itchy1976の日記

当ブログは、読了本の書評・感想とスポーツ、時事問題、日常生活のコラム中心です。TB、コメント、相互リンク依頼大歓迎。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

金子達仁、戸塚啓、木崎伸也『敗因と』

2007年01月18日 23時08分03秒 | 書評(その他著者)
敗因と

光文社

このアイテムの詳細を見る


今回は、金子達仁、戸塚啓、木崎伸也『敗因と』を紹介します。日本代表がなぜドイツワールドカップの一次予選で敗れ去ったのかを追求しています。ドイツワールドカップでの日本代表は、戦っているという感じがしなかった。ジーコ監督が悪いということはなんとなくわかる。しかし、もう少し選手同士で何とかならんかったかなという感じがしている。実は、1996年のアトランタオリンピックと同じ過ちを犯しているのではないか。お互いがお互いをカバーするなどチーム競技として当たり前のことができていないのではないだろうか。

まあ、このワールドカップが終わった後、日本のFIFAランキングが40位台まで落ちましたね。これこそがもともとの実力なんだろうな。まだ、実力がついてはいなかったんだな。前回の日韓ワールドカップでは、ホームということと強いチームとあたらないというシード国ということでベスト16までいったんだよね。今からオシム監督でやり直していけばいいのではと思う。2007年のアジアカップから真剣勝負の場がやってくる。それにまずはむかってがんばってほしい。

この本でよかったのは、ヒディング監督のインタビューと中田英がチームになじめていないことが改めてわかったことかな。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« オリックス中村紀洋選手が自... | トップ | あなたの手放せないものって... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

書評(その他著者)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事