himikoの護国日記

長年の各種自虐史洗脳工作から目覚めた一人の愛国者の日記。
日本をおかしな反日勢力から守り、真の独立国にしたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【転載】余命3年時事日記 801~803

2016年05月30日 | 在日韓国・朝鮮人
現在、転記作業をしている。約500件まで終了しているが、完全におっかけっこである。
口座確認投稿は転記が終わると削除される。削除されずに残っているのは何らかの理由があるからである。
確認されたい。多くは項目が抜けている。
また、その件数が多くて滞留する状況になっているので、投稿済みの方も再確認をお願いしたい。今日明日は転記にかかり切りになると思うので、投稿の処理開始は1日からになる。


以下のみなさんは、情報に不備または記載がない。確認されて再投稿願いたい。

ものいわぬ多数派殿 この本名でよろしいですか?確認をお願いする。
大分県人殿
高橋殿 山形県
ドングリ殿
小野殿
大丈夫。確認している。
しんじ殿 奉納ご芳名です。よろしいですか?
上田殿 下関市
るる殿
日本人殿
倫太郎殿
克博殿 読みはかつひろでよろしいですか。
名古屋の住人殿
尾浜殿
sakura 訂正内容が確認できないので、詳細をどうぞ。
山田殿
梶原殿
tanakanaoko殿
じこく殿
KG殿
片麻痺オヤジ殿
田中殿 栃木
小林殿 岡山
コメント

【転載】余命3年時事日記 791 業務連絡

2016年05月29日 | 在日韓国・朝鮮人
m。m。様
振込日時 5/25
システムが良くわからないのですが、これでよろしいのでしょうか?

かわ
確認とは、振り込んだらここのコメント欄に、本名生年月日住所を書きこむということですか?

黒米おむすび
(崎の字の大の部分が立で記帳されています)
微々たる額で申し訳ないですが、5月28日に送金いたしました。

s、y様
..........3

このファイルではなく、次の白紙ファイルナンバー801、802、803のいずれかにお願いする。転記した場合は、削除するのでデータは残らない。上記名の方は練習です。再度書き込みをどうぞ。

高速冷房
803
802
801
本文の無い謎の更新があります。
間違いであれば早めの修正お願いします。
※このコメントは削除して構いません。

.....あまりにも寄付されている方が多いので、3ファイルを特別に白紙にしている。
振込口座の補填である。よろしくお願いしたい。
コメント

【転載】余命3年時事日記 790 朗報です。

2016年05月29日 | 在日韓国・朝鮮人
タイトルを朗報としたのは落ち着いて読めるようにという意味である。
もちろんマイナス要素は何もない。在日や反日勢力にとっては悲報だが(笑い)

新たな段階に入ったということで、いろいろとお伝えしたいことがある。
数日、時間をいただいたのはその関係である。
現在投稿記事にコメントしていないが、必要なものについてふれておく。

寄付の回数については1回で結構である。
後述するが、今回の立ち上げだけで、すべてうまくいくことなどありえない。
一旦、事務所等の準備にかかり、その後は企業に対する支援要請という段階に入るが、それまで敵勢力が黙ってみているわけがない。
サイトを立ち上げるということは、標的となることである。すみれの会が花が咲くどころか枯れてしまう可能性も十分にあるのである。
そういうわけで、用心に用心をして、共倒れにならないように余命とすみれの会を二本立てにした。
すみれの会は最初からみなさんの寄付をもって起動し,事務所立ち上げから企業支援までを予定し、その第一段階としてセキュリティをもった事務所の設置を目指した。
当初、余命の読者の状況から固定的な読者は約3万人、寄付ということになれば、おそらく10分の1、住所も電話番号もない寄付であるから、せいぜい1000件から1500件という見込みで、支援サイトの立ち上げのアピールを優先、6月半ばまでに目標額が達成できればいいなということであった。
25日にお知らせで寄付のお願いを発信。26日は60件の振り込みがあった。
そして27日。なんと昼過ぎに2300件オーバーである。週明けには4000件をこえそうだ。
万単位での高額寄付もあって掛ける3000円ではない。
先述の通り、現状では事務所立ち上げ関連と弁護士による法的な検討要請程度しか予定されておらず、すべては6月半ばの事務所設置からとなるが、それについては必要かつ充分な資金がすでに集まったということですぐにとりかかる。
以上のような状況であるから、寄付はまだこれからという方は無理されることはない。
なお神社への奉納CDご芳名の件は、今回に限らず、今後のいろいろな日本再生の活動も含まれるから気にされることはない。
尚この件についてのお願いである。
振り込みに際して、匿名、カタカナ、ひらがな、ニックネームの方がおられる。
子孫の代になっても識別確認できるようにCDにまとめるので、余命のファイルに以下のように投稿をお願いしたい。生年月日は西暦。例19780124  都道府県名と市区名
金額は3000円は3、1万円は10。
また、整理の関係上、本名で振り込みの方も確認投稿をお願いしたい。
日本太郎 にほんたろう 19450321 東京都新宿区 3
大和花子 やまとはなこ 19861201 大阪市北区  10
照合にかなり時間がかかるのでゆっくりで結構である。
投稿のファイル番号は、投稿順と関係なく、801、802、803である。
情報は別ファイルに保存され、即削除される。

.....25日以降、約180ほどの投稿がある。そのうち批判的なものが17件ある。10件は新規の読者で、7件は複数の投稿履歴がある方である。荒らしは除外した。
1.すみれの会がアメーバを使っている。(2)
2.寄付そのものが疑問。(2)
3.住所その他が不明確。(3)
4.審査の条件がわからない。(1)

支援については、秘密にする必要はないし、寄付金の使用用途がはっきりしている管理団体であるからアメーバでも問題はないだろう。
寄付そのものを問題と言うのは、全否定で論外。審査条件はすでに訴訟となっている案件で適用条件を明らかに満たしているものに限られる。
すみれの会が直接、告発、告訴することはない。
問題は3の住所その他が不明確という点である。

会、そのものを堂々とした組織で立ち上げるのが理想であるが、簡単なことではない。
ほとんど公表していないが、極秘ファイルへ投稿されている保守攻撃の実態はひどいものだ。現実に川崎デモで15人のデモ隊に200人の警察官?なんて誰も信じない。これは警護である。警護と言えば岡山デモでも桜井氏には6人の警察官が警護についていた。
余命の前3代目はなりすまし匿名の緊急支援要請に応じてしまい、結局、身バレ状態となって危険となったため帰米して6月に亡くなっている。大げさに思われるかもしれないが、余命の外出は車2台で常に5人の護衛?がついている。
いちいち報告していないが、昨日も配達証明郵便が来ている。削除要請に関するもので、サーバーはとりあえず対応せざるを得ない名誉毀損案件に仕立て上げている。過去ログでなりすまし関連を扱っているが、手口としては、投稿記事内に過激な文言を入れたり、他人を誹謗中傷するなりして、それを掲載している余命に対して容認責任と削除を求めるもので、放置は全削除という危いものだ。
こういう状況の中では支援サイトの立ち上げがどんなに困難だったかがわかるだろう。1月~4月までは完全にアウトであった。保守のみなさんががんばってやっと口座の引き受け手が決まり、余命は直接関与せずバックアップに回るという図式は、余命がコケたらみなコケたということにならぬような安全対策であった。
完全に分離しておけば余命がコケても会は残る。黒子的なみなさんが多いので最初から法人として堂々と立ち上げができなかったのはそういう理由である。
あくまでも善意の読者複数から、税務上のアドバイスがあった。税金の問題である。
税率の多寡は関係がない。この支援サイトの存在が本筋の目的なのだ。税金はただお金の問題である。これを我慢すれば自由に動ける。わざわざ身バレすることはない。

今まではどこで誰がどういう保守系裁判をしているかはほとんどわからなかった。今後は、情報収集と支援の窓口ができたことから、すぐに支援と情報の拡散ができる。
「余命三年時事日記」の3シリーズで外患罪やテロリストに関する対応を細かく示してある。すみれの会は告発サイトではない。あくまでも支援サイトであるが、告発が受理されたときの威力は計り知れないほど大きい。
要するに、常時、すみれの会に監視され、いつ攻撃されるかわからない状態になる。
1月からの保守グループとの接触、とくに在特会桜井氏との対談については6月10日発売ジャパニズム31に掲載されているが、戦闘集団と戦略集団の提携に資金力が加わるかたちとなれば、在日や反日勢力には発狂ネタとなるだろう。以下、外患罪が関係すると思われる現在進行形の事案と、官邸メール余命41号~53号の部分抜粋である。
余命は官邸メールを発信するだけの口だけ番長ではない。法的な部分は弁護士なりに依頼する。告訴となると弁護士は二の足を踏むが、告発状程度なら受ける弁護士はお金次第、どこにでもいるのである。
以上、とりあえずご報告まで。

飛騨守右近 #小西洋之 議員に脅迫された
‏@cyuponpon
有田芳生を一昨年夏に行われた滋賀県知事選挙の投票当日における公職選挙法違反により刑事告発状を地検へ郵送しました。さあ、此れからが楽しみですねw

産経新聞 5月25日
兵庫県尼崎市が半世紀にわたり、学校法人「兵庫朝鮮学園」(神戸市垂水区)に尼崎朝鮮初中級学校(尼崎市西立花町)の用地として、年間約28万円という格安で貸していた市有地約7850平方メートルについて、市と法人が年間約260万円の賃料とすることで賃貸借契約を更新していたことが24日、分かった。
平成37年度末までの契約。市はこの市有地の標準賃料を年間約2600万円と算出しているが、今後10年間、標準賃料の10分の1の賃料が維持される見通し。市は「いきなり標準賃料の支払いを求めると学校経営が成り立たないため、協議の結果、今回の金額に落ち着いた」としている。
産経新聞が情報公開請求で入手した契約資料によると、契約は4月1日付で、期限は38年3月31日。賃料を年間258万9855円とし、法人側に年4回に分けた納付を求める内容になっている。
契約に合わせて市長と法人理事長との間で交わされた覚書には、更新された賃料は「経過措置」であることを明記。市と法人は継続的に標準賃料での契約に向けた協議を続け、37年度末までに賃料を見直す取り決めになっている。
市有地をめぐっては、市が昭和41年以降、10~20年ごとに契約更新しつつ、年間約28万円という破格の賃料を維持。今年3月末の契約期限を前に、年間260万円に賃上げする交渉を進めていた。
産経新聞が入手した別の資料では、市が昨年6月以降法人側と13回交渉を重ねたほか、交渉窓口の市人権課が「学校教育の観点から賃料の年額は基本額の10分の1が妥当で、勘案してほしい」とする意見書を資産統括局長に提出していたことも判明している。

朝鮮学校補助金問題における、知事権限。

桝添知事の朝鮮学校問題。 リコールはともかく。

しばき隊野間ツイッター裁判敗訴賠償問題。

しばき隊リンチ事件、ぱよぱよちん事件

ヘイト団体の公園での集会、許可しない方針
川崎市の福田紀彦市長が、在日コリアンの排斥を訴えるヘイトスピーチデモを繰り返している団体側に、市が管理する公園での集会を許可しない方針を固めたことが関係者への取材でわかった。
団体は6月5日に市内でデモを予告しており、公園でヘイトスピーチをさせない狙いだ。ヘイトスピーチ解消に向けた取り組みを国や地方自治体に求める法律が今月24日に成立しており、その趣旨を踏まえての判断とみられる。
市議会も、市側に許可しないよう要望する。川崎には多くの在日コリアンが暮らしており、「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」によると、2013年以降少なくとも12回のヘイトスピーチが市内であった。ネットワークは25日に出した声明で、「ヘイトデモを行わせないためのあらゆる措置」を市に求めていた。
http://www.asahi.com/articles/ASJ5W5F8LJ5WULOB00Y.html

テーマ 余命41号 外患罪適用について
現在、日本固有の領土である島根県竹島は、韓国により武力占拠され、毎年竹島は韓国領として韓国三軍による防衛演習が実施されている状況である。
外患罪は戦争や武力衝突が実際になくても、竹島のように国あるいは組織によって武力占領されたような場合には適用条件を満たすとしている。
李ラインの時代からの占領がなぜ10月25日をもって適用条件下となったかについては、明らかに当該国あるいは組織が意志をもって占領しているという形が絶対必要条件であり、占領といっても実際に漁師や一般人が住んでいる状況は武力占領とはいえなかったのであるが、日本の領土竹島に対し、韓国が自国の領土竹島の防衛演習と宣言した時点で外患罪のいう武力占領があったときという条件を満たしたということである。
外患罪には外患誘致罪、外患援助罪、外患予備罪・外患陰謀罪がある。いずれも「本罪の保護法益は国家の対外的存立である」とされ、他国の攻撃に対し、日本が国としての存立の維持を保護する法として規定されている。

テーマ 余命42号 外患罪適用について
外患誘致罪の保護法益と同様に、外患援助罪は日本の国家としての存立を貶め、危うくする行為から日本を守ることを法益とする。
本罪の行為は日本国に対して敵国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えることである(刑法82条)。軍務に服することは、敵の組織する軍隊に参加することであり、戦闘への参加の有無、役割(兵站、諜報、医療等)に関わらない。また軍事上の利益を与えることとは、軍務に服さず協力することであり、その態様は、敵軍に協力し軍事行動を行う、兵站・諜報活動等の後方支援、占領地域において占領政策への協力等全ての形態を含むという、これこそまさに利敵、反国家売国行為のことである。

テーマ 余命43号 外患罪適用について
朝日新聞の慰安婦捏造事件は一応、謝罪というかたちになっているが、世界規模で日本を貶めた行為であるにもかかわらず、海外における謝罪は皆無であり、当然、日本国民の納得できるかたちにはなっていない。
すでに官邸メール余命9号で外患罪の法整備について要望を出しているが、過去に適用例がなく、まず告発、提訴の初期段階からアバウトな状況である。少なくとも対象組織に対して、この関係の法的環境を早急に整える必要がある。

テーマ 余命44号 外患罪適用について
本罪の行為は日本国に対して敵国から武力の行使があったときに、これに加担して、その軍務に服し、その他これに軍事上の利益を与えることである(刑法82条)。軍務に服することは、敵の組織する軍隊に参加することであり、戦闘への参加の有無、役割(兵站、諜報、医療等)に関わらない。また軍事上の利益を与えることとは、軍務に服さず協力することであり、その態様は、敵軍に協力し軍事行動を行う、兵站・諜報活動等の後方支援、占領地域において占領政策への協力等全ての形態を含むということだが、これこそまさに利敵、反国家売国行為のことである。
ここで総理に質問である。
フジテレビはスポーツ中継にて、日本国歌をカット、韓国国歌を流す。日本優勝式典をカット。呼称を日韓でなく、韓日とする等、日本の国旗、国歌を貶め、本来あるべき呼称をあえて侮辱する反国家行為を行っていたが、私たちはこれは明らかに外患罪事案であると考えている。総理のお考えを伺いたい。

テーマ 余命45号 外患罪適用について
中国戦時動員法制定に関し、新聞やTVは、緊急かつ重大ニュースにもかかわらず一紙以外は全く報道せず、また韓国における戦時動員令の改正についても報道がない。
これは予想される敵国の宣戦布告ともいえるような戦争準備法を報道しないという明白な日本国家を貶める利敵行為である。

テーマ 余命46号 外患罪適用について
日本の政治は良くも悪くも日本人が決めるものだ。にもかかわらず、これに外国人参政権を導入しようとするものがいる。明らかな売国行為であり外患罪対象事案である。
在日本大韓民国民団(民団)が次期衆院選で、永住外国人選挙権付与に賛同する民主、公明両党候補を支援することになった。民団は衆院選を選挙権付与の「天王山」と位置づけており、選挙戦に一定の影響を与えそうだ。民主党の小沢代表は11日、東京都内であった民団中央本部の会合に出席して連携を確認。「我々が多数を形成すれば、日韓の残された懸案を着実に処理します。ご理解いただき大変ありがたい」と謝意を伝えた。
小沢氏は2月、韓国で就任直前の李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談し選挙権付与への積極姿勢を表明。党の諮問委員会も「付与すべきだ」とする答申を出した。
民団側はこうした経緯をふまえ、鄭進団長らが9月、民主党本部に小沢氏を訪ねて支援の意向を伝えていた。民団は在日韓国人ら約50万人で構成。民主党側は、日本国籍を取得した人を含めた有権者への呼びかけなど、「かつてない規模の支援が見込まれる」(小沢氏側近議員)と期待している。民団の支援は賛成派候補を集中的に後押しすることで膠着(こうちゃく)状態を打破する狙いがあり、将来の「民公連携」の誘い水になる可能性もありそうだ。(2008年12月12日 朝日新聞)

テーマ 余命47号 外患罪適用について
韓国が竹島を韓国領と宣言し、防衛演習を実行した段階で、外患罪の適用条件が整っている。過去において河野談話、村山談話が特アにつけ込まれ、利用されて、世界に日本国家をいかに貶める元凶となったかは国民すべてが怒りをもって認知しているところである。

テーマ 余命48号 外患罪適用について
昔民主党に菅直人という総理大臣がいた。6000万円をこえる不透明な政治資金の流れと左翼朝鮮市民団体に拉致問題がからんで大スキャンダルとなるところであったが、東北地震により追求が頓挫している。
現在、北朝鮮の核開発問題であらためて制裁が強化される事態となって、この問題が浮上してきた。これは国民が等しく危惧してきた問題であり看過できるものではない。

テーマ 余命49号 外患罪適用について
朝日新聞の、捏造された南京虐殺報道、慰安婦報道は日中、日韓関係を悪化させた主要因であり、反国家犯罪の典型例であるが、それに輪をかけ、わざわざ南京虐殺記念館まで出かけて謝罪という愚行を演じたものがいる。村山、鳩山の元総理である。

テーマ 余命50号 外患罪適用について
在日本大韓民国民団(民団)が次期衆院選で、永住外国人選挙権付与に賛同する民主、公明両党候補を支援することになった。民団は衆院選を選挙権付与の「天王山」と位置づけており、選挙戦に一定の影響を与えそうだ。民主党の小沢代表は11日、東京都内であった民団中央本部の会合に出席して連携を確認。「我々が多数を形成すれば、日韓の残された懸案を着実に処理します。ご理解いただき大変ありがたい」と謝意を伝えた。
小沢氏は2月、韓国で就任直前の李明博大統領と会談し選挙権付与への積極姿勢を表明。党の諮問委員会も「付与すべきだ」とする答申を出した。
民団側はこうした経緯をふまえ、鄭進団長らが9月、民主党本部に小沢氏を訪ねて支援の意向を伝えていた。民団は在日韓国人ら約50万人で構成。民主党側は、日本国籍を取得した人を含めた有権者への呼びかけなど、「かつてない規模の支援が見込まれる」(小沢氏側近議員)と期待している。民団の支援は賛成派候補を集中的に後押しすることで膠着(こうちゃく)状態を打破する狙いがあり、将来の「民公連携」の誘い水になる可能性もありそうだ。(2008年12月12日 朝日新聞)

テーマ 余命51号 外患罪適用について
押し紙問題が騒がれている。週刊新潮によれば、新聞販売店主の告白として、朝日新聞30%、読売新聞40%、日経新聞20%、産経新聞26%、毎日新聞74%が水増しの店もと報道されている。
これは第三種郵便の規定に抵触する恐れがあるだけでなく、明らかな詐欺行為である。
反日メディアが、この不当行為で得た収益を反日行為の資金とすることは完璧な外患罪事案である。

テーマ 余命52号 外患罪適用について
昨年12月16日に、「北星学園大学」への抗議電話2回で第三者による「業務妨害」での「告発」という告発があった。
「植村隆」を擁護する、左翼集団「負けるな北星の会」の弁護士438人が代理人になり、募集した告発人352人が「たかすぎ」を札幌地検に、業務妨害で告発したものだ。
1人の抗議電話者に、438人の弁護士は、誰がみても異常行為である。
この「負けるな北星!の会」(名称マケルナ会)はゆうちょ銀行にカンパ口座を持っているが、政治団体としての登録は確認されていない。
(マケルナ会口座)
活動支援のカンパ(1 口 500 円・何口でも)をお願いします。
かんけい送金先:ゆうちょ銀行振替口座
記号02720-4 番号70218

テーマ 余命53号 外患罪適用について
「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の会員らが6年前、徳島県教職員組合で罵声を浴びせた行動をめぐり、県教組と当時の女性書記長(64)が在特会側に慰謝料など約2千万円の賠償を求めた訴訟の控訴審判決が25日、高松高裁であった。生島弘康裁判長は、「人種差別的思想の現れ」で在日朝鮮人への支援の萎縮を狙ったと判断。女性の精神的苦痛を一審より重くとらえ、倍近い436万円の賠償を命じた。
在特会をめぐっては、09~10年の京都朝鮮第一初級学校(現・京都朝鮮初級学校)周辺での抗議行動を京都地裁が「人種差別にあたる」と認定。1200万円余の賠償を命じる判断を支持した大阪高裁判決が14年に最高裁で確定している。
コメント

外患罪告発に向けた参考資料

2016年05月27日 | 在日韓国・朝鮮人
久々に、余命3年時事日記の転載以外の記事を投稿します。
世間はサミットだ、オバマ大統領の広島訪問だと騒がしいですね。

余命さんたちの活動により、保守系裁判支援団体すみれの会が発足しました。
反日勢力に乗っ取られている司法を日本人の手に取り戻すためにも、とても
重要な戦いが始まります。

