保津川下りの船頭さん

うわさの船頭「はっちん」が保津川下りの最新情報や、京都・亀岡の観光案内など、とっておきの情報をお届けします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トロッコ列車に出没する謎の鬼・酒呑童子。

2006-06-25 22:57:38 | 心の旅
保津川下りと同じ保津川の峡谷を走るトロッコ列車。
今や年間約90万人もの観光客が訪れ、京都洛西の観光を代表する超人気の観光鉄道だ。

そのトロッコ列車に出没するという謎の鬼「酒呑童子」が今、凄い人気だという。

昨年、香港で発売された「Japan」という日本を紹介する
書籍にも「富士山」と並び紹介されるなど、今や日本を代表する
スターになりつつある存在らしい。

古い言い伝えでは、亀岡と京都の境「老ノ坂峠」の首塚大明神に眠る酒呑童子。

その酒呑童子が長年の眠りから覚め、今、トロッコ列車に復活したというのか?

この保津川峡谷に出没する謎の生き物・酒呑童子。
その正体を探るため、私は彼が出没しトロッコに乗り込むという
「保津峡駅」を訪れてみた。


酒呑童子がトロッコ列車に乗り込むと噂される「保津峡駅」は保津峡のど真ん中、
眼下に保津川が深々と流れる山の深い所にひっそりとある無人駅。

下を見ると怖いくらいの高い吊橋を渡り、落差のある階段を登ると、
片側のみの小さなホームの駅がある。

ここに白昼、酒呑童子が出没するのだ。
あたりを見渡し探してみたが、人影らしきものは見当たらない。

「相手は謎の生き物。そう簡単に出て来てウロウロする訳ないか~」
仕方なく、しばらくはホーム横の小さな待合室で待つことにした。

待つこと10分、トロッコ列車が入っていた。到着を知らせるオルゴールが鳴る。


すると・・・現れた!私の後方、たぬきの置物の横に突如、それは姿を現した。


その正体は謎に包まれながらも、世界のガイドブックに紹介される
日本のスター酒呑童子!それが今、私の目の前にいる。確かに存在していた!

鼻は高く、堀の深い顔、大きく見開いた目、茶髪のロン毛。
不思議と鬼という恐ろしさは無く、逆に愛くるしくて人の良さそうな顔立ち
は日本昔話で読んだ「泣いた赤鬼」を思い出させる。

彼は姿を現すと素早くトロッコ列車の中に乗り込んだ。話し掛ける間も無く亀岡へ出発。

あまりに早い彼の動きに、ただ呆然と見送ってしまう私に向かって、
親指を立ててポーズをとる酒呑童子。笑っているのか?怒っているのか?

とにかく、謎の酒呑童子の正体を探りにここまで来たのだ。何も話さずには帰れない。
私は彼が亀岡から帰ってくるのを待つことにした。

そしてまた人影もない駅で待つこと約20分。トロッコが亀岡から帰ってきた。

な、なんと!あの酒呑童子がトロッコの最後列から身を乗り出し、
私に向かって手を振っているではないか!

列車が保津峡駅に停車すると酒呑童子が列車から降りてきた。
私との間はわずか2~3mといったところか。ホームに降りた酒呑童子は、
トロッコに乗っているお客さんに頼まれ写真で撮っているではないか!
しかも自身の記念写真リクエストにも応えたりしている。
謎の生き物・酒呑童子、意外にサービス精神旺盛な鬼なのかもしれない。

もしかしたらいい奴なのかも・・・と観察しているその時。
突然、列車のドアが閉まってしまった!慌てて乗り込もうとする酒呑童子。

でも、ドア開かない。「ドア開けて・・・OX@#・・・」何かを叫んでいる。
「乗りたいの?」と車掌さん。
「ウン!乗る・・・」と首を縦に振る酒呑童子。
「あっ!列車が動き出した・・・もう諦めたら!」と非情な笑みを浮かべる車掌さん。

動き出した列車を必死で追いかける酒呑童子。
トロッコに乗るお客さん達も「早く、早く~」と窓から酒呑童子を呼ぶが
加速を増す列車では追いつけず、列車はホームから遠ざかっていくばかり。

とうとう諦めた酒呑童子。ホーム端の鉄柵に握り締め、遠ざかるトロッコ列車が
見えなくなるまでハンカチを振っている。別れを惜しんでいるのだろう。

やはりこの酒呑童子、最初に感じたとおり、やさしく人懐こい鬼の様だ。

今度こそ話を聞こうと、近づこうとしたその時!酒呑童子はこちらを
振り向き、頷く様なしぐさをした途端、駅のホームから川へ目掛けて
飛び降りたのだ!すぐさま、飛び降りた場所まで走り、その下を
覗いて見たが彼の姿は何処にも見当たらなかった。

トロッコに出没する謎の鬼・酒呑童子。

結局、彼の正体はわからず仕舞いで、保津峡の深い山中に消えてしまった。

酒呑童子が乗り込んだトロッコのお客さんに後で話を聞く機会があった。

列車の中の彼は子供を笑わせ、若いカップルに恋愛論を語り、学生には
説教までしていたというのだ。

人間が本当に好きな鬼なのか?ますます、私の中で謎は深まるばかりなのである。
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 笑いと感動そして‘いのち’亀... | トップ | 確かにみた!謎の黒い影・・・ »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フレンドリーな鬼なのですね(^-^;) (ひろりん)
2006-06-26 08:06:01
突然予備知識も無くトロッコ列車に友達とふたりで乗車したので、突然の登場に固まってしまって申し訳ないことをしました。>鬼さん



こちらが笑顔で接すれば心を開いてくれたのですね~



でもその仮面の下はものすごく男前だったのを私は知っている(笑)
人間が本当に好きな鬼 (Honko)
2006-06-26 15:12:38
Honkoも会ってみたいです~ 青い酒呑童子さんに!

20年前だったら。。。間違いなく!恋愛を熱く

語ってもらいたいですね!

へへへ~ 今の主婦Honkoには何を語ってくれるんで

しょうね~(好奇心のかたまり~と化しています~)



あぁ~~ それにしてもあの後、青鬼さんは何処へ

行っちゃったんでしょうね。。。

とても気になっちゃう~ お山に帰ったのかしら~?

それとも川の中にお家が。。。?



「人間が本当に好きな鬼なのか?」。。。このはっちんさんの

言葉が、Honkoはすごく気に入ってしまったのです~

まさしく「泣いた赤鬼」に出てくる鬼さんみたいで、

親しみが湧いてきます。

それならば。。。

「鬼が本当に好きな人間」が、いてもいいですよね。

トロッコ列車の青鬼さんには、このような熱烈な

ファンの方々が大勢いらっしゃるのでは。。。

と、Honkoは密かに思っているので~す!



はっちんさんは、何かお話できたのでしょうか?











鬼さん (ココア)
2006-06-26 19:23:07
私もトロッコ乗ったときに、見ましたよ。

なんか、結構テンションも高くて、

へんな、酔っ払いが乗ってきてしまったのかと…

最初は怖かったです。

でも、素顔!?は、男前で、優しいのね。



今度預言師の出口王三郎さんのお話、聞かせていただけませんか?

このあいだから、気になっています。



酒呑童子様にお会いしました♪ (TOMONECO)
2006-06-26 19:54:56
実は、昨年トロッコ列車でお会いしました、主人と一緒にあの正体は何々だろう・・・いきなり入ってきてもうびっくり!横を通った時にはドキドキしてしまいました。でも楽しい鬼ですね。乗客と一緒に記念写真に写ったり、さんざん愛嬌振りまいて何処へと去っていきました・・・でもまた次もお会いできたらいいですね♪
おひさしぶりです~ (とうまま)
2006-06-27 10:27:18
はっちんさんごぶさたです

お元気でいらしたのでしょうか・・・



亀岡市民のくせに

トロッコに乗ったことがありません。

それも家族で私だけ(泣)



