ぼやかせていただいております。

だからなにってわけではない投稿 他

2010年02月28日 19時55分35秒 | Weblog

新たな在留管理制度


New Immigration System

via Jonathan's Japan(ese) Journal • ジョナサンの日本(語)日記

チャート・デイビッドさんがうまくまとめられている。
参考にされたい。

なお、入国管理局によるものは、

New system of residence Management. (immigration Bureau of Japan)
新たな在留管理制度



 
Level3 Says:
February 28th, 2010 at 3:45 am
・・・・・

debito.org/?p=6040#comment-191369
Here’s a silly one, arrests for theft from vending machines are up 300% for gaijin.
In that it was 1 ONE in H20(1/2)and it leaped all the way to 4 in H21(1/2). 4 gaijin in all of Japan arrested for stealing from vending machines. Gaijin vandals!

J cop stats pages (in Japanese)
http://www.npa.go.jp/toukei/index.htm

Have fun, but watch out for Turkish people, there was a 491% rise in arrests of Turks. They must be very dangerous.

Jake Says:
February 28th, 2010 at 11:21 am
Good work, Level3 ― it’s pretty telling when you actually look into the stats and see where the numbers are coming from. Gaijin vandals indeed!


だからなにってほどのことはないんだが、

来日外国人犯罪の検挙状況(平成21年上半期)

2009.08.24


自動販売機ねらいの検挙件数は174件であり、前年同期と比べ、121件(228.3%)と大幅な増加となった
14項

Arrest が1から4云々というのは、検挙人員のことである。

本資料中の特別法犯に係る「検挙件数」「検挙人員」は、それぞれ送致件数、送致人員である。(目次手前)



逮捕、検挙件数、検挙人員など日本人でも混乱しやすい。


検挙
検挙と逮捕
送致
というから、身柄を拘束されて、検察に送致されたのが、検挙人員ということだろうか?


Did he apologize?

ARMCHAIR ASIA

via mozu

As the victims of Japan's wars will tell you, who still seek after 65 years a proper and sincere apology from Japan, what happens after the apology is what matters.


65年経ったのちでも適切で誠意のこもった謝罪を日本から求め続ける日本の戦争の犠牲者がいうように、謝ったあとが問題である、という前置きおいて、 豊田社長のあの謝罪に意味があったの?という含意である。

mozuさん曰く。

聴罪司祭気取りのナショナリストがなにかつぶやいている 

聴罪司祭・・・・メモメモ. φ(●_● )ノ)

 ぼくなんかは、日本の民族派が鏡にすべきような人だと思う。

 その他、攘夷憎悪系の日本の団体にしても、あまりにも稚拙で誰にも相手にされていないが、このセンセとか、もうひとりのセンセのところから学べば、海外特派員も肯定的に相手してくれるかもしれない。


韓国警察当局が男逮捕…銀座「ティファニー」指輪強盗事件

 韓国の警察当局は26日、日本と台湾の宝石店で約7億ウオン(約5400万円)相当の貴金属を奪ったとして、強盗容疑で韓国人のチョン・ヨンヒ容疑者(40)の身柄を拘束した。警察当局者が明らかにした。

 当局者によると、チョン容疑者は昨年12月31日、東京・新宿の三越新宿アルコット店の貴金属店「ティファニー」で指輪を奪って逃走。今年1月には、台北の宝石店でも指輪を盗んだ疑い。両事件について容疑を認めているという。

 警察当局は、チョン容疑者が賭博で多額の借金を抱えており、返済のために犯行に及んだとみている。26日、韓国東部・江原道で身柄を拘束した。

 韓国警察は自国で処罰する意向で、日本側は代理処罰を求める方針。

 チョン容疑者は昨年12月31日に来日。成田空港の待合室で1泊してから、翌1月1日朝に韓国へ出国したという。

 新宿と台北の事件は、指輪をはめたまま逃走する手口などが似ており、同一犯の可能性が指摘されていた。(共同)

この事件Pictures Of Foreign Thief Released (FG)でも以前紹介されたいた。

 これも、だからといって、なに、というわけではないんだが、この逃走場面のビデオの印象が残っていた。

更新


GiantPanda Says:
February 28th, 2010 at 6:42 pm
debito.org/?p=6040#comment-191407

Level3 I believe that the 98/99% conviction rate is for those individuals who are indicted. Suspects are arrested and held for 21 days while the police “investigate” and then the police decide whether to indict or not based on the evidence uncovered during such “investigation”. If insufficient evidence is turned up, then the police will usually not proceed with the indictment. This is basically what happened in the Savoie case. He was arrested, but the police decided not to indict. He would not be included in the conviction rate statistics, since the case never went to trial.

– It’s 23 days. 3 plus 10 plus 10.



ああやっぱ、有道センセのところじゃ、正確な法律知識は得られないようだね。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

つづき

2010年02月28日 12時11分59秒 | Weblog
もっとも、その国民国家の内部でもいわゆる”人種問題”や”移民””外国人”との緊張は絶えない。

最近の事例をいくつかあげよう。

Racism Problem At Marysville High School? 魚拓



MARYSVILLE, Ohio―Tears stream down Marilyn Taylor’s face as she talks about the six years she has spent in Marysville since moving from Kentucky.
“We moved here in 2004 in March. A little boy walked up to my daughter and said, ‘I’m going to hang you from a tree,‘“ Taylor said.
Taylor is African-American. Her daughter DaNeshia Isbell has been suspended twice this year after getting into fights and shouting matches with white students who call her all types of names.
The latest happened this week after a white male student called her a silver-backed monkey and an ape and told her she should go back to Africa.
“Me and him were going back and forth again, like cussing each other out, so he lifted up his shirt and showed this tattoo of a swastika―like this big red swastika,“ she said.
Isbell admitted that she used foul language during the altercation and the school said she was also using racial slurs.
The male student also had disciplinary action taken against him and police were called because of the swastika.
Isbell also has a phone message she received in January.
“White Power” the phone message says. “All them (racial slur) need to go back to Africa where they came from and spread their diseases there. We don’t need ‘em here in Ohio.“
The superintendent of Marysville Schools, Larry Zimmerman, says he doesn’t believe there is a racial problem at the high school, but admits other African-American families have complained.
“Occasionally, we’ll have some issues bubble up, but I wouldn’t go as far as to say there’s a racism issue in that high school. No, no more than I would say there’s one in the community,“ he said. “We’ve had some other families that have voiced an issue.“


 これは黒人の少女に対する学校でのいじめ。あるいは、”白人””黒人”の対立・緊張 アメリカ

School Secretary Fired for Translating for Concerned Parents
BY ALEX DIBRANCO
CATEGORY: STUDENT RIGHTS
PUBLISHED FEBRUARY 09, 2010



When a hysterical parent comes into a school crying that her seven-year-old son has been sodomized, what should a principal's first reaction be? Making sure nobody who works for the schools acts as a translator for the Spanish-speaking parent, of course.
Ana Ligia Mateo, a former secretary at a Devonshire Elementary in North Carolina, was hired as a bilingual secretary -- which makes sense, since nearly half of the school's student population is Hispanic, and many come from homes where English is not their first language. But in 2008, a new principal instituted a policy barring faculty or staff from speaking Spanish to parents. The policy seems to be motivated solely by anti-immigrant sentiment and racism. Yet Mateo was a constant rule-breaker


で、こっちは、スペイン語をしゃべる生徒の多い学校でスペイン語がしゃべれる秘書が雇われたが、学校での方針で親には英語でしゃべることになった。ところが、子供が性的虐待をうけた、というのでスペイン語をしゃべる親が学校に苦情にきて秘書がスペイン語で対応したら解雇ーーEnglish only アメリカ


Racism story stirs fresh anger at UCI
February 27th, 2010, 9:26 am · posted by Gary Robbins, science writer-editor

An opinion piece in UC Irvine’s student newspaper that questions the need for Black History Month has generated more tension on a campus where almost 30 people have been arrested this month in protests over religious, racial, political and financial issues. (Latest arrests).
The controversy also comes amid high racial tension farther south at UC San Diego, where students are angry about an off-campus party that belittled Black History Month. (Union Tribune story). Students also are outraged that a noose was found in the UCSD library
.

で、こっちもアメリカだが、今度は大学で、”黒人”週間なぞいらなくね、と学生新聞に意見記事がでて、騒動に、また、違う大学だが、ヌーズが大学の図書館に置かれているのが発見されて、これまた一騒動。このヌーズというのもアメリカの人種問題で深い歴史的意味・象徴になっているわけです。

で、今度はイギリス
British bus drivers in racism row after refusing to stop for girls in hijab
London, Feb. 27
:
British bus drivers have been accused of racism after they refused to pick up schoolgirls wearing the hijab in order to avoid trouble from their classmates over their Muslim headdress.


ヒジャブをつけた女性がいるのにもめ事にまきこまれたくないとして、バスの運転手が女性たちを無視して通過。
 緊張が高まっているようで、

26 February 2010

Police travel on Liverpool buses to stop racial abuse


 地域では、イスラム教徒が蔑称を使われていじめられいるという訴えもあるので、警察のパトロールを動員。

 日本はこうした緊張に耐えられるのですかね?

 とにかく言語の問題は大きいですよ。帰化要件としての必要とされる言語は低学年程度といわれるがそれでいいのかどうか?

 日本語による対話は民主主義の要であり、グループ相互の交流にとっても絶対必須でしょう。それができなければ、調和した友愛の社会なんてありえない。

 このブログでは外国人の方々に日本人との対話を呼びかけている。全然反応がない。日本語ができない、というのが一つの大きな原因でしょう。
 因みに、


Japan: The big debate (part 2)
February 21, 2010


Japan: Land of Absurd (11) – On idiots, racism and xenophobia
はまだやっております。下手な英語ですが。


で、サンボの件については、
Little Black Sambo Musical at a Daycare Center
24 FEBRUARY 2010

にURLをおいておきました。

 向こうで英語でのコメントはでているようですが、それじゃあ、埒が明かない。当該土地の言語や習慣を知らない、植民地にきた官僚が懐に手をいれて原住民のやっていることを非難しているのとそうかわらない。
 原住民がよびかけてもなしのつぶて。

 前途多難ですな。

P.S.
北条”くん、読み違いがあったら指摘してくれるとありがたい。あ、今回は有道ブログについてではないから、興味ないっか?
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

緊張 他

2010年02月28日 11時06分41秒 | Weblog


24 February 2010

Falklands diplomatic offensive puts UK on back foot


"Queen of England, I'm talking to you. The time for empires is over, haven't you noticed? Return the Malvinas to the Argentine people."
英国の女王よ、お前にしゃべっているのだ。帝国の時代は終わった。まだ、わからないのか? マルビナスをアルゼンチンの民に還しなさい。

フォークランド沖の油田めぐり英国とアルゼンチンの緊張高まる
2010年02月22日

というように緊張がたかまっている、といわれているが、フォークランド紛争のようにはならない、とは言われている。

仲良くしていただきたいものですな。



WORLD WAR II | 25.02.2010
Germany denies accusations it failed to pay WWII reparations to Greece


こっちはドイツとギリシャ、ドイツの雑誌がギリシャの赤字支出を指して、EUの裏切り者だ、と。で、ギリシャも、黙っていない。

Germany "took away the gold that was in the Bank of Greece … and they never gave it back."

