統合医療日記

ここでの統合医療とは単に西洋医学と東洋医学の統合ではなく、病気を肉体と精神と社会及び自然環境の4視点から見ていきます。

三密より四密が正しい(ソーシャルディスタンスの虚実)

2020-07-10 00:02:09 | 統合医療村
三密は当たり前だが、四番目の密が抜けている。しかし、これがパンデミックに大きく関係しています。人間を中心に密を考えると三密ですが、コロナウイルスを中心に考えると、四密の考えが絶対大切でパンデミックと大いに関係しています。要するに空気中のウイルスの密度はどうかがまったく考えられていません。
 
結論的にいうと人間はプラスに帯電しているがコロナウイルスはマイナスに帯電していると言う事がとっても重要なのに誰もそのことに言及しないのです。
 
 
要するに自分の周りのウイルス密度を挙げてはいけないという事です。これが四密の事です。ウイルスから考えた密なのです。ソーシャルディスタンスだけでは決まらないのです。自然界でウイルスはマイナスイオンに帯電して動き回り活性酸素のためにプラスに帯電したイノシシやねずみやこうもりに静電気力で周りに集まってくるのです。
 
ですから体にはウールなどの動物性の繊維をつけてはいけないのです。冬でもなるべく綿や麻などの天然繊維やポリエステルなどをつけるほうが良いのです。たとえばマスクは外がポリエステル中が綿というのが良いでしょう。女性にはちょっと都合が悪いことですが、コロナのはやる時髪は短いほうが良いと思います。髪はウイルスは髪にからみ易いからです。髪の毛が口に当たれば接触感染です。ポニーテイルにしましょう。
 
昨日、NHKのペストの特集で、ベネチアのカーニバルでカラスマスクをつけたお面を被る行事があるとのことです。これは医療従事者がペストから守るための防御姿とのことです。私は見ていなかったので詳細は分かりませんが、当時そのカラスマスクの先にバーブや薬を付けたとのことです。家内がそれを見て私が「カラスマスクの先にラドン石をつけている理由が分かった、あなた過去世で医者だったのかもしれいない」と言ってきました。そうかも知れないしそうで無いかもしれない。
 
残念ながらペスト菌にはハーブはあまり効かないと思いますが、ウイルスになら効果があるかもしれません。フィトンチットやマイナスイオンは抗ウイルス効果があります。私の場合は極少量のラジウムを含むラドン石(0.2~0.3マイクロシーベルト)を10個くらいマスクの先に縫いこみます。ラドンは強力な電離放射線ですから、マイナスイオンが沢山出て抗ウイルス効果があります。取り分けプラズマ空間が出来るのでウイルスの存在は困難かと思います・・・
 
 
毎日これをつけています。
 
 
 
プラズマ空間での生物存在は難しい
 
義理の息子は大阪の病院で腎透析のシャントの血管外科医なのでコロナ感染の可能性が高い最前線です。
ラドン石ネックレスを頼まれましたので、マスクにもラドン石仕込みを送りました。ラドン石の出すアルファ線は空気の電離力がガンマー線の20倍と強く、ウイルスの進入を許しません。
空気に放射線や圧力や熱が加わると分子が電離して原子になり、さらに原子が原子核と励起電子に分離し、飛び出してやがて自由電子となり、イオンの嵐プラズマ空間を作ります。
ラドン石は0.2~3マイクロシーベルトで空間線量の5倍くらいでごく僅かですが、異空間を作るには十分なイオンの嵐空間で微生物は侵入できません。と思います・・・
 
これからは、自分の周りのウイルスの密度がどうかと言う四密の知識が第二波と闘う重要なポイントとなります。
コメント

予言:コロナの行方

2020-07-08 00:55:01 | 時事ニュース

ただいま解除されました。東京はしばらく100人を超えるかもしれませんが、6月21日、一番紫外線の降る日、夏至の日を境に一端は収まるでしょう。早ければ10月末から第二波が到来するかもしれません。

上記の文章は6月19日にFBに書いた原稿の一節です。

先日タクシーの運転手さんが「先生の予言当たりましたね!」と言いました。

どうやら12月始めの頃に、中国で出た新型ウイルスが世界に広がり、日本にも上陸して大変な事になると私が言っていたらしい。

今日で東京ではコロナ感染者が100人を超えて6日目となりました。6月19日に書いた「東京はしばらく100人を超える」と言った通りになりました。

しかしながら、この多湿多雨と夏の紫外線で一旦はコロナは終息しますが、また気温の低下の元に、季節性インフルエンザと共に出てくることでしょう。早目の対応が必要です。

 

 

コメント

すい臓がんと統合医療

2020-06-19 21:43:26 | 統合医療村

最近は薬草に興味深々です。漢方専門医と言えど生薬栽培等については詳しくありません。しかし、忍冬(金銀花)のように1綺麗2匂いがよい3身体によいと三拍子そろった野草は最高です。

最初に白い花が咲きそれが黄色に変わります。中国では金銀花と呼ばれています。

コロナ治療の重要な生薬。

たまにピンクもあります。

 

 

ツルですから高い柿の木の上まで登ります。

熊井農園の山には金銀花が多く有りますが、テイカカズラズラも良い匂いがします。テイカカズラは毒草ではありますが、神農本草経では上薬の中に入り、絡石藤と呼ばれています。日本では藤原定家が恋人の墓に執着しテイカカズラとなり、墓石に巻きついたとされています。

近年すい臓がんが急増しています。罹患率は低いのに死亡率は高い恐ろしい病気です。抗がん剤も効きませんが統合医療でも難しいです。抗がん剤を使用しない場合はラドンや毒草みたいなかなり攻撃的な手法がないと難しい感じです。

しかし、このテイカカズラの成分の中のアルクチゲニンという物質が、抗がん剤が効き難いすい臓がんの血管新生を防ぐ物質がであり、現在注目されています。

絡石藤は毒草ですが、ごぼうの種の中にもすい臓がんの血管の新生を防ぐ物質がすいぶん前から研究されています。

血管新生の防止には鮫の軟骨が使われますが、鮫の軟骨には確かに血管がありません。

西洋薬も、催奇形性のある睡眠薬で、過去問題となったサリドマイドが血管新生を抑制することが分かっています。

中国500年頃の医師陶弘景は忍冬について最後に「およそ世間では得易い薬草よりも得難い薬草を求め、とかく遠方のものを貴重とし、近くに産するものを賤しく考えるが、凡夫の浅ましさだ」と述べています。40年以上も漢方を使ってきましたが、今進行がんの統合医療においてまさに、全くその通りだと感銘しています。

隕石の落ちたパワースポットの熊井農園はラドンでマイナスイオンが多く霊芝はもとより、薬草毒草が沢山ある事を発見しました。命あれば早く熊井農園をあらゆる薬草園に仕上げたい!

毒草のツルニチニチ草もビンカアルカロイドを含み白血病などで研究されています。来年はツルニチニチ草の絨毯のような花の中で寝てみたい。波動でガンが治るかもしれない。

白血病に使う抗がん剤の成分がある毒草です。毒草は美しい!

コメント

天然ラドン温泉とマイナスイオンと霊芝

2020-06-05 00:38:01 | 統合医療村

キノコとマイナスイオン:霊芝などはマイナスイオンの多い深山に出来ます。しかしラドン温泉地の山はキノコ類が多い。アルファ線はガンマー線の20倍電離作用が強いのでラドンから放出されるアルファ線によりマイナスイオンの多い山となります。プラスイオンは大地にアースされ山の細かい水蒸気にマイナスイオンが多く帯電します。コフキノサルノコシカケやメシマコブが自生します。先日凄く変な形のサルノコシカケを見てビックリです。霊芝はマンネンタケといいますが、水出しだけでは水溶性のベターグルカンだけ出ますので、焼酎に付けると脂溶性のガノデリン酸が出ます。ですから焼酎に付けたあとお湯を入れると両方の薬効が取れます。

 

コメント

コロナの行方その④(第2波の対策は食物繊維)

2020-05-10 20:32:09 | 時事ニュース

苦労して漢方専門医を更新しました。もう漢方45年処方しているのに今更どうでも良いのですが・・・皆が信用しないので取り合えず取りました。

東洋医学には主に中国医学(針灸など)と日本漢方(文字通り漢方医学)があります。日本漢方と言えば、感染症に詳しい傷寒論です。特に感染毒については一貫堂森伯道の感染毒に対する漢方医学です。これは先日すでに述べましたが、とにかくコロナ感染症のように感染による過剰炎症(過剰なサイトカイン)が命取りになります。

ですから普段から体に炎症がないようにしておかなければなりません。虫歯や副鼻腔炎なども秋までには早めに治して置きましょう!

非常事態宣言で、3蜜が無くなりますので収まるのは良いのですが、集団免疫が不完全になるので、晩秋からコロナが盛り返してくる可能性は十分あります。今度はインフルエンザと被るので大事になります。PCR検査は出来るでしょうがコロナに対する抗生剤やワクチンが出来ていなければ、老医師が診療するのも命がけになります。今から体力作りをするほうが良いようです。

実は最も炎症が起こりやすいのは1000種100兆個の細菌がいる腸なのです。人体の細胞が60兆ですからいかに細菌が多いかお分かりでしょう。したがって腸内細菌叢のあり方が、炎症体質改善の決め手になります。途中を省きますが、それには食物繊維を取る事です。

なるべくオリゴ糖と乳酸菌、発酵食品を取りましょう!

肝染症に注意!!

腸内に悪玉菌が増えると活性酸素がバンバン出て腸で炎症が起こります。詳しくは語れませんが、活性酸素は門脈から血液を通して肝臓に至り、肝臓の解毒機能を落とし、感染毒が解毒できなくなり、肝臓ガンにもなりやすく感染症に弱くなります。今年の冬はアルコールも控えましょう。もやは感染症は肝染症なのです。

医者がインフルエンザにかからない理由

インフルエンザが流行すると1週間でまず一人来ます。少しそれで免疫もらいます。それから2~3日に一人患者が来ます。それで追加免疫頂きます。次に毎日一人来ますが免疫十分で強くなるばかりです。やがてパンデミックになり1日に5~6人来ます。でも毎年かかることはありません。これと同じようなことが集団免疫でも言えます。

神経質になりすぎて、あまり3密を徹底していると、スペイン風邪のように第2波が怖いです。少しはウイルスをもらわないと、大量濃厚感染が一番危険で予後も悪いです。個人的には5月中にでも安全な所から部分解除を早めたほうが良いかもしれません。自殺者も増えます。とりあえず食物繊維を一日25グラム取りましょう!

今年もシイタケ50本仕込みました。

フキ

ミカンジャムはペクチンで一杯です。高圧にするとペクチンが出来やすい

キクラゲのホダギ

キクラゲ食物繊維の代表です。

フェンネル

 

本日フェンネルの水餃子「私が」作りました。フェンネルは食物繊維豊富ですが、胃腸に抜群の効能があります。皆さんも是非どうぞ、簡単で美味しいです。

 

 

 

コメント