jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

暖冬少雪

2024-02-21 22:24:12 | 池のまわりのこと
昨年 降雪前「この冬は降雪が少ない・・」との長期予報が発表されていた。
今まで降雪量にまで踏み込んだ予報は無かったように記憶しているので ???・・・と思っていた。
年が明け 本格的な降雪期になって驚いた。ホントに雪が少ないのだ。
昨朝の池のまわりの様子です。


2022年2月7日の雪の状況です。

2021年もこれと同じような積雪で 2019、2020両年は少なかった。
平年というのは過去10年の平均だとすると魚沼地方の積雪量は昔に比べるとずいぶん少なくなっている。
今 流行りの 地球温暖化 のせいなんだろうか。
気象庁ではスパコンを更新して処理能力を倍増させるという。
この冬くらいの降雪であれば「雪囲い」不要だから 秋の内に雪囲い作業 必要・不要 までの予報が欲しい。


ズミ と ヘクソカズラ

2024-01-22 22:20:33 | 池のまわりのこと
いつもの冬ならば 悪食で食欲旺盛な ムクドリ が食べ尽くしている ズミ が枝にいっぱい実を残している。
雪が少ないから餌に不自由しないからだろう。熟しすぎて黒くなった実は最後の非常食なのか。


ヘクソカズラ の実もまだ残っている。
茶色に熟していた実も色が褪せて白くなってしまった。



ケキブシ の花芽

2024-01-21 17:30:11 | 池のまわりのこと
晴れた日に ケキブシ の花芽を見に行ってみる。
雪の少ない今年だから軒下で陽を浴びている ナンテン を背景に。


如何に暖冬といえどもまだ ツボミ は動いていないようだ。



冬芽と残果と ミヤマガマズミ

2024-01-20 21:53:35 | 池のまわりのこと
例年ならば雪に埋もれている筈の ミヤマガマズミ も小雪の今年はまだ雪に埋もれていない。

絵になる様な枝振りではないが 枝先の赤い冬芽は それなりに・・・・。

何故かまだ落ちない真っ赤な果実もjokichi。