ぼやかせていただいております。

李選手 おめでとう!!! 他

2011年01月31日 01時51分45秒 | Weblog
「おやじ、やったよ」李選手が報告
 決勝終了直後、李忠成選手の父、鉄泰(てつやす)さん(52)のもとに、李選手から電話があった。



 「おやじ、やったよ」と興奮した口調で報告したという。これに鉄泰さんは「やったな。一番(点が)欲しい時によく決めた」と、大仕事をやってのけた息子をたたえた。

 鉄泰さんは今大会、なかなか出番に恵まれなかった李選手を、「必ず出番が来るはずだから、準備は怠るな」と励ましてきた。Jリーグでも試合に出られない時期もあった息子には、「雑草のような強さがある」と信じてきたという。

 鉄泰さんは日本生まれの3世。息子が帰化したことについては、「国籍は紙切れ一枚のこと。ふるさとは日本だと思っている」と全くこだわりはない。ただ、日本人以上のことをやらないと代表には呼んでもらえない、という思いは長く持っていたという。この日の決勝ゴールに、鉄泰さんははじけるような笑顔で「感無量です」と語った。

(2011年1月30日23時30分 読売新聞)


 いやあ、ライブでみなかったんだよね。でも、動画でもみせてもらった。
李 忠成 決勝GOALだ---!AFCアジアカップ決勝

 かっちょよかった、感動した!!!

これからも頑張って。

 その李忠成選手、複雑な環境におかれている。

李忠成「韓国戦でゴール決めたい」…韓国で「売国奴」と非難の声も
2011/01/16(日)

「韓国相手にゴールを決めたい」発言に対する韓国の世論も同様、「韓国人が韓国を相手にゴールを決めたいなんてどうかしている」と非難する声もあり、賛否両論の状態だ。韓国メディアは「日本に帰化した李忠成の“ゴールを決める”発言にネットユーザーの意見はまちまち」と題した記事は、「売国奴だ」、「言われる筋合いはない」などと対立するネット上の反応を紹介した。





<アジア杯>李忠成、日本を勝利に導く
2011.01.30 08:39:51
中央日報日本語版


李忠成は2004年U-19(19才以下)韓国代表チーム候補として国内でテストを受けたがチーム入りはできなかった。在日韓国人をさげすむ「パンチョッパリ」という悪口まで耳にした。祖国の冷たい扱いは彼には大きな衝撃だった。その後日本で実力を認められた李忠成は、オリンピック代表に名前が挙がると、2006年9月に日本への帰化申請をして2007年に日本国籍を取得した。2008年の北京五輪では日本代表のレギュラーとして出場した。彼は当時、「大きな舞台でゴールを入れ世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい」と話していた。帰化から4年で夢をかなえたのだ。


 祖先の母国韓国では、冷たい扱いをされる。
 そして、日本人のなかにも彼のルーツについて云々するものがあるようだ。(ユーチューブのコメント欄で非表示にされている。)
 まあ、韓国ナショナリストも一部の右翼もよく似ていて、都合の悪いときは外国人、都合がいいときには、本国人、という人はよくいる。それはまた、欧州でも同じ傾向があるが、愚かだ。

 国籍を取った以上、日本人。国籍をとってなくても日本を愛する人は日本人の仲間。日本を愛する日本人にとってもそれでいいんじゃないか?

 もっとも、李選手のような英雄は、父の国籍によって嫌がらせを受ける一部の日本の子供たちには大きな希望、大きな誇りになるかもしれない。

 国際的なスポーツ大会というのは双方のフェアプレイ・ナイスプレイを称賛しながら、かつ、自分の応援するチーム・人に声援を送って楽しめるものであるが、ともすると、、ナショナリスティックになり、人種差別的な言動がでることも多い。サーカーにおいても各国で問題にされている。
 ユーチューブでもそうした輩は非難されているようだが、日本チームを応援するファンたちが、今回の日本チームのように、一丸となって、そうした人種差別的な言動を断固としてゆるさない雰囲気・態度を醸成していってもらたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更新

李忠成選手のゴールで韓国「優勝者は韓国人」、中国「恥知らず」
サーチナ 1月31日(月)11時10分配信

 サッカーアジアカップ決勝が29日、日本の優勝で幕を閉じた。決勝ゴールを決めたのが在日韓国人4世で、2007年に日本に帰化した李忠成選手だったことで、韓国国内では「在日韓国人である李忠成がゴールを決めて優勝した。優勝者は韓国人だ」と主張する報道が見られた。

 中国メディアの環球時報が韓国の報道を伝えると、中国のインターネット上では、「韓国人は恥知らずだ」との声があがった。

 環球時報の記事には、中国のインターネットユーザーから、多くのコメントが寄せられた。多くの意見は、「こんなにも恥知らずな人たちには会ったことがない」、「日本は1人の在日韓国人のおかげで優勝できたというなら、韓国人が11人もいる韓国チームはなぜ優勝できなかったのか」など、韓国の報道を非難するものだ。

 また、「韓国人の先祖は中国人だ。本当の勝利者は中国人だ」と、韓国の報道を皮肉る書き込みも見られた。

 ほかにも、「李忠成は元々韓国人かもしれないが、もう日本国籍なのだ。日本の優勝は事実だ」、「勝ちは勝ち、負けは負け。言い訳で自分をなぐさめるのはやめよう」とのコメントも見られた。(編集担当:畠山栄)


ウケた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ロシアトゥデイ RT

Corporations decide what Americans see on TV
permalink email story to a friend print version
Published: 28 January, 2011



Topping the list of owners is Rupert Murdoch and his empire News Corp.
Murdoch stands over FOX News, the Wall Street Journal, and the New York Post – just to name a few.
General Electric, one of the largest military contractors in the US and Comcast, one of America’s largest cable providers are joined by the hip running NBC.
“The floor of the Hudson river is covered in carcinogenic PSBs – these toxigenic dangerous chemicals, that were put there by General Electric. General Electric owns NBC. NBC has not taken any trouble to report on this massive environmental story,” said Rendall.
With the innocent face of Mickey Mouse as their trademark, Disney is the proud owner of ABC.
“When ABC was bought by Disney and there were some ABC stories about improprieties at Disneyland and Disney World, and Disney killed those,” said Chambers.
CNN and Time magazine belong to Time Warner.
Joining the media giants is CBS Corporation towering over CBS News and Viacom – a global entertainment content company – running, among others, Comedy Central.
“They are supposed to afflict the comfortable and comfort the afflicted, but when you have journalists treading lightly around corporate and government elites, it almost defeats the purpose of their even existing,” Rendall said.
The purpose of existence for corporations is profit. Meaning, investors interests are placed ahead of anything else that would matter in journalism.
“Good business is bad journalism. Good journalism is bad business,” said Chambers.
Broadcaster Laura Flanders says counting on getting facts from the corporate media is simply naïve.
“We can’t be reliant on military contractors GE to bring us our news about the war, any more than we can be reliant upon television networks that are run by Disney to bring us the truth about what’s happening in our economy,” she explained.
As media are increasingly monopolized, the number of voices interested in bringing US viewers a little something called “truth” has decreased. As a result, instead of representing journalism, media have turned into loud mouthpieces for corporations.
Author Michael Parenti said not only are large news outlets owned by large corporations, they are also funded by additional corporations through paid advertising.
“There’s always a concern about pleasing your advertisers,” he said. “Americans are taught that we have a free and independent press, because the government doesn’t own it. But, in fact the ideological parameters around that press are very strict and very narrows, and they are set by the corporate owners and corporate advertisers. Those ideological parameters mean that you don’t say anything too critical about the world corporate system.”
Because of this system, argued Parenti, Americans are indoctrinated to think US policy is both correct, and “God’s gift to the world.”
Parenti explained, “It’s very hard to say anything critical about anybody who has any level of economic power.”


 メディアクリティック
 社会主義者からの論評の典型かもしれない。大企業がメディアを牛耳り、メディアはその大企業に都合のいいことを流布して、都合の悪いことは報道しない、と。
 どこまで、それが言えるがどうかはわからない。が、先日のアルジャの記事のようにメディア消費者が何を見、何を見ないか、何を知り、何を知らされないかは、報道機関の段階でかなりのフィルターがかかる。
 それは、大企業の営利的な影響のみならず、文化的、人種的、ジェンダー的、階級的、国家戦略的な影響も大きい。

 多くの視点を取り入れることが重要である。
 前回の必需品 ?・・・・・歯ぁああ?でもそうであるが、英語圏メディアが日本関連で取り上げたい主題はそう多くない。すでに選択されている。今回のは、ワッキーもので、しかも、裏取りもしてない。
 しかし、それが、彼等の見たいものであり、伝えたいものなのである。

 RTなんかは、アメリカの貧困物語、あるいは、アメリカは戦争好き!の主題が大好きである。それを繰り返し繰り返しやっているわけである。

 他人のことを偉そうには言えないし、自分も注意しないと思っているのだが、日本の一部の右翼にせよ、一部の左翼にせよ、自身と対立する勢力への議論への配慮がない。相手の議論をもっとも好意的に解釈してなおかつ、自身の主張に説得力を持たせるようでないとまずい。
 特に、日本の内側だけで通用するような議論の構成では、国際的には通用しないだろう。

 もっとも、多くの視点といっても、上記RTの論者が言っているが、例えば、イラク戦争に勝つか、負けるか、という論争をしていると、対立する視点がでていていいように思うが、しかし、その前提となる、イラクにそもそもアメリカの軍隊がいるのは妥当か、否かなどの問題は等閑視されてしまう。

 そういった、議論の前提を疑う視点も重要なのである。

 大手のメディアはもうそういった役割を担いきれなくなってきたようだ。

 政治記事は、政治家の言葉尻を非難する他の政治家の発言を追いかけ、あるいは、政策論争にはうとく、まして、議論の前提を問う本格的な思索や問題提起はほとんどない。飽きたし、希望がなくなりつつある。

 小さなミニコミ誌やフリーのジャーナリストがネットを使って頑張ってもらいたいと思う。

アルジャ、RTともに癖は強いが、しかし、日本でもこうした大手のメディアが出さない視点を押し出すメディアもあっていいのではないか?

 もちろん、多くの視点があればいいというものでもない、それを統合する作用も必要であろう。しかし、その前提となる多視点はやはり必須であろう。


US economy in deep hole

Published: 28 January, 2011


Many companies are sitting on large quantities or money and open jobs, but are not filling them because market demands remain low, he argued. It is more about demand than corporate taxes and regulations.
The US economy will continue to suffer high unemployment unless demand is addressed. He explained wage driven growth is the solution, via productivity which will drive increased demand.


 アメリカの経済は上向いているというが楽観は全くできない、と。
経済のことはわからないが、この人は金を刷ればいいってもんじゃない、法人税や規制解除しても需要がなければ、企業は動かない、と。

 生産性↑→ 賃金↑→ 消費需要↑→ 投資↑→ 生産性↑

という循環にのっていない、と。
 どうなんだろうね?



30 January 2011

First Racist Attacks In Australia, Now Indian Students Electronically Tagged After University Fraud In USA


An estimated 123,000 Indian students leave their homes and family each year to study overseas. For the United States alone its $13 billion a year industry and a new crisis has this week hit students in California leaving many angry, upset and facing deportation.

This crisis comes off the back of the panic that set into the Indian community after students studying in Australia were victimized in a series of racist attacks.

In just one of number of events, in 2009 a shudder was sent down the spine of many students when 5 men slashed 21 year old Nardeep Singh with a knife in an attempted robbery.

This week a new crisis has hit the community as 900 Indian students face deportation after the Tri-Valley University was shut down by American officials accused of immigration fraud.

The university advertises itself as 'a Christian Higher Education Institution aiming to offer rigorous and excellent quality academic programs in the context of Christian faith and world view' is based in Silicon Valley.

Yet papers were last week filed in the California court by the Immigration and Customs Enforcement (ICE) agency after it is believed that the university had illegally assisted foreign students to acquire immigration status.

The allegations are centered around the University claims that the 1555 students were living in the state of California when in fact many were working in other states including Maryland and Texas.

While branding the organization as a 'sham university' now the students have the final indignity of being required to wear electronic tags around their ankles to enable immigration authorities the ability to monitor their movements, while each is facing the very real prospect of being deported.


 アメリカの大学が違法な入学許可をして、インド人が不法就業していたので、多くのインド人が国外退去の憂き目にあうが、その待機期間は足首に位置が把握できるアンクレット(足首ブレスレット)をつけさせられている、と。



'Racism' against African-American Obama behind Democrats' defeat in mid-term polls: Moran
By ANI | ANI – Sat, Jan 29 2:58 PM IST

tweet
Email
Print
Washington, Jan 28 (ANI): Virginia Democratic Representative Jim Moran has linked the current political environment to the American Civil War, and added that his party lost out in last year's mid-term polls because voters "don't want to be governed by an African-American."
"It happened ... for the same reason the Civil War happened in the United States. Southern states, particularly the slaveholding states, didn't want to see a president who was opposed to slavery," Fox News quoted Moran, as saying.
"In this case a lot of people in this country, it's my belief, don't want to be governed by an African-American, particularly one who is inclusive, who is liberal, who wants to spend money on everyone and who wants to reach out to include everyone in our society. And that's a basic philosophical clash," he added.
Moran made the comments following President Barack Obama's State of the Union speech on Tuesday.
On being questioned about his comments, Moran's office supported him, saying that racism is still widespread in the US.

 
 中間選挙で民主党が敗北したのは、オバマ大統領に対する人種差別意識からである、と。

27.01.2011
Controversial British snooper's work in Germany comes under scrutiny


Opposition parties in Germany have called for more information on the actions of a British undercover police officer, who has since gone to ground, known to have broken several laws while serving in three German states.



These rules - which of course make it very difficult, if not impossible, for German undercover agents to successfully infiltrate criminal organizations and gather evidence - currently do not apply to foreign officers serving in Germany

"As I understand it, using foreign operatives is currently common practice because one can operate more freely that way, and also because it's believed that the groups that are being infiltrated will find it harder to identify foreign agents," Ströbele said. "We must unify the regulations across Europe and ensure that all undercover agents have to maintain the same code of conduct."

Kennedy was caught helping to set fire to a public refuse container in Berlin, and taking part in an illegal blockade ahead of the 2007 G8 Summit in the northern German town of Heiligendamm. However, according to reports in the German press, all charges were dropped when the authorities alerted local police to the agent's identity. He also had a sexual relationship with an environmental activist in Berlin, breaching the conduct codes that would apply to a German officer.


 ドイツ。
 イギリスで環境団体の動向を探るのにスパイ警官を使っていたという記事を取り上げたことがあったが、ドイツでは、ドイツ人警官はそうしたことができないので、イギリス人のエージェントを使ってそうしたことをしていた、と。違法な行為もしていたのだが、ドイツ警察の犬なのでお見逃しになったが、いかがなものか、と。


Tepido orgに市橋本に関してコメント。

チャート・デイビッドさんのブログ
にもコメント

 こちらのほうはーーー所得税にせよ、死刑制度にせよーーー特に強く言いたいことはないのだが、この方が、非常に常識的なインテリであり、賛否は別にして、日本人と外国出身者がこうして日本語でごく普通に議論そのものを楽しめるのだ、ということを日本人および、外国出身者の方々に見てもらいたい、と思った。

 こうした対話のいいモデルになればいいと思っている。

 外国出身者の方々も日本に関して問題を指摘したり、問題提起すると、ネトウヨの集団の荒らしにあうかのような妄想をしていないで、また、間違った情報を英語で提供するブログで憎悪と怨念を振りまいてばかりいないで、日本社会に日本語で参加していただきたい。
 


コメント (2)

必需品 ?・・・・・歯ぁああ?

2011年01月30日 16時06分10秒 | Weblog


ニューヨークタイムス
January 21, 2011, 7:44 AM
New Japanese Fashion: LED Lights for Your Teeth
By NICK BILTON


They are quickly becoming a sought after accessory.


この光っているファッション、引っ張りだこだそうです・・・歯ぁああ?

ガーディアン

Smile - you've got LED teeth
LED smiles are the latest must-have accessory in Japan

Max Benato
guardian.co.uk, Tuesday 25 January 2011



LED smiles have become the must-have accessory in Japan


それどころか必需品・・・・・歯ぁああ?


Japan Times
Sunday, Jan. 30, 2011

'LED smiles' ― how a nonexistent Japanese schoolgirl craze became a meme

By MINORU MATSUTANI and ANDREW LEE





いかにして日本の女子高校生のLEDsmilesブームなるものはつくられたか。NYTのブログはぎりぎりセーフかなと思ったんだけど、尾ひれがついていったみたい。[Japan Times]http://bit.ly/grlXrC



mozu


ラフォーレ原宿|『LAFORET GRAND BAZAR』


Geee / Harajuku Love Story 動画

ラフォーレ原宿が、1月20から24日までの5日間行われる「ラフォーレ・グランバザール・ウィンターセール」のプロモーションをTVCMやウェブで展開。

無線制御装置でコントロールできるようにしたLEDライトを活用。CMでは、それを口の中に入れた女性がセールに向かっているかのよう。
コメント

母のようには、 他

2011年01月29日 18時29分21秒 | Weblog
アルジャ チュニジアネタ
Inside Story
What will the West do?
We ask if democracy will be allowed to run its course in Tunisia or if Western powers will try to assert influence.
Inside Story Last Modified: 24 Jan 2011


途中でみるのをやめてしまったが、フランスや米国はこうした独裁国家を友人として支援していた、と。それは、Stability over democracy 民主主義よりも安定を望んでいたからだが、それでよかったのか?もっとも、、パレスチナなど民主主義的手続たる選挙を経ても、ハマスなど自分たちが気に入らないと支援しないのはいかがなものか?と。
難しい問題で、手を出して影響力を行使しても主権の侵害になるし、かといって、独裁者を支援するわけにもいかない、かといって、国際的、あるいは、地政学的・戦略的につきあっていかなくてはいけない。ある種のジレンマはつねにつきまとう。バランス感覚が要求されるところなんだろう。

で、こっちはエジプト テレグラフ

Egypt protests: America's secret backing for rebel leaders behind uprising

By Tim Ross, Matthew Moore and Steven Swinford 9:23PM GMT 28 Jan 2011


アメリカ、反乱勢力を秘密裏に支援していた、と。
他方、(ABC)

Egyptian Police Using U.S.-Made Tear Gas Against Demonstrators
Photographs From Cairo Document Canisters Labeled 'Made in U.S.A.'

