ソプラノ歌手 山田 由紀子 ~歌に生き 愛に生き~ 人間と動物、お互いの命が共生・共存・共栄し、調和する社会を目指して…

環境と健康と動物の為にベジタリアンになりました。4匹のワンちゃんとの生活をご紹介させていただきます。

Madama Butterfly

2011-09-29 | 日記

先日行われた第30回 陶朋会陶芸展でのトーク&リサイタルで素晴らしい解説付きで記事にして下さった方のブログをご紹介します。

是非、最後の方まで記事をご覧頂ければ幸いです。

http://53922401.at.webry.info/201109/article_24.html

私が解説の中でお伝えしきれなかった事も分かり易く文章にして下さっております。

この様に、皆さまの心の中に余韻を残せた事を大変嬉しく思います。

そして、私が伝えたかったもう一つのオペラプッチーニ作曲『蝶々夫人』についても少し触れさせて頂きます。

 蝶々夫人【Madama Butterfly】 

時は明治初期、武士の娘から没落し、芸者になりました。アメリカ海軍士官のピンカ―トンと恋に落ち、結婚し彼の子を産んで母になり、

ピンカートンの帰りを待ち、3年の月日が経ち・・・・、そして捨てられました。

第1幕 最後で、重なり合うソプラノとテノールの美しく甘い旋律の2重唱がもつれ合い、どこかしら閉塞感を感じます。

ピンカートンは一時の遊び(蝶々遊び)いつでも好きな時に解約できる都合の良い同棲する為の家を買い、蝶々さんはピンカートンの思いを愛だと勘違いし、勝手に結婚式までし、キリスト教に回心し、伯父のボンゾ―に勘当され・・・、蝶々さんの勘違い暴走は止まりません。

ピンカートンは一切要求していないのに蝶々さんは同棲=結婚、全てを捨て、ピンカートンに捧げてしまったのです。

そんな全く理解し合えていない2人が、港を見下ろす丘の上で高度なテクニックを要求される2重唱を、閉塞感漂う場面の中、高音C の音を響かせながら幕が下ります。ここから悲劇は始まっていたのです。

蝶々さんの悲劇とは・・・、もはや存在しない価値観の中でしか生きる事が出来なかった。

『侍かくいきるべし』という1つの価値観しか無かった時代に生まれた彼女は全く違った価値観が外から流れ込んでくる明治という時代に押し流されて行く。

明治初期、外国の文化が入り日本人は大慌て。植民地経営という支配方法で中国やアメリカという大それた国を相手に無鉄砲に挑み、初めは調子良く、『勝つ』と言う価値観に囚われた日本人はあくまでも戦争にこだわり・・・、そして敗戦すると今度は『お金』と言う価値観を信じ込みました。

必死に働き、大金持ちになり、その後の計画性も無しにやたらと色々なものを高値で買い込み、膨らみきった泡がはじけて、今度は安値で売るはめになり、結局大損して残ったのは借金の山。

ただひたすら一生懸命だったけど、何故か幸せになれない。

丘の上に立って毎日毎日アメリカの方を見つめ・・・、何か希望は見えはしないかと、日本はそんな国のように思います。

 

コメント

Buon Compleanno !! 

2011-09-22 | 日記

 今日はアンドレ5才のお誕生日 

キアッケレカーニの馬肉ミートローフケーキでお祝い

この興奮状態とかぶりつき具合は・・・

アンドレのブレ加減でお分かり頂けるでしょうか・・

コメント (2)

軽井沢

2011-09-19 | 日記

今日は急遽、軽井沢へ

え~っと、写真に写っている子達は手前から、ヴェルディ・メイベル・フィービー・ブレッツァ・イシュタル・タフィ・ギブリ・・・

この他、アンドレ・ティンクル・ツィギ―・千鳥・美空

総勢12頭が集まりました。

まったり~なサルーキ達

 

 

そして、ランチはこのお店   『追い星』

川沿いのテラスで、せせらぎを聴きながらワンちゃんとお食事を楽しめます。

今日は生憎のでした。 

葉の緑の輝きと、流れる川の清流が響き合い、作り手、そして食する人と自然が様々な形で融合し、

その時しか味わえない感動を演出してくれる。

オペラもこれに同じ、その一瞬にしか味わえない空気がある、演奏者と聴き手・・・、

発するエネルギーが調和した時に感動という空気がつくられる・・・のだと思う。

お料理と器がとてもマッチしていて、雰囲気の良いお店でした。

香茸の天ぷらや、炊き込みご飯、など、

素材にこだわった、珍しくて美味しいものを五感でたっぷりと堪能させて頂きました。

 

 ブレッツァ 

イタリア語で『そよ風』の意味

ヴェルのお母さんの兄妹であるブレちゃん・・・、本当にそよ風のようにフワフワと、

ある時はキッチン、ある時は「家政婦は見た」状態で壁から半顔を覗かせ、

そしてある時はアンドレの匂いを嗅ぎ・・・・、ヴェルにはヴゥ~~して、

今日はとても素敵なブレッツァに会えて、私はとても癒されました。

キッチンで置物状態でいる事をアンドレにもっと学んで欲しい・・・

せめて、置物であって欲しい。

去勢した者同士、色々と大変だろうけど、

その方が遥かに美味しい思いが出来るんだよぉ~~~っ!食いしん坊アンドレ~~!

 

 

コメント

ライラのお里帰り

2011-09-19 | 日記

群馬わんにゃんネットワークのパネル展トップに欠かせない『なっちゃんファミリー』

なっちゃんは、生まれたばかりの10匹の子と共に保護されました。

そして、今はみ~~んな幸せです

私が初めて保護活動をしたなっちゃんの子のレモンとライラ

多分、上の写真でおっぱいに吸いついて離れない二匹です

このライラの里親さんが群馬のキャンプ帰りに寄ってくれました。

ライラはママの名前をそのまま受け継ぎ、“なっちゃん”という名前です。

こんなに大きくなりました。

性格はそのまま・・・・、

私を見た時のリアクションは・・・、?????

アンドレとの感動的な再会に・・・・、動じる事も無く。

ヴェルのガウガウとペロペロ攻撃にも・・・・、動じず。。。

さすが、おっとりライラ+なっちゃんママの物怖じしない性格。暫くするとネンネ しそうになった・・・

かと思いきや、ヴェルのしつこさに嫌気がさしたのか、やっとヴェルにガウった

なっちゃん(ライラ)の幸せそうな顔見たら3年前の記憶が甦り、

胸の奥がジ~~ン熱くなってきた。

3年振りにこんな笑顔に再会出来た事が、本当に嬉しい

みんな幸せで良かった~~

 

 

 

コメント (2)

自性寺焼きの第30回 陶芸展にて

2011-09-17 | 日記

私が大学を卒業して群馬で舞台を始めた頃からでしょうか・・・。

安中市下秋間の自性寺焼き里秋窯の青木昇先生ご夫妻は毎回オペラの舞台のみならず、演奏会にも足を運んで下さいます。

そんな青木先生の門下生の陶朋会陶芸展が第30回を迎えるそうです。

おめでとう御座います。

そんな事で、青木先生からお声掛けを頂き、そんな記念すべき展示会で歌わせて頂く事になりました。

【 陶朋会陶芸展 第30回展記念ソプラノリサイタル 】

展示会場での演奏と言う事も有り、コンサートホールでは無いので、お客様には場所によっては耳障りであったり、ご不憫をお掛けする事もあろうかと思います。

しかし、私はオペラを演じるホールとまた違ったお客様の息や、演奏者側と客席側とのエネルギーの押し合いへし合いを身近に感じる事が出来、また違った感動を味わう事が出来ます。

私も楽しみながら歌わせて頂きたいと思っております。

世界に誇るべき日本の陶芸の文化、是非、門下生を通じで次世代に継承していって頂きたいと思います。

私も歌い手として、日本の古き良き文化を歌い継いで行きたいと思います。

今回の演奏は、こんな感じの内容で。。。

 

コメント (2)

英・濠・伊・・・・

2011-09-16 | 日記

  too HOT 

まだまだ暑い日が続きますね

昨日は仕事の為、昼過ぎから都内へ

先ず、私の会社のスタッフであるイギリス人達と目黒のカフェでミーティング。

極めてジェントルマンな彼らとは、Cappuccinoを飲みながら良いミーティングが出来た。

このミーティングは1時間で終了

そして、オーストラリア人のイケ面君が合流。

彼は今月から私の会社で働き始めた新人、日本に来て未だ8カ月なのに流暢に日本語を話す・・・

モデルでもありカメラマンとしても活躍を期待しているが、

何と言っても彼の特徴は非常に礼儀正しく、スマート

そしてカルバンクラインのアンダーウエアのモデルでもあり・・・、

ナチュラルボディービルダーの大会にも出場し(へぇ~、そんなのあるんだ・・・)

近日大会が予定されているらしく・・・、

しか飲まない・・・ 話をしている間も水オンリー

私も毎朝ジムに通って筋トレをしているので、筋肉の鍛え方で話は盛り上がり・・・、

筋フェチの私は仕事を忘れるひと時を送って・・・、およそ1時間くらい。

その後は・・・、

11月3日、高崎市もてなし広場で開催予定のキングオブパスタを一層盛り上げようと、

イタリア人のミュージシャンに演奏して貰おうと企画を立て、

元祖チョイ悪オヤジのクリスト・ピエトロ氏(ナポリ出身)と渋谷のイタリアレストランで待ち合わせ。

最近で言うとドラマのバンビーノや映画アマルフィに出演、俳優でもあり、タレントとして活躍中の彼。

勿論、遅刻・・・(多分20分くらい)

これは当たり前なので良しとして・・・ Ciao! Piacere! 陽気に挨拶を交わして、

飲んで、食べて、喋って

本題に入るまでに1時間経過・・・。 そして本題は10分程度(こんなんでいいの?)で終わった。

要するに、楽しければ良いのだ 

金額云々より、楽しくなければやらない・・・、というのがイタリア人の文化。

ピエトロ氏はイタリアンレストランのサルバトーレ・クオモ氏と被災地を数か所巡ってイタリア料理を振舞ったり、バンド演奏をした。

オペラの話をして、食、文化の話しをして、あっという間に時間が過ぎ、

DolceなCappuccinoの時間・・・、水しか飲まないスマート君・・・から空気が一転し、

Allegro e Molto Feliceな時間だった。

時間を気にしつつ、、、留守番をしているアンドレ&ヴェルディも気になり、

今日はこの辺で・・・、Ci vediamo  

 

 

コメント

Andre & Verdi

2011-09-14 | 日記

ボク達仲良し  だもんね~~

この寝顔見たら、辛い事、悲しい事、イヤな事みんな消えて・・・、

そして、また頑張ろうって思える。

 

コメント

あの頃チャンネル~アンドレ編~

2011-09-07 | 日記

 

やっと台風が去り、爽やかな澄んだ青空に

心なしか秋の匂いを感じます。

 

アンドレもウトウト・・・気持ち良さそう 

今月の22日はアンドレ 5歳の誕生日 Happy Birthday 5th

昨年4歳の誕生日に去勢手術してオカマちゃんデビューしてから早一年、

月日が経つのは本当に早いものです。

2009年ヴェルディが我が家に来てからのフォトチャンネルです。

   あの頃チャンネル~アンドレ君編~

コメント (3)

週末のイベント

2011-09-04 | 日記

昨日は公益社団法人高崎青年会議所 創立60周年記念事業で、

きっと、素晴らしい講演だったのであろう・・・、

教養フォーラム 『聴こえますか?子どもの声が』

「夜回り先生」こと、 水谷 修 氏の講演

講演終了後、会場から出て来た人達の感動さめやらぬ涙で潤んだ瞳や、新しいエネルギーに満たされた表情から・・・、

私は感じる事が出来ました。 

私は広報担当で、会場を出たり入ったりできちんと腰を据えて聴く事が出来なかったので、

後で収録したビデオをじっくり堪能したいと思う。

その後も素晴らしい講演はつづき、最後のメインフォーラムでは、

スーダンで活躍する医師 川原 尚行 氏による『私とあなたが公共都市たかさきを創る』

1日の最後を締めくくるフォーラム、これは全て聴く事が出来た。

東北地方太平洋沖地震の際の活動を中心に、映像で分かり易く、

温厚な口調で淡々と話される姿からは想像できない感動ストーリーを

実際に本当にやっている方。

終了してもこの感動に浸っていたくて・・・、しばらく座席を立てなかった。

******************************************

そして、本日は『群馬を元気にプロジェクト』ヤマダ電機LABI1高崎にて

日本青年会議所によるフォーラム『親子の絆~心の教養~』をテーマに

元新日本プロレスラー 高田 延彦 氏 による講演

様々な分野に挑戦し続ける自らの体験をもとに、身体づくりを含め、すぐに実践出来る筋トレ方法なども教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

コメント