ぼやかせていただいております。

竹島問題も、慰安婦問題もぜーんぶ、ずーと負けっぱなし。

2018年07月11日 19時10分58秒 | Weblog
「慰安婦」像をめぐる歴史戦——ブルックヘイヴンの少女像
2018.07.10



2018.7.11 16:34

竹島関連の今年の事業に韓国政府が88億円投入 空港建設などインフラ事業や認知度向上などに利用


慰安婦問題でも、竹島問題でも、ぜーーーーんぶ、負けているのに、その負けている戦術をずーーーーーーと続けている、というのがどうもおれには理解できない。


正義かどうかは別にして、国際的には、韓国のほうがやり方のほうが通用しているということでじゃないの?
コメント

「目には目を」か?

2018年07月11日 18時05分31秒 | Weblog








 刑罰の理論というのは、欧州でも古くからあって、複雑なわけですけど、被害者個人の人権を大事だと思うのは昔からその通りなんですね。で、その人権を侵害してしまった場合に、「目には目を、歯には歯を」というのは、、正義の古い定式としてはありますけど、それじゃあ、例えば、30人殺しておいて、犯罪者1人が死ぬだけでは、理屈としては”公平に釣り合”っていない。

 こうした場合、報復型釣り合いでは、公平は実現できていないわけです。

 そもそも、腕を切ったやつは、その腕を切ってやればいい、強姦した奴は強姦してやればいい、というわけには現代社会ではいかない。残酷な刑罰はやめよう、というのが、成熟した社会なわけですね。

 腕を切った奴は、罰に値するけど、腕を切る以外に適切な償いのしかたがあるだろう、というわけですね。

 たしかに、殺人を犯したやつも罰に値し、死刑もその一つかもしれませんけど、死刑以外の適切な償いだってあるんじゃないか、というのが、死刑廃止論の立場であります。

ちなみに、BBCが両論まとめているようですが
Ethics guide

Capital punishment


そのなかで、死刑にしたほうが高くつく、


Financial Facts About the Death Penalty


というデータもあるわけですね。

BBCのまだみていないんですけど、時間のあるとき読んでみることにします。


コメント

Kim has played Trump like a Stradivarius

2018年07月11日 18時02分43秒 | Weblog
Kim Jong Un snubbed Mike Pompeo for potato farm visit, state media suggests
North Korea accused the US of having a "gangster-like mindset" after a visit to the isolated country.
21:55, UK,
Tuesday 10 July 2018


Kim was conspicuously absent from the meetings in Pyongyang on Friday and Saturday, with no explanation given at the time.

But photos from state news agency KCNA showed the leader inspecting crops and getting advice to farmers.



Pompeo's trip "went as badly as it could have gone", a White House source told CNN.


In the meantime, satellite images of a missile-manufacturing facility in the city of Hamhung showed North Korea is expanding its ballistic weapons program.


A Washington Post editorial was not kind to Trump.

"Kim has played Trump like a Stradivarius. He has gotten everything he wanted — sanctions relaxation, international legitimation — without giving up anything in return," columnist Max Boot wrote.



金正恩はポンペオとは合わなかった。ポンペオよりも芋を優先して、芋畑の視察に行っていたのだ。

ホワイトハウス筋からは、ポンペオの朝鮮訪問は最悪だった、と。

北朝鮮の核開発は拡張し、なんの譲歩することもなしに、制裁緩和やら、国際的な正当性を得られるわ、で、金正恩のトランプの操り方ときたら、バイオリンの名器ストラディヴァリウスを奏でるが如しであった、と。

ーーーこんな奴ら、外国の指導者に、日本の命運を委ねていいのだろうか?







コメント

Were the women abducted by South Korean intelligence?

2018年07月11日 17時30分05秒 | Weblog
S. Korea reiterates North Korean restaurant workers defected voluntarily
2018/07/11 11:34


In April 2016, 12 North Korean women working at a restaurant in China defected to the South. Seoul has claimed that all of them came here voluntarily but Pyongyang has demanded their return, saying they were abducted by South Korean intelligence.