By SARAH O. WALI and DEENA A. SAMI
Jan. 28, 2011



Egyptian riot police are firing tear gas canisters bearing the label "Made in U.S.A" against street demonstrations in Cairo, according to protesters who provided ABC News with pictures of the canisters.

・・・・・Egyptians who are part of the street demonstrations told ABC News that the evidence of the U.S.-made tear gas sends a powerful signal.

"The way I see it the U.S. administration supports dictators,"

・・・・・Eltayeb, a graduate student who lives in the Boston, said the protesters see U.S. aid as the key that allowed President Hosni Mubarak to hold power for almost thirty years.

"U.S. political institution as a whole supports dictators in the Middle East as long as they do the torturing for them," he said.




エジプトの機動隊は米国製催涙弾を使って、アメリカのイメージは非常に悪い、と。

もっとも、テロとの戦いなどで、アメリカにとってエジプトは非常に重要な国なわけですね。


米、エジプト援助見直し示唆 オバマ氏「約束の実行を」

2011年1月29日


というわけで、オバマ大統領が動き出している。ムバラク大統領はやばそうだね。約束の実行って、民衆が満足をいくようなことはできない、→アメリカはムバラクを見捨てる・・・・というシナリオか?


一方、ギブズ米大統領報道官は28日の記者会見で、「今後の展開次第では、エジプトに対する米政府の支援を見直す」と述べた。米政府は軍事費を含めて年間十数億ドルをエジプトに援助しており、これらをテコにムバラク政権に行動を促す考えだ。


こんなポチみたいに言うこと聞いているんだから、日本にも援助してほしいわ。


mozu

米国でエクソシズムの需要が高まっているという話。しかし悪魔祓いの資格があるのはたった30人しかいないと。本当に高まっているのか。[The Atlantic]http://bit.ly/ev438E


 問題はしかし、このお祓い効果があるかどうか?
 効くなら日本にもお祓いしてもらいたい、デーモン、いや、デビルがいるんすが。

朝日社説
君が代判決―少数者守る司法はどこへ


私たちは、式典で国旗を掲げ、国歌を歌うことに反対するものではない。ただ、処分を科してまでそれを強いるのは行き過ぎだと主張してきた。

 最後は数の力で決まる立法や行政と異なり、少数者の人権を保護することにこそ民主社会における司法の最も重要な役割がある。最高裁、高裁とも、その使命を放棄し、存在意義を自らおとしめていると言うほかない。

 


これはこれでもっともである、と思う。
が、
国旗・国歌訴訟 起立・斉唱認めた妥当な判決(1月29日付・読売社説)


2006年の1審判決は「教職員に起立や斉唱の義務はなく、拒否しても処分されるべきでない」と、原告の訴えを認めていた。

 これに対し高裁判決は、「国旗に対して起立することは、特定の思想を外部に表明する行為ではないから、それを命じても、思想・良心の自由を侵害することにはならない」と指摘した。

 理由の一つに、国旗掲揚や国歌斉唱が、学校の入学式や卒業式だけでなく、スポーツ観戦でも一般に行われている事実を挙げた。納得する人は多いのではないか。

 学習指導要領は、教師に対し、国旗の掲揚と国歌の斉唱を指導するよう定めている。しかし、それが学校で十分に守られていなかったために出されたのが、都教委の通達だった。

 教師が個人的に様々な歴史観や世界観を持つのは構わない。だが、指導要領に反してもいいということにはなるまい。

 国旗・国歌を巡っては、君が代のピアノ伴奏を拒否した教師が懲戒処分の取り消しを求めた訴訟で、最高裁が07年に「伴奏を命じる校長の職務命令は、特定の思想を強制するものではない」と、合憲の判断を示している。

 今回の高裁判決も同じ流れにあると言えるだろう。最高裁判決以降、同種の訴訟では、教師側の敗訴が続いている。

 かつて、一部の教職員組合がイデオロギー的立場に基づいて、「反国旗・国歌」運動を繰り広げ、教育現場は混乱した。
>

このかつての一部教員たちの反国旗・反国歌、ひいては、反国家イデオロギーを基礎にした活動は、行き過ぎもあったのではないか?
こうした背景を鑑みるとき、一概に不当な判決とも言い切れまい。





かつて「卑猥」とされた混浴 いまや国籍も種も超え
2011.1.29 10:50


 長野県山ノ内町の温泉宿で26日、ニホンザルとチェコから来たカップルが“混浴”した。雪景色を眺めながらの温泉はまさに極楽。

 1855年に伊豆・下田を訪れたドイツ人、リュードルフは当時混浴が当たり前だった日本の浴場を見て「男女両性が、これほど卑猥な方法で一緒に生活する国は、世界中どこにもない」(グレタ号日本通商記)と驚いた。

 しかし21世紀になって、性別や種を超えて一緒に風呂に入るのは、世界的にもそれほど特異なことではなくなった?(


 西洋の視線に飲み込まれる西洋かぶれの日本人は、リベラルにも、また、米国の顔色ばかりうかがう一部の日本の保守にもいるが、そんな表面的なことに翻弄されてもいけない。地域地域の風土がありまた、条件があり、世界や人々はその地域の実践と言語に意味づけられているのだから、そうした外部の基準をすんなり取り入れればいいというわけでもない。かといって、頑なに過去の慣習をしがみつくのもよくない。新しい枠組みと葛藤しながらやはり地域に根付いた実践をしていけばいい。これぞ大和魂。この葛藤が大事。

Mothers’ Way, Daughters’ Choice
Japan Probe 我謝 京子さんという映画監督・ロイター放送記者のドキュメンタリーを紹介
ーーー複雑な思いで予告をみる。

第一印象は、例えば、
Why British convert to islam ?
NBC WHY 20,000 Americans convert to Islam annually
Mikaeel Jackson convert to Islam

Former Muslim Rashid reveals the truth about Islam !


西洋人がイスラム教徒に改宗しました。キリスト教、あるいは、欧米風の従来の生き方に満足できなかったが、イスラムに出会って実践することで、真の人生を歩めるようなった、あるいは、イスラムを捨ててクリスチャンになった人がイスラムを罵倒する、といったのと同趣旨のドキュメンタリーかな、とも思った。


“I love my mother,
but I just don’t want
to be like her.


“I love my mother, but I just don’t want to be like her.” Why would successful women from the world’s second largest economic power choose to start their lives in New York City? This documentary film explores how several Japanese women struggle to reconcile their traditional upbringing and their desire to create unique lives.


母親は好きだが、彼女のようにはなりたくない、自分らしく生きたい、と思ってニューヨークへ。

【KAKERUインタビュー No.66】

日本人は、いわないことの美しさという流儀があって、売り込まないといけない威圧感とかアピールすることに慣れていない。日本にいると、自分を殺すから辛いんだけど、アメリカにいると皆自分を出すから、逆に日本人は自分を出せなくなってしまう。それが辛くて(笑)。

日本人が自分の売り込みが下手だというのはそうだろうね。
これを自分について、日本でやるとかえってまずい、ということもあるが、国際的には、自分というより、日本という国のアピールをしたほうがいいとは思う。
自分を殺している感覚を日本人、あるいは、日本人女性がみな共有しているか、というと、そうではなくて、日本風のほうが楽で、例えば、アメリカで米国風のアピールをすることは自分らしくなくて、アメリカにいるときは、自分を殺して、そのようにふるまっているが、そうやっているのは、かえって疲れる、という人もいるだろう。


金井啓子様からのメッセージ

近畿大学文芸学部准教授

日本だって女性の社会進出がぐんと進んだし、人生設計も多様化している。だから一概に「アメリカは進んでる、日本はダメだ」などとは言いたくない。でも、やはり、女性が何歳になっていようと自分の生きたいように生きられる選択肢の広さは、どうやらまだまだかなわないようなのだ。


ということは言えるとは思う。母親のような選択肢が悪いというわけでもない。伝統的なそうした役割を選択する女性もいるであろう。他方、経済事情も社会事情も複雑多様化した現代の日本では、熟年層の男女、あるいは、特に女性にとっての選択肢はこれからの日本でもどんどん拡げていくべきだ。

 ただ、選択肢があれば、それが実現できるか、というとそうでもない。
 ふと、昔みたザ・商社というテレビ番組の一場面を思い出す。ニューヨークの街角、精神的に病んだ人がノイローゼの動物園のシロクマのように独り言を言いながら、彷徨する。この街にはチャンスがある、アメリカンドリーム。しかし、選択肢があるが、スタートラインですでに後方にいたり、あるいは、競争に敗れ、あるいは疲れ、落ちぶれる自由にも満ちている。

 今回成功者にインタビューしているが、こんどは敗北者にインタビューしてみるのも面白いのではないか?

 メディアで国際的に活躍している日本人女性の経歴などをみるとわりに恵まれた方が多いような印象を持つ。そもそも海外に留学したり、海外で暮らす経験をもつというのはやはりある程度恵まれている方でないとできない。
 個人的に海外の方と相性がよくてそこで暮らしていかれるというのも立派な生き方であるとは思う。
 せいぜいその人生を楽しんでいただきたい。

 もっとも、この土地で自分が改革しようとしないで、自分がのびのびできる家をポコッと見つけてああよかった、というのは、意外に伝統的で受け身な”女性”の感受性ではあろう

 では、それほど恵まれておらず、あるいは、また、日本で生活していくことを決意している日本にいる女性たちは?となると、伝統的な従来のライフスタイルでいい、という人もいるだろうし、いや、何か違うと感じている人もいるだろう。個人個人にあった新しいライフスタイル、あるいは、社会制度を日本の地域の実情にあったやりかたで勝ちとっていくしかない。こちらも頑張ってもらいたい。

 いわゆる単純な欧米かぶれは、金髪のかつらで、つけ鼻をつけて、「シェー」と叫んでいるイヤミのように滑稽である。

 日本から海外、海外から日本へ移住した人達は異文化の間で葛藤がある。葛藤がなければ、単におめでたい人か、イヤミな奴でしかない。しかし、異文化の葛藤を抱いている人には深みがある。


ABC
Nowhere to Go, Teen Lived in Tree
One of Millions of Teens Struggling With Homelessness, George Says His Family Sent Him on a Bus to Nowhere

29 comments By SAMANTHA WENDER and GEOFF MARTZ
Jan. 28, 2011




For two frightening weeks, 17-year-old George lived in a tree because, he said, he had nowhere else to go.


he teen thought he was going to stay with family in California. In August 2009, the woman he called "Mom" -- an aunt who had raised George since he was a baby -- bought him a Greyhound bus ticket from Missouri and gave him what she said was an address for relatives in San Francisco.

But before he arrived, George said he received some shocking news: His aunt told him, over the phone, that the address she provided was not for relatives but for a McDonald's.


There are nearly two million homeless youth in America. In San Francisco alone, social workers see some 6,000 cases of homeless teens a year.


日本でもホームレス中学生というのが何年か前に話題になったが、アメリカでもホームレスティーンというのが200万近くいるらしい。


ロシアトゥデイ


Right to film? Not if the police are around
permalink email story to a friend print version
Published: 28 January, 2011



The US war on cameras continues! Chicago artist Chris Drew used a video camera to record his own arrest by city police and is now facing up to 15 years in prison.
Under the Eavesdropping Act in Illinois, videotaping yourself while being arrested is apparently a Class 1 felony.
Drew was protesting Chicago restrictions on where artists can sell their work, and had his video camera rolling during his protest and at the moment he was arrested.
Prior to being charged, Drew explained he was unaware of the Eavesdropping law.
“This is a violation of the First Amendment. We should have a right to monitor our police in public,” he argued. “We certainly should have the right to bring the evidence, what they say to us, into court.”
Drew feels the laws are the equivalent of living in a police state.


 自分が逮捕されるところを撮影したところそれが撮影行為が犯罪とされ、懲役15年の刑に処せられるかも、と。米国。類似の事件は以前にも取り上げたことがある。
(police brutality 監視社会)


BBC
28 January 2011
Race relations and the White House


アメリカ。ホワイトハウスと人種。4分の1の大統領が奴隷の所有者であった、という。

The Black History of the White House
Clarence Lusane


Official histories of the United States have ignored the fact that 25 percent of all U.S. presidents were slaveholders, and that black people were held in bondage in the White House itself. And while the nation was born under the banner of "freedom and justice for all," many colonists risked rebelling against England in order to protect their lucrative slave business from the growing threat of British abolitionism. These historical facts, commonly excluded from schoolbooks and popular versions of American history, have profoundly shaped the course of race relations in the United States.

こうした”黒人”が築き上げたホワイトハウス、あるいは、アメリカ、という側面をアメリカの歴史の授業では教えていない、という。


BBC
28 January 2011
X-ray delay cancer patient dead

At least one of four people whose cancer diagnosis was delayed at Londonderry's Altnagelvin Hospital has since died.

Details of the person's death emerged after the Western Trust revealed that four people had to wait up to 10 months for their cancer to be diagnosed.

The delays happened after written assessments of 18,500 X-rays were not carried out.

It said the delay in carrying out the written assessments was caused by staff and equipment shortages.


北アイルランド
X線の評定が遅れてガン患者が死亡。

X-ray process delay 'staggering' 28 JANUARY 2011,

A doctor who is also on the Assembly's health committee has said he is staggered that 18,000 X-ray assessments were not carried out for months.

Four people received a late diagnosis of cancer as a result of staff and equipment shortages at the Western Trust's Altnagelvin Hospital.


北アイルランドでは、X線撮影はガンの原因になりうるので、あまり撮らない、といっていた人が以前いたが、そうした理由もあるのかもしれないが、そもそも、機材不足、スタッフ不足もあるようである。撮っても上記のように評価が遅れる、と。


28 January 2011 Last updated at 16:26 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
Dogs maul Romanian woman to death

A woman in the Romanian capital, Bucharest, has died after being mauled by a pack of stray dogs.

Earlier this week the 49-year-old was found critically injured in a company compound, and taken to hospital. She underwent major surgery, but doctors were unable to save her life.

It is unclear why the woman had visited the compound.

Bucharest is home to thousands of stray dogs, which officials say represent a growing danger to humans


ルーマニア 犬に襲われて婦人が死亡。人が犬を噛めばニュースになるが、犬に噛まれてもニュースにならないがといわれるが、ニュース性は犬に噛まれたことではなく、首都 ブカレストでは数千の野良犬がいて物騒である、ということらしい。

RT

“UK should cement complaints against Zatuliveter or give her complete freedom”
permalink email story to a friend print version
Published: 14 January, 2011



The Russian Foreign Ministry has expressed concern about the uncertain situation surrounding Russian national Ekaterina Zatuliveter, who was detained on spy charges in UK.
British authorities should cement their position or “give her complete freedom of action,” the ministry representative said in a statement on Friday.




”We are seriously worried by the situation developing around Ms. Zatuliveter, a Russian citizen, who has been detained by British authorities for six weeks now. Yesterday in London, at the preliminary hearing for her appeal against the British Home Minister's decision to deport her, the court decided to begin the trial only on October 18, 2011, which essentially means that Ms. Zatuliveter will live for almost one year in conditions that are quite similar to house arrest,” commented Lukashevich on the situation.

The Russian national has denied accusations of using her position as a British MP’s aide to spy for Moscow. The Russian Foreign Ministry described the situation as “unacceptable”, as her freedom has already been restricted for a month-and-a-half.

”Her passport has been taken away from her and she has been prohibited from meeting with anybody except her relatives, her lawyers, or doctors. She is also banned from visiting public places and only allowed to spend nights at her residential address, which is regularly checked by the police,” Lukashevich said.


 ロシアの女性がスパイ容疑で実質自宅軟禁。解放するか、起訴するなら起訴しなさい、とロシア外務省。

 一つは、イギリスではこうした形態の拘束・勾留というのがあるわけですね。
 もう一つは、日本でもスパイを取り締まる法律を整備したほうがいいんじゃないですかね?












コメント

父の国籍で嫌がらせ

2011年01月29日 08時25分49秒 | Weblog
共同
校内で中1同級生切りつけ軽傷 神奈川・小田原

 神奈川県小田原市の市立中学校内で26日朝、1年生の女子生徒(12)が、同級生の女子生徒(13)を工作用ナイフ(刃渡り約6センチ)で切りつけ、背中と左手に7日間のけがを負わせたことが28日、市教育委員会と小田原署への取材で分かった。

 小田原署は26日、傷害容疑で切りつけた生徒を児童相談所に通告した。

 市教委によると、26日午前8時45分ごろ、音楽室内で同級生が「どいて」と言って机を動かし、切った生徒に机が当たった。生徒はポケットからナイフを取り出し、後ろから切りつけたという。1時間目の音楽の授業が始まる前だった。

 同署によると、切った生徒は「家族のことで悪口を言われ、カッとなった。自分が強いところを見せれば、からかわれることもなくなると思った」と話しているという。

 市教委によると、別の生徒が保健室に連絡し、駆けつけた養護教諭が手当てした。

2011/01/28 13:11




読売

日韓戦翌朝、韓国籍の父なじられ同級生切りつけ



神奈川県小田原市の市立中学校で、1年生の女子生徒(12)が女子の同級生(13)を切り出しナイフ(刃渡り6・3センチ)で切りつけ、背中と左手に約1週間の軽傷を負わせていたことが28日、わかった。小田原署は女子生徒を傷害の非行事実で小田原児童相談所に通告した。


 同署や市教委によると、女子生徒は26日午前8時45分頃、授業が始まる前の音楽室で、同級生の背中を工作用ナイフで切りつけた。同級生はとっさにナイフを握り、左手中指に切り傷を負った。この直前、女子生徒の父親が韓国籍であることを複数の男子生徒がからかい、その後、同級生が「お前の席じゃない」と言って女子生徒が座っていた椅子を押したという。

 小田原署幹部によると、女子生徒は「サッカーのアジア杯日韓戦の翌朝で、父親が韓国籍であることをなじられた。脅せばいじめがなくなると思い、ナイフを持っていた」と話しているという。

(2011年1月28日21時54分 読売新聞)


産経

「父の国籍で嫌がらせ」 小田原市立中の同級生切りつけ
2011.1.29 00:31


 神奈川県小田原市立中学校で26日、1年の女子生徒(12)がナイフで同級生に切りつけた問題で、市教育委員会は28日午後、記者会見し「切りつけた生徒は昨年10月ごろから、学級内で父親の国籍について言葉の嫌がらせを受けていた」と明らかにした。

 市教委によると、生徒は26日朝、切りつける直前にも、音楽室で複数の生徒から嫌がらせの言葉を言われた。着席しようとして、同級生の女子生徒(13)に「あっちに行ってよ」と言われ、授業で使う工作用ナイフで切りつけた。当時は始業前で、室内に教員はいなかったという。

 担任の男性教諭(23)も嫌がらせを把握し、やめるよう生徒を指導していた。市教委は「保護者や関係機関との連携を密にし、再発防止に努める」としている。


毎日

同級生切りつけ:国籍巡りいじめ受け--神奈川・小田原の中学校

 神奈川県小田原市の市立中学校で26日、1年の女子生徒(12)が同級生の女子(13)の背中に工作用の小刀(刃渡り6・3センチ)で切りつけ、1週間のけがをさせていたことが分かった。市教育委員会が28日発表した。市教委によると、切りつけた女子生徒は昨年10月ごろから、父親の国籍を巡って同じクラスの生徒から言葉によるいじめを受けていたという。

 市教委などによると、女子生徒は26日午前8時45分ごろ、音楽の授業が始まる直前、音楽室で同級生に切りつけた。同級生は右肩付近と、とっさに小刀を握ったため左手中指に切り傷を負った。

 小田原署は女子生徒を傷害の非行内容で児童相談所に通告した。

 市教委の担当者は「音楽の授業前も同様のいじめを受けたほか、けがをした同級生と座席をめぐるトラブルが引き金になり、切りつけたようだ」と説明している。女子生徒は同日朝、自宅から小刀を持参したといい、「小刀を見せれば、いじめをやめると思った」と話しているという



カナロコ

中学1年の女子生徒が校内で同級生を切りつける、被害者は軽傷/小田原

2011年1月29日



 小田原市教育委員会は28日、市立中学校1年の女子生徒(12)が26日に校内で同級生の女子生徒(13)を刃物で切りつけた、と発表した。被害生徒は背中と左手に軽傷を負った。小田原署は同日、傷害の非行事実で加害生徒を児童相談所に通告した。

 小田原署などによると、加害生徒は1時間目の授業直前の午前8時45分ごろ、同校4階の音楽室で、被害生徒の右肩付近をジャージーのポケットに入れていた工作用ナイフ(刃渡り約6センチ)で背後から切りつけた。さらに、振り向いた被害生徒がナイフを押さえつけようとした際に左手中指を切ったという。

 走って教室の外に逃げた被害生徒を、廊下にいた音楽教諭らが保健室へ連れていった。別の教諭らが加害生徒から別室で事情を聴き、市教委と同署に通報した。

 加害生徒は、父親の国籍をめぐって言葉による嫌がらせを受けていたことを挙げ、「ナイフを見せればやめると思い、前日にバッグに入れておいた」と説明。被害生徒は「言っていない」と否定している。当日の直接的な原因として座席のトラブルがあったとみられる。

 加害生徒の両親は昨年12月、担任との面談でこうした嫌がらせについて相談。学校は当事者の生徒に発言しないよう指導していた。

 事件を受け、学校はカウンセラーによる両生徒の心のケアを行い、28日夜に緊急の保護者会を開いて事情を説明した


東京新聞
同級生にけが負わす 小田原の市立中学 学校側「いじめ」認識せず
2011年1月29日

 小田原市の市立中学校で、一年の女子生徒(12)が同級生の女子生徒(13)を工作用の切り出しナイフ(刃渡り六・三センチ)で切りつけ七日間のけがを負わせたとして、小田原署に補導されていたことが二十八日、分かった。同署は傷害容疑で児童相談所に通告した。
 同署などによると、事件は二十六日午前八時四十五分ごろ、授業開始直前の第一音楽室で発生した。
 同中や市教育委員会によると、加害生徒は直前、複数の男子生徒らから父親の国籍について、言葉による嫌がらせを受けた。加害生徒は「悪口を言われてカッとなった」と話しているが、被害生徒は「嫌がらせには加わっていなかった」と話しているという。
 同様のからかいは、昨年十月ごろから続いており、加害生徒は同十二月に親を交え、担任教諭(23)に相談。担任は、からかっている生徒を見た時は、直接注意したという。
 市教委は「(今回のような)仲間外れや、からかい、無視などはいじめ」と判断。しかし、同中はいじめとは認識しておらず、昨年八~十二月にいじめや不登校は「なかった」と市教委の調査に回答していた。同中は二十八日夜、臨時の保護者会を開いて、事件などについて説明する。


コメント

うそばっか 

2011年01月29日 01時40分02秒 | Weblog
Inaccurate Photos Used to Defend Korean Soccer Player’s “Monkey” Taunt



テレ朝謝罪、旭日旗取り違えて 韓国選手サルまね問題で

 テレビ朝日は28日、サッカー韓国代表のMF奇誠庸選手のアジア・カップ日韓戦での「サルまね」問題を取り上げた27日昼の情報番組「ワイド!スクランブル」で、「(日韓戦の)観客席の旭日旗」と紹介した写真が、別の試合のものだったとして番組内で訂正、謝罪した。

 同局によると、27日の放送で、韓国のテレビ局が放送した旭日旗の映像を転用した韓国紙掲載の写真をフリップで紹介。しかし写真は、昨年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で日本対オランダ戦の観客席に掲げられた旭日旗だったという。同局広報部は「写真の使用許可を得る際、十分確認しなかった」としている。

 奇選手の行為は、旧日本軍が使用していた旭日旗を見て、怒りを抑えられなかったためとされている。2011/01/28 17:11 【共同通信


についてのJapan Probe による投稿である。
コメント欄にあるように、これが偽物だったとしても、他に旭日旗がなかったとはいえない。しかし、あえて偽造写真を使ったところをみるとなかったという可能性も強い。ただ、ないことの証明は不可能ないし困難だから、そう主張した韓国メディア側が、あったならばあったで、しっかり立証すべきである。
もっとも、民族主義的韓国メディアに日本関して知的で自己批判的な報道は期待できない。
そこで、

 テレビ朝日(The rising sun TV)は、この軽率な報道姿勢を反省して、


1)大会で旭日旗が使われていたかどうか、
2)仮に使われていたとすれば、サッカーの試合で使うべきでないか、否か、


について、しっかりとした事実調査と意見表明をすべきであろう。
それが今後のためになる。

自分が悪いことをしても、歴史カードを使ってひっくり返そうとする不屈の韓国パワーには圧倒されるものがある。今回も、関係を重視して、丸く収めようと、しっかりした主張、その前提となる事実調査・公表ができない日本の悪い癖がでているのではないか、と思う。


この捏造事件についてではないが、

さるまね事件についての英語圏の報道を拾うと、

goal.com
Celtic midfielder Ki Sung-Yueng ignites racism row with 'monkey' celebration for South Korea in Asian Cup semi-final with Japan
FA claim taunt was retaliation to racist abuse by SPL fans

By Nick Price
27 Jan 2011


A Japanese military flag – an inflammatory item in many former Japanese colonies – was held aloft in Doha during the semi-final match, and Ki stated after the game that he has cried in his his mind when he saw it, leading to speculation that his celebration was deliberately offensive.

Goal.com Korea's Yonghun Lee describes why Japanese viewers would have seen Ki's reaction as offensive.

"It's not racial, as Korean and Japanese people are both Asian," says Lee, "but it is a historical celebration."

He added that the flag is viewed as a symbol of Japanese fascism and militarism: "So he did that celebration to Japan supporters who held that flag."


旭日旗は軍国主義の象徴として、大会で使われるべきではない、という韓国論者の意見

The Sun
Cheeky Monkey

By ROGER HANNAH


まとめ記事みたいなもの。

BBC

Thursday, 27 January 2011
Celtic's Ki celebration 'highlights Scottish abuse'


Show Racism the Red Card chief executive Ged Grebby questioned Ki's justification for his behaviour.
"It doesn't ring true to me that that's what it was about," he said.
"My understanding is he has done it to offend the Japanese and then it has caused a controversy."


選手の言い訳は苦しい。


digitaljournal

Opinion: South Korea's Ki Sung-Yeung blames Scotland for 'racist' taunts


As a Scotsman, I find this offensive that someone would say this about fans in this country. Now, I cannot speak for every single one of them but as I visit various stadia all over the country commentating on Scottish football matches, I feel I have the right to comment on this.
Over the past 12 months, I have been to over 150 Scottish football league matches and have NEVER heard a racist comment made to any player, regardless of his colour or race.
If he was caught doing something he shouldn't have, he should be a man about it, hold his hands up and apologise but what does he do, blame the Scottish fans. Scottish fans have their problems with abuse, most notably sectarianism within the old firm, but racism, no way man.
Never since the days of Mark Walters playing for Rangers back in the 80's have I heard a racist comment in Scotland and it irks me to hear someone saying that its rife in Scotland.
Hopefully his club will reprimand him over his comments but don't hold your breath but if the man has an ounce of sense, he will never set foot in Scotland ever again because the abuse will now follow him around the grounds in Scotland, not because of racism but because of who he blamed. He has now made a rod for his own back and when the monkey taunts are now directed to him, it won't be because of racism, it will be because he accused the Scottish fans of doing it to him.
Shame on you Ki Sung-Yeung, shame on you!


スコットランド人ファンを馬鹿にしている、とスコットランド人の意見

scotsman.com

Scots blamed for 'racism' of Korean footballer

Published Date: 28 January 2011
By SHÂN ROSS



Tommy Dornan, president of Greenock Celtic supporters' club, defended the player's claims last night, saying racism continued to be a problem in Scotland.

He said: "It's a sad thing that in this day and age that racism rears its ugly head in football. But I find it astounding that Show Racism the Red Card has got involved when they chose not to when Celtic fans were insulted by the singing of the 'Famine song' and also by the fact they did little when Japanese Celtic player Shunsuke Nakamura was getting racist abuse"


中村俊介に対するものなど、サッカーの試合での人種差別表現はひどいものがある、と。

sport.scotsman

Ki must back up Scottish racism claim with evidence

Published Date: 28 January 2011
By Stuart Bathgate




One game at St Johnstone, in particular, could have been the focus for his protest. Back in November, some Saints fans made barking noises at Ki; others chanted 'Who ate all the dogs?'

The Perth club promised to investigate, and many Saints fans were quick to condemn the behaviour of their fellow- supporters.

On one chatroom, a supporter hit back at the claim that the chanting and barking were just banter, suggesting it was the equivalent of making monkey noises at Saints defender Michael Duberry, who is black.

Now the precise nature of racist abuse is obviously secondary to the offence itself, but as far as can be discerned that posting on a chatroom was the only mention of monkey noises in relation to the McDiarmid Park match. If Ki wished to make some kind of ironic protest about his treatment in Perth, why then did he not make a gesture about dogs rather than monkeys?


スコットランドでうけたという猿の鳴き声は声は”黒人”選手に対してやられた、奇選手に対しては犬の鳴き声を
やられたのだから、犬の鳴き声でやり返せばよかった、と。




myespn.go.com

No action over Ki celebration
Thursday, January 27, 2011


の中のコメント欄
footballhaiku.com

サッカー俳句

That Yeung scallywag,

aping Scottish behaviour,

Chee-Ki monkey!

あの韓人、スコット真似てウッキッキー







IntraFC (1/28/2011 at 2:03 AM) Report Violation
I don't think celebrating like a monkey is going to stop racism... It seems these guys are brilliant footballers but not the most intelligent people off the pitch. I could think of a hundred more effective ways to speak out against racism that don't involve acting like a monkey after scoring a goal. Its kinda weird if you think about it


仮に人種差別に反対表明するにしても他にやり方は沢山あったろうに。



韓国のメディアは嘘ばっかいって憎悪を煽っているが、
日本国内でもそうした団体はある。
ニコフJapan Times が間接的に応援する趣味の有道ブログである。

市橋本に関するコメント欄


Norik Says: http://www.debito.org/?p=8455#comment-237502
January 28th, 2011 at 9:11 am
I wonder where’s BBC now? They have enough power and influence to at least make the Japanese government thin of pulling this book out of the market.

As for Ichihashi, if his parents are so ashamed of him why are they paying for his lawyer?

Debito san, as a foreign woman in Japan, I’ve had seen and heard enough disgusting stuff from Japanese guys. And if the law doesn’t protect us, what can we do? If the Japanese society thinks its no big deal to abuse or kill foreign woman, that NJ women’s lives are less valuable, what can we do?I remember a 40something biology professor who was on exchange program here for 3 months, and even she was chased on the street several times by some guy who wanted to spend time with her..If this happens to a Japanese professor, the place will be swirming with cops!I was groped in a department store right in front of a store clerk and he just grinned with kind of sick satisfaction.Is there any way to make Japanese society understand that we, NJ women, have the same value as the Japanese women, and need same protection and help?



まあ、Norik ですから、また、嘘と誇張でしょうけど、仮に本当、本心だとすれば、早く日本脱出したほうがよろしいんではないでしょうか?マゾですか、あんさん?
センセからのコメントなし。

Jonholmes Says:
January 28th, 2011 at 11:23 am
@Hikaru, in Sagawa’s case, the documents needed for his conviction were mysteriously lost in transit from France to Japan.
“However, Japanese authorities found it to be legally impossible to hold him, purportedly because they lacked certain important papers from the French court.” (wikipedia)

At least this can’t happen this time.I hope.

http://www.debito.org/?p=8455#comment-237538

市橋関係なのになぜか人肉事件の佐川が登場。

そして、佐川 一政を起訴すべき文書がフランスから日本への途中で不思議なことに消失して、日本側は起訴できなかった、と。市橋事件では外国の警察がかかわっていないので、日本の警察が狡したかのような含意であろう。
有道センセからコメントなし。
たしかに、英語版ウィキには、
、However, Japanese authorities found it to be legally impossible to hold him, purportedly because they lacked certain important papers from the French court.


しかし、日本語版ウィキによれば、

佐川 ウィキ
同院副院長(当時)の金子医師は、佐川は精神病ではなく人格障害であり、刑事責任を問われるべきであり、フランスの病院は佐川が1歳の時に患った腸炎を脳炎と取り違えて、それで誤った判断を下したのではないかとしている[5]。日本警察も全く同様の考えであり、佐川を逮捕して再び裁判にかける方針であったが、フランス警察が不起訴処分になった者の捜査資料を引き渡す事はできないとして拒否した。

同院を15ヶ月で退院した佐川は、マスコミに有名人として扱われ、小説家になったが、日本の病院と警察がそろって刑事責任を追及すべきという方針であったのに、フランス警察の方針によりそれが不可能になったことから、社会的制裁を受けるべきだという世論が起きた[6]。両親もこの事件の結果、父親は会社を退職することになり、母親は神経症の病気を患ったという。


 こうして、機会を逃さず、日本人・日本制度に関する憎悪と誤解を振りまく。


 市橋本に関しては、抗議する自由はある。また、それが全く理由がないともいえない。


 なお私見については、真実製造器 他参照

 しかし、投稿および多くのコメントをみると、事実関係、日本の制度について理解していないのではないか、と思うふしもある。


Caroline Pover on protesting Gentosha Inc’s publication of Ichihashi’s book after Lindsay Ann Hawker’s murder

Posted by debito on January 28th,
http://www.debito.org/?p=8477



Ichihashi has been given the opportunity to tell his story, but shouldn’t that story be told in court?

What will be told in court however is the REAL story of what happened to Lindsay Ann Hawker. The real story of what he did to her, with details that her parents and sisters will have to listen to and live with forever.


 市橋は、自分の話をする機会を得たが、それは裁判所ですべきではないか?そして、裁判所では被害者にした本当の話をすべきである、と。

 しかし、裁判所で主に問題になるのは、事件・逃走までの話であり、今回の本で扱っているのは、、逃走後の話であろう。

 この本に関してひどく嫌悪感を感じている一部の外国人の中には、被害者への暴行など事件の有様を記述した本であると誤解している人がいるのではないか、とも思えるところもある。


Rachel Says: http://www.debito.org/?p=8455#comment-237484
January 28th, 2011 at 6:48 am
I sent a protest letter (signed by myself and my husband) at comment@gentosha.co.jp. For those wanting to know, here’s what we said (please excuse the sloppy Japanese, we did our best):

 先日ニュースから出版された本「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」のことをしりました。この本の出版へ強く私の抗議を伝えたいです。

一部の人は市橋タツヤについて興味を持っているかもしれません。それにもかかわらずこの男は殺人者です。殺されたLindsay Ann HawkerとHawkerさんの家族と日本にいる外国人の女の人みんなにとってこの本を出版することはあくまでも無礼で非情なことだと私らが思います。

そのため「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」の販売を中断してHawkerさんの家族へのお詫びをしたほうがいいと私らが強く思います。

I think the only way Gentosha can be pressured into pulling this book is if there is a -strong- public outcry against it. One e-mail can’t accomplish much, so the more people send in their complaints, the better.


日本語、および、前提にやはり、多少問題がある。
言いたいことを推測しながら、議論を好意的に再構成すると、


先日ニュースで、最近出版された本「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」のことを知りました。この本の出版に対して強く抗議をします。

 市橋達也容疑者について興味を持っている人がいるかもしれません。

 しかし、この男は殺人の容疑者です。これを出版することは、殺されたLindsay Ann HawkerとHawkerさんの家族に対して失礼であり、無神経でもあります。

 また、男性につきまとわれ被害にあったことのある、あるいは、ありがちな女性にとってもこうした出版を不快に思う人は大勢います。

「逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録」の販売を中止していただきたい。
また、本の出版を知り不快感を表明しているHawkerさんの家族への謝罪をすべきではないでしょうか?


 言論の自由が保障される国で、消費者に不買を呼びかけるにせよ、、販売を中止せよ、というにせよ、かなり具体的に反対の理由を述べる必要があろう。

アマゾンのレビューなどを否定派のコメントを参考にすると、

これは出版社が話題性を造り、
市民に目を通してもらい、反省を本という文章に残し、心象操作をねらっているとしか思えません。


被害者のことを思えばおもしろ半分に買ってはいけない本です。


「ドラマチックに人を殺せば本が出せますよ」と耳打ちするのと同じことなんですよ。

 私はこんな本を作った幻冬舎も、こんな本を売る書店も、こんな本を買う消費者も絶対に許しません。社会は許すべきではない。


これじゃまるでお金で解決みたいな形じゃないですか
謝罪の気持ちはお金でしか示せないんですか



まるで自分が被害者であるような目線には嫌悪感を抱く人が多いかも



面白ければ、同時に被害者を思い
どこか自己嫌悪を伴ってしまうであろう。

面白くなければ
なぜ面白くなかったんだ?という
犯罪者本人しか知りえないこと・心情を
知りたいという欲求に気付き
やはり被害者を思い
どこか自己嫌悪を伴ってしまうであろう。


裁判に影響のない範囲で書かれた逃亡記です。
内容はまさに逃亡記であるのですが、なぜこのタイミング、
この内容で出版されたのかは甚だ疑問であります。
この本を読んで、私は市橋達也が反省しているとは思えませんでした。
また、この本を出版した出版社に疑問を感じます。


反省の気持ちがさんざん書かれているが、本心かどうか分からない。
世間の同情を集め、裁判を有利に進めたいのだろうというのは、穿った見方だろうか



この本に関してはあまり読むことをお勧めしません...
逮捕されるまでのことを書いてあるだけなのですが、
これを読んだ遺族の方々はどんな思いで読んでいるのかと思うと  ちょっと・・
市橋達也の反省の色が全くないように感じます。



などがあるが、

仮に、本の出版に関して強い不快感を説得力のある理由で表明したい、ということであれば、


このタイミングでの出版ということは、世間の同情をあつめ裁判を有利にすすめたい、といわれてもしかたがないでしょう。

また、この出版によって事件の記憶を新たにされれる遺族への配慮もない。

出版社が関係者や社会への悪影響を無視して、話題性を狙って、金儲けをねらっただけのものとしか思えません。


この本の不買を提唱したい、また、出版社は出版を取りやめ、販売店は扱いをやめるべきだと思います。


などの理由・提案をいれてはどうか?

参考にされたい。

 もっとも、こうした抗議活動で本書がより話題になり、出版社としては、ウホウホということになってしまうかもしれない。

 それと、日本人・日本を憎悪にみちた嘘と誇張で、誹謗する排外主義的ヘイトブログで何を言っても説得力なるなることも自覚したほうがいい。

そのほか、コメント欄つっこみどこは多くあるが、ま、こんなところで。























コメント (4)

真実製造器 他

2011年01月28日 10時29分20秒 | Weblog
アルジャ

Opinion
The propagation of neo-Orientalism
The media continually builds an association of Islam with war,instability and repression, creating a false stereotype.
Soumaya Ghannoushi Last Modified: 27 Jan 2011


欧米のメディアはイスラムを戦争・不安定さ、抑圧、と継続的に連合することによって謬った固定観念をうえつけている、と。

Some might argue, that the media merely reports what is already in existence. However things are not so straightforward in the real world. For the lens is neither neutral nor objective.

It is subject to a set of pre-defined choices and calculations that decide what we see and do not see, know and do not know.

The media is not a mirror reflecting what is out there. Its role is not simple, passive transmission, but active creation, shaping, and manufacturing, through a lengthy process of selection, filtering, interpretation, and editing.


メディアは現実に既存のものを反映しているかのように思うが、レンズが、まず中立ではない、と。我々が何を見るか、見ないか、何を知っているか、知らないかは、前もって規定され計算されているものであり、様々な選択や、フィルタ、解釈や編集を通じて、形成・創造・製造作業をしているのがメディアである、と。
ーーーもっともですな。


What is compound, complex, diverse, and multi-faceted turns into a plain surface without depth, reduced to a narrow set of narratives about blood-thirsty terrorists, shouting mobs, black turbans, battered wives, and caged daughters.

多様で複雑なムスリム世界が血に飢えたテロリスト、叫び狂う群衆、黒いターバンにみをくるんだ虐待される女性、幽閉される娘たちといったイメージに平板化される、と。。


The Muslim world becomes a silent object that does not speak, but is spoken for, an anonymous background against which stands the reporter dispatched from the metropolis.



S/he is the agent of understanding, the one who deciphers this strange entity's mysterious codes and uncovers its secrets for us; the one who gives it meaning, truth and order.


特派員はこの奇怪な実体の神秘的な社会コードを読み解きその秘密を暴き、秩序づけ、その意味と真実を了解するエージェントであり、イスラム社会はその前に黙っているしかない。


The west seems to have created its own "machinery of truth" about Islam, Muslims, Arabs, and the Middle East.

Through it the lens is directed and small narratives are produced and reproduced ad infinitum


西洋は、イスラム教やイスラム教徒について、あるいはアラブ人や中東について真実を繰り出す装置を生み出しようで、、そうした特殊な語り口が無限に繰り返される、と。

ーーーー別に翻訳ではないですが、前回のメディアの偏向と同趣旨で非常に興味深い記事ですね。

 複雑な日本社会、多様な日本人も特殊な固定観念に平板化され、ある話題ーーー特に欧米”白人”男性との関係で不快とおもわれるようなものや興味をひくものーーーが、誇張され、あるいは、不当に一般化され繰り返し繰り返し記事にされ、それを通じて、砂糖をまぶした甘だるい日本・日本人、あるいは、不合理で幼稚で残酷な日本・日本人なるもの、あるいは、その意味が、欧米人の間で流布し、それについて怒り、それについて、非難され、現地の当の日本人は、はあああ?とため息をつくばかり、といった状況は、イスラム社会とは、その主題や描写の強烈さに違いがあるとはいえ、共感できる点も多い。

 じゃあ、日本やイスラム社会が西欧社会について同様なことをやっていないか、と言えば、やっているのでしょうけどーーーといっても、大抵の日本人特派員は取材能力がなく、英語圏の記事を要約するのが精一杯だがーーーなんといっても、国際社会での権力関係で、圧倒的優位をもつ社会のナラティブが国際社会のディスコースをも支配する、わけですね。

 日本関係の特派員や記者たちはそうしたこと自覚しているかどうか?

 こうした機構、あるいは、影響に無自覚で、自分たちは真実の報道をしているだけだ、と単純な思考回路だったらかえって質が悪いといえます。


What the Greenpeace Case Says By David McNeill
January 26


mozu



Setting aside your opinions on the whaling campaign, the much more disturbing issue for Japanese citizens is how it’s done. Year after year, bureaucrats and scientists say that the hunts are done to further scientific research, though they clearly aren’t. For two decades, journalists have been fed the line, which many faithfully report, that Japan will one day overturn the anti-whaling majority at the International Whaling Commission, though it has no chance of doing so. Few if any journalists write about the thousands of diplomatic hours and billions of yen wasted in a doomed bureaucratic bid to turn the anti-whaling tide. And the case of Sato and Suzuki seems to prove that the same bureaucrats will ruin lives to protect their own patch, and the courts will back them up.


なんだかピンとこない記事ではある。立川反戦ビラ配布事件には思い入れがあるのかもしれないが、ここではおいておこう。(以前に論評したことがある。)
最後のところで、捕鯨キャンペーンについての意見はさておき、として、1)官僚の捕鯨キャンペンについて の無駄づかい、と、それに対して2)裁判所も応援してしまっている、と、それは問題だ、という論陣をはりたいのだろうが、これ、しかし、捕鯨キャンペーンについての意見に否定的な立場からの憶測だろう。捕鯨キャンペーン賛成派からはまずありえない推測である。

 個人的にいうと、捕鯨にそんなに公費を使うべきか、という問題はある、と思う。そして反捕鯨キャンペーンがなければ、事業仕分けの対象になって、いまごろ消えていたかもしれないな、とも思う。しかし、現実には一部の国の偽善キャンペーンがあり、それに対抗する必要性も意義もある。この点、反捕鯨活動家はつくづく馬鹿だなとも思うが・・・反捕鯨活動家とて、捕鯨活動があるからこそ大もうけして生活の糧を得ているところがあるからどっこいどっこいともいえるが・・・


 裁判所と行政がグルになっているかのごとき物言いは、いまだ、陰謀論の域をでない。

 マックニール氏は、弱者の側にたつ左翼的立場と、国家を支持する右翼と対極をなす反国家主義的な立場の複合的お立場なのかもしれない。

 むしろ注目したのは、こっち。


Hawker Accused Book Published By Andy Sharp
January 27, 2011


 市橋容疑者ネタである。

この本の出版に関しては論争はあってもいい。
私見を述べると、やはり、微妙なところだな、とも思う。
これがもし、被害者の死亡を笑いのネタにするかのごとき、イギリスユーモアの類であれば、BBCの2重被爆者を笑いのネタにした番組同様、私にとってこれを非難すべきなのははっきりしている。
しかし、今回の本は警察から逃走して逮捕されるまでについての記述であり、その動機については、一般には、
1)懺悔と償い
2)情状酌量をねらう
の二つがあげられている。
2)単独説を採る人も多いが、しかし、そう言い切れるかどうか、読んでいないこともあって、わからないところである。読んでもたぶん決着の付く問題ではなかろう。
被害者の家族の身としてはどうか?
加害者を殺してやりたい、なるべく重い罪になってほしい、それを回避するかのごとき、行為はとってほしくない、といったところか?
また、情状酌量だけをねらったとすれば、潔くない、罪を真摯に受け止めていないとも言える。
こうしたことから憤慨する気持もわかる。


 事実アマゾンのレビューではいまのところ否定的な意見が多いようだ。

 因みに、2重被爆者を笑う番組を擁護する一部イギリス人と日本人の反応の違いにも注目しておいていただきたい。


さて、上記記事だが、




Whatever the justification, Gentosha’s act of publishing the book, and in doing so providing the suspect with a vehicle to perhaps try to earn public sympathy, is insensitive. It’s also irresponsible given that Ichihashi is expected to be tried later this year under Japan’s new lay judge system, meaning that any citizen selected for jury duty could be influenced by the content of the book.


 出版社の出版行為が無神経である点と裁判員制度への影響に注目している。
 
 本音をいえば、売れればいいというのが主要な動機だろうが、出版行為が道徳に反するとまでいえるかどうかは、上述のように、懺悔 +償い、という要素を否定しきれない点を考慮すると、微妙なところであろう。

 裁判に関しての影響についていえば、もちろん、その心配はあるが、しかし、陪審制度や裁判制度における事件関連の報道・出版が裁判に与える影響は、容疑者によるものでも第3者によるものでも同様な一般的な問題であろう。

 いずれにせよ、論争はあっていいが、しかし、BBCの2重被爆をお笑いネタにした番組より深刻か、というとそうではなかろう、というのが私の意見。

 このDiplomatという雑誌の編集方針というか、そういったものもあるのだろう。

 一部の欧米人は自分たちと異なる習慣に対して反射的に拒否反応を起こしやすいし、、あるいは、”白人”女性が被害になった場合にMissing white woman syndromeのように、過剰反応するからこうした問題を取り上げるのも理解できなくてはない。

 であるなら、日本の声を代弁して発信できるような人がやっているというニコフJapan Timesの出番ではないか?


Saturday, Jan. 22, 2011

BBC 'unluckiest' take on double hibakusha hit LONDON (Kyodo)



Sunday, Jan. 23, 2011

BBC sorry for joking about hibakusha LONDON (Kyodo)


2重被爆者については共同からちょこっとひっぱっって来ているだけ。

市橋容疑者については、


Wednesday, Jan. 26, 2011

Ichihashi book details life on run
Suspect in Hawker slaying recounts 31-month flight from justice, calls work 'act of contrition'

By ALEX MARTIN


独自取材


A piece of your mind
Tatsuya Ichihashi's book
Accused killer Tatsuya Ichihashi has written a book about his 31 months on the run. What's your take on this?
At least Ishibashi won't profit from the royalties
I'm interested in reading it.
It shouldn't be published before the trial.
I doubt it's an "act of contrition."
I'll make up my mind after reading it.
I agree with the Hawker family. It's disgusting.


さらにアンケートまでとる熱のいれよう。

市橋本についていろいろ報道するのは悪いとはいわない。しかし、日本の声を代弁して発信できるような人がやっている新聞なら、是に比べて、イギリスでの原爆に関する無理解についてもっと理解を深めるようにBBCの番組事件を通じてキャンペーンをはってもよかったのではないか?

 一部、在日外国人に役立つ情報があるものの、所詮は、在日外国人のためのおこちゃま新聞というか、あるいは、ヘイトブログのコラミストをもつくらであるから、反日新聞的な傾向さえある新聞と言わざる得ない。


菅首相ら陳謝連発「平身低頭」も火に油?

読売は最近、菅おろしにはいったような記事が多いな。安倍氏や麻生氏のときの朝日や毎日のような気がしないでもない。



国際「親権」問題 ハーグ条約の加盟作業を急げ(1月28日付・読売社説)



これもくさいよな。毎日あたりはまあ、わりにハーグ問題扱っていたと思うが、読売が突然どうしたの?



今年に入り、クリントン米国務長官が前原外相に早期加盟を要請した


・・・・なんだかなああ。

条約に加盟するには、所管官庁を定め、関連国内法を整備しなければならない。国際結婚している人にハーグ条約の内容を周知するなどの対策も必要だ。

 日本人の元妻が子どもを連れ帰るケースでは、元夫の家庭内暴力(DV)が背景にあるという。その場合も返還義務が生じるとなれば、日本人が不利益を被りかねないとして、加盟に慎重な意見が少なくない。

 条約は、子どもを危険にさらす可能性がある際は元夫のもとへ返還しなくてもよいと定めている。政府には、返還拒否の事例や海外のDV被害対策の実情を調べるなど、残る懸念の払拭に最大限努力してもらいたい。

(2011年1月28日01時21分 読売新聞


読売自身も関心をもって報道したらどうだ?

「返還拒否の事例や海外のDV被害対策の実情」のみならず、アメリカに実質幽閉状態の日本人妻、あるいは、ハーグを締結してたならば、悪用されていたかもしれない、サボイエ事件、あるいは、ハーグがあってもなくても、ありえる、元米兵による、暴力的拉致など、報道すべきことは沢山あるはずだ。

そうしたこを踏まえて逆提案などをする気概で望んでいただきたい。




小沢氏「既存メディア」不信? フリー記者らに積極露出(1/2ページ)

2011年1月28

ネット中継では、司会を務めた上杉隆さんが「記者クラブのような政局の質問は遠慮頂く」と冒頭に宣言


という姿勢はいいね。
大手のマスコミの政治記事が政局記事ばかりで読むに耐えなくなってきている。

フリーランス・雑誌・ネットメディア有志の会



小沢一郎記者会見 主催:フリ​ーランス・雑誌・ネットメディ​ア有志の会  ニコニコ動画



しかし、なんていうかーーー何度もいうけど、私は小沢ファンではない。小沢政策支持者でもない。小沢待望論者でもない。小沢氏が金が汚いことをやっているか、といえば、裁判でもでてこないかもしれないがやっているだろうな、という気持がつよい。しかし、ここまで、マスコミに叩かれるのはやっぱ第7艦隊発言のせいで、なんか裏でうごめく勢力があるのではないか、と、陰謀論に傾きたくもなる。


大手のマスコミの政治記事はつまらないが、

民主困惑の「伊達直人VS菅直人」比較怪文書2011年01月19日



「子供たちにランドセルを背負わせたいのが伊達直人、
子供たちに借金を背負わせたいのが菅直人」

「必殺技を決めるのが伊達直人、
『俺に決めさせるな』が菅直人」

「フェアープレーで戦うのが伊達直人、
スタンドプレーで目立とうとするのが菅直人」

「仮面をかぶって戦うのが伊達直人、
仮免で国を動かすのが菅直人」


タブロイド紙のこういったのは、かえってウケる。


猿マネ「日本向けでなかった」 サッカー韓国代表の不可思議弁解
2011/1/27


日本サッカー協会の広報部
観客席に旭日旗が本当にあったのかについては、ネット上では、疑問視する声が出ている。協会広報部では、「本人はスタジアムに掲げているのを見てと言っているようですが、こちらでは確認できていません」とする


ということですね。ここはくさいとおもったところ。
旭日旗については、
1)本当に会場にあったのか
2)仮にあったとして、それが問題か?
という順序で論じる必要があるが、それがされていない。

で、どうもなかったんじゃないか、と。
ここらへん、有耶無耶にするのが日本的解決法なのかもしれないが、ここは有志がテレビ映像などから、徹底的に解析しておいてもらいたい気がする。

韓国の捏造報道は飽きた。これについては、徹底して暴露する必要がある。

さるまね 更新参照

平和安全保障研究所理事長・西原正 中国の核恫喝と拡大抑止の不備
2011.1.24

米国は冷戦末期ごろから、核攻撃への報復として通常兵器を用いる利点を論じていた。精密誘導可能な通常兵器は精密に攻撃目標を狙うことで、核兵器 のような大量破壊の衝撃を避けながら、同じ目的を達成できるとしていた。それにより、核兵器の非道徳性も避けられるとする。核兵器は実際には、「使用でき ない兵器」であるのに対し、通常兵器は使用し得る兵器である


 核の傘っていまでも信頼できるのかいな?
 一部強面の右翼のおっさんには、米国依存症はみっともないよ、と、一部左翼のおばはんには、現実と国際基準をよく認識しましょう、と言いたいし、その中間あたりの立場をとりたい。
コメント (2)

つづき

2011年01月28日 00時20分54秒 | Weblog
ロシアトゥデイ


Foreclosing of America: The crisis continues
permalink email story to a friend print version
Published: 26 January, 2011


As Wall Street boasts record profits and Washington insists we are firmly on the road to economic recovery, millions of Americans still have that sinking feeling, worried they’ll soon lose the roof over their head.
“It’s hard to sleep, I can’t eat, I can’t make plans because you don’t know if the next week you’re going to get a letter that says you have to go,” said homeowner Jose Rodriguez.
He is one of thousands of people who camped out in front of the Los Angeles Sports Arena to line up for a mortgage help clinic, a last ditch effort for simply trying to keep their homes.
Rodriguez fell behind on his mortgage after his wife became sick and medical bills flooded in.
“Maybe 500 people made bad decisions or maybe a thousand people. But when you see 5 thousand people out here, you know it’s not just people making bad decisions,” said Bruce Marks, founder of Neighborhood Assistance Corporation of America. “It was a racketeering scheme that really put people in a position to fail.”
And fail they did. A record 2.9 million homes went into foreclosure in 2010.Yet Realty Trac, an online market for foreclosures, warns that figure may jump by 20 percent this year.
Many lost homes are due to lost jobs, as high unemployment persists in California and across the nation.
“These banks and government look at people as numbers,” said Marks.“They should come out here in the early morning hours to see people freezing in tents just to save their homes,” Marks added.


 ロシアトゥデイはアメリカの貧困ネタを追う。
 借金返せず家を差し押さえられた人がまた増加するだろう、と。
 景気回復冗談でしょう、という人々。


State of the Union: Real Americans weigh in

Published: 26 January,


That’s a claim Waffle House patron Julie Wollner doesn’t totally agree with.
“We need to get jobs back.The economy has not been stimulated as it should have,” Wollner said.
For the average person the suffering goes on.
“I have several college degreed family members with no jobs,” said Reggie Smith, over eggs and grits.“One had their house foreclosed.”
Just down the street from the Dumfries Waffle House is the Grayson Village mobile home park, where Robert Allen liveswith his wife Barbara, and father-in-law, Irvine Watkins. He says many people at his own company lost their jobs, their health insurance and their hope. He said members of Congress should stop propping up banks and stop spending money on wars.
“They oughta look after their own people first. The tax money is made in America,” Allen said. “It’s not made in other countries so it should be spent here first.Take care of home before you take care of somebody else.”


オバマ大統領の一般演説について、やはり、一般人の不満を拾う。上記とは違うさびれたワシントン近郊の街で。

ーーーーまあ、メディアなんてこんなもんんで、さびれた街をいくつか探して、ああ、この国はもうだめだ、と自由自在。

US media manipulates Moscow tragedy
permalink email story to a friend
Published: 26 January, 2011


Over at Fox News, pundits and presenters hijacked the tragedy to garner support for US foreign policy.
“Is that going to help us in places like Iran? Get more Russian co-operation in Afghanistan, with al-Qaeda, things like that. Are they gonna wise up and help us a little bit?" said Fox News Host, Bill O’Reilly.
No official has connected Iran to Moscow’s deadly bombing, and Russia does remain a key US ally in the Afghan war, through its transshipment of goods to the war torn region. A fact, analyst said, Mr. Bill O’Reilly purposely neglected to mention.
"In his view Russia is bad because they don’t automatically support the US and all our foreign policy decisions so he’s trying to use this. Manipulate this to anger his viewers to get them upset with Russia,” said Media Analyst, TJ Walker.
Over at CNN, the fear-mongering switch was flipped on, with some presenters warning about a possible destabilization of the Caucuses region.
“And the worldwide price of oil, which is already high, could get even higher,” said CNN host, Wolf Blitzer.


 これもアメリカメディアの情報操作。ロシアの空港爆破について。まだ、事実関係が調査中にもかかわらず保守メディアはこれでロシアは信頼できるのかね?あるいは、CNNは不安を煽っている、と。



American double standard on terrorism
permalink email story to a friend print version
Published: 25 January, 2011

これはとりあげたっけ?

US President Barack Obama has condemned the attack on Moscow’s Domodedovo airport, however a number of US groups may be openly supporting of terrorist groups in Chechnya and other regions.



“When terrorism takes place in the US or Europe, the terrorists are immediately represented as absolute evil, which of course, they are. But, when it’s Russia, the western media are willing to entertain causes, justifications; is there some reason, are they oppressed? And then there’s also the tendency to blame the Russian authorities, that the Russian Authorities are either not oppressive enough because they didn’t have enough checks and security or they are too oppressive and holding people in the Russian Federation against their will.”


 アメリカでテロがあると、即テロは、悪者、ロシアでテロがあると、テロに同情する報道の2重基準。


 別に英語圏のメディアだけでなく、日本を含めた各国のメディアそうした傾向はある。(ただ、日本は海外に関してはほぼ取材能力にかけ、日本でも読める英語記事の要約が国際関連記事になってしまっている傾向が強い)

 つまり、情報操作に2重基準

 特に他国の報道に関しては、

 何を一貫して取り上げているか??
ーーーRTなんかはアメリカの貧困問題ばっか取り上げる。
ーーー英語圏の日本ものだと、、右翼・軍国主義・歴史問題・変態者など
それが本当にその国で深刻な問題なのか?

たぶん、そうではないが、報道が何度も繰り返して報道するからそういう印象を与える。

解説者やインタビューの相手は誰か? 

ロシアトゥデイなんかはアメリカでも過激なあるいは少数派の論者だが、RTが報道したい趣旨と合致したような人をつれてくる。

これは英語圏の日本関連記事でも同じ。

 海外特派員も馬鹿や悪い人達とばかり限らないのだろうが、システムの中では一つの歯車であって、本国・本部の風潮というか社風というか、文化的差別主義というか、そうしたナショナリズムの一兵卒となって働いている、というわけだ。

 メディアリテラシーが重要な所以である。

移民ネタ
US: fake univ busted, students face deportation
IANS
Updated Jan 27, 2011






ICE found that while students were admitted to various residential and online courses of the university and, on paper, they lived in California, in reality they illegally worked in various parts of the country as far as Maryland, Virginia, Pennsylvania and Texas.
For a student to maintain an active immigration status, they must show proof that they are making reasonable progress towards completing course work and physically attend classes.


大学が不法移民入国幇助、と。アメリカ

Still more true facts

Posted by ampontan on Thursday, January 27, 2011


アンポンタンさん。
韓国人と日本人は相互に軽蔑しあっている、という論説に対してそうかな?と。


日本と韓国に関しては複雑な事情がある。
私の印象をいうと、70才以上くらいに人には、朝鮮人・韓国人を軽蔑する人がいる。なにか時代を背負っているのであろう。しかし、もちろん全部ではない。
あとは、さまざまで、朝鮮人韓国人に贖罪意識をもっているものもいて、あるいは、大半は、韓国朝鮮といっても無関心な人が多かったし、韓流などで、韓国に好印象の人も多くなったが、以前のワールドカップで、韓国の反日があまりにも激しいのでその反動で嫌いになったひとがいる。
 実際、あの執拗な反日、朝鮮韓国ナショナリズムにはウンザリする。
 もっとも、近所の在日とか、街の在日との関係で何かあるか、というと、特に何もない。
 中国人とでもそうだが、日中韓というのは、歴史を共同している故に理解もしやすい。国家としての愛憎はあるわけだが、ここらへん、なかななか外からはわかりにくいかもしれない。
 古歩道氏がどっかで言っていたと思うが、外国人でも歴史を共有する中国人韓国人の方が日本になじみやすいし、溶け込みやすいとも言われている。

 中国は、メディア統制があるし、韓国では統制なくても自由に反日ナショナリティックな報道をしているようであるから、中韓の反日気分は当分は続くのかもしれない。もっとも、そうした中国人韓国人ばかりでもないーーーそのことを認識するのは重要で、そうした人を敵に回すような言説は愚かだと思う。

 変な言い方になるが、中国や韓国がナショナリズムにおぼれているうちは、日本はいろんな意味で優位にある。なんていうか・・・・へんなこだわりを持つ人はそこが弱点にもなるようなものだ。

 そういえば、このまえ英語のコメント欄で、people in glass house という表現を見かけた。


People in glass houses should not throw stones.
たたけばほこりが出る人は、他人をたたくべきでない。/すねに傷持つ者は他人を批評しない方が良い。◆【直訳】ガラスの家に住む人々は石を投げるべきではない。⇒自分の家に石を投げられれば、たちまち被害が出る。つまり、批判を受ければ自分も弱い立場である問題(自分にもある欠点)について他人を批判するな、という意味。◆ことわざ。


 中国なんかは、チベットやウイグルなど人権問題、韓国なども自国のおかした慰安婦問題や戦争責任ーーー朝鮮戦争だけでなく、韓国人はなぜか第2次大戦でも日本の犠牲者のような言い方をするが、大戦の時も、積極的に支持していたーーーなんかの問題を抱えている。

 日本の右翼の人はそうしたことを利用できるだろうし、左翼の人もーーー右翼の動機が不純として右翼との協力を嫌うひともいるようだがーーーー日本と同じ基準で国際的な見地からそうした被害者の救済にのりだせば、これは中国・韓国のためにもなるし、日中韓が建設的な将来を築ける戦術だと思うんだががなああ。
 
 いままでは、ともすると、日本の右翼は、日本の人権問題に眼をつむっても中韓の人権問題を言い立て、左翼は、中韓の人権問題には眼をつむって、日本の問題だけを問題にしてきて、ぎくしゃくしたものになっていた。右翼も左翼もこうしたことに目を向ければ、日本のためにもなるし、中韓のためにも、また、その関係もよくなる、と思うだが、あまいかな?


 更新
朝鮮兵について
倭嗾鮮惨我胞血
奴使人殺同之痕


日本人に嗾されて中国人を酷使虐殺する朝鮮人の図




コメント

The unluckiest people? 他

2011年01月27日 22時04分23秒 | Weblog
二重被爆者の記録映画、BBCに放送要請へ 長崎市

2011年1月27日

どうかな?
 英国ユーモアにかかれば、2度も被爆するというのは笑いのタネになる、という欧米人、あるいは日本人までいるという(欧米人もいる)から、無駄かも。

non-transferable参照


ガーディアン

The Holocaust, Rwanda, Cambodia … survivors tell their stories
To mark the liberation of Auschwitz 66 years ago, five people who survived either the Holocaust or subsequent genocide talk about their mementos from that time

Emine Saner
guardian.co.uk, Wednesday 26 January 2011


虐殺を生き延びた人々の記憶

Iby Knill, 87, lived in Bratislava, then in the former Czechoslovakia. She escaped to Hungary when the Nazis invaded, working for the resistance. She was arrested in 1942 and spent two years as a political prisoner, then on her release was rearrested and taken to Auschwitz.



 Iby Knill 87才 チェコスロバキアにいたがハンガリーに逃亡。1942年に逮捕され、釈放されれるも再び再逮捕されアウシュビッツへーーーーと、ここのところで  ( *´艸`)クスクス と 笑いがくるのがイギリスユーモアの精髄だという人がいる。


"We were in the last wagon taken to Auschwitz. I was taken on the day that was supposed to be my wedding day, 17 June.

自分の結婚式の日にアウシュビッツに連れて行かれた、と。ーーーーここも 
(‐^▽^‐) オーホッホ  ( *´艸`)クスクス と笑いどころなのか?イギリスユーモアによれば?

でも、お元気そうで、その意味ではラッキー(^_^)v とかーーーやるのかね?



Martha Blend, 81, was born in Austria. An only child, she escaped to England in 1939, aged nine, on the Kindertranspor


my father had died at Buchenwald in 1939, shortly after I left. My mother was put into a ghetto in Vienna in 1941 or 1942, and then sent to Poland – I imagine to Auschwitz. I look at my autograph book from time to time.


 Martha Blend 81才

 父親は自分がイギリスに逃げてから死亡

 母親は?

 その後アウシュビッツにつれていかれた?ーーーとかいって ( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン! と 笑うのがイギリスのユーモアの精髄なのだろうか?

 でも、ご本人は、お元気そうで、その意味ではラッキー(^_^)v とかーーーやるのかね?

 軽薄以上になにか、病的な気もするが・・・・・

ホロコーストといえば、


HOLOCAUST | 27.01.2011
Roma take center stage in Berlin on Holocaust Memorial Day




The Roma community will for the first time be the guest of honor at official Holocaust Memorial Day commemorations in Germany, after a long battle for recognition for Sinti and Roma victims of Nazi persecution.

Historians estimate that between 220,000 and 500,000 Roma and Sinti were killed by the Nazis, out of a total population of around one million in Europe before World War II.


ホロコースト記念日に始めてロマ・ジプシーが招待される、と。ホロコーストの被害者というユダヤ人と思いがちだが、劣等人種と間違って認識された彼等も被害者なわけだね。因みに欧州では、ジプシーはいまだに差別の対象だそうな。

アルジャ

Indonesian soldiers 'found guilty'
Three soldiers whose torure of Papuan farmers last May has been caught on camera are sentenced to "insubordination".
Last Modified: 24 Jan 2011


インドネシア兵士によるパプア人に対する拷問


Thailand's tropical gulag
People & Power investigates the conflict in southern Thailand which is now in its seventh year.
People & Power Last Modified: 20 Jan 2011


タイ兵士によるイスラム教徒住民に対する拷問の嫌疑


Yee: Racist Statements, Death Threats Need To Stop

SAN FRANCISCO: State Senator Yee Calls For Investigation Into Racist...
Posted: 9:48 pm PST January 26, 2011
Updated: 11:15 pm PST January 26, 2011


SAN FRANCISCO -- State Sen. Leland Yee said at a San Francisco news conference Wednesday that threatening messages sent to his office via fax, text message and email need to stop, and that the messages have made him disappointed in the country.
"I thought our country and our community were a lot better than this," Yee, D-San Francisco, said at an afternoon news conference in the Hiram Johnson building at 455 Golden Gate Ave.
He received a fax from an unknown sender Wednesday, which made racist comments and called Yee a Marxist.
"Rush Limbaugh will kick your Ch--k a-- and expose you for the fool you are," part of the memo said.
Yee and state Assemblyman Paul Fong, D-Cupertino, previously demanded an apology from conservative talk show host Rush Limbaugh, who mimicked the president of China on his Jan. 19 show.


アメリカ。中国系議員に対する脅迫状

Ch--k a-- というからなにかと思ったら、ググると、Chink ass ということなんだね。中国人に対する蔑称らしい。

なぜ脅迫を受けたかというと、保守系論者が胡錦涛の発言をチンチョンチャンとかなんとか中国語風にからかって発言したからそれに抗議したのが理由らしい。


これに関して、
JAN
24
Limbaugh Parrots Racist Mock Language for Asians
By Joe


Hu Jintao ― he was speaking and they weren’t translating. They normally translate every couple of words. Hu Jintao was just going ching chong, ching chong cha.

He continued for a bit more with this mocking stereotyped dialect. This is the type of stereotyped mocking that all too many schoolchildren―mainly white children–do on the playground, and apparently in this regard Limbaugh is living out what he learned as a nine or ten year old on the playground. He is not alone in this racist mocking, as I note here is this passage from a recent book:
Asian American children and adults often are forced to endure hostile mocking such as: “Ching chong Chinaman sitting on a rail, along came a white man and snipped off his tail”; “Ah so. No tickee, No washee. So sorry, so sollee”; and “Chinkee, Chink, Jap, Nip, zero, Dothead . . . Flip, Hindoo.” A Toledo radio station’s white disc-jockey recently phoned Asian restaurants using mock-Asian speech, including “ching, chong chung” and “me speakee no English.” On her talk show prominent comedian Rosie O’Donnell repeatedly used “ching chong” to mock Chinese speech.
Such language stereotyping and mocking has long been part of the dominant racial frame and has been directed not only at Asian Americans but also earlier at African, Native, and Latino Americans. This hostile language mocking is usually linked to other important racialized images that whites hold of those Americans of color they often oppress.
Language researcher Rosina Lippi-Green has noted a very important point about such routinized mocking: “Not all foreign accents, but only accent linked to skin that isn’t white . . . evokes such negative reactions.


