井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

オオヤマフスマの群落。

2024年05月21日 | 日記

オオヤマフスマは「大山衾」と書く。ナデシコ科オオヤマフスマ属の多年草。
近縁のハコベ属にノミノフスマ(蚤の衾)という2年草があり衾は寝具・布団のこと。小さい葉を「蚤の布団」に見立てての命名という。
オオヤマフスマはそれより葉が大きいというのでオオヤマフスマと命名されたという話がある。
しかし、牧野富太郎は「語源不明」としている。
大きい「ヤマフスマ」ではないし(ヤマフスマという植物はない)、大山に生えるフスマでもない。
やはり「語源不明」ということか。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キングサリの花満開。

2024年05月20日 | 日記


キングサリという名前を最初に聞いた時には、英語名だと思いました。
「Kinng  Sarry」(キング サリー)で、サリーの部分の綴りは間違っているかも知れないが「サリー王」という名で宜しかろうと考えていました。
所が正解は、「金鎖」という日本語でした。
全くの誤解ですが、金鎖という名前、そのものずばり過ぎて頂けません。

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シラカンバの芽吹き2

2024年05月09日 | 日記


シラカンバの芽吹きの第1段階は越冬した冬芽が開いて2枚の葉を拡げる(一斉開葉)。第2段階は2枚の葉の間から枝を伸ばす。1枚ずつ互生に葉をつける(順次開葉)。一斉開葉の葉は冬の間にプログラムされたもの、順次開葉の葉は一斉開葉の後にプログラムされたもの。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シラカンバの芽吹き

2024年05月07日 | 日記


シラカンバの芽吹き
枝先についていた雄花序の冬芽、斜め上向きについていたものが開花すると下垂する。
越冬した長楕円形の冬芽が開き、2枚の葉を拡げその間から雌花序を立ち上げる。ケヤマハンノキの雌花序は冬の間も裸出しているが、シラカンバの雌花序は2枚の葉と一緒に冬芽の中で保護されていたた形。
雌花序は立ち上がり、雄花序は下垂する。これで自家受粉を回避している。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シラカンバの冬芽

2024年05月05日 | 日記

シラカンバの冬芽、同じカバノキ科でありながらケヤマハンノキの冬芽とは結構印象が異なります。
茎頂に雄花序の冬芽を持つ点は共通ですが、ケヤマハンノキにある雌花序の冬芽はシラカンバにはありません。
雌花序の冬芽は「ない」のが普通で、その点ケヤマハンノキは例外的存在です。
それと、ケヤマハンノキの雄花序の冬芽にははっきりした柄がありますが、シラカンバの雄花序には柄がありません。花序柄(かじょへい)と言います。
シラカンバの冬芽は2列互生につくので、普通若枝はジグザグになります。
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする