伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

嫌な感情に対して「降参」して行くこと。立ち向かわない心の非暴力

2017-01-21 11:28:10 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

人間を構成する五つの要素である五蘊(ごうん)が起こす執着を断ち切りなさい。
五蘊とは、自分自身が生きている(心身の活動をしている)だけで湧き起こる感覚であり、これに愛着や執着を持ち過ぎますと、苦しみが次から次へと心に湧き上がって来ます。
五蘊とは以下の五つを指します。

・ 色(しき)=「身体」機能が活発であるために湧き起こる攻撃性や性的反応などの苦しみ。
・ 受(しゅ)=物事からの刺激を受ける「心」の反応。悪口などを受けても、なんでも被害妄想的な過大に受け取る癖。
・ 想(そう)=見たものについて何事かをイメージする「心」の機能。自分が見た現実以上の過大な妄想を見ること。
・ 行(ぎょう)=イメージしたものについて、自分の意志判断を下す「心」の機能。
・   識(しき) =外的作用(刺激とイメージ)、内的作用(意志判断)を総合して状況判断を下す「心」の機能。

この五蘊が引き起こす愛着や憎悪を断ち切り、心の安定への障害を放棄(手放すこと)しなさい。
そして、いかなることにも公平性・中道(ほどほど)から離れては生けない。

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.66)

(感想)
これはまさに現代社会で病んでしまう人間への注意点を、2500年前に生きた釈尊が示唆されています。
人間は自分の五感・五蘊(色・受・想・行・識)をストレスから過剰に暴走させてしまいますと、

* 苦しみが次から次へと、その人間に湧き上がって来ます。

と釈尊が断言されています。
そのすべては他人だけが原因では無いのです。それを過大に受け取る自分の心のサガが心の深奥に原因として有るということです。

他人からの刺激を、自分が過大に受け取ってしまう原因には、
* 他人と自分を比較(作業能力・貧乏・美醜・学歴・持ち物・家族の問題・・・・)してしまう自分のコンプレックス。
に注意が必要だと感じます。

そのことを認めたくは無い自分のサガを、冷静に自分で観察するのです。
そして釈尊いわく、

* 五蘊が引き起こす愛着や憎悪を断ち切り、心の安定への障害を放棄(手放すこと)しなさい。
自分で自分自身が他人から受ける反応を静観し、
そのような自分のコンプレックスから過大な感情の反応が起こると察知した時には、

* その過大な感情を「手放しなさい」。
手放すとは、とても良い表現です。過大な感情を断ち切りなさい、と言われましても「どうすれば良いのか?」と思うものです。

自分に湧き起こる嫌な感情を、手放すのです。
もう自分で分かったからと、嫌な感情に対して「降参」して行くのです
この自分でする「認識」により、冷静な中道に戻ることが可能です。

* そして心は、いかなることにも公平性・中道(ほどほど)から離れては生けない。

これを忘れないで置くのです。
以上の内容から思いますのは、釈尊こそは人間の心の動きを極限まで熟知されていることです。
釈尊の言葉を真に理解した人は、心の問題から離れ、何ものにも害されない心の安定を勝ち取ることでしょう。

今日も自分に湧き起こる過大な感情があれば静観し、「五蘊の戒め」(ごうん のいましめ)として、思い出しましょう。
人はどんな環境・条件の中に居ましても、心の絶対安定を勝ち取ることが可能なのです。そして輪廻(りんね:生まれ変わる修行)から卒業することも可能なのです。
今日も明るく生きましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (511)
この記事をはてなブックマークに追加

その裏返しが、自分のサガの正体である

2017-01-14 11:42:37 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

様々な美食をしたいという執着を無くすこと。

あちこちと、目的もなく出歩かないこと。

肉体を維持する為の、必要最低限以上の栄養も摂らないこと。

共同生活する他の修行者たちを托鉢(たくはつ:食糧などの寄付を他人に願うこと)で食わせる必要は無いこと。

富裕な庶民の家に憧れることがないこと。

このようにしながら、

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.65)

(感想)
驚きました。これは釈尊の御言葉では無くて、後世の不満を持つ仏教修行者による加筆だと、私は断定します。

とにかく食事に関する不満が多い内容です。
そして、すべて上記の内容の「逆をしたかった」と解釈すれば、よく腑に落ちます。

* 様々な美食をしたかった。
* もっと色々な知らない場所に旅行に行きたかった。
* もっと栄養の有る食事をしたかった。
* なぜに他の修行者を、自分が托鉢で食わせる必要があるのか?不満だった。
* 裕福な家がうらやましかった。

このような不満を持つ修行者も居たと解釈しますと、当時の様子も想像が出来て、今の自分の生き方の参考に成ります。
今も昔も、皆んな同じ人間のサガを持つことがよく分かります。
だから、今の自分の生活を見て、落ち込む必要はありません。

ただ人のサガ(性)とは、いつの時代の人間でも、
* もっと美味しいものを食べたい。
* 旅行したい。
* 同僚への不満と葛藤。
* 貧富へのこだわり。

このようなことが、人の心を揺さぶるようです。今から2000年が経過した未来の人も、このようなサガを果たして持つのでしょうか?
少なくとも今の私たちは、2000年前の人間とサガの悩みの内容は変わりがないようです。

釈尊は、このようなサガを無くされていました。でも考えて見ますと、釈尊こそは王宮に生まれ、青年期になるまではコノ世の贅沢の限りを知り尽くす経験をされた訳です。
その経験をしたからこそ、逆にこのようなことへの執着を無くすことが出来たと考えることも出来ます。

一度も贅沢を自分が経験せずに、他人が贅沢をする様を見続けた人間が、果たして上記のような物事への執着を断ち切ることが可能なのか?
それとも、無いものは無い、と執着を断ち切ることが出来るのか?
何回もの過去生からの人生による、個人ごとの「縁」が、悟りをも「決めて」行くと言えそうです。

果たして、日本の戦後の平和な70年間を堪能した方々は、どんな善徳をお持ちだったのでしょうか?
この期間だけしか知らずに、コノ世を去った方々も大勢おられます。
ほんの数十年間の生まれる年代の差が、天国と地獄を分けたのです。

今の生活の中で、良い縁、善徳を自分が創造していく気持ちは大切です。
自分で志(こころざ)すだけでも価値が有ることです。
今生も来生も、これが決めて行くのです。
今の自分が善悪両方の「縁」を創っている最中であることだけは、知って置きましょう。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「1月の自然観察日」に1月分の詳細あり
* 1月15日。奇数日。中潮の前の大潮。
防災意識で静観です。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (449)
この記事をはてなブックマークに追加

人が密かに自覚するべき生きる姿勢

2017-01-10 10:44:19 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

家族・家庭を持って暮らす者であっても、これに執着するサガを見せずに生活をしなさい。

そして、華やかな衣装を着ることに執着せずに、樹木の黄色い落ち葉のような大便色の服でも良しとしなさい。

更には、自分は孤高の修行者であると思って生活を致しましょう。

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.64)

(感想)
釈尊が非常に厳しく、人がコノ世に生まれた限りは意識をしなければ生けない、生活態度を指摘されている項です。

(1) 自分には家庭があるからと、社会生活・仕事の中で言い訳をしては生けない。

社会の中で働いていますと、既婚者も独身者も、幼い子供を持つ母子家庭の母親も、家族の介護・看護をする者も、同じルールの下で働いているわけです。誰もが平等です。
でも、自分には家庭が有るからと言って、仕事のシフトを変更してもらったり、早退したり、急に休むことも有ることです。

子供が熱を出すなどの正当な理由もあるものです。それも分かります。
でも、霊的な因果を考えるとどうなのか?
ということなのです。

釈尊は、コノ世のすべてが自分が起こした縁起(過去生も含む)により、今の状況・環境があるとします。
自分には家庭があるからと言って、もし周囲の者に迷惑を掛けることが有れば、大げさですがこれも因果に成るわけです。

まだ、「申し訳ない」と思える人は問題はないです
それが当然だ。自分には、譲られる権利が有る。
という心境の人が居れば、それは因果となり、いつかは自分に違う形となって反射をすることでしょう。

今の社会でも、公的な権利を悪用して生きる人が増えているかも知れません。
でも、その他には公的な援助を受けずに、家族の面倒を見ながら懸命に苦しみながら働いている人も社会に大勢居るわけです。
霊的な視点では、そのすべてがキッチリと因果の法則により帳尻が合うように管理されているのです。

だから安心しましょう。他人を見て、怒る必要はありません。
ただ、だからと言って、家庭の事情がある人に仕事の融通を利かさないようなことをしては生けません
これは他人に因果論から注意することではなくて、各人の自分自身だけの生きる姿勢と問題なのです。

しかし、自分が家庭の事情で職場に迷惑を掛けた場合は、その先どうすれば良いのか?
誰もが同僚に迷惑を、お互い様に掛けることがあるのも仕事の正体です。
その時は、自分の仕事で出来る範囲のお返しをする心づもりで問題はないです。相殺が起こり、因果には成りません。


(2) 大便色の服でも良しとしなさい。

出家された僧侶は黄色い袈裟(けさ:衣装のこと)を着ています。
インドならば、ターメリックなどの香辛料で害虫よけのために染色した黄色だと思われる人もいるかも知れません。
でも本当の最初の意味は、あえてウンコ色の黄色の衣装を着て、
「初心を忘れるな!」
の意味だったのです。その心は、

「衣装に執着するな!」
「衣装に執着しないように、あえて大便の色でも良しとしなさい」
だったのです。
でも、現代社会では最低限の常識的な衣装へのエチケットは大切です。
他人に不快な思いをさせる衣装も、臭いも、因果を起こします。

(3) 家庭持ちであろうが、独り身であろうが、誰もが自分は孤高の修行者であるという自覚を持って暮らすことが、輪廻(りんね:生まれ変わり)の輪から外れる為には必須条件だということです。

以上の話は、極端には受け取らずに、自分一人が密かに自覚するべき生活の知恵だと思ってください。
すべては中道(ほどほど・真ん中)が最善です。
参考にして頂ければ幸いです。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「1月の自然観察日」に1月分の詳細あり
* 今日1月10日、11日、12日の数日間は、南海・関東を特に静観。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (469)
この記事をはてなブックマークに追加

自分の心の安定化は、意識することで可能

2017-01-05 11:29:33 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

目の視線は常に静かにして、斜め下方を見て虫を踏むこと無く歩き、常に斜め下方の視線で座ること。

大勢の人が居る喧騒を好んで、あちらこちらへと歩き回らないこと。

他からの刺激に心が乱されることが無いように、自分の心が防御されている姿勢で常に居ること。

自分の自我(ワレヨシな怒り・妬み・嫉妬・色情・欲・・・)が他人に出ないように自分でコントロールしていること。

他人の自我の影響も受け取らない心境で居ること。

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.63)

(感想)
これをただ読みますと、
「釈尊が堅苦しい生き方、つまらん生活を勧めているぞ」
と思われるかも知れません。
でもこれこそは、現代社会で精神を病まない為の最高の極意を釈尊が教えてくれています。

まさに未来社会に、心身を病む人が増加することを予見していたかのような最高の教えです。
この項の中には、
* 禅の極意。
* 仏像の視線の意味。
* 生活の中での立ち振る舞い。
* 精神を病まない生活方法。
これらが凝縮されています。

(1)目の視線は、常に斜め下方で居ることが良いです。

でもこれは、自分一人で居る時だけにしましょう。学校や職場では、正面を大きく見て、相手に不快な思いをさせないようにしてください。

これこそは、禅の視線であり、仏像が表現する視線であり、最高の集中力を生み、他からの霊的な憑依を防御する視線なのです。
* 霊の憑依は目からも入る。
ということを知って置いてください。
異性からの色情のスケベな火も、目から入るので女性は注意しましょう、笑。

斜め下方の視線では、まず霊の侵入は目からは難しく成るのです。ただ、この姿勢は首の後ろが開いて無防備に成ります。
そこで禅では、背中を棒で叩き祓う警策(きょうさく)を経験的な感覚から実践されています。

これを釈尊が述べていたことを知る人は少ないです。後世に生まれた所作・視線だと思うものです。
釈尊は禅定(ぜんじょう:心の活動が一切停止すること)に入られますと、丸1日でも半眼のままの御方でした。排尿も、脈拍も、呼吸もすべての活動が冬眠状態のように限りなく弱く成ります。
現代医学の医師が瞳孔を確認すれば、非常に危険な状態の判定が出されるかも知れません。

(2)自分が他人の心を乱さない姿勢・生活を心掛けて、自分も他人の所作・行動に心が乱されないように注意していれば大丈夫だと言うこと。

このことを現代人がわざわざ意識をしていないと、
* 自分の心が他人の所作を一々と気にする。
* 自分も他人に不快な態度を無意識にしている。
ことに成りがちです。

自分で常に、
* 「他からの影響を自分は受けない・受け取らない」
ということを日々の生活の中で自分自身に言い聞かせて行きます。

これを意識するか、しないか、でやはり人の精神状態は変わって行くのです。
人間の心は生き物なのですが、表層意識はかなり機械的な反応を示し、意識のプログラミング注入が機能すると思ってください。

これを悪用したのが洗脳です。
つまり自分の意識に言い聞かせることは機能する・有効だという証拠です。
やはり人は、知人を選び、読む本を選択し、見る物事、テレビ番組、聴く音楽も選択する必要がありそうです。

目の視線にしましても、「そんなことぐらい」が想像以上に人には影響しています。
テレビ・映画などの映像で問題視されるサブリミナル効果(意識的に隠されている見えないはずの画像が無意識下に入ること)がこれを証明しています。

絵画にしても、下地に塗り隠した呪詛の絵が機能することを使い、他人を貶めるための権謀術数(けんぼうじゅっすう)が古来から存在します。
例えば、天才・レオナルド・ダ・ヴィンチが下絵に隠している図柄は、表面に描いた絵とはまったく異なることが多いようです。

この項の主旨は、常に自分の心の安定化に注意して、輪廻(りんね:生まれ変わりの循環)から自由に成りましょうということです。
この項の注意点も知って置き、自分の心の安定化を図ってコノ世を楽しみましょう。



カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「1月の自然観察日」に1月分の詳細あり

関東・東北の地震活動に注意します。
震源は、意外にも「南海地域」、和歌山・三重県の沖合いを注意。
* 千葉県沖〜東北の沿岸地域。
* 関西の太平洋側。
防災意識で静観。 1月5日、7日、奇数日を静観。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (559)
この記事をはてなブックマークに追加

川の流れを冷静に眺め、慌てないことが大切

2016-12-25 11:37:39 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

水流の中で魚網に捕まった魚が、網を突き抜けて川に戻るように、

世間に在る様々なサガ(ワレヨシの自我・性)への執着を断ち切りなさい。

そして過去に自分の執着心から、自分のサガの炎が焼き払った場所・相手に留まることが無いようにしなさい。

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.62)

(感想)

(1) 自分の「思い」が何かに捕まったとしても、その網をスルッと抜けなさい。

人は、色々な物事に自分の思いが占められて、捕まるものです。
それは過剰な趣味かも知れないし、異性かも知れないし、バクチ、薬物、金儲け、・・・・なのかも知れません。

仕事にしましても、自分が何かの思いに縛られている間は、ミスを多発したり、その仕事を伸ばすことが出来ないものです。
仕事をしながらでも、何事にも縛られない「冷静さ」を維持することで、結果を出すことが逆に出来るものです。

* 自分の思いを捕まえる網を、スルーする気持ちを常に持ちましょう。

ということです。他人から嫌味を言われましても、喜んでスルーしましょう。
自分が腹を立てる時点で、自分の思いが捕捉された、網に掛かった魚、であることを知って置きましょう。

(2) 自分のサガの炎が焼き払った場所・相手に留まることが無いようにしなさい。

人間とは、過去に付き合った異性や、過去の仕事に、過去の家庭に、自分は戻れるのではないか?
と思い続けながら、今の生活を捨てている人が多いものです。

済んでしまった過去に、今の自分の思考の大半を占めながら、今の生活を疎かにすることが人には有りがちです。
これでは過去をダメにした自分が、今の生活もダメにしつつあることを、人は気付かないものです。
でも、自分の今の周囲に居る人々は、それが何となく分かり嫌な思いをしているものです。

* 済んでしまったことには、執着をせずに、常に今を見ること。
* コノ世では、どんなことにも自分の思いが1つのことに縛られる内は、それは執着であるから注意すること。

このようなことを、この項から思います。
コノ世を川の「流れ」。
人を「魚」と見ること。

これは霊的には、非常に言えることです。老子も、川、魚、というキーワードを使い、コノ世の諸相を表現しています。
遺伝子の流れを見ましても、人は魚でもあるようです。
やはり釈尊の視点は、どこから見ても筋が通った真理です。

紛争中の激流の中に住む可哀想な子供たちも居れば、
寒い季節でも温々とした穏やかな街の中でクリスマスに浮かれる人々も、
同時に存在するのがコノ世です。

この因果の流れを冷静に眺めながら、どんな川の流れに自分が居ましても、感謝せずにはいられない心境に成れることが、次に(来生に)自分が住む川の「流れ」を決めて行きます。
今日も感謝しながら暮らし、楽しみましょう。


(カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照。「12月の「月間の自然観察日」」に12月の詳細あり)
* 今日から「中潮」が連続し、大晦日まで気が抜けません。
不安定な月の重力下に入ります。
テロと、地震を静観します。そして、無難に過ぎ去ります。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (582)
この記事をはてなブックマークに追加

「自分を釣るための大きな釣り針」が世間に有る事を事前に知って置くこと

2016-12-17 11:12:21 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

「ああ、これは自我(ワレヨシ)の欲望の対象に成るものだな。(異性・賭博・不倫・甘い物事・危険なクスリ・・・)

これを楽しんで欲望を発散したとしても、一瞬で終わるだけだ。

もし楽しんだとしても、小さなことであり長くは続かないことは分かっているんだ。

これがもたらす後からの苦悩と後悔のほうが、快楽よりも大きいことは分かっている。

これは自分を釣るための大きな釣り針であることを、知っている」

このように真理の知恵を学ぶ者は、実際にひどい目に遭わなくても避けることが可能になる。

だから賢い人は、

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.61)

(感想)
この項には驚きました。
まず口語体で始まる珍しさと、この内容こそがまさに、このようなブログ記事を読む人と知らない人では人生と運命が変わってしまうことを釈尊が示唆されていたことです。

釈尊は、真理の知恵を事前に知っていれば、世間に在る数々の大小の釣り針「人をダマす針、陥(おとしい)れる針」を避けることが可能に成る。その方法こそが、

* もし、それを体験した場合の後を、「先に」想像しなさい。
* それがもたらす最悪の場合の被害を、よく計算しなさい。

そして、
* それを体験したとしても、一瞬で終わることと、長くは続かないことを「先に」想像しなさい。
* コノ世に在る快楽は、それがもたらす後からの苦悩の方が大きいことを知って置きなさい
* 魚を釣る釣り針は、世間の中で「人に対しても」常に垂らされている。

このようなことを事前に知る真理こそが、人に痛い体験をさせずに涅槃(ねはん:天国)に導くと釈尊は示唆しています。

釈尊は、色々な項で「知恵」を持つことの重要性を説いています。
今の世で言えば、知識を広げることで、その人の自由度が広がって行くのは確かです。

* 外国語を習得するだけで、旅行の範囲、楽しめる内容は無限に広がります。
* 法的知識を持つだけで、被害を避けることが可能に成る。
* 祈祷では無くて、医学知識に頼ることで、命が助かる。
* 資格を取ることで、収入が上がり、生活の自由度が変わります。

釈尊こそは、
* 神仏に頼らないこと。
* 偶像崇拝の禁止。仏像の禁止。

を言われていたことを今の仏教は忘れています。今の社会は、何ということでしょうか?
釈尊の遺言、阿難に厳命したことは、
* 法灯明(ほうとうみょう)、自灯明(じとうみょう)、だけを信じなさい。守りなさい。
でした。

これは、「知恵」と「自分の良心」を信じなさい、ということです。
これが悟りへの最短距離だというのが本当の仏教の姿です。

海外では、宮本武蔵が非常に有名です。日本人以上に外国人が武蔵を研究しています。
武蔵が書いた「五輪書」(ごりんのしょ)は、いまだに外国で売れているのです。
宮本武蔵が言った、

* 我、神仏を尊びて、神仏を頼らず。
* 自分は神仏を尊んで拝むが、神仏に頼ることはしない。
* オノレ自身を信じる。自分の技を信じる。自分の知恵を信じる。

実は、この態度こそが本当の仏教に近いとも言えそうです。
社会に在る釣り針を、先に想像して、今日も明るく無難に暮らしましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (497)
この記事をはてなブックマークに追加

コノ世でのすべては、自分が預かっているだけに過ぎないこと

2016-12-12 11:18:03 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

子供も、奥さんも、父や母も、家の財産や備蓄穀物も、

親類や友人たちも、自分自身に関するどんなことも、

自分の所有欲の対象とするのは止めなさい。

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.60)

(感想)
この項の解釈については、私の訳と他の訳とは大きく違います。
他の訳では、
* 釈尊が、妻帯も家族も、自分の家さえも捨てなさいと言った。
* この項が、出家(しゅっけ:家族も家庭生活も捨てて仏門に入ること)を勧める根拠。
という意味に解釈がされています。

しかし、私の解釈は大きく違います。
釈尊が、御自身の家族を捨てたからと言って、これを他人に強要・示唆をすることは有り得ません。
釈尊が家庭から離れたのは、

(1)自分がどうしても成し遂げたい使命感の為だった。
(2)その使命感は、従来の宗教から攻撃される内容(集団の否定。師匠不要論。危険な身分差別制度の廃止を主張。一人での求道が目的)
だったので、家族の身に危険が及ばない為に、王室や家系を守る為に絶縁した。
(3)自分の使命感を実行するように天啓(てんけい:天から命令されること)を受けたから。

このような理由から、釈尊はすべてを捨てられたと感じます。
これを釈尊が、一般人も同じように勧めることは有り得ません。
そんなことを多くの人々が真似れば、社会が混乱し破壊されます。有り得ないことです。
子供も生まれないことに成ります。

この項こそは、私が何度も書いて来ました、
* 自分の家族も、財産も、友人たちも、その時の食料さえも、自分自身のモノでは無くて、
* 自分が預かっているだけに過ぎない
ということを釈尊がズバリと言っている項だと思います。

霊的には、私達の自分の肉体でさえ、
* 先祖から預かっているに過ぎないのです
いずれ時が来れば、先祖に肉体もお返しすることに誰もが成ります(死去)。

自分の奥さんを「自分のモノ」「自分の所有物」と思い始めた瞬間から、奥さんを拘束する言動と行動が始まります。そして夫婦不仲に傾いていきます。

自分の子供を「自分の所有物」という視線で見ますと、子供を過剰に怒ることに成り始めます。
子供の伸びる芽も破壊します。結果的には、親不孝をする子供に親がしてしまうかも知れません。

財産も自分だけの物、という執着を持ち始めた時から、財産が減る傾向が始まります。
お金の方から逃げて行くのです。
自分が持つ金銭への嫌な執着が、周囲の人々を離れさせて行く為に、お金も減る事態へとなぜか進むのです。そう成る、のです。

これらのすべては、
自分の所有欲の対象とするのは止めなさい
という釈尊の一喝で無難にすることが可能です。

「自分が預かっているだけ」
という視点で、自分の持ち物も含めて周囲を見てみましょう。

自分の仕事も、
「今日もさせて頂いている」
という視点を毎朝に思えば、その仕事は伸びるかも知れません。

このような「自分が預かっているだけ」「自分が持たせて頂いているだけ」
という視点を忘れなければ、すべては順調に進んで行くものなのです。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (491)
この記事をはてなブックマークに追加

その行き着く先には何が有るのでしょうか?

2016-12-08 11:48:00 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

世間が夢中になる様々な娯楽や競技(スポーツ)が、人生のすべてだと思うのは止めなさい。

そのようなことに関心を持つよりも、

自分の心身を着飾って他人に見せたい気持ちから離れなさい。

自分自身に対して、ウソの無い言葉だけを話す努力をしなさい。

そうした上で、

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.59)

(感想)
釈尊が、「その娯楽が自分の人生の全てだと思い込むのは幻想だ」
と仰っています。「娯楽」とは、人により様々です。

現代社会の危険な娯楽には、色々な賭け事、節操のない異性との出会い系、風俗、いかがわしい飲み屋、人生を破壊してまでのめり込むナントカ・ドラッグなどなど。
また、健全な娯楽には、スポーツ、趣味、登山、・・・・人が生きがいとすることが無数に有ります。

このようなことに収入と時間の多くを費やし続けましても、その行き着く先には何が有るのでしょうか
自分の心を仕事から逃避させる為に、逃げていたに過ぎないとも言えます。
でも、生きる上で、何か別の楽しみが有ってこそ人生であり、大切だと思う気持ちも分かります。
仕事を頑張る為の、栄養剤とも思うものです。

それでも、その行き着く先には何が有るのでしょうか?

釈尊の真意は、
「娯楽が必要な気持ちは分かる。
でも、何回も生まれ変わっても、毎回の人生で娯楽というものに貴重な時間を浪費したまま終わり、
そして、また同じパターンを繰り返すのが人間だ

と仰っているように響いて来ます。
これを千回も繰り返しましても、それでも、また来生で娯楽に逃避して人生を終わりますか?
という釈尊からの問い掛けなのです。

そろそろ、娯楽に逃げずに、本当の自分自身に向き合うべきなのが今生ではないですか?
という示唆をされています。
そのためには、

* 自分自身を虚飾して他人に見せたい気持ちを捨てなさい。
* 本当の自分(良心・内在神)に対して、ウソの無い言葉だけを話す努力をしなさい。

という示唆がされています。
もし、今の自分が没頭する娯楽・趣味が有れば、
* それを極めたら、どうなるのか?
* その行き着く先には何が有るのか?