酒呑童子さん・・

酒飲同士、ということで

一度飲みながらお話してみたいものです。

あ はっちんさんとも!(笑)

ONI (酒呑童子)
2006-06-28 21:15:05
前略・先日保津にデジカメで私を撮っていた貴方がハッチンさんですか!ビックリしました。私はトロッコでお客様と話す為に保津のネタを探す為に保津川下りの貴方のブログを見て貴方から学んだ知識を失敬してお客様に提供してます、先日ブログを見てビックリしました。酒呑童子が載ってるのではありませんか~貴方と話は出来ませんでしたが、トロッコの酒呑童子について語りましょう~ トロッコは左が川景色で鉄橋を渡ると右が川景色になります、片面は山景色でありトンネルも八ありお客様が退屈しないように何か無いかとトロッコの社長・長谷川一彦氏が沿線・京都・亀岡の歴史を調べたら老いの坂峠に首塚神社があり酒呑童子伝説があり沿線の山を歩いたりイカダで川下りもしたのではないか?それだったら現在はトロッコが走っているから酒呑童子にも乗ってもらおうと勝手に考え早速カツラを馬のタテガミで映画村にお願いし面は金沢の友人に頼み作ってもらい鬼がトロッコに乗り込む事になり現在に至る。 首塚神社は首から上の病や怪我に効能\があると聞いております。トロッコの酒呑童子は何の力もなくお客様の話を聞き、互いに願いがかなうようにお客様本人と互いに手を合わせてお祈りします!本当に力になれたらとつくづく思います!しかしながらそんな力はありません、しかしお客様から御礼の手紙がきたりリピーターのお客様が見えたり1週間に1回乗る熱心なお客様も見えます。改めて有難うございます。当の本人も首塚神社に酒呑童子をさせていただきますと年に二回お参りに行きます。これからもお客様の笑顔がある限り酒呑童子も旅のお供にさせていただきますので宜しくお願いいたします!ここでお詫びがあります、小さいお子様で鬼の顔が怖い、うるさい鬼と思われ気分を害したお客様も見えます、お許しください。最後にお尋ねしますが酒呑童子も押忍男組に人組出来ますか? PS今まで酒呑童子は八人が演じて来ました。初代はトロッコ社長の長谷川一彦氏!トロッコのパンフのモデルも兼任、貴方はどの酒呑童子と乗りましたか? この夏は酒呑童子とトロッコに!!! 誤字があったり漢字が違っていましたら堪忍です。有難うございました。押忍?
男前 (はっちん)
2006-06-29 09:02:57
ひろりんさんへ。



酒呑童子に仮面の下の素顔があるのですか?



あの顔が素顔だと思っていたのですが・・・

でも、あれでどうして結構いい顔した鬼さんですね。
鬼さん (はっちん)
2006-06-29 09:06:50
Honkoさんへ。



鬼が好きな人間はまずいないかも・・・



でも、一見怖そうで近づき難い感じの人でも

話してみるといい感じの人っているものです。



先入観って結構いい加減なものかもしれないでsね。



酒呑童子とは一言も話しできなかったですね。



テンション (はっちん)
2006-06-29 09:13:56
ココアさんへ。



そんなにテンションが高かったのですか(笑)

まあ~酒呑童子ですから結構、お酒がまわっていたのかもかもしれないですね。



陽気なお酒なら大歓迎かも。



出口王仁三郎さんについてはまたメールでもお教えしますね。地元亀岡が生んだ偉人なので、機会があればブログで書こうかなとも思っています。

氏は日本の新宗教の中心となられた方で、

とても興味をもっている人物です。
今度は (はっちん)
2006-06-29 09:17:46
TOMONECOさんへ。



お話はされなかったのですね。それは残念でした。私もコメントをとる事が出来ませんでしたが・・・やはりサービス精神旺盛な鬼さんだったのですね。陽気で親切・・・ますます興味が出てきましたね。



今度トロッコに乗られた時は是非、話掛けてみてくださいね。

コメントを投稿

心の旅」カテゴリの最新記事