岩田院長のブログ

楽しい話、マジメな話・・・etc.

夢を追い続ける

2021-03-07 21:36:27 | 日記
昨日、尾道の病院に勤めていた時の患者(今年15歳の女の子)が来院しました。
その子が帰る前に「あと5年だから」と。
その子の将来の夢は看護師になる事で、岩田が尾道で診察していた4歳頃から看護師になりたいと言って、10年以上その気持ちは変わらず持ち続けています。あと5年とは看護科のある高校に進学を考えている様で5年間のカリキュラムの学校のようです。
4歳の頃の夢を今も持ち続けて、それに向かって努力している事は素敵な事だと思います。
医療人の先輩(もう相当年をとっていますが)として言える事は、この仕事はうれしい事もありますが、それ以上に辛い事の方が多いです。ただ、辛い事をたくさん経験して、悩んだり、考えたりする事の方が成長につながります。恐らく、どの医療人も通る道だと思います。その辛い経験があるからこそ患者さんからかけてくれる一言が励みになります。
もし愚痴を言いたい時は、いつでも当院に来て下さい。時間が許す限り聞きます。(できれば花粉症シーズンは忙しいので避けてください🙇‍♂️😃)
コメント

PCR検査の検体採取に行ってきました

2021-02-23 18:21:52 | 医療
今日、新型コロナウイルスのPCR検査の検体採取に行ってきました。
12月31日に出務した時は寒さと検体採取数も多かったため、大変でしたが、今日は暖かく、やや目が痒い(スギ花粉症のため)くらいでしたが、検体数は27人と多めでした。年齢も5歳から70代後半と広範囲でした。ワクチン接種は始まっていますが、まだまだ集団免疫ができている訳ではないので今後も検体採取は必要になると思います。
早く感染が終息します様に。
コメント

本日は遅くなってしまい申し訳ございませんでした

2021-02-22 23:49:31 | 医療
スギ花粉症真っ只中、土日の天候の良さで飛散が増えて、皆さん、鼻炎がしんどくて本日たくさんの方が来院されました。本日の診療終了は22時過ぎでした。待ち時間も長く、患者さんからはクレームがきてもおかしくない状況ですが、逆に「遅くまで診療してくれて有難うございます」と言われ、お待たせした事への申し訳さと言葉をかけて頂いた嬉しさでさらに頑張らないといけないという思いでした。この様な患者さんとの関係を邪魔されずにこのまま続けていきたいです。患者さんのこの言葉がクリニックの今後の励みになります。有難うございました。
コメント (2)

花粉症辛いです

2021-02-21 19:06:49 | 医療
今日、仕事で広島に行きましたが、花粉症で目が痒い。嫌な時期です。
今年は昨年よりも多い予想ですが、なかなか忙しくて病院に行けない方、コロナウイルス感染が心配で病院に行きたくない方にドラックストアの薬での対処について、以前にも投稿した内容を再度お伝えします。
最近、国の方針でアレルギーの薬💊はジェネリック薬に変える、またドラックストアでも以前は医療機関でしか扱えなかった薬が販売できるようになりました。
ドラックストアで売っているアレルギーの薬で代表的なものは、アレグラ(フェキソフェナジン)、アレジオン(エピナスチン)、クラリチン、ストラリニ(セチリジン)です。効果は、アレグラ、クラリチンは同程度、アレジオンはやや強い、セチリジンは他よりは強い印象です。ただ、アレルギーの薬にある眠気の問題は、アレグラ、クラリチンは自動車🚗運転の注意書はありませんが、残りの2剤は注意が必要です。もし眠気が困る仕事に従事している方はアレグラ、クラリチン内服がオススメですが、鼻炎症状が強くて困る場合は上記4剤の医療用の添付文書には、症状により適宜増減と書いてあります。岩田が処方した患者さんには症状が強いようならアレグラは1日3-4錠まで、クラリチン、アレジオン、セチリジンは1日2錠までと口頭で説明して使って頂く場合があります。ただ、眠気のある薬は増量するとなお眠気が強くなるので注意が必要です。アレグラは食後の内服になっていますが、効果の面でいうと食前の方が良いです。他にはパブロン鼻炎錠Sは塩酸プソイドエフェドリンが含まれているため鼻詰まりには効きますが、マレイン酸カルビノキサミンが入っているため眠気はあります。
内服薬の増量の話をしましたが、やはり増量は怖いという方はステロイド点鼻👃をお勧めします。ステロイドに抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、内服と違って点鼻は安全に使えます。ベクロメタゾンが含まれている点鼻(パブロン、アルカットex)は即効性はありませんが、毎日決められた回数で使っていると内服薬以上に効果があると思っています。ただし、間違って血管収縮薬の入った点鼻薬は使わないで下さい。
岩田としてのお勧めは、眠気の来ない内服薬とステロイド点鼻を最初は併用し、その間症状が強い時は内服薬を増量して対応し、1週間くらいすると点鼻の効果が出てきたら、点鼻は花粉症シーズンは継続して内服薬は症状が強い時に内服するのも良いかと考えています。もともと花粉症が強い方は内服薬を継続で飲むとヒスタミン(鼻症状を起こす物質)がくっつく受容体の活性を落とす働きがあることから継続で内服する事をお勧めします。眠気よりも効果を求めるならアレジオンやセチリジンを使用してはいかがでしょうか。アレジオンは眠気がある方に入れましたが、そこまでは強くない印象です。目薬はクロルフェニルマレイン酸が含まれているもの、またザジテン点眼もアレルギーの目薬です。
以上述べてきましたが、花粉症を持っている岩田は何を使っているか。岩田の花粉症の程度は診察中は屋外に出ないため花粉症に触れる事はない(部屋も空間清浄機や空気清浄機をつけています)はずですが、患者さんの服に付いた花粉で目は痒い!
岩田は内服薬は眠くなるので、もっぱらステロイド点鼻で対処しています。目はクロルフェニルマレイン酸入りの点眼を使っていますが、やはり痒いです。
長々と書きましたが、耳鼻咽喉科医師👨‍⚕️としてはクリニック🏥に受診するように勧めないといけないのかもしれませんが、国の方針や何よりも仕事が忙しくて受診できない方、コロナウイルス感染が心配な方に少しでも役立てて頂ければ幸いです。上記を試しても症状をコントロールできない時はお近くの耳鼻咽喉科に相談して下さい。
コメント

スギ花粉飛散始まりました

2021-02-20 23:08:04 | 医療
先週からスギ花粉の飛散が始まった事を聞いていましたが、今週になって急に花粉症患者が増えてきました。
昨年は飛散量も少なく、新型コロナウイルス流行のため、マスクをしたり、外出を自粛する事で発症した方が少なかったですが、今年は昨年よりも花粉量が多いため症状に苦しんでいる方が耳鼻咽喉科を受診しています。
これから5月上旬まではスギ、ヒノキの花粉が飛散します。新型コロナウイルス感染の観点からクシャミによる飛沫も注意が必要です。感染対策もですが、花粉症対策もお願いします。
岩田も外にはほとんど出ていませんが、診療中も目は痒いです。恐らく、患者さんの服についている花粉に反応しているのかもしれません。
コメント (1)