DEEPLY JAPAN

古い話も今の話も、それでもやっぱり、ずっと日本!
Truly, honestly, DEEPLY JAPAN!

吹きあがる日本のメディアと侵略性否認問題

2018-11-08 14:46:10 | アジア情勢複雑怪奇

いやいや、日本国内では「徴用工」問題がふきあがって大変。

新潮の中吊りがこの調子らしい。大統領の陰謀なんだそうだ。もう、完全に煽りに入ってる。

 

これってしかし、日本国内でどれだけ吹き荒れようとも韓国国内は南北和解の姿勢を崩してないから、日本だけ陰謀論まみれになるだけという可能性が高いと思う。

今日は今日とてこんなことしてるし。

韓国政府、光州事件での軍による強姦を公式謝罪

https://www.bbc.com/japanese/46133884

 

また、韓国とロシアが原発の廃炉に関して協力することで合意したそうだ。

S. Korea, Russia expand nuclear decommissioning technology cooperation 

http://english.yonhapnews.co.kr/news/2018/11/07/0200000000AEN20181107008200320.html

原子力の問題ではロシアについておくのが実際とってもお得でしょう。廃炉の経験もあるし、あと、廃棄物に関してもロシアは基本的に核廃棄物をゴミだと考えない、燃料を加工してその間に有害度を下げて、どうしようもない部分だけゴミにするという枠組みで動いてるし、研究してる。高速炉もその一環だし、燃料加工技術が高いのもこのせい、とちゃんと軌道に載せてる。

日本ではここを全然みないで、ロシアは人権が低いからどこでも埋めてるのだ~みたいなことを言ったままで話が止まってる。90年代の混乱したロシアを強調しすぎたとも言えますね。日本にとって実際問題いろんな意味で協力できたらいいことがたくさんあるのに、残念なこと。

 

■ いろいろ言うけど結局根っこは一緒

で、日本の過去から派生したアジアに関する問題って、実のところ根は全部一緒だと思う。

それは、植民地支配、侵略を日本が絶対に認めない、という話。

ここから、いろんなところを言葉でごまかし、金払うんだからいいだろう、という方針でやってきた。日韓基本条約はその代表例ではなかろうか。

中国に対する姿勢も一緒でしょ。ODAにして経済協力をして、日本は中国に侵略したという話にはしない、という基本線を取っていたようにみえる。せいぜい言って、中国の民衆にはご迷惑をおかけしました、まで。

日韓基本条約の場合は、条約調印当時の外務大臣を含む当事者たちが、これは賠償というのではなくて、経済協力だ、独立祝い金だ、とか言っていたことが各種の資料に残ってる。

 

昨日、Everyone says I love you !さんが詳しい記事をお書きになっていたので引用させていただきます。

韓国徴用工訴訟最高裁判決、「日韓請求権協定で完全解決済み」論に萎縮する日本の「リベラル」マスコミと立憲民主党

https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/30fc4976a0fdce905d337c3b5dc93858

 

この協定の一方当事者であった椎名悦三郎外務大臣も国会で以下のように答弁しています。

「請求権が経済協力という形に変わったというような考え方を持ち、したがって、 経済協力というのは純然たる経済協力でなくて、 これは賠償の意味を持っておるものだというように解釈する人があるのでありますが、法律上は、何らこの間に関係はございません。

 あくまで有償・無償5億ドルのこの経済協力は、経済協力でありまして、韓国の経済が繁栄するように、そういう気持ちを持って、また、新しい国の出発を祝うという点において、 この経済協力を認めたのでございます」(第50回国会 参議院本会議1965年11月19日)

https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/65ee79efed76e110f9e3fc280960552a


そう、だから、

そもそも、日韓請求権協定により行われたのは経済協力で賠償ではないのですから、韓国民の賠償請求権が消滅するわけがありません。

 もちろん、日韓請求権協定の条文自体にも一言も、韓国民の個人請求権が消滅するとか、韓国政府が賠償・補償責任を肩代わりするなどという言葉は出てきません。

 なのに、この問題を取り上げてから、韓国ヘイトといいますかネット右翼の人がそれこそウヨウヨとコメントしに来るのですが、河野外務大臣にしてもネトウヨ諸兄にしても悪あがきは無駄なんですね。

https://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/65ee79efed76e110f9e3fc280960552a


というのも一理。

しかし、これを別の観点から見ると、もう払ったんだから黙れと言ってるネトウヨは、事実上の「賠償」を認め、反射的に不法行為の存在を認めることになるのではなかろうか。

なぜなら賠償とは不法行為による損害を償うものだから。

椎名大臣の答弁は、上で見たように、わざわざ念を押している。今見るとなかなかスゴイ。

賠償の意味を持っておるものだというように解釈する人があるのでありますが、法律上は、何らこの間に関係はございません。

あくまで有償・無償5億ドルのこの経済協力は、経済協力

日本の政治状況は1965年のこの意図が貫徹できてないよー、って感じ。

 

■ 何が何でも侵略でない、植民地でない

私がかねがね不思議としているのは、一体全体、どうしてそんなに何が何でも大日本帝国の行動を庇おうとするのだろうということ。

とりわけ、植民地と侵略戦争と断じることを何が何でも異常なまでの情熱で拒否しているように見える。

普通に見て、日本は日清戦争前から沖縄、台湾、韓国を支配下に置こうとした、コロニー作ってんだな、という実にシンプルな話にしか見えないわけです。

で、ついには満洲に手を出し、中国本体を貨幣、軍、阿片を使って支配しよういう実にまったく壮大なことをした。

日本は一等国だったという人たちは、コロニーをいくつも持った帝国になったことをむしろ喜んでいたと思うわけだが、コロニーの1つがそこから独立するとそれはコロニーではなかったのだとか言ってるという実に半端なことをしてる。

これは一体なぜなの?

正直、ほんとーに理解できないです、私は。自分の周辺の人にも質問してみても、そりゃやっちゃったことは仕方ないでしょ、といった感じで取り立てて庇い建てしようという意図を持っている人が多いようには見えない。せいぜいいって、今更言われたくない、みたいな感じか。

 

この話の解明には、白井聡さんが提示された、敗戦の否認という着想がかなりいい線いってるとは思う。

永続敗戦論 戦後日本の核心 (講談社+α文庫)
白井 聡
講談社

 

しかし、白井さんの「敗戦の否認」論は、対米従属メンタリティー問題には効果的だが、なぜこうまでして東アジアに対する自己の行動を侵略と認めたがらないのか問題にはあまり有効ではないと思う。

思うに、日本の宿痾は、1945の敗戦の否認ではなくて、侵略性の否認なのではなかろうか?

長くなったから項をあらためて後で考えることにするけど、要するに、イスラム国には親がいる問題のような気がしてる。

 

■ オマケ

初めて見ました。

<あのころ>日韓条約反対デモ

自民党が強行採決

1965(昭和40)年11月7日、日本と韓国の国交正常化を規定した「日韓基本条約」に反対する革新政党や団体、学生の集会とデモが各地で行われた。前日、衆院特別委員会で自民党が混乱の中で強行採決したことに反発。東京・銀座では道路いっぱいに広がるフランスデモで警官との小競り合い場面もあった。

https://this.kiji.is/432676297471706209?c=39550187727945729

 

■ 参考記事

11月11日はWWI停戦の日

 


 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« イラン・SWIFT・欧州 | トップ | CNNはもうずっとニュースをや... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
侵略国家建設が近代の目的だった日本の後遺症 (ローレライ)
2018-11-08 15:11:02
侵略国家建設が近代の日本の目的だった後遺症がトラウマな日本の悲劇。革命と独立が目的だった中国やキューバとは違う近代。
箱の中 (ブログ主)
2018-11-08 16:10:05
ローレライさん、

いやほんとに。つまり中国は敵は東インド会社的な奴ら(名前はどうあれ)という基本線がしっかりしてるが、日本はその東インド会社(名前はどうあれ)の仲間に入ることを「近代化」と呼んで立派なことでしたと、箱に入っちゃってるんですよね。

ガーター勲章を辞退してもらうぐらいのインパクトがないと箱は開かないっぽいです。
帝国主義のしっぽ (ローシャン)
2018-11-09 23:31:23
椎名外務大臣といえば、「日本は栄光の帝国主義」と言った確信犯。それにしても現在のマスコミは退廃の極みにあるようです。
慰安婦の問題も同根で韓国はようやく被害者の声を国が積極的に取り上げるようになったのですが、わが日本はいまだに帝国主義のしっぽを振り回し、北の被害者には「祝い金」さえ払わず、ほったらかし。
未来志向と言いながら、外国人労働者を大量に移入させるのは第二の徴用工をつくること。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アジア情勢複雑怪奇」カテゴリの最新記事