働くエイジグルーパー トライアスリートまさるの日記

会社のスキー部に所属しながら、トライアスロンにもチャレンジする働くエイジグルーパーまさるの最近の出来事を発信します。

2022俺たちのツアー・オブ・檜原【柳沢峠編】

2022年05月28日 21時16分30秒 | 自転車
5月第4週の土曜日

シュンくんが大月を起点に、自転車に乗りたいとのことで、新緑の柳沢峠に行くことにした。


大月駅から旧笹子峠を越えて、塩山側からの柳沢峠。脚が残っていれば、そのあと奥多摩湖から風張峠を越えて、自走帰宅を目論んでいたけど、、、、まだまだ、脚は出来上がっていない。疲労度かた、途中、奥多摩駅あるいは青梅駅から輪行で帰宅も視野に入れていた。

4時起床。4:50に自走で、待ち合わせ場所の武蔵境駅(5:35分高尾行き)に慌てて向かうが、、、5:15の駅改札には、シュンくんがいない。



おかしいな?

自転車を手際よく輪行袋に詰めて、「先にホームに上がるよ」とLINEをして改札口の中に入って、間違いに気がついた。。。



ここって、三鷹駅じゃん(泣)(注:待ち合わせは、もう一つ先の武蔵境駅)

シュンくん。すみません。。。

5:33高尾駅行きの中央線は、朝から混雑。境駅からシュンくんと無事に合流し、高尾駅で松本行きの普通電車に乗り換える。

この列車も、乗車率100%超えていたね。

大月駅には6時50分過ぎに到着。自転車を組み立てて、トイレに寄って、集合写真を撮ってから、7:10過ぎに出発~



今日は気温が高い予報だが、朝はまだ涼しい。最高に気持ちが良い。


ここまでの甲州街道は、微妙な上り。7:50過ぎに、旧笹子峠分岐を通過。


旧道は車通りが少なく、また斜度が一定で、さらに木陰で走りやすい。(一部、路面悪いところあり。。。)



新緑が素晴らしい。


二人でおしゃべりしながら上っていき、8:20に笹子峠(笹子隧道)に到着した。看板、新しくなってましたよ。。。



撮影タイムは5分ほど。。。。


トンネルは、前照灯ライト必携ですよ。。。

汗をかいてウエアが濡れていたため、ウインドを着て下る。

甲州市側の路面は悪く、スピードは決して出せませんね。

甲州街道をどっかーんと下って、塩山方面へ右折。以前は「フルーツライン」を進んだが、コンビニがなかったので、今日は別ルート。

ローソンでトイレと小腹を満たすための小休止。(勝沼病院がある道を北上)

10分ほど休んで、9:20に出発~



塩山駅横の踏切(正確に言うとアンダーパシを抜けて)を通ってしばらくすると、√411にぶつかる。ここまで、コンビニは3店舗あった。(フルーツラインにはない)



√411は直進の推定6~8%くらいの斜度が延々と続く。初夏の日差しが真上からサンサンと降り注ぎ、暑いったらありゃしない。。。

一か所、最初の「Z」の上りの手間。ハッピードリンクでの小休止が嬉しい。(1回のみ)




その後も、上りが続く。。。(この休憩スポットから、峠まであと10km)



大菩薩領、上日川峠への分岐手前で、シュンくんが前に出る。

だんだんと小さくなるシュンくんの背中。。。

まさる、減量のため「禁酒」を決意した瞬間である。。。


大きなループのあたりに来ると、富士山が良く見えるポイントがあった。



新緑と雪を被った富士山が綺麗だ。。。

そこから、あと2kmくらいかな。ようやく、柳沢峠に到着した。



到着時間は、11:20だったから、休憩のローソンから、ちょうど2時間(休憩含む)だった。。。



撮影タイムの跡は、茶屋に移動。


私の肉そばを喰らう。。。

しっかり休憩して、トイレを済ませ、まさるはウインドを羽織って、11:55に丹波山村方面に下山開始。



ええ、向かい風が強力で、奥多摩湖周辺で貧脚を使い果たし、風張峠方面は向かわず、平坦なルート(滝山街道)で京王八王子に向かった。



帰りは、良いとこなしでしたね。練習不足でした。



もっと、もっと、減量しないとヒルクライムはダメですね。

京王八王子駅には、15:00過ぎに到着。



自転車をパッキングして、15:30前後の特急に乗って自宅には16:30に帰宅した。

もう少し、脚ができてから走った方が、満足度はより高かったかな~






シュンくん。まさるの牽きが弱くすみませんでした。

次回は、乗鞍スカイラインヒルクライムかな?

【2022俺たちのツアーオブ檜原】
 自宅→三鷹駅 11km 20min
 大月駅→笹子峠→柳沢峠→滝山街道→京王八王子 143km 6.75h

【今日の土曜日スイム】
 400m×6本 on7’00 など 計2900m
 スイム後体重 63.1kg(全然痩せない)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑の天城山(万三郎岳)高速軽量登山(その3)シャクナゲコース

2022年05月25日 21時24分19秒 | 登山
その2からの続き、、、、

さて復路。汗でビショビショになったアッパーはザックにしまって、ウインドを着る。晴れ間が出ているとはいえ、気温はやや低め。



八丁池の景色を眺めながら、ランチのパンを食べた。15分ほど休憩したのかな。11:15に復路出発~


復路は、来るとき上ってきた、万二郎岳&万三郎岳方面ではなく、こちらからだと、小岳の先、万三郎岳手前の万三郎岳分岐から、涸沢方面のシャクナゲコースをまわるルート。

分岐の手前までは、平坦基調のゆるやかな道なので、来るときと同じ3時間ちょっとで帰れるかな~と


一眼レフを持たないマッキーは、終始軽快だったな~(いつも雪山ではいつも一眼レフを首からかけ、重たそうだったから。)

マッキーを先頭に、まさるは離されないようについていく。。。




基本的に休憩はナシ。復路は、八丁池に向かうハイカー、10組ぐらいとすれ違ったかな?

結構大人数だったグループもあった。このコースは確かに歩きやすいからね。



小岳までの急登も、しっかりと上り切った。。。



↑ 唯一のロープ区間


小岳は、12:25通過。八丁池から1時間10分ほど。下山コースの分岐までは0.8kmほどか?

その先、片瀬峠を攻略して、分岐には12:42にたどり着いた。(八丁池から1時間30弱)


ここは、少し開けていて、山岳レンジャー風の4人組がカップラーメンを食べていたりと賑やか。このメンバーとは往路、白田峠手前ですれ違ったんだよな。

カップ麺。おいしそうだったな~

さて、この分岐周辺には、シャクナゲの群生が多くあった。





皆さん、写真撮っていましたね~

さて、群生地を抜けると、一瞬だけ風景が開けたと思ったら、、、、、



激下りが始まった。。。


土が流れ出て、残された朽ちた木の階段らしきもの。

これは天然のハードル競争ですか? もはやアスレチック。。。



初心者コースとしては、かなり難易度高い。

そう、我々二人はトレランシューズだったので、登山靴より下りの安定性は悪いんだよね~

怪我をしないように、声を掛け合いながら慎重に攻略していく。。。。



このコースも、多くのハイカーがいましたね。万三郎岳を周回するコースだからかな?



