伊勢ー白山 道

集団では無く、社会の中で心身の健康を正しく個人で目指します

様々な順番

2019-08-21 11:51:19 | Weblog

一休禅師のもとに、ある豪商が訪ねて来ました。
家に孫ができたお祝いに、一休さんに何か御目出度い言葉を書いてもらい家宝にしたいというお願いで来られました。
 
その相手をチラリと見た一休さんは、なんと、
「親死ぬ、子死ぬ、孫死ぬ」
という言葉を、紙に書いて渡しました。

それを見て、御目出度い言葉を期待していた商人は激怒しました。
「死ぬとは、あまりにも無礼ではないか!」
と一休さんに詰問しました。

すると一休さんは平然と、
「では、あなたの家は、孫死ぬ、子死ぬ、親死ぬの順番で死ぬことを望むのかい?」
と聞き返しました。

それを聞いて、ますます激怒して呆れて帰ろうとする商人に向かって一休さんは、
「親が死に、子が死に、孫が死ぬ。
これほど御目出度い順調な死の順番が世にあろうか?
これが逆になることこそが、真に不幸なことだ
と言いました。
 

このエピソード以外にも一休さんは、
・ お正月で賑わう京都の大通りに出て、杖の頭に骸骨の作り物をしつらえ、
「ご用心、ご用心」と人々に向かって骸骨を見せながら叫び練り歩いた。
一休さんは視点に、常に「死」というものを置いていたことを感じます。

ただ、豪商に対するエピソードなのですが、
・ もし貧乏な家の人が、やっと生まれた孫への御祝の言葉を願って来た場合、
一休さんは何と書いたでしょうか?

私が思うには、
親が長生き、子は更に長生き、孫は更に更に長生き
と書いたと想像します、笑。
一休さんは、本当に食えない人だったと思います。

ただ、一休さん御自身も、天皇の隠し子説が有るように、特別な身分から落ちて浮浪者も体験している人生です。
その人生の大きな落差を体験した結果、
・ 富裕者への反発心。
・ 特別な身分だった自身の生まれを恥じた。

一休さんが若い頃に自殺未遂をしたのは、こういう自分の生まれへの反発心という「青さ」が有ったのではないかと感じます。
でも、一休さんは、そういう生まれの御蔭で、有名寺院にも6歳で修行に入門を許され、当時の様々な最先端の学問を学んでいます。

更には、当時の時代を動かすほどの大教祖・蓮如(れんにょ)さんの自室へ顔パスで入って昼寝をしていたというエピソードも、その特別な生まれが有ってこそだと思います。
一休さんは、上の世界も見て、下の世界も体験し、コノ世の無常・はかなさを思い、
死というものを真面目に見ていたのでしょう。

以上からの学びは、
・ どんな時も死を忘れないことが、その人を謙虚にさせる。
・ 確かに、死にも「幸福な順番」というものが有りそうだ。
・ でも、死の順番が変わったとしても、それも個人のそうなる事情があってのことであり、崇高な死であるのは違いは無いこと。

このように感じます。
皆さんの人生の参考に成れば幸いです。

生かして頂いて 有り難う御座います

※ コメントの閲覧方法と、コメント投稿の方法

・コメントの1部しか表示されませんので、コメント全部を閲覧するときは、コメント欄の最後尾の

コメントをもっと見る
をクリックします。

・コメントを投稿するときは、

コメントを投稿する
をクリックすると、コメント投稿枠がでてきます。
宜しくお願い致します。

携帯電話からの投稿方法は
もし「私はロボットではありません」が有れば、チェックして図柄が出れば指示にしたがい、すべての正解の図柄を選ばないと、投稿が出来ません

「私はロボットではありません」をチェックする欄がない場合、そのまま投稿ボタンを進めてください。
コメント投稿の混雑の状態で、チェック欄の表示の有無が変わります。

・質問をされたい時は、名前欄に【質問、性別、数字記号による仮名】の順に記入してください。

下の2箇所のクリックも、もしよろしければ毎日宜しくお願い致します。

応援して下さる方は、パソコンも携帯電話(fc2のみ出来ない機種もあり)の人も、この2箇所を1日に1回ずつ良ければクリックして下さい。
人気ブログランキング
FC2ブログランキング

クリックして現れるランク一覧の中から再度、伊勢白山道を押してね。

※ 最新の商品案内は、こちらを参照してね。

http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%81%A6%E8%87%AA%E5%B7%B1&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8
見当たらない過去の製品は、コメント欄で質問して頂ければ、最新の製品を調べます。
同じ製品でも中身が日々刷新されていますから、他の新製品も見て注意をします。

* 参考サプリ
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%82%B5%E3%83%97%E3%83%AA&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の美容用品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E7%BE%8E%E5%AE%B9%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

* 参考の防災用品・食品
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E5%8F%82%E8%80%83%E3%81%AE%E9%98%B2%E7%81%BD%E7%94%A8%E5%93%81&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8


※ 最新書籍は、こちらです。
http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93+%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E6%9B%B8%E7%B1%8D&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8

★注意書き(必ず読んでください)★

*コメント投稿について
・過去コメントの削除はしませんので、コメントを書かれる時は慎重にして自己責任を覚悟して投稿してください。
(コメント欄に不掲載でも、内容に脅迫や誹謗中傷などの重大な問題が有れば、ブログ会社と警察に投稿時間と内容を送付し、苦痛を受けた運営関係者たちが対応します)

・質問は、その時の最新記事のコメント欄でお願いします。過去記事のコメント欄に質問を投稿されましても、返答しません。
・聞きたい時はタイトル名に必ず、質問 男または、と記入してください。これが無いと、返答しません。(視る時間短縮のために、霊体と肉体の区別を簡略化するためです)
・非掲載希望の質問には返答しません。
・コメントでは実名の扱いは慎重にしてください。内容によっては、絶対に全部を隠し、文字の数で表すか、書かない工夫で表現してください。
・投稿者の名前欄に実名の記入は厳禁です。ハンドルネーム(仮名)を入れるか、空欄のままにしてください。
・URL欄にアドレスの貼り付けは禁止です。
・質問したい写真は、「伊勢白ペディア」に投稿・公開の場があります。送った写真がUPされたら、そのURLを入れて質問してください。写真は、個人の顔や情報が特定されないような配慮をしてください。
・返答は順番にしていますが、質問が多いために翌日の夕方になることもあります。
・コメント欄で何度も質問しても掲載されない場合、内容に名称が分かる内容がある、質問した人を守る為、という場合が有ることを認知して置いてください。
・質問に絵文字を入れると、返答が切れて表示することがあるから止めて下さい。
差別的なコメントを投稿しないように。もし間違ってUPされても、分かり次第削除します


*検索に使用しましょう。
・「伊勢白ペディア」  http://isehakupedia.wiki.fc2.com/ 日々更新される伊勢白山道の事典です。
・速い検索システム  http://luce-tabi.jp/index.php 大容量検索システムです。
・日替わり記事捲り。おみくじ記事です。http://cgi.shinkyaku.com/k.cgi?random


・【携帯版伊勢白山道 TOP】 http://pori.starfree.jp/m/
・「商品リスト PC用」 http://pori.starfree.jp/m/g_all.html
・「商品リスト 携帯用」 http://pori.starfree.jp/m/g_top.html

*返答について

・伊勢白山道の返信集:(http://luce-tabi.jp/index.php?word=%E2%97%86%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%99%BD%E5%B1%B1%E9%81%93&type=and&sort_flg=1&encode=utf-8)無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、http://luce-tabi.jp/index.php この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。これにより、質問文も全部が表示されます。

・ry-comme http://web.hiyoko.biz/~javcof/ry-comme/ 最新記事3日分の、リーマンの返答コメントが抽出されます。

・私の返答が無いコメントは、霊的な問題では無いと言う事です。
・病気や体調については、医師の診断を必ず受けて、そちらを優先してください。
・私が毎回受診を指摘しなくても、病気については「医師の受診をする前提」であることが、ブログの決まり・前提であることを忘れないでください。
一般常識として、私に指摘されないと受診しない、これではダメです。これは自己責任のことです。私は、医師でも医療関係者でもありません。

・サプリメント(健康食品)の摂取も、必ず医師の許可を受けてからにしてください。
・このブログや関連サイトで紹介されます、Amazon.co.jpアソシエイト・リンクの紹介は、効果効能を示唆する意味ではありません。
・先祖供養や健康食品の実践は、ご自分で判断して自己責任の上で決めてください。
※私の返答は、あくまでも参考意見です。決して、強要はしておりません。ここでの話は、自己責任の上で判断をしてください。

