Sometime Somewhere

気ままに撮った花々を、気ままにアップしています。
お越しくださった際、足跡を残してくださるとうれしいです。

初秋の鎌倉・海蔵寺

2020-09-24 19:49:19 | 鎌倉

今日から数日に分けて9/20、21に行った鎌倉の花たちをご紹介します。


今日は扇ガ谷(おうぎがやつ)にある海蔵寺(かいぞうじ)
四季を通して様々な花が境内を彩るお寺、
ご住職が花がらを摘み、日々手を入れておられるが故の美しさです。
 
 
門前の石段の両脇は萩の花
 
鐘楼脇の大楓の木に絡む凌霄花(のうぜんかずら)の残り花、
思いがけず見ることができてラッキー!
 
十六の井への通路脇にも見事な萩の花
 
 
 
フヨウ(芙蓉)はそろそろ終盤、次のシオン(紫苑)が出番待ち
 
花がらをご住職が摘んでおられるので枯れた花はありません
 
こぼれ萩♪
 
 
 
駐車場入り口のサルスベリ(百日紅)


( 撮影日:2020年9月20日 )

コメント

ハダカホオズキ、メドハギ、ヌスビトハギ

2020-09-23 19:58:18 | 横浜自然観察の森

久しぶりに訪れた鎌倉の画像をアップしたいのですが、
9/13撮影の自然観察の森の花にもう一日お付き合いください。



 
 
 
 
 
 
 
前回よりもかなり大きな株に育っていて、
たくさんの花と果実をつけていました。
秋には、細い枝いっぱいに赤くなった実がぶら下がる光景は一見の価値あり…です(^^♪
 
 
雨に当たったか朝露の仕業か、、、花弁がガラス細工?飴細工??のように透き通ったのがひとつ
花弁の根元の僅かな部分でくっついていて、このあと少しの揺れで落ちてしまいました
 
ハダカホオズキの名の由来の果実、
葉腋からいくつもぶらさっがていて可愛い♪
まだ緑色ですが…早く赤くなぁれ





 
メドハギ   マメ科
今まであまり気にしていなかった花、
花弁の長さが7ミリほど、ちょっと見には白っぽいあまり目立つ花ではありません
でも、東慶寺に咲くマキエハギ(蒔絵萩)に似た紅紫色の線が入って可愛いです
 


 
 
ヌスビトハギ(盗人萩)  マメ科
盗人の忍び足の足跡に果実の形が似ていることからついた名だそうですが、
私には泥棒がかけている(?)サングラスに見えてしまいます(^^;
最近よく見るアレチヌスビトハギとの違いは、この果実の節の数でヌスビトハギが2個に対し
アレチヌスビトハギが基本5個程度ですので、この数さえ覚えていれば見分けは簡単です


( 撮影日:2020年9月13日 )

コメント

アマチャヅルの不思議

2020-09-22 20:35:41 | 舞岡公園

連休最後の日、40日ぶりに舞岡公園へ行ってきました。
連休中、せめて箱根湿生花園か高尾方面に行きたいとは思っていたのですが、
新型コロナの収束が見えるまでは我慢。。
近場でも足元に生え、咲く花を撮る身には十分な場所…
6時間ほど結構夢中になって撮影を楽しんできました。
その第一は、、、アマチャヅル(^^;
散策路に入ってすぐにアマチャヅルを発見♪
果実が付いていたので「雌株だぁ~」と早速花を撮影モード
でも、どう見ても花は雄花・・
アマチャヅルは雌雄異株ですから、果実は雌株に付くはずですが、雄株にも付いていたんです。

 
 
雄花と果実(?)
透き通った感じで、昨日北鎌倉で見た果実とは違うような…
自家受粉で未熟な果実が出来たということでしょうか?
それとも虫こぶ??
果実を一つ採って、中を見てみれば良かったと後悔です


 
 
 
 
雌花と果実
こちらはこれから黒く熟していくのだと思います


( 撮影日:2020年9月22日 )

コメント

アマチャヅル(雌花)