アメリカでは、”白人”以外の外国人風のアクセントを真似て馬鹿にする慣習がある、という。

これは日本人も注意した方がいい。

ただ、ブラックフェイスといっしょで、十把一絡げにするのもよくない、とも思う。
十把一絡げにしてしまえば、”黒人”風の英語の発音をかっちょいいと思って日本人が真似ることも顰蹙もので、また、KEN TANAKA が日本人風の日本語を真似ることも顰蹙もの、ということになる。
KEN TANAKA MEETS JONATHAN SMITH PT 1

そうではなくて、

訛り・方言自体が悪くないように、訛り・方言をまねること自体も悪くはない。
訛りをもったひとを軽蔑するような意図・文脈で真似ることが悪い


ということだろうと思う。

私はkentanakaの日本人訛りの英語は好きだ。

ABC


Health Insurance Rates Continue to Surge Up, Up
Blue Shield of California to increase policies up to 59 percent.


 健康保険の支払金が急増・・・やっていけねえよ、と。

2 Cents May Mean the Difference Between Receiving Lifesaving Surgery or Not
Vet Cannot Afford the Stem Cell Transplant He Needs After Losing His Insurance Over a 2 Cent Error -- When Questioned Ceridian Reinstates Insurance

152 comments By BEN FORER
Jan. 26, 2011


何かの間違いで、2セント健康保険の支払いが足りなかったため、保険金がおりなかった、と。
ABCで報道され、支払うことになった。謝罪はと聞かれて法律・規則通りやっていただけだ、と。
(官僚的)

Man Fired for Wearing Green Bay Packers Tie
Chicago car salesman John Stone defends his decision to wear the tie at work.
01/26/2011


アメフトのシカゴベアーズのファンの多いシカゴで、大会前に、宿敵グリベアパーカーズのネクタイをしていった自動車セールスマンがそれだけで解雇。(服装・服飾規定)

Ohio Mom Kelley Williams-Bolar Jailed for Sending Kids to Better School District
Judge Sentenced Mother Convicted of Falsifying Residency Records to 10 Days in Jail

1994 comments By ANDREA CANNING and LEEZEL TANGLAO
Jan. 26, 201


 子供を越境入学させたら、詐欺だということで、ムショへしょっぴかれた母親。もちろん、そんなことする必要ながあるのか、という論調。

以上ABC
コメント

つづき

2011年01月27日 02時36分54秒 | Weblog
ガーディアン

Civil liberty campaigners fear 'control orders lite' regime
Compromise measures to end virtual house arrest and internal exile unlikely to go far enough, say

Alan Travis, home affairs editor
guardian.co.uk, Tuesday 25 January 2011


Control orders are currently imposed on eight British terror suspects who cannot be prosecuted in the courts. It is expected that the reforms will include: ending virtual house arrest by limiting 16-hour curfews to an overnight residence order; an end to internal exile by scrapping relocation orders that force suspects to move to another city; and give them limited access to mobiles and the internet.


 テロ容疑者は裁判を受ける権利がない、そのほか特別に権利が制限されているが、いかがなものか、と。

同じくガーディアン

Russia fails to come to grips with growing tide of racism
Ultra-nationalists define themselves with the slogan: 'Russia for the Russians'


Marie Jégo
Guardian Weekly, Tuesday 25 January 2011



Egana Gassanova, 45, is an assistant cook in a restaurant in the Arbat district of Moscow. Born in Azerbaijan, a Muslim, Turkish-speaking country on the shores of the Caspian, she obtained citizenship after 11 years in the capital. "I am Russian," she says, showing us her passport.

Every evening at about 10pm, Gassanova takes the metro home to Moscow's south-east suburbs. One Saturday last December she barely noticed the youths sitting opposite her in the carriage. "They started throwing paper pellets at me. I looked the other way. Then the insults started: 'Bitch! Filthy black! The least we should do is kill people like you.' I burst into tears. I tried to get out at the Tekstil'shchiki stop but by the time I got to the doors they had shut," she says.

The six youths gathered round and started hitting her. Dazed, with a cut above one of her eyes, she managed to escape. "I got out at Kuzminki and they stayed behind. I heard them laughing," Gassanova adds.

None of the other passengers reacted.
"During the 11 years I've lived here people have always been nice – the neighbours, my workmates, the staff at my daughter's school. Where do they come from, these kids full of hate?" she wonders.

According to the Sova Centre, an NGO that researches racial discrimination in Russia, 37 people were killed and 368 injured in 2010. The defining slogan for the ultra-nationalist groups, whose ideas have infiltrated government institutes, sports clubs and youth organisations, is: "Down with non-Slavs, Russia for the Russians".

The debate took an unexpected turn with a proposal by a senior representative of the Russian Orthodox church. Father Vsevolod Chaplin raised the idea of a national dress code, particularly for women, as a contribution to social harmony.

At a round table on inter-ethnic relations, he said a woman wearing a miniskirt "can provoke not only a man from the Caucasus but a Russian man as well. If she is drunk on top of that, she will provoke him even more."

He added that many Russian women went out "'painted like a clown" and "confuse the street with striptease". Wearing ample black robes, Father Chaplin did not explain what sort of dress code he advocated for women.

His remarks prompted feminist petitions and a public outcry.

This article originally appeared in Le Monde


 ロシアの極右勢力の台頭。ロシアはロシア人のもの。非ロシア人に対する街頭での虐待の例やロシア正教の滑稽な超保守的なお達しなどの例が出されている。



The rhetoric of fear feeds terror
An attempted bombing, likely by the far right, is hardly reported – a sign of how far liberals have been silenced after Tucson

Amanda Marcotte
guardian.co.uk, Monday 24 January 2011



It should have been a national story with heavy coverage. The hook, on its face, seems tailor-made for breathless coverage: last week in Spokane, Washington state, a suspected rightwing terrorist attempts to murder multiple parade-goers who are out to celebrate the life of an American hero killed by a rightwing terrorist 43 years ago. The talking heads would have an endless series of important-sounding questions to ask – with "political vitriol" and "hate", no doubt, figuring highly. Experts in counterterrorism, hate groups and racial politics could be brought on as guests, alongside shocked near-victims of this thwarted bombing, which FBI officials have described as sophisticated and potentially able to kill numerous people.

Other attempts, which had far less chance of going off, receive heavy coverage, so why did the national news media give the attempted bombing at the Spokane MLK Day parade such cursory amount of coverage?

The answer lies in looking at which two national news organisations did give the story the coverage it deserves, MSNBC and the Huffington Post. Yep, that's right: the two liberal outlets. Everyone else was afraid or unwilling to give the story any oxygen – even though doing so could help catch the perpetrators by publicising the reward the FBI is offering.


右翼に殺害された英雄を記念するパレード中、右翼テロリストが数人を殺害しようとした事件があったが、大手のメディアは報道せず、全国紙ではNBCとHuffington Post のリベラル紙だけがとりあげた、と。


Interestingly, our instincts are not necessarily off the mark. We do not know yet whether the shooter's mental health status will be a matter at issue in his trial, but we do know that Jared Lee Loughner was heavily invested in fringe rightwing conspiracy theories and is apparently a misogynist who echoes many extreme right beliefs about women.


 先日のアリゾナでの乱射事件の犯人は右翼の陰謀論や極右の女性蔑視主義に傾倒していた、と。

 そこでリベラル紙がペイリンなどを非難したのだが、逆切れされて主流メディアは右翼非難について後退。
 他方、


As David Neiwert has documented in his extensive research of these groups, rightwing extremists justify themselves by telling themselves they speak for the community at large, saying those things they believe others believe, but are afraid to say. So, the further right the mainstream gets, the more emboldened the fringe right becomes.

Which means that if someone like Glenn Beck creates rogues gallery where eight of the nine people listed are Jews, overly antisemitic groups will see this as a coded signal of support for them. It's the same story with accusing President Obama of being unAmerican or a socialist – racist groups pick up on this as further evidence they speak for those who are afraid to be overtly racist. It's not hard, from there, to feel that now is the time to strike – perhaps by bombing an antiracism event.


 右翼活動家がならず者を名指しし、指名されたのがほとんどユダヤ人だと、反ユダヤ主義が同調し、また、オバマ大統領がアメリカ人ではない、社会主義者だとと非難される”黒人”差部有主義者も同調して、極右勢力が拡大。

(狂信的な活動家が rogues gallery を開設しているところは興味深い。)





Red State is the mainstream right; editor Erick Erickson is a regular guest on CNN. In this post, the authors threaten insurrection against the government if they don't get their way on abortion laws.

"The reason for this is simple: once before, our nation was forced to repudiate the supreme court with mass bloodshed. We remain steadfast in our belief that this will not be necessary again, but only if those committed to justice do not waiver or compromise, and send a clear and unmistakable signal to their elected officials of what must be necessary to earn our support.


Aside from the hilarious attempt to imply that the Confederacy started the civil war to repudiate slavery (it was, in fact, to defend it), this is a chilling passage. Especially in light of the fact that violence to protest abortion is one of the most common, ongoing forms of domestic terrorism


 右翼の論者が反中絶がかなわないならば、反乱も辞さぬ、ような発言をすると、もともと暴力的な反中絶論者が合流する、と。

 こうして、扇情的な言動がテロを生み、また、リベラルメディアも後退させらている状況にある、と。

 どうかね?
 しかし、英米豪のメディアはそもそも、、レベラルもへったくれもなく、捕鯨問題では、過激なSSなどに対してわりに寛容だったんじゃないかな?





コメント

さるまね ほか

2011年01月27日 01時08分37秒 | Weblog
読売
PK先制で猿の物まね「日本人蔑視」と物議
朝日
猿のまねポーズ 韓国選手に賛否 サッカー・アジア杯

2011年1月26日

ここへんJapan
2011年01月26日14:00
「旭日旗を見て涙し『猿セレモニー』」奇誠庸選手の行動に賛否両論

ユーチューブ
Japan vs South Korea 2-2 (3-0 Penalty) Ki Sung-Yong Penalty Goal 2011 Asian Cup Semi Finals

中央日報
<アジア杯>奇誠庸が“猿セレモニー”釈明 「旭日旗にカッとなった」

기성용 ‘욱’하게 만든 욱일승천기, 축구장 등장 無개념

뉴스엔 | 뉴스엔 | 입력 2011.01.26 14:12

この翻訳


どうもいまいち真相はわからない。
いずれにせよ、選手もファンも相手のチームやファンを傷つけるようなことはやめるべきだ。そのような行為がかえって自分のチーム、応援するチームの仇となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更新

Japan Probeコメント欄より






Inaccurate Photos Used to Defend Korean Soccer Player’s “Monkey” Taunt
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
What I hate about Australia Day

by
David Koch

25

1月26日はオーストラリアの日だそうで、それに因んでの記事

I hate blonde-haired, blue-eyed yobbos prancing about in the Australian flag who intimidate people who don’t look like them.

I hate the drunk bloke who told me in Chinatown the other night that I had the personality of a rubber glove (fair enough, that’s his view) but then turns to my Sri Lankan-born son-in-law and says the problem with this country is “the coloureds”.

You know how you can sometimes be haunted by your inaction? I have been ever since. Because I was so gobsmacked by the comment I said nothing as he walked away.

I wish I’d told this ignorant bastard that he was an arrogant so-and-so and that if the truth be known we’re all migrants to this country.


自分と外見が違う人達をオーストラリア国旗を待って闊歩して脅す金髪碧眼のチンピラは大嫌いで、この国の問題は、有色人だ、という酔っぱらいも大嫌いである、と。
豪州は多文化主義の伝統があるのにこうしたことはいかがなものか?と。



Grew here, flew here… what matters is what you DO here

by
Jason Tin

25
JAN
05:50AM

こっちも同じで、もう満杯、もう来るな、とか、俺はここで育った奴らは後からやってきた、といった外国人移民排他的発言や掲示を取り上げている。

どちらも多文化多民族の豪州を愛しながらも、少数ながらもあるこうした傾向を憂いている。

ーーーなんていうか、豪州は移民国家というより、先住民と移民が多い国家というのが正確なんでしょうし、例えば、先住民に対する差別とか、ついこの前あったインド人襲撃事件なんかはでてこない。まあ、そんなもんです。ところが、日本のことになると、なぜか部落やら沖縄人、アイヌ、あるいは在日韓国人の話がたらたらでてくる。
隣の芝生はよくみえるどころか、自分の芝生はよく見えて、他人の芝生は糞ばっかみている。
・・・・・他者鏡として気をつけましょう。



State of the Union 2011(英語) - 映像も。

 オバマ大統領の演説。ちょこちょこっと見る。この人演説がうまい。実際この通りやるかどうかわからないが、うまくまとめている。それとこの政府が用意したプレゼンテーションに注目。実績や抱負などもシンプルにまとめて文字化している。
 日本の政治家も真似たらどうか?

民主化求めエジプト反政府デモ、当局と衝突 3人死亡

2011年1月26日

アルジャ

Three dead in Egypt protests
Police disperse crowd of thousands in Cairo at night, while two protesters and a police officer have died.
Last Modified: 25 Jan 2011


映像をみるとわりに大規模。変化はすぐにこないだろうが、最初の壁は突破した、と。


デリメ
30,000 pupils branded as bigots: Teachers log 'racist' and 'homophobic' jibes in playground squabbles, even at nursery
By SARAH HARRIS
Last updated at 11:45 PM on 17th January 2011


More than 10,000 primary school pupils in a single year have been labelled racist or homophobic over minor squabbles.
Even toddlers in nursery classes are being penalised for so-called hate crimes such as using the words ‘white trash’ or ‘gaylord
.



They show 29,659 racist incidents reported by schools to local education authorities in England and Wales. Of these, 10,436 were at primary schools and 41 at nursery schools.

Birmingham City Council had the highest number of any authority, with 1,607 racist incidents, compared with only two each in the Vale of Glamorgan and Hartlepool.
In the majority of cases, the ‘racist’ spats involved mere name-calling.
Yet in 51 cases police became involved, with Hertfordshire schools turning to officers for help in 38 incidents, according to the Manifesto Club report which will be published shortly.
A spotlight on just 15 LEAs discovered 341 homophobic incidents logged by schools in 2008-9, including 120 at primaries. A staggering 112 such incidents were reported in Barnet, North London.


1万以上の小学校が人種差別的、あるいは同性愛恐怖症的とレッテルを貼られている、と。
だが、子供の喧嘩で例えば、そうした罵倒語がでたからといって、すぐに人種差別のレッテルを貼るのはいかがなものか?と。調査・報告方法に問題があるのではないか? と。(いじめ)

(小学生のころから、whitetrash 云々なんて言っているんですかね?)

するとガーディアン


Hideously diverse Britain: Are the kids all right?
The Daily Mail would have us believe measures to record racism in school are wrong. But that misses the point: there is a problem that needs addressing


Hugh Muir
guardian.co.uk, Tuesday 25 January 2011 21.00




I talk to Thelma, a friend who runs an inner-city primary school. She's always level-headed about these things and she thinks the reporting procedures are pretty sensible. "You want to know what is going on; what is happening and where, who it is happening to, who is doing it, what time of day; what's the pattern."

It's not about branding anyone a bigot, she says. It's a necessary evil. "For the most part, the children aren't the problem. It's the parents. It's eastern European children saying they won't play with black or Asian children because their parents told them not to. It's kids hurling insults they can only have heard from their parents. If you know what's happening, you can deal with them – you see the big picture."

Terry works in a comprehensive. "Antisemitic stuff is big right now," he says wearily. "I think that's the effect of Gaza. That's coming from the parents. 'Gay' is massively derogatory and used quite casually. You try the moral approach. Then all you can do is point out that if they say this stuff in the street, they could get arrested."


問題ないと。子供が悪いんじゃなくて親が悪い、と。例えば、東ヨーローパ出身の両親は”黒人”やアジア人とつきあうな、と言っている、と。



Almost half of Canadians feel racism on the rise: Survey


BY DEREK ABMA, POSTMEDIA NEWS JANUARY 24, 2011



The survey, exploring experiences with racism in Canada, shows contrasting views.

For example, 65 per cent of Canadians in this survey said whites and visible minorities are treated equally in their workplaces. However, Canadians were almost evenly split on whether racism is a growing problem in the country.

This survey, of about 1,700 Canadians taken in September, showed 46 per cent feel racism is on the rise. Slightly less ― 45 per cent ― disagreed. The results were considered representative of the Canadian population within 2.4 percentage points, 19 times out of 20.

Asked if they'd witnessed a racist incident in the last year, 38 per cent of Canadians in this survey said yes.

Ayman Al-Yassini, executive director of the Canadian Race Relations Foundation, said such results reflect a heightened awareness among Canadians about racial issues.

"The reality is that Canadians are more aware of the whole issue of racism and discrimination than other countries," he said.

Jack Jedwab, executive director of the Association of Canadian Studies, agreed. He pointed out that while results from a U.S. version of the survey showed the same proportion feeling racism is a growing problem, the breakdowns within different ethnic categories produced some interesting variations between the countries.

Canadians in this survey were categorized as English, French or allophone, the last of which would be most likely to include visible minorities. Half of English Canadians thought racism was a growing problem, while that proportion was at about 40 per cent for both francophones and allophones.

In the U.S., people were categorized as whites, blacks or Hispanics. Among blacks and Hispanics, more than 55 per cent saw racism as a growing problem, while just 44 per cent of whites did.



Almost half of Canadians feel racism on the rise: Survey


BY DEREK ABMA, POSTMEDIA NEWS JANUARY 24, 2011


 カナダ、人種差別が増加の傾向にあると、半数以上のひとが感じている、と。
 しかし、反人種差別意識が強いからこうした結果がでているのだ、とか、なんとかいろいろ分析されている。

 日本で同じような結果があったら、こうした報告以上に人種差別がある、とかなんとかやられるだろうに。

同じくカナダ
25 January 2011 Last updated at 22:08 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
Canadians 'support more troops to defend Arctic claims'


 北極圏での領海紛争にそなえて軍隊を派遣することを支持するカナダ人が多い、と。

 そんなことしたら、軍国主義だ!戦争だ!歴史から学べ!・・・・などということはなく、平和的話し合いによる解決がベストだが、主権防衛のために、軍隊の派遣も合理的、ということだろう。
 
 日本もこうした現実を踏まえて、平和と軍事のバランスをうまく取りたいものだ。



25 January 2011 Last updated at 17:35 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
Gorch Fock case: German navy cadets 'mistreated'



German navy 'mutiny' investigated
A senior German MP has said that he has been told of "many distasteful things" on board a naval training ship at the centre of mutiny allegations.


