想いをかたちに

日々起こること、仕事のこと、気になること、
小さなことから気ままにつれづれに書いていきます。

木はココチ良い

2017-12-20 | 木・材木屋

みなさん、こんにちは

 

今日の結論は、

なぜ木を使うのか、それは、ココチ良いから

なぜ県産材を使って欲しいのか、それは、国土保全のため

それと共に 人の心地よさのため

 

 

 

今回は、長野県議会棟へ行き、自給圏構築検討会議に参加させていただきました

様々な分野から見識者が集まり、協議し検討します

長野県らしく、長野県に暮らす方々が豊かになるように、

どう県産材を使って行けるか

オーストリアなどヨーロッパのように

木を生かした成熟社会が作れるか

 

キーワードは、県民みなさん一人一人の意識です

ちょっと近くの山と、そこにある木、そして自分の生活、

リンクして考えてみてもらえれば幸いです

コメント

となりがよくなれば、うちもよくなる

2017-12-20 | 信州まつもと

みなさん、こんにちは

今日の結論は、

まちづくりにおいて、となりの店が良くならなければ、良くならない

自分だけでは成り立たない

ものすごい熱心に取り組めば、利益にもつながり、継がれていく

今までと全然違う感覚で取り組んでいる人たちがいっぱいいる

チャンスの時代、失敗したってなんでもまずやってみる

先日は松本商工会議所まちづくり委員会に出席し、

中心市街地商業活性化提言書についての説明と意見交換が行われました

上記結論は、その中で大先輩の大経営者の方からのお言葉です

70を超え80近くしてなお、すごい情熱とパワーを持っておられ、

やることやりたいことがまだまだたくさんあるそうです

 

松本の街を考えながら、 自分の経営者としての姿勢も改めて正された気持ちでした

 

早速、その後懇親会で、松本のメイン通りにとにかく木のベンチを置こう、

そのために動こうと話がまとまりました

 

まず、やってみる

色々考えてできないことですが、

街に対しても、仕事でも私生活でも、

まずやってみてはいかがでしょうか。

コメント

住むほどに良さがわかる

2017-12-05 | 住まい・建築

みなさん、おはようございます

 

『住むほどに良さがわかるです 何も不満がありません』

 

先日、6ヶ月点検でオーナー様宅にお邪魔しました

冒頭はその際、最後にオーナー様から言われたお言葉です

実は点検で何もなかったわけではなく、

なぜかウォシュレットが作動しなかったり

吹付内壁が天井と壁の間に少しヘアクラックが入っていたり、

ということもあったのですが、その有難いお言葉をいただきました

本当にありがとうございます

 

このお宅は松本市街地の狭小旗竿敷地に建てるため

i-works2.0を、2階リビングにし、

伊礼さんにもお許しをいただき建てさせていただきました

 

i-worksは、伊礼智さん設計プロデュースの規格住宅

プランタイプと数種類の仕様から選んで頂き建てさせて頂きます

このお客様は実際、浜松にある完成間近のi-works2.0をご覧になり、

プランや仕様はほぼ決まっているけど、

i-worksのプラン、フォルム、素材が気に入り、お決めいただきました。

設計工事中は、「外構で初めて二人で迷った。」と言われたほどでしたが、

本当にほぼお任せいただきました。

 

規格住宅も1つのいい住まいの形だと、改めて感じさせて頂きました。

注文住宅も規格住宅も、お客様と共に、いろんな形でお手伝いさせて頂き、

お客様に満足頂くことが本当に大事だと考えております。

そのために色々勉強し、 様々な経験と知識、知恵を結集し、

皆様のために、お手伝いをさせていただければと思います。 

というわけで、今日も勉強に行く移動時間中に書いています。

 

コメント

妥協しない と 迷っていたら

2017-12-02 | 会社イベント

みなさま、おはようございます

今日の結論

家づくりを研究してから建てるなら、徹底的に

   

今週末、お客様のご好意により、

松本市県で完成内覧会を予約制で行わせていただいております

今回は、アトリエm4さんとコラボ

造作キッチン、家具など設えさせていただいております

また、玄関入ったら、漆和紙が出迎えてくれます

テーマは「妥協しないで作ったら、こんな家になりました」

 

思い切ったテーマをつけさせていただきましたが、

お客様からは「色々見て考えていたら、こうなっちゃいました」

とのお言葉をいただいたそうです

この家のオーナー様は家づくりを考え始めてから、

いろんな住宅、しかも、私たちプロが勉強に行くような住宅も見学され、

色々調べて、素材なども数年かけ吟味されてきました

迷いながら考え妥協しなかった

その想い考えを共有し一軒の住宅として形にするお手伝いをさせていただきました

完成した住宅は、統一感もあり、ここちいい空間です

「この家の源流は、どの建築、誰なんだろうね?」と担当に質問したら、

「それはお客様ご本人です!」と即答でした

住宅を作るにあたり、色々研究して行くうち、

一本通った想い、考えがご夫婦でしっかりできたのだと思います

ある程度決まってからは、ご夫婦で迷いがなかったそうです

その想いを共有し、プロとして私たちが形にさせていただく


ぜひその住宅をご体感ください

コメント