gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

石窯の火入れ・・・・

2009-06-30 06:44:26 | インポート

今日の朝 山帽子は1階の事務所に降りて来ると煙の匂いが漂って来た

6月29日 お猪口に僅かに入ったお酒が参加者に配られ、カンパ~イ 祝杯を挙げ 石窯の火入れ式を行いました  昨日は大安でお日柄も良かったので 石窯の火入れ式を執り行いました エクステリアの達人とどんぐりちゃんによって 石窯の四隅と正面にお酒とお塩によって清められ、明日の幸せをみんなでお祈りいたしました 

火入れ式は石窯内部の型枠材を焼却する事も目的の一つでした 無事に焼却出来ました 窯内部の暫定的な温度計測を行いましたところ、パンやピザを焼き上げる温度が確認出来ました エクステリアの達人の安堵の笑顔 どんぐりちゃんの嬉しさの充る笑顔 本当に印象的でした 多分 山帽子の顔は安堵と喜びが溢れていたに違いない 今日から、インテリア、エクステリアの工事を最優先で進めますが 合間を縫って 最適な燃焼方式を探し出すトライ&エラー作業を進めてゆく予定です

火入れ式のためのお酒とお塩はどんぐりちゃんのお母さんから提供されたものです 娘の幸せを祈る母 期待に応えようとする娘 そしてサポートに廻る友人達 昨日の『そよ風』には心を清める 優しさが心に滲み込む 人情の風に包まれ、そして心地良いそよ風が吹き渡って行きました

2009‐6‐30 山帽子

コメント

『ドキ ドキ』の樹・・・・

2009-06-29 08:10:44 | インポート

山帽子とエクステリアの達人の二人連れの丸二日間・・・・楽しい再会旅行が無事に過ごす事ができました 良き友のお力添えによって『そよ風』に新しい樹が生まれました それは明日への胸の高鳴り、『ドキドキ』の樹です

27日午前4時 青梅発 信楽の陶芸家の小原さんを訪ね、玄関アプローチ設置の花台製作の御礼 そして『そよ風』スタッフ会議用のコーヒー&ティーカップの調達 気が付けば、信楽で4時間以上が経過

鈴鹿の先輩宅を訪問して、最高品質のエビネ蘭の調達、栽培施設の設置アドバイス並びに日常管理の実演 ここでもサプライズが有りました 先輩のお嬢様がパンの製造、販売店を経営されておりました パン焼き作業の楽しさ 厳しさのお話し 施設の見学 そして 有り難いアドバイス 時間が飛ぶように過ぎる とうに2時間以上が経過

夜になって 獏さん宅を訪問・・・・10月4日の『獏さんと桑山さん』のジョイントイベントの企画会議  午前2時過ぎ 終了・・・有り難い皆様に感謝しながら・・・・就寝

午前9時に獏さん宅を出発 中央道を走りながら 『ちょっと贅沢をして帰ろうか・・・・』達人と相談 急遽 日本海の芭蕉の『荒海や・・・・・出雲崎経由 寺泊で海鮮料理の昼食で意気投合 途中トイレ休憩でドライバー交代 一直線で高速移動 寺泊で『漁り火定食をゲット』 まっしぐらに帰宅走行 午後8時過ぎ、青梅着 青春回帰旅行は無事完了・・・・!!

今日の予定は・・・・石窯の型枠の焼却 明日の燃焼テスト準備

2009‐6‐29 山帽子 

コメント

「そよ風」ホームページ作成のお話ー続き

2009-06-28 08:03:26 | インポート

今日も私「影法師」の代筆になってしまいました。昨日のテーマの続をお話しさせていただきます。専門的な話題で申し訳ありません。

④ホームページ作成の大変な点

私のホームページ作成には大きく次のようなステップがあります。

1.Adobe Photoshopでホームページ構成部品を作る。
  (ホームページで公開するファイルサイズ、ファイル形式で保存)

2.DreamweaverでCSSレイアウトを作成し、Photoshopで作った部品を配置する。

3.Dreamweaverで文書入力し、部品、文書などレイアウトの調整を行う。

4.Dreamweaverで一旦全ファイルを保存し、ブラウザでプレビューする。
  (インターネットで公開したときのシミュレーションができます。)

5.FFFTPというソフトでDreamweaverで作成した全ファイルをFC2サーバーへ
  アップロード(送信)する。

このステップの中で

1.Dreamweaver上で作成したレイアウトとデザイン
2.Dreamweaverのブラウザでプレビューしたレイアウトとデザイン
3.サーバーにアップロードして公開したレイアウトとデザイン
4.異なる種々のモニタで表示した時のレイアウトとデザイン
5.異なるブラウザ(インターネット表示ツール…FireFox、Safari、…)で表示された
  レイアウトとデザイン
がすべて同一であれば問題はないのですが、

Dreamweaver上で作成したレイアウトが全く問題ないのにもかかわらず、
実際に公開するとばらばらに崩れていることがよくあります。
現在のパソコン、モニタの表示では全く問題ないのに、他のモニタではとんでもない
表示になっている、I-phoneのSafariでの表示ではまたとんでもないことに。

ここから原因の解明と修正に悪戦苦闘することになります。
一応すべて確認するようにしています。

⑤ホームページ作成で将来プロとしてやっていけるか。

結論は「否」です。
問題は開発期間です。現在1年掛けて「そよ風ホームページ」を完成の形に
したいと考えていますが、最低でも3ヶ月でしょう。
私一人ですべての領域をこなしていますが、全体企画、プログラマー、イラストレター
の3人の専門スタッフが必要かと思われます。
利点は物、材料が必要ない、パソコンとソフトとノウハウがあれば良いということです。
あとメンテナンス領域(記事、デザインの更新、改廃)が残ります。

趣味、ボランティアなら全く問題はありませんが、プロとして生計につなげる、
お金を稼ぐとなると別次元の話になります。

⑥今後の抱負

年内を目標に「そよ風ホームページ」を構成する全要素を仕上げて完成させることです。
(構成要素の見直しはあります。)
来年は私自身、どうなるか分かりませんが次のステップとしてAdobe Flashというソフト
を使用しての動的な表現、アニメーション、JavaScriptプログラムによるアクションなどに
取り組んでみたいと思っています。

では、こんなところで失礼いたします。

2009-6-28
影法師のテクノ京

コメント

「そよ風」ホームページ作成のお話し

2009-06-27 07:39:58 | 日記・エッセイ・コラム

今回は山帽子さんより記事の代筆を依頼されてしまいましたので、久々に又私「影法師」(テクノ京)の出番となってしまいました。申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
「そよ風」ホームページ作成が現在私のメインテーマとして進行中ですので、思いつくままこのテーマでお話しさせていただきます。

①ブログも同時進行で作成していますが、ブログとの大きな違いは

ブログは基本的に1ページのみです。ファイルとして意識することはないので、誰でも記事を書いてすぐに公開できます。この簡便性、即応性が魅力です。
ホームページは専門的知識が必要ですが、TOPページを含めて、無数のページを作成でき、相互にリンクを張って膨大なツリー構造を構築できます。
又、多様な専門ソフトを使用して、自由なデザイン、レイアウト設計ができ、動的表現も可能です。

②9年前にホームページを作成、立ち上げて止まりましたが、今回との違いは

使用している主なソフトはAdobe Photoshop(部品作成)とDreamWeaver(ホームページ作成)でバージョンは違いますが、過去も現在も同じです。(機能は進歩しております。)
考え方の大きな違いはレイアウトに関することです。
ディスプレイ(モニタ)の中で、どの位置に、どのサイズで作成したものがどう表示されるのか
が全く解らなかった。
又デザインレイアウトとしてヘッダー、サイド、メイン、フッターなどのコンテナをどう配置するかなどの考えが全く無かったことです。
現在、専門的になりますが、CSS(カスケードスタイルシート)を使用してレイアウトをきっちりデザインすることから始めています。

余談ですが、私は現在パソコン学校に通学して、建築CADの勉強中です。
今年9月でなんとか終了予定(2年通学)ですが、この学校のホームページ作成講座でも
Adobe PhotoshopとDreamweaverの構成になっております。

③今回のホームページ作成のアプローチ観点

基本的仕様、ヘッダーとフッター部分は共通でTOPページにいつでも戻れる、ブログページのサイトへジャンプできることを考えております。
全体サイズ、メインについてはページ、ページで個性を持たせる仕様、背景デザインを変える、ボタンデザインを変える、全体の幅、高さを変えるなど、ヴァリエーション変化を意識しています。逆にこれが苦戦する要因にもなっています。

今回はこんなところで失礼いたします。専門的な話になってしまい申し訳ありません。

2009-6-27
影法師のテクノ京でした



コメント (1)

影法師さん・・・・へ

2009-06-27 03:38:49 | インポート

影法師さんへ・・・・玄関アプローチの花台の御礼と10月4日の獏さん+桑山さんのジョイント イベント『国道沿いの擁壁画』の事前準備と除幕式の打合せにエクステリアの達人の中村さんと一緒に行って来ます 身体の調子が良かったら 『そよ風』ブログをお願い致します

追記項目 1、29日は石窯の火入れ式(燃焼テスト)を行う予定です

2009‐6‐27 山帽子

コメント