 ドイツで部隊からの反乱があった、と。その影にはイジメなどがあったとも言われる。また、アフガンのドイツ兵死亡を自殺でないのに自殺と報告したりしていて、いろいろ問題にされている。

コメント

市橋被告出版関係

2011年01月26日 12時24分42秒 | Weblog
Tatsuya Ichihashi’s New Book Japan Probe

市橋被告、離島の小屋でヘビ食べた 逃亡生活を手記に

2011年1月26日 朝日

についての投稿である。

新聞各社は被害者家族の嫌悪感を伝えている。

読売
市橋被告が逃亡手記出版…遺族は嫌悪感

手記では、印税をリンゼイさん遺族に渡すか公益のために使うとしているが、リンゼイさんの父ウィリアムさんは代理人を通じ、「まだ法廷に立ってもいない市橋被告が、手記の執筆、出版を許されたことに嫌悪感を感じる。手記は家族をさらに傷つけるだけで、私たちが望むのは公正な裁きだけだ」とコメントした。

(2011年1月26日11時49分 読売新聞)


産経
市橋被告の逃亡手記にリンゼイさん遺族「強い嫌悪感」 産経
2011.1.25



毎日
英国人女性殺害:市橋被告が手記…カッターでほくろ切除も 毎日 
リンゼイさんの遺族は「裁判の前に、こうした本を書くことが許されるのか。強い嫌悪感を抱いており、傷つけられた。私たちが求めるのは公正な処罰だ」と話している。毎日新聞 2011年1月25日 0時13分


市橋被告の手記、26日発売 遺族は嫌悪感
スポーツ報知 1月25日(火)8時1分配信



執筆動機について

市橋被告が手記出版へ 英女性殺害、収益を被害弁済に
2011年1月24日

出版される内容について関係者は、起訴内容と直接関係のない部分で、遺族への謝罪や情状の立証、被害弁済の一環だと説明している。
(中日新聞)


Jcast

市橋被告「毒ヘビも食べていた」 手記でロビンソン的逃亡生活を告白
2011/1/25

出版元の幻冬舎によると、初版は3万部だが、すでに2万部を増刷して好調な出だしだという。手記は、2010年6月に市橋被告に依頼したのがきっかけ。本人は、手記を書いた動機を「懺悔のひとつ」としており、印税は被害者の遺族に渡すことを望んでいる。その一方で、遺族は強い嫌悪感を示していると報じられている。また、裁判の情状酌量を考えているのではとの批判も出ているようだ。


本人からは懺悔、第3者関係者からは情状酌量が言及されている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更新

担当した女性編集者によると、市橋被告に手記の話を持ちかけたところ、本人にも執筆の意向があった。接見はできないため、間接的な原稿のやりとりだったという。担当者は「観察眼があり、感性が豊かな人物だと感じた」。印税はリンゼイさんの遺族に渡すか、公益のために使いたいとし、市橋被告の弁護団は「自分にできることはないかと考えた行動」と説明している。
スポーツ報知 1月25日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


沖縄への渡航費用について、

市橋達也すさまじい!「針とハサミで自分でも鼻や唇を整形」
2011/1/25


自殺することも自首することもできず、ただ逃げ続けたい一心で、たどり着いたのが沖縄の離島だった。市橋は気に入ったのか、カネを稼いではそこに戻っていたのだという。


英語圏でも、被害者家族の嫌悪感を報道

BBC

25 January 2011 Last updated at 21:35 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
Suspected killer's book 'hurtful' say teacher's family


Lindsay Ann Hawker was found in the apartment March 2007


In a statement they said: "The Hawker family are disgusted that the man who has yet to stand trial for Lindsay's murder has been allowed to write and publish a book.

"This has only served to cause the family more hurt and we want no association with it or him.

"All we have ever wanted is justice for Lindsay."

The Guardian reported on Tuesday that lawyers for Ichihashi said his book, Until I Am Arrested, was a sign of his contrition and that royalties would be given to Ms Hawker's family or donated to charity.



なぜ、嫌悪するのか?

ガーディアン


Lindsay Hawker killer to publish book
Tatsuya Ichihashi, who faces trial for rape and murder of British woman in Japan, to release account of time on the run


Justin McCurry in Tokyo
guardian.co.uk, Tuesday 25 January 2011


The Hawker family dismissed the letter as an attempt to gain a lenient sentence.


、市橋からの手紙について、家族は情状酌量により減刑を狙っていることとして取り合わなかった、というから、同様な理由からかもしれない。


出版行為について、法的には、

テレグラフ

Lindsay Hawker 'killer' wants to donate book proceeds to family
By Julian Ryall in Tokyo1:14PM GMT 25 Jan 2011


While criminals are not permitted to profit from their illegal activities, Ichihashi has yet to be convicted and was therefore within his legal rights to write the book, according to the Japan Federation of Bar Associations.

In a statement to The Daily Telegraph, Kenichi Kinukawa, the lawyer for the Hawker family, said, "Regarding the publication of this book there is no comment from the bereaved family of Lindsay Hawker.
"What the family wants is justice for Lindsay in a Japanese trial."


問題ない、と。

カナディアンプレス

In book from jail, Japanese man accused of murdering British woman portrays fugitive life
By Mari Yamaguchi (CP)


Gentosha official Kanako Oshima said the book "could be a valuable document from criminal psychology standpoint" but declined to comment further.


出版社は犯罪心理学的見地から価値あるものになりえる、とだけ、コメント。


・・・・とりあえず・・・・



更新
デリメ

My life as a fugitive: Japanese man accused of murdering British teacher Lindsay Hawker mutilated own face in DIY plastic surgery op and lived on desert island
By DAILY MAIL REPORTER


コメント欄が参考になる。


更新2


Hawker Accused Book Published By Andy Sharp
January 27, 2011



According to a Gentosha press release, Ichihashi chronicles his flight over nine chapters, starting with his escape, through his time spent working as a labourer in various locations in Japan, his stay on a remote Okinawan island and finally his arrest. He reportedly doesn’t give any details of the attack or any possible motive, but does talk about how he wanted to bring Hawker back to life.

So why publish the book now? What does Ichihashi hope to achieve by telling his tale like this?

In the book’s introduction, Ichihashi wrote: ‘I wrote this account as one way of expressing my regret over the crime I committed.’ And on his motive for publication, he said through his lawyers: ‘I want any royalties from this account to be given as compensation to the family of the victim.’

Ichihashi’s lawyers are also quoted as saying: ‘While we believe there will be various forms of criticism (regarding the book’s publication), please understand that the defendant is in custody and has no money and is unable to do anything for the victim’s family, so he thought long and hard about (the book) and decided to do it.’

Unsurprisingly, Hawker’s family is outraged. A spokesman quoted in The Sun, a British tabloid, told of their ‘disgust’ that he had been allowed to write a book, and how it ‘has served to cause them more hurt.’

The editor responsible for the book from the Shibuya-based publisher told Tokyo Notes: ‘You have to read the book to understand why we published this. People are entitled to their own opinions. We are just a publishing company and so it’s our job to publish books and it’s not our place to comment.’

But she added: ‘We got in touch with Ichihashi’s lawyer to see if he was interested in publishing his story.’

Whatever the justification, Gentosha’s act of publishing the book, and in doing so providing the suspect with a vehicle to perhaps try to earn public sympathy, is insensitive. It’s also irresponsible given that Ichihashi is expected to be tried later this year under Japan’s new lay judge system, meaning that any citizen selected for jury duty could be influenced by the content of the book.

The Gentosha editor disputed this, saying: ‘He just wanted to relay what happened. I don’t think it’ll have any influence on the case.’

Ichihashi’s lawyers apparently agree. In the press release they stated that: ‘The publication has no direct bearing on Ichihashi’s criminal trial, and as his lawyers we will be making no further comment on the matter.’



コメント

サッカーみちゃった 他

2011年01月26日 01時20分03秒 | Weblog
日本、決勝へ PK戦で韓国破る サッカーアジア杯

2011年1月26日

見ちゃった。詳しいルールも知らず、またプレイの評価もできないが、やっぱ嬉しい。^_^)v

問われるカフカス統治、「プーチンの10年」にほころび 中枢に忍び寄る過激イスラム
2011.1.25


ドモジェドボ国際空港での爆弾テロに同国南部・北カフカス地方出身のイスラム過激派が関与していた疑いが強まっている

25 January 2011 Last updated at 13:34 GMT
Medvedev seeks security shake-up

Militant groups from the North Caucasus are suspected of planning the attack.

北カフカス地方出身のイスラム過激派が関与ということらしいが、どこまでほころびがでてきているといえるのか?

・・・・・
幅広い解釈を許すイスラムが、北カフカスのあらゆる不満分子を引きつける構図となっている。


不満分子を惹きつけるヘイトグループがあるのはたしかだろうが、・・・・・プーチン氏が実質的権力を握り続けたこの10年間には官僚機構の肥大化と腐敗、民族主義の台頭といった問題が生まれ、テロの脅威もなくなっていない。


 グローバル化した現在だからこそ、、かえって、国内の民族主義、他国・他宗教の影響を受けた民族主義の台頭とその国内外での対立、というのはどこの国でもありえる話だ。

 とくに不満分子をどのように吸収していくか、その牙城となっているヘイトグループをどうしていくか、今後より多くの移民を受け容れていく日本にとっても他人事ではないはずだ。

マスコミがもっと注目していいと思うのである。

 自分は全然小沢ファンではないが、正直、小沢問題なんて司法に任せてしまえば、それでもういい。

 マスコミの姿勢は絶対おかしい。

 小沢問題にかける時間と労力を、外交・防衛・成長戦略・労働力確保→熟年者・女性の働きやすい環境→保育園の増設 移民の権利問題、ポイント制度、移民の言語能力問題などなど、政策問題は山積しているだろうに。小沢問題云々を毎日やるように、あるいはそれ以上に費やすべきことがあるのではないか?

 どうなっちゃっているの?

 そういえばこの前Japan Airlines sued over job cuts
AlJazeeraEnglish
をみていて、 ふと思った。日航の解雇された客室乗務員は、年齢差別だ!と訴えているのだが、他方、だが、年功序列で、年齢が上の人は給与が高く、解雇の対象になるのは合理的、という報道。

 そもそも年功序列、という制度そのものが 年齢差別 ではないか?誰か、訴訟を起こして風穴を開けないかなああ?それともすでに判例はあるのかなああ?

「万里の長城を、海に ―21世紀の中国海軍」リアリズムと防衛を学ぶ

 微笑みや建前外交の表面だけみていてまんまと騙されないようにね。

 外交もメディアもそうした微笑みや建前の裏に悪意が満ちていることも多い。

 

ロシアトゥデイ


 
“Merchant of Death” or victim of US propaganda?
permalink email story to a friend print version
Published: 21 January, 2011


“The U.S. over a course of 8 years cultivated this image of an evil mastermind. Apparently, they have no other problems nowadays – there is only Viktor Bout. There is no Osama bin Laden, no Al Qaeda, no problems in Afghanistan, no problems in Iraq. There is only Viktor Bout the evil man,” said Bout’s wife Alla.
Viktor bout is a Russian cargo-dealing businessman. Chased by the US for a decade he was arrested in Thailand two years ago. After Thai courts twice found him not guilty of certain crimes he was extradited to the US this November to face charges presented by US prosecutors.
“One – conspiring to kill United States nationals. Two – conspiring to kill United States officers and employees. Three – conspiring to use and acquire anti-aircraft missiles. And four – conspiring to provide material support to the FARC,” said Preet Bharara, US Attorney for the Southern District of New York, reading the charges at a press-conference following Bout’s extradition.


「死の商人」と呼ばれ、ハリウッド映画のモデルにもなったロシア人、ビクトル・ボウト被告は米国のプロパガンダの犠牲者では、とロシアトゥデイ。タイの裁判所で2度無罪になった、というが何罪で無罪になったか、わからないので、なんだかなああ、といったところ。

同じくRT
Tuberculosis is back in the UK
permalink email story to a friend print version
Published: 12 January, 2011


 英国 結核がまた流行だした、と。日本でも 先進国中でも高い水準にあるともいわれる。


“The reasons for this increase is largely due to the number of people who arrive in the UK with the TB infection, who usually would have acquired the disease because of the association of having lived in a country with a high incidence of tuberculosis and also because of travels to those countries,” explains Dr Ibrahim Abubakar, author of the report, Health Protection Agency.

Britain has become known as the tuberculosis capital of Europe. Paul Somerfeld from TB Alert, which aims to draw attention to the threat of tuberculosis, thinks that label is a bit strong, but still “It’s the only country in Western Europe where TB rates are continuing to rise. It can infect anybody, but most commonly it infects people who are poor, and that has to do with housing and nutrition and close proximity of living, poor immune systems and so on.”

It’s a shocking indictment of the way poorer people live in the UK, particularly those who originally come from abroad. But unlike in other countries where TB is a problem, in the UK it is no longer limited to the poor, or those with chaotic lifestyles stemming from drug or alcohol abuse, or homelessness.


In the late 1980s, the US had a similar upsurge in cases of tuberculosis. The way they solved that problem was by pumping vast sums of money into it. Ironically, the UK is one of the world’s largest foreign aid donors, with huge investments in fighting TB abroad. But in austerity-hit Britain, it’s unclear whether the money will be available to stop the spread of the disease at home.


 RTはアメリカを引き合いに出して、アメリカでも80年代流行ったが、大枚つぎ込んで対処したが、今の緊縮イギリスではそれができるかな?と。


同じくRT
London's neediest curse City bonuses

Published: 18 January, 2011


Daniel Hofmann believes “It is very crucial that banking sectors around the world are getting healthier and can support economic growth.”

But out on the streets, those who depend on charity to put food in their mouth find that difficult to stomach.


 銀行を税金で、救済することは社会の経済がまわっていくために重要だが、その役員に高い賞与をあげたのはいかがなものか?慈善事業で食いつないでいるイギリス人には飲み込めない話ではないか?と。



American TV importing wit, talent from UK
permalink email story to a friend print version
Published: 22 January, 2011

アメリカの番組がつまらないのでイギリスのウィットを輸入。
しかし、


However, in real life, mocking American actors can create a national gasp. Gervais was criticized for taking jokes too far during the award ceremony.
So while Americans happily consume Britain’s iconic fish and chips, question is, will Mother England’s infamously sarcasm and political incorrectnessbe as easy to swallow?

イギリスのコメディアンのいきすぎたジョークや若者向けの過激な番組も顰蹙を買っている、と。
イギリスの破廉恥な風刺や不適切とされる表現に対する鈍感さをイギリスの名物料理を食べるように消化できるかな?と。

ということで、skins という番組らしいが、ABC


Does 'Skins' Show Too Much?
Many parents are in an uproar over the hit new MTV show.
01/22/2011


でも問題にされている。

 不適切な表現といえば、BBCが

Japanese TV Reports About the BBC’s A-Bomb Humor
Japanese TV Reports About the BBC’s A-Bomb Humor
BBC Apologizes for A-Bomb Jokesでは、BBCが

Panellists made light of the experience of Tsutomu Yamaguchi who survived the Hiroshima atomic bomb in World War II and the Nagasaki one three days later.

といい、また、
BBC広報担当は24日、共同通信に対し「われわれは既に番組は不適切だったとする声明を出しており、削除を指示した」と述べた。
とする声明を出しているにもかかわらず、頑張っているナショナリストというか、イギリスのチャネラーのようなのがいる。
これはなんだろうか?と首を傾げる。

BBC番組がいかに二重被爆者を取り上げたか 加藤祐子
彼らは何と言っていたのか

私は、嘲笑や愚弄というよりは、日本人が被爆体験に抱き続けるヒリヒリした痛みと悼みに対して無理解で無神経だったことによる、過ちだったと思っています。過失です。過失だからと言って免罪にはなりませんが、悪意はなかったと。悪意がなかったからと言って免罪にはならないが、それでも悪意はなかったのだと。擁護と言われれば擁護でしょう。でも無罪判決を勝ち取ろうとしているのではなく、少しでも情状酌量してもらえないかと思っているのです。

二重被爆者の体験をこういう番組でこういう形で取り上げるべきではなかったと私も思うし、一部の回答者の軽口や会場の笑い声はとても不快でした。日本人がこの件でBBCを叱るのは当然で必要なことだと思う。

という分析がある。
半ば同意するが、多少、理解を示しすぎな感じがしないでもない。
パネリストや聴衆が悪意のないものであったのは理解する。しかし、

例えば、
「今日紹介する人は、南京/アウシュビッツに関係する胡/フランクさんです。 世界で一番不幸な女の何が幸運なんだと思う?実際には2010年1月に93歳で亡くなっているんだけど。ずいぶん長生きだったから、それほど不運だったとも言えないね 」
「おかされようとしたところで男が宇宙人にさらわれた? 笑い 」
「城外でレイプされた後、逃げた城内でもレイプされた 笑い」
「しかし、陽気な人だったそうです。」
「生き延びたのだから幸運ですね。コップの半分・・・・

という番組が日本であるいは、どこかの国で、あったら、論者はそれほど当該番組に同情的な論評をしたか、どうか?


これは日本とイギリスでの「笑い」に対する感覚の違いだと思うのですが、イギリスのコメディというのは、世の中の現実をありのままに赤裸々に語ろうとする表現方法です。世の中の様々な「負」を、バカバカしく奇妙でネガティブなものを、アイロニーを通じて浮き彫りにしようとする手段です。日本で思われているほど、題材そのものがアンタッチャブルだというタブーはありません。弱者・被害者をわざと傷つける表現方法は、もちろんタブーですが。


 笑いの一般論はまだしも、文化論になると私にはわからない。(因みに世の中の現実をありのままに赤裸々に語ったら、普通は笑いにならない。むしろ、誇張されたり、立場を逆転させたりして、かえって現実を浮き彫りにしよう、という意味か?)

 今回の場合、パネリストの悪意というより、、番組全体で、被害者を過失で傷つけてしまった表現方法、ということだと思うが、いずれにせよ、BBCはそれについて、謝罪ということ、だろう。

そこまではわかる。

 しかし、これがわからない、一部のイギリス人がわからない。むしろ、一般人にもチャネラーナショナリストに近いのが多いのか、とさえ思ってしまう。
 被害者やその家族がそのつらい体験を乗り越えようとして微笑み、あるいは、それに同調して他人がやわらかに微笑むのとはこれまた話は別であろう。彼等は、本当に、例えば、2度、同じようなレイプ被害にあった女性を2度”も”同じようにレイプ被害にあったという希有な体験ということで、そのような状況を笑うのであろうか? やはり、被爆ということの意味を理解していないか、無知なのか?

 あるいは、the nihilism of the British wayを文字通りとって、イギリスの笑いはニヒリズムだというなら、ありえなくもない。冷蔵庫のなかにスリッパがある滑稽さも、2度希有で悲惨な体験をする滑稽さも同じ重みしかないだろうからである。もっとも、徹底したニヒリストは無秩序と秩序、脅威と安全の価値も同等で、笑いの前提となる、ズレ、がなく、ユーモア・笑いそのものに無縁かもしれない)

 あまり側にいてほしくないタイプではなかろうか?

 2重被爆者番組関連で趣味の有道ブログ


Norik Says: http://www.debito.org/?p=8427#comment-236993
January 25th, 2011 at 7:43 pm
To all Americans here-if you are watching Fuji TV right now(Tuestday, 7-9PM), what do you think about this show”力スペ!世界おもしろ珍メダルバカデミUSA” calling the US “a Kingdom of Fools” (お馬鹿王国)?Will anyone send a protest letter against Japanese TV calling the US like that in the prime time, in the eyes of all Japan?


世界おもしろ珍メダルバカデミーUSAなる番組に関してテレビ局に抗議の手紙を出せば、と。日本人がイギリスの番組にケチつけているからアタイたちもやろうよ、というわけだろう。

・・・・やればいいのに。

因みに、ググると今日の番組表

19:00 カスペ!・世界おもしろ珍メダルバカデミーUSA
家族そろって笑えるおバカ映像番組決定版!歴代最強キャラに挑む世界のおバカが集結▽音痴なインコ独演会?▽感動?顔面珍アート▽新作名曲シンクロ映画爆笑ダンス



世界おもしろ珍メダル バカデミービデオ大賞 ウィキ



世界おもしろ珍メダル バカデミービデオ大賞 放送日
2010年12月30日(木) 18:30~20:54
の場合は、
世界中から集めたばからしくも愛らしいおもしろ映像 笑いすぎにご注意を
世界中から集めたさまざまな“おバカ映像”を、番組独自の“バカデミー会員”100人が試写して選りすぐり、ジャンル別に紹介。その中で最も優れたものをバカデミー大賞として表彰するという、おもしろ映像の祭典の第14弾!“笑い”の基本を守りつつ、より磨きをかけた“おバカ映像”が連発する。 「おバカな決定的瞬間部門」では、マイケル・ジャクソンの難しいダンスを脱衣所で披露する男性が高度なパートを巧みに踊りこなし、ノリノリに声まで出てきた男性をおそった笑える悲劇「マイケルダンス失敗」、地上でカヌーを車に連結し、芝生の上を滑って楽しんでいた男の姿を見ていた犬が男の後を追いかけ始め、男をかみまくる「地上カヌー滑り」などを紹介する。 また「笑える珍映像部門」では同僚が声をかけるたびに過剰なまでの反応を繰り返す「驚きすぎのスティービー君」や炭酸飲料にメントスを入れることによって、急激に気化し泡が吹き上がる“メントスガイザー”と呼ばれる力を動力源にした「炭酸自転車」などを紹介する。 果たして、過去13回の笑撃グランプリ映像を超える作品は現れるのか!? 情報、教養の一切ない2時間半、笑いすぎにご注意を!


今回の場合は、

カスペ!「世界おもしろ珍メダルバカデミーUSA」
放送日 1月25日 (火)
放送時間 19:00-20:54
放送局 フジテレビ
[302][501]
ゲスト: 泉谷しげる 矢口真里 シェリー ペナルティ ユージ
司会: 今田耕司 政井マヤ

iEPGで録画する
バカデミービデオ大賞最強おバカ決定戦SP笑大国アメリカも驚く笑撃映像を一挙公開▽音痴なインコ独演会?▽感動!?顔面珍アート▽イタズラ集団大暴走▽(秘)超スゴ技に挑戦▽最新名曲シンクロ映画爆笑ダンス▽今田耕司

解説:
世界のバカバカしくて面白い映像をジャンル別に紹介。ゲストは矢口真里、ペナルティ、ユージら。アメリカからの映像を集めた “アメリカスペシャル”を。「おバカな事件」では、閉店後の酒店に侵入してきた窃盗犯の映像を紹介。犯人は天井から侵入するが、店から出られなくなってしまう。ワッキーは「バカな事件というよりバカが事件を起こす」と怒る。



といった番組だそうです。

頑張れ有道ブログ!!!ーーーー珍メダルとったりして?。

(因みに、US “a Kingdom of Fools” (お馬鹿王国)と誰かが言ったのか、言ったとして、どのような意味・文脈で、言ったのかは不明)



コメント

2重被爆者BBC番組 他

2011年01月25日 03時20分46秒 | Weblog
2重被爆者BBC番組ネタ

BBC原爆パートII④ 再度ですが、(英人が誤解してるようだが)原爆ネタはタブーじゃない。たけしが「この山口さんて強運なんだか不運なんだかw」と言うのは許容されると思う。被爆者を傷つけるのはあの周りの反応、観客のあまりにあっさりした笑いだと思うんだが。
suzuky

ということだろうと思いますね。

長崎の病院に行った笑い
長崎に行って被爆した笑い

この笑い のところが顰蹙を買う。
仮に笑いがなくて、その代わりに、苦痛や悲しみの表情をみせ、かつ、聴衆も、静かであったならば、普通のクイズ番組で終わっていただろう、と思う。

日本と英国の鉄道云々のところは、立場を変えて、日本の3流芸人でも、日本を揶揄して、いいそうなことで、別に日本人として、どうこう、ということはなかろう。

原爆の意味の重みが違う。
1)現実におきた。
2)近年の
3)大量市民虐殺
であり、
4)被害者や被害者の家族も多く、いまだにその記憶が生々しい。
5)現実の被害者が取り上げられている。

これが例えば、映画やアニメでおきた仮想事件についてだったら、あまり問題がない。

「ミーちゃん、東京にゴジラがでたから、逃げて大阪に行ったら、キングギドラがそこにいた +笑い」

あるいは歴史的かなり遠い事件なら、あまり問題がなかろう。

「与太郎の野郎、小田家が強いってんで、小田についたのはいいが、明智にやられて、命からがら逃げてきた。今度こそは強い奴につこうってんで、豊臣についたら、徳川にやられちまって、これまた命からがら逃げ延びた・・・・ドジな野郎だね。+笑い」

 イギリス人がわかるようにこれに相当するクイズ番組ということなら、ロンドン同時爆破事件の現実の被害者であり生存者をクイズの題材にして、被害者と、現場の写真を掲げ、その生存者が生き延びて再び災難にあった、というところで、笑いがでてくる番組、といったところか?

 これをもってして、イギリスのユーモアのへったくれもなにもなかろう?仮にこれがイギリスの笑いの精神なら質の悪いものといわざるえないだろう。

 今回の件、BBCが謝罪を表明した、というところで丸く収まったかに見えたが、逆に一部の英国人の方の腹がおさまらなかったようだ。


【ナイショ】 BBCとイギリス風ユーモアが攻撃されたと信じ込んだときの(だから攻撃してんじゃないってのよ)、イギリス人てのは完全にナショナリズムに走り、ご自慢のセンス・オブ・ヒューモアを失うんだな、ということがわかりました。……なんてな!
suzuky


なるほど。

タイガーマスク、実は施設の上級生 配布の菓子貯め贈る

2011年1月24日


こういう人情記事は・・・・好きだ。


東京・秋葉原:ホコ天再開 消えない悲劇の影 「安全」回復へ住民奮闘

若い人達がするちょっとしたパーフォーマンスは街の活気につながっていいのではないか?
そこらへん、微妙なバランスをとりながら見守ることのがいいんじゃないかな?
コメント

BBC、批判受けネット映像削除

2011年01月24日 23時15分05秒 | Weblog
BBC、批判受けネット映像削除 二重被爆者の放送問題


 【ロンドン共同】英BBCテレビのお笑いクイズ番組「QI」が広島と長崎で二重に被爆した故・山口彊さん(長崎市出身)を「世界一運が悪い男」などとジョーク交じりに紹介した問題で、BBCは23日夜、動画投稿サイト「ユーチューブ」にBBC自体が掲載していた当該の番組映像を削除した。

 BBC広報担当は24日、共同通信に対し「われわれは既に番組は不適切だったとする声明を出しており、削除を指示した」と述べた。BBCは22日には「週末のため、月曜(24日)朝にインターネット担当者が出勤してから対応を検討する」としていたが、日本国内での批判が収まらないことを受け、前倒しで対処したとみられる。

 BBCと番組制作会社は21日、連名で「(日本の皆さまに)不快な思いをさせ、申し訳ない」と謝罪する声明を発表したが、その後もユーチューブを通じて全世界で視聴できる状態を維持したため、被爆者らの間で不信感が募っていた。

 BBCがユーチューブに掲載していたのは、昨年12月17日に放送した「QI」の一部で、約3分間。この映像は約9万7千回再生されたが、そのほとんどが日本時間21日に今回の問題が報道された後だった。



ということで、Youtube の動画も削除されているようだ。

更新

The Unluckiest Man in the World - QI Series 8 Ep 13 Holidays Preview - BBC One 1月25日1時57分現在まだいきているようだ。
コメント

イギリスでからかわれる豪州人 他

2011年01月24日 02時17分03秒 | Weblog
ガーディアン
Islamophobia is the moral blind spot of modern Britain
The dinner party bigot's attack on Islam as a creed can all too easily become an excuse for an attack upon an ethnic group

Giles Fraser
The Guardian, Saturday 22 January 2011


イスラム恐怖症は英国の道徳的盲点

イスラムに対してだけかな?

BBC
22 January 201
Barnardo's ex-head says race issues threaten adoptions


The reluctance of some councils to arrange adoptions because of a child's race means the UK faces a collapse in adoption rates, the outgoing chief executive of Barnardo's has warned.

Martin Narey told the Guardian this "prejudice" was so entrenched that it would be difficult to reverse.

He said the adoption rate of babies must "quadruple" in the next few years.

Children's Minister Tim Loughton has said it is unacceptable to deny a child a home because of ethnic differences.

Children from ethnic minorities are over-represented among those seeking adoption, but it typically takes three times as long to place them.


”黒人”の児童を養子にする率が少なくて困っている、と。
孤児を育てようと気持は崇高だが、”黒人”が家族の一員になるのはちょっと、ということではないかな?


Strine teasing too much of a strain
January 23, 2011

GEOFF STEPHENS has lived in Britain for 26 years but still has a fairly strong Aussie twang to his voice.

Now the council worker, who has endured continual ribbing about his accent, is on antidepressants and planning to take his employer to an industrial tribunal.

The 48-year-old told London's Daily Mail that he is constantly greeted with ''G'day, sport'' and ''Is your girlfriend called Sheila?''. Other phrases include ''throw another shrimp on the barbie'' and people make jokes about kangaroos.

Advertisement: Story continues below
The Daily Mail report says Mr Stephens, originally from Adelaide, has worked as an antisocial behaviour warden in Dymchurch, Kent, south-east of London, for six years.

A former immigration officer, he is married with a young family and has helped set up youth clubs in the area and is popular with locals.

He feels the comments he has endured while doing his job are ''race-inspired''.

He he has been on sick leave and undergoing counselling since August because of depression.

''I'm now on a cocktail of medication,'' he says. ''I've only been able to sleep for three hours a night since August, and the physical and mental exhaustion will eventually kill me.

''I feel like my life has been ripped apart. I loved my job with a passion and I did a lot of good work in Dymchurch.''

He has outlined his case in a letter to Kent County Council, which has refused to comment.

One resident told the Daily Mail: ''Geoff is a great warden. He's got an Australian accent and people rib him about it, but nobody knew quite how much it was affecting him.''

Mr Stephens said that he had asked fellow wardens to stop making Australian jokes, but they didn't.


 イギリスでオーストラリア人が職場でオーストラリア訛りをからかわれたり、カンガルーの冗談など国籍関係の事柄でからかわれてばかりいて鬱になり職場を訴える、と。

上記記事で引用されているのはデリメであるが、
Aussie suing for race abuse after workmates call out 'G'day, sport'
By DAILY MAIL REPORTER
Last updated at 12:24 AM on 22nd January 2011

そのコメント欄


As far as I could see from that article nobody has actually referred to him a Skippy - at least he should be grateful for that. I wonder if he's married to or a boyfriend of a Pommy sheila?

- Sandy, A male in Double Standards England, 21/1/2011 23:53

スキッピーと呼ばれないだけ感謝せよ、と。

ou can have him.. he's been there too long he's become a whinging pom! Aussies are tougher than that! Sounds like he's out for a quick bit of tea and sympathy. - Jo in Australia, Ipswich Australia, 21/1/2011 He's definitely been here too long but as for a whinging pom, I've heard more sancimonious whinging from the antipodeans than from any other group. If he doesn't like it here, same as all the other complaining "visitors", go home!
- Chris, Green and pleasant land, 21/1/2011 23:53
Click to rate Rating 841 Report abuse
What's going on when an Aussie can't take a bit of crack? I wonder how many times he's called us whinging poms etc etc? ,,, In fact I think I'm going to move down south and apply for his job and then sue the people who employed me if I'm lucky enough for my colleagues like me enough to have a bit of banter with me about being northern. This character needs to man up and grow some cajones.
- Middlesbrough, Uk, 21/1/2011 23:47
Click to rate Rating 821 Report abuse
hey try living in America with an English accent! this bloke should just get a life or go back to Aussie land.
- Josef Jurkiewicz, USA, 21/1/2011 23:41
Click to rate Rating 873 Report abuse
You should hear what the barmy army sing about the aussies!!



例えば、アメリカでイギリス訛りはもっとからかわれぞ、など、そんなのあまい、あまい、という声が大勢のようである。


Aussie expat suing UK employer over 'racist' comments

By JR on Saturday, January 22, 2011

こちらのブログは同じ記事を扱った豪人によるブログのようだが、やはり、あまい、という感じで


I can well imagine that the comments would be tiresome but any reaction beyond that seems excessive. He must be unaware that the English are bigoted towards one-another too. Just ask a Yorkshire man about Lancastrians if you doubt that. I would tend to hit back with derogatory remarks like: "Well at least I haven't got a working-class accent". That would cause ire but would also stop the aspersions. The English are deeply embarrassed by any mention of social class and would not risk further mention of it



イギリス人というのは、豪人だけでなく、イギリス人同士に対してもひどいんだ、と。侮蔑的な言葉には侮蔑でもって返せ、と。例えば、「いやあ、少なくとも労働者階級者訛りはないよ」と言い返せ、と。

日本でも品の悪い下町の一部などでは、「この野郎、バカヤロ」「うるせ、タコ、禿げ野郎」「なにをこのデブ野郎」というのが挨拶代わりのところがないとも言えないかもしれないが、国全体がそんな感じなのだろうか?


 今回、BBCの2重被爆者の経験をお笑いのネタにしたケースでもそうですけど、これをもって外国人には理解しがたい、イギリス特有のユーモアのセンスだ、というのはいかがなものか?

 他国人も理解はするが、しかし、せいぜい、品のない、下劣な、あるいは、不謹慎なタイプの””ユーモア”としかいいようがないのではないか?

 この手の”ユーモア”を擁護し、かつ、悪びれずに、自慢するところが、がかえって英国的なのかもしれない。

Japan Probe のコメント欄にもあるが、ニコフJapan Timesのコラミストの有道ブログでは一番すごい。


I find the English approach more healthy.

イギリスのユーモアのほうが健全だ、という意見は紹介したが、


John K Says: http://www.debito.org/?p=8427#comment-236510
January 23rd, 2011 at 12:19 pm
Most Americans don’t get British irony/humour….why would anyone expect the Japanese too?

The BBC has nothing to apologise for. ・・・・・

アメリカ人がイギリス人のユーモアがわからないのだから、日本人がわかるわけないだろう、BBCは謝る必要はない・・・と。

イギリス文化との近接性云々というよりも、彼の国民に対する序列意識を反映しているという方が正鵠をえているのではないだろうか?


– The “apologists” (and, conversely, many of the “fans of the show”) have been deleted because they can’t make their arguments rationally, or without resorting to race-bating or revenge fantasies. There are plenty of other sites hosting them instead. Not here, thanks. They make a cogent argument, they get approved. But not unless.

この番組のファンでも日本側の擁護論者でも合理的でないコメントは削除されているそうである。つまり、有道ブログにでているコメントは合理的なコメントである、ということであろう。


 日本でもお国自慢をする人がいるし、私もそういった面があるかもしれんが、不当なことまでその国の文化として自慢することがあかの他人にどう映るか、知る機会にしましょうね。



 
関連更新 non-transferable






コメント