東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

マインドマップ

2020-01-12 12:00:00 | 事務局からのメッセージ

皆さん こんにちは。

稼プロ!事務局(17期)の金岩由美子(かねいわゆみこ)です。

 

明けましておめでとうございます。もうこの挨拶も今日あたりが最後でしょうか。

来週からは仕事も2週目。2020年 順調なスタートを切られていますか?

 

この時期、昨年の振り返りや、今年の目標を立てる方が多いと思います。

私は「マインドマップ」を使って、昨年の振り返りを実施しました。

 

マインドマップとは

マインドマップとは、トニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法です。

頭の中の思考プロセスを目に見えるようにしたノート術として紹介される事もあります。

マインドマップは、中心に主題を書き、そこから枝を伸ばし、その枝の線上に言葉を記入します。

ブランチを四方に伸ばし、言葉の関連性を記述します。

 

マインドマップのメリット

マインドマップを使うメリットは、頭の中を見える化できる事です。

まるでニューラルネットワークのごとく、思いついたことを連鎖的にどんどん記載する事で思考を発散させ、

意識していなかった自分自身に対する気付きが得られます。

 

マインドマップによる振り返り

昨年は仕事に注力し、本業では大規模案件のPM、独立準備として診断士活動にも力を入れたつもりでいました。

ところが、マインドマップで1年を振り返ってみると、意外にも故郷である徳島(両親や阿波踊り)に対する思いや、

プライベートの交流が重点を占めていました。

自分にとって大切なものが浮き彫りになり、周囲に対する感謝の気持ちを新たにできました。

 

マインドマップの活用

マインドマップは、関連を見える化できるので、プレゼンテーションのシナリオをメモすることにも

活用しています。骨子を大きな幹として描き、補足説明するキーワードを枝として記載します。

時間がオーバーしそうな時は、枝を省略し、幹にもどることで迷子にならずにスムーズに話せます。

話す言葉を全て文章にした原稿を手に発表すると、原稿を読んでしまいがちです。また、目を話したら

どこを読んでいるのかかわからなくなり、頭が真っ白になりがちですが、マインドマップのメモなら

図として目に映るのでそんな心配はありませせん。

 

その他、読んだ本の要点を整理する、ブレストで意見をメモするなど色々な活用ができます。

文章ではなく、キーワードだけで関連が整理できるので記憶しやすいのがメリットです。

みなさんも活用してみてはいかがでしょうか。

 

お知らせ★

稼プロ!運営チームが、「診断士はじめの一歩セミナー」というセミナーを実施いたします。

開催日:2019119日(土) 15:0017:00

場所:京橋区民館 

・診断士を受験中の方

・診断士に合格したばかりの方

・診断士に合格したけど、何から始めれば良いかわからないという方のためのセミナーです。

合格後にやるべき事が見えてきます!

時間や場所などの詳細は、下記からご覧ください。

お申込もこちらからお願いします。

 http://kasepuro.com/LP/ippo2020/

コメント (4)

SDGs×幸福×経営

2019-12-01 00:00:00 | 事務局からのメッセージ

皆さん こんにちは。
稼プロ!事務局(17期)の金岩由美子(かねいわゆみこ) です。

11月15日に慶応技術大学で開催された「SDGs×幸福×経営シンポジウム」に参加してきました。

最初はこの3つのキーワードに違和感がありましたが「SDGsは従業員が幸せになるため」と
話された「幸福学」研究の第一人者である應義塾大学 前野 隆司教授の講演で腹落ちしました。
以下はその概要と所感です。


◆概要
SDGsはそもそも人間の「Well being」な状態を目標とする。
幸福は、精神的、身体的、社会的に「良好な健康状態」であり、
SDGsの目標「Well being」と一致する。
企業がSDGsに取り組むのは働いている人々がより幸せになるため。

幸福感の高い社員の創造性は3倍、生産性は31%、売上37%高く
欠勤率や離職率も低いというデータがある。
企業経営で一番大切なことは働く人の幸せ。

「幸福」とは? 色が3原色から構成されるように、幸せは4因子ある。
 第1因子:自己実現と成長の因子(やってみよう因子)
 第2因子:つながりと感謝の因子(ありがとう因子)
 第3因子:前向きと楽観の因子(なんとかなる因子)
 第4因子:独立と自分らしさの因子(ありのままに因子)

 地位財(金、物、地位)による幸せは長続きせず、
 非地位財(安心、健康)による幸せは持続する。

 個人の心の在り方としては「やってみよう」「なんとかなる」「ありのままに」
 関係の質を向上させるには「ありがとう」

◆所感
個人的には、座右の銘は「為せば成る(なるようにしかならん)」であり、
幸福の第3因子である楽観さは持ち合わせていると思いますが、
第4因子である独立や自分らしさは若干不足していると感じており、
幸福度は、ぼちぼち といったところです。

管理職としては、部下に「(失敗してもいいから)やってみよう」「なんとかなるよ」と促し、
やってくれたら「ありがとう」と感謝しようと改めて思いました。
そして「ありのまま」を承認して長所を褒めたいと思ってはいますが、すぐ欠点が目に行き
カイゼンの意識になってしまう事は、自分に対しても部下に対しても注意したいところです。
自分と組織の幸福のために。そして、悩みながらも意識することで、より良い社会になるために。

コメント (3)

気候危機

2019-10-20 04:00:22 | 事務局からのメッセージ
皆さん こんにちは。
稼プロ!事務局(17期)の金岩由美子(かねいわゆみこ) です。

台風15号の爪跡が残る中、台風19号は各地に甚大な被害をもたらしました。
被害に遭われた方々の、1日も早い復興をお祈りします。

このところ「地球がおかしい」と言わざるを得ないような現象が多く発生していますね。
私が子供の頃は夏に30度を超えたらニュースになりました。
ところが、今では35度を超える猛暑日は当たり前。
まさか、東京でマラソンが開催できなくなるほどとは、想像だにしていませんでした。

実際、日本の平均気温は、100年あたりおよそ1.1℃の割合で上昇しているそうです。
日本は地球温暖化による気温の上昇率が比較的大きい北半球の中緯度に位置しているため、
気温上昇が世界の平均に比べて2倍程度大きく、1日に降る雨の量が100ミリ以上の大雨の
日数も増える傾向にあると言われています。

スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさん(16)が、9月23日にニューヨークで開かれた
国連気候行動サミットに出席し、地球温暖化に本気で取り組んでいない大人たちを叱責した事や、
サミットに合わせて世界中で「グローバル気候マーチ(Global Climate Strike)」が開催された事は
ご存知の方も多いと思います。
科学が示す気候変動のリスクには耳を背けたくなりますが、もうそんな猶予はないと感じています。
一人一人が自分ごととして考え、そして行動しなくては!

個人で実施可能な日本での具体的なアクションとして以下があります。
①ダイベストメント:インベストメント(投資)の反対の意味で資金を引き揚げること。
地球温暖化を悪化させる石炭・石油・天然ガスを含む石炭燃料ビジネスや、地域にとって安全でない原子力にお金を流す銀行にそれらの事業からお金を引き揚げさせる。
②パワーシフト宣言:パワーシフトとは、自然エネルギーが中心となった持続可能なエネルギー社会にむけて、電力(パワー)のあり方を、変えていくこと。電力会社を選ぶ。
③横須賀の石炭火力発電所建設計画の中止を求める署名

私も行動していきます!

<追記>
行動し始めたら、こんな事実を知りました。ネットの引用ですが共有させて下さい。
タイトル:グレタさん演説のウラで、日本メディアが報じない「ヤバすぎる現実」

記事によると、政府、投資家、企業から、ものすごい数のコミットメントがあったにもかかわらず、日本の報道機関はその内容をほぼどこも報じないという異常事態が発生しているというのだ。下記は、その内容です。
①投資家のコミット
2020年までに削減目標を引き上げること。石炭火力発電を段階的に全廃し、さらに化石燃料の消費量を削減するための政策課税である炭素税を導入する。
日本からも、三菱UFJ信託銀行、三井住友トラスト・アセットマネジメント、野村アセットマネジメント、ニッセイアセットマネジメント、日興アセットマネジメントなどが宣言。
②銀行のコミット
銀行の融資が、環境や社会にどのような影響を与えているかを自主的に測定し公表していく「国連責任銀行原則」が発足。日本からはメガバナンク3行と三井住友トラスト・ホールディングスが参加。
③企業のコミット
投資家・銀行の動きに連動して投資を受けられなければ経営危機につながると、パリ協定で定めた「2℃目標」よりも高い「1.5℃目標」を達成するためのCO2削減目標を自ら課すと宣言した。日本企業では丸井グループ、アシックスの2社が加わった。
④業界団体のコミット
自動車業界では乗用車からのCO2を95%削減する活動が発足。
不動産業界からも、2050年までにCO2排出量をゼロにする活動が9月23日に生まれた。
食品・小売業界では、2030年までに食品廃棄物を半減させる活動が発足し、日本からもイオンが加盟。加盟企業は、仕入先企業にまで削減をコミットさせにいく。

記事は「投資家も企業も政府も、経済成長とわたしたちの生活を守るために気候変動対策を進めている。さて、日本国民はいつ目覚めるのか。」と締めくくられています。

この動きは中小企業にも大きな影響を与える事になります。目覚めないと!!
コメント (5)

民営化で地域活性

2019-09-08 12:00:00 | 事務局からのメッセージ

皆さん こんにちは。

稼プロ!事務局(17期)の金岩由美子(かねいわゆみこ)です。

 

9月になり少し秋の気配を感じるようになりましたね。

四季で夏が一番好きなので、若干の寂しさも感じています。

皆さん、夏を楽しまれましたでしょうか。私の夏は「阿波踊り」なくては終われません!

今年も本場徳島や、ホームの高円寺に出演し、無事にシーズンを終えました。

 

昨年は「総踊り問題」「市長VS踊り子」などと騒がれる不名誉な事態がありました。

そんな表面的なことじゃない、権力(既得権者)と市民の問題なのですが。

 

過去や昨年の問題の検証がなされないまま、今年の阿波踊りの運営は民間に託されました。

受託したのはキョードー東京を中心とする共同体。責任者である前田三郎・キョードー東京取締役(63)は、

60歳で東京大大学院に入り「チームラボ」代表の猪子寿之(徳島出身・東大卒)との繋がりがりで、

東大連として阿波踊りに参加した経験があるそうです。その時の経験から阿波踊りの魅力を世界に

伝えたいと、厳しい公募条件であったにも関わらず手をあげて下さいました。

 

前田氏と猪子氏は、踊る阿呆に観る阿呆、そして祭りを仕切るプロデュースチームが三位一体となることで

スペイン・イビサ島のクラブイベントやブラジルのサンバカーニバルと同じレベルの可能性を持っていると

語っています。チームラボのアート感覚や、キョードー東京が運営してきた数々のエンターテイメントの要素が

阿波踊りに加わるかもしれないと思うとワクワク・ゾクゾクします。

昨年度の遠藤市長体制での運営ではあり得ないことです。

 

魅力を持つ人は、魅力を持つ人を惹きつけ、繋がっているものですね。価値交換が自由に行える民間の方が

その総エネルギーが大きく魅力的です。私たち稼プロ!にも、沢山の魅力を持った方々が集まっています。

中小企業診断士として地方の活性化をご支援する時、よそ者民間人として馬鹿者度合いを発揮したいものです。

 

コメント (3)

為せば成る(なるようにしかならん)

2019-07-28 15:03:34 | 事務局からのメッセージ

皆さん こんにちは。

稼プロ!事務局(17期)の金岩由美子(かねいわゆみこ)です。

 

19期生がブログに参加されましたので、今回は自己紹介をさせて下さい。

私は徳島で生まれ学生時代までを田舎で過ごしました。就職で初めて大阪に出て、転勤で今に至ります。

仕事はIT企業でプログラマー、システムエンジニアを経て、今はPMをしています。

 

IT業界は5Kだの7Kだのと言われ、ハードな勤務だった時期もありました。

そんな時期に深夜残業をしていて息苦しくなることが何度かあり、薬局に「救心」を買いに行ったら

心療内科に行くことを勧められました。副交感神経の働きが鈍っていたのです。

薬だけに頼るのが嫌で心理学を学び、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格をとるきっかけとなりました。

 

中小企業診断士の勉強をしたのは、ITでお客様の経営課題をご支援するためでした。

しかし座学だけではスキルが伴わず、稼プロ!に入塾し、基本的なスキルやマインドから学び直しました。

「診る」「書く」「聴く」「話す」どれも学ぶべきポイントが山盛りで、毎回の講義では、全力疾走でした。

講師、事務局のみなさまに暖かくご指導頂き、気がついたら「話す」が好きかも!「聴く」を深めたい!!

と思うようになっていました。稼プロ!のお陰で「無色透明」だった自分に少し「色」がついたと感じています。

 

19期カリキュラムではキャリアプラン講義のサブ講師を担当させて頂きました。

私が稼プロ!で自分色を発見できた事への感謝を込めて、今度は皆さまが「独自の色」を発見できるよう、

お手伝いができればと思っています。私の座右の銘は「為せば成る(なるようにしかならん)」です。

無理せず、楽しみながら一緒に学んで行きましょう! みなさまの「為せば成る」を応援させて下さい。

どうぞよろしくお願いします。

コメント (6)