gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

代替わり・・・・

2015-12-31 08:47:41 | 日記・エッセイ・コラム

今年の年末 正月の準備がこんなに早く終わった事が今迄に無かった メインガーデンも落ち葉の処理が終わって 冬の佇まいに成った                                                如何して・・・・・こんなにゆったりと正月を迎える事が出来るのであろう おせち作りの主役がミッチョン桜から パーマン1号婦人に                                             代変わりをしたからかも知れない 12月の20日過ぎて ミッチョン桜とパーマン1号の電話会談で決まったようです 昨日(30日)                                           パーマン1号ファミリーは築地に出向いたそうです 一味も 二味も違ったおせちに成るだろう

そう言えば・・・・昔の出来事である 紅白が始まっても 紅白が中盤に差し掛かっても・・・・年越しそばが食卓に上がって来ない                                            Monsieurがミッチョン桜に腹を減ったと言ったら・・・・無言で大粒の涙を頬に流してミッチョン桜が泣いていた お互いに若かった時代の                                           出来事であった ここで正月のおせちがミッチョン桜から次の世代に代替わりする事は良いタイミングである

居心地の良い人生を過ごすためにはMonsieurの経験に基づけば、3要素がある 努力と縁とタイミングである Monsieurは厳しい事と想った                                           事は何度も有るけれど、辛いと思った事は無い 何故ならば・・・・仕事と想った事が無いからである 人には話した事が無いけれど この子等の                                     幸せ作りに役立つのならば、オーバーに言えば 命も惜しくなかった もう一つ 好きな事を職業に持てたので 毎日の苦労が愉しかった 人様は                                       この苦労を努力と云うのであろう 自分が成長出来たのもこの楽しい苦労があったからである

苦労を楽しんでいる人には不思議に良き縁に恵まれる 学歴も無い 頼りが 六感のみのMonsieurが技術屋として周りの人が接してくれた 多分                                             これは推測である 35キロ過ぎて喘いでいたマラソン選手が観衆が水を差し伸べてくれるようなものであったに違いない 来年の初仕事は年を                                       越したら・・・・石窯を焚いて鯛のお頭を焼こうと思う お世話になった人々 ミッチョン桜 パーマン1.2.3号達 そして 孫達にお目出たい事                                     に巡り合って欲しいと願って 除夜の鐘を聞きながら 石窯を焚く事を決めている 除夜の鐘は良いタイミングである

来年は・・・・皆様に幸多き事を願っております

2015-12-31 Monsieur

コメント

俺なりに それなりに・・・・

2015-12-30 08:55:13 | 日記・エッセイ・コラム

この一年のガーデニング作業を振り返って見ると・・・・訪問者の多くの人から よく整備されている庭ですねと お言葉を                                                     頂戴するように成って来た 繰り言を言わず 力みもせず 飽きもせず 時の流れを俺なりに それなりに過ごす事が出来た                                            多分 これが幸せと言えるものだろう 飼育メダカの氷が解け ちちぃと鶯の笹鳴きがあり 俺好みの葉色から新緑が始める                                                  福寿草・水仙と続く この頃から 奥多摩の森から 清流の多摩川から『そよ風』が生まれ Monsieur夫婦の狭庭に春が来る

鶯に 好かれて嬉し 狭庭かな 【玉泉】                                                                      車椅子 押す手和らぐ 福寿草 【Monsieur】

今日は朝からのガーデニング作業は風呂の追い炊きから始めた 明日 孫達が来る予定である 臭いと言われるのが可愛そうなので                                                愛犬の太陽のシャンプーする事にした 愛犬の太陽は老犬のため4本足で自立出来ない状態である Monsieurは倒れ防止を計るため                                                『太陽』を跨ぎ・・・・シャンプーをした もう・・・・Monsieurにしか『太陽』のシャンプーは出来ないかも知れない                                               Monsieurも結構 太陽と同じ位・・・・辛い作業であった これからが 介護の本番と自分に言い聞かせながらシャンプーをした

今日の作業 ①H社の年末風景 職場の3S 喫茶室(ギャラリー獏=春日井誠の展示室)の整理・整頓・清掃 ②お年玉資金の準備                                              ③エクステリア器材(工具)の片付け ④孫達のために石窯を焚いて鯛のお頭作りのために鯛の調達

2015-12-30 Monsieur

コメント

ガゼボの蚊の対策・・・・

2015-12-29 10:08:58 | 日記・エッセイ・コラム

【そよ風】春の日は心地良かった ガゼボに 初夏を迎えてから・・・・薮っ蚊が現れた 殺虫ゾルを吹き掛けるのは地球上の                                               同じ生き物 気が引けるので蚊が近寄らないスプレーで対処していた 12月に入ってから 幾つかの文献を調べたら 蚊の嫌がる                                                植物がある事を発見・・・・ローズマリーであった ガゼボの美しさを損なわないような方式を日毎 夜毎 模索していた                                                 アイディアが浮かんで来た ガゼボの6本のポストの下部の外側に低い緑で覆われていたら 美しさと蚊の対策が同時に可能に成る

昨日(28日)の午後・・・・ホームセンターに行って煉瓦を16個+煉瓦加工鉢+ローズマリーを6株・・・・・購入した 店員さんに                                         ローズマリーの苗は何処にありますか 尋ねた 無いとのお答えであった Monsieurが愛車に戻っている最中に 小走りで可愛い声で                                           ローズマリーはここに有りますと・・・・声を掛けてくれた 優しい人であった ピザが好きとMonsieurが聞くと・・・・大好きと                                          即答があった Monsieurの住所 電話本号をお伝えした 昨日は良い人に巡り合った その内 【そよ風】のお見えに成るだろう

これで明日の早朝から ガゼボの改造が行なえる これで・・・・準備は出来た 良い事があった 帰りにパチに吸い寄せられるように                                  立ち寄った Monsieurはギャンブル運が無いようである 軍資金が減った 

今日(29日)は朝から・・・・ローズマリーをポストの下部の先端に煉瓦を積み上げ 煉瓦加工鉢を載せてローズマリーを植樹した 二つある                                          メインガーデン アーチの中央部にMonsieurが昔創った 下手な俳句の短冊を掲げた 『車椅子 押す手和らぐ 福寿草』(Monsieur)

2015-12-29 Monsieur   

 

コメント

現代の愚か人(№3)

2015-12-28 09:11:36 | エッセー

昨日(27日)パーマン1号夫婦の一粒種のR君を預かった 朝8時から 午後9時 バアバが風呂に入れた後 帰って行った                                               この孫が成人する時代は如何・・・・成っているのか 不安が過ぎった ①政府は下流の人に増税し 大企業を減税する応援団だし                                                ②国民不在で憲法を解釈改憲してしまう ③NHK始め日本を代表するメディアは官邸の報道局に成り下がっているし ④6人に                                             1人の生徒が生活困窮児 この子等の政策は皆無に等しい ⑤原発事故を忘れて いつの間にか原発が稼働し始めている

この暴走を許している人達の全てが 現代の愚か人である 次の世代のために行動を起こしましょう サイレントピープル軍団 ‼

パーマン2号はMonsieur夫婦の自慢の子である パーマン2号が愛しくてたまらない 娘盛りに良き縁談話しに目もくれず、視線は                                                いつも か弱き人達の注がれている 視線ならまだしも 24時間の行動の全てなのである 如何やら 売れなかった作家としての                                               正義感は尊敬に価していた父の血と誰にでも こんなに優しくしなくても良いのじゃないのと思う位 人に尽くした母の遺伝子を両方                                            引き継いでいる子なのである パーマン2号は自分の事を一番に出来ない生き方をしている 見方を変えれば・・・・現代の愚か人

パーマン2号よ 自分で決めた公立大学を十分な能力で卒業したのです これからは自分を最優先にして行動することを願っています                                             自分の好きな人生を 自分の愛する人と 思う存分 好きなだけ歩むが良い Monsieur夫婦の老後の心配をする必要はないからね

Monsieurさん・・・・来年も『次の主』を迎えるために一日一日を積み重ねて行きましょう・・・・か 今の段階は美的には綺麗の                                              段階が終わった 今年で美しいが終ろうとしている 来年は風格が出るような庭造りを行いましょうか 獏さんの絵とエクステリアの                                             達人の感性が融合できるようにコーディネートしましょう ‼ 来年の予定は繰り返しを含めて ①物置を『男の作業場』に変身                                                ②お爺ちゃんの日本間を茶室に改造 ③獏さんの大作をゲストルームに展示 ④お爺ちゃんの句集を出版 最重要⑤次のそよ風の主探し

2015-12-28 Monsieur                                                                                   

コメント

現代の愚か人(№2)

2015-12-27 07:15:07 | 日記・エッセイ・コラム

来年Monsieurは70歳を迎える 今ガーデニング三昧出来るのは理由はいくつかあるけれど、借金をしなかった事・・・・が                                           一番大きな理由に上げられるように思う 質素大好き人間の人がMonsieurの妻になったからでもある Monsieurは気が付けば、                                                超貧乏生活 母が借金取りに罵られても 平謝りをしていたのである 借金取りが帰った後 気丈な母が泣いていた どんなに                                                     辛くなっても 幼心にMonsieurは借金をしないと決めたのである

家の建設資金を銀行で借入金をしていたならば、人生で稼いだ費用の半分 金融会社に返済しなければならない Monsieurは                                                借入金が『0』である 今 ガーデニング三昧費用は銀行の返済金を使っているのである だから未だ 未だ・・・・余裕がある                                                  来年の計画は①旧物置を改造して『男のロマンの作業所』に大改造する ②日本間を改造して『文晁』の絵に相応しいような                                              茶室に変更する ③残ったら・・・・次の主のために 孫の成長にために使える様にしておく

如何して・・・・今回 『現代の愚か人』ブログを書こうと思ったのかというと パーマン3号がマンションの契約期間が来て                                                   マンションの購入を考えていると聞いたからである Monsieurは超貧乏生活が反面教師に成った だから・・・・今 老人の                                                                              悠々自適の趣味生活を楽しんでいられるのである パーマン3号ファミリーが正月に来たら Monsieurの齢になって下流老人                                             に成らないようにアドバイスをするつもりです

友の顏を浮かべながら 元気でいるかな・・・・と思い浮かべて年賀状を書いている 大半が分譲住宅に住んでいた 我々世代は                                              子育てが終わっている 家族構成は老人二人 先輩達の中には一人暮らしの人もいる 華やかだった分譲住宅はスーパーが撤退                                         高齢者がひっそりと暮らす・・・・生活困難地区に成っていた 友人を訪ねたら・・・・淋しく空き家が増える一方と言っていた                                                 Monsieurの脳裏に・・・・タワーマンションを購入した人達の地獄絵図が浮んで来るのである

パーマン3号夫婦・・・・持ち家は大賛成である 一つだけ条件がある 金融会社からの融資を受けるなである Monsieurは企画                                            作業が得意である ①夢実現の最終絵を描く そして年月を遡って今の自分に自分を当てはめる ①ローンが支払い終わった時                                              夫婦共々はmonsieur夫婦のように高齢者に成っている ②マンションは高額な修繕費用が必要に成って来ている ③売却を考えても                                            3軒に一軒は空き家なのである パーマン3号よ 現代の愚か人に成るな ‼ 資本主義社会の嘘の幸せに・・・・・巻き込まれるな‼

2015-12-27 Monsieur 

コメント