ぼやかせていただいております。

リベラル・左翼・共産党も期待はするが、変わってもらいこともある。

2017年09月30日 22時21分13秒 | Weblog
↓下のツイッターは、 おもしろいコラージュだけど、共産党って、党としてはかなり思想統制しているんじゃないの?

私は共産主義アレルギーではないんだが、三浦つとむとか広松渉とか、若い頃好きだった思想家は除名されたり、離党したりしているんだよねええ。なんでだろう、と昔、不思議思ったことがある。

それと、共産党も頑張って欲しいと思うんだけど、安全保障が全然駄目だね。無責任。

だから、地方議会ならまだしも、国政はまかせられない。

それと、リベラル・左翼一般にいえるけど、慰安婦問題について、日本軍慰安婦と米軍慰安婦、韓国軍慰安婦で別基準を使うのはやめなさい、といいたい。

女性問題として、日本軍を批判した基準を米軍なり韓国政府にも適用しなさい、と言いたい。

そうすることによってのみ、日本と韓国のナショナリズムは超克できるんだがなああ。

いまのままででは、日本の右翼と、韓国という巨大なナショナリズムが対立し、その背後に日本のリベラル・左翼がひかえている構図になってしまっていることにはやく気づいてほしい。

バーニー・サンダースが1%との格差を強調して、いまでもかなりの支持を得ている。

日本でも、90%の人たちに有利な政策がウケないはずはない。


コメント

”保毛男”を復活させるフジテレビの意識の低さ

2017年09月30日 21時37分43秒 | Weblog
記事
片岡 英彦2017年09月30日 11:48「保毛尾田保毛男」批判を考察する

なので私の個人的な気持ちとしては、コントのキャラ設定が「人を傷つける」という批判については甘んじて受けつつも、コントやギャグとはそういう「毒」を含むものだということには理解を示したいと思うのです


お笑いってそんなもんですが、しかし、少数弱者に向けられる場合、集団に向けられる場合はかなり注意しないといけない。

そのくらいわからないなら、公の場でのお笑いの仕事はすべきではない。

被差別部落民に関する否定的固定観念をネタにしてコント作ったら、固定観念が強化され、社会に災いをもたらすことくらいすぐにわかることであろう。

記事
秋元 祥治2017年09月29日 11:09「楽しくなければテレビじゃない」って言っても、わざわざ人を傷つけてはならない。保毛尾田保毛男への違和感。



当事者の中には、こんな書き込みをフェイスブックにしているヒトも。
未だにこんなことやってる!自分はこれで相当小学校時代イジメられました。こういう事はもう私の世代でたくさん。終わりにしよう。


こういうことがあるからだね。


記事
山口浩2017年09月30日 09:04それなら「ポロリ」も復活させるといい


あれを復活させるというのは、テレビ界の意識の低さを反映している。

たとえば、





こんなのももう駄目。

微妙なケースとして、例えば、ラッツアンドスターは、黒人を馬鹿にする要素がないから、個人的にはOKAYだと思うが、一般的には駄目だと言われている。



保毛男にせよ、アダモちゃんにせよ、化粧が粗野で、例えば、キモいゲイ、原始的で愚かな原住民という観念を植え付け、あるいは、維持・強化してしまう。

じゃあ、こうしたマイノリティキャラものは全部駄目かというと、



ゲイであることを否定するゲイを滑稽に演じる女性コメディアン・・・・ここらへんはどうなんだろうね。

化粧はまじめ。

設定として、人々は彼がゲイであることを認め、否定していないどころか、普通に受け止めようとしている。その状況のなかで、自分がゲイであることを大げさに、頑なに否定するゲイを笑いの種にしているのであって、ゲイ一般になんらかの被害があることは・・・・あまりないのかもしれない。




コメント

巨乳アナは少なくない

2017年09月30日 21時02分00秒 | Weblog
田中みな実ら「大きな胸」の女子アナたち 隠しきれない苦労 (1/2ページ)


大きな胸を小さく見せている隠れ巨乳アナは少なくないという。硬派な報道番組や、主婦層が観る情報番組の場合は、とりわけ気を使うようだ。


これは、面接で巨乳をえらんでいるだろうね、テレビ局が。
コメント

現実的なリベラル

2017年09月30日 19時39分36秒 | Weblog



現実的なリベラルを望む人は多い。

しかし、口先だけ。言うことは、ハンターイだけ。

それでもって、庶民に負担の多い消費増税。

政治家として焦っているだろうが、リベラルを支持したい国民の絶望感も深いんじゃないかな。



コメント

The Osprey crashes in Syria

2017年09月30日 19時27分02秒 | Weblog



こっちは、


シリア

よく落ちるわなあ。
コメント

North Korea seen moving missiles from development center

2017年09月30日 19時24分57秒 | Weblog


via toru




北兵器工場から複数のミサイル搬出か…韓国報道
コメント

Deterring and containing North Korea is really a bad option.

2017年09月30日 19時22分45秒 | Weblog
Koreasparkling‏
@torumyax

フォローする
その他 KoreasparklingさんがForeign Policyをリツイートしました
The author's got a very very good point. "deterrence won't work"
北の核を「認めて」対旧ソ連にしたように抑止論、というのは間違いよ、と論破。半島統一を目標とした政策の方がずっとマシ、転換せよ、と。Koreasparklingさんが追加




let’s take a closer look at some of deterrence’s real requirements before we slide absentmindedly in that direction.

First, there is the matter of Kim’s rationality. In a sense, he is very rational — not in an American or Western context, but in a very North Korean, ideological one. He and his family have told us exactly what they have wanted to do, and they have done it. They said they would acquire the means to unify the Korean Peninsula, to fight and win a nuclear war, and kick out the Americans. They said they would use talks to extort money from the United States, China, and South Korea. Alas, nobody of consequence seemed to take seriously what North Korea actually wrote or said. We treated North Korea as we wanted it to be, not as a strategic actor in its own right, with its own strategy and its own logic.

How can we be confident that Kim’s supposed rationality translates to an understanding of U.S. deterrence signaling? There is no evidence that it does. To say that Kim is deterred because he hasn’t attacked the South is to say essentially nothing. The Kim family never before had an intercontinental ballistic missile that could carry nukes. We have entered a new phase that requires new intelligence and analysis that takes Kim’s own goals into account. The assumption that he is playing defense — he just wants to avoid becoming another Muammar al-Qaddafi — is faulty and a projection of how we, not the actual leaders of North Korea, think.

Second, one needs to take a great leap into Cold War revisionism to believe that deterrence is stable. The United States and the Soviet Union had many now-forgotten near misses, and fought a host of proxy wars at great cost. Allied crises of confidence were the norm, and we were willing to risk our soldiers and bases being nuked by the Soviets to prove to our allies that we were in it with them. Are we prepared to do the same now?

Then there is the matter of how well we understood the Soviets before we rejected preventive war or appeasement. We had been allies during World War II. Containment’s author, George Kennan, had lived in Moscow for years, during which time he assessed the Soviet way of thinking. Do we even have an equivalent when it comes to Kim? American strategists concluded that the Soviets were in the end cautious and therefore could be contained. No one can draw that conclusion when it comes to Kim.

Third, there is the issue of a bipartisan commitment to very high defence dnse expenditures during the Cold War, a basic agreement on the utility of nuclear weapons, and on creative efforts to engage in political and ideological warfare against the Soviets. Today, some of the very people calling for containment were in power when our president and Congress decimated our military. Did they not think to advise the president, that with the growing North Korea threat, it might be a good idea for the commander-in-chief to use his considerable powers of persuasion to call for a military budget adequate to the challenge or to abandon the dream of a nuclear “global zero”?

The United States has no strategic political and information warfare capability, and Congress is certainly not debating these new functions as it reflects on the State Department’s new organization charts.

Fourth, there is the matter of the wages of containment. Here is just a snapshot of what deterrence and containment would require:

We would need to put Kim on the defensive all of the time to prevent his provocations. That would mean a significant change in posture for Japan, South Korea, and the United States, from defense to offense. The three countries would need tremendous intelligence resources, consistent intelligence, surveillance and reconnaissance, offensive striking power, and the ability to wage unconventional warfare, to put Kim on notice that he is not safe, so that he spends on defense. The United States would eventually have to pull out of the Intermediate-Range Nuclear Forces Treaty so as to build more offensive striking power. The president would need the bipartisan support to punish countries benefitting from North Korean proliferation (President George W. Bush decided not to strike the nuclear reactor that North Korea built in Syria). Remarkably, some new realist deterrers are arguing for restrictions on presidential power. How can we deter and contain a dangerous, offensive-minded enemy with such restrictions?

A fulsome debate about these requirements is heretofore absent between the administration and Congress or on the op-ed pages of the major papers of record. For those who are calling for more missile defense, none is in the offing, and efforts to create the capability to hit intercontinental ballistic missiles in their boost phase were killed off long ago.

Fifth, there is the matter of nuclear weapons. The three countries would have to move to a NATO-like structure of nuclear deterrence with systematic, strategic talks, nuclear information posture, and three-way nuclear posture exercises. Most likely, the United States would eventually have to accept one or both countries acquiring nuclear weapons (remember the French during the Cold War). We might be able to reassure allies, but likely they would eventually want their own strategic autonomy.

The administration has not called for a reversal of the Budget Control Act or for a massive effort to establish the means of deterrence. But if it did, would Congress accede? Would the new realists use their influence to change the minds of reluctant members of Congress?

Even if all these military requirements were met, the United States would have to prepare for regime collapse and stability operations. While all services have suffered under Obama’s budgetary jackhammer, arguably none have withered more than the U.S. ground force. A cursory glance at a map of the Korea Peninsula should sober the new realists up about what is needed if their preferred policies work.

Finally, there is the matter of the North Koreans themselves, suffering under the most repressive and abusive regime known to man. North Korea is essentially a big concentration camp. Are we ready to recognize and deter, and leave them to the tender mercies of Kim? What would that say about our much-vaunted commitment to “upholding a rules-based order,” for which many of the new proponents of containment have argued?
If the United States ramped up its defense spending to meet the requirements of deterrence, perhaps the new deterrers would be more persuasive. Add to this the resurrection of the United States Information Agency and other organizations that could pressure Kim persistently, and maybe a strategy could be fashioned 



北朝鮮は、核武装して、南北統一してアメリカを追い払う、と言っていたのだ。そして、北朝鮮は、これまで、言ってきたことをすべてやってきている。そんな相手にソ連同様に抑止し封じ込めの論理が通用すると思うか? そのソ連とも戦争スレスレまでいったし、代理戦争もしてきた。ソ連のときはケナンなど専門家がいたが、金政権については、あれほどの専門家もいない。ソ連を封じ込めておくには、戦略的にかなり費用を費やしたが、北朝鮮についてもそれだけの防衛費をまかなう覚悟があるのか。抑止するには、北朝鮮を守りの体制においこまなくてはいけないが、それには、日本や韓国にも攻撃態勢を整備するに必要がでてくるし、冷戦時代にフランスが核武装したように、最終的には、日韓の核武装も覚悟しないとならない。北朝鮮は、国そのものが強制収容所なわけだけだ、常日頃人権だ、へったくれだ、と言っているのに、そんなことでええんかい、ーーーーみたいなかんじかな。

コメント

2、3日中にミサイル発射?

2017年09月29日 23時05分12秒 | Weblog




北朝鮮による相次ぐミサイルの発射や核実験が繰り返される中、長崎県佐世保市にある基地に入っていたアメリカ海軍のミサイル追跡艦が28日午後、出港しました。
佐世保基地を出港したのはアメリカ海軍のミサイル追跡艦、「ハワード・O(オー)ローレンツェン」、1万2642トンです。

「ハワード・O・ローレンツェン」は、今月25日から佐世保基地に停泊していましたが、28日午後5時すぎに、岸壁を離れ、港をあとにしました。

この船は複数の大型レーダーでミサイルを追跡する能力を備えていて、ことし7月には佐世保基地を出港した3日後に北朝鮮のミサイルが発射されたほか、去年2月にも出港の2日後に北朝鮮のミサイルが発射されています。

コメント

ベテランの評論家を大学新入生並だ、と

2017年09月29日 14時17分07秒 | Weblog


北朝鮮が対応措置を取らなかった理由については▲深夜に侵入したため不意を突かれたから▲電力不足でレーダーが稼働せず、捕捉できなかったから▲元山に配備されている地対空ミサイル「SA-5」では届かなったから▲国際空域を飛行し、領空侵犯しなかったからなど様々なことが取り沙汰されているが、真相は不明だ。



Masashi MURANO‏
@show_murano


知らないことは書かなきゃいいのに、一生懸命調べて意味ない比較とか考えるんだろうな。ディシプリなしで調べたことをベタ書きするのは大学一年の春学期まで→
北朝鮮が北上した米戦略爆撃機「B-1B」を迎撃できなかった謎(辺真一) - Y!ニュース


 ベテラランの評論家を大学新入生並だ、と批判するなら、真相はなんだったか、ご自身で書くべきじゃないかな?

(岡崎研究所)

コメント

All society is so binary

2017年09月29日 13時59分58秒 | Weblog


この世は、男性用トイレ、女性用トイレ、男性用更衣室、女性用更衣室って、二項(バイナリー)に分類していることがめちゃ多い。でも、自分は、男でもない、女でもない、ないから、自分のこと、ノンバイナリーnon-binary って呼んでいる、と。

私がときどき見ているユーチューバーのコジコジさんも







ちょっと似た感じなのかな。

コメント

Korean culture of Propaganda art

2017年09月29日 12時36分21秒 | Weblog




こういった”才能”は北も南もあまりかわらんように思うが・・・




(歴史問題 慰安婦)
コメント

”Even if we kill Trump, we can't calm our rage

2017年09月29日 10時23分48秒 | Weblog


400万の若者が軍隊に志願、「トランプを殺しても、われわれの怒りは収まらない」と 北朝鮮
コメント

だったら、中山氏は、自民党から出れば?

2017年09月29日 04時10分44秒 | Weblog

安倍晋三首相の交代は許されない、というのだったら、中山氏は、自民党から出れば?

そのほうがスジでしょう?
コメント

安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか

2017年09月29日 03時30分59秒 | Weblog
前原代表を「政治的ハラキリ」…ザ・タイムズ紙
2017年09月28日 21時30分



米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは社説で「(安倍氏の)戦略は裏目に出るかもしれない」と論評。6月に総選挙に打って出て敗北した英国のメイ首相を引き合いに出し、「似ている?」と首相の決断を皮肉った。




【社説】安倍氏の総選挙、メイ首相の二の舞いか

Japan’s Snap Election
Shinzo Abe bets on an early poll. Shades of Theresa May?
By The Editorial Board
Sept. 25, 2017 7:17 p.m. ET

Japanese Prime Minister Shinzo Abe announced a snap election Monday to take advantage of the opposition’s disarray and consolidate his control over the ruling Liberal Democratic Party (LDP). But as his British counterpart Theresa May showed in June, that strategy can backfire. Mr. Abe’s gamble is a sign of weakness rather than strength.



残念、有料記事か。







野党も、アベズライア ライアー♪とかーーーこうなんていうか、こんぐらいリズム感のある歌つくってみれば?


「アベーはやめろ!ドドンガドン」というシュプレヒコールは自分たちは叫んでいて気持ちいいのかもしれないが・・・・こう、ちょっと、余裕がないな。もっと、遊び心がないと。
コメント

慣習だからといって合理的理由なくやりつづけること

2017年09月29日 03時28分00秒 | Weblog
(なぜ本会議場で解散のときに万歳をしなかったと問われて)なんで万歳するんですか。わかりませんよね。だからしないんです。慣習だからとか、今までやってきたからとか、合理的理由なくやり続けるのは僕は好きじゃない。そういったものを全部なくせばいいと思う。(衆院解散直後に、国会で記者団に)


わたしも万歳なんてしないほうがいいとは思う。

自由とか、人権とか、民主とか、平等とかの現代的価値観が、制度や政治行動の合理的理由になるが、慣習やら、いままでやってきた、ということを度外視してしまうと、しかし、保守が保守でなくなる可能性もでてくる。


コメント