gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

今年もあと数時間・・・・

2016-12-31 09:18:24 | 日記・エッセイ・コラム

本日(31日)も快晴なり Monsieurのガーデニング作業はお日様の日の出を待って ①メインガーデンにアクセサリーの                                               飾り付け ②ガゼボに置いてあった作業工具 植木鉢の整理を行った ③春日井誠の作品展示室(喫茶・談話室)に新年を                                              迎えるための生花の飾り付けを行った 花器は銀の大きめのコーヒポット ミルクポットに活けてみた Monsieurはトレバト的に                                              自己採点してみたら 凡人を少し超えた才能の有に入るのではないかと評価した 銀のコーヒーポットの花器はバッチ・グー

9時20分から・・・・ブログの更新作業を開始

今年の最後の花壇 国道411号線の擁壁の上に造った花壇である 長さ13メートル 幅1.7メートルの花壇である アクセサリーを                                               飾り付けた後 国道の歩道沿いから庭を見てみた ちょっと興奮して来た 擁壁の高さとメインガーデンの高さのバランスが最高で                                           あった 凡人であるガ―デニストのMonsieurであるが 好奇心 探求心を掻き立てるような・・・・覗き見感を覚えた 朝陽に                                            映えて 庭が美しく見えた 昨夜は冷えた メインガーデンの霜柱の上を歩く感触が冬 冬そのものであった

ミッチョン桜は眼科の診療を受けるために ピザ焼きは延期する事にした 今日は大晦日・・・・眼科は休みのようである 予定を                                             元に戻して 遅くなってもピザ焼きする事にしようと思っている 孫に手伝わせてピザを焼く予定である パーマン1・3号婦人の                                                     実家にお持ち帰りをしていただこうと思っております 

本日の午後 孫が来ます 大きな苺の甘王と普通の苺の栃乙女を用意しました 人生ゲームをするためです 甘王を取るか 栃乙女を                                           取るかを試します 孫の選択が始まる前に 大きな苺は誰でも食べたい けれど・・・・人が喜ぶために大きな苺を譲る事も尊い                                            事であるとMonsieurが話したら・・・・孫達はどのようなチョイスをするのであろう 選択理由を如何・・・・話してくれるのであろう                                        パーマン3号の長女のチョイスが楽しみである 彼女は医者を志しているらしいので ナイチンゲールの資質が有るか 楽しみである

2016‐12-31 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Monsieur家の重大ニュース

2016-12-30 09:53:34 | 日記・エッセイ・コラム

世界が厳しくなって 大変動している最中 今年の一年間も 例年以上に縁を分かち合っている・・・・方々と共に                                                 Monsieur家一同 無事に 安寧に過ごせました 有難うございました 感謝申し上げます 本年度の精神的な変化の                                                    一番目は技術屋としてのお礼奉公作業が終了した事 2番目は『そよ風』を未来の人に全力を傾注して創り上げ・引き                                               渡す決意が新たに生まれ 強くなって来た事 SMAPの詩のように 世界の一つ Monsieurのオンリーワンを目指す ‼

今年を振り返って見ると(思いつく儘に順序を列記)                                                                                               ⒈お爺ちゃんが百歳を迎えた4月・・・・念願の『お爺ちゃんの句集の出版』が出来ました                                                                     ⒉16年間 連れ添っていた愛犬の太陽 10月お別れがありました                                                                            ⒊パーマン2号によって愛犬の『太陽』の絵本を製作してくれました                                                                       ⒋家庭菜園に新メンバーのS子さんが加わっていただきました(パン作り学校に通った人⇒石窯の使用拡大があるかも)                                                                 ⒌パーマン1号 カナダへ・・・・2ヶ月の教育研修                                                                   ⒍石窯部屋の屋根の雨漏れ対策&おじちゃんの部屋を茶室に改造・・・・H社の後輩のお父さんに工事(大工)をしていただきました                                                               ⒎MonsieurのH社の戦友(小田垣邦道)・・・・タイトル名⇒ユリシーズ(オデッセー)を文芸社から出版 Monsieurは大沢で登場                                                                        ⒏記念樹の植え替え&庭の大幅なレイアウト改造工事                                                                                   ⒐喫茶室に新ブロンズ購入&設置 獏さんの絵画の入れ替え                                                                                      ⒑応援企業の資産運用・・・・今年はプラスで終わりそう! 来年は夫婦旅行を計画しましょう。。。。ね(っ)‼

