東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

新年あれこれ

2023-01-12 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

あけましておめでとうございます、塾長の山﨑です

もう松の内(7日まで)を過ぎてますが、小正月(15日)までなので一応、年始の言葉で始めさせていただいます。今年もよろしくお願いいたします。

ちなみに関西では15日までが松の内のようです。

写真は今年も近所の氏神様を年越しでお参りしていただいた破魔矢とおみくじ大吉です。

お雑煮をはじめ正月の習わしは地方ごとの特色があって面白いですよね。京都では焼かない丸餅に白みそ汁、江戸では切り餅を焼いてだし汁。名古屋は切り餅を焼かずにだし汁、城(白)が焼けるのを嫌ったとか。鳥取は小豆汁に丸餅、ほぼぜんざい。香川は白みそ汁であん餅。どんな味なのか食べてみたいです。博多はぶりの切り身と丸餅で白みそ汁。

仙台では大ハゼの干物で出汁を取っていましたがこれがまた旨い。皆さんのお宅や実家ではどんなお雑煮ですか。ぜひコメントください。

 

正月と言えば、今年のエト(干支)は何年?というと、「卯(うさぎ)」ですが、正しくは「癸卯(みずのと・う)」。「卯」はおなじみの「十二支」で、もうひとつ毎年巡るのが甲乙丙丁・・の「十干」(じっかん)。合わせて干支(えと)です。ちなみに「十干」は甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)、壬(みずのえ)、癸(みずのと)と木火土金水が兄(え)弟(と)と陰陽のセットになっていて、その呼び方から「えと」と呼ぶようになったとか。

干支のスタートは「甲子(きのえ・ね)」で、1924年の「甲子」の年にできたのが甲子園球場ですね。今年の「癸卯(みずのと・う)」は40番目になります。60年で元に戻って「還暦」というのはご存じのとおり。「癸卯」の意味は「寒気が緩み、萌芽を促す」。これまでの努力が実を結び、勢いよく成長し飛躍するような年になると考えられるという年のようです。ただ、「癸卯の年は、万事・正しく筋を通してゆけば繁栄に向かうが、これを誤ると紛糾し動乱する意を含んでいる」とも言われています。

前回60年前の「癸卯」の年である1963年の出来事を見てみると、所得倍増計画を打ち出した池田勇人首相が第三次内閣を発足させ、東京オリンピックを翌年に控えて、日本経済は右肩上がりの時代。NHKの「大河ドラマ」が放送開始した年。その一方で、ケネディ大統領が暗殺され、また、プロレスラーの力道山が殺害されたりするなど不穏な事件が多発した年でもありました。

つまり、干支から考えると、今年を飛躍の一年とするためには、原理原則をしっかり認識し、引き続き、繁栄に向けて努力を重ねながら、着実に歩みを進めていくことが大事であるということを示しているということのようです。

 

やはり基礎スキルをしっかり固め、誠意、熱意、創意の三意を大切に、感謝の意持ちを忘れないという、稼プロ!の教えを実践することが大切ということですね。

1月30日(月)毎年恒例の「はじめの一歩」セミナーを開催します。新しく診断士試験に合格された方、ぜひご参加ください。お知り合いの方にもぜひお奨めください。

https://www.kasepuro.com/

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドーハの歓喜!

2022-12-03 12:00:00 | 塾長からのメッセージ
こんにちは、塾長の山﨑です
 
やりました~~!ドーハの奇跡再びです!!
いや奇跡ではなくて、必然。歓喜だとお叱りを受けるかもしれませんが、FIFAランキング11位優勝4回のドイツと、同7位優勝1回のスペインに、同24位の日本が、共に2対1の逆転勝利、しかもどちらも前半で1点入れられて後半での逆転とは、やはりドーハの奇跡と呼びたい、喜びと感動をありがとうです!!。
 
ドイツに勝ったときには本当に日本中が歓喜に湧きましたが、第2戦で同31位のコスタリカにまさかの敗退。この時からまたしてもドーハの悲劇の再来と日本中がどんよりムードに包まれました。それだけにまたしても起こった後半の奇跡には日本中が再び歓喜に包まれました。起きててよかった!
 
こんな日にブログの打順が回ってきたのもなにやら嬉しいものです。ということでサッカーにまつわるお話しを少し調べてみました。
 
以前から気になっていたのは鎌倉殿の13人でもたびたび出てきた蹴鞠(けまり)とサッカーの関係です。ドラマの中では「しゅうきく」と呼んでましたね。ちょっと調べてみると蹴鞠の起源は紀元前300年以上前の中国の春秋戦国時代の斉の国とされていて、兵士の体力づくりの訓練のために行われていたとのことです。その後、漢の時代には12人をチームとして、網のゴールに蹴り入れる、現在のサッカーに近い競技として発展していったようです。唐の時代には東は日本、朝鮮、西は欧州に伝わったとされています。
 
一方、イングランドではバイキングとの闘いに勝つと敵の将軍の首を切り取り足で蹴って祝ったのがサッカーの起源とされているようです。おお怖い。
 
中国から伝わった蹴鞠は日本では宮中行事として、今に伝わっていますが、相手が落とさないように、上手く蹴り渡すことが大事な、競技というより遊戯といった感じですが、装束を着て、木靴で蹴るのは相当練習が要りそうです。
 
さて、世界的に人気の高いサッカーですが、ワールドカップで冠言葉が付かないのはサッカーだけだとか。ワールドカップと言えばサッカーを指すのですね。
そんなサッカーの国別競技人口を調べた調査(2020年度)がありました。1位は意外や中国。2位アメリカ、3位インド、4位ドイツ、5位ブラジル、6位メキシコと続いて、11位イタリア、12位日本となっています。これは絶対数なので、人口の多い国は上位に来ていますが、総人口比では中国は1.9%、インド1.7%、日本は3.8%。逆にドイツは約20%、5人に一人はサッカーをやっているという国民的スポーツです。一般に6%を超えるとサッカー強豪国のようで、スペインも6%を超えています。そんな両国に勝ったのですから今回の森保ジャパンは大したもんですね。コスタリカ戦は何だったのかとも思いますが、実力以上の活躍をしているということでしょう。
 
なんにしてもグループE首位突破の日本本当におめでとうございます!
今日は勝利の余韻に浸りましょう。そして12月5日のクロアチアとの闘いを応援できる喜びをかみしめましょう。
がんばれニッポン!!
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

社員長

2022-10-22 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

こんにちは、塾長の山﨑です

先日、人を大切にする経営研究会の月例会がありました。この研究会は毎回「人を大切にする経営」を実践している会社で、「日本で一番大切にしたい会社大賞」の受賞企業に講演いただいています。

今回は四国香川県の株式会社スワニー 代表取締役 板野司氏に四国から上京いただいてのご登壇でした。当社は、四国で一番大切にしたい会社大賞(日本で一番大切にしたい会社大賞の四国版、中小機構四国本部などが主催)を昨年受賞されました。https://www.swany.co.jp/

四国香川県は手袋生産日本一で9割のシェアを誇りますがそのなかでも当社は、スキー、スノボ用の手袋のトップメーカーで、22期生にはスキーの指導員が2人もいるので、ご存じかと思います。手袋はひとつ一つ手作り。とくにスキー、スノーボード用は選手を機能性、保温性で支えています。災害用や作業用でも評価が高くワークマンでも主力商品となっており、がっちりマンデーでも紹介されています。

この会社の大きな特徴で強みとなっているのは理念経営の実践です。その実践のためのクレドを社員が自分たちで制定して、クレド浸透朝礼を実施しています。社員一人一人の参画意識、創意工夫が生きていることが強みです。(これは先日亡くなった京セラ稲盛さんの「アメーバ経営」にもつながるように思います。こちらはまた別の機会で紹介します)

