jokichi つれづれ日記

自然観察大好きじいさんが 見たこと 感じたこと を気ままに綴ります。

ハクサンコザクラ の花の色

2017-07-31 22:40:57 | 越後駒ヶ岳のこと

霧にかすむ ハクサンコザクラ も撮影時間は午後2時だった。(7月26日)

 
イワイチョウ の間に咲いた株は少し色が薄い。

 
下の二輪を拡大すると小さな蠅が訪れていた。

 
登山路の1650mくらいのところにも幾株か咲いている。
これは濃色の株。

 
こちらは 色薄の株。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

池畔では ユウスゲ と ヤブカンゾウ が

2017-07-31 07:00:00 | 池のまわりのこと
尾瀬と越後駒ケ岳では ニッコウキスゲ だったが池畔では 淡黄色がさわやかな ユウスゲ。


オレンジ色の ヤブカンゾウ も。


 

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

ガスの中の ニッコウキスゲ

2017-07-30 20:41:28 | 越後駒ヶ岳のこと

爽やかな朝の景色のようだが 午後2時の撮影。
朝から 越後駒ケ岳 駒の小屋 を包んでいた小雨混じりの霧がようやく少し薄くなってきた。

 
雄蕊は花粉を出して訪れる虫たちを待っているが この天候では・・・・。 

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

ミヤマアオヤギソウ は雌雄分業で。

2017-07-30 06:14:54 | 尾瀬のこと

登山道に沿って勢いのいい笹の間を縫っていく株かの ミヤマアオヤギソウ が咲いている。
150cmまでも伸びる 里山の アオヤギソウ に比べると 小型の花 ミヤマアオヤギソウ。

 
花穂の根元に咲く花には子房が見えないから きっと雄花だ。

 
花穂を先端に向かってゆくと子房のある 雌花 が見えてくるがぴんぼけ画像でごめんなさい。

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

7月の ショウジョウバカマ

2017-07-29 07:00:00 | 越後駒ヶ岳のこと

下界ではとうに種子を風に乗せて旅立たせた ショウジョウバカマ も雪渓では今が花盛り。
流れるガスは花に当たって水滴になる。
雪解けの早かった斜面上部では ハクサンコザクラ が風に揺れている。

 
向こうの コバイケイソウ の芽は一日で高さが二倍になった。
花色の濃いこの花たちは数日で見えなくなってしまうだろう。
ショウジョウバカマ は葉先に芽を作って増えてゆく。 だから花茎の間隔は葉の長さと同じだ。

 
岩陰で育ったこの株は雪の圧力から逃れられたのだろう。
顔を出した時にはすでに花茎も伸びている。

 
あたりをキョロキョロと見まわしているように咲いている。
 

にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ←よろしかったら クリック をお願いします。 PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント