東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

用の美

2022-01-08 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

皆さん、明けましておめでとうございます。塾長の山﨑です。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日は久しぶりの積雪で首都圏は大混乱でした。いつものことながら首都圏の雪に対しての脆弱さが浮き彫りになります。1300人も転んでけがをしたとか。

今日は早や7日ということで、先ほど終わりましたがZoomで中央支部の賀詞交歓会でした。恒例の中央支部事務所開きに代わって、昨年につづいて今年もZoomでの賀詞交歓会となりました。コロナ以前は70人もの会員がすし詰め状態で事務所に集合して乾杯していましたが、様変わりです。来年はリアルにできるのでしょうか。

7日ということで、我が家も今朝は七草がゆをいただきました。日本の風物詩、いいもんですね。風物詩と言えば、今年も年末恒例の紅白見て、除夜の鐘をききながら近所の神社にお参りして新年を迎えました。おみくじは大吉で幸先良し。

3日には恒例の川崎大師にお参りしましたが、いつものような入場制限もなくさっさと入れたのには驚きました。やはりまだ人出は回復していないように感じました。

その3日の未明にNHKで、京コトはじめ「京都の宝!襖(ふすま)絵の世界」という番組をたまたま見ました。昨年3月に放送したものの再放送だったようですが、京都の建仁寺からの生中継(放送当時)だったようで、なかなか見ごたえのある番組でした。

染色画家の鳥羽美花さんをゲストに襖絵の魅力を紹介する内容でしたが、彼女は型染という技法でベトナムの早朝の水面を描いた作品を建仁寺に収めています。その絵の紹介も含めて、有名な雲竜図や数々の襖絵の魅力をたっぷり見せてくれる内容で素晴らしいものでした。襖絵だけではなく、和紙職人や引手など襖絵を引き立たせる職人の技なども紹介されて非常に興味深いものでした。

最も感動したのは番組の最後に「襖絵に見る美意識とは」と問われて、鳥羽さんが「用の美」と答えたことでした。つまり実用の中に芸術がある、それが襖絵であり日本文化であり日本の心であると思うといいました。芸術は芸術、生活は生活ではなく、生活の中に美がとりいれられている、それこそが日本文化の真髄の一つ、独特の考え方だと思うと語っていました。

つまり、使ってなんぼ。飾り物の美ではなく、「実用の美」ということです。ちょっと違うかもしれませんが、私たちの塾での学びも、使ってこその知識。インプットだけでなくアウトプットが大切であることにも通じるなあと感じ入った三が日でした。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「伝わる」ことの大切さ

2021-12-08 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

こんにちは、塾長の山﨑です。

 

昨日は堀川さんが税理士資格試験のお話しだったので、私も資格がらみで。といってもレベルは全く違いますが。

皆さんは「防災士」というのをご存知でしょうか。

1995年の阪神淡路大震災では6千人を超す多くの死者が出ましたが、がれきの下敷きになった27千人もの人を近隣住民が救出したことが注目されました。このことがきっかけで「人」資源による地域防災力向上のために創設されたのが「防災士」です。

その講義と試験を土日で受けてきました。防災士のお話しはまた別の機会に譲るとして、今日はこの講座の中でとても印象に残ったお話しがあったのでご紹介したいと思います。

 

NHK報道デスクで江戸川大学メディアコミュニケーション学部教授、名古屋大学客員教授の隈本邦彦氏の「災害情報の活用と発信」というお話しです。

 

NHKでは「天カメ」、お天気カメラのことをそう呼ぶのだそうですが、を全国460ヶ所に設置しているそうですが、大部分が沿岸部に設置してあるそうです。それは、台風の打ち寄せる波の様子を伝えるためでもありますが、地震津波の第一波を捉えることが大きな目的だそうです。

 

そうして2011311日の東日本大震災においては、釜石に設置した「天カメ」がまさに津波の第一波をリアルタイムで捉え、生中継されたのです。地震発生からおよそ30分後のことです。

その後も襲い掛かる巨大津波を沿岸各地の「天カメ」から中継され、リアルタイムで報道されたので、ご記憶の方も多いと思います。

ここまでは災害報道デスクだった隈本さんの狙い通りで、この報道が避難行動に繋がることを期待したのですが、実際はまるで役に立たなかったのです。

 

多くの死者行方不明者を出した宮城県南部閖上地区では津波の到達は約1時間後だったので、釜石の様子を見てからでも十分逃げることができたはずなのですが、実際は誰も見ていなかったのです。停電していたから誰もテレビは見ていなかったのです。テレビで津波を見ていたのは被災地ではない人々だったのです。一番見て欲しかった人々には全く伝わらなかったのです。

報道は伝えることが使命ですが、より重要なことは伝えたい人に伝わったかどうかです。このことに隈本氏は後悔と反省の意味を込めて「メディアは災害の教訓を伝えるのが下手」とまでおっしゃってました。

 

先日の稼プロ!の講義はプレゼンテーションでした。ここでも大切なことは伝わったかどうかと教えていただきました。

企業診断においてもいくらいい提案であっても経営者に伝わらなかったら行動につながらず、生かされることはありません。

「伝わる」ことの大切さを改めてかみしめた「防災士」の講義でした。

 

ちなみに、NHKでは大震災など非常時にはすべてのメディアで総合テレビの情報を流すそうです。

つまり、停電でテレビが点けられなくなったときにはラジオで聞けるということです。

そのため非常時のテレビ放送は競馬や相撲の中継のように、アナウンサーが画像を全て言葉にして伝えるそうです。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リアルとオンライン

2021-11-08 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

皆さん、こんにちは。塾長の山﨑肇です。

先月末の土日(10/30,31)で合宿をリアル開催することができました。ホテルの手配、準備、講師との調整、当日の運営など事務局の皆さんには本当にお疲れさまでした。素晴らしいロールモデルを講演いただいた卒塾生のお二人、本当にありがとうございました。そして、真剣に課題に取り組んでいただいた塾生の皆さん、お疲れさまでした。

7月17日の開塾以来、ついにやっと、塾生、事務局がリアルに顔合わせすることができて、先ずは、名刺交換から始まったのが印象的でした。

3分間プレゼンもオンラインの画面からは得られない、立ち位置や姿勢、アイコンタクト、身振り手振りなど、やはりリアルならではの迫力や気づきがありました。講義後の懇親会ももちろん初めてで、個人的にも外での飲み会は本当に久しぶりで、やはりリアルは格別でした。

コロナ感染者の激減で次第にいろいろなものが動き始めました。昨日今日は本当に久しぶりの出張で釜石に来て、今、帰りの東北新幹線でブログを書いています。

釜石で開催された、ぼうさいこくたい2021というイベントにブース出展しており、相談員としての業務でしたが、やはりリアルに会っていろいろお話しさせていただくと得るものが違うように感じます。マッチングサイトとかバーチャルな仕組みもいろいろありますが、最後はやはりリアルに合わないことには本質が見えないと感じます。

もちろんオンラインで出来ることも数多く、例えば補助金の申請書作成支援などは最たるもので、数多くの診断士が関わっていると思います。補助金を取るだけならそれでも可能ですが、経営改善や課題の発見などは、実際にリアルな現場を見ないと分からないことが多いと思います。

11/6(土)の診断士協会の支部まつりのイベントも基本はオンラインだったので、新入会員と既存会員の出会いの場というメリットが得にくいところがありました。

一方で、オンラインならではのメリットも大きく、出張先からオンラインでマスタ―コースの紹介プレゼンを行うことができました。

支部活動の様々な会議もオンラインがすっかり定着して、会議室に実際に集まるのが正直おっくうに感じている方も多いと思います。

オンライン、リモートワークの利便性を知ってしまった今日、もとに戻ることはないと思いますが、リアルの良さ。リアルでないと得られない情報や感覚は大切にしたいと思います。

稼プロ!ではリアルを大切にしているのも、リアルでないと得られないものを大切にしているからで、合宿を通じてその意味を再確認できたと思います。

リアルとオンラインの使い分け。アフターコロナにおいては、TPO(Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場面)が大切ということでしょう。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ダルマサーガラ

2021-10-08 12:00:00 | 塾長からのメッセージ

皆さん、こんにちは!塾長の山﨑です。

ようやく長かった緊急事態宣言が解除され、感染者数も激減して社会活動も徐々に戻りつつありますが、専門家会議で急減した理由は明確にはわからないそうです。まだまだ油断せず、感染予防対策は十分に継続する必要がありそうですね。

そんななか、最近ちょっと嬉しいお知らせがありました。

昨年7月に、コロナで売上が激減した影響もあり20年続いたお店をクローズしたダルマサーガラという東銀座のレストランが、福岡県久留米市で今日(このコラムは2021年10月7日に書いています)再開オープンされるというお知らせハガキが来ました。

このお店は2016年12月に東京都中小企業診断士協会中央支部の国際部、会員部、研修部が合同で開催したコラボイベント、「~ハラル料理を味わって、インバウンドを体感しよう!~」で使わせていただきました。当時イベントリーダーでしたが、実際にハラール料理を提供していただける知っている店が無く、ネットでハラール料理を検索して偶然見つけて、使わせていただいたのですが、とても良いお店でした。当時グローバルウィンドにも掲載したのでご参照ください。https://www.rmc-chuo.jp/globalwind/2017020702.html

南インドの家庭料理をベースにされていて、オーナーは日本人ですが、シェフ、スタッフは全てインドや周辺の国の方でした。基本はカレーのお料理ですが、ヘルシーでとても美味しく、とくに女性参加者は絶賛でした。

ハラールは豚肉はダメ、その他の多くの動物もダメ、アルコールはダメ、鳥の締め方もハラールに従ったものでないとダメなど、厳しい基準がありますが、お店ではハラールに対応した食材と調理法で本格的なハラール料理を提供いただきました。

乾杯もハラール認証のノンアルコールビールで、ブランド名がなぜか「Ninja(忍者)」というものでした。

昨年7月に閉店された時も、有志6人で最後にディナーをいただきに行きました。その際、オーナーは出身地の久留米に戻って、もっとゆったりした形でお店を再開したいとのお話しを伺っていたのですが、緊急事態宣言明けに合わせてようやく開店されたようです。

メールでも再開のお知らせをいただきましたが、そちらには「果樹園と植木屋に囲まれたのどかなところです。」と紹介されています。https://www.dharmasagara.com

久留米市ではさすがになかなか行くこともできませんが、きっと地元に愛されるよいお店になることと思います。皆さんも旅行でお近くに行かれることがあればぜひ覗いてみてください。

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新たなはじまり ~11期から20期までを振り返って~

2021-07-17 09:30:00 | 塾長からのメッセージ

こんにちは。塾長の鴨志田栄子です。

今日は、20期生の卒塾式を行います。そして、卒塾式をもって、3代目塾長にバトンを渡します。このブログでの投稿も、今日が最後となりました。塾長の10年間を振り返りたいと思います。

私が2代目塾長を継ぎたいと思ったのは、初代塾長から、10年続いた稼プロ!の暖簾をおろすと伺ったのがきっかけです。1期生として学び、在塾中に独立。その後9年が経過していましたが、その間、順調に歩んでこられたのは、初代塾長の宮本邦夫先生を初め、先輩方が常にロールモデルとして身近にいて、そして、多岐にわたるノウハウ等を伝授してもらったからだと思っています。「自分だけがもらって終わりにしてよいのだろうか?」私は、後輩に自分が教わったことをつないでいくことが、宮本先生や先輩方への感謝の気持ちを表すことになると考えました。その時は、短くても還暦を迎えるまで、長くても10年間は継続する覚悟で新・稼げる!プロコン育成塾としてスタートしたのです。スタートは11期でした。

10年間は、あっというまでした。最後のブログとして、塾長の10年間を期毎に辿ってみました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

11期は、青木公司さんがメイン講師を務め、彼のネットワークで、個性豊かな塾生が集いました。初めての月刊『企業診断』連載記事が生まれた期です。11期生とのつながりは多忙面に継承されています。稼プロ!運営メンバーの似顔絵が生まれたのも、この期のおかげです。

12期は、青木さんが「売れプロ」を立ち上げて当塾を離れられたため、OB生に助けていただきながら新たな鴨志田体制の基盤を構築した期です。横のつながりが強く、そのシナジーで12期チームとして盛り上がった期でした。歌舞伎町のビジネスホテルの診断実習も忘れられない思い出です。

13期は、はじめて合宿を行った期。代々木上原のシェアハウスを借りて、レンタルの布団を手配して……。金曜日の夜、仕事を終えてから集い、深夜まで飲み続け、語り続け、多くのエピソードを残した期です。銘酒を楽しむ会もこの期から誕生しました。

14期は、ポジティブな空気感のある期でした。月刊『企業診断』の執筆企画も、特集記事と連載記事の2本が採択され、当時の熱い執筆指導がとても印象的です。最終講義日の懇親会の二次会はカラオケ、皆さんが笑顔で楽しそうに歌っている姿は今でも鮮明に覚えています。

15期は、塾生の集客に苦労した期。いつもの半分の人数でスタート。しかし、少人数のメリットを生かし、課外企画も実現。福島県いわき市の復興支援活動を視察し、湯本温泉に2度も泊まり、地酒又兵衛とメヒカリ。そして、フレンチの診断実習、期全体がいつも一つのチームでした。

16期は、アグレッシブな期。17期の運営メンバーに半数が手を挙げた期です。個性豊かで良い意味で自己主張があり、よく飲み、よく歌った期です。懇親会二次会は、帰りの電車の時間を気にしながら、毎回のようにカラオケでした。トルコ料理店の診断実習、一人ひとりの報告書作成はこの期から始まりました。

17期は、20歳代から60歳代まで、幅広い年代が集った期です。でも、いつもフラットで元気いっぱいで風通しの良い期でした。全員が一つの家で暮らす兄弟(兄妹)のような温かさがあり、そして、一人ひとりが自分をしっかりもっていた印象です。同姓同名の方が2人いたということも思い出深いです。

18期は、17期とは異なり、年齢層が近い人が集った期。明るく活発な議論が展開されていた印象です。福島、新潟、名古屋、静岡、栃木と、5人が遠隔地からの通塾生がもっとも多かった期でもあり、地域色も豊かで、面的に一番大きなネットワークが生まれた期でした。

19期は、一人ひとりがプロコンへの熱い思いを育てた期だと思っています。自己主張は控えめですが、内に秘める高い志が伝わってくる期でした。各人の将来につながる種まきとなった期のように思います。そして久しぶりに復活した月刊『企業診断』のSDGs特集記事。これをきっかけに、診断士としての新たな活動へ発展することを願っています。

そして、私が最後に送り出す20期。学びの意欲の高い期であり、一人ひとりがどのようなプロコンでありたいのかというキャリアビジョンを追求した期であったと思います。コロナ禍で半分の講義がオンライン化し、顔を合わすことができませんでした。その分、小グループ単位での演習など、自分にできることで貢献しあった期でした。同時に感謝しあう、認め合うという文化も生まれていたように思います。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

本当にあっというまの10年間でした。この10年間を支えてくださった運営メンバーの皆様、そして、特別講師の皆様、塾生になってくれた皆様のおかげで、今日を迎えることができました。あらためて心より皆様にお礼と感謝をお伝えしたいと思います。同時に、ここでいただいたご縁は私の財産であり、これからも大切にしていきたいと思います。明日からは、塾長と塾生ではなく、OB生同士として、気さくなお付き合いをよろしくお願いいたします。

私のブログの1回目の記事は、2011年4月26日、「ドラッカーの名言に触れて」というタイトルでした。
https://blog.goo.ne.jp/kasegerupurocon/e/7eac59aa4d192d462d91cb34ef889f7b
それから、146本の投稿をしてきました。今日の投稿は147本目かと思います。読み直すと時代背景が思い起こされますね。懐かしさでいっぱいになります。

最後になりましたが、
☆彡 このブログの読者の皆様へ ☆彡
明日からは、新たな体制で稼プロ!ブログが引き継がれます。これからも、ご愛読のほどお願い申し上げます。私もこれからは読者として、このブログを見守っていきたいと思います。

========= 稼プロ!オリジナルの似顔絵で振り返る10年間
一番左は、スタート時、ネットのイラスト屋さんに発注したもの。
2つ目は、11期のブログでサプライズで公開されてもの。
https://blog.goo.ne.jp/kasegerupurocon/m/201107/2
これをきっかけに、11期村山聡さんに、全面的に似顔絵作成を依頼。

☆彡 塾長としての10年間、本当にありがとうございました。 ☆彡

 

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする