平地治美の漢方ブログ 

漢方(漢方・薬膳・鍼灸...)全般についてのブログです。コメント大歓迎。


2019年2月23日(土)朝日カルチャー新宿「漢方薬の知っておきたい副作用」

2019年02月05日 | 学会 勉強会 お知らせ
漢方薬の知っておきたい副作用

土曜 16:00-17:30 2/23

自然の生薬を組み合わせてできた漢方薬。西洋薬と比べると穏やかな効果ですが、全てが安全という訳ではありません。効果のある薬に、副作用というものは付き物です。
正しい効果や自分の身体を守るために、甘草や麻黄をはじめとした副作用を起こしやすい生薬を知り、服用の注意点を学びます。また、民間薬との違いも解説します。

会員 3,240円
一般 3,888円

お申し込みは朝日カルチャー新宿にお願い致します。

コメント

半夏

2019年01月21日 | 生薬

(画像の無断使用はご遠慮ください)

今回の展覧会に出したカラスビシャク、(生薬名:半夏)です。
庭に生えていたものを描きました。

ところで〝ヘソクリ〟という言葉はこの半夏に由来するのをご存知でしょうか。

臍の緒のような細長い茎の先端に付く小さなクリのような根茎が半夏です。
半夏は真ん中がまるで臍のように窪んでいます。
昔の農家の人たちは、畑仕事の合間にこっそり貯めて薬屋に売り、秘密のお小遣いにしていました。
そこから内緒でお小遣いを貯めることを“へそくり”というようになったのだそうです。
(他にもヘソクリの語源には諸説あるようですが、漢方ファンの私はこの説を支持します)

半夏は

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう)
二朮湯(にじゅつとう)
小青龍湯(しょうせいりゅうとう) 
釣藤散(ちょうとうさん)

など、多くの漢方処方に配合されます。

余分な水を捌き胃を守ってくれる半夏。

しかし毒もあり、生薬を口に入れるとイガイガとした感触がしばらく続きます。

昔は生徒さんに食べさせて面白がっておりましたが(自分もかつて先輩にやられたので)
現在はパワハラになる恐れもあるので「自己責任で希望者のみ」味見していただいて
おります(笑)。
コメント

ボタニカルアート展覧会

2019年01月20日 | その他
明日から京橋でボタニカルアート展覧会が開催されます。

私が描いたカラスビシャク(半夏)も片隅に展示される予定です。

何年経ってもなかなか上達しないのですが、なんとか続けています。


明日21日はお当番で私も会場におりますので、興味のある方は遊びにいらして

くださいね。

コメント

(専門家向)2019年1月27日(日) 日本東洋医学会千葉県部会

2018年11月29日 | その他
場所 : 千葉市生涯学習センター
千葉市中央区弁天3丁目7番7号 TEL043-207-5811 FAX043-207-5812
13時10分 ~ 17時15分

JR千葉駅「千葉公園口」徒歩8分 千葉モノレール「千葉公園駅」徒歩5分
会長 : 千葉大学医学部附属病院 和漢診療科 診療教授 並木 隆雄

開会の辞、総会
Meets the experts
 1. 古典研究を始めてみよう 
   千葉県部会 漢方古典研究ワーキンググループ
   帝京平成大学薬学部 鈴木 達彦先生

 2. 臨床に活かす「とっさのツボ」
   ~実技・デモンストレーション有り~
  千葉県部会 鍼灸治療ワーキンググループ
    和光治療院・漢方薬局 平地 治美先生

特別講演1 14:25 - 15:40 オレキシン、オキシトシンの制御を介した抑肝散の効果 ~疼痛・ストレスの基礎研究より~
   講師 昭和大学医学部生理学講座生体制御学部門 教授 砂川 正隆先生
    座長 千葉大学和漢診療学講座 並木 隆雄先生

特別講演2 15:50 - 17:05 漢方薬の薬効を高める薬膳
   講師 漢方平和堂薬局 横浜薬科大学漢方薬学科特任教授 兼 漢方和漢薬調査研究センター長
      根本 幸夫先生
   座長 辻仲病院柏の葉 漢方未病治療センター 喜多 敏明先生 閉会の辞 17:05 - 17:15

日本東洋医学会 専門医受験単位1単位、日本東洋医学会 専門医資格更新点数10点、
薬剤師研修センター認定薬剤師研修会シール2点

参加費 3,000円(学生無料)

事務局 らいむらクリニック 來村昌紀
〒264-0004 千葉市若葉区千城台西2-1-3 TEL 043-312-5620 FAX 043-312-5621
コメント

12月9日(日)京都大学「東西知識交流と自国化―汎アジア科学史論」班研究会

2018年11月29日 | その他
「東西知識交流と自国化―汎アジア科学史論」班研究会

日時:12月9日(日)、14時~18時
会場:京都大学人文科学研究所★北白川分館(東アジア人文情報学研究センター)2階・大会議室
http://www.kita.zinbun.kyoto-u.ac.jp/access/

★北白川分館での開催です。
休日のため建物玄関は終日施錠されています。
なるべく開始時間に合わせてお越しくださいますようご協力をお願いします。
玄関が閉まっている場合、★門の脇にある緑のボックス内の内線電話★で指定の番号を呼び出してください。

プログラム(報告順は変更の可能性があります)

陳明(北京大学外国語学院南亜学系・教授)
「敦煌出土医書と古代アジア医学知識の異文化流伝」

永塚憲次(研医会図書館・研究員)
「房中書窺見」

平地治美(和光治療院・漢方薬局、千葉大学医学部医学院和漢診療学講座・非常勤講師)
「外傷の漢方薬と鍼灸〜自験例を中心に〜」
コメント

(専門家向)人体科学会第28回大会 2018年12月1日(土)・2日(日)

2018年11月29日 | その他
12月2日(日)午前:会員企画セッション
「美と健康」

9:10〜10:30
金子 武良(金子指圧治療院)
石原 克己(東明堂石原鍼灸院・漢方薬局)
平地 治美(千葉大学)
鮎澤 聡(筑波技術大学)

(以下、人体科学会大会ホームページより抜粋)
いよいよ2日め、12月2日(日)のご案内、第一弾。筑波技術大学教授で脳神経外科医で人体科学会前会長でもある鮎澤聡先生企画による会員セッション『美と健康』です。人間を「いのち」が「かたに」になったもの、すなわち「いのち」の顕現ととらえる鮎澤先生は、「人間が『いのち』に根拠をおいた存在であるならば、人は本来的に美しいはずである」、と説きます。そして「美しくなること、或いは美と接することは、いのちの自覚、ひいては健康につながるのであろうか」と問いかけます。その問いに対して、「いのち」に立脚した体系を持つ東洋医学の立場から三人の演者が以下の報告を行い、討論を行う予定です。

・金子武良先生(金子指圧治療院)による「身体バランスから美へ」
・石原克己先生(東明堂石原鍼灸院)による「五階層からみた美と健康」
・平地治美先生(千葉大学)による「漢方からみた美と健康」

医師としてのお立場から「いのち」と身体の問題について長年取り組まれてこられた鮎澤先生の企画によるセッション、今回は「美」という切り口から「いのち」に迫ります。どうぞお楽しみに。

(ちなみに鮎澤先生は、日本における最初の当事者による臨死体験報告である『死ぬ瞬間のメッセージ:ある少年の臨死体験』(野掘拓路/カール・ベッカー)の当事者である野掘少年を担当したお医者様です。)

コメント

「婦人公論 2018年 12/11 号 」に掲載されました

2018年11月27日 | その他
婦人公論 2018年 12/11 号 [雑誌]
クリエーター情報なし
中央公論新社



本日発売の
婦人公論 2018年 12/11 号
心とからだの養生学……〝舌診〟で知るあなたの冷え対策

冷えのタイプを舌診から判断する、というコンセプトで取り上げて
いただきました。
これからの季節に活躍しそうなグッズも掲載されておりますので
お手に取ってご覧いただければと思います。

コメント

ウェブサイト「ケンカツ!」

2018年11月27日 | その他
健康雑誌『壮快』『安心』『ゆほびか』等で掲載された舌診の記事が、マキノ出版が運営するウェブサイト「ケンカツ!」で、現在公開をされてております。

購読は無料です。

コメント

11月15日(木)漢方公開講座〜お屠蘇を作ろう〜

2018年11月08日 | その他

漢方公開講座〜お屠蘇を作ろう〜

◇開催日時
2018年11月15日(木)19:00~20:30 受付開始:18:30
◇会場
東洋鍼灸専門学校第一校舎

◇参加費 500円
◇ スケジュール
時間 実施内容
18:30~ 受付開始(本校第一校舎集合)
19:00~ 挨拶
19:10 

20:30 漢方講座 お屠蘇をつくろう

漢方について学びながらお屠蘇を作りましょう♪
講師  平地治美
コメント (2)

11月10日(土)朝日カルチャーセンター新宿「腹診と漢方」

2018年11月05日 | その他
朝日カルチャーセンター新宿「腹診と漢方」

女性限定講座です。

お申し込みは朝日カルチャーセンター新宿へお願い致します。
コメント

「やさしい漢方の本 さわれば分かる腹診入門 」Amazon予約発売開始

2018年07月24日 | その他
やさしい漢方の本 さわれば分かる腹診入門
クリエーター情報なし
株式会社 日貿出版社




「コ2」に連載していた連載に加筆した本が完成し、8月10日に発売となります。

舌診本に引き続き、イラストも前回と同じ伊東昌美さんにお願いし、日貿出版から出版

できました。


今年の暑さで急な症状を訴え来院する患者さんが例年よりも殺到しておりますが、

冷房や冷飲食により、お腹は冷えている方が多いです。


養生法など、この本で参考にしていただければ幸いです。



なお、この本の初版の印税は全て西日本豪雨災害義援金へ寄付させていただきます。

本当は支援に行きたいところですが、現実的には難しいので何かできることはないかと思った次第です。
コメント (2)

鍼灸OSAKA129号 「五十肩」と「いわゆる五十肩」に掲載されました

2018年07月23日 | その他
鍼灸OSAKA129号 「五十肩」と「いわゆる五十肩」
クリエーター情報なし
森ノ宮医療学園出版部
コメント

「漢方の臨床」6月号に掲載されました

2018年06月28日 | その他
寺師睦宗先生の追悼文を掲載していただきました。
追悼文を書きながら振り返って、本当にお世話になったなあ、何もお返し出来なかったなあ、
としみじみと思います。




6月17日に開催された、お別れ会の写真です。
大勢の先生方と、寺師先生の思い出を楽しく語らいました。


コメント

5月13日 寺澤捷年先生講演会

2018年05月10日 | その他
寺澤捷年先生講演会のお知らせです。
大友一夫先生とのコラボ企画、これは見逃せないですよ。


コメント

コ2 やさしい漢方入門 腹診最終回

2018年03月17日 | その他
やさしい漢方入門 腹診最終回

今までお読みいただきありがとうございました。

今回で連載も最終回、秋頃に加筆したものが書籍化され出版予定です。
コメント

やさしい漢方の本・舌診入門 舌を、見る、動かす、食べるで 健康になる!

やさしい漢方の本・舌診入門 舌を、見る、動かす、食べるで 健康になる!
クリエーター情報なし
株式会社 日貿出版社