東京都中小企業診断士協会中央支部認定!「稼げる ! プロコン育成塾」ブログ

東京都中小企業診断士協会中央支部認定マスターコース「稼げる!プロコン育成塾」のブログ。経営・ビジネスに役立つ情報を発信

1.Excel分析ツールの追加

2012-08-20 10:00:00 | データ分析 Excel 操作手順

「稼げる!プロコン育成塾」11期生の小林です。


この投稿は、企業診断の連載企画

事例でカンタン!実践ビジネス分析手法 

第5回「集客に効く!マーケティングのための相関分析・回帰分析」 

用のExcel操作解説ページです。


この「データ分析 Excel 操作手順」のカテゴリーでは、記事本文で触れたデータ分析に関するExcel操作手順を次の通り4ページにわたってご説明いたします。


1.Excel分析ツールの追加

2.散布図の作成

3.相関分析(分析ツール)

4.単回帰分析

※Excel2007バージョンを使用しての解説です

 

==1.Excel分析ツールの追加=========


Excel分析ツールは、統計等で使用する分析機能の詰まったプログラムです。

初期状態では組み込まれていないため、プログラムを追加して、使用できる状態にします。


■ステップ1

「オフィスボタン」から「Excelのオプション」を選択します。


■ステップ2

左の選択肢から「アドイン」を選び、管理項目から「Excelアドイン」を選択します。


■ステップ3

表示された「有効なアドイン」の一覧から「分析ツール」「分析ツールーVBA」を

選択します。


■ステップ4

アドイン完了後「データタブ」を選択すると、「分析ツール」が現れます。

これでアドイン作業は完了です。

 

以上

コメント

2.散布図の作成

2012-08-20 09:00:00 | データ分析 Excel 操作手順

「稼げる!プロコン育成塾」11期生の小林です。


この投稿は、企業診断の連載企画

事例でカンタン!実践ビジネス分析手法 

第5回「集客に効く!マーケティングのための相関分析・回帰分析」 

用のExcel操作解説ページです。

 

この「データ分析 Excel 操作手順」のカテゴリーでは、記事本文で触れたデータ分析に関するExcel操作手順を次の内容で4ページにわたってご説明いたします。


1.Excel分析ツールの追加

2.散布図の作成

3.相関分析(分析ツール)

4.単回帰分析

※Excel2007バージョンを使用しての解説です


==2.散布図の作成=============


相関関係と外れ値の確認のための散布図作成手順について解説します。


■ステップ1

対象となる2つのデータを選択します。

目的となる変数(縦軸y、ここでは集客数)を右に配置し、

原因となる変数(横軸x、ここでは飲食店事業所数)を左に配置します。


■ステップ2

次に「挿入タブ」の「グラフ」の中から散布図を選択します。

数種類の散布図の中から下図の散布図(通常のドットのもの)を選択すれば完了です。

後は、グラフを正方形にするなど体裁を整えます。


以上

 

 

コメント

3.相関分析(分析ツール)

2012-08-20 08:00:00 | データ分析 Excel 操作手順

「稼げる!プロコン育成塾」11期生の小林です。


この投稿は、企業診断の連載企画

事例でカンタン!実践ビジネス分析手法 

第5回「集客に効く!マーケティングのための相関分析・回帰分析」 

用のExcel操作解説ページです。


この「データ分析 Excel 操作手順」のカテゴリーでは、記事本文で触れたデータ分析に関するExcel操作手順を次の内容で4ページにわたってご説明いたします。


1.Excel分析ツールの追加

2.散布図の作成

3.相関分析(分析ツール)

4.単回帰分析

※Excel2007バージョンを使用しての解説です

 

==3.相関分析(分析ツール)=========


相関の程度を確認するため分析ツールを使用して、相関係数を算出します。

 

■ステップ1

「1.Excel分析ツールの追加」で組み込んだ「分析ツール」から「相関」を選択します。

 

■ステップ2

「入力範囲」に相関分析をする対象エリアを指定します。

ここでは、飲食店事業所数から集客数まで5列を指定しています。

列の先頭行も範囲に含める場合は、「先頭行をラベルとして使用」にチェックを入れます。

 

 

■ステップ3

出力結果のマトリックス表が算出されます。

 

以上

コメント

4.単回帰分析

2012-08-20 07:00:00 | データ分析 Excel 操作手順

「稼げる!プロコン育成塾」11期生の小林です。


この投稿は、企業診断の連載企画

事例でカンタン!実践ビジネス分析手法 

第5回「集客に効く!マーケティングのための相関分析・回帰分析」 

用のExcel操作解説ページです。


この「データ分析 Excel 操作手順」のカテゴリーでは、記事本文で触れたデータ分析に関するExcel操作手順を次の内容で4ページにわたってご説明いたします。


1.Excel分析ツールの追加

2.散布図の作成

3.相関分析(分析ツール)

4.単回帰分析

※Excel2007バージョンを使用しての解説です


==4.単回帰分析==============


単回帰分析を行うため「2.散布図の作成」で作成した散布図を

使用して回帰式を求めます。


■ステップ1

散布図上のデータ点を選択し、右クリックします。

開いたウィンドの中から「近似曲線の追加」を選択します。


■ステップ2

「近似曲線のオプション」から「線形近似」を選択します。

次に、同じウィンド内下部にある「グラフに数式を表示する」と「グラフにR-2乗値を表示する」

を選択します。

グラフに回帰直線と単回帰式が表示されます。

 

以上

 

コメント