保津川下りの船頭さん

うわさの船頭「はっちん」が保津川下りの最新情報や、京都・亀岡の観光案内など、とっておきの情報をお届けします。

日本最強の大魔王・崇徳院の怨霊ものがたり。

2018-04-26 12:23:46 | 京都情報
京都にはいくつもの「怨霊伝説」があります。

平安の昔より、京の都に動乱や災害が起こる時、
必ず都人の脳裏に浮かぶのが「怨霊」の祟りです。

その中でも、日本最強の大魔王にして、日本の精神世界史を語る上で
欠かすことが出来ない大怨霊と呼ばれるのが崇徳院です。

天皇に即位していた崇徳院ですが、父鳥羽天皇に疎まれ、
さらに弟の後白河天皇に苛め抜かれて、讃岐へ島流しにされてしまいます。

まさに筆舌に尽くし難い生涯に絶望した崇徳院は
「我、日本の大魔王となり、皇を取って民となし民を皇となさん!」
と書き残し、舌を噛み切って果てます。

すると、都に異変が起こりはじめたのです!

後白河天皇の近親者が相次いで死に、さらに平安京が焼失、
比叡山の僧兵の決起など不吉な出来事が多発しました。

南北朝時代には室町幕府を開いた翌年の1339年に、
四条河原の勧進田楽での桟敷倒壊で多数の死亡者が出て、
その翌日の大雨で川が洪水を起こし、
死体が流れていくという地獄の様な光景が!

実はその数日前、愛宕山に金色の鳶の姿をした崇徳院が現れ、
強い念を持った怨霊たちを集めて「怨霊サミット」を開き、
天下動乱の計画を練ったといわれています。

700年ぶりに国の実権を朝廷に取り戻した明治天皇は
即位後すぐに、崇徳院への詫び状を書き、
讃岐へ勅使を遣わして崇徳院の怨霊を京へお迎えし、
お住みとして「白峯神宮」を創建しました。

また昭和天皇は崇徳院800年忌に香川県の崇徳陵で式年祭を執り行っておられます。

崇徳院が皇室にとって、どれだけ恐ろしい存在なのかが伺えます。

そして、今も京都の闇に、ひっそりと潜んでいるのです・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

<もうひとつの保津川水運・清滝川の筏流し>

2018-04-25 14:44:52 | 保津川下りものがたり
<もうひとつの保津川水運・清滝川の筏>
京の都をつくった保津川(桂川)の筏流しは有名ですが、
支流・清滝川にも筏流しがあったことをご存じでしょうか?

拾遺都名所図会にも紹介されている清滝川筏。
その図には大木の一本丸太に乗る筏士が紹介されていますが、
本流にも劣らない12連筏が流れていたことを知る人は少ないのです。

清滝出身の我が家では、曽祖父のノートに
「交通不便なりし往時は、伐採せし材木は筏に組んで流せしものなり。
遠く小野郷迄もで出掛けて筏流しをした。
清滝の筏士はその技術の点で他村の筏士を圧倒していたいわれた。」と書いてあります。

また、私が取材した清滝川最後の筏士・渡邉幸雄氏からも、
清滝川筏の歴史と操縦術を伺いました。

桟敷ヶ岳から小野郷→中川→高雄→清滝→保津川→嵐山へと
愛宕山系の水を寄せて流れた「もうひとつの筏流し」

いつか紹介できる時が来ることを願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

了以伝 ばけもののような船・角倉朱印船

2018-04-22 17:59:10 | 角倉プロジェクト・世界遺産事業
ばけもののような船じゃ!」アジア諸国へ出港する角倉船をみた人々は叫んだ。

文禄元年(1592)天下を統一した秀吉は室町時代から続けていた勘合貿易を再開させ、
各地の商人に参画を呼びかけた。
この秀吉の要請に名乗りをあげたひとりが京都の豪商・角倉了以だった。

当時はスペインやポルトガル、オランダなど西欧諸国が世界に進出した大航海時代。
角倉家ほかに同郷の茶屋家や伏見家、堺の伊勢家らも朱印状を手に入れ、
安南(ベトナム)やルソン(フィリピン)、タイなど東南アジア貿易へ打って出た。

その中でも角倉船の豪華は当代随一で、オランダ船の倍、
中国船の4倍半という桁外れの巨大船。

全長36m、幅16mであり、乗船人員も約400人、交易品の積み荷に至っては800t以上も
詰め込める当時ではおそらく世界最大級の唐型貿易船だ。

マストを3本も備え、後部の高殿には日本人の船長とポルトガル人の航海士が乗り込み、
黒人の姿も見える。

この船は単なる交易船というだけでなく、豪華客船として旅行者を乗せており、
その利益も莫大だった。
了以は異国人でも「信」を持って接するべきという精神を貫いた。

その威風堂々たる姿は、日本人だけでなく、角倉船に乗り込む為に長崎に集まった
ポルトガル人やオランダ人、中国、朝鮮など外国人商人たちの度肝を抜いた。

「この船なら難破や海賊船の襲撃の心配も少ない。
今回の渡航に成功すれば、利益は計り知れない。

「京都には凄い商人がいたものだ。」と口々に語り、
船主である了以という存在を強く印象づけた。

歌舞伎の「天竺徳兵衛」の場面でも、徳兵衛が角倉船に乗船する様子が描かれており、
角倉船の豪華さを伝えている。

主な輸出品は銀で、日本から年間に輸出される銀の総量は
世界の年間生産数の30~40%に上っていたという。
銀は交易に際しての主要通貨だったので、日本の商人はきわめて
有利な立場になったという。

ただ、角倉船の特異性はその規模や豪華さだけでなく、
その貿易システムを支える`精神’にあった。
これについては次回に譲ろう。

角倉船の模様は現在、京都の清水寺に「角倉船・渡海船額絵馬」として奉納され、
国の重要文化財に指定されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム旅行社一行様へ。日越をつなぐ了以のものがたり。

2018-04-22 14:12:18 | インバウンド
ベトナムの旅行社ご一行様、角倉了以像の前で記念写真!

16世紀後半、京の豪商・角倉了以は安南(ベトナム)への朱印船貿易に着手します。

長さ36m、幅16m、乗船数400人の桁外れの豪華巨大船が角倉船でした。

当時ではオランダン船の倍、中国船の4倍の大きさでした。
歌舞伎の「天竺徳兵衛」でも徳兵衛が乗り込む模様が描かれています。

「貿易とは、お互いの国同士がともに富ますということが最も大事な事である」
という精神の上に、世界の海へ出た角倉船。
それは欧州諸国が大航海時代においてアジアへ進出した形とは明らかに違う
今のグローバルスタンダードにも沿う先進的な思想を持った貿易でした。

さて、ベトナムからお越しの皆様へ、了以さんとベトナムのぼご縁の話をさせて頂くと、
皆さまとても感心を持たれ、了以像の前で記念写真を撮ろうということで盛り上がりました。

400年の時を超え、つながる日本とベトナムの物語。

今年は時あたかも日越国交樹立45周年の記念の年。

これから日越の新時代に、了以さんの物語がよみがえり「橋渡し」をされる様な手応えを感じました。

ご紹介下さった石黒様にも心より感謝申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊勢に七たび 熊野に三たび 愛宕さんには月まいり。奥嵯峨・保津峡ツアー

2018-04-18 07:37:44 | シリーズ・京都を歩く
「お伊勢に七たび 熊野に三たび、愛宕さんには月まいり」と江戸時代の民衆にうたわれた京都・愛宕山。

その麓は「あたご道」といい、愛宕詣りへ向かう人で賑わう街道でした。

あたご道沿いには行き交う旅人をもてなす宿や茶店が軒を連ねていたと伝わります。

その400年の風情を残す地域が奥嵯峨・鳥居本と清滝です。

鳥居本には「鮎茶店・平野屋」さんと「鮎の宿・つたや」さん、トンネルを抜けた清滝には「清遊の宿・ますや」さんが
今も当時と変わらぬ佇まいで、観光客のおもてなしをされています。

先日、保津川下り運休の代替えツアーとして、お客さまをご案内した奥嵯峨ツアー。

思いのほか皆さま、大満足で「こんな嵯峨野は知らなかった!」と絶賛でした。

愛宕山山系が刻んだ保津峡とその山麓を流れる保津川。そして、愛宕信仰が生んだ奥嵯峨の風情と営み。
ここには雄大な自然と人間の関わりが今も息づき、しっかりと表現されています。

平野屋の女将さんも「愛宕さんと保津川の鮎つなぐ‘奥嵯峨の歴史と生活’は大切にしていきたい」
との思いから、かやぶきの家を守っておられます。

我が先祖の地でもある奥嵯峨。地縁や血縁関係の家も多い。

愛宕山を軸にして、山麓の奥嵯峨や高雄、水尾に越畑、そして丹波亀岡。

かなり面白いストーリー性のあるエリアになると直感します。

これら地域に関わりのある者として、今後、観光化に取り組んでいきたい感じる奥嵯峨ツアーでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宗教懇話会で講演。人が後世に残すものとは?

2018-04-16 12:30:25 | 船頭の目・・・雑感・雑記
新聞記者はなぜ、船頭になったのか?

400年続く伝統の操船技術を継承する為に費やした厳しい修行の日々。

これまでほとんど語る事がなかった我が人生を振り返り、残りの命をいかに使うべきか?

自らを鼓舞するために語りました。

人は必ず死ぬ。人生は一度きり。死はいつやって来るかわからない。
だとしたら、かけがえのない命、一体何に使うのか?

そして人が本当に後世に残すものは何なのか?