*引用・転載禁止のお願い
・伊勢白山道ブログの記事・コメントの転載・引用・コピーは一切厳禁です。
・ブログ、SNS、ツイッター、印刷物など、多数に公開するものはすべてです(限定メンバー公開の場合も)。このブログ内でリンクされているサイト以外は全部です。
・伊勢白山道ブログのリンク掲載はよいです。
・家族へ記事のコピーを渡したり、自分用のデータ保存をしたりすることはかまいません。
・私の発言に感想や解説・解釈を加えられますと、それは私の真意(神意)から外れます。言葉の一部だけを取り上げられれば、意味がまったく違った内容になって伝えられかねません。曲解されることを防止します。

この下方に出る企業広告は、gooブログにより自動的に表示されます。
伊勢白山道とは、一切関係がありません。

コメント (518)   この記事についてブログを書く
« 壮大な夢の計画の背景は生き... | トップ | 参道も【母川回帰】(ぼせん ... »

518 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お知らせ (伊勢白山道“供養は自己責任・自主判断ですることです” 質問者は男女の性別を書いてね)
2019-08-21 11:54:28
*返答について

・伊勢白山道の返信集: http://u0u1.net/RekI
無制限で最新の返答と、質問の全文が表示されます。

もしこれで、質問文の全文が表示されない場合、 http://luce-tabi.jp/index.php
この画面で、最下方の下から2行目にあります、返信表示: * - [on]、これを「on」にしてください。
これにより、質問文も全部が表示されます。

今日は、この記事に返答します。
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/d2d7cdc9418dd8cf1ca7614e148f6f83/#comment-form
(この記事への質問は締め切ってます)

新規の質問は、この記事に投稿してね。
https://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/c09754d37e7942769a045e01ee38c92e/#comment-form

2箇所クリックも、宜しくお願い致します。

忙しいために、返答が遅れて申し訳御座いません。
すべてのコメントは、読んでいます。
Unknown (Unknown)
2019-08-21 11:56:15
一休さんのお墓には菊の御紋が入ってて宮内庁の管轄なんだよね
Unknown (Unknown)
2019-08-21 11:59:42
子どもを看とる親ほど辛い経験は無いと思います。数日前に友人の妹さんが独身で30代の若さで病死しました。親子さんにかける言葉もありません。私は、精一杯生きようって思いました。
質問です(男 (ぴこ)
2019-08-21 12:00:05
リーマンさん、いつもありがとうございます。

以下、質問です。

ふと思いついたのですが、先祖供養位牌の上部の突端に麻ひも(もしくは本麻苧)をハチマキのように二重か三重くらいに巻き、小さな結びこぶを作って縛れば、麻ひもが位牌のアンテナになり、より位牌の霊的な受信感度が上がったりしませんか?

よろしくお願い致します。
Unknown (Unknown)
2019-08-21 12:04:33
仕事柄、訪問介護していると老いていく人を毎日見てるので、昨日まで元気だったのに倒れていたなんて事がたまにあります。

さすがにたくさん見てると慣れってあるものです。
まして、このような死生感を持つと死が始まりと言う気持ちにもなります。
死は、悲しいとか単純なものではないと言う気持ちになります。

それでも、身内の死は、現実問題、精神的な問題と本当に辛いですね。
そして思うのは、他人の死も心から悲しめる気持ちになれたら良いです。
やはり、身内と他人の死には、温度差がありますから。
Unknown (Unknown)
2019-08-21 12:05:15
私は、子どもは居ませんが最後はどうなるかなあってたまに気になります。義兄弟の世話になるかなと思います。なるべく余計な世話は、かけたく無いですが。まずは、健康に日々を過ごそうと思います。今は、愛犬が私の相手をしてくれて心は満たされています。
Unknown (Unknown)
2019-08-21 12:07:23
リーマンさん死を意識した生活の大切さを今とても良くわかります。そうでなくてはいけないなとあらためて思いました。また順番の意味でもそうだなと思いながら記事を読ませて頂きました。今日もありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2019-08-21 12:07:49
一休さんにも、人を諭したい欲があったんですね。屈折した境遇に生まれたら、ひねくれ癖が出たのでしょう。お目出度いことです。真に悟ったものなら、敢えてこのような言葉を書いて不快にさせる必要がない。悟った者は、相手に合わせることが必要。
Unknown (Unknown)
2019-08-21 12:08:08
一休さん、好き。(笑)
Unknown (Unknown)
2019-08-21 12:09:54
「2019.08.28(米時間)巨大な小惑星が地球のそば(約100万km)を猛スピードで通過予定」とニュースでやっていた。天体のことは大きいんだか小さいんだか、「そば」に来る感じはどんなんなのか想像するしかない。過去のロシアや「富津」で目撃された火球の情報、アノ映画も思い出しながら、正しく関心をもちたい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事