このコースを上ってくるのは、超大変そうだ。。。


涸沢分岐は、13:08通過。ここまでは難所の連続。。。



ある意味、上半身も使いながらの下りなので、面白かったけどね。。。

その先も、テクニカルなコースが続く。岩は滑りやすかったな。






万二郎岳登山口分岐である四辻には、13:50に戻ってきた。ここまでは下りだけではなく、上り返しもあった。結構下ったからね。。。



ここからは、駐車場までコースマップで20分程度。


雨だったこともあるけど、ハイカーが多いから、この区間は大人の泥んこ祭り!!状態。。。



怪我もなく、無事に駐車場には、14:05到着。靴洗い場の束子が嬉しい。

復路はシャクナゲ写真休憩を含めて、2時間50分でした。


伊豆スカイラインの途中にあったお蕎麦屋さん。


1200yenでカツカレー。アイスコーヒーのサービスが嬉しかったデス。


帰りは、箱根ターンパイクで小田原から小田原厚木道路。東名高速の海老名SA周辺で事故渋滞があったけれど、19:00過ぎに帰宅できた。

マッキー運転いつもありがとう。

このコース。次回は景色が良いときに、トレランでがっつり走りたいですね。もっと痩せてしっかり走れるようになったらですが、、、

【天城山ハイキング】
 21.5km 6.0h 優しいオススメコース






  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑の天城山(万三郎岳)高速軽量登山(その2)八丁池

2022年05月24日 22時47分03秒 | 登山
その1からの続き



標高1,405.6mの万三郎岳。展望なし。といっても雲の中でしたが。。。。

さらに、ベンチには先着の数グループのハイカーが休憩しており、腰かける場所もない。

また、少し雨が降っていたので、身体を冷やしたくなかった。。。



写真だけ撮って、天城だけ縦走路案内板にて、この先のルートを確認。

片瀬峠、小岳、戸塚峠、白田峠、八丁池。コースタイムから小峠までは急な下り、その先は緩やかなコースであることが推察できた。(往復のタイム差がほとんどない)



次の目的地、八丁池に向けて9:15にスタートした。

5分でブナ原生林に突入。ここから八丁池までは6.0km


この素敵なブナ原生林は片瀬峠の先、小岳まで続いた。


森林浴&マイナスイオンたっぷり。。。

しばらくして、雨が上がり、日が射してくる。。。


天気の回復とともにテンションが上がり始め、ペースも徐々に上がっていく。

それにしても、この原生林は素敵だったな~標高差もほとんどなかったし、歩きやすかった。。。

9:30片瀬峠を通過する。






森林浴な感じ、伝わりますか?






小岳には、9:45に到着。

小峠から急な下り。ピンクリボンの間隔が広く、途中踏み跡を失った。




危うく道をロストするところ。。。これまでの経験から、YAMAPでルートを確認し、事なきを得た。。。




復路は、逆コース。最大の難所になることが予想された。


戸塚峠に着く頃には青空が広がってきた(嬉)(嬉)(嬉)


戸塚峠は、10:00通過。



コースは、ほぼほぼ平坦で、マッキーが超快速で前を突き進む。ついていくのが結構大変だった。。。



↑ 根こそぎ木が倒れている地点を通った。土石流の爪痕なのかな???


白田峠は、10:22通過する。この区間は、とても歩きやすかった。。。鳥のさえずりが、どこでも聞こえていたからね。。。。




八丁池には、11:00過ぎに到着。池の手前は、少しわかりにくかったかな?(道なのか、沢なのか?)

スタートから、3時間15分ほど。距離は11kmだったかな?





ここは、結構、ハイカーがいらっしゃいましたね。八丁峠方面から歩いてくるのかな?

池をぐるっと周回する遊歩道が整備されているみたいだけど、、、ええ、復路に備えて脚温存しましたが、何か?