中国のレストランで働いていた北朝鮮人女性が亡命した件について、韓国のスパイが誘拐したのだから、返せ、と、北朝鮮。


ーー因縁をつけることに関しては天才的だね。
コメント

極悪人を税金で生かしておくコストと無実の人を殺してしまうリスク

2018年07月11日 17時08分25秒 | Weblog







たしかに、こんなやつのために税金を使うのは無駄という意見はあろう。しかし、では、信者が、必要経費払えば、死刑にしなくていいのか、といえば、そういうわけではあるまい。


死刑にして、被害者の家族の傷が癒えるわけでもない。


上記記事では、


1)残虐な刑罰の禁止

2)冤罪の可能性

3)死刑では犯罪抑止効果が薄い。

4)全容を語る可能性


主に4つの理由をあげた。麻原については冤罪の可能性はないだろう。しかし、麻原に限っても、1)、3),4)については言える。

町山氏のいうように、制度として保証することで、無実の誰かが殺されるリスクを避けるために極悪人を税金で生かしておくコストを払う、ということもあろう。


無罪推定
について、

「真犯人を取り逃がす過ち」と「無実の人を処罰してしまう過ち」と、社会はどちらを受け入れることができるか。憲法は前者を選択しました。

といわれることがあるが、

「極悪人を税金で生かしておくコスト」と「無実の人を殺してしまうリスク」
と、我々はどちらを受け入れることができるか、についての選択も迫られているのかもしれない。


2018.07.10
連載
江川紹子の「事件ウオッチ」第107回
【オウム真理教・7人同時死刑執行】賛否両論巻き起こる死刑制度について江川紹子の提言
文=江川紹子/ジャーナリスト


ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2018/07/post_24009_4.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.


 ヨーロッパなど海外の先進諸国で死刑廃止が主流だからという主張は、おそらく国内では説得力を持たない。テロ事件について、ヨーロッパでは現場で射殺することを厭わないが、日本では生きて裁判にかける努力をしている違いもあって、必ずしも日本は犯罪者の人命を軽く扱っているわけでもない。

 ドイツでは、列車の中で刃物を振り回して乗客にけがをさせた難民の少年を警察官が射殺した。日本では、新幹線で起きた同種事案を、車掌が説得し、警察官が制圧して逮捕した。オウムに対する強制捜査は、どれだけの化学兵器を教団が保有しているかわからない状態で始まったが、警察は一発の銃弾も発射することなく捜査を遂げ、暴漢に教団幹部を1人殺害されるという失態を除いて、被疑者全員を逮捕した。
.



 欧米で、死刑よりひどい政府による殺害が行われていることは、出羽守に対する反論にはなりえても、日本の死刑の当否には関係ない。

 いずれにせよ、いろんな議論を読んでみたい。

 それによっては私もまた、意見が変わるかも知れない。

 活発な議論を期待する。







コメント

Story time

2018年07月11日 08時01分56秒 | Weblog
コメント

「マイナスの力」って何?

2018年07月11日 07時42分59秒 | Weblog





「中国がマイナスの力行使かも」トランプ氏投稿

2018年07月10日 21時55分
特集 トランプ大統領
 【ワシントン=海谷道隆】トランプ米大統領は9日、北朝鮮との非核化協議を巡り、ツイッターに「我々の貿易に対する姿勢を理由に、中国が(米朝の)交渉にマイナスの力を行使しているのかもしれない。そうではないと願うが」と書き込み、中国をけん制した




ここらへんは英語力というより、日本語力で、おれも偉そうなことは全然言えない。しかし、日本語を商売にする記者さんから、「マイナスの力」と書かれると、それ、なんやねん?ダースベイダーのなにかか?といったところ。

negative pressureだと「陰圧」とかでているが、文脈にそわない。

negativeだと、「否定的」というのがある。こっちのほうがまだいい。

「悪い、嫌な、良くない」という訳もでている。これでもいい。

あるいは、例えば、「金正恩氏が我々が署名した文書を尊重し、なによりも、われわれのした握手に敬意を払ってくれる、と確信しているーーわれわれは、非核化の約束をしたのだ。他方、中国は、アメリカが対中貿易で厳しい姿勢をとったために、正反対の圧力をかけているのかもしれない」くらいでいいのではないか?

もちろん、もっとうまい訳があるかもしれんが、「マイナスの力」って何?と見出しを読んでいておもったのちょっと口出ししてしまった。
コメント

Thanks to Trump, DPRK’s nuclear technology and know-how will proliferate in Tehran, Damascus....

2018年07月11日 07時14分34秒 | Weblog





US negotiators with North Korea must heed the lessons of Obama's failed deal with Iran
Jacob Nagel By Jacob Nagel, Jonathan Schanzer | Fox News





シンガポール首脳会談の前に書かれた記事かと思ったら、なんと2日前に書かれた記事。

ボケとるのおお。

コメント

David McNeill wanted Shiori to fight against Abe but he failed

2018年07月11日 06時46分01秒 | Weblog
Woman’s fight highlights rape taboo in Japan
Tokyo Letter: Proving rape is very difficult here but one victim, Shiori Ito, is undeterred
about 22 hours ago
David McNeill in Tokyo


旬で使えるネタは、骨までしゃぶる、外国特派員の悪い癖ですね。





Rape statistics in Japan are among the lowest in the developed world though they are almost certainly an underestimate. Victims of sexual assault are even less likely to tell the police than elsewhere: fewer than 5 per cent of Japanese women officially report rape, according to the government. Ito’s experience suggests why.


この5%はどこからでてきたのかね?

CNN & AFP are wrong about % of rape victim filing a report with police in Japan



いろんな意見があってもいいけど、報道なら事実関係はしっかりおさえておきたい。

また、偽善はやめよう。

“Everyone wants to take me to a place where I am fighting against Abe; I don’t care,” she says. “I don’t even care about Yamaguchi. I do care that the justice system works.”


Everyone including David Mcneill, right?

He said, for foreign correspondents, "all that matters was whether it affected Abe cabinet".

Foreign correspondents are masters of hypocrisy

Related


#JapansSecretShame: Motoko Rich & Jake Adelstein ruined BBC documentary


コメント

“The only thing after a summit is a cliff.”

2018年07月11日 05時50分59秒 | Weblog
put (someone or something) on ice
1. Literally, to put something in a cold place to preserve it, as of food or drink. If you don't put that shrimp on ice, we won't be able to eat it later. You made sure to put the champagne on ice, right?
2. To postpone or delay acting on or interacting with a person. I know that journalist has been persistent in getting a comment from us for his story, but we'll just have to put him on ice until the trial is over.






First, Trump could simply choose to shrug, continue to tweet that the North Korean threat has evaporated, and direct Pompeo to secure concessions in any way possible. This would be a likely path to appeasing Pyongyang, resulting in the United States giving up valuable leverage for virtually cosmetic North Korean concessions like the reversible dismantlement of tunnel entrances at the Punggye-ri nuclear site. North Korea has plenty of old and now out-of-use nuclear and missile sites it could happily detonate before the international press.

Second, Trump could simply allow the North Korea process that began on June 12 to quietly collapse and put the issue of its nuclear program and disarmament on ice—call it a return to “strategic patience.”

The problem here is that the administration's “maximum pressure” campaign is all but dead after the Singapore summit and it's more likely than not that China, along with Russia, will ease up on the implementation of existing sanctions and perhaps even call for a removal of United Nations sanctions applied in 2017 on North Korean exports.

In this scenario, the U.S. loses interest and North Korea benefits economically while continuing to build out its nuclear program without constraints. This would be the equivalent of a continuation of the muddling-through approach that three consecutive U.S. administrations found themselves resigned to with North Korea, updated for the era of a considerably more capable North Korea.

Third, Trump could find himself left with nothing but the literal nuclear option. Feeling spurned and humiliated by Kim, Trump may find that the only way to move forward is to let John Bolton's March 2017 prophecy come true.

Weeks before entering the White House as Trump's advisor on national security affairs, Bolton, as a private citizen, had remarked on Trump's acceptance of Kim's invitation that “[The purpose of this process is to] foreshorten the amount of time that we’re going to waste in negotiations that will never produce the result we want, which is Kim giving up his nuclear program.”

Gone would be the days of “all options” being on the table. Trump might conclude then that the only path to denuclearization is an all-out military strike on North Korea—a trigger to a nuclear war that would engulf Northeast Asia in tremendous destruction and likely parts of the U.S. homeland, given North Korea's intercontinental-range ballistic missile capability.

None of these scenarios are appealing, though the third is quite clearly the worst. Trump’s Monday tweet offers the clearest glimpse of why diplomacy-for-diplomacy's-sake with North Korea can be dangerous—even if it pulled us back from the brink of “fire and fury.”

The process with North Korea isn't over yet, though. If the administration recognized that the “denuclearization of North Korea” isn't on the table and readied itself to discuss a fundamental transformation in the nature of the relationship between the United States and North Korea, it may find that Pyongyang would be more willing to discuss arms control and risk management measures—including a production cap on ballistic missiles and fissile material.

In April, Victor Cha offered the ominous prediction that “the only thing after a summit is a cliff.” Pompeo's trip to Pyongyang may have kickstarted a slow lurch for the United States and North Korea toward the precipice.



金正恩が核兵器を放棄する気がない、とトランプが悟った後のシナリオ

1)北朝鮮の脅威は消えた、とすっとぼける。北朝鮮は、どうでもいい核施設を破壊する猿芝居をする。

2)圧力をかけ続ける
しかし、中露は圧力を緩み、北朝鮮は、さらに核ミサイル開発を継続

3)ボルトン登場 北朝鮮との全面戦争 北東アジアさらには、アメリカをも巻き込んだ核戦争にもなりかねない。


(木村、三浦)


コメント