以下に株式会社スワニーの経営理念とクレドを以下に紹介します。

【企業理念】

世界中に、あたたかさを届ける

【社是】

自分のために:社員とその家族の利益と幸福を実現します。

社会のために:顧客、取引先、株主の信頼に応え、社会の発展に貢献します。

世界のために:独⾃の技術と英知をもって、⼈類の⾰新と進歩に寄与します。

【クレド】

明るい挨拶 :私たちは、明るい挨拶で笑顔あふれる会社にします。

感謝    :私たちは、いつも「ありがとう」を⾔葉にします。

初心    :私たちは、初⼼を忘れず⾃分を信じて⾏動します。

チャレンジ :私たちは、チャレンジを続け、⾃分の成⻑につなげます。

チームワーク:私たちは、信頼し協⼒し合える仲間たちを⼤切にします。

自由闊達  :私たちは、⾃由に意⾒を出し合える活気あふれる会社にします。

モノづくり :私たちは、愛される商品をつくり、喜びと感動を共有します

グローバル :私たちは、常に広い視野を持ち、世界の仲間と共に歩みます。

素直    :私たちは、周りの意見を尊重し、素直な心で行動します。

変革    :私たちは、新しい可能性を見出し、自ら変革し続けます。

 

そして、社長自身は善い会社社長であるために以下を本氣で実践しています。

(※良いではなく「善い」、気ではなく「氣」もポイントです。)

1.WHYを大切にする

誰のために、何のために、なぜ=理念「世界中にあたたかさを届ける」。

心のあたたかさを世界にとどけたい。インサイドが重要

2.刃を研ぐ(「7つの習慣」から)

身体、心、知性、コミュニケーション、人間力を鍛える。身体を鍛えて心を整える

3.恥ずかしさを克服する

恐怖、恐れを克服するために挑戦する。社長としてリーダーシップを発揮する中では恥ずかしさ=恐怖を克服する必要があるとのことで奥様への感謝の手紙を読んで渡したエピソードも語られていました。

 

板野社長はさまざまな取り組みを通じて社員一人一人が主人公として経営を考え行動する組織作りを実践されています。そのもっとも象徴的な言葉がブログのタイトルにした「社員長」です。社長は自らを社長ではなく「社員長」と呼ばれています。一人一人が主人公である社員の長という思いがにじみでています。

企業は人なり、社長なり、を改めて実感しました。

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

実務補習夏の陣

2022-09-12 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

こんにちは、塾長の山﨑です

令和4年実務補習夏の陣、第3回9月コースが始まりました。夏の実務補習は、7,8,9月の3回行われますが、中小企業診断士は人気資格で年々合格者が増えて、東京地区は9月コースでは33班、約190人の受講生となっています。私は今回この9月コースの指導員を担当しています。

私の班では受講生は6人20代から50代まで女性も交えバランスよく、とても優秀なメンバーが揃いました。副指導員の先生が先日古希を迎えられたので、指導員も含むと、20代から70代の各年代が揃うという豪華?メンバーです。

中小企業診断士は年齢、性別に関係なく、共に仲間として学べる点が本当に素晴らしいと思います。もちらん、指導員という立場ではありますが、私も副指導員の先生と共に学ばせていただいています。

ちょうど昨日2日目が終わったところで、初日のヒアリングを踏まえて、環境分析、SWOT分析、課題の体系化、提案骨子の検討、報告書概要・執筆体制の確認、といったステップで進んでいます。

受講生も3社目ということで、経験値が上がり、非常にスムーズに進められてとても助かっています。今回の企業は飲食店ですが、受講生は全員初めての業種ということで、とても興味深く取り組んでいます。初日は事業者の近くに会議室が取れたので、ヒアリング前の昼休みにこっそりお昼を食べに行き、受講生同士事前に意見交換して、ヒアリング項目を見直す余裕がありました。担当、副担当も一発ですんなり決まり、いいチームワークが組めています。

一方、診断先は飲食業なので、ご多分に漏れず、コロナで大きく売上が落ちて回復できずに苦労されています。コロナ前の業績にいかにしてV字回復できるか、そのための具体的な提案がいくつ出せるか、この1週間にかかっています。

私が実務補習を受けたのはかれこれ20年近く前になりますが、経験のない受講生たちが懸命に考え、知恵を絞りだし、提案したことが懐かしいです。その中でも、診断先の社長が「この提案をやってみます」と受けていただいた時には本当に嬉しかったことを思い出します。

受講生の皆さんが、この手ごたえ、喜びを味わっていただけるように、残り10日弱ですが、最後まで三意をもって、支援したいと思います。

勧誘はできませんが、できれば、この受講生のメンバーが塾の新たなメンバーになってくれることを祈りつつ。

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ふしぎ現象事典

2022-08-01 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

こんにちは、塾長の山﨑肇です

7月30日(土)稼プロ!22期の第2回講義を開催しました。皆さん、お疲れさまでした。

一昨日の講義では冒頭、前回取り組んだキャリアビジョンの講義を振り返り、積み残しになっていた、各自のキャリアビジョンを2~3分で発表いただきました。皆さんしっかり自分を見つめ、現時点でのかなり具体的なイメージが描けていました。各自のキャリアビジョンを聞くことで、これからのブラッシュアップに生かせる多くの気づきが得られたと思います。

続いて【書く】小論文の書き方の講義では、文章の書き方の基本、論理展開の仕方、小論文執筆の留意点、レジュメ作成のポイントなどを体系的に学びました。診断士はもちろん試験に合格しているので文章は書ける訳ですが、実はできていなかった、分かってなかった多くの発見があったと思います。講義のテキストは「書く」のバイブルとしてぜひ活用してください。

後半の特別講義では、「執筆のための取材ノウハウ」を株式会社クオリティ・オブ・ライフの原社長から講義いただきました。「月刊企業診断」巻頭企画のインタビュー記事を18年200回を超えて書き続けておられる圧倒的な経験と実績に裏打ちされたノウハウを惜しげもなくご披露いただきました。取材におけるインタビューが企業診断実務において、また診断士としてのキャリア形成にも非常に有用かつ重要なスキルであることが実感されました。

次回は第3回8月27日(土)小論文の書き方の後半と出版ノウハウの講義、および特別講義として、同友館の馬渕編集長から出版物執筆の基本をご講義いただきます。

 

さて、話は変わりますが、先日、世田谷代田にある「ふくもの堂」という小さな本屋のようなギャラリーのような小物やさんのようなお店に、「旅のスケッチ展」という小さな個展を見にいきました。作者が京都の高校の後輩なので応援がてら。彼女は放送作家でビジネス書を中心にライター活動しているとても才能豊かな女性です。

で、その旅のスケッチというのが秀逸で10cm角厚さ1cmほどの小さなスケッチブックに毎日あったことを絵日記にしてもう7年ほど休まず続けているそうです。ほのぼのとしたタッチがなんとも素敵な絵日記ですが、毎日15分で書き上げるとのこと。もちろん楽しみながらなのでしょうが、ここでも継続は力なりを実感しました。

 

そして、そのお店で面白い本を見かけたので思わず買ってしまいました。「ふしぎ現象事典」という絵本のような子供向けの本ですが、「あるある」な現象の名称と解説がいろいろ出てきて大人も楽しく読めます。

例えば、同じ字やマークをじっと見つめているとだんだんこんな形だったかどうか不安になることがありますが、「ゲシュタルト(形態)崩壊」という現象だそうです。

また歳をとると1年がどんどん短く感じるのはその年齢に反比例して、1年の長さを感じるから。例えば、10歳の子供の1年は全人生の10分の1、50歳の人の1年は全人生の50分の1となり、歳とともに1年が短く感じる現象で、ジャネという哲学者が発見した「ジャネーの法則」というそうです(冗談みないな名前ですが、www)。

この本では、最近ブログでも話題になっている「心理的安全性」も出てきます。学級会で誰も意見を言わずシーンとしているときに、先生が関係のない話をしたら、子供たちが安心感から急に話し出したという事例で紹介されています。

また、社会心理学者のアロンソンが発見した「アロンソンの不貞の法則」というのも出てきます。これは、人はあまりなじみのない人にほめられた方が嬉しいと思う傾向があるということらしく、知り合ったばかりの人と仲良くしたいなら、まず相手をほめることが近道と書いています。これは昨日の原講師の「取材ノウハウ」のインタビューの極意にも通じるかも知れませんね。

ちなみに、本のカバーにある「天井の木目が人の顔に見える」現象は「シミュラクラ(類像)現象」というそうで、人は点が3つ集まって逆三角形になっていると顔と認識するのだそうです。

小話のネタになりそうな話がたくさん出てくる面白い本です。

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする