gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

トラウマ・・・・克服!

2016-11-30 08:51:37 | 日記・エッセイ・コラム

Monsieurは白髪に成りすっかり老化スピードが上がって来ているようだ 日没が近付いているのに一日の予定作業の                                                                     目途が付かない状態である 客観的に見れば、古希を過ぎれば、当たり前である 父の住む天国の世界に近付いている                                                            最後は楽しく終わりたいので Monsieurさんの最大のトラウマ・・・・お酒のトラウマを克服しましょう・・・・‼

強い雨の日は傘が無い事と雨漏れ処に鍋を置く役割りを持たされていたので学校を休んだ 100メートル隣の                                                       お姉さんからいただいた赤線の引いてある教科書が先生代わりをしてくれていた 泥酔した2階の父から水を                                                            運んで来るようにだみ声が飛んで来た この時を忘れもしない 父との乱闘が起こった

この事件 お酒が人生を真っ暗にする 思春期のMonsieurに心に大きな傷跡を残した 昨日(30日)の未明の                                                       夢の中で父が出て来て褒められた 名前を変えても良いけれど 養子には成るな 妻のご両親が一生楽しんで                                                   くれたならば、お前さんの人生は人はどうであれ、お前の人生を振返って時 夕陽は明るく 輝いている筈

一族をまとめ パーマン達を無事に社会に送り出した 良い友人にも恵まれた 本当によく・・・・頑張ったと                                                   誉められた 友人達を招いて夕陽を眺めながら チーズと石窯で天然酵母パンを焼いて そして冷やしたワインを                                                    注いで・・・・乾杯(‼) 学歴は無い 体力で生きて来たMonsieurを支援してくれた友人に感謝しましょう

お日様と緑陰の中で友(戦友)と一緒のワインで一緒の時間を過ごす これが一番幸福な人生・・・・・だ(‼)                                                     Monsieurがガーデニングを始めた四半世紀前頃にフランスのガ―デニストの言葉を思い出した そう言えば                                                ミッチョン桜の考案の無花果の赤ワイン蒸しは大評判である 友を呼んで トラウマ解禁宣言をしましょう・・・‼

2016‐11‐30 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内緒話・・・・

2016-11-29 08:14:55 | 日記・エッセイ・コラム

先日の芋煮会でパーマン3号の長女と内緒話をしました 大きくなったら・・・・何に成りたいのとMonsieurが聴きました                                                      小学一年生になっているのですが 答えは変っておりませんでした 一番目は医者 2番目は動物の飼育員 三番目はパテシエ                                                       Monsieurの血を引いているのか 生き物大好き人間でした

動物は何が好きなの・・・・孫との内緒話は動物は何が好きです・・・・か え~と 今度来る時までに考えて来る これが                                                   彼女の答えでした この子は巣から飛び出した雀の子を拾って来て 餌を与え 大きく育てて 野に返した事がありました                                                       優しい子です 最初に成りになりたい・・・・を聞いた時から 医師に成りたいは変わっておりませんでした

この子の事だから 小鳥? オームであるなら・・・・大型 セキセイインコならば、小型の鳥籠を二つ用意しました もしも                                                     ウサギであるならば、適当な小屋を作ってあげる必要があります 基本設計図を描いて 置き場所&材料出しを行う予定です                                                      命の大切さ 尊さを心と頭で理解しているのでMonsieurは嬉しくなっております この機会に体験させて習得させてあげたい

monsieurにはチャボの大ジャイモンを供養をしておく必要があります H社時代 S工場に転勤してきた時に今 流行りの                                                      自分ファーストの上司でした 転勤してきて以来 この上司から解放されるまで Monsieurはストレスによる口内炎が消えた                                                  事が無かった この時にチャボの番を飼っていて雛が孵り オスが生まれると大ジャイモンの攻撃に雛が晒されておりました

この光景はMonsieurが職場で仕事をしている環境とよく似ておりました 虐めている大ジャイモンが小狡い 自分ファーストの                                                     上司に見えて来て 憎んだ事がありました 生き物の節理 大ジャイモンに全く非はありませんでした 内緒話の飼育動物が                                                          出て来なかったら Monsieurはチャボのつがいを飼って最高の環境を作って 大ジャイモンを供養しようと思っております

この結果は年末・年始に孫が来るので・・・・飼育動物が決まります まさか・・・・ロバという事は無いでしょうね ‼

2016‐11‐29 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

哀しみよ‥‥こんにちは ‼

2016-11-28 08:09:21 | 日記・エッセイ・コラム

季節も晩秋というよりも 初冬と言った感じ Monsieurの年齢も 夢の木の葉が色付きが終わり ひとつづつ                                                  木枯らしによって風に舞い落ちて 裸木に成って行く 初冬に入っている感じ Monsieurの今が旬の言葉に                                                     例えると寒し 冷たし 凍る 冴ゆが適当かな・・・・? 

Monsieurの特徴を生かして・・・・『そよ風』メンバーに支えられている 根明である 苦労の隣にいる事が                                                      好きである 時には山のように動かない事が出来る 哀しみの年齢を逆手にとって 季語に例えると 寄せ鍋                                                          冬ぬくし 小春 山眠るが適当かな 別の言葉に置き換えてみると 哀しみよ・・・・こんにちはである

次の主に贈るために用意した薩摩の大きな花瓶に 時が来れば、いつかは花が咲くように 苗をいっぱい作って                                                   保管しましょう 即ち哀しみよ・・・・こんにちはである ①庭を美しくしましょう(その1⇒空間を作りましょう                                                    その2⇒日当たりを考えて植栽を植え換えましょう その3⇒土質にあった四季の花を咲かせましょう)②貯金

哀しによ・・・・こんにちは と言い切れる生き方は昨日は過去 今日は明日の夢を先取りする作業を行う日 即ち                                                   今日の自分が 今の自分が旬と言える生き方である 昨日より Monsieurは庭の空間づくりを行っております 第一                                                弾として正面アーチの東側のポストの植栽の植え替えにチャレンジ 柚苗を2本発見⇒『ほっこり庵』に移植

哀しみよ・・・・こんにちは ‼ この言葉はMonsieurの初冬の心にお日様が差し込んできた感じ 今日(28日)は                                                      太陽広場を広く作り直しましょう 避暑対策で植樹した無花果を処分して空間を創りましょう

2016‐11‐28 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飾り場所が無くなってきた・・・・

2016-11-27 09:04:00 | 日記・エッセイ・コラム

次の主への夢の保管場所と思って薩摩焼の大きな花瓶を購入した 【1案】お爺ちゃんの部屋を改造した茶室 【2案】                                                3階のゲストルームに置いてみた 花瓶の主張が強すぎる 【暫定の3案】Monsieurの道楽部屋のパソコンデスクの横に                                               置いた ここに飾り付けても お互いの作品が喧嘩状態になっていて しっくり来ない 違和感さえ覚えて来ている                                                既にこの花瓶の置き場所が無くなっている どこも かしこも・・・・飽和状態である事に気が付いた 

『そよ風』の敷地は約300坪 建物は33坪の3階建て 家庭菜園は80坪 残りを駐車場を含めてガーデンにすると                                                    大まかな値は190坪 メインガーデンは90坪 ほっこり庵が30坪 中央から西側の出入り口に繋がるお爺ちゃんが                                                創った日本庭園が50坪 残りは家庭菜園と建屋の境界線の薔薇回廊+南側の極上のカフェテラス+その他 『そよ風』                                               施設の概要であります メインガーデンの中央部にガゼボを建設しました Monsieurのお気に入りの施設です

Monsieurの一階の道楽部屋(喫茶室=春日井誠の作品展示室)の広さは石窯部屋+洗面所を含めると100平米 西側の                                                     南北の10メートルの陰に春日井誠の作品(新作)南側から東側の壁にMonsieurの購入した作品 床面にはデトロイトの                                                   ホテルの大型ソファー⇒1式と食事用の椅子とテーブルが⇒2セット この部屋の3カ所にブロンズが⇒3体 その他に音響                                                 設備 父からの送られた宇野浩二全集 斎藤茂吉 永井荷風の全集 それに入れ替えた絵画が壁に凭れかかっている

Monsieurさん 昨日のブログで脱・・・・断捨離を語っておりましたが 捨は取り入れるべきではないでしょうか                                                  特にMonsieurの道楽部屋の作品は次の主が如何するのが一番良いのか 困惑してしまうだろう ここは冷静になって                                                   未来志向で対策を要する 身を削る思いを持って・・・・捨てる事に取り組みましょうか 少なくても 今後 素晴らしい                                                  作品に巡り合っても もう・・・・購入はしない事 ‼

2016‐11‐27 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日『脱・断捨離』・・・・宣言

2016-11-26 08:41:05 | 日記・エッセイ・コラム

夏の盛りの頃 有難い事にH社から 関東地区に在籍する喜寿と米寿のお祝い会を開いていただいた この会で参加者の                                                  一人から これからの人生の過ごし方は断・捨・離が目標ですと挨拶があった エンディングノートを書いているmonsieurに                                               とって心に強く衝撃を受けた それ以来 Monsieurの行動の一つ一つが 断・捨・離の言葉の制約を受けているように思える                                                     これに撤しれば、仏に近付くかもしれないが 煩悩人が渦巻いているmonsieurの人生に相応しくないように思えて来ている

本社の社長室に飾られているオヤジ(宗一郎)の写真の前で参加者の記念写真を見直してみた おやじさんの満面の笑顔の写真                                                である この笑顔は断・捨・離によって造られたのもではないように思えて来た 好奇心&探求心の固まりから 作られた笑顔                                               直面した困難を喜びに変えた生き方から 生まれた笑顔ではないかと思えてならない しかも 困難を共にして得た功績を全ての                                              人に分け隔てなく己の分まで分配した オヤジさんの笑顔は共に生きた人の笑顔であるに違いない

今のmonsieurさんの笑顔は作り笑顔のように淋しさと同時に悲しい表情が隠れております オヤジの言葉の一つが『そよ風』を                                                作る切っ掛けになった オヤジさんの言葉は歳を重ねたら 『人様に喜ばれる事をすると良い人生に成るよ』 支援をしていただ                                               いてるメンバーの方々の力によって 『そよ風』の施設が整って来られた 何事も終わりに近づいた時『半ばと想え』の教えに従って                                            オヤジさんの好奇心&探求心の遺伝子を再注入‼ Monsieurさんにとって断・捨・離を取り入れる年齢にはちと・・・・早過ぎる

昨日(25日)薩摩焼の大きな花瓶が届けられた 絵の金彩画は幸せの象徴の御所車を選んだ 55センチの完品である 購入理由は                                               これから『そよ風』を使う人達に幸せを貯め込むための貯金箱にするためです Monsieurさんには親爺さんの天国行った年齢までは                                           一働きが出来る時間が有ります もう 一度 もう 2度 それ以上 好奇心&探求心をMonsieurさんの心に強く呼び込みましょう                                       『そよ風』を更に深化させるために ね(っ)‼ H社時代を思い出して 求めるものは本物 本物を作るための失敗は価値がある

今のMonsieurさんには断・捨・離は早過ぎる 本日 Monsieurは『脱・・・断捨離』‼を宣言 もう少し 生身の泥臭い生き方                                             微力故に試行錯誤が日常茶飯事に直面するだろう Monsieurさんらしく 試行錯誤にチャレンジしましょう・・・・‼

2016‐11‐26 Monsieur

コメント
この記事をはてなブックマークに追加