水辺だったので、虫が多かったけど、階段に腰かけて、ランチタイム。ここまで良いペースで来たこともあり、二人とも気分は上々。

八丁池の景色も素晴らしかったからね~

復路に続く、、、、

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑の天城山(万三郎岳)高速軽量登山(その1)天城山

2022年05月23日 20時58分26秒 | 登山
伊豆半島の最高峰、日本百名山の天城山

~HPから~
天城山(あまぎさん)は、静岡県の伊豆半島中央部の東西に広がる山。天城山は連山の総称で、天城連山や天城山脈と称されることもある。日本百名山の一つ。 伊豆半島最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ 1,406m)、万二郎岳(ばんじろうだけ 1,299m)、遠笠山(とおがさやま 1,197m)等の山々から構成される。

~~~

さらに足を延ばすと、天城峠の近くにある八丁池。その昔、25年以上も前だけど、修善寺からMTBで旧天城峠から林道を上り、天然記念物のモリアオガエルが生息する八丁池を目指してツーリングしたのは、懐かしい思い出。

ええ、その時は疲れ果てて、八丁池までたどり着かなかったんですけどね。。

マッキーから、週末5/22(日)に天城山縦走路をトレイルランしませんか?というお誘いがあり、4:00起床で、朝食を食べて5:00マッキー邸で車の入れ替え。

まさるは、4月最初に、マッキーと日白山(雪山)に行って以来、一か月半ぶりの登山。一方、マッキーは、安達太良山や立山(雪山テン泊)をこなして、気合(走る気)十分。。。

東名高速で、小田原厚木道路、箱根から伊豆スカイラインで天城高原へ。7:30に天城高原ゴルフ場の登山者駐車場に到着した。


↑ 7:30の時点で、大きな駐車場は8割が埋まっていた。さすが百名山で初心者人気のコースだけのことはある。



↓ 綺麗なトイレのほか、靴洗い場が嬉しい。。。



雨雲レーダーでは、小雨が降りそうだけど午後から天気回復の予報。。。

トイレに寄って、7:45に出発~



気温やや低めで、10℃ちょっとかな?マッキーは短パン生足でヤル気十分。。。


コースは、天城縦走路(シャクナゲコース)で、万二郎岳から万三郎岳を経由し、尾根伝いに八丁池まで、片道10kmちょっと。復路は、万三郎岳手前まで同じ道を戻ってくるけど、そこからは別ルート(2座は避けて別コース)で戻ってくるコース。


↓ 苔生した岩々と新緑から、宮崎駿監督「もののけ姫」の雰囲気ばっちり。森林浴とマイナスイオンを浴びまくる。。。。


ワクチン接種翌日じゃなければ、身体は良く動く。。。


↑ ヒメシャラがところどころ輝いている。。。。



↑ ヒメシャラからマイナスイオンを吸い取る図(モデル:マッキー)


標識及び登山道はしっかり整備されているのが嬉しい。さすが百名山。。。



最初は、四辻まで、20分ほどのコースタイムを、速足で15分弱。。。


四辻の分岐を、万二郎岳方面へ。。。(行きは右手へ。帰りはこの左手から戻ってくる)



女性を中心としたハイカーが、かなり大勢いらっしゃいましたね。。。



この先、森の中だったからあまり気にならなかったけど、雲の中で雨が結構降っていたみたいだ。。。。


↑ 山つつじは、少し時期が遅かったかな?


それほど急な上りはなく、調子よく歩いていたら、割と楽に、万二郎岳に到着した。(8:30 スタートから45分)



ええ、雲の中で、眺望はゼロでした。残念です。



少し先に、富士山が良く見えるスポットがあるそうなんですが、、、、次回の楽しみに。。。


晴れていれば、尾根の両側に、ナイスな景色が広がるのにな~

しばらくして、アセビのトンネル。はい、アケビのトンネルと間違えましたが、なにか?



足元は、泥んこぐちゃぐちゃでしたが、トンネルの雰囲気は素敵でしたね~

軽やかな、マッキーステップをどうぞ!!





それほどコースの難易度は厳しくはない。



雨で滑りやすいだけ。。。(二人ともトレランシューズ)

しばらくして、石楠立に到着(8:50通過)





八丁池までは、7.1km。万三郎岳までは0.9kmだ。。

ココを過ぎて、しばらくすると。あら、綺麗なピンクのお花が、、、



写真を撮っているハイカーに聞いてみた。

このお花は???



「シャクナゲ」です。って、ああ、シャクナゲコースの由来ですね。。。

途中、案内板もしっかりあった。。。





シャクナゲの茂みを抜け、急登を上ると、、、、



9:10伊豆半島最高峰、万三郎岳に到着した。(スタートから1時間30分弱)




眺望は全くなく、数人のハイカーで賑わっていたので、写真だけ撮って、先を急ぐことにした。。。。雨も降っていたしね。。。

続く。。。。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新緑の天城山(万三郎岳)高速軽量登山

2022年05月22日 20時14分31秒 | 登山
伊豆半島最高峰の万三郎岳(ばんざぶろうだけ 1,406m)、万二郎岳(ばんじろうだけ 1,299m)などの総称、百名山 天城山に行ってきた。


↓ 折り返しポイントの八丁池



天城高原ゴルフ場にある登山者駐車場に車を停めて、天城縦走登山口から、万次郎岳→万三郎岳→万三郎岳天城縦走路→八丁池→白田峠→戸塚峠→小岳→万三郎岳手前→涸沢分岐→天城高原ゴルフ場

約21km 6時間でした。

アマギシャクナゲの群生が、綺麗でしたよ。



詳細は、後日。。。

【今日のハイキング】
 天城山、八丁池ハイキング 21.0km 6.0h

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022横浜トライアスロン(応援)

2022年05月15日 19時50分12秒 | トライアスロン
5月第三週の日曜日。カメラ女子との予定はあわず(涙)

チームメイトのABちゃんが、横浜トライアスロンに参加するということで、三年ぶりに応援にいくことに。。。(2019横浜トライアスロン応援

ええ、ランニングで応援に行ったのは、はるか昔。。。今日は、劇団ひとりで電車でしたが、なにか?(201620152014

自転車で行こうかと画策するも、チームメイトのLINEは沈黙だったから。もっと早く募るべきでした(反省)


山下公園のバラ園は、相変わらず綺麗ですね。。。


↑ 氷川丸をバックに、パラの選手が激走する。。。

先週、サイコ練で身体を叩いたチームメイトのABちゃんのスタートは、8:00

まゆおさんと偶然に合流し、一緒に応援。



スイムは17番手で上がってきた。。。そしてバイク6周回の40km


↓ ランに備えて、温存疑惑?


得意のランは、カッコよかったね。。。


↑ 豪華客船「飛鳥」をバックに会心のラン。。。



完全燃焼できたようで、良かった良かった。

まさるの「ヤル気」スイッチ、点火しましたよ。。。

ゴールを見届けて、時間は10:30過ぎ、、、、


冷え切った身体を温めたく、中華街で早めのランチを考えるも、、、、時間がはやくてね。

ええ、豚まんで勘弁してください。。。



はい。家には、チャンピオン肉まんをお土産として持ち帰り、ポイントを稼いだことを申し添えます。。。



さて、来週は、茨城県潮来のトライアスロンです。応援行けるかな?

【日曜日の練習】
 セッションスイム 2.7km 1.0h(5コース)
 練習後体重 63.01kg

【土曜日の練習】
 朝固定ローラー台 120min
 セッションスイム 2.9km 1.0h(5コース)
 練習後体重 62.0kg


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022サイコ(彩湖)デュアスロン練習

2022年05月08日 19時14分00秒 | トライアスロン
大型連休最終日 5月8日日曜日

来週末に横浜トライアスロン(51.5km)に参加するチームメイトのABちゃんが、レースペースで追い込みたい。とのお誘いがあり、まさる自身のヤル気スイッチを入れる意味でも、気合いを入れて参加することにした。

2016年にも彩湖でチーム練習会があったけれども、その時は全く良いところがなく(彩湖練習会2016年5月)、今回はその反省を生かして、埃をかぶったTTバイクをチョイス。


↑ ひょっとして、2年ぶりじゃないのかTTバイクに乗るのは、、、、

彩湖の駐車場は、8:30openらしいが、8:15過ぎにNBOXで楽々到着。



現地は「快晴ナレドモ風ツヨシ」強風注意報は発令されていないケド、北風が結構強い。


9:00に自走のABちゃんと待ち合わせて、起点となる公園にゆるりと移動



今日のメニューは、、、、来週の横浜トライアスロンに備えて、、

1、バイク 4.8kmのコースをアップ2周回からのレースペースでプラス8周回(全10周回 48km)
2、ランニング 5.0kmを2周回

レースの距離をとにかく走り切ることが目標だ。。。

バイクは、久しぶりに、ぜーせーはーはー、涎ダレダレ。。。。


2周回はアップという話でしたが、2周回目後半から、かなり良いペース。

ええ。4周回目にカップル二人組に稽古つけていただき、苦しくて追い風区間で付切れしたのは、ココ酒の内緒(泣)


↑ 4周回目の平均速度は、34.8km/h

7周目以降は、ABちゃんの、ほぼ漢一本牽きに、まさる首の皮一枚でツキイチでしたが、、、、


なにか?




その昔、利根川河川敷で開催されたJCRCの埼玉チームTT参加が思い出されるね。。。。
(2010年5月はこちら

二人でのローテーションなので、休む時間帯が短く。。。。さらに後半は、前に出ることができませんでした。ABちゃん、すみません。。。

で~も~

二人でかなり追い込むことができました。(ソース:あくまでまさる本人比)

何年ぶりだろ。あふれ出る涎を、ウエアの肩口で拭うの。。。。(←わかる人だけに通じる)

ええ、その後のランは、ご想像におま返します。

ABちゃんは、予定通り5km×2周回。まさるは、反時計回り、帰路7分を超えるスピードでしたが、、、、


なにか?

(↓颯爽と走るABちゃん)






(↓腰が落ちている、へっぽこ「まさる」)




多くの、大学生トライアスリートのほか、トライアスロンチームも頑張っていました。

51.5kmの大会前刺激入れには、ナイスなコースですね。

来週末の横浜トライアスロンを楽しみにしています。


追伸:チームでの横浜トラ応援どうしますか?

【今日の練習】
 彩湖4.8km×10周(レースペース)からの1周ダウン 55.0km
 ジョグ 5.0km 0.5h
 セッションスイム(4コース) 2.7km 1.0h
 練習後体重 63.0kg

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

SHARE LOUNGE

2022年05月07日 14時40分00秒 | とりあえず
朝から小雨がパラつく5/7(土)、大型連休も残すところあと2日

身体が疲れているのか、朝固定ローラーにまたがる元気もなく、朝は家でマッタリ。

昼過ぎにランチがてら、最近和田のSHIMOKITA




大人のハンバーグを食べたあと、TSUTAYAが運営する「SHARE LOUNGE」へ

予約制で、フリードリンク、おつまみも用意してある。




本も未購入3冊まで持ち込み可。フリーWi-Fi、コンセントあり。

夜スイムがあるので、アルコホールは諦め1時間1,100Yenのソフトドリンクでくつろいだ。

近所にこういうお店あったら良いね!

明日、5/8はサイコ練です。よろしくお願いします。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

霞ケ浦1周サイクリング(カスイチロング)その2

2022年05月06日 22時16分15秒 | 自転車
その1からのつづき、、、

〇 西浦左岸

永山橋を渡って、これまでの西浦右岸から西浦左岸へ。ここを北西方面に北上する。

湖岸から一本離れた√355沿い。セブンイレブン潮来永山店で小休止。

気温が上がってきたため、冷たいドリンクと小腹を満たすためのおにぎり2つ。

10分ほど休憩したのかな。10:20過ぎに再出発



〇 天王崎公園

湖岸では、風向きがやや追い風になったのかな?30~32km/hの速度が出るようになる。

風の塔が右手に見えたと思ったら、あら、左手には素敵な公園。




残念ながら「観光帆引き船」の姿はナシ。ここでランチが良かったかな?

ここからは、微風に乗ってよい感じで進んでいく。。。



単調で変わらぬ風景



だんだんと霞ケ浦大橋が近づいてくるのがわかると、元気が出るよね。目標物ってありがたい。。。

〇 行方観光物産展(道の駅たまつくり)



11:10に霞ケ浦大橋を渡るショートコース(約90km)との分岐点にあたる、行方観光物産展に到着。


ここで、この先のルートを確認する。1周コースは、あと70km。時間はまだある。



サイクルラックには自転車がたくさんある。なにか食べようかな~と思ったけど、大混雑だったんだよね。。。



観光船の姿もなかったし、、、、

写真だけ撮って、先を急ぐことにした。。。

〇 ハスの収穫

霞ケ浦大橋を左後ろに、左岸を進む。


きちんと、入り込む河川を回りこむときには、路上ペイントの道案内が嬉しい。


しばらくすると、筑波山が見えてくる。


↓ うっすらと筑波山


また、ハス(蓮根)の収穫も、随所で行っていた。


〇 恋瀬川サイクルングロード

JR高浜駅最寄りのスポット。最北地点ですね。



ここから、中岸の表示に代わり、霞ケ浦大橋まで、やや向かい風区間となる。


↑ 石岡方面に続く恋瀬川沿いにはいきませんよ。念のため。

〇 かすみがうら かすみキッチン

かすみがうら水族館の少し先に、サイクリスト向けの休憩スポットがあった。




気温が上がり、ドリンクの補給もしたかったので小休止。(12:45~)


軽食コーナーのほか、サイクリスト向けの貸し出しポンプやら、レンタルバイクやらがあって、大混雑。

ちょうどお昼どき。地ビールとホットドッグを食べたかったけど、大行列だったので、トイレで顔を洗って、自販機でドリンク2本の補給のみ。

この先、残りの距離は20km弱。

13:00前に出発~


〇 スカイチロング完走

ここからは、土浦駅のビル群目指してひた走る。



湖畔から離れて、駅に向かう道も、案内がしっかりしていて迷うことはなかった。(朝と違って)






迷うことなく土浦駅には、13:40に無事到着した。




距離は、127km 実時間5時間弱でした。(ガーミンは休憩時間含む)





地下のシャワー室は300yenですが、シャンプー石鹸類はないので、ご注意くださいね。。。。

ド平坦のコースで、もっと退屈するかと思ったけど、そこそこ一人でも楽しめました。強いて言えば、もう少し、観光PHOTOスポットがあるともっと楽しめます。

あと、ランチスポットね。

ほぼノンストップで安全に走れるコース。ロングの大会前に、一定のペースで乗り込むのには良い環境だと思いました。。。

さて、次の企画は、淡路島一周、略してアワイチ!?かしら

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

霞ケ浦1周サイクリング(カスイチロング)その1

2022年05月05日 23時25分55秒 | 自転車
日本で第二位の大きさを誇る「霞ケ浦」

霞ケ浦は、おおきい「西浦」と「北浦」があって、大きい「西浦」一周に加えて、筑波山のふもと、岩淵駅まで廃線跡を整備した自転車道として「つくば霞ケ浦りんりんロード」が整備されている。

以前、弱虫ペダルとのコラボ企画で、筑波りんりんロードは少し走ったことがあったけど(2020年10月)、いつかは霞ケ浦一周ロングコース(略して、カスイチロング)を走りたいと思っていたんだよね。(コースマップ

※ 琵琶湖一周=略して「ビワイチ」は2017年8月に走っている。(こちら

2022年大型連休後半 こどもの日、尻が痛くなるまでそろそろがっつり自転車に乗りたい。でも、山岳方面は大渋滞の予想。。。

せっかくなので、土浦駅直結のプレイアトレ(バイクベース)を起点に走ってみることにした。輪行で行けば、渋滞もないし、、、、

〇 特急ひたち1号

少し寝坊して、5:50に自走で出発。かなり頑張って走って、6:30に東京駅。。。


八重洲口でパッキング。手慣れているので10分くらい。



新幹線の利用が多いため、はじめての常磐線は、ホームが何番線なのか良くわからず、右往左往。ギリギリでした。(宇都宮線・高崎線と一緒)


自転車を定位置に置いて、事前マップでルートを確認しておく。


観光船である帆船のナイスな写真を撮りたいな~と、、、


〇 プレイアトレ土浦

1時間弱の7:41の定刻に到着。近いね、土浦駅。。。


↑ ホームのイートインスペースなど、自転車のロゴが嬉しい。。。



エスカレーターとエレベータを駆使して、駅ビルB1の更衣室とロッカースペースに移動し、自転車を組み立てる。


駅直結だから、楽ですね。(コインロッカーは400yen、更衣室は使用しなかったけど無料)

着替えなどをロッカーに入れて、8:00過ぎに出発した~



〇 霞ケ浦総合公園

土浦駅西口から、湖方面は線路をくぐって東口に行かなければならない。

正式なルートは良くわからず、、、ぐるっと国道で霞ケ浦総合公園へ



いくつかのサイクリストのグループが、出発前の集合写真を撮ってましたね。

そこで聞こえてくる会話から、午後から風が強くなるよとのこと。今日はほとんど風がナイ。ド平坦のコースとは言え、昨日、120kmほど走っているし、どうなることやら。。。。

8:20に反時計回りでカスイチロングに出発した。

〇 予科練平和祈念館

最初は、西湖右岸の表示に沿って走る。


やや、向かい風なのか? 28km/hを維持する感じ。

場所によって釣りキチ三平の姿が多い。


湖沿いを離れる個所がいくつかあるが、コース案内はしっかりしている。

しばらくすると予科練の平和記念館があった。人間魚雷「回天」の実物大模型。。。


平和な日本に感謝しなければ。


〇 田園風景と稲敷古渡

基本的コースは、湖沿いですが、流れ込んでくる河川はいちいち迂回する感じ。。。


↑ 農耕車優先


のどかな田園風景が嬉しい。


個人で練習しているサイクリストも多く見た。飽きずに走るためには、視界に入れて追いかけるイメージ。

そうしないと飽きちゃうよね。ド平坦であまり変わらない景色。大会じゃないんだから。

9:20に稲敷市に突入。。。


〇 √51 常陸利根川 北利根橋

この辺りから、左手に対岸が良く見えてくる。。。


ルートは、このようにしっかりとしたペイントがあって、わかりやすい。


西浦の最南端。



利根川部分、潮来市に突入し、橋を渡る。(10:10)




さて、ここから、右岸から左岸を北上することになる。

小腹が空いたため、サイクリングロードから少し離れて、コンビニで小休止とした。

その2に続く、、、


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする