Sometime Somewhere

気ままに撮った花々を、気ままにアップしています。
お越しくださった際、足跡を残してくださるとうれしいです。

コゴメイヌノフグリ( 小米犬の陰嚢 )

2013-04-01 22:50:52 | 鎌倉

以前、鎌倉・長谷寺の参道の店先で鉢の中に一株あったのを見つけたことのある「コゴメイヌノフグリ」。
その後何度か見に行ったのですが、見つけられず残念に思っていました。
ところが3/17に長谷のバス通りから光則寺の参道に向かう途中の民家の生垣下に群生をしているのを見つけました。

Img_7360blog Img_7381blog








Img_7244blog Img_7351blog Img_7339blog












オオイヌノフグリと同じゴマノハグサ科クワガタソウ属の多年草です。
1961年に小石川植物園がヨーロッパから種子交換で入手栽培し、今では都内で野生化しているそうですが、鎌倉ではここだけではないかと思います。( 私が立ち寄る範囲の中でのことですが… )
どこででも見ることができる空色のオオイヌノフグリよりもひとまわりほど小さめの花で、色は白。とっても愛らしい花です。

( 2013年3月17日撮影 )

コメント (5)