ドイツは、ギリシャ銀行から金を盗んでいるんだぞ、と、また、
Greek MPs lash out at Germany over debt crisis
ATHENS, Feb 18 (Reuters)
- Greek opposition lawmakers said on Thursday that Germans should pay reparations for their World War Two occupation of Greece before criticising the country over its yawning fiscal deficits.・・・・・

"How does Germany have the cheek to denounce us over our finances when it has still not paid compensation for Greece's war victims?" Margaritis Tzimas, of the main opposition New Democracy party, told parliament.・・・
In 1960, Germany paid Greece about 115 million deutschemarks to compensate victims of Nazi persecution. However, some Greek pressure groups say this did not cover civilian victims of reprisals and a forced occupation loan.

ドイツはナチの賠償を払ったが、市民への賠償は済んでいない、というギリシャ人もいる、という。

・・・・たぶん、ギリシャでも娼婦になった女性いると思いますよ。その慰安婦について謝罪と賠償などお求めになったらいかがでしょうか?

痛ましい戦争の記憶 早いところ和解してもらいたいものですな。
慰安婦補償などは日本も経験があることですから、フェミニストのみなさんがお手伝いにいけばいいと思うのですが・・・


 そういえば、以前、mozuさんが、ルワンダ ジェノサイドにおけるフランスの過ちを大統領が認めた、という記事を紹介していた。

25 February 2010

Nicolas Sarkozy admits Rwanda genocide 'mistakes'


 謝罪と補償はいつくらいになるのかなあ?

いけませんな。罪は認めて、仲良く仲良く、と。



26 February 2010

Farage defiant after calling Belgium 'a non-country'


Mr Farage drew jeers on Wednesday when he told the chamber of the European Parliament that Mr Van Rompuy had "the charisma of a damp rag" and the appearance of a "low-grade bank clerk".
He accused Mr Van Rompuy, who was in the chamber, of having "a loathing for the very concept of the existence of nation states", adding: "Perhaps that's because you come from Belgium, which is pretty much a non-country."

Nigel Farage
From Wikipedia


 イギリスの政治家がベルギーは国家ではない、と言って物議。失言と言ってよいでしょう。ただ、彼によれば、

"The country was an artificial construction and we're now at a point where the Flems and the Walloons are barely on speaking terms.
"Belgium is a prototype for the entire European Union. Belgium is going to split, it'll do it within the next few years... and when you criticise Belgium, you criticise the flawed European Union model, and that's why they're really upset with me."


ベルギーは二つの言語、フラマン語ーフラマン人 ワロン語ーワロン人で、人工的にできた国で、じきに崩壊し、だから、ベルギーを批判すると、EUを批判していることになり憤慨しているんだろう、と。

 ある意味、現代の国民国家も人工物であるには違いないが、自然に見えるほどまでに、成熟した。EUがそこまでいけるか、どうかはこれからの課題であろう。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”発作” 他

2010年02月28日 03時14分18秒 | Weblog
Fears rise about a return of ‘Japan-bashing'

mozuさんといったから

 この記事の前提として、アメリカではトヨタの問題が大騒ぎになっている、とういうことだ。
 で、その大騒ぎ、に対して、日本側からは、トヨタ問題は、Japan bashing にまで発展するのではないか、という懸念があり、そうした反応の裏には、日本人には仲間はずれにされたくない、という意識が強いからである、といい、また、陰謀論もでている、という。

 どうだろうか?

 実際、どんなメーカーでも、また、その製品にせよ、無謬ということはありえない。だから、今回のような問題がおきることは、トヨタでもどこでも有り得る。それは大方の日本人でも承知のことであろう。

 たぶん、日本人が驚いているのは、それに対するアメリカ人の反応の大きさである。その騒ぎぶりは、狂乱、あるいは、発作に近いような反応にさえも見える、と言えば、大げさであろうか?

 日本人からの視点を理解するには、韓国のアメリカ牛に対するBES問題での反応を眺めるアメリカ人からの視点を想像するとわかりやすいのではないか、と思う。あれに近いものがある。

 問題は皆無ではない。しかし、反応が異常にみえるのである。

なお、 特集トヨタプリウス 時事ドットコム

 トヨタ社長のアメリカ議会への招致とGMの社長との日本の国会への招致というのは、無礼とか、なんとかいうよりも、アメリカがどれくらい強い反応を示しているか、を比較で示す材料であろう。

 あるいは、輸入牛に特定危険部位が含まれていたとして、米国食肉処理会社を非難し、その対応の遅さを非難し、社長を国会へ招致したら、やっぱ、狂乱のようにみえないか?

 その国会の質問のなかで、
“I'm not satisfied with your testimony,” she said. “You said your company grew too fast. Some smart lawyers gave you those words.” Rep. John Mica brandished documents accusing the company of avoiding proper recalls. “I'm embarrassed for you, sir,” he said. “This is absolutely appalling, sir.”


に似せて、「会社が急速に進歩して安全性に追い付かなかったって?弁護士に教えてもらったのかも知れないが、そんな回答には納得いきません。恥ずかしい話だ。信じられん」などと社長を追求したらアメリカ人はどう思うか、ということである。「日本国民の利益に反するのがGMのあるいは、○○肉店のやりかたなのか?」などの質問まででてくればなおさらであろう。

 トヨタ問題が他の分野に波及するという懸念も、全く根拠がない、ものではない。トヨタ=日本と同視した発言がいくつか米国側からコメントや記事などによって、発信されているからである。

(例えば、Posted Monday, February 08, 2010 9:01 AM
Japan Doesn't Get it
Katie Baker
参照)

 陰謀論といえば、コメント欄で教えていただいたものに

Toyota Recall - Government Motors exploits

 がある。日本人によるものではない。

auto-recallsによると、

1)トヨタ vs アメリカ政府が後ろ盾している自動車産業のリコール件数をみると、トヨタのが特に多いわけではない。

トヨタに問題がなかったわけではないが、

トヨタに対してだけ、この大騒ぎ。

2)トヨタの組合は、民主党の支持基盤である労働組合に入っていない。そこで、格好の標的になったのだろう、という。

2)に関しては、やはり、未だ陰謀論に過ぎない、と言える。
1)に関しても、大騒ぎに発展した理由として、トヨタの対応の遅さなどもあるかもしれないので、単純な比較はできないが、騒ぎの異常さを示している、とは言えよう。


 上掲記事は、また、ステレオタイプな日本人論を展開しているが、ここでアメリカ人論を展開するのも同じ過ちを犯すことになる。

 日本でも食品の表示偽装などがあった場合、ワイドショーなどで大騒ぎをしていた。

 しかし、今回の騒動は、あれ以上であること、アメリカでも、”こうした”発作”にも似たような反応を起こすことがあること、これは自覚しておいた方がよいだろう。

 もっとも、トヨタ側の対応の悪さにも問題があった。顧客の苦情に関しての対応の悪さがあったかどうか、それはまだ、わからない。しかし、ある程度騒動が問題になった以降の対応のまずさは、トヨタ側にも責任が大きい。

 そして、それはトヨタだけの問題では決してない。

 国民の声を見逃したか、軽視した自民党の没落ぶりは言うに及ばず、他の企業や団体にも似たようなこと言える。

 例えば、Japan Probeで、一部屋一外国出身力士について問題にしている。

 私も協会に電話して問題点を指摘しておいた。

 毎日も、

社説:外国人力士制限 新解釈は「勇み足」では2010年2月26

 もとりあげている。

 内輪内向きの自己満足体制で、後手後手受け身の泥縄戦術で、その地位にあぐらをかいて、かつての日本の各種ブランドが叩かれ、、没落していくのをみるのは忍びないものがあるものである。


更新

記者の目:大相撲は国際的格闘技を目指せ=大矢伸一 (東京運動部)毎日新聞 2010年2月25日


21世紀の大相撲は、米大リーグや英国・イングランドにおけるサッカーのプレミアリーグのように、各国のトップ選手が集うプロスポーツに生まれ変わるべきだ。日本人を応援しても構わないが、国際化の時代。国籍を問わず、世界一流の力や技、スピードを楽しめばいいではないか。

 相撲協会は23日の理事会で現行の1部屋1人の外国人枠を厳格化することを決めたが、時代に逆行していると思う。外国人枠は撤廃し、スカウト網を世界に広げるべきだ。加えて力士の待遇を向上させれば、世界中から我こそはという力持ちやテクニシャンがやってくるだろう。




 












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調査続行 ほか

2010年02月27日 11時14分31秒 | Weblog
Mozuさんのところか、いくつか。

「カンガルー300万頭撃ち殺す豪州に反捕鯨の資格あるか」 国際紙がコラムを掲載 mozu

先日紹介したNYTの豪の捕鯨問題に関する意見記事について。
ああ、そういえば、カンガルーについても書かれていたね。
ついでに、らくださんの虐殺していることもふれておいてほしかった。






February 26, 2010
Toyota and the Price of Modernity
By Charles Krauthammer


mozu

人身に危害を及ぼすものに関する原因をつきとめることは難しいし、製品には危険はつきもので、その対応にも微妙なものがある。


This is not to let Toyota off the hook simply because all products carry risk. Toyota executives have already admitted that they had underplayed the reports of sticking accelerators. They seem finally to have made a very serious, almost frantic, effort to correct what can be corrected -- the floor mat and sticky accelerator problem -- while continuing to investigate the more elusive possibility (never proved, perhaps never provable) of some additional electronic glitch.


mozu
すべての製品に危険が伴うからといって、トヨタは責めから逃れられるわけではないし、実際、トヨタの幹部は、アクセルに関する報告について、軽く見過ぎたことは認めており、ようやく、フロアマットとアクセルの固着問題について、修正できるものについては修正しましょうといい、その他の点でも、真剣で、きちがいじみたといえるほどの努力をしており、(実証されていない、あるいは、実証不可能な)他の把捉しにく電気系統の誤作動についても調査を続ける、といっている、と。

 

even the highest technology produced by the world's finest companies can be fallible and fatal


 最優良企業で生産されたハイテク製品でも、不確実で致命的なものになりうる、とし

the intelligent response is not rage and retribution

 
 怒りや報復するのは、知的な対応ではない、としている。

 記事の冒頭でも、豊田氏に対する公聴会については、全般的に落ち着いたもの、といってはいるものの、アメリカのトヨタに対する微妙な雰囲気をつたえる記事である。要するに、rageな雰囲気が沸々としているのだろう。それに対する、どちらかといえば火消しの記事である、といえる。