今年は最後のガーデンの仕事は⒈後片付け(盆栽用土の処理 ⒉ボロボロの青色シートの廃却・・・・等 ⒊花の購入                                              ⒋明日のピザ焼き食材の購入

2016‐12-30 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国道沿いの薔薇フェンス・・・・

2016-12-29 07:52:10 | 日記・エッセイ・コラム

今朝(29日)庭を一回りしている時 知人の紹介で『そよ風』訪問があった料理人を思い出しました 東北大震災でお母さんを                                                        福島に残し 都内の有名なK病院の料理長をしている人でした 週末は福島通いをしていた お母さんの看病が一番の仕事と思って                                                    K病院を退職したそうです 介護の甲斐が無く お母さんは他界 その時の春爛漫の季節に『そよ風』訪問があったのです 経歴を                                                    聴いて 尚ビックリ Pホテルの料理長をしていた人でした この『そよ風』は隠家のレストランに最適 使わせて欲しい ❕

昨日(28日)一日・・・・国道(411号線)沿いの薔薇のフェンス チャボ桧葉の間に7本の・・・・ピンクの一重の薔薇                                               イエスタデーを7株植樹しました チャボ桧葉の下枝を伐採処分したので 風通しが良くなりました 白みがかった朝 国道                                                沿いの歩道を歩いてみた 覗き見しなくても『そよ風』の庭の全貌が手に取るように見えた 7カ所の各休憩施設の佇まいが                                            美しく そして 慎ましく Monsieurのフラッシュ アイディア―が又一つ 陽の目を見る事が出来ました

フェンスの塗装用塗料を買いにホームセンターに出掛けました これ迄の塗装色と異なるために 歳末の貴重な時間を無駄                                               遣いをしたようです 白髪染めを買って・・・・帰宅 風呂を沸かし ゆっくり浸かって・・・・ストレッチ+白髪染め                                                  見た目 Monsieurは10歳・・・・若返ったようです 今日は大掃除にに全力投球しようと思っております ①31日の大晦日                                                  パーマンの孫達と一緒にピザ焼きの枯れた剪定枝集め ②ガーデニング機材の整備&清掃 ③石油+仏花の購入

ブログを更新している時に料理人の彼を思い出した 彼の申し出を断った事が『そよ風』の未来にベストの選択であったのか                                          断った理由は簡単であった 『そよ風』は障がい者の自立支援を考えている 『お主』の事業が軌道に乗ったら・・・・この事を                                                               考慮してくれるか・・・・と尋ねた 彼は迷っていた その後 この話が絶ち切れになった 彼のキャリアからしても 障がい者の                                         支援は簡単な事では無さそうである 夢は簡単 現実の世界はMonsieurさん・・・大変な事ですよ ❕

来年の初夏 この薔薇の心優しいピンクのイエスタデ―が咲くころ 心の中にある切ない思い出が 障がい者の自立支援の施設                                                として Monsieurの夢が 夢が叶うかな 叶う・・・・と良いね ❕

2016‐12-29 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星降る夜明け そして・・・・

2016-12-28 09:09:29 | 日記・エッセイ・コラム

今日(28日)は星降る夜明けであった そして 東の空は白みかけて来た 真っ赤な太陽が上って来る事は確定的である                                                         昨日は南風 すっかりと風の向きが変わって 秩父下し・奥多摩下しが吹き抜ける夜明けであった 

昨夜の未明から・・・・心は何処にあるの? 天国と地獄は本当にあるの? うつらうつらしている時に ミッチョン桜は                                                                    2階で一時休息したようで 午前2時30分に3階のベットに戻ってきた 直ぐさま深い寝息でなっていた 室内の掃除器具を                                                       レンタルしているようである 返却期日を迎えたのだろう いつもの月末のように 室内の大掃除をしていたようである

妻は安心から生まれた深い眠りである 寝息を聴きながら 連れ合いの役目は果たしている 小さな幸せを感じながら・・・・                                                    いつものように天井を見上げながら 未明の自問自答に答を求めていた この二つは人間にとって難しい課題であるに違いない                                                            心は生きているのであるから 今迄の自分の経験・知識・・・・等の集積回路の量と記憶の深さから醸成されるものである                                                       だとすると・・・・心はハートに非ず 頭の細胞の中の記憶と未来志向の中にある 

