「ん゜」という世界観

「ん゜」vol.14、無事終了いたしました。今後は細々とレコーディングっす。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

君がカンイチ、僕がジュリエット

2005年11月30日 | 「ん゜」関連のネタ
ここ最近、俺の車のカーステでは「ユニコーン」がずっとかかっています。っていうか車内で熱唱しています(笑)。ユニコーンの曲って、歌うと物凄く気持ちいいんですよ。高校の時、カラオケに行ってはみんなでユニコーンを大合唱していたこともあり、よほどマニアックな曲じゃない限りほとんど歌えてしまいます。

奥田民生手島いさむ、堀内一史(EBI)、阿部義晴、川西幸一という豪華な面々によって、ユニコーンという偉大なバンドは形成されていました(ちなみに阿部加入前のキーボードは向井美登里)。ここまで違うタイプの音楽人が集まるバンドは、今までもこれからもいないのではないでしょうか。テッシーは最初から最後までハードロッカーだったし、アベBはボーカルよりも目立ちたがり屋なエンターテイナーだったし。そして演奏スタイルも他のメンバーに合わせることなく、それぞれがやりたいようにやっている。それが一つのバンドで融合すると、他のバンドでは表現できないような、音楽ジャンルそのものが「ユニコーン」と言うような感じの曲になっていました。当時はそんなスタンスが「色物」だとか表現されたりもしましたが、どんなに批判されようがユニコーンはずっとマイペースでした。我がリザストも、メンバーそれぞれの音楽のバックボーンはバラバラです。それでも一つのモノとしてまとまって行けてるのは、ユニコーンのようなバンドがいたからなのかも知れませんね。ジャンルが違うからこそ生まれる新しいもの、そのヒントはユニコーンに与えてもらったのかも知れません。1993年9月21日、ユニコーンはライブでも音源リリースでもなく、ラジオ出演と言う普通ではありえない形で幕を閉じました。終わり方までマイペース、カッコよすぎますよね。

民生は今さら説明するまでもなく、ソロ活動、プロデュース業と大忙し。テッシーはいくつかのバンドを渡り歩き、現在は音楽活動を休業中とのこと。EBIは伝説のロックバンド「ARB」に正式加入し、黙々とベースを弾き続けています。アベBもソロ活動をしながら、「氣志團」をプロデュース。一足早くバンドを脱退した川西氏は「VANILLA」を経て、現在は元ジュンスカの宮田和弥氏と共に「ジェット機」で活動中。それぞれがユニコーン時よりも確実にパワーアップしている今、ぜひとも再結成が望まれるバンドですよね。
コメント (4)

雷がダメな娘・・・

2005年11月29日 | 出倉寛三個人のネタ
雷が鳴ると、こうなってしまいます・・・。
コメント (2)

味噌ならココ!!

2005年11月28日 | 出倉寛三個人のネタ
味噌ラーメンを食うなら、俺のファーストチョイスは「ラーメンの寶龍」です。一時期、高尾台にも「寶龍」がありましたが、アレはどうやら偽者らしい・・・。当時の小松インター店にも、「あの店とは一切関わりがありません」なんて張り紙も出てましたからね。画像の松任店には、今回初めて行きました!!。これまで行っていた小松の2店舗と同じように、口の中が必ず火傷するほどの熱さが再現できててGOODです☆。味噌は味が誤魔化されやすいけど、寶龍はとんこつ系スープの香りがしっかりと出ているところがいいですね。・・・「なんでんかんでん」のとんこつの香りは却下ですが(汗)。アレは香りというよりも、「豚臭い」って奴なんで。味噌の店、次点は野田専光寺戦沿いにある、「味の時計台」ですかね。共にフランチャイズ系の店ではありますが、味噌はやっぱり札幌発のお店に限ります!!。
コメント (2)

血液型D型?!

2005年11月27日 | 出倉寛三個人のネタ
こないだ結婚した従妹(8月27日のブログ参照)に赤ちゃんが生まれたというので、お祝いを兼ねて顔を見に行ってきました!!。元気な女の子で、名前が平仮名で「まりん」ちゃん♪。ヤバイッ、完璧に「出倉系」の血を引いてる顔立ちだ・・・。旦那に似ていくことを願います・・・。