毎日によると、

トヨタ:大規模リコール問題 米下院公聴会 トヨタ社長らの主なやりとり

 24日の米下院監視・政府改革委員会の公聴会・・・・・

--米国民の利益に反するのがトヨタのやり方なのか。

という質問まで飛んでいる、という。


ABCも連日トヨタ問題を取り上げているのだが、



Expert Recreates Sudden Acceleration in Toyota
Dr. Dave Gilbert recreates 'scary' sudden acceleration with short circuit
02/22/2010 Video


”専門家”へのインタビュー・実験を紹介している。
トヨタは電気系統の誤作動はない、としているが、

電気系統の誤作動がないとは言い切れない。
あった場合でもコンピューターの記録に残らない、として、

道路で走行中のトヨタ車を”人為的”に回路をショートさせ、
怖い体験を紹介し、
この場合、記録には残っていないところを示す、


といった報道をしている。聞き取りがだめなので、誤解がなければの話だが。で、誤解がないとすると、

科学的な調査報道とはいえまい。

これならどこの車についても言えよう。
そして、問題は、当該自動車の設計・構造でそのようなショートが起きるか、どうか、ということだろうが、その点についてはふれていない、ようだ。

 元内部弁護士の告発やら、憶測やらで連日のようにトヨタは叩かれている。

 こうしたアメリカの反応様式というか、雰囲気というのは、やはり把握しておいたほうがいいだろう。

・・・・と、ここまで、書いていたとろこで、


「暴走」レクサス、転売された後はトラブルなし
 【ワシントン=岡田章裕】米高速道路交通安全局(NHTSA)は26日、トヨタ車の急加速問題を検証するため、23日の下院公聴会で取り上げられた「レクサスES350」を買い取ったと発表した。


 このレクサスは、公聴会で証言したロンダ・スミスさん(テネシー州)が使っていた。スミスさんは、2006年にアクセルを踏まないのに時速160キロ・メートルまで加速したと、恐怖の体験を涙ながらに証言している。

 スミスさんは、この車を走行距離が3000マイル(約4800キロ)の時点で他の人に売却した。現在の走行距離は約3万マイルに達しているが、米メディアによると売却後、この車は何のトラブルも起こしていないという。

(2010年2月27日10時45分 読売新聞)


というニュースも入ってきている。

U.S. to test Lexus model cited in Toyota hearings
Fri Feb 26, 2010 7:35pm EST

By John Crawley

NHTSA did not perform tests on electronics and the car was later sold to an owner who drove it for 27,000 miles and reported no acceleration problems, the Transportation Department said.


の部分を言っているのだろう。


 本件については、これからも調査を継続する、とのことである。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

つづき

2010年02月26日 22時17分01秒 | Weblog

同校の慎基成(シンギソン)校長が学校運営の現状と課題を報告。多摩地区にある同校と町田市の二校が、児童、生徒への助成額が国内で最も低いことを指摘し「東京区部の補助金の年額平均は一人当たり約九万三千円だが、多摩地区は約二万八千円だ。学校運営に必要な三分の一ほどの予算しか確保できない(東京新聞 2008/6/30[ニュース保存用])


といわれ、各種学校として補助金は受けているわけだ。また、記事では大学への行く方策もある、と。
 また、日本の漢字表記に自分の韓国名の漢字表記がないため、帰化するときに名前の変更を強いられる、という苦情に対しては、平仮名、片仮名をつかうことも可能だ、との返答。

 正当だろう。中国や台湾、あるいは、韓国で使われているからといって、日本でも使え、というのは傲慢だろう。
 

Jim Says:
February 25th, 2010 at 3:31 am
http://www.debito.org/?p=6017#comment-191193

I am so glad after 5 years I left Japan. Now having been back in America for 7 months, my Japanese wife and daughter and I are so happy not to have to endure what we had grown accustomed to. It is like emerging out of hell in a way. All I miss are the onsens and not having to worry about smoke in a restaurant or getting smashed in a train with a child in tow makes me barely recall them. I look back and think how stupid I was to waste time studying Japanese and working there and all I suffered. You would have to be crazy to live in Japan. America for all its issues, is 100 times better. Why are so many of you suffering there putting up with issues such as these?

Good luck to you all but know that you wouldn’t be suffering this in your home country along with everything else.

– Oh I’m sure we’d find other stuff to miss if we’re not in Japan, and other stuff that would get on our nerves overseas. But points taken.

Eric Says:
February 25th, 2010 at 4:44 am
I have to agree with Jim – I’m leaving Japan in one month and I have no plans to ever come back. Regarding this sort of racist idiocy, nothing is going to get better in our lifetimes and it will probably only get worse. Sorry Debito, even though you’re fighting the good fight, this is the truth. For anyone thinking of coming to Japan for work or study you should really reconsider.


有道ブログである。

ジム君は5年いたが日本から米国に帰国。よかった、よかった、と。
エリック君も日本から出て行く、という。
そして、読者に日本に来るなら考え直せ、と。


ああ、本当によかったね。よかった、よかった。

しかし、嫌な日本から離れても

 
 日本人と結婚し日本人と友好をはかろうとするトニーラズロ氏の人格攻撃をし罵り、指紋の消し方を伝授し、不法滞在者マニュアル記事を英訳したり、民事訴訟で証拠偽造してもばれない、というコメントをしたり、日本人の子供を不法に暴力的拉致を請け負うサイトと連携したり、日本人レイプ被害者の実名を公表して、不都合な議論は隠蔽して、被害者を嘘つき呼ばわりまでして、外国人被告人をかばったり、日本人について実名をあげて、名誉を毀損する危険のある事実を摘示し、多数または不特定のものが認識し得る状態においたり、日本人客お断りの店を企画し、あの変態記事waiwai推薦したり、日本人の大半は脳なしだ、日本ではゲシュタポがいる、日本では、外国人を殺しても容赦される、 日本人は絶対に信用しないし、今後もしない日本では結婚すべきでもない、子供ももつべきではない!! 日本に関して嘘は百をまくしたてて、日本にくるな、、fuck you などと叫びながら、嘘を指摘するコメントは非公開にする、Japan Times のコラミストのブログを”偶然”読みふけって投稿している、というところに屈折したものを感じないわけでもない。


トヨタ、広報体制見直し コミュニケーション改善室新設

2010年2月26日20


トヨタ自動車は26日、各国の監督当局やメディアへの対応を見直す「改善室」を設置したと発表した。豊田章男社長直属の組織。背景には、一連の大規模リコール(回収・無償修理)問題で対応が後手に回り、トヨタの内向きな姿勢に批判が強まったことへの反省がある。

トヨタに限ったことではあるまい。
日本政府も受け身、内向きでは前途多難だ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

よかった よかった 他

2010年02月26日 20時23分20秒 | Weblog
たいした事件もなし、と。

 ポッキーダンスというものがあるらしい。で、忽那汐里、ダンテとポッキーダンスのコラボ
2010.2.26 00:52
ということ。ダンテさんていうのは、ソフトバンクのCMにでていたひとね。そういや、この間、若い女性がこの人のファンだといっていた。
 (なんちゅうか、外国人の方におかれては変な深読みしないでね。たぶん、日本人は理解しない)
 

Race-hate fears over fatal bashing
NICK RALSTON
February 24, 2010


Victim ... Mohd Shah Saemin
Malaysian officials have called on the NSW police to ensure the bashing death of a Malaysian-born man outside his home in Sydney was not a race-hate crime.

Mohd Shah Saemin, 43, pictured, a driver for the Malaysian consulate, was attacked with a hammer and stabbed by two men outside his unit in Marion Street, Leichhardt, about midnight on Sunday.


シドニーのマレーシア出身の男性が殺害されたが、それが、ヘイトクライムではなかったかどうか、しっかり調査しろ、とマレーシア高官。


The referee who alleged he was sexually harassed by the former German Football Association's refereeing advisor Manfred Amerell has spoken of his anguish.


GettyImages
Michael Kempter has made allegations against Manfred Amerell
Michael Kempter told the Bild newspaper he had to put the story into the public domain to try to protect other young officials from being placed in similar situations.
Kempter - at 27 one of the youngest referees on the FIFA list, which allows him to take charge of international matches - approached the German FA (DFB) before Christmas seeking help after claiming he was being pestered by Amerell.

Amerell, who has always pleaded his innocence, has since stood down from his position after the DFB admitted they had evidence which supported Kempter's allegations.


 ドイツのサッカーの審判員が職場でのセクハラパワハラで訴え。で、被害者とされているのは男性だが、訴えられている Manfred Amerellってひとも男性・・・だと思う。この人は無罪を申し立てているが、職は辞職している、という。
 本当なら被害者は可哀想だが、しかし、へんな事件ですな。日本でもサラリーマン男性が、上司にパワハラ、セクハラを受けた、という事件がでてくるかな? 


Japan disputes racism allegations at U.N. panel
Friday 26th February,

 国連人権委員 vs 日本


Japan does not need laws to combat racial discrimination, a Japanese official said Thursday as Japan’s racism record was examined by the U.N. Committee on the Elimination of Racial Discrimination

日本の高官は、日本は反差別法は必要ない、と。
しかし、これは誤解を招く表現であろう。
憲法は法律であるし、人種差別による人権侵害に対しては、憲法14条が民法の規定などを通じて、人種差別・違法とされるわけだし。


I don’t think the situation in Japan is one of rampant discrimination, so we will not be examining this now.’

差別行為はそれほど、蔓延していないのだから、現状では必要はない、と。これは正当だろう。
 欧米などの暴力的なヘイトクライムというのはほとんどない、といってよいだろう。強いて、言うと、入居差別などが考えられないわけではない。もっともこれも残念ながらしっかりした調査があるわけではないが、

在日韓国人:入居差別の実態訴え 李さん講演--尼崎 /兵庫

高齢者らが学ぶ夜間中学の尼崎市立成良中学琴城分校(同市南城内)で19日夜、
入居差別訴訟を戦った在日韓国人3世の団体職員、李俊熙(イチュニ)さん(29)=
尼崎市=が講演した。

李さんは、国籍を理由に賃貸住宅への入居を拒否されたとして、家主らを相手取り、 損害賠償請求訴訟を起こした。神戸地裁尼崎支部は今年1月、「韓国籍であることを入居拒否の理由にしており差別にあたる」と認定し、家主に慰謝料などの支払いを命じた。大阪高裁は今月5日、李さんと家主側双方の控訴を棄却し、1審判決が確定した ソース:毎日新聞・兵庫版 via [2 ちゃんねる]

というような個別訴訟でも、国籍差別は違法な不法行為として、賠償がある。

 国連に報告された差別の事例として、
 
They showed a video of a group of Japanese nationalist protesters waving flags and protesting in front of a North Korean school in Kyoto Prefecture, shouting phrases such as ‘‘This is a North Korean spy training center!’


