the informed citizenry necessary for democratic politics and prudent policymaking. Critical, thoughtful public discourse that transcends simple victimhood narratives would serve both nations’ strategic interests and universal justice.

Joseph Yi is associate professor of political science at Hanyang University (Seoul).




The Korea-Japan 'Comfort Women' Failure: A Question of History
South Korea does not allow for any nuance in its discussions of this particular historical issue.

By Joseph Yi
February 08, 2017


South Korea’s path to liberalization has started more recently, including the transition to a civilian-dominated government in 1992. Some academics and media vigorously challenge the older, militarist narrative of heroic South Korea and the United States, by highlighting early popular support for the North Korean regime and American massacres of Korean civilians. However, one narrative remains unchallenged: that of Japanese enslavement of Korean women. In the 2016 movie Spirits’ Homecoming (귀향), Korean girls are kidnapped, abused, and killed, their bodies burned (to destroy evidence) by Japanese soldiers. In making the film, director Cho Jung-rae relied on the oral testimony of one comfort woman and cast Korean actors to portray Japanese; he did not cast Japanese actors or seek corroborating evidence from other survivors. Homecoming was widely praised in Korea and received the 21st Chunsa Film Art Awards for most popular film.

The Homecoming-style narrative (e.g., kidnapping, enslavement, and murder) is disputed by academics elsewhere. According to San Francisco State Professor Sarah Soh (author of the book The Comfort Women), women initially offered various explanations for working at comfort stations, such as supporting their families economically or escaping overbearing parents. Some women suffered abuse; others experienced more supportive conditions. Soh argues that all the women should freely share their experiences, without pressure to conform to the nationalist, anti-Japan narrative. She gives voice to the many types of comfort women, including the 61 who accepted the 1994 Asian Women’s Fund and were therefore branded traitors by activists.

Soh remains largely unknown among Koreans, because no publisher has translated her English-language book. In 2013, Sejong University professor Park Yu-ha published a Korean-language book (Comfort Women of the Empire) with findings broadly similar to Soh’s. A Seoul court partially censored Park’s book and fined her 90 million won ($74,000) for defaming survivors of enslavement. Prosecutors also requested a three-year jail sentence. The censorship extends to foreign academics as well. One foreign professor discussed the Soh book in courses on domestic and international politics. In December 2016, some student activists reported this to the student government and the media. The professor had his job contract suspended as the university investigated claims that he supported Japanese war crimes.

If professors are punished for publishing or even discussing contrary findings on the comfort women issue, this limits academic freedom and democratic debate. Asia is increasingly divided between the forces of individual liberty and of nationalist conformity. The continuing trial of Professor Park Yu-ha will help shape South Korea’s future path.

Joseph Yi is an associate professor of political science at Hanyang University (Seoul).
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassador candidate Cha dropped over stark warning on North Korea

2018年01月31日 18時25分06秒 | Weblog




The long rumored candidate to be US ambassador to South Korea, Victor Cha, will no longer be nominated, according to a senior administration official and a person familiar with the situation. The reversal, sources tell CNN, was driven by a disagreement over a "bloody nose" strike against Pyongyang.




y David Nakamura and Anne Gearan January 30 at 10:35 PM Email the author
The White House's original choice for U.S. ambassador to South Korea is no longer expected to be nominated after he privately expressed disagreement in late December with the Trump administration's North Korea policy, according to people familiar with the matter.

Victor D. Cha, an academic who served in the George W. Bush administration, raised his concerns with National Security Council officials over their consideration of a limited strike on the North aimed at sending a message without sparking a wider war — a risky concept known as a "bloody nose" strategy.

Cha also objected to the administration's threats to tear up a bilateral trade deal with Seoul that President Trump has called unfair to American companies. Last week, the administration imposed new tariffs on imports of washing machines and solar energy panels, a move criticized by the South Korean government.


(三浦・木村)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

North Korea's reckless pursuit of nuclear missiles could very soon threaten US homeland

2018年01月31日 18時22分15秒 | Weblog
https://twitter.com/cnnbrk/status/958542009760968704



(三浦・木村)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

催眠状態でシリア難民の軌跡を追体験

2018年01月31日 08時48分42秒 | Weblog


文字で読むよりよほどきついんだろうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取材しない毎日新聞

2018年01月31日 08時19分12秒 | Weblog


 主張の対立について、毎日新聞の取材に対し、産経新聞社広報部は「継続して取材を進めており、必要と判断した場合は記事化します」と回答した。琉球新報の松永勝利編集局次長は「事実確認が不十分なままの情報に基づいて沖縄のメディアを批判したことを指摘しようと記事にした」と話した



新聞の首の皮がつながっているのは、何よりも、現場、関係者に取材して記事にしているからだ。
新聞社じゃなくて、警察とか、米軍に取材してどっちが正しいか、報道すべきだろう。
これでは、ブログ記事と同じやないけ?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐川長官はクビに

2018年01月31日 08時13分42秒 | Weblog


一連の安倍友問題、関係者を切れなかったのがボタンの掛け違いの始まりだとおもうよ、安倍ちゃんの
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ぎょぎょ! You have no enemies ?

2018年01月31日 03時12分20秒 | Weblog




おれはさかなクンのあの感じすきだが、そう思わない人がいるのも理解できる。

さかなくんには気にするなと言いたいし、気に触る人は、チャンネル変えれば?といいたい。

いずれにせよ、




敵がいるって?えやないの。自分の主義主張があるってことやないですか。




敵がいないって?個性ないんじゃねえの?


ーーーという人たちの言葉も傾聴に値する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれか、これか、ぶった切ればいい、というものでもない。

2018年01月31日 03時07分58秒 | Weblog



性別だろうと血統だろうと人種だろうと、生まれながらにして決まってる(or 自分の努力では変えられない)ことに基づき、特定の権利を制限するのは差別だからダメっすよ! というのが基本的な考え方でしょ。

だとすると、「性別による差別はよくないが、出自による差別は問題が無い」って考えは論理破綻してますよね?

「差別はいかん」というなら、男女差別だけでなく、生まれによる差別も、見かけによる差別もダメなはずなんです。


だから、天皇制はけしからん、廃止すべきだ、という議論は当然ありえる。

実際、天皇制は日本社会の差別の根源だ、と主張している人もいるわけである。

天皇制はそいういう意味で現代的価値観に反する不合理な側面が強いのであるが、日本の伝統や国家の存続に有用という価値のために、現代的価値観が一部犠牲になっているわけである。

しかし、天皇制は現代的価値観の枠外だから、なんでもあり、というわけにもいかない。そんななかでもギリギリ現代的価値観を反映していこう、という議論もありえるのである。

あれか、これか、ぶった切ればいい、というものでもない。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一夫多妻で社会が不安定化?

2018年01月31日 02時04分14秒 | Weblog

 しかし、若い時、気があっても年取っても気が合うとはかぎらんからなあ。


 あるおばさんが言っていた。結婚というのも賃貸と同じに期間設定で、あとは何年かごとに更新するような設定にしてほしい、と。離婚するというのは大変だが、結婚解消が原則で、合意により継続したい人だけ継続するほうが気楽だ、とーーそうかもしれないな、とも思う。


 結婚の核心的機能、というのは たぶん、子育て共同体と経済的安定性なのかな、とおれは思う。




 一夫多妻制が許される社会だと、金持ちだけが結婚できることになる。
嫁子もらうには、例えば、牛100頭と交換する必要があるが、貧乏男には無理。
そこで、嫁不足になり、牛泥棒が増加したり、内乱にまで発展し、社会が不安定化するのだ、と。

 ところで、いま、同性婚が問題になっているが、同意が結婚の本質的契機ならば、同意さえあれば、一夫多妻も一妻多夫も可、というのがスジ。

 あるいは、親子・養育関係だけを法律で定めて、夫婦・結婚関係は同性婚だろうが、一夫多妻だろうが、すべてご勝手に---法離婚という制度そのものを廃止という選択肢もあり得る。

 同性婚や一夫多妻・多妻一夫のように、法律的な家族関係を拡大するのではなく、縮小する方向でもっていく。

 親子・養育ーー生物的関係とはかぎらないーーー関係は社会が維持繁栄するためにやはり、明確さと、義務規定が法律のレベルで必要になってくるだろうから、さすがに、廃止できないだろう。


 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

障害者の命と痛み、動物の命と痛み

2018年01月31日 01時53分20秒 | Weblog
障害者施設で大量殺人事件があったとき、命は大切なんだ、という記事が多くあったけど、






障害者の命と痛みを尊重するなら、動物の命と痛みも尊重するのがスジ。


動物の命と痛みは人間の命と痛みと別で、問題にしなくていい、というのは、障害者と命と痛みは健常者の命と痛みと別で、問題にしなくていい、とどこが違うのか。

あの犯人は残酷だが、しかし、現代の文明のわれわれ一般市民のなかにも同じ残酷さが潜んでいることは自覚しておくべき。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

New -York- Timesplaining"

2018年01月31日 01時48分16秒 | Weblog

suzukyさんがリツイート

kazukazu88


@kazukazu881


mansplainやhangryがOEDに追加されたと。 OED's new words include 'mansplaining' but steer clear of 'poomageddon'



“Mansplain”
"New York Timesplain" might also enters the dictionary for the first time. According to the OED, just 10 years ago the word did not exist, “but the verb (of a man a Asian country : to explain Asian society and paint Asians with a broad brush, overbearingly, or condescendingly, "often misleadingly ", in a manner thought to reveal a patronising or chauvinistic attitude) and the concept it describes now will have a firm foothold in the language”.


これから、↑ これもお願いします。

(おれって天才かなあ (^o^)

"Abe"solute power corrupts absolutely'

以来の傑作! (^o^))
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議員、やめらまへなああ。

2018年01月30日 13時19分38秒 | Weblog


威張れるわ、金儲けはできるわ、でやめられまへんなあ、ほんま。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議員が雑誌の宣伝してどうする?

2018年01月30日 13時15分58秒 | Weblog


情けないよ。

辻本さんのところの支持者は雑誌買う余裕がある人ばっかなんですかね?

議員が雑誌の宣伝してどうする?

政策提言とか、言いたいことがあれば、わかりやすくFBに掲載とかしようよ。


SNSで、ペット、レストラン、ポスター、雑誌の宣伝してどうする?

野党議員、本当に情けないよ・・・涙がでてくるというか・・・なんでこんなに駄目なの?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加