さてさて、JFLの愛媛FCが来期からのJ2入りを決めたそうです。昇格を決めた決勝点は、なんと星稜出身の田中俊也選手の逆転ゴール!!。「田中俊也」という石川県人の名前が、愛媛FCの歴史に永遠に刻まれることになりました!!。Jリーグを目指す我が県にとって、愛媛FCはまさにお手本のようなチーム。田中選手が移籍したこともあって、ずっと注目はしていました。Jリーグに新しい風を吹かせて欲しいですね、・・・ってことは来期、いきなり愛媛FCとヴェルディやヴィッセルが対戦しちゃうってことです。日本のサッカー界の新陳代謝は活発ですねぇ。
コメント   トラックバック (1)

名門が堕ちた日・・・

2005年11月26日 | サッカー関連のネタ
今日、東京ヴェルディ1969のJ2落ちが決まってしまいました。俺にとっては、応援しているJ2のベガルタ仙台が3位を確定できなかったことや、生まれ故郷に本拠地を置く2チーム(ガンバ大阪セレッソ大阪)が絡んだ優勝争いが最終節に持ち越されたことなど、「ヴェルディ降格」よりも優先順位が高いネタが多い日でした。しかしラモス、カズ、武田、北澤、都並等を擁してスター軍団だった頃の、もっと明確な言い方をすれば「Jリーグ=ヴェルディ川崎」だった頃を知る者としては、ヴェルディのいない来シーズンのJ1を少し寂しくも思います。過酷なJ2を戦うことになったヴェルディ。いつまでも「名門としての誇り」は持ち続けて、J2全体のレベルアップ、サッカー界の底上げの役割を来シーズンは望みます。

さてさて順位の方を整理しますと、J1の優勝争いはガンバがジェフに負けて首位陥落(勝ち点57)。セレッソが勝ち点1差ながら首位に立ち(勝ち点58)、首位と勝ち点2差の位置に浦和、鹿島、千葉が続いています(勝ち点56、得失点差順)。5チームに優勝の可能性が残りながら、来週の最終節を迎えることとなりました。大阪生まれの俺はガンバとセレッソの両チームに期待していますが、暮らしていた守口市に近いガンバ(吹田市)の方がより思い入れがあるかな。そして降格争いはと言いますと、入れ替え戦に望む16位のチームが、柏レイソルに確定しました。

その柏との入れ替え戦に望むJ2側のチーム、勝ち点1差で3位争いを演じるベガルタとヴァンフォーレが共に負け、最終節に全てが決まることになりました。J1、J2、共に最終節は12月3日。こんなに混沌として、目が離せない展開になったのは初めてじゃないでしょうか。

ちなみにJFL昇格をかけた地域リーグ決勝大会、北信越代表として1次リーグに挑んだ長野エルザが、昨日、今日と連敗した模様。これで決勝ラウンド進出が明日の試合を待たずに消滅、来期も北信越リーグを戦うことになりました。これが現実、今現在の北信越トップの力だからしょうがない・・・。石川県勢やJを目指す他県のチームと凌ぎを削って、本当に強いチームを北信越から作って行こうじゃありませんか!!。
コメント (6)   トラックバック (2)

男らしい!!2

2005年11月25日 | 出倉寛三個人のネタ
ケーブルTV(ムービープラス)で、映画版の「バイオハザード」が放送されていました。劇場で上映されていた時に一度見ていますが、ミラ・ジョボビッチのカッコ良さにやられてまた見てしまいました。ゾンビの首をヘッドシザースで折るところが、俺の中でのベストアクションシーンです!!。何だか見てるうちに、ゲームの方もやりたくなってきましたよ。実は俺、ゲームは「2」までしかやってないんですよねぇ。先ずは「コード・ベロニカ」あたり、中古で売ってたら買ってこようかなぁ。
コメント (2)

男らしい!!

2005年11月24日 | 出倉寛三個人のネタ
いきなり!黄金伝説。」にて、「海の上で10日間、釣った魚だけで生活する男たち」に挑戦中のさかなくんとアドゴニーです。アドゴニーの方は、以前の一万円生活で天才的な料理の腕を見せていたこともあって印象はいいんですが、さかなくんはオカマっぽくて気持ち悪いただの魚オタクだと思っていました。ところがこの企画では、かなりたくましい「男・さかなくん」を見ることができます。魚を見事に裁いたり、自分で船を操舵したり、そして今日は生きたままのイカの耳にかぶりついていました!!。しかもあの甲高い声が、時間の経過と共に徐々に野太くなっていってます(汗)。その上、実は一流のイラストレーターなんですね、さかなくんって。「人は見かけによらない」という言葉の、典型的な例ですね・・・。
コメント

あと0.5枠!!

2005年11月23日 | サッカー関連のネタ
J2第41節、アビスパ福岡はホームで徳島ヴォルティスと対戦、0-0の引き分けで2位を確定させ、2001年度以来のJ1復帰を果たしました!!。これで自動昇格となる2位以内のチーム(1位は京都パープルサンガ)が確定し、J1で16位のチームと入れ替え戦を行なう3位争いを残すのみになりました!!。現在、3位につけるMy Favoriteチームのベガルタ仙台と、勝ち点1差で追う4位のヴァンフォーレ甲府に絞られている形です。今日は両チーム共に快勝したため、勝ち点差が変わらないまま残り2試合を迎えることとなります。そしてその2試合の相手は仙台が京都、福岡の順で、方や甲府が福岡、京都の順でと、何の因果か昇格を決めた2チームとの対戦になっています。ただここを2連勝するぐらいの勢いがないと、その後の入れ替え戦ではボコボコにされる可能性もありますよね。信じております、杜の都に幸あれ♪。さぁて、このままJ1の優勝争いもテレビ観戦してやりましょっ!!。

ちなみに昨日の「海の丘倶楽部」のメニューはと言いますと・・・

<夜ご飯>
ワカサギのマリネ、お刺身の舟盛り(シマアジ(姿造り)、カンパチ、メジマグロ、甘エビ、イカ)、サザエの壷焼き、揚げ出し豆腐、イクラと大根おろしの和え物、茶碗蒸し、ブリの塩焼き、天麩羅(ヒラメ、サツマイモ、ピーマン、茄子)、握り寿司三貫(ブリ、イカ、鯛)、カニ鍋(雑炊セット付き)

<朝ご飯>
お刺身(イカ、鯛)、カレイの焼き物、イクラの醤油漬け、厚揚げの味噌焼き、ひじきの煮物、玉子焼き、サラダ、焼き海苔、きのこの味噌汁、ご飯

といった感じでした☆。これで何と宿泊費が1万円弱です!!。ただ客室や浴室はかなりシンプルで、スタッフの方達もかなりマイペースですが、それを全くマイナス要因に感じさせない料理のインパクトです!!。祝前日じゃない平日ならもっと安い。絶対にまた行くゾ!!!!。
コメント (2)

魚、食いに行くナリ!!

2005年11月22日 | 出倉寛三個人のネタ
今夜は、富来の「海の丘倶楽部」でお泊りです!!。「網元の宿」ということで、取れたばかりのお魚を低価格でもてなしてくれる宿として、ラジオなんかにもしょっちゅう出てきて有名なとこですよね。何度かお昼の名物である「車海老天丼」を食べに行ってはいるんですが、宿泊するのは今回が初めて☆。俺の頭の中は、もうすでに「魚モード」に入っております!?。
コメント

冬の風物詩♪

2005年11月21日 | サッカー関連のネタ
今日、第84回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選が行なわれ、石川県代表の星稜高校の対戦相手が、広島観音高校(広島)に決まりました!!。前大会でベスト4入りしているので、シードとして2回戦からの登場となります。昨年、本田圭祐(現名古屋)という絶対的なエースを擁し、石川県勢初の国立競技場へとたどり着いた星稜高校。今年のチームに本田のような存在の選手はいませんが、前大会を経験している選手が数多く残っているのが強みです!!。俺は個人的に、星稜サッカーの面々から力強い優勝宣言を受けているので(8月25日のブログ参照)、必ずやこの北陸の地に優勝旗を持って帰ってきてくれるものだと信じております(笑)。

ちなみに他の北陸勢はというと、丸岡(福井)は佐賀東(佐賀)と、富山第一(富山)はなんと2回戦で国見(長崎)との対戦が決まっています。ただ富一は毎年2勝ぐらいはしている印象があるので、たとえ国見が相手と言えどもかなりいい試合になるのではないかと思います。第78回大会、得点王になった石黒(現YKK AP FC)を中心に快進撃を続けた富一、その決勝進出を阻んだのがあの大久保嘉人(現マジョルカ)率いる国見でした。もしこの雪辱を今大会で果たすことになれば、もしかするとその時に立てなかった舞台で大偉業を達成することになるのかもしれませんね。
コメント

3つの敗戦・・・

2005年11月20日 | 出倉寛三個人のネタ
<1つ目>
金石街道沿い、北町にある「ベビキチ」に初めて行って来ました!!。「量がとてつもなく多い」という噂は聞いていたので、朝飯抜きの昼飯として行きました。メニュー表の注意書きに「全て2~3人前です」とは書いてあったんですが、「腹が減ってるし、2人で食べるから大丈夫だろう」とタカを括って、オムライスとスパゲッティを注文してしまいました。まずオムライスが出てきて、何故かスパゲッティはなかなか出てこない。しょうがないのでオムライスを食べ進めて行くと、それが無くなる頃にはかなりお腹いっぱいになっていました。そして食べ終わると同時にスパゲッティが・・・。なんとか半分ぐらいは食べたんですが、結局は撃沈です(泣)。出された食べ物を残すのこと、それは俺の中で最高ランクの恥ずべき行為なのです。ただ今日だけは・・・、さすがにごめんなさい。

<2つ目>
ヴィッセル神戸大宮アルディージャに負け、1997年にJ1に参戦して以来初めてのJ2降格が決定しました。俺はJ1に上がろうとしているJ2・ベガルタ仙台を応援しているので、その入れ替わりでJ2落ちするチームは基本的にどこだって構いません。ただテレビでヴィッセル降格の瞬間を見て、ユニフォームで顔を隠しながら号泣するエースの播戸選手を見ていると、胸が痛くて痛くて仕方なくなりました。ツライ現実ですが、ヴィッセルには一回りも二回りも大きくなって、J1の舞台に舞い戻って来て欲しいと思います!!。・・・何だか京都パープルサンガが、落ちるのにも上がるのにも慣れっこになってきているような気がするんですが(汗)。J1にいてもJ2にいても違和感が無い・・・。

<3つ目>
グラチャンの女子が最終日を迎え、日本はアメリカに0-3のストレート負けを喫して、通算成績を1勝4敗として6チーム中5位で大会を終えました。世界との決定的な差を、まざまざと見せ付けられた大会となってしまいましたね。俺はバレーボールの見方は全くの素人なので、あえてサッカー的な言葉の使い方をさせてもらえば、日本はまだまだ「精度」が足りていない。サーブの精度、ブロックの精度、アタックを打ち込む位置の精度・・・、基本的な技術のところにあるような気がします。身体能力の差などもありますが、それを組織力で補ってよく戦っているとは思います。それ故に、「自滅」で負ける試合はもったいなさ過ぎますよね。まだまだ強くなれますよ!!。
コメント (2)

みんな、大好きでした☆

2005年11月19日 | 「ん゜」関連のネタ
THE HIGH-LOWS」の活動休止が発表されてからというもの、ハイロウズやブルーハーツのCDを聞き直すことが多くなりました。元気になりたい時はハイロウズで、慰めて欲しい時はブルーハーツと言う感じでチョイスしています。それに加えてブルーハーツのトリビュートアルバムなんかも聞いて、色んなバンドのブルーハーツへの愛の形を確認したりもしています。画像の2枚の他にも、確か数枚のトリビュートアルバムが出ているはずです。原曲に近いもの、大幅なアレンジが加えられたもの、形は様々ですがどのバンドからもブルーハーツへの深い愛情が感じられます。俺のオススメは「THE BLUE HEARTS 2002 TRIBUTE」の中で、「SA」が演奏する「TOO MUCH PAIN」です!!。ブルーハーツのやさしさが、他のアーティストを通して伝わってくると言うか。我がリザストは2回ほど前の「ん゜」で、越路吹雪さんやRCサクセションが歌った名曲「サン・トワ・マミー」をカバーしました。次の「ん゜」ではハイロウズやブルーハーツをトリビュートして、ヒロト&マーシー節をカバーするのも悪くないかもしれませんね。俺の個人的な好みですが、もしハイロウズをカバーするなら、ヒロト&マーシーが長い沈黙を打ち破って元気な声を聞かせてくれた「ミサイルマン」。ブルーハーツなら、俺らの演奏でもはハマりそうな「少年の詩」あたりを歌いたいですね。
コメント (6)   トラックバック (2)

大物見参!!

2005年11月18日 | サッカー関連のネタ
最終的に北信越リーグ1部昇格を逃したヴァリエンテ富山ですが、なんとかつてガンバ大阪のキャプテンとして活躍し、今期はJ2のアビスパ福岡に所属していた木場昌雄選手を、選手兼コーチとして獲得したことを発表しました!!。木場選手と言えば、自作の個人ホームページ「木場食堂」の出来のよさがあまりにも有名で、ガンバ時代から何度か閲覧はしていました。このネタに関する日記が、早速アップされていますね。怪我の回復が思うように行かず、7月には引退を発表していた木場選手。そんな木場選手に現役続行を決心させたヴァリエンテの熱意は、きっと相当なモノだったと想像されます。北信越リーグには、フェルヴォローザFCの西川選手や寺内選手、1部昇格を果たした松本山雅FCの鏑木選手や矢畑選手といったように、Jリーグを経験した選手が何人もプレーしてはいますが、やはり木場選手の「J1出場221試合」という実績は群を抜いています。フェルヴォローザや石川FC(仮称)と言った1部の石川県勢との対戦はありませんが、来期は木場選手を見に北信越2部を観戦するのも悪くないですね。小松市のライオンパワー小松も昇格しましたし。・・・2部最下位だったPFU FCは県リーグに出戻りですか?!。
コメント (2)

32ヶ国決定!!

2005年11月17日 | サッカー関連のネタ
今日未明、世界各地でドイツW杯予選のプレーオフ第2戦が行なわれ、32ヶ国の出場枠が全て埋まりました!!。出場国は以下の通りです。

<開催国>
ドイツ

<欧州>
オランダ、ウクライナ、ポルトガル、フランス、イタリア、イングランド、セルビア・モンテネグロ、クロアチア、スウェーデン、ポーランド、スペイン、スイス、チェコ

<南米>
ブラジル、アルゼンチン、エクアドル、パラグアイ

<アジア>
日本、韓国、サウジアラビア、イラン

<北中米・カリブ>
アメリカ、メキシコ、コスタリカ、トリニダード・トバゴ

<アフリカ>
トーゴ、ガーナ、コートジボワール、アンゴラ、チュニジア

<オセアニア>
オーストラリア

俺は今朝5時過ぎに起きて、チェコ対ノルウェーを後半途中から観戦しました!!。もう既にチェコが先制した後だったので、少々がっかりしたのも事実ですが、出場が決まる瞬間と言うものを生で見れてよかったです。それにしても、ネドヴェドの落ち着き方は尋常じゃないですね!?。プレスを無効にするような、何気無い球捌きが上手すぎる!!。俺の中でのネドヴェドは、世界最高のサイドアタッカーだった頃のイメージで止まっていますが(汗)。いつの間にかトップ下の名選手になってるし。バーレーン、残念・・・。
コメント

日本1-0アンゴラ

2005年11月16日 | サッカー関連のネタ
後半終了間際、日本を勝利に導いたのは途中出場の松井大輔でした。前半何度も決定機を掴みながらも、ゴールポストとアンゴラGKの攻守に阻まれ無得点の日本。相変わらずの得点不足は否定できませんが、戦い方としては悪くありませんでした。そして後半、得点が欲しいあまり戦い方をシンプルにしたことで逆にバランスが崩れ、流れはアンゴラの方に大きく傾きます。そしてジーコが打開策として選んだ駒は、フランスリーグ、ル・マンの庁攻撃的な左サイドアタッカーとして活躍し、「リトル・ジダン」と呼ばれベストイレブンにも選ばれた松井大輔。J1優勝争いを演じるガンバ大阪で、今期は「点を取らせるスペース作り」に冴えを見せる大黒将志。そしてジェフ千葉をナビスコ・カップ初優勝に導いた、主将・阿部勇樹の3選手。この采配でかみ合い、今まで窮屈そうだった中村俊輔が楽にボールを持てるようになって、前線へ的確なボールさばきが見られるようになります。得点シーンの基点も中村でした!!。広い視野からゴール左でフリーとなった柳沢を見つけピンポイントクロス。ヘッドで折り返したボールを、松井がドンピシャのヘッドで決勝点です。何はともあれ、2005年を勝利で終われてよかったですね☆。

また今日は、世界のサッカー界にとっても大事な日です。今夜のプレーオフ第2戦で、W杯の出場国が全て決まってしまいます!!。明日早起きできれば、チェコ-ノルウェーを生放送で見てやろうと思っています。アジアの戦友、初出場がかかるバーレーンの結果も気になるところですが、先ほどオーストラリアのW杯出場決定の速報が入ってきました!!。今はオセアニア代表ですが、次回の予選からはアジア枠に所属替えして日本のライバルとなる国です。そういう視点から見れば、次回W杯のアジア出場枠にも影響してくるでしょうし、日本にとっても嬉しいニュースですね。

そしてバレーのグラチャン。昨日、ポーランドに競り負けた日本でしたが、今日は韓国にストレート勝ちです!!。スポーツは違えど。ニッポン、チャチャチャ☆。
コメント (7)   トラックバック (1)