想いをかたちに

日々起こること、仕事のこと、気になること、
小さなことから気ままにつれづれに書いていきます。

土間をはさむ二世帯住宅 完成見学会開催

2024-05-17 | 会社イベント


皆さん、こんばんは 大変お久しぶりです

今週末、新しい二世帯住宅の形を提案した

「土間をはさむ二世帯住宅」完成見学会

をお客様のご厚意により開催いたします

平家と2階建ての住宅を繋げたようなプラン

一つ屋根の下でありながら完全分離の二世帯住宅

北アルプスと向き合う2階のワーキングスペース

畑とつながる寝室土間とリビング

思い出の欄間と書院障子を生かした寝室



完全予約制となりますので、0263−58−2095までご連絡ください
まだ時間により空きがございます

日曜日は私も会場にてお待ちしております

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

信州まつもとの魅力と自信

2023-06-25 | 信州まつもと

みなさんこんにちは

 

本日は、日本木青連、銀座NAGANO、芸大への東京出張

日本木青連事務所で事務局の方と、

新しく始める事務手続きの手配をし、

その後は銀座NAGANOへ。

お恥ずかしながら、初めて伺いました。

建築的にそのしつらえは、とても良く出来ていました。

 

物販初め、レストラン、そして移住相談など、

長野県に関することは、県の方も常駐し答えてくれます。

みなさん、ぜひご利用ください。

 

最後は、東京芸大へ。

匠美会といって、建築学科のOB会に参加してきました。

久しぶりに上野駅から上野公園を抜けて歩きましたが、

東京文化会館・東京都美術館(前川國男)・国立西洋美術館(ル・コルビジェ)は、

少しずつバージョンアップされており、

懐かしさの中にも、発見がありました。

 

今回の匠美会は、彫刻科棟の一部増築と、

新入学生紹介、受賞作品紹介と続きました。

 

懇親会では自己紹介で信州松本のことを、

話させてもらったのですが、

新入生のお一人が、修学旅行で行った信州が忘れられず、

ぜひ伺いたいと、お話をもらいました。

自分の住んでいる信州の魅力を再発見し、

また、そのポテンシャルに自信を深めました。

 

この信州で何を提案していくか、

より探究を深めたいと思います。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お客様の喜びと自分の仕事

2023-06-24 | 住まい・建築

みなさん、こんにちは

 

今週は、ちょっと遅くなってしまったのですが、

掲載していただいた建築ビルダーズを、

オーナー様にお届けしてきました。

 

巻頭特集で、西川さんの写真も素晴らしく、

お子様ともども、本当に喜んでいただきました。

 

こちらの住宅、松本市景観賞もいただいたております。

今回、ある物の置き場をどうしようというお話もした際、

「せっかく景観賞を頂いたので、

見た目(外観)が崩れないようにしたい」

とお話しが出ました。

「この家の外観も気に入ってらっしゃいますか。」

と言ったら、

「それはもちろん。」

とのありがたいお言葉をいただきました。

 

雑誌の掲載や賞の受賞を通じて、

建物への愛着がよりましたのではないかと感じ、

こちらも、その姿を拝見し嬉しくなりました。

そしてそれは、景観という点で、街への貢献にもなります。

 

掲載も受賞も、なかなかできることではないですが、

一番は、お客様にお喜びいただけたことです。

そのために、今後も頑張っていこうと思えた瞬間でした。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木の若手の会 全国大会 in 高知

2023-06-05 | 木・材木屋

みなさん、こんにちは

先週末は日本木青連の全国会員高知大会に参加してきました

今年度は、この会の専務理事を拝命いただいております

800社の仲間がおり、木について英知を結集しております

弊社は製材を吸収合併、廃止し、設計施工の建築を一本にしましたが、

それも、この仲間たちがえればと思い、決断の一助になりました。

 

今年度のテーマは、「結」ー次世代へー

まさしく、この高知ではそれを体現しました。

先代が地区長としてお共した当時会長のお父さんと、

私が今年度専務としてお共する現会長の息子さんと、

この4日間行動を共にし、叶わなかった先代とのときを過ごせたような気がして、

本当に不思議な、でも素晴らしい時間を過ごせました。

木青連に感謝です。

今後もいろんな活動を1年間行い、

本当の意味での木を使うことと、

いい住宅を作り、社会に貢献することとはどういうことなのか、

この素晴らしい仲間と模索し、チャレンジしていきたいと思います

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松本巡業 松本の家 撮影取材

2023-05-04 | 住まい・建築

皆さん、こんにちは

松本巡業は実は伊礼智さん設計の
「松本の家」がきっかけでした
建築知識ビルダーズに掲載される予定です

ここから写真家の西川公朗さんも加わり、
撮影と取材が行われました

お引き渡しから3年経過したその内部は、
木など素材が色づき、
なんとも深みのある空間となっていました
木藤編集長も、ご自分のスマホで撮りながら
「何も加工せず、こんな写真が撮れるとは」
と感嘆されていました
ますます、伊礼さんご指名の西川さんの写真が楽しみです
雑誌の掲載を、是非ともご覧ください


こちらは、2022年度松本市景観賞をいただきました
残念ながら、コロナにより表彰式が中止になり、
思えば、竣工検査依頼、伊礼さんも初めてのご訪問
お施主様には、心温まるおもてなしを頂きました

お施主様、誠にありがとうございました
そして、改めましておめでとうございます

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

松本巡業 i-works安曇野 ver

2023-05-03 | 住まい・建築

皆さん、こんにちは
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか
私は、建築家の伊礼智さん、
建築知識ビルダーズの木藤編集長、
ライターの松川さんに、
松本・安曇野にお越しいただき、
建物の見学と撮影取材をしていただきました

まず朝一は、
先日完成見学会を行った i-works1.0安曇野verへ

見学会の時はなかった芝生が張られました


ここまでの3枚が、
伊礼さんのFacebookの写真
流石です

伊礼さんから
「設計施工のi-works1.0として、
一番よくできていると言っていい!」
とお褒めの言葉をいただき、
お施主さんも喜んでいただくとともに、
ほっとしました



伊礼さんから直接説明をいただいたり、



お施主様と直接意見交換されたり、



編集長は、お決まりの窓辺を体感されたり、

i-worksの完成物件に
伊礼さんが訪問されることは滅多にないことです

本にサインをしていただいたり、握手をされたり、
引越し最中で、ご主人は徹夜で片付けられたとのことでしたが、
大変お喜びいただき、本当に良かったと思います

許可をいただきましたので、
記念写真も掲載させていただきます
お施主様、皆様、貴重な時間をありがとうございました

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

合言葉 「誇り」

2023-04-07 | 日々雑感

皆さん、こんにちは
昨日、長男の中学校の入学式がありました

同じ母校に私が入学したのが昭和63年、
35年前になります

ステージ・プロセニアムアーチの上には、

「誇りの持てる筑中にする」

というプレートが掲げられています

これは当時、私達の生徒会が、
年間スローガンを検討している中で、

卒業してどういう母校でありたいか

を話し合い、生徒会長から出てきた言葉でした
それを当時の生徒会メンバーで、
大きい画用紙にOHPを駆使して転写し、
掲げたのを、昨日のことのように、
覚えています

その言葉が、とても大切な合言葉として、
校長先生の式辞や、生徒会長の挨拶で、
語られることが、本当に感慨深いものがありました

現在の筑摩野中学校の学校教育目標は、
「深く考え、逞しく生きる」
こんな時代だからこそ、
自分で自分の学習をコントロールし
自立できる生活をするように

と校長先生からのお話がありましたが、
私にとっては、「自立」は、
高校で聞いた言葉だったので、
今の教育は時代に合わせて、
非常に進んでいると感じました

将来有望な子供達と共に、
新しい時代を作っていければと思います

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

新しい林業 ドローン to ハウジング

2023-03-31 | 木・材木屋

皆さん、こんばんは。

本日は長野県長和町、小林木材さんへ、
見学の同行で向かいました。

そう思っていたら、信大加藤教授はじめ、
今回参画するメンバーが10人、

工場での、しっかりした打合せでした。


プレカット図面、木取表や、
2棟のうち1棟しか完成してない模型も、
念の為、持っていってよかったです。
本当は白い平面図の部分に、
もう1棟建ちます。

実は、伊礼さんに監修・ご意見いただき、
一部変更したのですが、
グッと良くなりました。
さすがです。



今回、ウッドステーションの塩地代表に、
お声をかけていただき、参加することになった
「新しい林業 ドローン to ハウジング」
今年の正月4日に、信濃毎日新聞一面に載った
林野庁のモデル事業でもある実証実験です。



こちらは来春完成予定。
2組限定の賃貸一戸建て住宅です。
ご期待ください。

問い合わせは、国興ホーム 田中までどうぞ。
電話 0263-58-2095

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国宝松本城 観桜会

2023-03-29 | 信州まつもと

みなさんこんばんは。

本日は、国宝松本城桜並木ライトアップの
観桜会に参加して参りました。

高校時代の同じクラスだった友人とのご縁。
この展望は初めて、この角度からの、
松本城と桜のコントラストは、素晴らしい。
また博物館が移転した後、この部分がどうなるか、
松本のシンボルがまたパワーアップすることを期待します。

桜が開花している短い期間ですが、
このような空間が、
日常の生活を豊かに、
街に活気をもたせてくれます。



このライトアップは、4月3日までです。
みなさま、ぜひお出かけください。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

座学 町の工務店ネット in 長野

2023-03-15 | 住まい・建築

2日目は、朝8時半から昼過ぎまで、座学です。
一角には、貴重な本も。

手書き時代の図面は、
今のCADとは違う、温かみというか、
手仕事、設計職人を感じさせてくれます。



「定番」をアップデートする先駆者たち
ということで、
伊礼智さん山田貴宏さん趙海光さん
田瀬理夫さん佐藤慶一さん
みなさんから発表がありました。

「標準化」は、料理の下ごしらえ
「標準化」は「抽象化」

生態系のつながりになる建築のつながり
周りの自然とどう手を組むか

スケルトン(構造)をまず先に置くと
街に骨格ができる

新しい分譲、旗竿地の利用方法

田園居住の意味
子供の未来、安心、安全、生き物
造園は最初からやらなくていい
草に雑草はない、
近くの山、周りの植生を、
在来種を大事に移す


そして、工務店実践報告4社の方々、
町の工務店ネットの新たな取り組み。

たまたま、席がカイアールの吉田亞人さんと
隣でしたので、
新しい弊社のショールームについても、
お話をさせていただき、
ご意見もいただいたり、

本当に、お腹いっぱい、
いや、勉強になる2日間でした。

最後は、伊礼さんとゆっくり昼食。
色々とお話をさせていただき、
貴重な時間を過ごさせていただきました。
その中で、設計のアドバイスをもらったり、
限定見学会へのお誘いもいただき、
本当にありがたい限りです。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする