東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

恥ずかしながら…

2021-12-31 12:00:00 | 21期生のブログリレー

17期 永井裕介(スケさん)です。

2021年を振り返ってみて…

恥ずかしながら告白します。

私、最近、中小企業の経営者との面談時に「貴社の経営理念は何ですか?」

と聞くことをさぼりがちなのです。

経営理念は経営者の想いや経営哲学を言語化したものなので、

「経営者の想いに寄り添う」ためのコンサルティングでは必須ですよね。

しかし一方で「経営理念は○○だよ」と答えてくれる社長はごくわずかです。

それでつい、スルーしがちになっていました。

 

そのことを気づかせてくれたのはNHK大河ドラマ「青天を衝け」でした。

渋沢栄一が残した「論語と算盤」という言葉を聞いた時です。

論語は道徳を表し、算盤は経済を表す。

「社会の基本的な道徳を基盤として築いた富でなければ、長続きはしないし価値なんてない」

という意味だそうです。

それって経営理念じゃん!

そこからスルーしがちに気づきました。

 

「論語と算盤」は現代のCSR(企業の社会的責任)やSDGs(持続可能な開発目標)にもつながります。

ちなみに、東洋紡株式会社の経営理念は『順理則裕』(理に従えばすなわち豊かなり)です。

創業者である渋沢栄一の座右の銘の一つだそうで、道徳と経済を一致させることが重要であると説いています。

 

そういえば私も個人事業主という経営者の端くれです。

ところで、あんたの経営理念は何なんだい?

と聞かれたら、「経営者を笑顔にすること」と答えます。

渋沢栄一ほど高尚ではありませんが、私が診断士となった原点です。

 

来年は、中小企業診断士になって初の更新です。

初心に戻り、新たな年を迎えよう

 

それでは皆さま よいお年を

病室より愛をこめて!

コメント (3)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 取り入れたい「ポジティブ心... | トップ | 昨年の反省と今年の目標 »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐々木桃太郎)
2021-12-31 13:58:35
10年以上前に起業した法人には経営理念が無かったと思っていたのですが、「ほんとになかったのかな?」と再度考えてみました。
「人と人のつながりを大事にする」という後付けのコンセプトがあったことを思い出しました。
理念として意識していたわけではないのですが、結果として、人との出会いには恵まれた十数年だったと思います。
Unknown (山﨑 肇)
2021-12-31 19:38:03
2021年のおおとりに理念経営の大切さを思い出させていただきました。ありがとうございました。
それにしても病室での年越しですか。入院されていたのですね。
どうかお身体お大事に、くれぐれもご自愛ください。
病室ではありましょうが、良いお年をお迎えください。
Unknown (中川聖明)
2021-12-31 22:04:09
はじめまして、まずはご入院中とのことでお大事にお過ごしくださいませ。

経営理念という言葉に反応してしまいました。コメントお赦しください。
経営理念はやはり会社をきちんと律するためにあると感じています。まだ経営理念がない会社は多くみられるようですが、このような会社になりますと社長に忖度して顔色をみながら仕事してしまう社員ばかりになるようです。これでは社員は萎縮しますでしょうし、会社が生き残るためのイノベーションがおきないでしょう。実際、経営理念を掲げると経営者もそのあるべき姿の実現については社員任せにできず、自分も率先して産みの苦しみを味わう必要がありますがから相当な覚悟が必要です。だからそこまでされないのかなと思いました。でも個人的には、経営理念のある会社はやはり生き残ると思っています。自分も自分の目標のために掲げてみようと思いました。

コメントを投稿

21期生のブログリレー」カテゴリの最新記事