伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

悪魔のささやき

2016-07-29 11:48:10 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

牛を飼う信仰者と釈尊のこのような問答が終わるやいなや、天が返答するように物凄い大雨が降り始めました。
瞬く間に低い窪地も、小高い丘も暴雨で満たされるほどでした。
神様が大雨を降らされる様を見た牛飼いの信仰者は語り始めました。

「私が釈尊、貴方様に会えたことは物凄いことでした。心から衝撃を受けました。
貴方様は真の知恵の神眼をお持ちであることがよく分かりました。
私はあなたに帰依(きえ:教えに従うこと)します。

私の妻もとても従順で素直な人です。私と一緒に貴方様のような如来の元で共に学ばせてください。
何度も生死を繰り返す人の人生を今生で終わらせ、永遠の彼岸(ひがん:天国)に安住することを目指したく思います」

(原始仏典 スッタニパータ 第1章2節-No.30〜No.32)


このやり取りを見ていた悪魔は言いました。

「子供を持つ者は、子供を持つからこそ喜びが来る。
牛を持つ者は、牛を持つからこそ贅沢が出来る喜びが来る。
つまり所有物こそが人に喜びをもたらすことが出来る。
何も持たない人には、喜びは来ない」

(原始仏典 スッタニパータ 第1章2節-No.33


これを見て釈尊は言いました。

子供を持つ者は、子供に執着すれば、心配が絶えない苦しみが生じます。
牛を持つ者は、牛を持つことに執着すれば、色々と心配して悩みます。
つまり所有物こそは人に執着をおこさせて、いつまでも心を安心させることがありません。
何を持とうが持たなかろうが、何に対しても執着しない人には、苦悩は来ません


(原始仏典 スッタニパータ 第1章2節-No.34

(感想)
牛を飼う真面目な信仰者が、釈尊に感動して夫婦で釈尊の教えを勉強したいと言えば、悪魔が登場して来ました。
悪魔はいつでも、どこでも、聞き耳を立てているということです。

人の自我(じが:ワレヨシな欲望や思い)に住んでいるのが悪魔と言えます。
つまり誰もが、自分の心に悪魔と神様(真我・内在神)の両方を既に持った状態が人間だと言えます。
ここが大切なポイントです。

どこか知らない他所から、悪魔や神様がやって来るのでは無いのです。
既に自分の中に同居している訳です。
だから修行すると言いましても、何かが他所から来ることを期待してもムダです。
自分の中から、何を出すのか
を意識することが大切なのです。

つまり、働きながら、勉強しながら、主婦業をしながら、自分の中の良いモノを前面に出すことが人間として生まれた真の修行なのです。
自分の心から悪魔を出しながら生活をしては生けません。
でも社会には、悪魔を撒き散らしながら生活する人が、会社にも、スーパーにも、道路にも居るわけです。

自分から悪魔を出し続けた人は、周囲の人を苦しめます。他人に嫌な思いをさせることを嬉しく思うようにも成って行きます。
そして本当に、自分自身が悪魔のような卑しく貧相な顔にもなり、地獄のような生活環境にも変わって行くのです。

ここで悪魔は、人に物を持つことを勧めています。
これに対して釈尊は、物を持つ=執着について戒めています。

これで思い出しますことは、私の子供の頃のエピソード、
「ぼろを着ても心は錦」【ぼろをきてもこころはにしき】
は良いのか否かの是非について考えたいと思います。 (続く)

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。


【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html

携帯 健康食品・サプリ(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health.html
携帯 健康食品・サプリ(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_health2.html
携帯 生活日用品(1) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life.html
携帯 生活日用品(2) http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_life2.html
携帯 供養関係 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_kuyou.html
携帯 防災・蒸留水 関係用品 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_prevention.html
携帯 著書 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_book.html

伊勢白山道 問答集 第1巻【感謝の先祖供養編】
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900574/isehakusandou-22/ref=nosim

携帯から http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900574&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html)

「 柔訳 釈尊の言葉 第2巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900418/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から (http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900418&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html


「 柔訳 釈尊の言葉 第1巻」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4864900302/isehakusandou-22/ref=nosim
携帯から ( http://www.amazon.co.jp/gp/aw/rd.html?a=4864900302&at=isehakusandou-22&url=/gp/aw/d.html

[注意書き]
*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://goo.gl/YtYlB 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://goo.gl/AYsVO5  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://goo.gl/tPLbQK 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私がいちいち受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません


コメント (560)   この記事についてブログを書く
« 自由には、怖さが付き物(憑... | トップ | 8月の自然観察日 »

560 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
質問をお願いします 女 (Unknown)
2016-07-29 11:53:07
心にいる神様は、その人の悪魔の部分を静観しているのでしょうか?そんな神様を救うのも、自分自身なのですか?
今 日本は ギリギリの所 (Unknown)
2016-07-29 11:55:53
リーマンさん 皆さん
毎日 有難う御座います。
感謝想起 防災意識で 行きます。
3ヶ所クリック法完全版~自身は深めて、他人様には一度のご縁を~ (クリックひよこ隊4号)
2016-07-29 11:57:15
※今現在の人気ブログランキングの総合順位は~?

  ~~☆☆「第2位」☆☆~~ です。

Airランキング 精神世界順位 「第1位」(こちらは総合はありません)
F C 2 ブログ☆ランキング 総合順位「第1位」

∵クリックの仕方:パソコンWindows・Mac編∵(Y!mobile、各社スマートフォンも同じ)
        &携帯電話( F C 2 のみ出来ない機種もありますが)  

【1】3つ縦に並んだランキングの一番上「人気ブログランキング」をクリックする。
【2】人気ブログランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中から「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (登録カテゴリーは4つあるが、1ジャンルのみでクリック。前日と違うジャンルになっていてもOK。)
【3】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうち真ん中「Airランキング」をクリックする。
【4】精神世界ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名 称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
【5】伊勢白山道のブログに戻るので、3つのうちの一番下「F C 2 ランキング」をクリックする。
【6】F C 2 ブログ☆ランキングの画面が出る。ランキング一覧表の中からページ名称「伊勢ー白山道」の文字の上でクリックする。
 (ランキングと画像表示の2つがあるが、どちらか一方だけにクリック。)

※ パソコンの方は「戻る」「←」は使わないでね♪
一杯、画面が開くけど地道にポチポチ閉じましょう~。

クリックは1日に1回です、数回すると無効になります~。

「クリックしても反応が無い!」という時もたまにありますが、そういう時には時間をおいて再挑戦してみて下さいね^^!
お知らせ~ (Unknown)
2016-07-29 11:58:38
22:00~ モーガン・フリーマン 時空を超えて
 太陽のない世界 人類は生存可能か?

やります~
ぼろを着てても心は錦 (Unknown)
2016-07-29 11:59:18
歌の歌詞は本当は 心の錦 なんですが、まあ、今回は釈尊の考察の為の言葉ですからね。
質問です (まっつん(女性))
2016-07-29 12:01:03
リーマンさん、いつもブログの更新を有難う御座います。
ゆっくり学ばせていただいております。

質問をお願い致します。

地元で一番大きく古いお寺が有ります。
境内は非宗教的なイベントにも利用され、
市民に大変に親しまれています。

たまにこのお寺の前を通るので、
その時は一市民としての感謝の参拝をし、
多少の御寄附のつもりでお線香を購入して香炉に立てて帰ります。

しかし以前のリーマンさんの御回答の中で、
お寺には依代が無いために線香に寄れない霊が多数いると知り、
こちらへの参拝について考え直そうと思いました。


【質問1】このお寺への参拝について

1.そもそもお寺は磁気が違うので、
 一市民としての感謝であっても参拝はしない方が良い。
 日々の神祀りや先祖供養で対応できる。

2.一市民としての感謝なら拝殿前での参拝も良し。

3.一市民としての感謝なら門前でのお辞儀程度で良い。

【質問2】お線香について

1.一市民としての感謝のつもりならお線香を香炉に立てて帰っても良い。

2.お線香に寄れない霊の皆様が可哀想なので焚かない方が良い。


浅草や巣鴨などでお線香の煙がモクモクと香炉から出るのを見て育ったので、
深く考えずにお寺でもお線香を焚いていました。
もちろん私は煙をすくって身体に当てるような事はしていません。
奉納のつもりなので香炉に立てた後はすぐ帰りますが、
それが却って霊の皆様に失礼に当たるのなら、
もうやめようと思っています。

コメントの多い中大変申し訳ございません。
ご教示いただけましたら幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2016-07-29 12:04:21
神様と悪魔は反対の事を言ってる。
悪魔をみるという事は、神様を見るということ?だから、リーマンさんはよく、静観とおっしゃるの?
Unknown (Unknown)
2016-07-29 12:05:27
ポケモンGOの影響でにゴミだらけになっている公園があるそうです。
こんなことをしていたら神様から見捨てられても文句は言えないだろうからやめていただきたいものです。
リーマンさん凄い (MDM)
2016-07-29 12:07:23
 今日のお話は面白いと思いました。 一編の物語を見ている様でした。
Unknown (Unknown)
2016-07-29 12:08:19
人も物も、そして自分自身の肉体ともいつかはお別れがあるんだなと感じる機会が増えました。毎日ご飯が食べれて湯船に浸かれる暮らしが本当にありがたく、年々欲しいものがなくなってきました。ご先祖様により安心して頂けるように静かに先祖供養を続けてゆけたらと思います。リーマンさん今日もありがとうございます。明日の更新も楽しみにしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

釈尊の言葉 スッタニパータ編」カテゴリの最新記事