貴重な時間をいただいた「かめおか宗教懇話会」と、
かけがえのない1時間半という時間を、
私の講演に下さった会場の皆様に心より感謝申し上げます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

持続可能な世界の構築へ。SDGsを学ぶ。

2018-04-13 15:07:12 | 京都大学
書店巡りでgetした「ビジネスパーソンのためのSDGsの教科書」(日経BP社発刊)

以前、環境省の勉強会で発表者を任された時、所属するNPO法人プロジェクト保津川の原田禎夫代表理事(大阪商業大学准教授)に
「SDGs(持続可能な開発目標)について教えて貰ったのがきっかけで、興味を持ちました。

2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

「持続可能な」という意味とは、例えば、現代社会の生活基盤に大きな影響力を持つ石油資源は、
先進国に加え、経済発展著しい途上国に必要な大量消費により、石油が枯渇すると持続できないため、
持続可能な社会ではないということ。
また海洋汚染が広がる社会は水産物資源(漁業など)が持続できないため、持続可能な社会ではないといえます。

こうした社会構造を続けていく先には、地球環境を汚染・略奪が絶えず、永続的に繁栄することはできないと
いうことを、やっと世界の英知が気づき始めたのです。

この世界的規模の大きな動きの中で、我々のような「企業人としてSDGsにどのように対応し、経営に位置付けるのか?」
視点で執筆されていることが、この本を購入した動機でした。

観光という仕事に従事する者としては、多文化理解や人権・平等・平和などのグローバル教育の推進の他に、
自然や文化の保護・保全、また食や雇用の最適なバランスの確保など各目標項目にどの様に協力できるのか?を考えたい。

そしてゴールとなる「持続可能な発展」が成し遂げられることで、旅行者という交流人口がどの様に増えるのか?

もちろんリスクも見積もながら、その上で新たなビジネス機会の創出を生むことができれば、
それは一企業のみならず、地域、国の枠を越え、世界にとっても価値あることだと考えます。


その思想と枠組みの基礎を学ぶため、今夜は読書に勤しむことにします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉川晃司さんが保津川河川敷でドラマロケ!

2018-04-12 15:36:53 | 映画・芸能界
保津川河川敷に行われていた浅田次郎の小説「黒書院の六兵衛」のロケにちょっとお邪魔。

颯爽と流鏑馬をするのが主演の吉川晃司さん。7月からWOWOW連続ドラマで全6話が放送されます。

時は幕末。江戸城を無血開城した折、頑として居座った一人の旗本がいた。

武士の本懐をロッカー吉川晃司さんが演じます。

ロケ後に少し話をしましたが、性格もイケメンですね!

亀岡は京都市内に次いで映画やドラマのロケが多い地です。
里の原風景が残り、美しい山や川が広がる自然の楽園。

しかも京都市内の撮影所から近い。

本当の自然が演出する撮影セットが用意されています。
私たち保津川下りも過去、数多くの映画やドラマのロケに協力してきました。

いつか「あの映画、ドラマのロケ地亀岡に行きたい!」と言って貰える街になれば最高ですね!


保津川河川敷の風景と一緒にご覧ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花ざかりの峡谷・保津峡を包む春の自然美

2018-04-11 14:24:17 | 保津川下り案内
花散しの風が吹き、保津峡に春の訪れを感じさせた桜は終焉の時を迎えました。

自然界では一つの季節の終わりは、新たな季節のスタートでもあります。

花びらが散った桜の木からは、若々しい葉が生まれ、紅色から緑へと色を変えます。

峡谷の山々に立つ落葉樹の木々からも若葉が芽吹き、若々しく眩しい、、命の輝きを放ち出します。

この新緑の中に、ヤマツツジが紫紅色が雅やかなアクセントを落としだします。

保津峡はまさに「花ざかりの峡谷」

季節が移ろう峡谷の姿に、永遠なる自然の営みを感じます。

峡谷を包む命の輝きに照らされて、船は嵐山へ。

保津川下りで、日本の自然美と感性を感じてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の京都へ。京都丹波の森で太古への誘い。

2018-04-10 14:25:00 | 京都情報
縄文の大昔、人間は`森’の中で生きていました。

そこには木の実や森の生き物たちの豊かな生態系が育まれていました。

人は森の中では弱小生物でしたが、森の資源を生かすことができる知恵を持ち、
動物と戦う武器を作り、狩猟を覚えました。

そして`火’を操る能力を持った時より、文明を開き、文化を生み出したのです。

森には、人間の生きる知恵を育む自然があります。

それは悠久の時を経た`今’も‘ここ’に存在しています。

高度な近代科学文明がもの凄いスピードで発展する現代。
深い森には、人の遺伝子に記憶されている「根源的な生命力と知恵」の蘇りを感じることができるかも?


いのちが芽吹く春。人として自分を見つめる時間が流れる「森の京都」に出かけてみませんか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加