これを最初の段階で、自分で認識をして置くことが、娯楽への過剰な浪費を避けることにも成ります。
自分自身を危険からも守るかも知れません。

不倫でも、始まる前に、その行き着く結果は、
* 破壊しか無いこと。
* 自分の貯金も家族も住居も、失うこと。

これを「最初に」強く想像して認識することで、冷めて、危険を避けることが可能に成ります。
人生のムダな時間を浪費することを止めます。
釈尊が言いたいことは、このようなことに感じます。

今日も、「その行き着く先には何が有るのか?」
「本当に自分の為に成ることは何か?」
こういう視点を持って自分の周囲を観察していますと、他人を見ているだけでも教えられることが有ることでしょう。参考にしてください。

※ トカラ列島からの「流れ」を想定し、九州の中央部、日本海に面する地域、関西・南海沖、関東を防災意識で静観しています。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (599)
この記事をはてなブックマークに追加

学ぶことについて

2016-12-05 11:18:39 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

出来るだけ学識が豊かな人を友人として選びなさい。
それも、ただの学識者では無くて、仏陀(ぶっだ:真の覚者)の真理をも理解しようとする縦横無尽で柔軟な知性を持つ博識な人との交流が良いです。

そうして、自分の真理への理解を増し、自分が持つ疑問・疑惑を減らして行くことが大切なのです。
その上で最終的には、

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.58)

(感想)
釈尊いわく、
* 交友するならば、少しでも学識が有る人が良い。
* でも、勉強ばかりの硬い頭の学識者でも困る。
* かと言って、真理ばかり熱弁する人もダメ。

* 広い学識を持ちながらも、仏陀の発言にも理解を持とうとする柔軟性を持つ博識な友人が良い。

と仰っています。
これの意味することは、頭が良くても、
「謙虚である」「素直である」「こだわりがない知性」
が大切であり、こういう人が真に博識な人と言えます。

結婚するならば、ただ学歴が高い学識者よりも、学歴が有りながらも色々なこと、真理にも理解を示そうとする柔軟性のある知性を持つ人との生活が楽しいです。
男同士でも、同じことが言えます。
いちいちと反論する男性と飲んでいても楽しくはありません。
公平に他人の言い分も聞く耳を持ち、その上で持論を述べる人と話しますと勉強に成ります。

私は医師の知人たちと夕食をたまに摂るのですが、酒飲みが多くて、話題が多くて勉強に成ります。
エロ・グロ・ナンセンス・宇宙論・菌の話、話題に事欠きません。
これからは腸内細菌、ウンコ学のようです、笑。

この項に関しましては、後世の弟子による加筆だと私はしておきます。
釈尊の独特で崇高な霊流が訳していても薄いです。
でも、知って置いて欲しいのは、自分が学ぶことについて、

* 生きている間、死ぬまで、少しでも知識を増やす努力をすること。
* 学ぶことに関して、素直で、柔軟で、自分が謙虚であるべきということ。
* 自分の社会への疑問を減らす努力をしながら、最終的には自分の意見を持つこと。

このようなことが、何時の時代の人間にも言えると思います。
今日も謙虚に、何かを読んで学びましょう。
もちろん、このブログが史上最高の学びであることを自称します(手前味噌はいかがどすか〜)。


カレンダーの印の意味は「月間の自然観察日」を順番に参照

※ 12月5日は、「中潮」「奇数」「月曜日」の3要素が揃います。防災意識で静観です。
  南海〜東南海。千葉県沖を注視。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。



コメント (613)
この記事をはてなブックマークに追加

悪い話を聞くことも因果を生みます

2016-11-30 09:30:02 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

悪い遊びや物事(不倫、薬物、バクチ、・・・などなど)ばかりに執着して、
それを教えに来る知人からはきっぱりと離れて絶縁しなさい。

また、色々な迷信(邪教、御蔭信仰、験担ぎのシキタリ、・・・・など)を信じて、勧誘や強要をして来る人。

更には、色々なものに目移りばかりして、真面目に働く努力をせずに近道ばかり探す人。

こういう人と交友してはいけません。

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.57)

(感想)
悪い遊びをしていることを自分に聞かせる友人。
悪い遊びの良さを自慢気に話し、自分にも誘う知人。
こういう知人からは、
「離れなさい」「絶縁しなさい」「話も聞くな」
と釈尊は、この項で断言されています。

でも、多くの人は、
「話を聞くぐらい別にいいじゃない」
「友人と絶縁するほどのことでも無い」
「相手自身の問題であり、自分が影響を受けなければ良い」
と思うかも知れません。

しかし釈尊が、表面的な建前論だけで、わざわざ断言されるでしょうか?
決して、そうでは無いのです。
この話は、再び悪い転生(来生に生まれ変わること)を自分自身が受ける重大な因果論なのです。その悪い話をただ聞いていた自分にも悪い転生を起こさせる「重力」を生むのです。

その友人が話す内容が不倫話ならば、その話をただ聞いていた自分は、
相手の家族から、
* 知っていたなら教えて欲しかった、止めて欲しかったという思いを受けます。

とくに幼馴染同士であり、相手の親を自分がよく知っている場合、相手の親が順調な自分に対して思う内容は複雑です・・・・。

* 友人に子供が居れば、親の不倫で子供の人生が変わってしまいます。
その原因と成る悪事を、自分は途中で聞いて知っていた。
自分の良心(内在神)は、何を思うのでしょうか?

* 自分が友人の不倫を知りながら、以前と同様な交友をしている場合、自分の旦那さんや奥さんから、同じことをしているからでは?
という疑いを受けることも有ります。

まだ不倫を聞かされるならばマシな方です。
もし知人が麻薬で逮捕された場合、
* 知人とよく会っていた自分への警察からの追求と疑いは避けられません。

携帯履歴と尾行調査で交友関係は分かります。自分は無実でただよく会って話を聞いていただけであっても、事情聴取と尿検査の屈辱、または家族が居る自宅の捜索、を受けるかも知れません。

それで会社に言えない理由で仕事を休むことや、家族からそんな友人を持った自分への疑いの目を受けることも十分に有り得ます。
現代社会でも、「悪い遊びを聞かせる友人から離れなさい!」と釈尊が断言されるだけの大きな悪影響が、現実に起こり得るのです。

しかもコノ世だけの悪影響だけでは済まないで、来世にも生まれ変わる悪い因果の1つとして、転生も起こさせる可能性が有るのです。

その理由は、
* 自分が一生懸命に育てた子供が、悪い友人に誘われて悪事を犯してしまった場合、その親の無念とは深いものです。
親にしてみれば、周囲の友人が「知っていたならば」教えて欲しかった、止めて欲しかった、という無念を持ちます。

* 自分の子供が自殺するほどのイジメを学校で受けていた場合、それを見過ごしていた先生や同級生にも深い恨みを親は起こすものです。
非常に怖い因果を周囲も受けます。

* 善良な周囲の友人たちにしても、自分が止めなかったことを、生涯にわたり思い出すかも知れません。

自分が直接に関係がなくても、聞くだけでも深い色々な悪影響を受けるのです。
以上の話を読んだ上でも、
「話を聞くぐらい別にいいじゃない」
という思いに成れるでしょうか?

やはり聡明な釈尊の発言には、一切のムダが無いようです。
釈尊の発言とは、
* とにかく再び悪い転生をしない為の、超実践論。
に満ちています。
ただの表面的な道徳観では無くて、天国への直球の最短論なのです。

※ 今日も天気の良い地域は防災意識でいましょう。
良い磁場環境ではありません。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (538)
この記事をはてなブックマークに追加

理由も無く「正しい」他人を非難したい自分の気持ちに注意

2016-11-25 11:20:13 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

ワレヨシなドン欲に成ることが無く、
普段にイラ立つことが無く、
自分勝手な欲望を持たずに、
正しい他人を非難したくなる気持ちが自分に無いこと。

このような自分の激しい性(サガ)による欲情や悪事をしないこと。
このような悪い自分のサガを霧散させて、
社会全体で自分が認められたいという願望が消えた人は、

どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。

まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。
(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.56)

(感想)
この項で特に気になる行は、
正しい他人を非難したくなる気持ちが自分に無いこと
真面目な人や、正論ばかり言う人、このような他人を自分が非難をしたくなる気持ち。
正しい他人をイジメたくなる気持ち。

このような気持ちを自分自身が持つ時の心境・環境とは、いったいどんなものなのでしょうか。
正しい他人をイジメたくなった時の自分の心境とは、

* 自分が間違っているのは薄々分かっているが、モヤモヤとした自・他への非難が消えない。
* 自分の私生活が不満だらけで、満たされていない。
* 恥ずかしい自分が居ることが分かっているが、どうしても他人には攻撃的に出てしまう。

これはまるで小学生の男子が、好きな女子にイジワルをして自分に気を引きたい心境に似ています。
なぜか、人のサガは逆をしてしまうのです。
これが大人になっても、人のサガとして誰もの根底に潜んでいます。
社会人に成りましても、

* 自分が会社を首になることが、ほぼ決まっている場合、周囲の順調な社員に対して自分が理不尽だと分かっているが腹が立つ。

* 仲の良い女友達の婚約者が、凄く裕福でイケメンだと分かると、なぜか嫌で自分がブルーになる。

* 自分の子供と仲の良い近所の同級生の友達が成績優秀で1番だと、親が意識してしまう。

* 駅周辺でホームレス生活をしている人が、寒い師走の夜に忘年会で酔って浮かれている会社員を見た時に、何を思うのか?

人は、自分が満たされない時に、寂しい時に、他人を非難したくなるサガが有るということです。
でも釈尊は、このように思う間はダメだと仰っています。

* このような心境が自分から消えた時、
* 自分が困難な状況でも、どんな他人も心から祝福が出来る「素直な」心境に成れた時、

その人は、1本角のサイのように自分の求道を進みなさい。
涅槃(ねはん・天国)に至る心に成れる可能性が有る。
と仰っています。

人の心とは、何と複雑であり変化をするのでしょうか。
まさに宇宙です。
だからこそ、わざわざコノ世に生まれて来て、自分で求道する意味も価値も有るのです。

誰もが自分の宇宙を完成させる為に生まれています。
今日も明るく頑張りましょう。


カレンダーの意味は「月間の自然観察日」を前から順番に参照

地球上空の電子グラフが急降下してます。(http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm
※ 今日11月25日の午後2:46分から夜に掛けて、
防災意識で静観です。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (467)
この記事をはてなブックマークに追加

原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.55 補足

2016-11-19 11:38:58 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

釈尊の生の言葉を残した原始仏典を、古代パーリ語から日本語に訳すにあたり、有名な仏教学者同士でも大学・学閥が違えばいかに内容も、訳すボリュームも変わるのかを見て頂きたいと思います。

先ずは私が訳した柔訳の一部:
さまざまな宗教を体験して、それで自分が変わらないことを思い知ること。
色々な宗教的な内容・教理を他人と論争しても、何の意味も無かったこと。それを超えて、


この部分の他の学者の訳。

(1)「相争(あいあらそ)う哲学的見解を超え」
岩波書店「ブッダのことば―スッタニパータ」より引用。

(2) 「さまざまな宗教的ドグマ(教義)という
邪路迷路を悪戦苦闘して通過してきて」
講談社学術文庫「スッタニパータ [釈尊のことば] 全現代語訳」より引用。

(1)は、東大の有名な原始仏典の研究者である大御所の訳です。非常に短い1行で訳されています。
この訳だけを参考にして、私の2行にわたる柔訳を見ますと、私の個人的な主観が過剰に入り過ぎた訳だと思われる人がいるかも知れません。

ところが京大出身の大学教授3名の共訳である(2)は、
「さまざまな宗教」「ドグマ」「邪路迷路」「悪戦苦闘」「通過してきて」
という語意を持って訳されています。

この(2)の訳と、私の柔訳の表現するところは同じだと思います。
つまり(2)は、原文の持つ微妙な意味合いまで忠実に表現されたと思います。
これを見れば、私の柔訳は決して原典を大きく意図的に外した訳では無いことを分かって頂けると思います。

読者の中には、宗教に対する悪意的な非難を意図して、私が訳を改変・変更をしていると思う方もいるかも知れませんが、決してそうではありません。
原典が意味する基本は絶対に外していない柔訳(個人的な訳)であることを明言しておきます。
憲法が保障する表現の自由を超えてはいません。

(1)の訳は、「相争(あいあらそ)う」「哲学的見解」という2語をもって意味を含ませています。
でもなかなか、これだけですと、その指す内容を軽く通過される人が多いかも知れません。
(1)の訳者は、非常に「優しい」「愛のある御方」だと思います。

私の空想ですが、この御方は過去生において、釈尊亡き後のインドのサンガ(仏教集団)において、仏典の編纂に関わった1名だと感じています。つまり魂の履歴的にも、東大の仏教学者になるに相応しい御方に思います。

亡き漫画家の手塚治虫さんは、釈尊の直弟子、しかも十大弟子の一人・舎利弗(しゃりほつ)だった過去生を私は感得します。
非常に頭の良い冷静で優しい人柄だったことを思います。

つまり、2500年前に誕生された釈尊の教えは、東方の楽園・日本でこそ華が開いたとも言えます。
この釈尊の言葉を訳す場合は、原典だけを見て訳すと本筋を外すと思います。訳す場合は、
* 釈尊が辿られた人生でされたこと。
を忘れてはいけません。

釈尊こそは、仏教以前にインドで古代から隆盛していたバラモン教(カースト制度という深刻な差別階級を生んだ)の行者たちと、激しい論戦、死闘を繰り広げた御方だったのです。
当時のインドでも、悪徳な行者たちが金銭を得るために、低層階級の女性たちを食い物にしてダマし、除霊を言い訳にして好き放題をしていたのです。

これと同じ転写が、2500年を経ても今の日本にも有るのです。
私が仏典を柔訳する内容に、悪徳な集金宗教や有料先生への「個人的な非難の思いが強すぎる」、「意図的である」、というコメントを寄せる人もいます。

しかし、当時の釈尊の行動と言葉は、もっと激しいものだったことを当時の世相を研究して知るべきです。
釈尊を殺そうとしたダイバダッタとの相克が仏典に登場しますが、実際はもっと多かったのです。
この転写の一部を受けたのは、後世の日本の日蓮さんであり、それゆえに神道以外のすべての宗教の道場破りに日参し、激しく闘争したとも言えます。

「人類は同じことを繰り返している」ということを知り、そろそろこれを卒業するのが今の時代だと知って置きましょう。


カレンダーの意味は「月間の自然観察日」を順番に参照
「中潮」の日は注意。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。

*検索に使用しましょう。

・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (565)
この記事をはてなブックマークに追加

「私は他人から何も学ぶ必要が無かったのだ」

2016-11-16 11:23:45 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

さまざまな宗教を体験して、それで自分が変わらないことを思い知ること。
色々な宗教的な内容・教理を他人と論争しても、何の意味も無かったこと。

それを超えて、「自分自身を見詰める」という正しい道に人が至った時、

「私は他人から何も学ぶ必要が無かったのだ」という真の悟りへの知恵が生じます。

だから、どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。


まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.55)

(感想)
もう、さすがは釈尊!と唸るしかない項です。
これを2500年も前に、既に仰っていたのです。人類が辿るパターンを、しかも悟りに辿り着く過程を、短文で見事に表現し看破されています。
今の社会でも、いまだに起こっている信仰の問題です。

自分のこと以外を信じるという信仰は、
* どんなに感動しても、
* その内容で他人と論争しても、
* 家族との時間をムダにして懸けても、
* それで半世紀が経っても、

自分自身は何も変わらなかった。成長しなかった。
ましてや、悟りに行き着くことは無いのです。
人生の時間の大半をムダにする経験をしてから、やっと、

* 本当に大切なことは、自分の心の中に在ったのだ。
* 家族との時間が大切だった。
* 心の問題、信仰については、他人から元々学ぶ必要は無かった

ということを、賢明な「一部の人だけ」が気付けます。
痛い思いを経験してから、気付ける人です。まだマシです。
大半の人は死ぬまで気付けずに、自分自身を見ずに、他人を信仰するままで終わります。
そして死後に目覚めた時に、ムダにした今生を後悔します。

人が死んで霊体に戻った時に、自分が信仰していたコノ世の他人先生が、ヘビやタヌキや、キツネの姿をしていることに、アノ世で仰天します。誰もが認識出来ます。
霊体の視点では、もう明らかに見えるのです。
人間は欲心と自我(ワレヨシ)により、誰もの霊体が生きながら簡単に変化をして行くのです。

コノ世には菩薩の霊体の人間も居れば、ヘビやキツネも、特にタヌキはたくさん居ます。
まさに動物ランドでもあるのがコノ世の真相です。
でも、どの人の心の奥にも、間違いなく内在神(真の根源神)が実在されています。
つまり、人の自我が、色々な形象に変化を起こすのです。
真から人が改心すれば、その人の霊体は人の形に戻ります。

この項で肝心な、
私は他人から何も学ぶ必要が無かったのだ
これは、あくまでも信仰の視点での限定の話です。
コノ世での仕事や、勉強は、素直に他人の先生から謙虚に教わることが非常に大切です。

心の問題については、
* 他人の心の改善パターンが、自分に合うとは限らない。千差万別なものであること。
* 自分の良心(真我・内在神・本当の自分)が、すべての宗教の本質・何が正しいのか。
を誰もの心が、既に知っているのです。

自分の心が知っているが、「思い出せない」のが真相です。
悟りとは、これに気付く瞬間でもあります。
痛い思いを経験してから、色々なことに人は何度も「気付き」始めます。

ただ少ないですが、中には最初から痛い思いをしなくても、他人への信仰に引っかかることなしに、自分の心を見詰めることが出来ている人もいます。
そういう人は、有料先生との縁も出来ずに、社会の中で良い地位にまで行かれる人が多いです。
もう直感で、無意識に他人先生を避けて、正しい道を自分で歩きます。

しかし、信仰もバカにして、自分を見詰めて反省することも無い人は、論外です。
来世は、自分の苦悩から他人を信仰して騙される経験をしてから、自分自身を見詰める道に気付ければ幸いです。
でも、非常に気が遠くなる話ですね。

今日も、生活の中で自分の心を静観しながら、目の前のことに没入しましょう。
人は、何も考えない時間は、心身の生命力が漏電せずに充電されています。
これを知って置きましょう。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (550)
この記事をはてなブックマークに追加

原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.54 補足

2016-11-12 11:17:20 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

宗教的な集会を楽しむ人が、そこで学ぶ人が、本当に正しい真の悟りの境地を一瞬たりとも体験することはありえません。」
(前項「最短、最善の道」より引用)

前項で、このように訳しましたところ、
「宗教的な集会、とするのは間違いではないか?」
というクレームのような指摘を複数も頂きました。

その指摘の理由が、
日本の仏教学者の大御所による「スッタニパータ」の日本語訳では、「集会を楽しむ人」となっているから、でした。

私が「宗教的な集会」と限定・指定した訳をするのが、よほど気に障るのか、気に入らないのか、何か困ることでもあるのか
と思いまして、日本の大御所とされる研究者の翻訳を調べました。

スッタニパータは世界中でパーリ語から英語に翻訳されています。ネットで英語で検索するだけで、数多くのパーリ語原典と英語の両方の研究サイトを閲覧できます。

私は毎回、特定のサイトを決めずに、パーリ語と英語の両方を眺めて浮かんで来る光景を日本語に独自翻訳をしています。
他者の日本語訳を意識することは、一切ありません。
あくまでも、私の個人的な意見・私見です。だから「独自の訳」であり「柔訳」なのです。

そして、日本の大御所の翻訳本を入手して閲覧しましたところ、翻訳本文ではなくて、その注釈として、
「この項は、独覚(独りで悟りを開く人)の実践する道を教えている」
とわざわざ記されていました。

つまり、大御所の注釈は、「集会」がただの町内会や何かの集会などでは無くて
* 求道、信仰に関する集会
であることを暗に示唆していると、私は感想を持ちました。

従って、「宗教的な」を付けますと、私が受けたような反発が世間から来ることを恐れたのではないか?
と私は感じました。
やはり本にする時は、クレームが来ない無難な翻訳にするのが人情です。
つまり、大御所でも本当のことを踏み込んで書けないことが有るのではないか?と、私は思います。

でも厳密に言えば、それで良いのか?
正しく、伝わるのか?
という問題が私は有ると思うのです。

常識的に考えてください。
これは仏教の原点である釈尊の言葉です。
*近所の集会を楽しむな。 *何かの集まりを楽しむな。
こんなことを、求道・真の信仰の指南書であるスッタニパータで、わざわざ言いますか?

しかも毎回の項の最後に、
だから、どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。
まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。


と指摘されていますように、この「集会」はただの集まりでは無くて、精神的な求道・信仰の「集まり」であると解釈するのが無理がないと私は思います。

この場合の「集会」が何を指すのか?
私の翻訳を強要する意図は一切ありません。
皆さんの自由に、自己判断して頂くのが最良です。

宗教的な集会を釈尊が否定していた。
これは、たしかに現代社会では衝撃かも知れません。
でも、釈尊が死に際、入滅される前まで言われていた願い

* 自灯明(じとうみょう):
他者を頼らず、自分自身を拠り所としなさい。
自分自身に知恵の光をともし、暗い先行きを照らしなさい。

* 法灯明(ほうとうみょう):
他者よりも、真理を頼りなさい。
コロコロと変わる生きる他人よりも、一定不変の真理を求め、真理を拠り所にしなさい。

要は、他人を無闇に信じないで、自分自身を信じなさい。
自分で自信(自神)を持ちなさい。

ということを釈尊は最期まで繰り返し言われていました。この釈尊ならば、
宗教的な集会・寄り合いを楽しむな!」
とは、いかにも言いそうなことだと私は思います。

以上はあくまでも仏典の考察の私見であり、宗教的な活動を妨害する意図は一切ありません。
皆さんの、自分に応じた、求道が最善だと思います。
ご自由に、自分の信じる道を進んでください。


カレンダーの意味は「月間の自然観察日」を順番に参照
※ 超満月11月14日の影響が始まっています。
グラフも乱れています。
http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm

今日も、防災意識で静観。


生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (503)
この記事をはてなブックマークに追加

最短、最善の道

2016-11-07 11:17:50 | 釈尊の言葉 スッタニパータ編

宗教的な集会を楽しむ人が、そこで学ぶ人が、本当に正しい真の悟りの境地を一瞬たりとも体験することはありえません。

太陽の王家から来られた幾多のブッダ(真の覚者)たちが残した言葉を、ひたすら考えながら生きなさい。

だから、どんな交わり、集団の中に自分が居ましても、自分一人で歩く覚悟を持ちなさい。


まるで1本角(ツノ)が立つサイのように一人で歩みなさい。

(原始仏典 スッタニパータ 第1章3節-No.54)

(感想)
この項は、「釈尊が本当にこんなことを仰ったのか?」というほど斬新な内容・情報があります。
釈尊が悟りに至った過程にも、集団で学んだことは一切ありません。そのすべてが、単独での苦悩の連続から求道に至りました。

苦行が必要と聞けば、死ぬ寸前まで一人で苦行に打ち込むが悟れず。人は苦行では悟ることが出来ないと思い知ります。
最終的には、働く女性から受けた慈悲を切っ掛けとして、大いなる宇宙の母性との一体感に至ります。

本当に苦労している最中の人間は、他人からの何気ない思いやりの言葉1つにも敏感に反応して、涙をボロボロと流すものです。
死にかけた釈尊の乾いた心には、他人からの思いやりの1杯の乳粥が、すべての殻(カラ)を破壊する刃物のように心の奥へと響いたのでした。

天上天下 唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん)、「すべては大きな1つだった」の境地に釈尊は入りました。
集団でいることに安心・安住していれば、自己の中に注意を向けることがありません。外在する人や物ばかりを信仰して、内在する真の宇宙から離れるばかりと成ります。悟ることは不可能です。

そして、この項での新たな情報は、
* 真の覚者は、太陽の王家から来ている。
ということを釈尊が示唆していることです。

釈尊こそは、コノ世で現実的に釈迦族の王家の出身なのですが、当時の釈迦族の別名が「太陽の子孫」「太陽を信仰する者たち」という意味でした・・・・。
ただ、ここまで具体的に真の覚者の条件ともなる出自を明記されますと、この項は後世の弟子の加筆である可能性を思います。

もし、そうであるならば、釈尊の教えを信仰する当時の集団(サンガ)の様子をこの項から推察することが出来ます。

他の信仰集団とは一線を画する、あくまでも「単独者」の集合だった示唆です。

私が持つ印象では、釈尊の教えを守る当時の仏教集団は、早朝から午前中一杯を生きるために近隣でバイトをして生活する集団だったと感じています。
他人からの施し、寄付だけで安住することを嫌い、あくまでも仕事も大切な修行だったのです。

つまり、集団の外へ働きに出る作務(さむ)をしていた訳です。(今の日本の禅宗にも見られます)
午後からは、さまざまな形で内省(ないせい:自己を見る)し、釈尊の発言を振り返る生活だったと感じます。

今日も自分の家庭を、職場を、自分自身を内省するための修行場として頑張りましょう。
これが目覚める為には、一切のムダが生じない、最短の道なのです。

生かして頂いて 有り難う御座います

下の三ヶ所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。
応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この3箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
精神世界ランキング
FC2ランキング
クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://www.geocities.jp/poriporry/m/
「商品リスト PC用」
 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_all.html
「商品リスト 携帯用」 http://www.geocities.jp/poriporry/m/g_top.html


※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について

・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。

*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」   http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php  大容量検索システムです。

*返答について
・リーマン返答集 http://goo.gl/pUKQUi 最新のものから期間無制限で返答が表示されます。
・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。
・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い

・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。


コメント (442)
この記事をはてなブックマークに追加