以前JPでもとりあげていた、、North Korean school uploads video of protest to YouTube

December 22nd, 2009 by James
 右翼による、北朝鮮の学校に対する抗議活動がだされている。
 本件については、公園に私的な私物を設置したのは学校側に非があるのかもしれないが、しかし、この悪態ぶりには誰がみてもげんなりするだろう。
 このように、人種差別発言、悪態をさらせば、仮に主張が正当でも、相手に待ってましたとばかりに利用される。

 北朝鮮系の会社を捜索したとき、朝鮮系と思われる人が警官に対して悪態をついている写真がでまわり、悪態をついた人達が顰蹙をかったのと同様である。
(しかし、日本・日本人に関する嘘雑言をいう有道ブログには一部欧米人はなぜか甘いどころか支援するものまでいる。)

 こうした北朝鮮学校に人種差別発言をし、悪態をさらし続けている人達は、むしろ、北朝鮮学校のために、日本の利益に反することをしている、というわけだから、皮肉である。


Many committee members asked questions about the Okinawan population, some groups of which are fighting to obtain recognition as an indigenous population.

一部の沖縄の人達は先住民としての地位を確保したがっている、という。
 郷土の服飾、踊りや方言などを保存しようというのはいいが、沖縄の人達にせよ、いわゆるアイヌの人達にせよ、現代の日本に、他の日本人と統合して生活しようというわけだから、欧米の先住民と同様な扱いを、というのはやはり、ちょっと、無理がある、ようにも思う。

部落問題について言及され、さらに、


Other questions raised included educational opportunities for students of non-Japanese schools, and reports that some individuals had to change their last name to a pre-approved Kanji when obtaining Japanese citizenship.

Foreign schools in Japan get tax credits and subsidies, a delegate from the Education Ministry said, and students from many, especially Korean, schools had access to Japanese universities.

Counselors are available for foreign students joining Japanese schools, the delegate added.

On the name-change allegation, ‘‘in order not to create inconvenience in their social life, it would be better to pick an easier to use character,’’ a member of the Justice Ministry said. ‘‘But you can also use hiragana and katakana.’‘

民族学校の問題。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界の価値観

2010年02月25日 07時19分55秒 | Weblog

Inglehart Values Maps 


via mozu

世界の価値観


参考 Global Creativity Index・Religious Restrictions in the 25 Most Populous Countries
December 2009 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つづき

2010年02月25日 04時35分26秒 | Weblog

Misguided Emotions

By PHILIP BOWRING
Published: February 23, 2010

via
mozu

 
 捕鯨問題について意見記事だが、いいところついている。

But such outbursts in favor of one member of the mammal kingdom by a major exporter of red meat is likely to do more damage to Australia’s image than to Japan’s.

 ほ乳類でなんでそんなに鯨の保護だけに極端にこだわるのか、(オマイラ牛肉輸出国じゃろ)、と。
 
But such assumptions of its rights and duties in international waters can easily keep alive lingering Asian resentments of Western colonialism

 正義ぶった面しているが、そうしているうちに西洋の植民地主義をアジア人に喚起させてやばくね?と。

Japan's experience should comfort economic policymakers
By Edward Hadas, Reuters Breakingviews
Published: 7:23PM GMT 23 Feb 2010

これもmozuさんといったから、

However, Japan had advantages in dealing with a financial collapse. It has a high savings rate, a big trade surplus and a powerful tradition of cultural and political unity. Few Western countries have all of these. Most also face almost Japanese-style demographic challenges. They will be fortunate to do as well as Japan.


日本経済も悪いが、西欧諸国だって似たようなもんで日本のようにできれば幸運だ、と。

 どっちにせよ、景気のいい話ではないね。


Jonholmes Says:debito.org/?p=6000#comment-191163
February 24th, 2010 at 1:15 pm
The Hikikomori gloater at http://blog.goo.ne.jp/kentanakachan suonded more like he was sulking at Japan being passed over for China, of all places.

The nuance seemsed to be on the lines of Oh, you dont like Japan, well leave and good riddance! but correct me if I m wrong.

Definite case of sour grapes.


有道ブログのコメントである。また、紹介してもらった。

Jonholmes氏もそっちに引きこもってばかりいないでこっちで議論しないか?


 有道ブログのad hominem攻撃や藁人形論法は飽きたよ。いい加減にしな。


 それにしてもセンセ、こうした投稿に関係もなく、自分に都合の悪い人達に対するad hominem攻撃を許容するのは

 
 日本人と結婚し日本人と友好をはかろうとするトニーラズロ氏の人格攻撃をし罵り、指紋の消し方を伝授し、不法滞在者マニュアル記事を英訳したり、民事訴訟で証拠偽造してもばれない、というコメントをしたり、日本人の子供を不法に暴力的拉致を請け負うサイトと連携したり、日本人レイプ被害者の実名を公表して、不都合な議論は隠蔽して、被害者を嘘つき呼ばわりまでして、外国人被告人をかばったり、日本人について実名をあげて、名誉を毀損する危険のある事実を摘示し、多数または不特定のものが認識し得る状態においたり、日本人客お断りの店を企画し、あの変態記事waiwai推薦したり、日本人の大半は脳なしだ、日本ではゲシュタポがいる、日本では、外国人を殺しても容赦される、 日本人は絶対に信用しないし、今後もしない日本では結婚すべきでもない、子供ももつべきではない!! 日本に関して嘘は百をまくしたてて、日本にくるな、、fuck you などと叫びながら、嘘を指摘するコメントは非公開にする、Japan Times のコラミストのブログのヘイトサイトの性格をよくあらわしている、といえる。
 
 更新
ついでに、
Japan: The big debate (part 2)
Japan: Land of Absurd (11) – On idiots, racism and xenophobia

こっちはまだやっている。下手な英語だが、特に、有道ブログの人には、参考にしていただきたい。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

unfortunate expression 

2010年02月25日 04時34分25秒 | Weblog
MSNBC Regular Donny Deutsch Slams Marco Rubio With Racially Charged Attack: He's a 'Coconut'
By Scott Whitlock (Bio | Archive)
Tue, 02/23/2010
- 13:35 ET

MSNBC and CNBC contributor -- and professed Charlie Crist admirer -- Donny Deutsch used racially charged language on Monday night, smearing Republican senatorial candidate Marco Rubio as a "coconut."



Video: Donny Deutsch calls Marco Rubio a “coconut”; Update: I didn’t know it was a slur, says Deutsch


 正直よくわからん記事なのであるが、あるテレビのレギュラー陣が南米系の政治家についてココナッツcoconutといった、ということで問題にされているようなのだが、なんだかよくわからなかったが、要するに、外見は南米系、内側は”白人系”という意味らしい。
 似たような言葉で、Bananaというのは知っていた。これはおれらのような”黄色人”に対して、肌は黄色、中身は”白人”という意味で使われる。
 同じように、 oreoというのもあるらしい。これは外見が”黒人”、中身は”白人”ということらしい。
 まさかとは思うが、褒められているのだ、と勘違いする日本人がいると、いけないので、ココナッツについての解説も掲載しておく。
Coconut,’ for those lucky enough to have missed it up to this point, is a derogatory racial epithet hurled against dark-skinned individuals deemed insufficiently ‘authentic.’ It suggests that the individual in question is ‘brown on the outside, white on the inside.’ When used by someone of the same ethnic identity as the slurred individual, it takes on the additional connotation of ‘race traitor;’ when used by someone of Caucasian ancestry, it typically represents an opportunity to express racial hatreds in a socially acceptable manner.


 南米系の人から南米系の人に使われれば、「裏切り者」という意味合いがあり、”白人”の人から使われれば、体よく人種憎悪を表現する場合に使われる、という。
 
 もうひとついうと、写真みると、この政治家の肌の色が茶色とは見えんのだがなあ。まあ、通俗的な「人種」概念がいかにあいまいな文化的構築物であり、度の強い色眼鏡であるか、よくわかる、といったところか?

February 24, 2010
France state railway sparks racism fury with warning on Romanians

Adam Sage, Paris


The French state railway network has been accused of racism after asking passengers to report Romanians to security staff following a spate of thefts.

A safety information notice posted in SNCF trains in southwest France warned of “problems with Romanians” and said that “numerous thefts of luggage have been noticed”.
In terms reminiscent of the Italian Government’s onslaught against alleged Romanian criminals, the message told passengers to be “doubly vigilant” and added that “all acts by Romanians must be reported”.・・・・・・

As the controversy threatened to sour relations between Paris and Bucharest, the SNCF issued an apology, blaming the “unfortunate expression” on an individual guard and saying that the signs had been taken down as soon as executives in Paris had been alerted.



The sign relit a debate that has never gone away in France over the wisdom of allowing Romania to enter the European Union ― seen as an error by a substantial slice of French public opinion.

It also unleashed a wave of anti-Romanian sentiment on French websites, with one user, for instance, saying: “Everyone knows that they send children to steal from tourists and travellers.

“Police catch them every day but must release them because they are minors.”

French newspapers regularly report alleged criminal acts by Romanian gangs. They said last month that eight Romanian children aged between 12 and 17 had been arrested for allegedly stealing a total of €20,000 (£18,000) from people withdrawing money from cash dispensers in the Paris region.

Last year the media noted the arrest of a Romanian gang suspected of stealing from supermarkets on the French Riviera.

In 2008 a French sports journalist was reprimanded by the Higher Audiovisual Council for describing Romanians as “chicken thieves” during a football match between France and Romania.

Silvio Berlusconi, the Italian Prime Minister, has been accused of stigmatising Romanians in Italy after blaming them for the country’s crime wave.


「ルーマニア人による盗難続発中、ルーマニア人の行動はご通報下さい」と、でも書いてあったのだろうか?フランスの公共列車のポスターである。
 さすがに、ルーマニア政府は怒る。フランス国鉄は unfortunate expression、残念な表現があったとして、謝罪。

(unfortunate を使うのは、豪州との捕鯨問題につき、unfortunateとした岡田君だけではないんだね。)

 もっとも、フランスでは、ルーマニアのEU加盟を快く思っていない勢力やら、ルーマニア人の犯罪をかき立てるメディアやら多いらしい。イタリアもその点では同様らしい。

Japan Sumo Association places new restrictions on foreign-born wrestlers

February 24th, 2010 by James


 これは、昨日も取り上げた相撲部屋の外国人枠の問題。
外国人枠が狭いだろう、という点では私もそう思うが、しかし、報道からは、はっきりしない点もあるのも事実である。

 まず外国人枠については、いろいろ論争はあるようだが、海外でも他のスポーツでも、一応は容認されているようである。

6+5 rule

欧州サッカー外国人枠削減、どう思いますか?

外国人枠 (日本プロ野球)

Rugby
foreign player quota foreign player policy

Gatting's war on foreign players

Domestic Cricket Tournaments Not To Have Foreign Players

さて、問題は親方衆の申し合わせの内容であるが、各種新聞をみると大方、

入門後に日本国籍を取得した力士を含めて1部屋1人の申し合わせ事項が再確認された。2010年2月24日 日刊スポーツ 


というところで、一致している。要するに、外国人枠というより、外国人入門枠ーーー枠というより、枠の入り口ーーーーを当該外国人入門者が 帰化しようとしまいが、引退するまで、外国人に関しては、1人に限定する、ということであろう。
(更新、もう少し言うと、要するに、ある部屋について、一度外国国籍者が門をくぐれば、それ以後その力士が引退するまで、外国国籍者はその門をくぐれない)

 これではかなり外国出身の力士志望者が限定されてしまう。
 また、そうしたことが必要がどうかも怪しい。むしろ有能な力士を広く募集して切磋琢磨させたほうがいいともいえる。

 それはそれとして、問題は、

 
日本相撲協会は23日、東京・両国国技館で理事会を開き、1部屋1人の「外国人枠」を「外国出身力士枠」に切り替えることを決めた。(スポニチ 2月24日)


 という報道もある。

 こうなると、JPのLBさんの指摘するように憲法14条平等原則に反する違憲の嫌疑さえでてくる。

 仮にフィリピン人のご夫妻が子連れで日本に来日したとしよう。子供が中学生、高校生になって、家族で日本に帰化したとしよう。子供の国籍は日本人である。(たぶん、文化的にも日本の素養を身につけている。)しかし、外国出身帰化人である。とすれば、ある部屋にすでに外国人がおり、外国人入門枠を使い切ってしまっているとすれば、その部屋には入門できない、ことになる。しかし、もともとも日本国籍をもっていた日本人なら入門できる。同じ日本人が出身地による差別を受けている、ということなる。

 私は、親方衆がこうした事例を念頭においたものではない、とは思う。
 また、外国人枠ではなく、かなり制限された外国人入門枠にしたのも狭量な判断であった、と思う。外国人枠を拡げても問題はないし、また、いわゆる”抜け道”も問題なかろう。要は親方衆が彼等の願う伝統にそった力士を、日本人であっても外国人であっても、育てれば良いだけの話である。ブルガリア出身のなんとかいう力士は非常に好感の持てる青年である。ああした力士を育てれば良いだけの話である。

 JPのコメントでは、日本人の両親から生まれた外国生まれの場合も差別されるのか?などというコメントもある。偶然、両親が印度に旅行中生まれても、外国出身であるとも言える。

 「外国出身」というのがかなりあいまいな表現で、さまざまな憶測を呼んでしまった、とも言える。

 正直、相撲協会が頭のよろしい団体とは全然思わない。相撲やってタニマチからごっつぁんです、で甘やかされてきたのだろう。しっかりとした自己改革をしていただきたい。

 また、日本のマスコミの方々も外国出身の方々からこうした疑問がでていることを相撲協会に伝えて欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だと、思う

2010年02月24日 06時51分05秒 | Weblog
追加

コメント欄で教えていただいた記事とその関連記事
園部元最高裁判事が衝撃告白、参政権判決「政治的配慮あった」

2010/02/19 Iza



園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。

 判決理由については、「憲法の地方自治の本旨に従って、特定地域と非常に密接な関係のある永住者に、非常に制限的に選挙権を与えることが望ましいと判断した」と証言。歴史的経緯があり、何世代にもわたり日本国内に在留する韓国人、朝鮮人、台湾人に限り、住み続けている地域に限定して地方参政権を付与することは、「全く憲法違反だとは言い切れないという判断だった」という。

 園部氏は当時の判決について「金科玉条で一切動かせないとは考えていない」と述べ、時代の変化に合わせ見直すことも可能だとした。



 これは大きい。法律の重鎮たちが、こうなると、もう推進派はかなり厳しくなる、と思われる


 
一般永住者まで付与の対象とした場合、小さな自治体に特定国の外国人が集団移住し、キャスチングボートを握る可能性も指摘されている。この懸念について園部氏は「もっともだ。そこまでして、門戸を開く必要はない」と明言した。

 ただ、園部氏は永住外国人への参政権付与は合憲との立場は崩していない。判決時の「政治的配慮」を認め、「無理やり連れてこられて、参政権がほしいのなら帰化すればいいというのは、先祖を大切にする韓国人にとっては簡単なことではない」とも述べた。


 この判決のときも無理矢理云々という言葉があったように記憶するが、しかし、確かに、植民地支配中徴用された韓国人が沢山いたのは、事実だが、徴用された人々は戦後帰還、残った人々については、
当時の新聞(1959年7月13日朝日新聞)は、

在日朝鮮人の総数は約六十一万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は二百四十五にすぎないとされている。
となっており、他の資料でも、強制連行神話は崩される方に傾いている。
 もっとも、徴用されて残った人もいるだろうから、その点についての考慮ということなら、まだ理解の余地がある。

 「それでは酷だ」という法律家的な情に満ちた判断とも言える。

(なお在日朝鮮韓国人問題も参照)


外国人夫のDVに悩む日本人妻が増加 永住許可抹消に壁

2010/02/23


今月4日、国際結婚した日本人妻5人が東京・霞が関の法務省を訪れ、素行不良の夫の永住許可取消と入国拒否を求めた。この中の1人で、離婚係争中の新潟県内に住む40代の主婦は、外国人夫が収入を家計に入れず、さまざまな形のDVにさらされてきた。

 女性が調べたところ、結婚前に夫が入国管理局に提出した本国発行の「独身証明書」は偽造されたものだった。本国に家族を残して日本で仕事をするために、独身と偽って日本人女性と結婚、永住許可を取得したのだった。

 新潟県警によると、同県内の平成21年の配偶者への暴力件数は470件で、うち外国人配偶者との間で起きた事件は3件。ただ、相談件数は35件に上り、14年に初めてこうした相談があってからの最高を記録し、問題が深刻化している。「例え別れても(外国人)夫が日本にいると何が起きるかわからない。永住許可を取り消して、入国できないようにしてほしい」との訴えにつながるわけだ。

 永住許可は提出書面が偽造だった場合などには取り消されるが、東京入国管理局は「地方で独自に審査するため、裏付け調査などに膨大な時間が必要になる」と指摘、運用上には大きな壁が存在することがわかる。


しかし、「独身証明書」は偽造ならば、重婚で、許可取り消し、ということにならないのだろうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tokyo Edogawa-ku LDP flyer, likens granting NJ PR suffrage to UFO alien invasion. Seriously.

Posted by debito on February 24th, 2010
debito.org/?p=6017





ついでに解説しておこうか?
これもサンボと同じでたぶんに英語圏の偏見を投影しているように思う。
UFOが日本を照らしている絵。
ここから日本人は何を連想するか、というと、「守りましょう、日本」とあることから、①単純にその日本が照らされている、ことを連想するくらいではないか、あるいは、②日本を守っているUFOであろうか、(その場合、UFに載っているのは江戸川自民党員か?)しかし、外国人参政権反対のパンフだからといって、③「外国人が乗っているUFOが日本の領土を侵略している」ように見える人はどれくらいいるのだろうか?
しかし、英語だとご承知のように
alien
1 《法》(滞在国の国籍をもたない)在留[居留]外国人
2 よそ者, 門外漢
3 (SFで)宇宙人, 異星人.
だから

以前
紹介したように不法移民が、写真のような宇宙人として表象されることもあるのである。

そこでこのパンフをみて、外国人=宇宙人→UFO 侵略、というように解釈したのだ、と思う。

 外国人参政権については、賛否両論あるが、反対派の意見としては標準的なものであろう。

 なお、最近アメリカの議論で,vote という英単語も読み書きできないような人になぜ、投票の権利を与えるのか、という議論もある。まともに読み書きもできない外国人もいるのである。その国の言葉があまりわからず、従って政策も理解できない場合、 
 日本人と結婚し日本人と友好をはかろうとするトニーラズロ氏の人格攻撃をし罵り、指紋の消し方を伝授し、不法滞在者マニュアル記事を英訳したり、民事訴訟で証拠偽造してもばれない、というコメントをしたり、日本人の子供を不法に暴力的拉致を請け負うサイトと連携したり、日本人レイプ被害者の実名を公表して、不都合な議論は隠蔽して、被害者を嘘つき呼ばわりまでして、外国人被告人をかばったり、日本人について実名をあげて、名誉を毀損する危険のある事実を摘示し、多数または不特定のものが認識し得る状態においたり、日本人客お断りの店を企画し、あの変態記事waiwai推薦したり、日本人の大半は脳なしだ、日本ではゲシュタポがいる、日本では、外国人を殺しても容赦される、 日本人は絶対に信用しないし、今後もしない日本では結婚すべきでもない、子供ももつべきではない!! 日本に関して嘘は百をまくしたてて、日本にくるな、、fuck you などと叫びながら、嘘を指摘するコメントは非公開にする、Japan Times のコラミストのブログの、日本人とは日本語で議論する能力がないか、その意思もない人達に扇動されて自分が思っていた政策ではない党や政治家を選択することも有り得ない話ではない、ということだろう。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国際結婚 そのほか

2010年02月24日 02時51分36秒 | Weblog
Interracial couples face discrimination from others
By Caylor Ballinger | Lubbock Avalanche-Journal
Tuesday, February 23, 2010
Story last updated at 2/23/2010 - 12:26 am
 魚拓

アメリカでの国際結婚、まあ、アメリカだと人種間結婚と呼称するのかねーーーそれについてのわりに参考になる記事。



“People warned me that my children may be treated differently here,” Julia said. “I really did wonder if they would.”
Some people act surprised when they realize these are his children, Lap said.
“One time I took my son to Wagner Park and a woman came up and asked how come he is really white,” Lap said. “The way she said it was kind of strange, I thought.”
In general, the comments come from people when they look at our kids, Lap said. Things like, is your wife from Vietnam, and they will ask a lot of questions I guess they are surprised.
The couple said the people of Lubbock have been very nice to them, and the only comments were out of surprise about the children.


 これは白人の方と、ベトナム人の方の結婚のケースで、結婚前には子供が他の子供と異なった扱いをうけるよ、と警告されていたが、実際には、みんな親切で、ただ、驚きから、いろいろな質問を受けたりする、という。



“In my language we don’t even have words like race or ethnicity,” Lap said. “Here racism is a common word.”


 面白いことに、ベトナム語では、人種や民族に相当する語がない、という。
 まあ、”白人”や”黒人”や”黄色人”というのも多分翻訳語でしょう。個人的にはこうした言葉は使用停止してしまったほうがいい、と思う。区別にあまり根拠がないし、名詞化することによって、それに対応する何か実体・本質があるかのように錯覚する。人として、大きく括って、肌の色の特徴を言いたいなら、日本なら色黒、色白程度でいいと思う。ただ、翻訳するとき困るからなああ。


Christina Harris, Ph.D., an assistant professor of cultural anthropology at Tech, said her experience as a child of an interracial couple was not always so bright.
“I’ve experienced discrimination as a child of an interracial couple and that was a real eye opener,” Harris said. “My mother is Asian and my dad is white.”
When she lived in Michigan in elementary school, Harris said, she remembered a difficult time when the class was studying World War II.
“We were studying Pearl Harbor in the second grade,” Harris said. “A kid pointed at me and said, ‘You did that.’ I just remember crying a lot about that.”In middle school her family had moved to Japan, where, Harris said, she received another dose of discrimination.
“In sixth grade my family was living in Japan,” Harris said. “I remember some Japanese kids would shout ‘foreigner’ and throw rocks at my sister and me.”
Unfortunately, racism still exists, Harris said. Although in her case she said it was not a struggle and overall life has been a very positive experience.
“In the U.S. people see me as looking Asian, but in Japan I didn’t quite look Japanese,” Harris said. “It’s such a complicated thing, but that’s the way people are. We have to categorize people.”


 こっちは、母親が日本人、父親がアメリカ人。アメリカの学校でパールハーバーのことを教わったときには、「おまえがやったんだ」といじめられ、日本では「外人!」といわれながら妹も彼も石を投げつけられた、という。アメリカでは、アジア人、日本でも日本人にはみえない。


“There should be more cross-culture programming to show how different some places are,” Harris said. “Miscegenation laws were stopped in 1967. That was so recent, and there needs to be more awareness.”

Miscegenation laws were laws made by the states prohibiting the marriage of a white and non-white person.


アメリカでは白人と非白人の結婚が合法化されたのが1967年なわけですね。だからもっとこうしたことに社会の関心を集めてしかるべきである、と。
まあ、これは日本でもそうだと思います。



There are studies that show the high rate of divorce in the United States, but apparently interracial couples have even higher rates of divorce, Brãdãtan said.
“Some people interpret this as being out of pressure or not being that much accepted,” Brãdãtan said. “Even if the attitudes have changed here, there is still prejudice some places about these relationships.”


 アメリカでは、国際結婚のほうが離婚率は高い、という。これにつき、プレッシャーが強いからだという人もいれば、受け入れてもらえないからだ、と言う人もいる。いずれにせよ、偏見が存在する、と。

“Some interracial couples report that the stresses have strengthened them,” Fitzpatrick said. “They will bond closer because they are enduring everything together and demonstrating a degree of commitment.”


 国際結婚をするとストレスが多い分いっしょに頑張るため夫婦の絆が強まったというカップルもいる、という。

Interracial couples still report experiencing more social stress than other couples, Fitzpatrick said. This stress can be classified into two areas of marginalization.


国際結婚した人達の感じるストレスには辺境化があるという。


“The first is passive marginalization, where people aren’t necessarily hostile to them but may treat them as invisible,” Fitzpatrick said.
An example of this would be an interracial couple who wanted to get a Valentine’s card that looks like them, Fitzpatrick said. When they see all cards without any depiction of an interracial couple, it can make them feel invisible.
“The second kind is active marginalization, which is where people are going out of their way to make it difficult for the couple” Fitzpatrick said. “It could be someone unsolicited in a restaurant say an insulting remark.”


 消極的辺境化というのは、例えば、広告や見本などで、自分たちと同じモデルのものがない、ということ。つまり、社会のなかで不可視ーー見えないものになってしまうわけですね。
 で、積極的辺境化というのは、侮辱的な言葉を吐かれるような場合ですね。
 どちらにせよ、社会の片隅に追いやられてしまう、ということでしょう。


effrey Williams, a professor at Texas Tech and department chair for sociology, anthropology and social work, said he thinks couples in interracial relationships still face a lot of problems.

“I think issues facing interracial couples are incredibly prevalent today,” Williams said. “Not talking about it doesn’t help the situation.”


 こうして、国際結婚している夫婦は様々な問題に直面しているのだから、それについて語り合わなくては、と。
 
(ーーーーいいこといいますなあ。私など日本人が対話を呼びかけているのに、なぜか一部在日外国人はひきこまったきり。こまったものですなあ。)



“Explanation fatigue can also occur when interracial couples meet family and friends who may seem quite open to their relationship,” Fitzpatrick said. “It may be that they are just curious, but it could be the hundredth time the couple is answering the questions and the social demands that keep happening over and over could take a toll.”


あと国際結婚すると、みんな好奇心からか、同じような質問をされて疲労困憊になる、と。

まあ、これは日本に住む外国人などが経験することでしょうから、我々日本人も気をつけなくてはいけない。


Luis Ramirez, a Ph.D. assistant professor of sociology at Tech, said one of the issues the census is dealing with is people who do not know which group to identify with.

“Cultural conflict, it’s a catch between two cultures,” Ramirez said. “Interracial couples face the question: how will their child be viewed by the family?”Recently in Louisiana a judge banned a marriage between a white woman and a black man because he said his concern was for the child, Ramirez said.


 国際結婚すると、特に国勢調査のときなど、自分たちが(あるいはその子供たちが)どのグループに属しているかの問題に直面する、と。また、人種間の結婚すると二つの文化の合間にはさまれてジレンマにおちいる、と。子供たちは、どのように世間からみられるか?と。で、それを懸念して、つい最近ルイジアナで白人と黒人の結婚を許可されなかったケースがあったわけだね。(後に他の裁判官が許可した。)



“One thing that makes us different is, our society has had a history of slavery,” Williams said. “We abolished slavery and made an effort to incorporate those who suffered into society. A lot of other countries did not make that incorporating effort.”


 他の国でも国際結婚した人々はいろいろな問題を抱えるが、アメリカが特異な点は、奴隷制度を廃止して、社会的弱者を社会に取り込もうと努力してきたことだ、という。
ーーーまあ、そういう歴史的側面はありますね。
 日本もこれから、移民が多くなっていくでしょうから、アメリカのような激しい人種闘争なしに、調和する社会ができるよう、アメリカや他の移民の例から学ぶことは多いでしょう。


Race is a culturally constructed set of eyeglasses,” Williams said. “Everyone has different lenses and so everyone sees things differently.”


 これは名言だと思うんだが、人種というのは、文化的構築された色目がねであり、いろんなレンズがあり、それによっていろんな見方をすると。



Con woman who posed as immigration agent pleads guilty
Comments 1 | Recommend 0
February 22, 2010 6:37 PM

Jeremy Roebuck
An alleged con woman charged with scamming dozens of families with promises she could shortcut the federal immigration system has pleaded guilty to one count of wire fraud, federal prosecutors said Monday.
Jennifer Martinez, 35, of Alamo, admitted to posing as a federal agent and accepting upward of $400,000 from immigrants hoping to find a quick path to citizenship, legal residency or access to social services.



 これは、国籍や定住許可など、早くとれるなどいって詐欺をした女性が逮捕、と

 外国人を食い物にするなああああ!!!というわけでしょう。

 移民が多くなるとこうした詐欺師も出てきますから、日本でも予め予防線をはっておくべきでしょう。



 


帰化でもダメ、外国力士「1部屋1人」徹底通達
 
日本相撲協会は23日の理事会と評議員会で、外国人力士の採用は「1部屋1人」とする申し合わせを徹底させることを決め、武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)が各師匠に通達した。


 最近、幕下以下の外国人力士に日本国籍を取得させ、空いた枠を使って新たな外国人力士を入門させる例が増えており、事実上の「抜け道」に制限を加える狙いがある。
2002年から適用されている申し合わせ事項では、「外国人力士が在籍している部屋は当該力士が引退するまでは新たに採用できない」と定めている。今後は、外国人力士が日本に帰化した場合でも、原則、この規定が厳格に適用される。


というのであるが、まあ、微妙なところだろう。

たしかに、在籍を始めたときに外国籍だったのだから、その当該力士が引退するまで、というようにも読めるし、また、帰化した以上、外国人力士はいなくなったことになり、新たに外国人力士を採用するのは問題ないようにも読める。
 その点を明確にしたのかもしれない。
 しかし、それほど制限する必要があるかどうか、はまた問題である。また、今回の朝青龍の件で顕著になったように、日本人力士、外国人力士に係わらず、相撲協会、あるいは、各部屋の力士の教育の問題は大きな課題であろう。
 まずや、親方衆がしっかりしなくては。


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

gloating? 他

2010年02月24日 01時40分05秒 | Weblog

Jonholmes Says: debito.org/?p=6000#comment-191121
February 23rd, 2010 at 3:15 pm
CM: the blogger at http://blog.goo.ne.jp/kentanakachan/e/27559ed2ae25874e00be8bcc65f4b356 can have his playground gloat about a couple of foreigners (Chris and I) thinking about leaving; ・・・・I speak Japanese・・・・What a fool, and he can quote me on that, too!

– No doubt he will. He’s got nothing better to do with his life than comb blogs for something to gloat about. He’s one of those Internet otaku who probably helped define the term “hikikomori”. In fact, gloat-blogging is probably the only thing giving his life any meaning. Pitiful.


また、一つ単語を覚えてしまった。
>gloat


[動](自)(自分の成功や他人の失敗を)満足げに[得意そうに]眺める, ほくそ笑む((about, over ...)).


なんや、Jonholmesさん失敗したんかい?それはそれはお気の毒に。私は単に、日本を諦めて新たな旅立ちをするのか、と思っておりました。めでたくお送りするのが礼儀でしょう。

 しかし、なんですなあ、日本語ができると英語で言っているのに実際に日本語を披露しない外国人は案外多いですな。文章を読むと、私の日本語の文章も解読できていない。

 あるいは、私の誤解か?いずれにせよ、どうぞこちらでお話ください。また、有道ブログの読者の方もどうぞこちらで議論しましょう。歓迎しますよ。

 そういえば、Odeenaさんによれば、


In Europe, if you have a problem with someone, you say it to their face without going through any extra trouble or bringing in more people.


 ヨーロッパでは、誰かと問題がおきたとき、それ以上手間をかけずに、あるいは、他人を道連れにしたりしないで、直接当人に言うということですから、それが正しいとすれば、この方、ヨーロッパ人ではない。米とか加とか、豪の方かも知れない。

 有道先生は私を引きこもりだという。

・・・・おれ、センセが行動しなかった福島県の件で、行動したんですけど。ほら、そのとき、センセが、私にfuck youとかいっておられたから覚えているでしょう?片親が外国人の方、アフリカ系の方、あるいは、日本に貢献している外国人について日本人読者にあなたよりかなり紹介宣伝しているんですがねえ。しかも、日本人による人種差別発言についても、ちゃんと日本人にわかるように日本語で非難したり。Adamくんは、そんな私のブログを人種差別主義だと言っているようですが、

 私は自己満足しないように、あなたのブログの読者にこちらで議論するように何度も呼びかけている。自分の議論を吟味したいので、批判は歓迎する。ただ、fuck youとか、racist a fool だとか、やれ、引きこもりだ、オタクだ、云々のAd hominem攻撃は幼稚だ。
しっかり、主張に対する反論をしていただきたい。
 そして、日本や日本人にもの申すのに英語だけ、というのもいかがなものか?自己満足しているのはどちらでしょうかね?
 そして、あなたの読者やJonholmesがあなたのヘイトサイトに引きこもっているだけではないでしょうかね?ついでに、議論を隠蔽してまで、外国人加害者を擁護して、被害者をうそつきよばわりさせ、強姦された日本人女性の実名をネットでさらしている準強姦事件について続報はいつですか?
 どうして、反論するのに根拠のない個人の誹謗しかできなんでしょうね?
 個人に対する誹謗といえば、もうひとつついでに、
HO Says: .debito.org/?p=5919#comment-191117
February 23rd, 2010 at 1:58 pm
In JT article, Colin Jones talks about a Supreme Court order in 2000. He must be talking about this one.
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=01&hanreiNo=25333&hanreiKbn=01

It says, if separated parents cannot reach an agreement on the visitation of the parent who does not live with the child, family court has the power to issue a court order with regard to the appropriate visitation.

