Full-Tone

女性建築士・ふるとちかこの徒然なるままに

くじ運

2018-11-16 19:07:51 | 日記・エッセイ・コラム

11月も半ばと言うのに、これが今月最初の投稿。

ご心配頂いてないとは思いますが、至って元気にしております。

昨日はボジョレー解禁日。

楽しい宴に行って参りました。

この頃、写真を撮らないで、食べて・飲んで・騒いで・・・。

昨夜の宴では、お買物券が当たった、ルン♪

チケットも500円券として使える。

隣の紳士から、1枚頂いちゃったので、締めて3千円也!


そして、もう一つ。

もはや何に応募したかすら、忘れていた件。

ちょいちょい、いいものが当たる、私。

今度はフレンチディナー付のお泊り。

40万の応募の中の30組だそう。

交通費は自己負担になるのだけど、

たぶんこんなことでもなければ泊まれないところ。

お楽しみができたので、また、ワクワクで頑張ります。

@ふると

コメント

ハナレイベイ

2018-10-22 12:35:50 | 本とか映画とか

久々に、映画館で映画観賞。

村上春樹氏原作の「ハナレイベイ」。

この短編が納められている「東京奇譚集」

ハルキストではないので、いくつも読んでいないけど、

短編が納められてるこの一冊のは珠玉だと。

「ハナレイベイ」は、特に。

さて、映画は。

演出が見事だし、景色は美しいし、俳優さん達はイケてるし。

秀逸の仕上がりだと思いました。

そしてまた、読み返してみたくなりました。

そう、『シークレット入場者特典』と言うのを頂きまして。

さて、私はこれを如何したらよい物か、迷いつつも、

眺めると、口角が上がる・・・笑笑

大事にしよう。

シークレットですから、ここでのお披露目はNGなの…。

@ふると 

コメント (2)

森のめぐみ展で。

2018-10-18 10:45:40 | 日記・エッセイ・コラム

公開したつもりが、一週間下書きになったままでした。

先週土日、はっちで開催された、森のめぐみ展。

林業女子会のブースで、葉っぱを使った「しおり」作りを体験して頂いたり、

女子会オリジナルの『葉っぱかるた』『木材かるた』などで、

お子ちゃまたちと遊んだり。

いつもとは違う、二日間を過ごしました。

そして私は、チェーンソー初体験!!

おっかなびっくりで、作品は残念な物でしたが、楽しかったです。

上手になると、こんなことまでできちゃうそう。

さて、ウケたのは決め手くん。

お気付きになるかしら?

@ふると 

コメント

森のめぐみ展

2018-10-12 23:36:50 | 日記・エッセイ・コラム

林業女子会のブースにおります。

お待ちしております。

@ふると

コメント

朋あり、

2018-10-09 21:02:06 | 日記・エッセイ・コラム

9月末2泊3日で、大学時代の友人が、家族旅行で青森に。

お母様を伴って、次男君にかばん持ちさせての孝行旅行です。

八戸駅まで新幹線で来て、そこから宿泊先まではシャトルバスで移動。

その乗り継ぎの2時間ほど、ランチをしながら会ってきました。

8月の出張の時、同期の女子たちと東京で会ったばかりでしたが、

ひと月ぶりでも、また話は弾みました。

近頃、設計の仕事も少しずつ増やしていっているらしく、

来年は青色申告をすることになったのだとか。

そんな、個人事業主どうしの話題も。

学生時代から何事においても敵わない彼女は、未だに才色兼備。

ですが、その件に関しては、私の方が詳しくて、少し優越感。

そして、彼女からもたくさんの刺激を受け、

また、私も磨きをかけなくちゃ・・・と。

近いうちに、同期のメンバーで女子会旅行も企て中。

18才からの4年間、振り返ると僅かな時間でしたが、

大人の階段を登る時期を共に過ごした仲間は、

出会うべくして出会ったのだなあと、改めて感じたり。

『朋あり遠方より来る、また楽しからずや』

孔子のこの言葉の深い意味に、しみじみ浸っております。

@ふると

コメント

実りの秋

2018-10-08 18:27:04 | 日記・エッセイ・コラム

ちょっとさぼり過ぎましたね。

9月の後半、確認申請を急かされている物件と共に、

バタバタしていたのが、恒例のミョウガ味噌作り。

毎年、皆さんに少しずつお分けして、好評で、

気をよくして、今年はちょっと多めに作りました。

味噌と言っても、醤油と麹で煮込むものです。

手前味噌ですが、万能調味料と言ってもいいくらい。


そこに、農園の収穫を手伝いに行っている方から、

傷んでいたり、色・形の悪い、ヒメンコ(洋梨)を大量に頂いて、

これは、ジャムとコンポートに。

しかも、リンゴも追加で頂いちゃいましたので、

夜な夜なジャムづくりが続きます。

 

更に、更に。

我が家の栗の収穫も重なりました。

下処理をしてご近所さんや知人にお裾分け。

私は、栗ごはんと栗しぼり、母は渋皮煮。

栗しぼりはもう少し、修行が必要です。

いずれも美味しく出来上がり、従って肥ゆる秋。

あ、もちろん、設計業務もきちんと行っております・・・笑笑

@ふると

コメント

かわいい、訪問者

2018-09-18 22:19:31 | 日記・エッセイ・コラム

昨日のことになります。

弊社に、これから建築学科を受験したいと考えている女子が、

将来のこと、建築業界のことを聴きたいと、お母様と来社されました。

母校、八戸東高校の学生さん。

ホームページを検索して、私のことを見つけたのだそう。

何を聞きたい?、何から話そう?、最初はそんな感じでしたけど、

打ち解けて小一時間、たっぷりお話をさせて頂きました。

お母様からすると、やはり男社会の建築業界。

女子がやっていけるのかどうか?

ここ最近は女子率が上がってきていることや、

環境も整ってきていることをお話して、安心してもらえた・・・はず。

興味があることも大事だけど、

色んなことを学んで、見聞と視野を広めて行く中で、

新しい目標に向かって行ける時期なのだとお話したり。

出会う先生や、環境によっても、また進みたい方向が変わっていくだろうこと。

資格試験のこと、仕事の内容を説明したり。

私の業務の諸々をお見せしたり。

それから、世の中にはこんな建物もあるのよ~と、

持っている写真集をお見せしたり。

とりとめが無いことを色々。

こんな風に訪問されることは初めてで、私も嬉しくなっちゃいました。

いい刺激になって、そして、女性建築士になって欲しいな~。

まずは、目指す大学へ、ガンバレ!

私も頑張らなくっちゃ~(^_-)

@ふると

コメント

手続き、色々

2018-09-12 12:04:10 | 日記・エッセイ・コラム

携わっている業務、建築確認申請前の様々な手続きに絶賛大当たり中!

来年実施予定の物件で、調整区域で造成工事も絡み、審査会案件。

中々に、一筋縄で進まず・・・。

もう一件の調整区域の案件は、収用移転で楽勝と思いきや、

建てられた時に許認可取られておらず、既存違法の扱い。

従って、開発許可のお手続きが必要となるそうな。

埋蔵文化財包含地での案件は、試掘をしたところ住居跡が!

平安時代とか、奈良時代とか。

そんなこんなで、本調査と相成りました。

まだまだ修行中の身・・・。

いろんな経験を積めることに感謝して、

真摯に遂行あるのみです。

@ふると

コメント

一個流し

2018-09-05 00:28:41 | 日記・エッセイ・コラム

そのボリュームやら、内容やら、様々なのですが、

お陰様で、並行して作業させて頂いている業務が5件。

とは言え、私の体はひとつなので、

8月の初めから、上手に凌いできております。

(7月は、建築士の日記念大会の諸々でしたので)

一人で作業しているので、並行しているのは間違いないのですが、

それぞれのスケジュールを見極めて、

調整しながら一つずつ確実にその期限に間に合わせていると言う。

ある人からは、「慣れているから」と言われ、

また、ある人からは、「綱渡り」と言われ、

また、ある時には、さぼっているとも言われ。

誹謗中傷のようですが、それも的を得ていて、

慣れであっても、ギリギリセーフであっても、

時にさぼっているようでも、

自分でも、自分を信じられない時があります。

一時に一件、いや、一件に一時。

一人なので、そもそも流れ作業はできませんので、

大手メーカーのそれとは、異なることは承知の上です。

でも、ひとつ一つ、一個流れ。

お客様と向き合って仕事をさせて頂いてます。

@ふると

コメント

屋内スケート場 工事現場の見学

2018-09-03 12:25:09 | 日記・エッセイ・コラム

1日、土曜日のこと。

工事中の屋内スケート場の見学会があり、参加してきました。

7月の建築士会のイベントの時は、

会場準備で見られず、悔しい思いをしていたら、

市で開催の募集を知りまして。

7月、見せてもらった写真では、小屋組みトラスが完成したところでしたけど、

今は、屋根デッキプレートが敷かれて、リンクの基礎工事中。

妙な違和感は、屋根がかかっているのに基礎配筋していることでした。

見学に来られる方がたくさんいて、慣れてはいらっしゃるのでしょうけど、

色んな質問に速やかに答えられる所長はかっこよかった!

完成間近に、もう一度見学してみたいわ。

さて、実際ここで競技が行われるのを

私は見ることがあるのかな~?

@ふると





コメント (2)