divine

ディバインの連絡

JFAフューチャープログラム

2018-08-09 14:20:01 | お知らせ
8月2日~5日に静岡県裾野市で行われた小学6年生を対象とした各都道府県代表のトレセン(1チーム16名)の選手が集まって行われたJFAフューチャープログラム中日本大会に、愛知県代表としてディバインから山田こうたろう選手、井上しんや選手、青井なぎと選手の3名が選出され、参加してきました!

来年以降もディバインから選出される選手がでてくることを期待しています!

7月25日 ナイター

2018-07-25 18:30:15 | お知らせ
本日のナイター練習は雷鳴のため、中止と致します。

江南夕方スクール キッズクラスのご紹介♪

2018-07-10 14:38:49 | お知らせ
江南夕方スクールのキッズクラスをご紹介します!

現在キッズクラスは年中さん8人、年長さん2人の合計10人で活動中!

キッズクラスは、遊びの要素をたくさん含んだ練習で、楽しみながら知らず知らずのうちにサッカーに必要な基本技術や体の動かし方を習得していきます。







子どもたちにとってはとにかく楽しいようで、50分間の練習中、ずっと笑顔が絶えません(^_^)「次は何するの?」というワクワクでコーチが圧倒されてしまいます(笑)













スポーツをする上で大切なマナーやあいさつ、話を聞く姿勢、仲間を大切にする気持ち、感謝の気持ちもしっかりと指導していきます。大好きなサッカーを通してだからこそ身につく習慣もあるようです(^_^)



5歳~8歳の年代は「プレ・ゴールデンエイジ」と呼ばれ、神経回路の発達が急ピッチで進む時期といわれています。キッズクラスは初めてボールに触れる子が多く、初めは全くボールを扱えず悪戦苦闘する子どもたちも、回数を重ねるごとにみるみる上達していくので本当に驚かされます!




最近は、相手からボールを奪うことや、1対1、シュートもできるようになってきました(^_^)今後の成長が楽しみです!










★江南夕方スクールは、毎週火曜と木曜、16時~16時50分の時間帯で行っています。

ディバイン江南夕方スクールキッズクラスが、たくさんの子どもたちのサッカーを始めるきっかけの場所になってくれると嬉しいです!
無料体験も随時受付しておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。ホームページのお問い合わせフォームよりお待ちしております!

県ユースU10大会 愛知県大会

2018-07-03 13:46:51 | 大会結果
7月1日(日)、4年生が県ユースU10大会の愛知県大会に出場しました。
県大会は、各地区予選を勝ち上がった12チームが3チームずつのブロックに分かれて予選を戦い、各1位の4チームが東海大会をかけた代表決定戦へと駒を進めます。
天然芝にスタンド席のある陸上競技場。最高の舞台で、西尾張地区予選からおよそ1ヵ月、この日の為に取り組んできた練習の成果を発揮することをテーマに、チャレンジャー精神で挑むことを確認して試合に入ります。



初戦の相手は、八事FC。





緊張からか動きが重く、押し込まれる立ち上がり。ゴール前の混戦からなんとかボールをかき出すも、ぽっかり空いたスペースから相手のトップ下の選手に鋭いシュートを打たれ先制されます。その1点で目が覚めたのか、そこからは怒涛の反撃。コーナーキックからキーパーの前でフリーになったディバインの選手がヘディングするもこれは惜しくも枠外へ。得点の雰囲気が漂う中、再びコーナーキック。ファーへ流れたボールを左サイドの選手がダイレクトでシュート!抑えの利いたシュートはキーパーの逆を突きサイドネットへ。待望の同点弾となりました。



1-1で迎えた後半、相手のゴールキックをはね返したボールをトップの選手がキープ、それを追い越したトップ下の選手へパスが通ると、素晴らしいファーストタッチから相手を3人引き付けてのスルーパス。そこに走り込んだ右サイドの選手が、飛び出すキーパーを上手くかわすダイレクトシュートでゴールネットを揺らし逆転!流れるような素晴らしい攻撃で会場を湧かしました。
その後も攻め続けますが、試合終了直前、相手のカウンターにあいまさかの失点。その瞬間にホイッスル、勝負の行方はPK戦へ。PK戦は両チーム全員が決めて二回り目へ突入し、相手選手のキックがポストに嫌われ11-10にて決着。勝ち点2を勝ち取りました。






二試合目の相手は、マルヤスFC。




相手チームは初戦に勝利しており勝ち点4、ディバインはPK勝ちの勝ち点2。予選突破のためには勝利するしかない状況での試合となりました。

試合は、暑さと疲労からほとんど走ることができず、時間だけが刻一刻と経過していく展開に。0-0で迎えた後半、中盤でボールを奪われると相手選手に見事なミドルシュートを許してしまい、痛恨の失点。2点を奪うことが絶対条件となり、攻撃に人数をかけて総攻撃を仕掛けます。そんな中、ペナルティーエリア内での混戦からファールを受けPKを得ると、それを冷静に決めて同点に。さあもう1点というところで試合終了のホイッスル。勝ち点差で相手に及ばないためこの時点で敗退が決まりましたが、PK戦へ。ディバインの選手は2人がきっちり決めて2-0にて勝利。




惜しくも勝ち点差1に泣き予選敗退となりましたが、ここまでの1ヵ月間で取り組んできた練習の成果は随所に発揮できた内容でした。初戦の逆転ゴールを奪った一連の攻撃は、まさにトレーニングが実った瞬間であり、今後の成長に大いに期待の持てるプレーでした。あと一歩のところで勝ちきれなかった事実とそこに通ずる課題はしっかりと受け止めなければなりませんが、ここまで成長できたところに自信を持って、さらなる成長を目指してトレーニングを重ねていきましょう!

当日は、Bチームの選手たちがスタンドから大きな声援を送ってくれました。その声や姿はピッチまで確実に届いていて、本当に心強かったです!

遠方まで応援に駆けつけて下さいました皆様、大会を運営して下さいました関係者の皆様、暑い中ありがとうございました。

県ユースU10大会 愛知県大会
vs八事FC 2-2(PK11-10)
vsマルヤスFC 1-1(PK2-0)

フジパンカップ西尾張予選

2018-07-03 13:43:21 | 大会結果
6月30日(土)、フジパンカップの西尾張予選がありました。

Aチームは、1回戦は伊福KFCと。
緊張から消極的なプレーとミスが目立ちましたが、試合終了間際にコーナーとフリーキックから劇的な得点を挙げ2-0にて勝利。
2回戦は犬山 Cと。
1回戦より動きに積極性がでた選手たちが躍動し5点を奪い5-0にて勝利。
準決勝へと勝ち上がりました。






Bチームは、1回戦は愛知FC一宮。
かなりの暑さの中、選手たちは戦う姿勢を見せ再々相手ゴール前まで迫り決定機を作るもあと一歩でゴールを奪えずPK戦を覚悟した終了間際、ロングスローからの逆サイドをつかれゴールを決められ0-1に。もう前に行くしかなくなったロスタイムに逆にボールを奪われカウンターから失点して0-2にて悔しい敗戦となりました。






AチームもBチームも今回の経験、試合を通して感じた気持ちを自分のモチベーションへとつなげてまだまだチャレンジし続けて成長していこうとする気持ちは変わらず持ち続けて頑張っていってほしいです。

Aチーム
VS 伊福KFC 2-0
VS 犬山 C 5-0

Bチーム
VS 愛知FC一宮 0-2

準決勝は7月7日、親水グランドにて行われます。

<その他の試合結果>
〇U-15リーグ
AチームVS高浜FC 0-2
BチームVS朝日丘中 0-6

〇U-12リーグ Bチーム
VS尾張クラブA 0-1
VS犬山クラブA 1-4