He criticizes this decision paternalistic. Well, well. In any country, court hears from bath sides and makes an appropriate decision. Why it becomes paternalistic when it comes to Japan?

– I think he explained that quite clearly in his essay. Gosh, HO, Colin makes you all prickly, doesn’t he. The last essay he wrote, you commented quite uncharacteristically angrily that it was “garbage” (and earned a quick click of my delete key). Is Colin cutting a little too close for comfort for you?


 これもHO氏に対する答えにはなっていないでしょう。


婚姻関係が破綻して父母が別居状態にある場合に子と同居していない親と子の面接交渉について家庭裁判所が相当な処分を命ずることの可否
裁判要旨 婚姻関係が破綻して父母が別居状態にある場合に、子と同居していない親と子の面接交渉につき父母の間で協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、家庭裁判所は、民法七六六条を類推適用し、家事審判法九条一項乙類四号により、右面接交渉について相当な処分を命ずることができる。


HO氏の引用する判決だけども、お読みになったのかしら。
父母の協議
整わないとき
家庭裁判所が相当な処分を命ずる。


他の国ではどうなの?
父母は協議しないの?
協議が整わないと、裁判所にもっていかないで決闘でもするわけ?
あるいは、協議なしで、裁判所がいきなり処分を命令するわけ?

で、コリン氏のどこに答えが書いてあるわけ。

ちょっと教えていただきたいなああ。

それはそれとして、

Australia toughens visa checks


Officials plan to start collecting new personal data of visitors from 10 unnamed countries this year [AFP]
The Australian government plans to tighten visa requirements for visitors from 10 countries it considers as "high risk".

The new visa rules include mandatory finger-printing and facial-imaging, as part of a $62m boost to the country's security, unveiled in a new white paper in Canberra on Tuesday.


Authorities plan to start collecting new information this year, with the implementation done in collaboration with Britain and the United States.


オーストラリアで、ビザチェックが厳しくなる、と。
写真では4本指も指紋採取されているなああ。
これは暴動ものかね?そういや、日本で指紋採取がはじまって憤慨して豪州に行った人がいるが、今度はどこに移住するのだろうか?

で、ついでにアルジャから
TUESDAY, FEBRUARY 23, 2010
11:01 MECCA TIME, 08:01 GMT
Whaling body proposes compromise


 割り当てをきめ商業捕鯨を認める妥協策が浮かんでいる、と。


Brown fights to contain bully claims
By George Parker in London
Published: February 23 2010 02:00 | Last updated: February 23 201

The Sun newspaper, Britain's best-selling tabloid and until recently a supporter of the Labour government but which has since switched sides to the Conservatives, yesterday branded Mr Brown: "The Prime Monster".

どなったり、物投げたり…英首相にパワハラ疑惑ということで、プライムミニスターならぬプライムモンスターというあだ名までつけられた、という。
 事実はどうかわからないし、本当なら、いじめられた被害者は救済されるべきだが、しかし、イギリスの政治とは関係ない。
 時間の浪費であろう。日本でも政治の優先順位をつけて、政治家ななり、メディアが議論をすべきだ。
Mexican immigrant gets baby back from state
SHELIA BYRD, Associated Press Writer
Published: 05:07 p.m., Friday, February 19, 2010


JACKSON, Miss. (AP) ― A Mexican immigrant walked out of the Gartin Justice Building on Friday holding the daughter who had been taken from her by state officials in 2008, when advocates say she was accused of being an unfit mother because she doesn't speak English....

Because the records in the case are sealed, it is unclear what reason the state used to take custody of the child. However, immigrant advocates have said the child was taken because Cruz was an illegal immigrant and did not speak English.....

The Mexican government, which praised the court decision Friday, said Balthazar and her daughter would return to Oaxaca accompanied by a Mexican consulate official.


 アメリカ 不法移民が英語がしゃべれないということで、その1才の子供が国家機関に取り上げられてしまったが、ようやく解放されたという。そして、その女性と子供はメキシコに強制退去。

 日本ではどうなっているのだろうか?不法滞在などでも交流するときに、子供が小さい場合に離してしまうのは子供に親にも残酷であろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

I love black people 他

2010年02月23日 10時43分47秒 | Weblog
竹島問題で韓国側の論拠崩す公文書発見
2010.2.23


 太政官指令は明治10年に作成され、「竹島ともう一つの島はわが国と関係がない」と記述しているため、韓国側は「日本が領有権を放棄した」と主張。しかし、明治政府発行の当時の地図では現在の竹島の位置に何もなく、朝鮮半島沖にある鬱陵島が「竹島」「松島」の2つの名前で書かれていることから、太政官指令での竹島はこれまでも鬱陵島を指すとみられていた



この県治要領では、地元の士族が島根県に出した鬱陵島とみられる「松島」の開拓願いについて、内務省が「松島は朝鮮領」として不許可にした経緯を記述。そのなかに「前に指示した通りわが国に関係ない」という趣旨の記述があった。
 太政官指令と重なり合う内容であることから、太政官指令で表記された竹島は、県治要領で示す松島、つまり現在の鬱陵島とみられる可能性が一層強まったという。
 この問題では現在の竹島が日本領であることを示す19世紀のドイツ製の地図も複数見つかっている。


よかったね。時期を見て国際裁判所に提訴の提案を再度、韓国にすべきである。韓国は断るだろうが、提案を正式にしておくことが重要。
日本的な温情主義は誤解を招くだけ。




How I lost my faith in London
The cold indifference of other Londoners to my racist attack shows how systematic discrimination gets ingrained

Balaji Ravichandran
guardian.co.uk, Monday 22 February 2010




Last Saturday, I took a night bus from Marble Arch. At the next stop, four young men – about 16 to 20 years of age, all white – boarded the bus, looked around, and within a few minutes sat down surrounding me. I don't know why I caught their attention, but I cursed myself for reading Walden on a late-night bus. Then the abuse began.

"Hey Paki … did you not listen to Prince Harry? Get the fuck out of this country, you brown monkey … "

"Fairer than other Pakis … maybe his mum was a slut."

"You stink, like the rest of them do … soaked in curry, did ya?"

"Mowgli, you get paid in bananas or tikka masalas?"

Several other passengers boarded the bus at the next few stops. The young men, however, continued undaunted, imitating the behaviour of monkeys, playing with my book, and continuing the verbal assault.

I didn't have the nerve to confront them, fearing further aggravation. Two black men, standing on the concertina area of the bendy bus, laughed initially and then egged the gang on. Two other men of south Asian origin sitting further along stared helplessly at what was happening. At least 20 other passengers were on the bus, most of them older than the four youths. I shifted my eyes in every possible direction to ask for support. None was forthcoming.

Near King's Cross, after 15 minutes of torment, things became physical, as the relatively sober gang began to prod, pull and pinch me. I swiftly got out of the bus and climbed into the nearest taxi. Behind me, I saw that the gang had followed me.

Did I call the police? No, I didn't see the point. Besides, as someone who wants to stay in this country – yes, as an immigrant – I didn't want to risk getting my name on any legal record, lest it cause problems in the future. Are these incidents rare? To be sure.


Yet I have never identified myself through my race; never belonged to any Indian or Asian groups or societies; do not even frequent curry houses. I've never been to Club Kali nor, for that matter, Brick Lane. Race is a superficial identification that society forces upon me, be it through dating sites, where men (more than women) expressly specify a racial preference, often unkind towards south Asians, or through equality monitoring, or when confronting prejudices or racial abuse. Even if I accepted an identification that is so meaningless to me, it wouldn't have been of much help. Those two Asian men in the bus were unwilling or unable to do anything.



ロンドンでバスに乗っていたら、パキスタンの方が若者たちに、蔑称でよばれたうえに、ひどいことを言われ、暴力までふるわれたが、乗客は無関心であった、と。

Book may contain fabricated stories by wannabe Hiroshima bombing crew member

February 23rd, 2010 by James


 原爆を投稿した乗員の証言について虚言があったのではないか、という嫌疑。
 で、キャメロン監督が原爆の恐怖をjigokuという映画にする、ということも紹介している。
 
 Japan Probeではこのように原爆問題についてかなり取り上げている。広島・長崎については、日本人とアメリカ人でかなり認識のギャップがある。そのギャップを埋めるのにとても役立っている。

 外国人をみそくそいっしょくたにするやつらは、結局日本のために頑張ってくれている外国人まで排外することになり、日本にのためにもなっていないどころか、有害でさえもある、ということを肝にめいじておいてほしい。



23 February 2010

Car bomb explodes at Newry courthouse


BBC Ireland Correspondent Mark Simpson said it appeared to have been a car bomb which "seems to have been planted by dissident republicans".
"What the IRA used to do quite frequently was target the courthouse - that is what dissident republicans are now doing," he added.


 北アイルランド
 裁判所の前で爆発。けが人がでなかったのが奇跡ではないか?と。
 容疑者は、北アイルランドのUKへの統合に反対する勢力かも、といわれている。

 これも先進国西欧の一様相である。





22 February 2010

Man held over 'rape' at Portstewart bar


 で、ついでに北アイルランドの項目で、レイプ・強姦事件の記事。
 もちろん、日本でも強姦事件はあるのだが、日本では被害者の名前を公表するということはない。英語圏ではどうか、と思ってみると・・・やっぱり・・・ない。

 日本ではアメリカ出身の英語教師兼”人権活動家”の有道ブログでは、有罪になった裁判記録をいまでも公開し、日本人レイプ被害者の実名をいまでもネット上で公開し、一部の欧米人たちは、そうした活動を支持・協力・黙認しているので、先進国欧米ではそうしたことは是認されているのか、とおもってしまった。


Why I am on hunger strike at Yarl's Wood

guardian.co.uk, Monday 22 February 2010 20.30 GMT


Twenty women at Yarl's Wood detention centre in Bedford have been on hunger strike for two and a half weeks in protest at their treatment by the immigration authorities. Here, one of them, Denise McNeil, tells her story:.....
The women have been through terrible experiences – some are survivors of rape and torture – but we are treated like criminals. When we staged a protest two weeks ago, we were locked in a corridor, with no water or toilet facilities. After two hours, some women felt sick. One had an asthma attack and we begged the officers to let her out, but they refused. Since then, I have been detained in isolation.
I came to the UK from Jamaica in April 2000. My brother had been murdered by a gang, and my sister was going to be a witness at the trial – then she was killed too. I realised I would be murdered if I stayed, so I came to Britain. My son, then seven, joined me a few months later.

I didn't know that I could claim asylum. Instead, I started a computer course and applied for a student visa. This was refused. Around the same time, I started a relationship with a British man and we were married and had a son, so I applied for a marital visa. This was also refused.

I was brought to Yarl's Wood in March last year and told I would be deported. My other brother came to the UK in 2000, but he was deported to Jamaica within five years. Last month, he was murdered. I am still trying to convince the immigration officials that my life is in danger too. All I want is to live a safe, normal life with my children in Britain.



 イギリスの入管でジャマイカ人女性がハンガーストライキをしている、という。
 彼女の言によれば、状況としては、難民になる資格もあり、また、イギリス人と結婚して子供もいるにも係わらず、強制退去させられそうだ、と。で、、レイプや拷問にあったりした被疑者であるにもかかわらず、犯罪者のように扱われ、また、病気になっても救助もしてくれない、と。
ーーーもちろん、これは、勾留されている側の一方の見解のみで、真実かどうかはわかりません。
 ただ、日本で同じ事があると、これを真実であることを前提に、一部の欧米メディアや一部の欧米人が大騒ぎするである可能性は十分あります。


Top 5 Japanese Ghost Towns
FEBRUARY 17, 2010


 日本のゴーストタウン。写真がついている。
 こうした田舎でほそぼそと暮らしたい気もするが、食っていけないんじゃしょうがない。残念な気もする。


conversation 2/14/10 valentine’s day: i love black people!
By Locohama



 やにわに女性にはなしかけられて、「どこから」「アメリカ」「アフリカから戻ってきたところ」「え?」「黒人のひとすきなの」「おれ、ついてる!」「え?」「いや、私も黒人好きだよ」という会話を紹介している。
 ”黒人”のロコさんのブログである。
 コメント欄をみると、それほど悪くない印象を残しているようだ。やはり、愛には愛がかえってくるようですな。

 もっとも、彼等にとって、アメリカの黒人とアフリカの黒人をいっしょくたにするのは違和感があるらしい。ある意味、中国人も日本人も一緒くたにされるようなものだろう。まあ、欧米人に中国人といっしょにされても全然憤慨はしないが、違和感がある、ということは理解できる。

 じゃあ、おいらは、”黒人”が好きかというと、別に、”黒人”でも”白人”でも”黄色人”でも日本人でも好きな人もいれば嫌いな人もいる、といったところか。色黒色白は全然好悪の要因にならない。

 たださっきも書いたけど、新興宗教じゃないが、愛語は大切なんだね。優しい反響がくるわけだ。


 ああ、おれも気をつけなくては

・・・・ぼくの場合、ちょっと腹の虫がいたずらするのです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

恥をかかせる 他

2010年02月23日 06時28分11秒 | Weblog

Public shaming is not new. Juan Diez Nicolas, a professor of sociology at the University of Madrid, points out that since medieval times, shaming has been used as a tool of coercion across Europe.

"No one wants to be pointed out as the one who has done an offense against the community," he says.


公で恥をかかせてやるというのは、新しいことではい。中世の時代から、強制の手段としてよく使われてきた、という。世間様に迷惑をかけた、ということを指摘されたくはない、のである、と。

日本の話ではない、ヨーロッパでの話である。

これが欧州のリベラルってやつ?



Shame in Spain: Debtors Get Mocked
With Millions Out of Work, Debt Collectors Use Public Shaming to Extract Payment
By DANNA HARMAN
MADRID, Feb. 21, 2010


One business that is booming: debt collection.


スペインで借金取りが、返済できない人に恥をかかせて、返済を迫る、という話の中に出てくる。


日本でも、消費者ローンの借金取り問題が盛んに騒がれたとき、いろいろやっていたね。むしろ、脅迫に近いものが、特に問題にされていたように記憶する。

 そういや、有道ブログなんかのコメント欄をみると、日本人に恥をかかせてやれ、とかいうコメントがよくあったが、あれは、日本に関する特異な文化論というより、自分たちの意識を投影していたのかもしれん。
 とすると、君たちのようなアホダラな活動に効く手段というのは、やっぱpublic shaming?


豪・NZ調査捕鯨「提訴」方針、日本は争う姿勢

南極海での日本の調査捕鯨について、ニュージーランドのキー首相は22日の記者会見で、「外交的解決に失敗すれば、提訴が唯一の選択肢となる」と述べ、国際司法裁判所への提訴を検討する考えを表明した。

オーストラリアの提訴方針に続くものだ。日本政府は、国際捕鯨委員会(IWC)や2国間協議を通じた外交的な解決を目指しているが、提訴されれば全面的に争う方針だ。

 これに関連し、平野官房長官は同日の記者会見で、「(調査捕鯨は)国際社会で認められ、合意のもとにやっている。違法行為ではない」と述べ、提訴は不当だとの考えを強調した。

 ただ、政府内では「国際裁判で白黒つけた方がよい」との主戦論も出ている。岡田外相は訪豪中の21日、記者団に「提訴されれば司法の場で決着する。ある意味合理的な解決方法だ」と語った。外務省幹部も「調査捕鯨はクジラ資源に悪影響を与えておらず、裁判で日本が完敗することはない」との見方を示す。

 。

(2010年2月22日22時11分 読売新聞)


岡田君、いいこというね。司法の場で決着する、それはとても合理的な解決方法だと思う。


【衝撃事件の核心】娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望 (1/5ページ)
2010.2.21 12

先日も取り上げた事件であるが、


広町被告が幼児性愛に目覚めたのは12年ごろのことだ。当時、SMクラブに通うのが趣味だった。成人女性にムチで体をたたかれるうちに、「自分の体を痛めつける女性は、汚れのない体でなければならない」との思いを強くし、次第に性体験のない女児に興味の対象が移っていったらしい。

んんん。やっぱ、なんだか、わからない。



 精神科医で、帝塚山学院大大学院の小田晋教授(犯罪病理学)は「金銭的に余裕のある人間は、女性とのコミュニケーションを金で済ませようとする傾向が強い」と指摘。

 その上で女児への愛着は「交際までに段階を踏む必要のある成人女性と違い、自分の意志通りに動いてくれる女児は欲望の対象になりやすい。下着への執着も愛情の代理物の意味合いが強い」と分析する


要するに欲情の対象は何でもありえる、ということだろう。



県警はこの母親の携帯メールの記録などから、堺市の無職女(20)が母親に画像撮影を指示していたことを突き止め、児童買春・ポルノ禁止法違反(教唆)容疑で逮捕。さらに、その後の捜査で女の指示を受けてわいせつ画像を製造販売していた母親や画像を購入した顧客の男たちが、インターネットを介して網の目状に広がっていることが明らかになっていった。


母親が協力する、というところがまた、理解しにくい。

とにかく、まず、こうした問題が起きているのだ、ということをマスコミがもう少し取り上げていくべきだろう。



Should the Japanese government subsidize North Korean schools?

February 22nd, 2010 by James


これはいい投稿。
高校無償化制度につき拉致問題に協力しない北朝鮮を支援する朝鮮学校も補助金を出して、無償化にすべきか、という問題意識。

ただ、産経の記事をみると、
朝鮮学校 無償化除外へ知恵を絞れ(産経)


1月29日に閣議決定された高校無償化案では、朝鮮学校などの各種学校も「高校と同等」とみなされている。4月までに省令で定める判断基準によっては、朝鮮学校にも生徒1人当たり年額約12万円の「就学支援金」が支給される可能性がある。


というように、各種学校も高校と同等、とされている、ということであれば、各種学校一律に支援、というのが原則であろう。

 各種学校も高校と同等、としたところにそもそもの間違いがあるようにも思う。

各種学校の例として

種類と校名 [編集]

予備校等
校名の例として、○○予備学校○○校、○○予備校、○○塾○○校、○○ゼミナール、○○セミナーなどがある。
服飾・料理関係
校名の例として、○○ファッションスクール、○○服装学院、○○洋裁学院、○○裁縫女学校、○○編物学院、○○服飾アカデミー、○○料理学院などがある。
看護系
校名の例として、○○准看護学院、○○看護学院、○○助産学校などがある。
事務関係
校名の例として、○○経理学校、○○珠算学校、○○珠算学院、○○タイピスト養成所、○○簿記学校などがある。
語学関係
校名の例として、○○外語学院、○○日本語学院などがある。
インターナショナル・スクール
校名の例として、○○朝鮮初中高級学校、○○インターナショナルスクールなどがある。
自動車教習所
校名の例として、○○自動車学校がある。
宗教関係
校名の例として、○○神学校、○○神学院などがある。

などをあげているが、高校に相当する、というのは要するに民族学校、インタナショナルスクールだろう。

 原則、日本の学校にかよってもらい、民族教育、外国語教育などは家庭でやってもらう、というようにしたほうがよかろう。

 もっと言えば、そもそも、おいらは、公立学校の無償化には賛成だが、なんで、他の学校にまで、ここまで支援するのか、わからん。(学校に対するすべての補助金が悪いというわけではない)

 もともと、不況で金が無く学校をやめざる得なかった学生が出てきたのが問題視されていたわけだろう。ボンボンはボンボンの学校に高い金払って行ってもらえばいいじゃないか?

 民主党の政策は他の点でも社会主義的なものと見間違うようなものになっている。



地政学を英国で学ぶ


ポーゼンの地政学論
preserving the political division of industrial Eurasia remains a U.S. interest.


 分割統治というか、とにかく、他人さま同士は多少いざこざがあってくれた方がいいわけで、そうした仕掛けをしておいて、いざこざがおきると「まあまあ」などと困ったような顔をして言って裏でほくそ笑んでいる、というのが国際関係なのであろう。

 欧米の外交などではよく見られるように思うが、日本でもとりいれたらどうか?
 
 アジアアフリカと欧米の和解、なぞと道徳的高みにたって高説をたれてやっても、いいと思うんだがなああ。いや、いざこざはのぞんでではいませんが
 


22 February 2010

Three in court over protest clash


Scott Buchan, 23, from Aylesbury in Buckinghamshire, and David Parslow, 52, from Edinburgh, both admitted breaching the peace and were released on bail.
Graeme Stevenson, 21, denied acting in a manner likely to incite violence and public disorder.



 これはあれだ、右翼対反人種差別的活動のデモのぶつかり合いで逮捕者がでた、というわけだが、公共の安全や暴力の扇動が逮捕の理由になっているところが面白い。かなり抽象的な要件で濫用のおそれもあろう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加