次に天国と地獄は・・・・死んでしまったら 本人の心が全て消去されてしまうのであるから 天国には地獄も天国も存在しない                                                    この世に有って 生き方の選択によっての結果 天国と地獄が生じるのである 天国には無い 親鸞のように キリストのように                                                     いくら見えない神に 仏に祈っても無駄な行為である 天国は実に身近なところにあるのである 自分の遣りたい事に満足して次の                                                           時代を引き継ぐ人に貢献できる生き方をしている人である その周りの人達は天国で生活しているのである

昨日の引き続いてメインガーデンの国道沿いの花壇の仕上げ作業をするために庭に出た 真っ赤な太陽が昇って来た Monsieurは                                                     寒さにシャキッとした 今日も幸福になれると 幸福な一日を過ごせる 明日も幸福な一日が来ると思える 何故ならば・・・・・                                                昨日よりも 今日の一日を使って庭を美しく出来るからである 明日はもっと美しく庭を仕上げる作業が続けられると思えるから                                                である 地獄を経験した人は天国の有難さを 小っちゃな・・・・幸せをかみしめる事が出来るのである

昨日(27日)のガーデニング ①チャボ桧葉の下の枝の処分 ②薔薇の植樹場所の紫蘭の除去 ③バアバと孫の花壇の薔薇の                                                         イエスターデーの3本を移植準備

2016‐12-28 Monsieur 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

拘りなさい・・・・❕

2016-12-27 09:06:50 | 日記・エッセイ・コラム

最近のMonsieurは肉体的に暴れはっちゃく状態である 何かに没頭していないと・・・・この儘 認知症に                                                      成ってしまいそうな怖れを心の何処かで察知しているのであろうか 何かに縋りたい 縋っていたい気持ちの                                                     反動なのかもしれない Monsieurの父方の4代前は和歌山の豪農であったらしい 宗教に嵌って 田地・田畑の                                                  全ての財産を宗教団体に寄付 某有名な宗教団体の位は3番目に納まったとか

Monsieurさん 幾多の苦難山河を乗り越えて来て 何かに縋りたいという心は人生にとって大切な節目なのです                                              この縋りたいは何処かに満たされていない心模様の表れなのです Monsieurさんに相応しい心の支えは 縋りたい                                             じゃなくて・・・・美しい庭造りに拘れば良い この心の弱さの解決法はこの拘りを貫く事でしょうか 今日の                                                   未明の天井を見ながらの・・・・自問自答の結論を得ました

そうと 自分自身が思えば 納得すれば、Monsieurはブルドーザー体質です 今日(27日)朝早くから 国道沿いに                                                  薔薇のイエスタデーフェンスを作る作業に全力投球 午前9時 西空に大きな虹が掛かりました ミッチョン桜に連絡                                                     奥多摩・秩父を西空を見上げたそうです見た 小雨から・・・・本降りに変って来ました 午前10時 強い雨で                                                                   Monsieurは濡れ鼠に成った もう少し頑張れという もう一人のMonsieurがいうのですが 一時中止 ブログを更新

Monsieurの拘りが この『そよ風』が次の人達の極楽に成る 極楽が造れる あと4年間・・・・本気モードになって                                                  頑張りましょう ゴルフレッスンを興じる時間は無い・・・・と思うべし Monsieurさん解った ね(っ)(!)                                                  汝はガーデニング三昧で過ごしなさい この『そよ風』を人が喜ぶ桃源郷を創りなさい 家系の中に宗教に狂って嵌って                                                    次の世代が路頭に迷った Monsieurさんの生き方は4代前のお爺ちゃんの教訓を生かす生き方 そう 思いましょう‼

自分の極楽を求める人は極楽の手前までしか辿り着けない 次の人の極楽創りは楽しい 極楽に行けないかも知れない                                                 けれど 今の気持ちは今日の虹のように濡れ鼠に成っても・・・・清々しいでしょ ね(っ)‼ 仏で言う極楽浄土の                                              方向は虹の出た方向です 今日 明日 この気持ちを持ち続ければ・・・・Monsieurさんは幸せな人 ❕

2016‐12-27 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加