生活管理・日用品ブログ

増田カイロの臨床における生活指導内容。NAET施術と併用して弱アルカリ体質を維持しましょう。

岩塩

2022-07-07 | 食品、食材、調味料
夏は塩不足、脱水になりがちです。
かといって塩だけ摂っていても意味がありませんので、
糖質・塩・タンパク質・ミネラルなど、バランス良く摂取して酷暑を乗り切りましょう(^^)

増田カイロ店頭でも200gのピンクソルトを販売しておりますが、ネット購入できる方は大袋入が便利です。


⬇Amazon.co.jpに掲載されていた梅研本舗ジャパン株式会社の塩の種類別用途を引用させていただきます。
 

梅研本舗の食用岩塩は、粒の大きさが4種類!


パウダー(ピンクのみ)

あら塩


小粒

ブロック

パウダー(ピンクのみ)

パウダー状の岩塩は、小麦粉のような細かさで、食材への浸透の良さが抜群です。

肉や魚の下味や野菜の塩もみなどが漬け置き料理の時間が短時間に。

吸湿性が高く、水分を含みやすいので固まりやすいという特徴も。

塩釜焼や盛り塩など形を作るのが得意です。

あら塩

あら塩状の岩塩は、パウダーよりちょっと粗く、あじ塩より細かいちょうどいい塩梅に仕上げました。

細かく塩が均等に振れ、スッキリとした塩味。

さらさらしてるから湯気の出る調理におすすめ。

どれにしようか迷ったらあら塩がおすすめです。

小粒

小粒状の岩塩は、ざらめを大きくしたような粒で、基本的にミル容器で使います。

粗く挽くとまろやかな塩味が長く口に残り肉や刺身など風味の強い食材との相性が抜群。

カリッとした食感が楽しみたい方におすすめです。

粒のまま酒の肴にもおいしいです。

熱中症対策タブレットとしても。

ブロック

ブロック状の岩塩は、パフォーマンス性にすぐれ、目で見て楽しめます。

おろし金で削ったり、叩いて小さくしたり、そのまま煮込み料理にも。

持運びに便利だからキャンプ料理をする時や盛り塩の代わりとしても最適です。





色々探して、ご自分で試してみるのも楽しいです
あら塩を選択してください
https://amzn.to/3zBcNyb
桐井記

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 2022年7月 季節の注意点アッ... | トップ | 日本でこんなことが起こる日... »
最新の画像もっと見る

食品、食材、調味料」カテゴリの最新記事