かわパパのお気楽日記

お気楽に思ったことをテキトーに毎日書いています。

アマゾンプライム会員はコスパ高いぞ❗

2016-01-31 19:21:44 | 日記
今までアマゾンのプライム会員になっていたけれど、そのサービスは配達に関するものだけだった。特急便と日時指定だけ。年会費3,900円はそれだけでも価値があるから、「まあいいか」と思っていた。だいたいいつの間にかプライム会員になっていたけれど脱退の仕方も分からないので(笑)そのままにしていたのが真実。
ところが今日、勝間和代氏のメルマガにアマゾンのプライム会員のことが出ていて、自分ももっと活用しようと思ったのだ。
先ず音楽。会員だと100万曲聞き放題だって。実際使ってみると古い曲が多いけれど、かわパパの場合クラシックを聴くことが多いので聴きたいのが多くていい。当分これで間に合う感じ。クラシック以外ではデビッド・ボウイの「ロウ」をライブラリーに。クー泣けるぜ。音も悪くない。
それとビデオ。これはドコモのdビデオと似ている。かわパパは「孤独のグルメ」をタブレットで見た。

年会費3,900円をプライム会員としてうまく活用している人って少ないんじゃないかなあ。音楽にしてもビデオにしてもマニュアルがないから手探りで使ってみたけれど、やっぱりあった方がいいと思う。
かわパパプライム会員を極めるぜ❗
コメント

「大放言」百田尚樹の思考って正論だと思うなあ。

2016-01-30 22:51:25 | 日記

大宮の三省堂で百田尚樹氏の「大放言」購入。喫茶店でフォトリーディング。放言じゃなくて正論だと思ったねえ。


実は彼の著作「至高の音楽」を読んで感銘を受けたんだよねえ。自分の好きなクラシック音楽を取り上げて何故素晴らしいか論じているんだけど、その解説が感心した。文章がうまいんだよねえ。聴き込んだからこそ書ける文章。その音楽を聴きたくなる。自分との関係性まで触れているので彼のことも知りたくなる構造。だからビジネスバッグに入れて通勤時間に項目ごとに読み返している。

そこで「大放言」である。
炎上覚悟なんていう宣伝文句だけど炎上するかねえ。このぐらいのことは本だったらみんな書いていると思うよ。佐藤優も過激だし池上彰なんて刺激的なのに国民の代表の意見に聞こえるから不思議。アメリカだと人気のトランプ氏。米国民が心で思っていることをズバッて言ってるからねえ。
ところが百田尚樹氏は何を話しても偏向しているように聞こえる。で、この本はおそらく放言と言いながらかなり推敲しながら書いたんじゃないかなあ。言い回しが慎重。丁寧な放言。(笑)
変わったおじさんの印象の百田尚樹氏を知るには最適な本である。

コメント

マイナス金利導入に日銀の覚悟を見た‼

2016-01-29 23:14:27 | 日記

今日の日銀の黒田総裁の発表にビックリしたねえ。

ついについにマイナス金利の導入!

決断したねえ。素晴らしい。黒田総裁って歴史に名を残すね。

お金を預けたら金利を払うなんてこと今まであったかあ。

ただなあ、これで思惑通り市場にお金が出回るか。融資が増えるか。株式市場にお金が流入するか。

これからが見もの。10年後の経済学の本に取り上げられる出来事であることは間違いない。

大いなる実験である。

コメント

ビジネスシューズはゴム底がいいかも

2016-01-28 21:03:24 | 日記

先日ビジネスシューズのかかとが減ったので革からゴム底に交換した。

今までかなり滑ったんだよねえ。

ゴム底に変えたら快適。滑らなくなった。安心して歩けるので歩数も増えた。

よく革が高級でゴムは安っぽいと言われるが、実用ではゴムがいい。

今後靴を買うときは靴底を確認することにすることにしよう。

コメント

みずほ銀行のATMから現金振込出来ず。(怒)

2016-01-27 20:02:00 | 日記
今日競売不動産取扱主任者の登録と講習の申し込みで32400円をみずほ銀行の主催団体の口座に振り込んだ。
そのときちょっとしたトラブル。
無人のATMコーナーから振り込もうとしたら現金は10万円以下でも取り扱っていない。拒否された。
結局別な銀行から振り込んだけれど、振込自体出来ないってサービス業ってどうなんだろう?
リスクがあるから取り扱わない。で他に行ってくれ。他のところがリスクをとるのは知らないという考え。
10万円以下なら被害にあっても最大10万円だからねえ。

やって欲しかったなあ。
実は振込手数料がもったいない発想。(笑)
コメント