エバーグリーン (いつまでもあほい)

酒と映画と本を愛し 音楽を聴き
マラソンジョギングなどトンデモナイ
逍遥を心掛け只々ぐうたらに生きよう

岡本太郎の壁画

2020-08-05 13:29:43 | Weblog

懲りもせず早起きして今朝は真東へ走った

6時には岡山城へ到着

信号が多い分だけ時間がかかる

車の多いところは嫌だねー

気楽には行けない後楽園だ

今は烏城灯源郷開催中だと

予定通りビアガーデンもあるとか

英断ですなぁー

三重に住む娘は

職場にコロナ患者が出たとかで盆休みの帰省は自粛するとか

残念だなー

ビアガーデンは来夏に回すかな

帰りはルートを変えて県立美術館隣の新しいRSK本社の前を通ると

以前岡山駅で公開されていた「躍進」と名付けられた

岡本太郎のレリーフがこちらに掲げられていた

コロナ終息の暁には

岡本太郎の壁画が来岡を待ってるよ!

 

コメント

詐欺アプリに注意

2020-08-05 10:15:54 | Weblog

またまた引っかかってしまいました

詐欺アプリ

何気なくAPPストアからダヴロードした

QRコードアプリ(QRコードの読み取りをするもの)

色々なものがあるけれど

無料を謳っていた

説明書の下の方(肝心な部分は英語だつた

クリックすると次の日からずっと有料なのだ

慌てて解約しようとしても

キャンセルも面倒なシステムだ

色々検索してやっと解約に行き着いた

AppleのAPPだからといって油断出来ない

呉々も気をつけてクリックしてください

まずネットでの評判を検索してからの導入を

心がけたいものです

詐欺サイトに引っかかってキャンセルしたかったら

「有料アプリを解約する方法」のサイトを参照してください

http://iphone.f-tools.net/QandA/Yuuryou-App-Kaiyaku.html#KAIYAKU

ほっとくとずっと料金をとられます

 

 

コメント

千足装飾古墳(帆立貝形古墳)

2020-08-04 09:59:24 | Weblog

今朝も車ではなかなか行けない場所

以前から結構気になっていたが

なかなか行けていない造山古墳近くの

古墳に寄ってみた

千足装飾古墳だ

古墳の復元工事がなかなか進んでいないが

古墳の芝生の緑が目立って存在感を高めている

未完成なので古墳上部にはまだ立ち入り出来ないようだが

造山古墳の周辺には沢山の属墳が観られる

完成し周辺と合わせて開発されれば

国分寺と合わせて

吉備路の見所になる事は間違いない

本当に国分寺周辺には

見所が沢山ある

もっともっと自転車道も合わせて

                整備を期待したい

発掘された装飾文様は

保存のために吉備埋蔵文化センターで修復中だ

コメント

撫川城は庭瀬城

2020-08-03 07:24:23 | Weblog

今 小学生のお城博士栗原響大君が

マスコミに引っ張りだこだが

今朝はオイラも城マニア?

今朝も梅雨が明けたにしてはどんよりした空

少し蒸すが早朝なので暑くはない

家から真南に走って早島へ

桜で有名な早島公園の坂を登った

標識に城山とある

ここは城山なんだと再認識

金比羅往来の旧道を東へ妹尾の手前を

足守川沿いに真北に走る

直ぐに庭瀬だ

住宅街の迷路のような道を巡る

自転車に通れぬ道はない

車では来にくい庭瀬城へ

本当に小さな祠のような城跡だった

そこから数十米

ラジオ体操は終わったようで

子供たちが

散会している公園があった

なかなか大きな門がある

撫川城趾公園とある

野面積みの石崖も残っている

堂々たる沼城の跡だ

何で庭瀬城より撫川城址のほうが大きいのか

庭瀬の戸川氏は早くに無嗣断絶になり

(無嗣断絶=お世嗣なしでお家断絶)

撫川の一族の方が本家を継ぎ旗本として明治まで続いたせいだろうか?

撫川城も庭瀬城の一部だったという事

すぐ近くに30年以上住んでいるのに

知らなんだ行かなんだ城なんだ???

戸川家六流(分家)

庭瀬 撫川 早島 妹尾 中島 帯江

戸川家の祖 戸川達安の子 秀安は

関ヶ原の戦いの折あの島左近を討ち取ったとされている

 

 

 

 

 

 

コメント

オンデマンド

2020-07-31 14:36:37 | Weblog

昨日の雷雨のせいで

録画予約していた衛星放送が

正常に録画出来てなかった

観たいと思っていた「新聞記者」だけに

来月の再放送まで待てと言われるのは辛い

それではと思い出して

WOWOWメンバーズオンデマンドを試すことにした

パソコンをHDMI端子でテレビに繋いで

普通に観ることが出来た

オンデマンドがやっと役に立った感じだ

新聞記者は昨年話題になった映画だが

観れていなかった

この作品時局を捉えたいい映画だった

こんな映画を作られては安倍内閣はさぞや頭が痛かっただろう

まっ

新型コロナのせいで忘れられてしまったようだが

アベノマスクではもう失敗しないでね ねっ!

今年からはNHKもオンデマンド配信している様だが

BS放送は対応出来てない

何故??

NHKさん有効に使おうよ

コメント

黒い雨じゃなくて雷雨に豪雨

2020-07-30 18:28:26 | Weblog

梅雨が明ける時は雷が鳴ると

昔から言われているが

今日の雨は半端なかった

午後から自転車で空港下の菅野まで出かけていたのだが

雨の降る前にと自宅に帰ることにした

途中でぽつりときたかと思ったら

ゴロゴロと雷鳴が頭上で鳴ったと思ったら

土砂降りの豪雨

流石に走ることもできず

何年ぶりで雨宿りをしただろう?

ボロ小屋で待つこと30分

再び走り出したのだが

小降りになったのも束の間

また雷鳴が響いて降り出した

別に寒くはないが

前が見えないとやっぱり走れない

散々の目にあった

こんな日もあるさ

 

新岡山カントリー倶楽部の下にあるボロ小屋で雨宿り

見る間に道が川になった

コメント

黒い雨

2020-07-30 09:16:38 | Weblog

爆心地に近い岡山県では

オイラぐらいの年代(60過)なら

一度は言われたことがあるだろう

雨の日に傘もささずに遊んでいると

大人たちから 「黒い雨」が降ってくる

頭がハゲてもいいのか?

放射能にやられるぞ!!

お陰様でオイラは頭の中身はやられたのかもしれないが

未だに禿げてはいない

「放射能にやられるは」 

井伏鱒二の本の影響なのか

その頃の大人達はどこから仕入れた情報なのか

よく口癖のように言っていた

今 コロナウイルスを心配するあまり

マスコミや政治家が

脱三密を繰り返し叫んでいる

その事を今の子供たちは

後年振り返り

オイラと同じように

笑い話として思い出すのだろうか?

早く笑い話になって欲しいものだ

コメント

時は過ぎゆく

2020-07-29 13:11:34 | Weblog

早朝の涼しいうちにと自転車を漕いだ

今日は阿曽女の里を通るルートで足守陣屋跡へ向かった

車の多い幹線道路はなるべく通らない

旧道は昭和の頃と全く変わらない風景で

どこか懐かしい

でも沿線の田畑は耕作放棄地が目立つ

大光寺霊廟足守藩木下家墓所の標識に促されて入ってみたら

山門も寺の屋敷も荒れ果てている

昔 大叔母の嫁いでいた下足守の「守福寺」と同じ運命だ

足守藩士の菩提寺だったせいで

廃藩置県後 藩主も藩士もうこの地から離れてしまって

打ち捨てられ忘れられて寂れてしまった

悲しいかな これが時代の流れだ

この後 通学する中学生を避けつつ走り

総社の砂川公園から鬼ノ城を目指した

昔ゴルフを始めた頃通っていた

砂川公園そばのゴルフ練習場もショートコースも

廃業したのか荒れ果てている

いつのまにが時は過ぎたのだ

コメント

蝉は夏を叫んでるのに

2020-07-28 09:05:48 | Weblog

今朝は何とか雨が降らなそうだ

五時過ぎに家から真東へ自転車を走らせて

酒津公園へ

そこから用水路沿いに南下

暫く走ると三重塔が見える

どこだ此処と塔に向かって回り込むと

 神遊山 遍照院とある

西阿知にこんな立派な三重塔を有する寺があったのか

知らなんだ

そのまま南東へ

芸文館と美観地区を経て

今度は東へ

マスカットスタジアムに至る

立木からは蝉時雨が喧しい

蝉はもう真夏だとさけんでいるが

今日も空はどんよりとした梅雨模様

いつ梅雨は明けるのか

まあ涼くては良いが

スカッとした空が恋しくなる

例年なら甲子園の予選で賑やかな頃なのにね

コメント

翻訳家じゃなくて カレー屋になるはずだった

2020-07-25 21:23:59 | Weblog

最近レコードやオーディオについて

頻繁に逢って語り合う知人が

岡山県人にこんな人が居るんだけど知ってる?

って 本を貸してくれた

「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」

あの金原ひとみさんのお父さんなんだけど

えっ

あの蛇にピアスの?

初耳です!

あの映画は観たが本は読んでいない

 今は若い頃のようにあまり翻訳本を読まなくなった

ラドラムにカッスラーにアーチャー

フォーサイスにケン・フォレット

それでなければ

トマス・ハリスか?クライシーか?

ロバートBパーカー(ワイン評論家じゃない方)

こちらと分野が違うのか?

探してみたが知っている作家の名は無かった

しかし

流石ベテラン翻訳家

軽妙で洒落た文章だったし

翻訳の裏話も楽しませてもらった

やっぱりカレー屋にならなくて良かった

翻訳が天職ですよ!

カレーの味は知らないけど

コメント

和気鵜飼谷温泉

2020-07-24 17:03:57 | Weblog

旅行にゆくなら近場で!!

のキャッチフレーズ(有ったか?)

知人がよく行くという温浴施設を

紹介して貰った

案外近場にも良い所があるものだという

家から車で60分くらいで行ける

和気にある鵜飼谷温泉へ

一般道ばかり通ったから

結構じかんがかかったが

山陽自動車道ならもっと早いだろう

コロナ禍のせいもあろうが

ゆったりのんびり出来たし

泉質もすべすべで設備も申し分ない綺麗さだ

良いところを教えて貰った

コメント

時代劇リターン

2020-07-23 17:46:45 | Weblog

いつの間に趣味が再び変わってしまったのか

最近bsで再放送中の池波正太郎作品をよく観る

子供の頃は親たちと水戸黄門や大岡越前や人形佐七捕物帳を

一緒になって観ていたが

思春期になるにつれ時代劇に面白さを感じなくなってしまったからだ

水戸黄門ドラマの勧善懲悪のまんねりに飽きたのが第一の原因だ

いま七十に近くなったこともあってか

高田郁の一連の作品に始まって池波作品の鬼平犯科帳や平岩弓枝の

御宿かわせみシリーズも読むようになったせいだろうか

趣味とは変わるものだ

勿論

水戸黄門などの勧善懲悪に戻ることはないが

少し捻りの効いた

時代ドラマの面白さにハマりつつある

コメント

♪黄昏どきは寂しそう?

2020-07-23 17:46:45 | Weblog

鴨長明の方丈記という現代のブログのような

エッセイ集は有名だが

その代表作のプロローグには有名な

こんな一文が

 

今日外は雨 暇に任せて 撮りためた映画観る

             the oldman & the gunを観た

             監督はデヴィッド・ローウリー

             主演はロバートレッドホードだが

              この映画が彼の引退作になった

                ここで思い出されるのは

            同じ年代のクリントイーストウッドは

             監督主演した映画「運び屋」で

             同じイメージの作品を作っていた

      映画 the oldman & the gunテロップではこの男たちのことを

              黄昏ギャングと呼んでいた

                  言い得て妙

           うまく歳をとったと自画自賛したいのだろう

                    また 

          あの妖精オードリーヘップバーンがオールウェイズで

           みる影もないくたびれたシワを見せてくれたのは

         時代は移ろものだ 世の中を達観したと言いたいのだろうし

            歳をとることもさほど悪いことでもないと

                言いたいのだろうか?

             こんなテーマの映画が多いよなー

            オイラ 少し穿ち過ぎ利で意地悪かな?

 

コメント

ひいご池湿地帯

2020-07-22 22:05:27 | Weblog

 今日新聞に写真付きで載っていた

総社市黒尾に有るひいご池に行く事にした

なかなかの湿地帯で珍しい植物が見られるときいていた

途中で前から気になっていた

大きな松の木が目を引く

角力取山古墳に寄ることにした

車で前は通るのだが

寄る機会がなかった所だ

近くで見ると確かに県内では最大級の方墳だ 

ちゃんと石室もある

樹齢450年の松の木も立派だ

角力取山古墳の名前の由来は

何のことない

昔から近年まで

この松の下に土俵を設え

御前宮の祭りの時奉納相撲をしていたからだそうだ

まあ想像通りだった

そこから真っ直ぐ北にはしって

ひいご池に

ここも何のこともない

昔からよく行っていた鬼ノ城下の

砂川公園と同じ

総社北公園の一角に有る

湿地帯とあるが単なるため池

珍しい花は一つとして見ることが出来なかった

しかたないので井山宝福寺まで自転車を走らせたが

これも今は改装中で中に入ることができなかった

たまには空振りもあるさ

でも運動だけはしっかりできた

コメント

チョット皮肉を

2020-07-21 10:53:29 | Weblog

近頃のマスコミほうどうを見聞きしていて思うことがある

それに皮肉を込めて諺を幾つか並べてみる

今のトランプや安倍政権は

上手の手から水が漏る

今回のトランプの暴露本騒動は

天網恢恢疎にして漏らさずってところか

大統領再選を前に 側近たちも身内も

金にめがくらんだのであろうが

自称天才の神の子も

上手の手から個人情報が漏れてしまったのだ

他人には嫌われたくないものだ

何より 

持てるものに対する嫉妬が怖いね

そんなトランプに擦り寄りお別科を

使っていたこの国の総理は

近頃コロナ騒動で一緒になって右往左往だ

アベノミクスの有頂天から一気に

コロナり 否 ころがり落ちたようだ

世事から蚊帳の外のロートルとしては

面白いばかり

野に賢人なしで

自戒をこめてこの言葉を贈る

本読みの世辞X世事知らず

老婆心 年寄りの冷や水だろうが

老頭児は死なずただ消え去るのみ

は違ったか?

誰の言葉?オイラが今思いついた

が 意味はない!!

下のような記事が出ていた

この機を捉えて

彼の国は火事場の盗人働きを着々楽々とやっていますが

何ともこの国は悠長な事です

大丈夫ですか?

まずは老婆心まで

不明な言葉に関してはご自分でどうぞ

 

 

 

コメント