2020-09-21 22:12:58 | 鎌倉

今日もまた北鎌倉を花散歩♪
一日しか経っていないのに、花数が増えていたり、咲き終わった花があったりと…
それに人も車も多くなっていたのにびっくり(^^;
今日は東慶寺と浄智寺界隈だけで撤収としました。
でも、大収穫が(*^^)v
横浜自然観察の森で初めて見たアマチャヅル、
この時は雄花だけでしたので、いつか雌花を見たいなぁと思っていました
何と北鎌倉で帰り際に遭遇。。
時期的には少し遅い感はありましたが、まさに雌株の雌花と果実♪♪
「願えば叶う!」でした


 
 
 
 
 
 
 
 
雌花
花は直径5ミリほどしかなく、
花弁も蕊も淡い黄緑色のせいか画像をトリミングして拡大しても
形状がいまいちわかりません
また、すでに果実が出来つつある段階のため、余計に(^^;
来年は雌株の生えている場所がわかったので、少し早めに観察をしようと思っています
多年草ですが、カラスウリと一緒に有刺鉄線に絡んでいたので刈り取られないことを願いながら。。

 
 
 
果実
まだ緑色の果実で、ガクが残っているのが花から果実への変化を想像できて面白いです
果実は8ミリほどでこれから黒く熟すはずです


( 撮影日:2020年9月21日 )



 
 
 
 
雄花(再出)
8/16、横浜自然観察の森で撮影

コメント (2)

鎌倉・花散歩 初秋(1)

2020-09-20 20:20:33 | 鎌倉

今日は久しぶりに北鎌倉・東慶寺~亀ヶ谷坂切通し~扇ガ谷・海蔵寺を花散歩♪
連休ということもあり、大船駅や北鎌倉駅、鎌倉駅はそれなりに混んでいました。
画像は整理をしてからアップしたいと思いますが、
少しだけ初秋の鎌倉をお届けします。
 
 
 
東慶寺
土壌改良をしているため、入山は無料です


 
 
亀ヶ谷坂切通し
長寿寺沿いの土手の萩の花は昨年ほどではありませんでしたが、十分綺麗でした


 
 
海蔵寺
萩の花がちょうど見頃でした


( 撮影日:2020年9月20日 )

コメント

アカバナ、ナンバンギセル、ママコノシリヌグイ、ムラサキニガナ

2020-09-19 21:26:23 | 横浜自然観察の森

 
 
 
 
アカバナ(赤花)  アカバナ科
観察の森で見られるとは思っていなかったので、
湿地の木道と木道の間に生えているのを見過ごすところでした(^^;
山麓や野原の水湿地に生える多年草
特徴あるこん棒状の雌しべの柱頭は、どんな感触なのでしょう~

 
 
 
 
ナンバンギセル(南蛮煙管) ハマウツボ科
ススキ、ミョウガ、サトウキビなどの根に寄生をする1年生の寄生植物で、
私が今まで見たのはススキの根元に生えているのでした
観察の森でもススキに寄生をしていましたが、今まで見たのより花が大きくてちょっとびっくり。。
もしかしたらオオナンバンギセルかと思いましたが、
花冠裂片に鋸歯が無かったので、栄養をたくさん得られたナンバンギセルということに(^^)/

 
 
ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)
撮ったのが午後でしたので、開花した花があまりなくて残念!

 
ムラサキニガナ(紫苦菜)  キク科
花期が6~8月ですので、ほんとうの残り花、1輪だけ。。


( 撮影日:2020年9月13日 )

コメント

ツルマメ

2020-09-18 19:30:11 | 横浜自然観察の森


今日からまた横浜自然観察の森で撮った花をアップしていきたいと思っています。
まずは久しぶりに見ることができたツルマメから
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ツルマメ(蔓豆)  マメ科
ヘイケボタルの湿地に生えているススキの葉に茎を絡ませ、
紅紫色の小さな花を咲かせていました
日当たりの良い野原や道ばたに普通に生えるつる性の1年草
葉は意外に大きいのですが、花は1センチもない小ささです
以前見たのは瀬上市民の森の水田の畦、
今はロープが張ってあり入ることができないため、
生えているかどうか確認できず。。
思いがけず自然観察の森で見ることができて良かったです


( 撮影日:2020年9月13日 ) 

コメント

ツユクサ、コニシキソウ、ハンショウヅル(綿毛)、アフリカフウチョウソウ

2020-09-16 19:54:17 | 散歩

夕方、ベランダでツクツクボウシが鳴いていました。
夏に別れを惜しんでいるような、、どことなく寂しげな声に暫し聞き入ってしまいました。


近所で撮った花などのアップは今日で最後です
普通に道端で咲く花の美しさと逞しさを再認識した花散歩でした
 
ツユクサ(露草)
虹色の花弁が日に透けて…
どこにでも生えるツユクサですが、それぞれ個性豊かでつい撮ってしまいます

 
 
コニシキソウ(小錦草)  トウダイグサ科
明治以降に渡来した北アメリカ原産と思われる1年草だそうです
道路脇のコンクリートの隙間から生え、暑さにも負けず地面を這っています
葉は長楕円形で7~10ミリ、黒い斑点があるそうですが、
画像のは斑点をはっきりとは確認できません

ネットで「コニシキソウ」を検索すると、
駆除・雑草・毒性…などという言葉が多く見られます
厄介者なのでしょう~でも、ちゃんと面白い花をつけているんですけどね(^^♪

 
 
ハンショウヅル(半鐘蔓)の綿毛

 
 
 
 
 
 
 
 
アフリカフウチョウソウ(アフリカ風蝶草)  フウチョウソウ科
駅前スーパーの裏手の空き地に見たことの無い奇妙な花を発見、
でも、どこかで見たことのある蕾の付き方…
帰ってからネットで調べてもなかなか名前がわかりませんでした
が、、、やっと。。
熱帯アフリカ原産の1年草で、
茎はよく枝分かれし最初は直立、15センチ程の高さになると倒れて地面を這うそうです
青紫色の花弁とピノキオの鼻のような実(?)の対比が面白い花です

 
 
シジミチョウの仲間(?)
ヤブハギの葉の上で休憩中でした


( 撮影日:2020年9月6日 )

コメント

ヘクソカズラ、ヒヨドリジョウゴ、アメリカイヌホオズキ、ノブドウの果実

2020-09-15 20:35:34 | 散歩

地元の散歩で撮った花がまだ残っていたので、もう2日ほどお付き合いください(^^;

 
 
 
 
ヘクソカズラ(屁糞蔓)  アカネ科
どこにでも生えるヘクソカズラ、
住む人がいなくなった住宅の植え込みに覆いかぶさるようにちゃっかり蔓を伸ばし
たくさんの花をつけていたり、
手入れが行き届かない公園の端っこの植え込みにも…
触ると臭いと言われながらも逞しく生きています
赤紅色の花の中心に虫が吸い寄せられるように、また撮ってしまいました

 
 
 
 
 
 
ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)  ナス科
公園の藪に絡まるように生えていて、最初は気付かず
まさかこんなところに生えているとは…という感じで見つけました
よくよくあたりを見ると、花はまだ蕾の状態のも幾株か生えていました
もう少ししたら、赤くなった果実を近くで見ることができそうです♪

 
 
 
 
 
アメリカイヌホオズキ(亜米利加犬酸漿)  ナス科
見てしまうとつい撮ってしまうけれど、
イヌホオズキなのかアメリカイヌホオズキなのか…
いつも悩ましいけれど、撮ってしまいます

 
ノブドウ(野葡萄)の果実
今年初めての色づいたノブドウの果実
たくさんは付いていなかったけれど、赤紫と碧色のが見られただけでも満足(*^^)v


( 撮影日:2020年9月6日 )

コメント

横浜自然観察の森

2020-09-13 22:32:11 | 横浜自然観察の森

今日は時折陽が差すものの雲の多い日中でしたが、
夕方からは気温が下がり今は涼しい風が吹き抜けています。


今日の撮影は横浜自然観察の森♪
今日撮った花はまだ整理ができていないので後日。。
思いがけずツルマメやアカバナ、ナンバンギセルなどを見ることができました♪♪
 
 


( 撮影日:2020年9月13日 )

コメント