gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

愛の欠乏症は・・・・

2015-02-28 09:53:28 | 日記・エッセイ・コラム
愛の欠乏症にかかると 今がどんなに幸せな状態であっても 今の瞬間から 明日に
向かって 離別が待っていて 孤独へと続く けれど お金の欠乏症はよほど重症で
なければ、返って 明日に向かって 愛はいっそう深まるものである お金が無くて
愛が深まれば 愛は愛を呼び・・・・お金までも呼び込んで来るものである

愛の欠乏症は自分が一番大切と思った瞬間にウイルスに侵されるのである あなたも
同じくらい大切と思った時 愛の欠乏症の進行が止まり 周りの人も同じくらい大切
と思った時 愛の欠乏症の治癒が始まるのである 愛の欠乏症は人よりも自分が幸せ
を先に手にしたいと思った時に起こるのである

Monsieurの新婚時代は預貯金『0』からスタートであった Monsieurはミッチョン桜
が唯一のが愛の対象であった 今振り返って見ると 愛を注げば、注ぐ程 心の中で
愛が生まれ 増殖しながら 愛が育って来たのである 身体の愛は有限だけれど 大切
な人と思った心から生まれた愛  魂から湧き上がった愛は無限なのであった

もう一つ 愛と云うのはどちらかが我慢をして成り立つものではない また同時に愛は
一方の幸せの上に成り立つものでもないのである 相性が良かったのか 子宝に恵まれ
 愛の対象が増えて来たのである パーマン1,2.3号に恵まれたのである この子
宝はMonsieurとミッチョン桜のお互いの縦糸の愛と横糸の愛が織りなした証なのである

今日は近くのご婦人達 4人が 『オープンガーデンそよ風』の看板をクローズにして
あったのであるが ご来場された 一昨日焼いたピザ&石焼き芋の評価をいただく事に
した 来て良かった 良かった・・・・と 感激されて・・・・帰られた

Monsieurさん夫婦 周りの人が大切と思っているので 今日の出会いが生まれました 
『そよ風』から・・・・愛が愛を呼び Monsieurさんの人生コンセプト 奪い合う愛は
最悪 助け合って生まれた愛はいつしか消える 支え合って生まれた愛は永久に続く 
ある日 突然に この『そよ風』から愛の軌跡が生まれるかも知れませんね

今日の朝から バアバと孫の花壇の休憩所にに2種類の蔓薔薇を植樹 Monsieurはパーマ
ン達にお金より 心を大切にするように育てて来た 孫達は貧乏に成る心配がある 植
樹した薔薇の色はイエロー 孫達に金運に恵まれるように願ったのであります

昨日(27日)のガーデニング ①消毒器材の修理 ②蔓バラの消毒 ③獏さんの絵の購入
代金の振り込み

2015-2-28 Monsieur 
コメント

イエスタデー・・・・

2015-02-27 08:05:52 | 日記・エッセイ・コラム
昨日(26日)・・・石窯を久しぶりに焚いた Monsieur夫婦の特製ピザ&石焼き芋
(ホックリ系の紅あずまと芋羊羹系の紅あすか)を作った 3時間 石窯を暖めている
時である この石窯を造った当時が蘇って来た もう・・・5年は経っている 5年前
の出来事である 『光陰矢の如し』まるで・・・・昨日のような出来事である

この石窯を造る事に成った契機はシングルマザーの『どんぐり眼のパン職人』を支援す
るためであった 人生って思い通りに成らないものである お隣さんが洗濯屋さんのため
ガス炉のスペックで石窯造りを始めたけれど 火力が足りない事が解った これが地獄の
一丁目 燃料を薪方式にする改造作業が始まった 何回も改造を繰り返した 13回目の
改造を経て Monsieurオリジナルの自慢の石窯が出来た

石窯が出来上がった時には運命の悪戯が有って『どんぐり眼のパン職人』の彼女の人生ス
ケジュール合致しなかったのである シングルマザーにとって この5年間を待つには果
てしない孤独を強いたに違いない 石窯を焚いている時に彼女を思い出した 彼女にに対
して申し訳ない事をしてしまったものだと monsieurの心は悲しかった 昨日の天気のよ
うに曇りから雨に変わっていた ミッチョン桜に直径10センチのホックリ系の紅あずま
を持って 彼女の実家に石窯完成報告をしました この先 いつか縁が復活して彼女から
・・・・使用要請が有れば、こんなに嬉しい事は無い

彼女&支援者に対してこの石窯完成報告が終わった時に用意しておいた薔薇を雨が激しく
降る 午後3時過ぎに・・・・薔薇回廊に植樹した 薔薇の名前はイエスタデーである 
ピンクの中花を枝いっぱいに咲かせる薔薇である この時にご協力をしていただいた友人
達の幸せを祈りながら・・・・植樹しました 植樹が終わって この雨で心が洗われた

Monsieurさん 今日はビートルズのイエスタデーを聴きながら 有人達に感謝と己の未来
の活力しましょうか ミッチョン桜がH社でお世話になった後輩 そして信楽の陶工の小原
さんに昨日造った冷凍ピザを宅配の用意をしてくれている これからのMonsieur夫婦の人
生はお礼奉公に撤しましょうか・・・・ね(っ)‼

2015-2-27 Monsieur
コメント

3階のバルコニー点検・・・・

2015-02-26 07:55:58 | 日記・エッセイ・コラム
昨日(25日)のmonsieuのガーデニング作業はrは3階のバルコニーの大幅レイアウ
ト変更で一日が終わった 餅つき臼の処分に大奮闘・・・・‼7 このバルコニーから
奥多摩の山々の眺望が良い 夜に成れば、天空の天使達の誘いがある空間である

Monsieur家を建設したSハウスの住宅メーカーから・・・・バルコニーの無料点検の
お知らせをいただいた 餅つき臼を大鉢に衣替えして3階のバルコニーでハッピーと
云う名の蔓薔薇の植樹していた 10年以上 3階のバルコニーでMonsieur家を訪問し
てくれている人を楽しませてくれていた

この餅つき臼が朽ちて来て ひび割れヵ所からの土壌の流失が止まらなくなって来た
バルコニーの点検の機会を利用して大鉢を処分する事にした 3階のバルコニーは寂し
がり屋のmonsieur夫婦の老後に備えて 訪問者が気兼ね無く宿泊をしていただくため
に3階にゲストルームを2部屋+4X10メートルの南側にバルコニーを設置した

このバルコニーに簡易式のガゼボ(カインズ・・・・社製)を設置 高価な値段の割に
品質的に見れば、酷い製品である ①吊り天井の大半のプラスチック製のフックは破損
②スライドレールはタッピングスクリューで止められているが 風に煽られ スライド
レールが構造用フレームから 脱落した 訪問者に怪我はなかったのがせめてもの慰め

H社で自動車造りに生涯を捧げて来たMonsieur ガゼボの品質UP案を製品販売の担当者 
お店の責任者に幾つも提案したけれど・・・・逃げる 逃げる 逃げの一手 憤りを覚
えたが 酷い製品を売っても後は知らんふり この態度がカインズ・・・社の企業風土
と理解し この企業の将来を見つめる事にした 残骸を葡萄棚に改造する事に決めた

昨日(25日)のガーデニング ①餅つき臼の処分 ②ガゼ後を葡萄棚に改造 ③2本
の葡萄のマスカットを大鉢に移植 ③バルコニーの洗浄

今日は予定通りに『幻のピザ屋さんと石焼き芋の店』・・・・オープン

2015-2-26 Monsieur
コメント

ほっこり ほっこり・・・・

2015-02-25 07:44:30 | 日記・エッセイ・コラム
Monsieurは花粉症の集中攻撃に見舞われております 目が痒いのを通り越して 痛い
喉がいがらっぽかったのに 痒い~痛い+そして 咳が多発 鼻が詰まったり 鼻水
が止まらなくなったり 多分 桜の咲くまでの期間 Monsieurは花粉症と格闘を要
するのかも知れない 覚悟を・・・・しましょう ね(っ)‼

昨日(24日)は家庭菜園の土壌改良作業を午前中に集中的に実施した この作業で夏
野菜は楽しみである 午後から メインガーデンの雑草取り 一日中 屋外作業に従事
した この屋外作業が更なる花粉症の激化に繋がったのであろう ステロイド系の薬が
あるが 薬の大嫌いなmonsieur 今年も・・・・飲まない事に決めた 

昨日の午後・・・・近くの幼稚園のお散歩で園児達の訪問があった Monsieurの心は
ほっこりに成った ランチはパーマン2号とWカツ カレーうどんを食べに行った 彼女
は介護の仕事を全力で行っているのであろう 残りの運動エネルギーは0状態 かろ
うじて彼女の体内に残っている位置エネルギーで やっと 帰宅している状態である

今の『そよ風は』6っカ所で満開になっている福寿草を見てほっこり 池のメダカの学校
を見てほっこり 愛犬の太陽の頭を良い子 良い子して ほっこり 喫茶室に入って 獏
さんの絵画 Monsieurの所蔵絵画を鑑賞してほっこり 妻のミッチョン桜のお持て成しと
愛情たっぷりのコーヒーを飲んで・・・・ほっこり ほっこり・・・・・

monsieur夫婦の目指しているほっこり ほっこり 4乗の『そよ風』の形が見えて来た
『そよ風』にはもう一つのほっこりが有ります それは石窯を使ったピザ&石焼き芋です
明日 H社の鈴鹿時代 Monsieurの弟のようにお手伝いをしてくれた後輩夫婦に 3月1日
にパーマン3号の雛祭りパーティーに贈るために石窯を焚きます

先週 知らない人から Monsieur当てに幻のピザ屋さんは『そよ風』ですか・・・・と
メールで問い合わせが有りました 運が良ければ・・・・monsieur夫婦のオリジナルピザ
&石焼き芋が食べられます 石窯で作る紅はるかは本当に芋羊羹のようになります 超大物
の紅はるかを石窯に入れて 明日(26日)ピザと一緒に石焼き芋を作る予定です

確かに Monsieurが気が向いたら石窯を焚きます Monsieurの気分次第ですので幻でしょう
Monsieurの腕は開発途上 材料は一級品ですが 出来上がりにむらがある事も事実 そうは
言ってもMonsieurの道楽 例え出来上が悪くても 街のお店屋さんには負けていない H社に
学んだ自負心が心の支えになっているからです

2015-2-25 Monsieur
コメント

思い出が勇気に・・・・

2015-02-24 08:26:25 | 日記・エッセイ・コラム
今朝(24日)からたっぷりと時間を使って庭を一回り ご支援の皆様の一本 一本の
記念樹を植樹した時も 陶板絵画モニュメントを造った時も 石窯&石窯部屋の完成時も
ガゼボが完成した時も 最新では ミッチョン桜と一緒に西望の母神臓を室内に設置し
た時も 楽しかったセレモニーが浮んで来ました 四半世紀の思い出が蘇って来た

庭師の最も大切な心構えは全ての作業時間に愛を込める事 心では解っちゃいるけど 
今年になって 体力の70%でブレーキを掛ける情けない奴 もう一人のmonsieurが現
れて来るのです 去年までは 夕飯を食べてバタン休状態 その結果 歯槽膿漏が蝕み
親に貰った大半の永久歯を失ってしまった事を思い出した

Monsieurさん・・・・『そよ風』は完成の最終段階に入っております 一回りして有難
い事に接する事が出来ました これ迄の思い出によって もう・・・・一度 我が身に
鞭を入れる勇気が湧いて来ましたね 今日は久しぶりに土方作業に本腰を入れましょうか
土壌改良作業を・・・・完成させましょう ね(っ)‼ 

Monsieurの金銭感覚は慎ましい事が解りました Monsieurが目覚めたら ヤカンストーブ
に火を入れる お湯が沸いた時点でミッチョン桜を起こすのが日課 燃焼中に何回も芯が
落ちて消えるのである 何回も繰り返す事によって 部屋中 石油臭くなってしまっていた
まだ使える 勿体ないと思ってしまっていた Monsieurの性格はケチのようである

昨日 ついにこのストーブの使用を諦めた Monsieurはこのストーブをガゼボに設置した 
設置理由に夢がある これからの季節は春爛漫 ここでお茶を沸かして 訪問者にお持て
成しをしたいと思っております 思い出を振返って これからのお互いの人生に静かに 
強く 勇気心を 熱く沸かす事が出来れば・・・・と思っております

昨日のガーデニング ①メインガーデンの雑草取り ②石油ストーブの購入(同じ会社の
シリーズ製品を購入 この製品を見ていると時代は大きく安全性と使い勝手の良さ そして
デザイン性の向上に舵を切っている

2015-2-24 Monsieur
コメント