そして、外患罪について新官邸メールでたくさん取り上げられたように、
今後は反日勢力・売国奴一掃のための外患罪での告発が始まるでしょう。

外患罪資料として、各大学の安保法制に反対する大学教員の会、がリストアップ
されておりました。そして、こちらも忘れてはいけない


「高校無償化」措置を朝鮮学校に適用することを求める大学教員の要望書に賛同した方々

以下、転記して保存しておこうと思います。
怖いですね、日本の大学にこんなにも北朝鮮のスパイがいるなんて・・・。


●国内大学
常野雄次郎 (獨協大学外国語教育研究所)
川村肇 (獨協大学)
市川達人 (獨協大学)
平田由紀江 (獨協大学)
楠原彰 (國學院大學)
太田修 (佛教大学)
武内一 (佛教大学)
山本奈生 (佛教大学)
鈴木文子 (佛教大学)
道場親信 (和光大学)
ロバート・リケット (和光大学)
加藤三由紀 (和光大学)
井上輝子 (和光大学)
荘魯迅 (和光大学)
江利川春雄 (和歌山大学)
山崎由可里 (和歌山大学)
菅道子 (和歌山大学)
小林民憲 (和歌山大学)
溝口和子 (和歌山大学)
佐藤史人 (和歌山大学)
金尚均 (龍谷大学)
岸政彦 (龍谷大学)
李洙任 (龍谷大学)
高橋進 (龍谷大学)
國重裕 (龍谷大学)
廣瀬純 (龍谷大学)
細川孝 (龍谷大学)
富岡美知子 (龍谷大学)
嶋田恭子 (龍谷・大阪商大・同志社・立命)
星名宏修 (琉球大学)
石崎博志 (琉球大学)
森美千代 (琉球大学)
大胡太郎 (琉球大学)
阿部小涼 (琉球大学)
亀山統一 (琉球大学)
岩橋法雄 (琉球大学)
新城郁夫 (琉球大学)
盛田良治 (立命館大学他)
森類臣 (立命館大学コリア研究センター)
堀江有里 (立命館大学・龍谷大学・花園大学ほか)
近藤宏一 (立命館大学)
金友子 (立命館大学)
勝村誠 (立命館大学)
堀田義太郎 (立命館大学)
池内靖子 (立命館大学)
湯川笑子 (立命館大学)
大野裕 (立命館大学)
庵逧由香 (立命館大学)
秋林こずえ (立命館大学)
荒井正治 (立命館大学)
筒井淳也 (立命館大学)
佐藤卓利 (立命館大学)
加藤恒彦 (立命館大学)
小川栄二 (立命館大学)
遠山千佳 (立命館大学)
池田伸 (立命館大学)
鄭栄桓 (立命館大学)
伊勢俊彦 (立命館大学)
四方利明 (立命館大学)
南裕恵 (立命館大学)
周瑋生 (立命館大学)
笹野恵理子 (立命館大学)
斎藤敏康 (立命館大学)
小澤亘 (立命館大学)
大澤覚 (立正大学ほか)
川添歩 (立正大学)
林みどり (立教大学)
新田啓子 (立教大学)
石坂浩一 (立教大学)
矢野百合子 (立教大学)
文珍瑛 (立教大学)
橋本みゆき (立教大学)
山嵜雅子 (立教大学)
舌津智之 (立教大学)
小野沢あかね (立教大学)
入江公康 (立教大学)
新妻昭彦 (立教大学)
中北浩爾 (立教大学)
Hyangjin Lee (立教大学)
池田広子 (立教大学)
久米昭元 (立教大学)
岩間暁子 (立教大学)
奈須恵子 (立教大学)
秀村研二 (明星大学)
渡戸一郎 (明星大学)
上原麻有子 (明星大学)
金庚芬 (明星大学)
林雄介 (明星大学)
小畑精和 (明治大学)
丸川哲史 (明治大学)
崔博坤 (明治大学)
宜野座菜央見 (明治大学)
宮本真也 (明治大学)
生方卓 (明治大学)
小川原宏幸 (明治大学)
三上昭彦 (明治大学)
小野正弘 (明治大学)
木村真希子 (明治学院大学国際平和研究所)
秋月望 (明治学院大学)
高原孝生 (明治学院大学)
森本泉 (明治学院大学)
石原俊 (明治学院大学)
涌井秀行 (明治学院大学)
勝俣誠 (明治学院大学)
坂口緑 (明治学院大学)
原武史 (明治学院大学)
元森絵里子 (明治学院大学)
浮葉正親 (名古屋大学)
黒田光太郎 (名古屋大学)
田中京子 (名古屋大学)
渡邉信久 (名古屋大学)
柘植新 (名古屋大学)
長畑明利 (名古屋大学)
東村岳史 (名古屋大学)
池内敏 (名古屋大学)
内田綾子 (名古屋大学)
大橋基博 (名古屋造形大学)
金井美晴 (名古屋市立大学大学院)
菊地夏野 (名古屋市立大学)
清水昭信 (名古屋市立大学)
寺田元一 (名古屋市立大学)
寺尾光身 (名古屋工業大学)
永渕康之 (名古屋工業大学)
坂本功 (名古屋工業大学)
ベイジョンソク (名古屋工業大学)
高橋典子 (名古屋経済大学)
阿部太郎 (名古屋学院大学)
佐竹眞明 (名古屋学院大学)
今野道裕 (名寄市立大学短期大学部)
鈴木文明 (名寄市立大学)
舟根妃都美 (名寄市立大学)
大坂祐二 (名寄市立大学)
加藤千恵子 (名寄市立大学)
藤谷英男 (麻布大学)
田村光彰 (北陸大学)
稲月正 (北九州市立大学)
岩下明裕 (北海道大学)
北村嘉恵 (北海道大学)
松浦正孝 (北海道大学)
清水賢一郎 (北海道大学)
石岡丈昇 (北海道大学)
宮盛邦友 (北海道大学)
近藤健一郎 (北海道大学)
小内透 (北海道大学)
猪瀬優理 (北海道大学)
姉崎洋一 (北海道大学)
張浩徹 (北海道大学)
玄武岩 (北海道大学)
身壽 (北海道大学)
浜井祐三子 (北海道大学)
原田真見 (北海道大学)
吉田徹 (北海道大学)
尾崎一郎 (北海道大学)
大崎功雄 (北海道教育大学)
山本真鳥 (法政大学)
古沢常雄 (法政大学)
和田悠 (法政大学)
南雲和夫 (法政大学)
木島泰三 (法政大学)
今泉裕美子 (法政大学)
山本正代 (法政大学)
根津朝彦 (法政大学)
草光俊雄 (放送大学)
松田陽子 (兵庫県立大学)
柏木敦 (兵庫県立大学)
阿久澤麻理子 (兵庫県立大学)
坪田典子 (文教大学)
牛江ゆき子 (文京学院大学)
高橋準 (福島大学)
桃崎祐輔 (福岡大学)
熊木勉 (福岡大学)
高木雅史 (福岡大学)
広瀬貞三 (福岡大学)
中藤洋子 (福岡県立大学)
岡本雅享 (福岡県立大学)
小林知子 (福岡教育大学)
保条成宏 (福岡教育大学)
船津建 (福岡教育大学)
西崎緑 (福岡教育大学)
堀口里志 (福岡教育大学)
中島亨 (福岡教育大学)
三谷尚 (福岡教育大学)
綛谷智雄 (福岡医療福祉大学)
山根清志 (福井大学)
北明美 (福井県立大学)
宇城輝人 (福井県立大学)
小口恵巳子 (武蔵野大学ほか)
渡辺直紀 (武蔵大学)
平野千果子 (武蔵大学)
千田有紀 (武蔵大学)
福島在行 (武庫川女子大学)
今滝憲雄 (武庫川女子大学)
小倉利丸 (富山大学)
斉藤正美 (富山大学)
大野圭介 (富山大学)
小野直子 (富山大学)
藤田久美子 (白梅学園短期大学)
瀧口優 (白梅学園短期大学)
棚橋昌代 (白梅学園短期大学 )
今井証三 (日本福祉大学)
穂坂光彦 (日本福祉大学)
前原清隆 (日本福祉大学)
長沼宗昭 (日本大学)
坂野徹 (日本大学)
三澤真美恵 (日本大学)
小浜正子 (日本大学)
姜有峯 (日本大学)
冨士原雅弘 (日本大学)
初見基 (日本大学)
三宅忠和 (日本大学)
大岡聡 (日本大学)
臼杵陽 (日本女子大学)
影山陽子 (日本女子体育大学)
阿部雄一 (日本橋学館大学)
木下龍 (日本学術振興会)
芹川哲世 (二松学舎大学)
森千香子 (南山大学)
小林寧子 (南山大学)
功刀俊雄 (奈良女子大学)
谷口洋 (奈良女子大学)
中塚明 (奈良女子大学)
根岸章 (奈良産業大学)
平賀章三 (奈良教育大学)
田渕五十生 (奈良教育大学)
玉村公二彦 (奈良教育大学)
井深雄二 (奈良教育大学)
今正秀 (奈良教育大学)
石純姫 (苫小牧駒澤大学)
樋口直人 (徳島大学)
山口裕之 (徳島大学)
板垣竜太 (同志社大学)
水谷智 (同志社大学)
浅野健一 (同志社大学)
阿部範之 (同志社大学)
高木繁光 (同志社大学)
菊池恵介 (同志社大学)
洪宗郁 (同志社大学)
三原芳秋 (同志社大学)
竹内理樺 (同志社大学)
松久玲子 (同志社大学)
三ツ井崇 (同志社大学)
康宗憲 (同志社大学)
中西裕樹 (同志社大学)
中村艶子 (同志社大学)
山森亮 (同志社大学)
松本賢一 (同志社大学)
高榮珍 (同志社大学)
油谷幸利 (同志社大学)
和田喜彦 (同志社大学)
亀田尚己 (同志社大学)
錢鴎 (同志社大学)
渡辺武達 (同志社大学)
出原政雄 (同志社大学)
山口洋典 (同志社大学)
山本妙 (同志社大学)
庄司俊作 (同志社大学)
小山隆 (同志社大学)
大西秀之 (同志社女子大学)
山下明子 (同志社女子大学)
青野正明 (桃山学院大学)
石渡延男 (東洋大学)
河崎祐子 (東北大学)
大内秀明 (東北大学)
梶山雅史 (東北大学)
柳父圀近 (東北大学)
片山文雄 (東北工業大学)
守屋克彦 (東北学院大学)
郭基煥 (東北学院大学)
阪倉惠 (東大阪大学短期大学部)
毛利嘉孝 (東京藝術大学)
東浩一郎 (東京立正短期大学)
愼蒼健 (東京理科大学)
菅野賢治 (東京理科大学)
木名瀬高嗣 (東京理科大学)
稲葉敏雄 (東京都市大学)
田中浩朗 (東京電機大学)
黒田俊郎 (東京電機大学)
市野川容孝 (東京大学)
高橋哲哉 (東京大学)
外村大 (東京大学)
増田一夫 (東京大学)
小宮木代良 (東京大学)
伊藤たかね (東京大学)
足立信彦 (東京大学)
瀬地山角 (東京大学)
西山雄二 (東京大学)
清水晶子 (東京大学)
大串和雄 (東京大学)
影浦峡 (東京大学)
村田雄二郎 (東京大学)
吉田伸之 (東京大学)
高原明生 (東京大学)
塩川伸明 (東京大学)
丸川知雄 (東京大学)
遠藤基郎 (東京大学)
古井龍介 (東京大学)
林香里 (東京大学)
勝野正章 (東京大学)
小玉重夫 (東京大学)
石田勇治 (東京大学)
松本武祝 (東京大学)
村田純一 (東京大学)
津守陽 (東京大学)
宇野重規 (東京大学)
小森田秋夫 (東京大学)
六反田豊 (東京大学)
本田洋 (東京大学)
森元庸介 (東京大学)
山脇直司 (東京大学)
松前もゆる (東京大学)
中島隆博 (東京大学)
和田春樹 (東京大学)
前田朗 (東京造形大学)
李燦雨 (東京国際大学)
木本忠昭 (東京工業大学)
梶雅範 (東京工業大学)
吉田俊実 (東京工科大学)
石塚美佳 (東京工科大学)
植田麻実 (東京工科大学)
早尾貴紀 (東京経済大学)
本橋哲也 (東京経済大学)
徐京植 (東京経済大学)
寺中誠 (東京経済大学)
藤澤房俊 (東京経済大学)
高和政 (東京経済大学)
戸邉秀明 (東京経済大学)
新正裕尚 (東京経済大学)
麻生博之 (東京経済大学)
大榎淳 (東京経済大学)
小林正行 (東京学芸大学・東海大学)
坂井俊樹 (東京学芸大学)
高橋智 (東京学芸大学)
近藤弘幸 (東京学芸大学)
川手圭一 (東京学芸大学)
吉谷武志 (東京学芸大学)
君塚仁彦 (東京学芸大学)
藤本光一郎 (東京学芸大学)
谷部弘子 (東京学芸大学)
及川英二郎 (東京学芸大学)
木村茂光 (東京学芸大学)
鈴木裕子 (東京学芸大学)
北澤尚 (東京学芸大学)
齋藤ひろみ (東京学芸大学)
國分麻里 (東京学芸大学 )
丹羽泉 (東京外国語大学大学院)
杉澤経子 (東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター)
中野敏男 (東京外国語大学)
永原陽子 (東京外国語大学)
金富子 (東京外国語大学)
伊藤英人 (東京外国語大学)
尹慧瑛 (東京外国語大学)
北脇保之 (東京外国語大学)
吉田ゆり子 (東京外国語大学)
澤田ゆかり (東京外国語大学)
古川高子 (東京外国語大学)
二木博史 (東京外国語大学)
李孝徳 (東京外国語大学)
米谷匡史 (東京外国語大学)
久米順子 (東京外国語大学)
青山亨 (東京外国語大学)
岩崎稔 (東京外国語大学)
鈴木茂 (東京外国語大学)
鈴木義一 (東京外国語大学)
井江ミサ子 (東京外国語大学)
榎牧子 (東京海洋大学)
柿原泰 (東京海洋大学)
戸田勝善 (東京海洋大学)
日臺晴子 (東京海洋大学)
小暮修三 (東京海洋大学)
小松美彦 (東京海洋大学)
河合優子 (東海大学)
吉野誠 (東海大学)
大島宏 (東海大学)
清末愛砂 (島根大学)
富澤芳亜 (島根大学)
竹永三男 (島根大学)
岡田健一郎 (都留文科大学)
武内佳代 (都留文科大学)
井村行子 (都留文科大)
長森美信 (天理大学)
岡田孝子 (帝京平成大学)
後藤仁敏 (鶴見大学短期大学部)
志水紀代子 (追手門学院大学)
浅野純一 (追手門学院大学)
田中耕二郎 (追手門学院大学)
井ノ口淳三 (追手門学院大学)
坂上香 (津田塾大学)
林哲 (津田塾大学)
北見秀司 (津田塾大学)
水谷明子 (津田塾大学)
網中昭世 (津田塾大学)
仲野誠 (鳥取大学)
一盛真 (鳥取大学)
戸田清 (長崎大学)
瀧口眞央 (朝鮮大学校教育学部保育学科)
康明逸 (朝鮮大学校)
任正赫 (朝鮮大学校)
高演義 (朝鮮大学校)
廉貴成 (朝鮮大学校)
趙栄来 (朝鮮大学校)
大沼正博 (中京大学)
吉川純子 (中央大学他)
文純實 (中央大学商学部・明治大学文学部)
安家達也 (中央大学・青山学院大学・杏林大学)
小田マサノリ (中央大学)
三浦信孝 (中央大学)
イヒョンナン (中央大学)
フェリエ ミカエル (中央大学)
大田美和 (中央大学)
伊藤成彦 (中央大学)
三好みゆき (中央大学)
小林道正 (中央大学)
吉原ゆかり (筑波大学)
大井洋 (筑波大学)
佐藤嘉幸 (筑波大学)
小川美登里 (筑波大学)
新井保幸 (筑波大学)
永井俊策 (筑紫女学園大学)
高石双樹 (筑紫女学園大学)
高島拓哉 (大分大学)
原科浩 (大同大学)
菊地恵子 (大東文化大学・立教大学ほか)
福家洋介 (大東文化大学)
荒井明夫 (大東文化大学)
新納豊 (大東文化大学)
古屋哲 (大谷大学)
山内小夜子 (大谷大学)
北川邦一 (大手前大学)
細見和之 (大阪府立大学)
前川真行 (大阪府立大学)
住友陽文 (大阪府立大学)
舟橋春彦 (大阪電気通信大学)
日合あかね (大阪大谷大学)
小西和治 (大阪大谷大学)
冨山一郎 (大阪大学)
平田由美 (大阪大学)
中野元裕 (大阪大学)
大谷晋也 (大阪大学)
山中浩司 (大阪大学)
峯陽一 (大阪大学)
北原恵 (大阪大学)
小林清治 (大阪大学)
木戸衛一 (大阪大学)
三好恵真子 (大阪大学)
望月太郎 (大阪大学)
新屋敷健 (大阪大学)
米田信子 (大阪大学)
竹村景子 (大阪大学)
渡邊太 (大阪大学)
小野田正利 (大阪大学)
桃木至朗 (大阪大学)
蔡徳七 (大阪大学)
平雅行 (大阪大学)
荒川正晴 (大阪大学)
李栄篤 (大阪大学)
高橋照彦 (大阪大学)
鍛治致 (大阪成蹊大学)
石川久仁子 (大阪人間科学大学)
奈良昭彦 (大阪女学院大学)
奥本京子 (大阪女学院大学)
元百合子 (大阪女学院大学)
上杉聰 (大阪市立大学)
野崎充彦 (大阪市立大学)
大野陽介 (大阪市立大学)
全泓奎 (大阪市立大学)
金大貴 (大阪市立大学)
野田昌吾 (大阪市立大学)
匿名希望 (大阪市立大学)
藤永壮 (大阪産業大学)
雑賀恵子 (大阪産業大学)
前田達朗 (大阪産業大学)
窪誠 (大阪産業大学)
床井茂 (大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター)
金泰明 (大阪経済法科大学)
北田了介 (大阪経済大学)
裴光雄 (大阪教育大学)
廣岡浄進 (大阪観光大学)
大前哲彦 (大阪音楽大学)
鄭暎惠 (大妻女子大学)
羽場久美子 (大学教員)
佐々木洋子 (帯広畜産大学)
文鐘聲 (太成学院大学)
池内了 (総合研究大学院大学)
辻智子 (早稲田大学ほか)
岡田正則 (早稲田大学・大学院)
伊藤なお (早稲田大学・駒澤大学)
内海愛子 (早稲田大学)
布袋敏博 (早稲田大学)
齋藤純一 (早稲田大学)
勝方恵子 (早稲田大学)
崔泰源 (早稲田大学)
宋恵媛 (早稲田大学)
塩田勉 (早稲田大学)
守中高明 (早稲田大学)
小川芳範 (早稲田大学)
三橋広夫 (早稲田大学)
加藤茂生 (早稲田大学)
鄭根珠 (早稲田大学)
榊原理智 (早稲田大学)
岡山茂 (早稲田大学)
金スンオグ (早稲田大学)
岡本健 (早稲田大学)
伊藤守 (早稲田大学)
金牡蘭 (早稲田大学)
鈴木慎一 (早稲田大学)
福島みのり (早稲田大学)
後藤雄介 (早稲田大学)
樋口清秀 (早稲田大学)
浜邦彦 (早稲田大学)
村井吉敬 (早稲田大学)
内海崎貴子 (川村学園女子大学)
田中正敬 (専修大学)
吉川友丈 (専修大学)
仲川裕里 (専修大学)
愼蒼宇 (千葉大学・都留文科大学)
三宅晶子 (千葉大学)
柳澤悠 (千葉大学)
栗田禎子 (千葉大学)
趙景達 (千葉大学)
池田忍 (千葉大学)
三宅明正 (千葉大学)
片岡洋子 (千葉大学)
下村由一 (千葉大学)
伊藤谷生 (千葉大学)
内村博信 (千葉大学)
村岡英裕 (千葉大学)
高民定 (千葉大学)
石田憲 (千葉大学)
鹿住大助 (千葉大学)
山田賢 (千葉大学)
三宅芳夫 (千葉大学)
皆川宏之 (千葉大学)
佐藤和夫 (千葉大学)
田村高幸 (千葉大学)
武蔵志津江 (千葉大学)
西村靖敬 (千葉大学)
小沢弘明 (千葉大学)
曽我直隆 (摂南大学)
杉山茂 (静岡大学)
石田美智代 (静岡大学)
渡邉保博 (静岡大学)
芳賀直哉 (静岡大学)
笹原恵 (静岡大学)
玉置泰明 (静岡県立大学)
申惠丰 (青山学院大学)
宋連玉 (青山学院大学)
佐藤泉 (青山学院大学)
菅英輝 (西南女学院大学)
久木元真吾 (聖心女子大学ほか)
森宣雄 (聖トマス大学)
荒尾禎秀 (清泉女子大学)
佐藤バーバラ (成蹊大學)
愛甲雄一 (成蹊大学アジア太平洋研究センター)
細谷広美 (成蹊大学)
田浪亜央江 (成蹊大学)
遠藤不比人 (成蹊大学)
木畑洋一 (成城大学)
木畑和子 (成城大学)
西口正文 (椙山女学園大学)
奥貫妃文 (杉野服飾大学)
大里浩秋 (神奈川大学)
岡田泰平 (神奈川大学)
秋田歩 (神奈川大学)
尹健次 (神奈川大学)
山崎公士 (神奈川大学)
山根亮一 (神奈川工科大学・大東文化大学)
徳永あかね (神田外語大学)
宇野田尚哉 (神戸大学)
濱田麻矢 (神戸大学)
角松生史 (神戸大学)
箱田徹 (神戸大学)
羽地亮 (神戸大学)
市田良彦 (神戸大学)
古市晃 (神戸大学)
横川博一 (神戸大学)
正子 (神戸大学)
村田省一 (神戸大学)
梅屋潔 (神戸大学)
岡田浩樹 (神戸大学)
岩本和子 (神戸大学)
村井恭子 (神戸大学)
水口志乃扶 (神戸大学)
影山純夫 (神戸大学)
三杉圭子 (神戸女学院大学)
内田樹 (神戸女学院大学)
藤井幸之助 (神戸女学院大学)
松葉祥一 (神戸市看護大学)
長志珠絵 (神戸市外国語大学)
村上信一郎 (神戸市外国語大学)
田宮遊子 (神戸学院大学)
松井克浩 (新潟大学)
柴田幹夫 (新潟大学)
宮崎裕助 (新潟大学)
山口賢一 (新潟大学)
粟生田忠雄 (新潟大学)
相庭和彦 (新潟大学)
伊藤亮司 (新潟大学)
北村順生 (新潟大学)
藤石貴代 (新潟大学)
真壁あさみ (新潟青陵大学)
佐々木寛 (新潟国際情報大学)
吉澤文寿 (新潟国際情報大学)
権寧俊 (新潟県立大学)
木佐木哲朗 (新潟県立大学)
豊田保 (新潟医療福祉大学)
井口高志 (信州大学)
渡辺匡一 (信州大学)
卜田真一郎 (常磐会短期大学)
中村宗之 (上武大学)
光延一郎 (上智大学)
湯川嘉津美 (上智大学)
ディビッド・マックニール (上智大学)
原瑞穂 (上越教育大学)
羽村貴史 (小樽商科大学)
高島武雄 (小山高専)
古川美佳 (女子美術大学)
秋山洋子 (駿河台大学)
青山征彦 (駿河台大学)
大理奈穂子 (十文字学園女子大学ほか)
高村竜平 (秋田大学)
匿名希望 (秋田大学)
匿名希望 (秋田大学)
村田恵子 (就実大学)
山本薫子 (首都大学東京)
石川求 (首都大学東京)
浅田進史 (首都大学東京)
橋爪健郎 (鹿児島大学)
小栗実 (鹿児島大学)
志賀美英 (鹿児島大学)
木戸裕子 (鹿児島県立短期大学)
木村光豪 (自由が丘産能短期大学)
河かおる (滋賀県立大学)
武田俊輔 (滋賀県立大学)
竹下秀子 (滋賀県立大学)
田中俊明 (滋賀県立大学)
定森秀夫 (滋賀県立大学)
那須光章 (滋賀県立大学)
愼英弘 (四天王寺大学)
山本精一 (四国学院大学)
神野明 (四国学院大学)
倉敷伸子 (四国学院大学)
金永子 (四国学院大学 )
田中均 (山口大学)
立松潔 (山形大学)
樋口健志 (山形大学)
岩鼻通明 (山形大学)
夫勇進 (山形大学)
小池隆太 (山形県立米沢女子短期大学)
長友薫輝 (三重短期大学)
南有哲 (三重短期大学)
山田康彦 (三重大学)
越田清和 (札幌学院大学など)
藤野友紀 (札幌学院大学)
清水雅彦 (札幌学院大学)
湯本誠 (札幌学院大学)
片山一義 (札幌学院大学)
原田三千代 (桜美林大学)
藤林泰 (埼玉大学)
牛江一裕 (埼玉大学)
田代美江子 (埼玉大学)
結城剛志 (埼玉大学)
林量俶 (埼玉大学)
浜本由里子 (埼玉大学)
渡部宗助 (埼玉工業大学)
下地真樹 (阪南大学)
畑山敏夫 (佐賀大学)
豊島耕一 (佐賀大学)
染谷孝 (佐賀大学)
中島謙一 (佐賀大学)
石川亮太 (佐賀大学)
平地一郎 (佐賀大学)
鬼嶋淳 (佐賀大学)
庄司博史 (国立民族学博物館・綜合研究大学院大学)
艮香織 (国士舘大学)
正田良 (国士舘大学)
木原英逸 (国士舘大学)
山城雅江 (国士舘大学 )
松田利彦 (国際日本文化研究センター)
田仲康博 (国際基督教大学)
千葉眞 (国際基督教大学)
笹尾敏明 (国際基督教大学)
生駒夏美 (国際基督教大学)
小澤萬記 (高知大学)
岩佐和幸 (高知大学)
藤田詠司 (高知大学)
種田耕二 (高知大学)
加藤誠之 (高知大学)
玉木尚之 (高知大学)
丸井一郎 (高知大学)
宮島美花 (香川大学)
山下直子 (香川大学)
港道隆 (甲南大学)
高龍秀 (甲南大学)
西欣也 (甲南大学)
安藤房治 (弘前大学)
池田憲隆 (弘前大学)
佐藤崇文 (広島大学法科大学院)
木原成一郎 (広島大学)
安野正明 (広島大学)
川口隆行 (広島大学)
崔真碩 (広島大学)
門田孝 (広島大学)
浅井基文 (広島市立大学)
金栄鎬 (広島市立大学)
柿木伸之 (広島市立大学)
三須祐介 (広島経済大学)
林真理 (工学院大学)
蔵原清人 (工学院大学)
伊藤誠 (経済学者)
加納実紀代 (敬和学園大学)
松本ますみ (敬和学園大学)
有田佳代子 (敬和学園大学)
大串尚代 (慶應義塾大学)
今村純子 (慶應義塾大学)
小熊英二 (慶應義塾大学)
塩原良和 (慶應義塾大学)
道上知弘 (慶應義塾大学)
矢野久 (慶応義塾大学)
柳沢遊 (慶応義塾大学)
斉籐百合子 (恵泉女学園大学)
大橋正明 (恵泉女学園大学)
李泳采 (恵泉女学園大学)
斉藤小百合 (恵泉女学園大学)
岡田卓己 (啓明文化大学, 韓国)
斎藤周 (群馬大学)
山崎雄介 (群馬大学)
植村恒一郎 (群馬県立女子大学)
西槇偉 (熊本大学)
申明直 (熊本学園大学)
テヅカヨシハル (駒澤大学)
佐藤普美子 (駒澤大学)
出水薫 (九州大学大学院)
中里見敬 (九州大学)
直野章子 (九州大学)
松永典子 (九州大学)
熊野直樹 (九州大学)
中西秀 (九州大学)
植田信廣 (九州大学)
服部英雄 (九州大学)
波潟剛 (九州大学)
白鳥紀一 (九州大学)
青野雄太 (九州大学)
村田純一 (九州大学)
三好永作 (九州大学)
高木彰彦 (九州大学)
小川玲子 (九州大学)
西垣敏 (九州工業大学)
武藤桐子 (九州共立大学・香蘭女子短期大学)
秋貞英雄 (九州共立大学)
河合隆平 (金沢大学)
松田洋介 (金沢大学)
森茂 (金沢大学)
鳥居和代 (金沢大学)
古畑徹 (金沢大学)
半沢英一 (金沢大学)
小林宏明 (金沢大学)
梅田康夫 (金沢大学)
岸田由美 (金沢大学)
碇山洋 (金沢大学)
朝倉美江 (金城学院大学)
大越愛子 (近畿大学)
高賛侑 (近畿大学)
町口哲生 (近畿大学)
辻山ゆき子 (共立女子大学)
西山暁義 (共立女子大学)
川瀬貴也 (京都府立大学)
井口和起 (京都府立大学)
マリオ・ロペズ (京都大学東南アジア研究所)
駒込武 (京都大学)
水野直樹 (京都大学)
足立明 (京都大学)
吉井秀夫 (京都大学)
水野広祐 (京都大学)
堀和生 (京都大学)
吉村洋介 (京都大学)
水崎隆雄 (京都大学)
加藤和人 (京都大学)
田辺明生 (京都大学)
水谷雅彦 (京都大学)
出口康夫 (京都大学)
文世一 (京都大学)
橋本知子 (京都大学)
辻川慶子 (京都大学)
立木康介 (京都大学)
小山哲 (京都大学)
竹沢泰子 (京都大学)
明和政子 (京都大学)
小野文生 (京都大学)
宇仁宏幸 (京都大学)
小出裕章 (京都大学)
大西広 (京都大学)
大槻実希 (京都大学)
金賢得 (京都大学)
高木博志 (京都大学)
岡真理 (京都大学)
上杉孝実 (京都大学)
森眞理子 (京都大学)
辻本雅史 (京都大学)
小関隆 (京都大学)
佐々木祐 (京都大学)
山名淳 (京都大学)
田中祐理子 (京都大学)
宋基燦 (京都大学)
岩城卓二 (京都大学)
吉田正純 (京都大学)
田邊玲子 (京都大学)
増田真 (京都大学)
仲尾宏 (京都造形芸術大学)
下村泰史 (京都造形芸術大学)
李正熙 (京都創成大学)
レベッカ・ジェニスン (京都精華大学)
細川弘明 (京都精華大学)
池田浩士 (京都精華大学)
住友剛 (京都精華大学)
高橋伸一 (京都精華大学)
筒井洋一 (京都精華大学)
田村有香 (京都精華大学)
馬郡貴司 (京都精華大学)
呉宏明 (京都精華大学)
西田亜希子 (京都精華大学)
工藤正子 (京都女子大学)
秀村冠一 (京都女子大学)
岩槻知也 (京都女子大学)
秋本勝 (京都女子大学)
井上眞理子 (京都女子大学)
前田佐和子 (京都女子大学)
遠藤礼子 (京都産業大学)
大河内泰樹 (京都産業大学)
志賀浄邦 (京都産業大学)
鬼塚哲郎 (京都産業大学)
中川さつき (京都産業大学)
小倉恵実 (京都産業大学)
宮川康子 (京都産業大学)
外川正明 (京都教育大学)
浜田麻里 (京都教育大学)
小暮宣雄 (京都橘大学)
小川賢治 (京都学園大学)
富永智津子 (宮城学院女子大学)
黒滝正昭 (宮城学院女子大学)
山田渉 (宮崎大学)
轡田竜蔵 (吉備国際大学)
中須賀徳行 (岐阜大学)
松井英介 (岐阜大学)
近藤真庸 (岐阜大学)
ジョン・G・ラッセル (岐阜大学)
椎名貴彦 (岐阜大学)
太田和子 (岐阜女子大学)
中村共一 (岐阜経済大学)
菊池孝美 (岩手大学)
田中稔 (岩手大学)
土屋明広 (岩手大学)
杉浦直 (岩手大学)
横山英信 (岩手大学)
海妻径子 (岩手大学)
郷原佳以 (関東学院大学)
大内憲昭 (関東学院大学)
宮本弘典 (関東学院大学)
薮崎聡 (関東学院大学)
松波めぐみ (関西大学ほか)
宮橋國臣 (関西大学)
植村邦彦 (関西大学)
李月順 (関西大学)
藤木美奈子 (関西大学)
山ノ内裕子 (関西大学)
玉田勝郎 (関西大学)
広瀬義徳 (関西大学)
金明秀 (関西学院大学)
西村正男 (関西学院大学)
鈴木慎一郎 (関西学院大学)
川村暁雄 (関西学院大学)
吉野太郎 (関西学院大学)
川端浩平 (関西学院大学)
石田淳 (関西学院大学)
金憲誠 (関西学院大学)
時安邦治 (学習院女子大学)
鳥山淳 (沖縄大学・沖縄国際大学・琉球大学)
若林千代 (沖縄大学)
屋嘉比収 (沖縄大学)
我部聖 (沖縄大学)
西泉 (沖縄大学)
黒澤亜里子 (沖縄国際大学)
太田仁樹 (岡山大学大学院)
野田隆三郎 (岡山大学)
竹島あゆみ (岡山大学)
小林孝行 (岡山大学)
山根徹也 (横浜市立大学)
中西新太郎 (横浜市立大学)
一楽重雄 (横浜市立大学)
永岑三千輝 (横浜市立大学)
倉持和雄 (横浜市立大学)
上杉忍 (横浜市立大学)
村田隆一 (横浜市立大学)
白水紀子 (横浜国立大学)
加藤千香子 (横浜国立大学)
小ヶ谷千穂 (横浜国立大学)
門倉正美 (横浜国立大学)
大門正克 (横浜国立大学)
玉野研一 (横浜国立大学)
棚山研 (羽衣国際大学)
丸山剛史 (宇都宮大学)
伊藤一彦 (宇都宮大学)
稲葉奈々子 (茨城大学)
八若壽美子 (茨城大学)
金光男 (茨城大学)
林幸司 (一橋大学経済研究所)
鵜飼哲 (一橋大学)
坂元ひろ子 (一橋大学)
伊藤るり (一橋大学)
木村元 (一橋大学)
三浦玲一 (一橋大学)
渡辺雅男 (一橋大学)
平子友長 (一橋大学)
只野雅人 (一橋大学)
河野真太郎 (一橋大学)
藤野寛 (一橋大学)
森村敏己 (一橋大学)
伊豫谷登士翁 (一橋大学)
関啓子 (一橋大学)
中井亜佐子 (一橋大学)
アンニ (一橋大学)
三枝令子 (一橋大学)
葛野尋之 (一橋大学)
イ・ヨンスク (一橋大学)
糟谷啓介 (一橋大学)
坂上康博 (一橋大学)
糟谷憲一 (一橋大学)
小関武史 (一橋大学)
多田治 (一橋大学)
福田泰雄 (一橋大学)
貴堂嘉之 (一橋大学)
浜林正夫 (一橋大学)
平林一隆 (一関高専)
伊地知紀子 (愛媛大学)
土屋由香 (愛媛大学)
笹沼朋子 (愛媛大学)
池貞姫 (愛媛大学)
福本明子 (愛知淑徳大学)
久保田貢 (愛知県立大学)
與那覇潤 (愛知県立大学)
南守夫 (愛知教育大学)
藤井啓之 (愛知教育大学)
子安潤 (愛知教育大学)
岡田洋司 (愛知学泉大学)
諸橋泰樹 (フェリス女学院大学)
永野潤 (フェリス女学院大学)
井上惠美子 (フェリス女学院大学)
島村輝 (フェリス女学院大学)
中塚次郎 (フェリス女学院大学)
荒井真 (フェリス女学院大学)
黒岩裕市 (フェリス女学院大学)
矢野久美子 (フェリス女学院大学)
常岡せつ子 (フェリス女学院大学)
梅崎透 (フェリス女学院大学)
金香男 (フェリス女学院大学)
永田道子 (フェリス女学院大学)
佐野通夫 (こども教育宝仙大学)
米田俊彦 (お茶の水女子大学)
足立眞理子 (お茶の水女子大学)
内田伸子 (お茶の水女子大学)
岡崎眸 (お茶の水女子大学)
竹村和子 (お茶の水女子大学)
宮尾正樹 (お茶の水女子大学)
申キヨン (お茶の水女子大学)
冨士原紀絵 (お茶の水女子大学)
藤崎宏子 (お茶の水女子大学)
曹基哲 (お茶の水女子大学)
棚橋訓 (お茶の水女子大学)
池田全之 (お茶の水女子大学)

●海外の大学
大里齊 (湖西大学)
水戸喜世子 (建東職業技術大学, 中国江蘇省)
山口智美 (モンタナ州立大学)
平野克弥 (コーネル大学)
大久保祐子 (カリフォルニア大学バークレー校)
高木竜輔 (いわき明星大学)
君島和彦 (ソウル大学校)
金貴玉 (漢城大學校(韓国ソウル))
KIM Dong Woo (Universtiy of Seoul)
Hyun-Jae Lee (University of Seoul )
Jieun Kim (University of Illinois at Chicago)
Lisa Yoneyama (University of California, SanDiego)
玉置昌義 (TAMAKI記念研究所)
Jun Uchida (Stanford University)
Inhoe Ku (Seoul National University)
Kim, Yong Chang (Seoul National University)
Lim, Jae Man (Sejong University, Korea)
Vladimir Tikhonov (Oslo University)
Hyun Bang Shin (London School of Economics and Political Science )
Joung-Woo Lee (Kyungpook National University)
So-Young MIN (Kyonggi University, KOREA)
HONG, Hyun Mee Ra (Jeonju University)
Kisuk Cho (Ewha Womans University )
H Mitsui (Centro Incontri Umani, Switzerland)

コメント

【転載】余命3年時事日記 789 お知らせ

2016年05月25日 | 在日韓国・朝鮮人
お知らせ

いよいよみなさんの出番である。
やっと在日や反日勢力に対する反撃サイトを立ち上げた。
昨年「余命三年時事日記1」を出版、その中にも記述してあるが、3月か4月には3000円ほどの寄付をいただいて対抗するとしていたものが、ここまでずれてしまった。
 簡単な話、余命のミス。恥ずかしながら12月刊行の書籍の印税が4月になることを知らなかったというお粗末だった。よって1月~3月は地獄であったが、なんとか乗り切って、4月から本格的に動き出した。何をするにも現ナマ。弾がなくては大砲は撃てない。

 まず、保守系裁判支援団体すみれの会を立ち上げた。これはみなさんの寄付により活動するサイトである。
そのすみれの会のバックアップとして,余命は印税収入1000万円を予定している。

 すみれの会の保守系裁判支援という目的は大変アバウトであるが、これは、いただく寄付金の額によって決まる。
 裁判の支援は原告の場合も、被告の場合も審査は同じ。また保守という言葉の定義も曖昧なので、日本人を貶めるものであれば、外患罪でもしばき隊のような告発でもすべて対象となる。
 ただ、現状、すみれの会は告発を受理された案件の支援しか対応ができないのでご注意。官邸メールで列挙しているように、外患罪だけでも対象案件は山とあるし、野間裁判での損害賠償静岡判決の敗訴は今後、関連のツイッター誹謗中傷裁判に弾みをつけるだろう。
 また、今回の損害賠償の認定額が20万円という少額であることはまさに異常で、司法汚染とまでは言えないが、非常識な判決ではある。
静岡地裁、高裁の判決が以下である。
「本件で侵害された原告のプライバシーは、氏名,職業及び勤務先にとどまり私生活上の秘密とまではいえないこと等本件に現れた諸般の事情を総合考慮すると、原告の精神的苦痛を慰謝するには、20万円をもって相当すると思料する。」
在日の損害賠償認定が1000万をこえていることを考えると、こちらも考える必要がある。

 一方、民事と違って外患罪は刑事事案であるから、告発を受けた場合、警察あるいは検察が不受理ということはかなり難しい。
 竹島が武力占領されていることがどうのこうのという不受理の判断を現場の警察官や検察官ができるわけがないから、とりあえずは受理せざるを得ないだろう。証拠関係は刑事案件の場合、警察や検察の仕事であるから告発や通報は殺人事件と同じで目撃者や通報者が証拠集めをする必要はない。
 ビデオについては沖縄の翁長知事の公職選挙法違反の映像が証拠として告発されているが、起訴するかどうかは検察の判断だ。しかしもみ消しは難しいだろう。もみ消しはすぐに検察審査会行きだ。
 外患罪の場合は売国奴事案であるから、受理しなければその当人が外患罪に問われる可能性がある。軽重は関係なく有罪は売国奴確定であるから、日本では生活できなくなるだろう。今回の外患罪メールは政府にこの対応を問うているのである。
 弁護士なんかいなくてもひとりで告発はできるのである。その場合は集団で原告団を組織して支援することになるだろう。できるだけ早く弁護士や司法書士による相談窓口を開設するつもりである。
 また、日弁連弁護士が使えないので、朝日関係の訴訟は外国人弁護士による米国での訴訟となる。青天井の訴訟となる予定である。在日特権の数々は、日本の司法行政ではなく、米国による、「日本の韓国優遇、米国人との人種差別」という訴訟で解決を図ることになる。これらの訴訟は負けがない。原告はネットで募集すればいくらでもいる。もともと集団訴訟原告募集とは日弁連の手法である。
「裁判の原告になるメールを送れば、あとは何もしないで100万円ゲット」なんてメール広告なら誰でも飛びつくよな。

日本に恩返し
余命爺様、余命スタッフ様
日本を取り戻す活動をしている人々への、緊急の呼びかけです。

1.テレビ番組
(1)事実を伝えるべきTVのニュース、時事、政治、国際情勢の解説番組、歴史番組(ヒ●●●ア)など、反日、ねつ造の温床となっている番組をビデオを録画してウォッチして監視しましょう。
(2)番組中で反日、誤報、歪曲、偏向、ねつ造などがありましたなら、5W1H(誰が、いつ、何を、どのように、どう言った)で文字おこしをして記録し、外患罪告発資料を作成して準備いたしましょう。

2.新聞
(1)新聞は反日のための記事を書き、日々お花畑の日本国民に刷りこみを入れています。
事実と違う社説、解説、ニュース記事などで反日活動、敵国に利敵行為をしている記事がありましたら、証拠としてその●日、■日新聞を購入し保管して置きましょう。
(2)そして、紙面中に反日、誤報、歪曲、偏向、ねつ造などがありましたなら、5W1H(誰が、いつ、何を、どのように、どう書いた)で、文字おこしをして記録し、外患罪告発資料を作成して準備いたしましょう。

上記、来るべき時には証拠物件(ビデオ、紙媒体の公式発信された証拠物件)がものを言います。
緊急を要する内容の時は、自分で速攻、それを直接官邸メールとして総理官邸に速報を入れましょう。  (日本に恩返し)

付記
静岡の裁判で、野間易通のツイートが証拠となって敗訴している。ツイッター誹謗中傷裁判は勝てる判例がでたので、ブログの投稿を含めて魚拓の確保も有力な証拠となることが示された。
判決ではっきりとしばき隊の名前が出ているので、メンバーは削除に必死だろうな。
 信恵のリンチ事件も飛び火しそうだね。

さてモンスター対談の件である。
2チャンネルでスレッドが立ったとたんに、右上に「削除依頼」が表示されたそうな。
読まないうちから削除か....。ちょっと反応が過敏だな。
 ジャパニズム31の当該記事の見出しにはこう書いてある。
「....二人の行動力と影響力は、いずれも反日にとってはモンスターそのもの。二人のモンスターが、日本再生で力を合わせるべくついにタッグを組んだ。」
彼らが嫌な予感がするのはしょうがないか(笑い)
ちなみにジャパニズム31の発売は6月10日、大嫌韓日記は6月16日である。

 今回の寄付のお願いについては、我々は当然であるが、在日や反日勢力も注目している。
最初から失敗することがないよう、是非参加をお願いしたい。なお、企業についても支援要請を呼びかけるつもりである。
 金額は一応3000円としているが、決めているわけではないのでご自由に。また、この寄付行為は日本再生の闘いとみているので、ご芳名はCDに記載して靖国神社に奉納、常時閲覧可能になるようにしたいと思っている。

 以下はすみれの会HPからである。

 ゆうちょ銀行からのお振込み
記 号 10180
番 号 68683941
口座名 ホシュケイサイバンシエンダンタイスミレノカイ

 ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店 名 〇一八 (読み ゼロイチハチ)
店 番 018
普通預金
口座番号 6868394
口 座 名 ホシュケイサイバンシエンダンタイスミレノカイ


 この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。
 皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますが、
それに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。告発にしても同様です。
 その為、本会は保守活動の裁判にかかる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。
どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

保守系裁判支援団体 すみれの会
コメント

【転載】余命3年時事日記 788 巷間アラカルト76

2016年05月24日 | 在日韓国・朝鮮人
あす5月25日に重要なお知らせがある。たぶん数日は通常の受付と対応ができなくなると思うので、できるだけ投稿の差し控えをお願いする。

topaz
余命さま、
>.....もうすぐはじまるよ!!
成立した犯罪に対する刑事告発。 そう、私たちの出番です。 まってました!!

みなさま、
今年92才になる義母がこんなことを言ったのです。「警察は何をしていたのか」と。痛ましいアイドル女子大生殺人事件への印象でした。
お母さん、警察はね、犯罪が成立しなきゃ出番がないんだよ。
火事が起きたあとで消防署は何をしていたのかとは言えないでしょ?
ファンといえども執拗で一方的な、気味の悪い他人から、犯罪成立の前に身を守るのは家族の役割じゃないかなって言ったんです。
つまり、家族が相手の前に出て行くことです。
家族の覚醒に悩んでおられる方が多いとの投稿が相次いだようですが、どうでしょう?事実を提示しても納得しない家族が果たして正常といえるのか。 これは当人の問題であり、それを矯正するのは家族の義務です。避けることのできない重大な課題です。
家族にこう言えばいいんです。「余命三年時事日記に偽りがあるなら根拠を明確に示して下さい」と。「時間と労力を使って真偽を確かめることもしない怠け者に日本人の資格はない」と。「与えられるものに不平不満を言うだけの能無しに正しい判断ができるのか」と。「あなたは子供の未来に関心が無いのか」と。
「茶の間の正義は国を滅ぼす」と言った人がいましたがそのとおり。 お手軽な正義ほど破壊的なものはない。
耳障りのいいスローガンに美談。ウソをつくことに迷いのない人の得意技です。どんな大ウソもバレなきゃ真実。バレても何事もなかったかのように振舞う。日本人を家畜扱いしてきた証拠です。
日本には半島発のウソが多すぎて、その蔓延したウソを吸って、善良なつもりで生きてるあなたの家族を真人間にするのはあなたの役割であり、今こそ前に出て行く時ではないでしょうか。 戦後70年、反日どもに事実を突きつけて、一つ一つ厳しく追求し、広く世間に公開する時期ではないでしょうか。
それと、家族に理解されないという投稿の何割かは工作のように感じています。 だって、日本人はそんなにバカじゃないもの(笑い)

けいちん
ななこ様
特攻隊の映像ありがとうございました。
私の祖母の従兄弟が二人、特攻で散華しております。涙なしには観られません。私も常に護国神社の零戦が描かれた勝守りを肌身離さずにいます。偉大な先達に少しでも近づけるように出来ることをしていきたいです。

midaway
「カリフォルニア歴史教科書問題」
カリフォルニア州は朝鮮系と支那系の多い州で特殊です。サンフランシスコ市長が支那系であることから分かるように日系では数で負けてしまいます。
金で買収されている連中も多いのですから、日系からの抗議など最初から聞く耳を持たないのです。
そこで提案ですが、朝鮮系と仲の悪いアフリカ系や支那と仲の悪いベトナム系と連携して反撃したらいかがでしょうか。場合によっては数の多いメキシコ系との連携も必要です。 Youtubeで見られる「韓国人慰安婦の歌 」は慰安婦の真実を語っている素晴らしい動画です。これを米国内に広める運動をした方がはるかに効果的でしょう。無能な外務省に期待するだけ無駄です。米国政府だって慰安婦の嘘は知っているのです。

.....この答えはあす25日に....。

Orange
余命様 スタッフの皆様 読者の皆様
お疲れ様です。
いつも興味深く拝見しております。

以前、労働組合の話題を取り上げていたようなのでお伝え致します。
私の勤務先の労働組合の上部団体が組織内から候補者を出すそうなのですが、「支持者カード」なるものを配布して組合員やその家族の氏名、住所、電話番号等を集めているようです(ちなみに、もちろん民進党からの出馬です)。
「民進党に住所や電話番号を渡したら何に使われるか分かったものではない」と提出しないでいたところ、はじめは任意提出だったものが「○月○日までに必ず提出」となり、期限が過ぎた後も労組の役員が未提出者にちょくちょく声をかけているようです。というか、先日私も「出して」と言われました。
聞けば、勤務先の労組自体はあんまり乗り気ではないようなのですが、上部団体からの突き上げが激しくやらざるを得ないとのこと。
…もはやただの政治団体か後援会ですね。「労働者の権利」はどこ行っちゃったんでしょうね。
まあ、上部団体のお偉いさんがいきなり「安倍政権の暴走が~」とか言い出したり、機関紙の内容がひたすら「民進党を応援しよう!」な状態なので、目の前の選挙のことしか目に入っていないのかもしれませんが…。
私個人としては「組合員だったら民進党を応援するのは当然」みたいな雰囲気が気に入りません。思えば、ビラ配りや演説の手伝い等、労働組合は民進党(旧民主党)にずいぶんと協力してきました。しかし、当の民主党は手伝ってくれた労働者に何も返さないどころか、韓国ばかり優遇して日本国内の労働者の待遇を悪化させました。民主党政権下では失業者が増加したこと、平均賃金が大きく低下したことは皆様ご承知の通りです。
で、政権の座から滑り落ちたらまた「労働者のみなさん!応援してください!」とくるのですから呆れます。民進党も民進党ですが、これでまた民進党を支持してしまう労働組合も労働組合です。その上住所や電話番号を提供しろといわれて協力してしまうのですからお人よしというかお花畑というか…。
かなりぼかした表現、しかも駄文で申し訳ありません。
勢いは衰えたとはいえ労働組合、睨まれると仕事に差し障るので…。

ななこ
アンケートに固執している方がいらっしゃるようですので、花菱様のアンケート集計についてのブログ記事を一部引用いたします。
そこには、アンケート回答に乗じた妨害の内容が記されています。「余命」の名にどうしても反応してしまう人たちの仕業と書かれています。明らかにこのような妨害が予想されるアンケートを余命ブログに執拗に迫ることは、由々しき妨害行為と確信いたしました。許し難いことですね。
以下引用
こちらのアンケート集計には少し手間取っておりまして…と言いますのも、アンケート『覚醒の軌跡』シリーズとは異なり、悪質な回答(内容だけでなく意図的な多重投稿や意図的な無効回答)がけっこうあったのです。
多重投稿、無効投稿を割出し、ふるいにかけ、アンケート全体の信頼性を保持するためにデータを再抽出するのに時間がかかりました。
「余命」の名にどうしても反応してしまう人たちの仕業だと推測しております。やり方がセコい☆笑    引用終わり

.....医拳士改め医戦士
779巷間アラカルト73への5月23日の8:16PMのコメントについてです。
又、ケアレスミスです。
もし本分に掲載していただるなら、申し訳ありませんが訂正をお願いいたします。
「医師はその中から自分で選択して参加しているので、」の所で改行するのはミスです。
訂正をお願いいたします。

.....医拳士改め医戦士
779巷間アラカルト73への8:16PMのコメントについてです。
「753 余命74号資料⑤」にコメントを出したのですが、承認待ちのままなので問題があるのだろうと思い、もう一度修正して投稿しました。医拳士改め医戦士

.....貴殿の投稿に問題があったことはない。チェックする時間がない。ごめん!

アオイ
集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、その撤回を求める憲法学者の声明
※この学者たちは、日本国憲法において国政上最大の尊重を必要としている「第13条」をどのように担保すべきか、これについての言及が声明の中に無いと思うのですが。
これら学者たちは、日本国が存立しなくなれば、生命、自由及び幸福追求に対する日本国民の権利が担保されるとでも言うのでしょうか。わたしには、この学者たちが「日本国が存立してはいけない」「日本国民には生命、自由及び幸福追求の権利が無い」と言っているように思えますけど。
(参照1)日本国憲法 第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
(参照2)参議院決算委員会 質問主意書 第189回国会(常会)答弁書 第368号 平成27年10月6日 内閣総理大臣 安倍晋三
(参照3)防衛省HP:防衛省・自衛隊 憲法と自衛権 (以上、アオイ)

キーストン
沖縄より
世論誘導とみられる放送か。米人による沖縄女性殺害事件について。ラジオ沖縄だったと思う。5月23日午後、政治番組でない普通の午後のラジオ番組(音楽や情報メイン)ラジオリスナーからの投稿で「ネット・SNSで米軍基地前で抗議している人たちをプロ市民と呼んで・・・基地に対する抗議を批判するのはおかしい」と誘導している。
沖縄にはプロ市民が多数いるのだから批判されて当然ではないか。本当に一般リスナーからの投稿かな?以前も米軍基地関連で同じような世論誘導と思われるリスナーからの投稿があったが番組の雰囲気と合わない。私はラジオ聴きながら違和感を感じた。
仮に一般リスナーからの本物の投稿だったとしても”プロ市民”という言葉を使っている。保守側が似非抗議集団をプロ市民と呼んで、それが広まっているということ。
最近のネット上での保守側の攻勢が”効いている効いている”と解釈している。
ラジオ聴いていたリスナーはぜひ”プロ市民”とは何か調べてほしいね。
一般市民を装った反日勢力の政治活動だから!日当・弁当・温泉旅行付きの人もいるそうだ。沖縄タイムスか?(笑)新聞に載っている。保守速報さんの記事 ttp://hosyusokuhou.jp/archives/46350103.html

Star-Knight
僭越ながら時の法螺貝を吹かせて頂きます!!!
皆様!同志の方々の熱きレポート!厚き日本への想い!深く感じ入る今日この日です!!
時は来たれり!天が下!いざ参らん粛々と日の本の清爽!!
47士の雪の中の静寂の中で待機し討ち入る覚悟を心神とした精神で待ちわびる姿!!!
2016年のこの決期は明日からだと思えば永かった日の本の清掃も気楽に厳格に情け容赦なく輝人の如く心おきなく行う覚悟です!!
本日は天気晴朗成れど暑気熱し!!
さあ~!出陣です!!

琵琶鯉
正義のななし様へ
こんにちは、琵琶鯉と申します。私も日本を保守にしたい様と同じ考えです。
もともと日本の常識はガラパゴス、あまりにも民度が高い事で有名ですが、それも相手次第だと考えます。もし、中韓に対して「同じようにしたら自分達も同じにのる」というなら、彼らが歩んできた歴史書を読んでみる事をオススメいたします。「悠久の黄河と歴史が・・・」など、何故漢民族が二度も王朝が滅ぼされたのか?その裏には異民族に対する厳しい搾取があるのです。チベットやウィグル自治区での弾圧・・・少しも変わりませ。朝鮮人についても同じです。
降りかかる火の粉は払わねばなりません。時には不動明王の如く憤怒の形相で相手に接する必要があるという事です。   (琵琶鯉)

ドサンピン@量産壱号
爺様、皆様、ドサンピンでございます。
すんませんね爺様。 25日前に駆け込み投稿でございます。 申し訳ねぇ。

「2.特攻隊の操縦士は逃げ出せないよう、手を操縦桿に縛り付けられて、嫌々な
がら出撃させられた。」は真っ赤な嘘!
答:多くの特攻隊員が手を操縦桿にくくりつけていたのは事実だが、その理由は、敵艦からは当然猛烈な対空砲火を浴びせられる。自分もやられる可能性は大いにある。だから、自分が殺られても愛機の進路を敵艦に向けたまま突っ込むために、突入前に自分で自分の手を紐で操縦桿にしばりつけ、最後は紐の端を口に咥えて絞り上げ、体で操縦桿を守るよう覆いかぶさるようにして体当りしていったのが事実だ。
米軍は「日本兵は死体となっても飛んでくる。」と恐れおののいた。
だからこの事実は長いこと公表されなかった。

「3.「特攻隊は日の丸に神風と書いた鉢巻をして出撃した。」も嘘。」
答:特攻隊は「七生報國」と書いた鉢巻をして出撃した。その意味は「米軍よ。体当たり攻撃の恐ろしさを充分味わったか?!。しかし、これは手始めだ。我々は後七回やってくる。覚悟して待っとけ!」だ。だから、米軍は特攻隊の戦果を過小評価して我々に広めた。
特攻隊のこの生き様を鬼と言わずして、何と言おうか。
「七生報國」とは、『うぬら鬼畜米英の糞共に告ぐ。 われらは体当たりの自爆特攻を仕掛けて死した後、七度輪廻転生する。その一度の転生ごとに、特攻を繰り返す。それを数え七度繰り返す。
それが七人いれば、数え四十九回だ!!
一度死したからと言って終わりではないぞ。 残り六回、覚悟はよいか、愚か者ども!』
まさにこういう意味があったのです。
日本の仏教には輪廻転生という特殊な考え方がございます。
死してもまた生まれ変わるという考え方がありますからな。
イスラムテロリストの自爆テロなんぞ、民間人を標的にしている時点で単なる下手くそな猿真似にすぎんよ。
さて、平成の七生報國は米英が相手ではない。 米軍と自衛隊はもはや一蓮托生の仲だ。
今度の相手はシナ南北朝鮮ロシア、そして我が国に巣食う全共闘時代からの負の遺産、在日と反日勢力どもだ。

昨日は俺、仕事場の庭先で草むしりをやったのですよ。 いやぁ、激烈にしんどかった。
そのせいで最近皆様方に面白ネタ提供できてなくて申し訳ないね。 いかんせん多忙なんで。これから先梅雨で雨模様ですからな、梅雨明けになると本格的に灼熱地獄となるでしょう?
その炎天下での作業は過酷この上ございませんからな。
45リットルのポリ袋6袋分ですよ。 それを上司と2人がかりでこなしました。どくだみの臭いに悩まされましたぜ。
あれ、麦わら帽子って、そのまま洗濯機の中にほかの洗濯物と一緒に放り込むと網が一発で破れてしまうのですな。
大失敗こきました。 後でガムテープで補修じゃぁ。
そのままほったらかしにしますと隣の民家に迷惑がかかりますからな。
3・4回かけて社屋の周囲をあらかた刈りきった後。来週は除草剤とアリ殺しの散布の予定です。
邪魔な草は須らく毟りきりませんとなぁwww でっひゃひゃひゃひゃひゃ^p^
コメント

【転載】余命3年時事日記 787 余命本情報⑲

2016年05月24日 | 在日韓国・朝鮮人
あす5月25日に重要なお知らせがある。たぶん数日は通常の受付と対応ができなくなると思うので、できるだけ投稿の差し控えをお願いする。
 また、ご承知の通り宗教施設や九条の会等と同様に、明日以降は状況次第で何があってもおかしくない。つまり余命本を置かない書店は反日勢力の拠点となりかねない。
 過去ログのハンドブック情報と余命本情報をチェックして近隣の反日書店を確認して近づかないようにしていただきたい。


かてきん。
余命様スタッフの皆様、いつもお疲れ様です。
そして楽しい情報ありがとうございます。
余命本やっと手に入れ、現在3章に入ろうというところ。
2章最後の「着々と進むシナリオ」最高のタイトルですね。着々と進んでるのに死んだふりなんて、首相の策士っぷり爆裂ですな。
思わず冷蔵庫からビール取り出し呑みたくなってしまいました。
と、感想を伝えたいのではなく、書店関連の投稿です。
名古屋市北区の「らくだ書店」堂々と全て販売されておりました。入って正面の特設こーなーに平積み!
しかも店員さん手書きのおすすめポップ付きで非常に良く目立ちます!らくだ書店さんの愛国っぷりがよく分かりますね~(^^)
と、ご報告まで。
さて、3章入りますので、さようなら。

たろう 改め とみじろ
一度 たろう で 投稿した後、別の方が同じく たろう で
問題のある投稿をされたので控えておりました。
今回地元の本屋の情報を投稿された方がいたのでネームを改めて投稿しようと思いました。富山県の書店情報で、田舎者さまとイカホタルさまが投稿されていない書店についてです。
地元の本屋チェーン3社「明文堂」及び「文苑堂」はTSUTAYAと組んでレンタルをしている書店です。
唯一「Booksなかだ」はレンタルをしていない書店なのですが、掛尾の本店に日曜に行って来ました。
棚に平置きで余命1が2冊と余命2が7冊置いてありました。その隣にどなたかが書いていた 石平さんの「韓民族こそ歴史の加害者である」があり、余命2とともに買ってきました。
余命1のときは当初ほとんど入荷しなかったようで、後日ハンドブックとともに並んでいるのを見たという感じで遅かったのですが、今回は早く入荷したようです。
婦中町にあるファボーレ店でも余命1のときはだいぶ遅れて入荷していたようなので、今度見に行きたいと 思っています。
田舎者さまの「北陸三県は人口に対する書店数の多い土地柄。しかも地元書店が頑張っています。是非実店舗で購入して地元本屋を応援したいです。」の言葉は本当にそう思います。書店には頑張ってもらいたいものです。

匿名28号
※投稿を控えるべき時期なのは重々承知しておりますが、TSUTAYA図書館にかかわる件ですのでお許しください。

藤原の東子 様
TSUTAYA図書館は普通の図書館の常識が全く通用しない相手です。Tポイントカード導入の例から見ても、「図書館の自由に関する宣言」第三の「利用者の秘密を守る」が守られる保証はありません。
TSUTAYA図書館にリクエストすると、身バレの可能性があります!!
リクエストされるのであればTSUTAYA図書館以外でお試しください。
なお、余命本シリーズを寄贈する先でしたら、既に1冊所蔵実績がある仙台市図書館が一番お勧めです。特に、余命本1でしたら、かなりの高確率で2冊に増えます。(匿名28号)

とりー
余命様、皆様、初めまして。
何方かがリブロについて書かれていたと思いますが、先日、リブロ福岡天神店へ行ってきました。
余命本は在庫なし。
ないどころか、棚にはヘイトスピーチ~とか、政権叩きの本がずらりと並んでいて驚きました。
取り急ぎご報告まで。

RGB and white
はじめまして余命様、また様々な視点から貴重な情報を提供して下さる皆様方には、深謝以上に感謝を伝える言葉を知りません故、その思いを込めて
ありがとうございます。
さて、本題は余命本情報の提供ですが、余命3種の販売状況をもって投稿しようと思っていたら、6月頃に不買指定が出来そうだとの事で、次の流れの為に急遽投稿を決断しました。

wondergoo 鎌ヶ谷
日時 余命1販売~年末
余命1 ノンフィクションの棚
面陳列で一冊
棚差し 二冊

4月上旬頃
余命1 一冊 棚差し
余命HB なし

5月17日~
余命1 一冊 棚差し 第五刷
余命HB なし
余命2 なし

西武船橋内三省堂書店 社会情勢の棚
2月上旬頃
余命1 なし
5月17日~
余命1 なし
余命HB なし
余命2 一冊

東武船橋内旭屋書店 社会情勢の棚
3月上旬位
余命1 一冊 面陳列
平積み 五、六冊

5月17日~
余命1 四冊 面陳列 七冊 平積み
第8刷
余命HB なし
余命2 四冊 面陳列 七、八冊 平積み

船橋ときわ書房 5月17日~
平積み 3種揃えて陳列
余命1 三冊
余命HB 七冊以上
余命2 十冊以上

場所も狭く何冊か数えて本を乱すのもあれなのでおおよそとした。
フィルムでカバーしてあったので第何刷かは確認出来ず。

千葉 ヨドバシ内三省堂
4月中旬頃
余命1 なし
余命HB なし
5月17日~
余命1 一冊 第8刷 棚差し
余命HB なし
余命2 なし

千葉そごう内三省堂
4月中旬位
余命1 なし
余命HB なし
5月17日~
余命1 なし
余命HB なし
余命2 なし

千葉PARCO内改造社 5月17日~
余命1 なし
余命HB なし
余命2 なし

ゆみーる鎌取内(イオン)未来屋書店
5月17日~
余命1 なし
余命HB なし
余命2なし

精文館書店(TSUTAYA)おゆみの店
5月17日~
余命1 一冊 棚差し 第6刷
余命HB なし
余命2 なし

皆様の投稿によって書店の色分けや陳列本の特徴は皆様の投稿通り言うまでもない。
私見
私が見た書店には余命HBが無い。数量の面が若干データ不足だが、おおよそ、奴らに余命HBは都合の悪いものなのだろう。再確認した。
全ては余命様の掲げるテーマに帰結する。ここでは当たり前の事だがその当たり前が重要である。

個人的な感想(柔らかめ
改造社の怪しげな本が並べられている様に、余命本が無い事も相まって特に異様な雰囲気を感じた。

西武船橋・東武船橋・ときわは目と鼻の先・・・。
力の無い私でも余命本を段ボールに入れて、息が上がらず西武に差し入れに行けるんですが?不思議だなぁ(棒

いざ投稿しようと思ったら、5月前の日時が疎覚えである部分があったり、何より溜め込んだ事で思いの外、長文・見辛くなってしまった事ご容赦下さい。
「読み難いよ!」
「大雑把野郎」
の苦情は受け付けます (笑

追記
赤字での警告は確認したが、私が、参加出来そうな事でしたので申し訳無いが投稿させていただきます。
コメント

【転載】余命3年時事日記 786 巷間アラカルト75

2016年05月24日 | 在日韓国・朝鮮人
あす5月25日に重要なお知らせがある。たぶん数日は通常の受付と対応ができなくなると思うので、できるだけ投稿の差し控えをお願いする。

「一日本人」改め「摸摸具和」(同じHNの方がいらっしゃるようなので)
前略
余命プロジェクトチームの皆様には、心より感謝と敬意を表したいと常々思っております。
「余命本1」「HB」と弁護士の弟に送ってきましたが、聞いたら読んでいないというので、弁護士を目指している弟の高校生の娘(姪)に「余命本2」を送り、「お父さんが読めないみたいだから、君に送ります。前2著を読んでから読んでね。」とコメントを添えたのですが、
「今日娘宛に本が届きました。折角ですが、これは私の判断で本人には渡しません。
自分が良いと思う本を勧めたくなる気持ちは分からないではないですが、今回の件は理解に苦しみます。
次世代に対する優しい気持ちで贈ってくれたんだとは思いますが、受け容れてくれる仲間同士でお願いします。
ごめんなさい。」と帰ってきました。
「そういう事は、読んでから言ってくれ!」
と返したのですが、どうも日中に届いたので姪の母親(義理の妹)にブロックされたようです。この義理の妹は元外交官でチャイナスクールであることから、多少の汚染は危惧していたのですが、ここまでとは思っていませんでした。
弟には日弁連に代わる弁護士会の設立に携わって欲しかったのですが、 残念です。
家族でも殲滅してもらって構わないというコメントされた方がいらっしゃいましたが、私も唯一の弟夫婦であっても殲滅対象となっても止むを得ないと思いました。ただし、姪は何とかして助けたい。
お花畑の覚醒を促すだけでなく、将来の日本を託すべき若人達を助ける方法についても情報交換させて頂ければと思い、コメントさせて頂きます。
余命プロジェクトチームの皆様には、今後ともご活躍をお願いします。

.....現状の弁護士会は、ゆがんだ法解釈を縦に、数をもって反対勢力を押さえ込むという荒事をやっている。弁護士という職業の社会的評価は医師共々地に落ちている。
司法汚染の浄化は避けられない。その最優先順位に座るのが日弁連である。すでに自浄能力を完全に喪失していると余命は判断しているので、明日公表するシナリオでは、弁護士を完全に排除した作戦を立てている。現状、日本のためにと協力を申し出ている弁護士は10人に欠けるが、別に困ることはない。今後は国民感情次第だな。


日本桜様へありがとう
特攻隊の正しい歴史
覚醒して五年ですが知らなかった。ありがとうございます。前は共産党に入れていて未だ朝日を取ってる父に教えたい。
自身が覚醒して良かったのはご先祖様と正しく繋がれたこと。日本の伝統への尊敬とありがたさ。本当の感謝。生まれてから1度も騙されたことがないのが自慢だったが、実は両親共々生まれた時から自虐歴史に洗脳され百パーセント騙されていた事実。驚愕だ。
カルトやマスゴミステマに騙されにくくなったことは、前途は明るい。あのままパヨクだったら第2の赤いチバレイ様になっていたかもしれないし、いろいろな詐欺にいずれはあっていただろう。
この保守の年輪は、自分を守る最大の恵。戦前の日本食の素晴らしさ(伊勢神宮のお米の神様。小麦は戦後のGHQ政策)もわかったので体にも恵みとなった。ありがたいことです。  涙

チョコサクレ
「実に殊勝な態度である。だが売国奴に情状酌量はないぞ。さあて、みなさん25日からお祭りが始まりますよ」
うわあああ。何だろう?何が始まるのか?
ついに反日一掃?でもサミット寸前のこの時期に?出歩いても大丈夫なのでしょうか?
もしや訴訟関連??日弁連への反撃?
カミカゼじゃあのさんの「今年で決算するっていうし、これで戦後も終わるな。」というツイートも頭をよぎります。気になるー!
余命様、ここに集う全ての皆様の武運長久を祈ります!

.....なに、たいしたお祭りじゃないから、あまり期待されてもなあ(笑い)

靖國の森
日本桜さん。特攻隊についてのコメントに感動しました。ありがとうございます。正にそれが真実ですね。
私も先日、YoutubeにBabymetalの「紅月」と特攻隊の映像を合わせた動画をアップしました。もしよろしければ、どうぞご覧ください。

BABYMETAL - ”Akatsuki” ~Kamikaze Attackers~


都民
ななこ 様
前のコメントで、私の言葉足らずだったところを、ちょっと補足させていただきたいです。
中国人は、武力を用いない1つの外国領土の占領方法として真剣かもですが、日本のある場所に中国人移住者を増やせばその島は日本から独立を宣言できて中国領になる、と単純にはならないと思うのです。沖縄もしかり。
中国人の帰化人を議員にして地方議会で日本からの独立を宣言させ、そこに中国が進軍して中国領を宣言、これを日本全国規模で展開、結果日本の領土はなくなり全て中国領となると、中国人は妄想しているのかもしれませんがw
中国人が増えれば日本人が住みにくくはなりますが、日本は法治国家なので、日本の領土がそこに住む人口比率が一番多い移民のものになってしまうというシステムではないと思うのです。
中国が、中国人が増えたので日本から独立した、ここは中国だと勝手に宣言したところで無効でしょ?自衛隊が祖国防衛、外敵駆逐のために必ず出動しますから、と思う次第です。

日本人
余命翁様、スタッフの皆様、余命サポーターの皆様
こんばんは、日本人です。
前々回の衆議院選挙で愚かにも売国民主党(現民進党)に一票を投じてしまった私ですが、ネットを通じ、余命ブログに出会うことにより、覚醒した1人です。
民主党に政権を取られてしまった前々回の衆議院選挙での自民党の敗北原因は、反日マスコミの自民党バッシングもそうですが、売国奴連中にもっともな口実を与えてしまったのは、官僚の天下り問題、デフレを深刻化させる消費増税の繰り返し、年金消失問題などの政官癒着に嫌気がさした民意だったはずです。
そこに漬け込み、「霞ヶ関の埋蔵金を掘り出し、増税や官僚の天下りをやめさせる」との嘘八百で塗り固めたマニフェストとやらを掲げた、公務員労組 自治労、そして韓国民団を支持基盤とする偽装帰化人・売国奴議員集団、元民主党に日本国民は騙され、結果、一時は国家解体の危機にまで陥ってしまったのではなかったんじゃないんですか?
今、パナマ文書財務官僚でググってみてください。渋る安倍さんを説得し、消費税8パーセントを実現させて、アベノミクスを停滞させてしまった財務省のA級戦犯、木下康司事務次官の名前が出てきます。
さらに5月27日号の週刊ポスト59ページ「これがパナマ文書に記載された日本人230人だ!」の見開き1ページにわたって掲載されているリストの1番左脇の欄に、YASUSHI KINOSHITAの文字が確かに読み取れます。
また、5月28日号の週刊現代、52ページには、”いつの間にか「天下り」大復活”との記事の中に、元財務事務次官の木下康司が日本政策投資銀行の副社長に天下りしているとあります。
「元」事務次官て…..。いつの間に。
消費税上げた主犯が、マイヤー・ランスキー(アメリカ犯罪シンジケートの大ボスでユダヤマフィアのドン–映画ゴッドファーザー2のハイマン・ロスのモデル)が考え出した、匿名のスイス銀行へ麻薬やギャンブルであげた現金を一旦運んでから、引き出し屋に下ろさせてペーパーカンパニーに投資させる(海外の匿名口座を通せば税務局が金の流れを追えない)マネーロンダリングのシステムをそっくりそのままパクったタックスヘイブンを
ご利用ですか。
こんな事だから、私が余命本を突きつけても家族を説得できないのです!
私と警察関係者の叔父は右翼扱いです!
悩んでいる余命読者サポーターの皆様と同じですよ。
同号の「週刊現代」によると次期財務次官の主計局長が管官房長官に激しく脅されたらしいですが、まだまだ老人世帯にはネットの力が及んでいないというのが私の実感です。
とにかく今は安倍政権に賭けるしかないんですから、私も皆様同様さりげない余命本拡散と日々の官邸メールに努めますが、在日・左翼連合の一角に自治労があることを強く懸念しています。
余命翁、なんとかなりませんか?

.....一度完全にリセットしなければならないが、とりあえず在日と反日勢力がまとまってくれたので、選挙である程度は叩けるだろう。安倍総理は「日本を取り戻す」とし、余命は「日本再生」を掲げて活動しているが、方向は同じなので補完している事案が多い。 在日絡みや反日勢力に関する事案について、民進党(民主+維新)と共産党に対する正面攻撃は抵抗が大きいが、民間が起動して、政権が動くかたちにすると野党は動きにくい。
竹島問題と外患罪事案は安倍総理の最も民間に期待しているもので、これが余命の仕事である。まあここまでくれば一直線だ。なんとかなるだろう。


都民
778 巷間アラカルト72のななこ 様
中国人の沖縄・奄美占領宣言についてですが、他国の領土を占領する場合、敵地を点のみ占領しただけで点と線(補給路)で本国とつながらないと、自滅すると思います。
占領地にいる人には食料と飲料水、武器には燃料補給が必要ですが、日本の領土が侵略されたら日本は海上封鎖するので、線は断ち切られ、占領地に上陸した敵は孤立させられて兵糧攻めにあいます。こちらが何もしなくても自滅するしかない兵糧攻めは、古今東西の兵法にも記されている最古の戦法でしょう。
中国の三峡ダム攻撃を研究した台湾によると、三峡ダムを通常弾頭付き巡航ミサイルで攻撃して崩壊させれば、上海市を含む下流の6省市が「泥沼」となり、数億人が被害を受け、三峡ダム下流の長江沿岸には軍の駐屯地が多く、軍も戦争遂行が不能になるとのこと。この場合の中国の事前の対応策は、前もって三峡ダムの水を抜いておかねばならないというのだから、実際には不可能でしょう。
中国が日本の島々を占領する暴挙に出たら、台湾を参考にして中国の三峡ダムをミサイル攻撃して日本の国土を防衛すればいいのではないかと思う次第です。

.....台湾は政権が独立系にかわり、日米との関係が急速に改善の方向に向かいつつある。ベトナムと台湾については米国が武器輸出の全面解禁を示唆しており、実現の方向である。記事中の三峡ダムに関する武器輸出において巡航ミサイルとバンカーバスター爆弾の輸出は中国を刺激するということと、戦争規範におけるダム攻撃の禁止条項から拒否されているが、今後、進展しても、この件に関しては台湾も米国も公表はしないだろう。
中国の直接的圧力を受けているベトナムは台湾よりは実戦的国防体制をすすめている。
ただ全面戦争は考えにくく、とりあえずは、海軍の体制を整えたいとしている。陸軍と空軍は米国の武器輸入でまかなえるが問題は海軍である。実戦戦力としてロシアからキロ級潜水艦6隻の輸入を決め、すでに3隻が配備と聞いているが、中国も劣化版とはいえ同等の戦力を持ったキロ級潜水艦を配備しているのである。決定的な差はない。そこに決定的な差をつけるのが日本の深深度魚雷である。武器輸出に制限が原則なくなったため米国経由でなくても直接輸出が可能となった。これが実現すれば海南島の中国潜水艦基地は身動きできなくなる。水面下ではなく、日越海軍は軍事交流を深めている。練習艦隊は頻繁にベトナムに寄港するようになっている。オーストラリアよりははるかに頼りになるだろう。


四国の東端
71年前の今日、練習機白菊による白菊特攻隊が出撃しました。
今は亡き母方の大伯父が整備員として隊員を見送った話を聞いていました。
徳島空港隣の月見ヶ丘海水浴場で今夜から5回の出撃日に鎮魂の花火2発づつが打上げられます。
徳島教育航空群の敷地内に記念館があります。お近くにお越しの際には是非。

都民
余命 様 スタッフ 様
性奴隷関連のニュースを見て怒りで冷静さを失いましたが、韓国政府がVANKを援助するのと違い、日本政府が民間日本人保守の反日に対する抗議運動を援助するということはありえないのが日本という国のあり方なのですよね。
米国における朝日新聞訴訟で全米に対応するという方針で進めておられるとのことですので、25日を静かに待ちたいと思います。

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
今回は文字通りおめでたい話です。これから生まれてくる子供たちのためにきれいな日本にしてあげたいものです。劣化遺伝子を持つ民族と日本人を交配させるべきではありません。
出生率、1・46に回復…30歳代の伸び目立つ
厚生労働省は23日、2015年の人口動態統計(概数)を発表した。
1人の女性が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率は1・46で、2年ぶりに上昇した。前年を0・04ポイント上回り、1994年の1・50以来、21年ぶりの水準となった。赤ちゃんの出生数も5年ぶりに増えたが、死亡数から出生数を引いた人口の自然減は過去最大を記録した。

出生数は100万5656人で、前年より2117人増えた。出生率を年代別に見ると、30歳代の伸びが目立ち、40歳代と20歳代後半も上昇した。都道府県別では、前年と同じだった岡山県を除く46都道府県で上昇。最高は沖縄県の1・94で島根県(1・80)、宮崎県(1・72)と続いた。最低は東京都の1・17だった。
コメント

【転載】余命3年時事日記 785 医療汚染

2016年05月24日 | 在日韓国・朝鮮人
5月25日に重要なお知らせがある。数日は通常の受付と対応ができなくなると思うので、できるだけ投稿の差し控えをお願いする。

イノッピ―
看護師として医療に永年関わっていました。その中で色々と医療の裏側も厭という程見てきました。一言でいえば今の医療に人としての倫理観などかけらも期待できない状態です。まず大阪の私立病院経営者の国籍を問いたいと思います。たとえ3代4代に成ろうとも密入国の子孫はあくまで密入国者で日本人に成りすまそうとも日本人ではありません。
この人とたちの価値観はすべてが金、金、金、でしか無いのです。国の医療費の増大がいわれて久しいですが、診療報酬の誤魔化しはあたり前に行われているのが現状です。今一度医療のすべてを洗いなおしてほしいと思います。

catmousetail
本日5月19日、下記報道がありましたね。
過去繰り返している犯罪にも関わらず、平然と医療行為を続けていられるって何なのでしょうかね?医療&司法&地方行政の汚鮮合作という様子が見て取れますよね。
―――――――――――――――-
『性病と虚偽の診断」医師を告訴 東京・新宿の診療所』
東京都新宿区の診療所「新宿セントラルクリニック」で性感染症だとする虚偽の診断を受けたとして、男性4人が18日、詐欺罪で、経営する男性医師の告訴状を警視庁四谷署に提出した。
この診療所をめぐっては、虚偽診断と認定し、受診男性らへ賠償金を支払うよう命じた判決が3件出ており、うち1件は確定。18日、新たに3人が東京地裁に提訴した。
医療事故の被害者を支援する「医療問題弁護団」によると、診療所は判決後も診察を続けているとみられ、嘘の診断を受けたとの相談は他にもあるという。記者会見した服部功志弁護士は「被害拡大を防ぐためにも、早期の捜査や行政処分が求められる」と話した。
http://www.sankei.com/affairs/news/160518/afr1605180026-n1.html

こつる
情報です。
私の嫌いな新聞
毎日新聞 朝日新聞に広告を掲載する広告主を記録するブログ
「ひっそりと売国企業を表示しています」の調査の過程で
(朝日は病院の広告が多いのです)
9条の会・医療者の会 名簿というのを見つけました。
ttp://9-jo-m.jp/advocate/
医師は通報リストにはないですよね?
読者の皆様が現在あるいはこれから診てもらうお医者様の選定の際の参考にしていただければ幸いです。

たー
余命プロジェクトチームの皆様、ブログ読者の皆様お疲れ様です。
集団ストーカーの件でお世話になった【たー】です。
皆さんは【パピーミル】というのをご存知でしょうか?
パピーミルとは利益優先で犬猫を繁殖させている悪徳ブリーダーの事です。
その大半はもちろん在日だと言われています。
犬1頭当たりの生産性は高くないため、効率を上げるにはたくさんの母体が必要です。
頭数が多くなればそれだけコストが掛かることになりますが、犬猫は様々な部分をコストカットしても、命ある限り仔犬・仔猫を生んでくれます。
劣悪な環境で一生ゲージの中で散歩する事もなく少量の粗悪なフードで母犬は子犬に
栄養を取られ、痩せ細り糞尿まみれの中で懸命に子犬の世話をしています。
病気になっても治療もされず死ぬより辛い時間が続きこの世に生まれて良かったと思う事のないようなまま死んでいきます。
繁殖を行なうのに試験はなく、特別な資格もいりません。
行政に申請し、許可を受けていれば誰でも繁殖できますし、不衛生な状態で繁殖を行なっていても、注意を受ける程度で、登録が抹消されることはほとんどありません。
規制は厳しくなっていますが、それをもとに取り締まりが強化されなければ、いくら厳しくなっても現状は変わりません。
今、僕の家には悪徳ブリーダーから保護した犬がいます。
その子は今までの人生を取り戻すかの様に楽しそうにしています。
その姿を見ているだけで涙がでてきます。
皆さんもペットを飼いたいのなら命をお金で買うのではなく保護犬・猫の里親になって下さい、在日達の資金源を断つ意味でもあります。
一度【パピーミル】を検索して下さい、本当に酷い現状です。

みゃあ
余命様、チームの皆様、読者の皆様、
いつも大変お世話になっております。

余命74号の医師・看護師の資格・免許について、皆様のご意見を読み、足りない頭で考えてみました。
内容については、「そりゃそうだ」って感じです。
運転免許は顔写真つきで、流れ作業とはいえ定期的に更新があるのに、身体・命に関わる職業であれば最低限のそれは必須と思います。
また今の時代、知識や技術の進歩は早く自主的に学ばず甘えている人もおり講習や試験などの強制はやむを得ない職業だと思います。
自分の大切な体を預ける仕事です。重大なことだと思います。
まずは、在日・反日・自分の欲のことしか頭にない奴らを駆除することが優先で、細かい決めごとはそれからだと思います。どうせモメるんですから(笑)
余命の官邸メールは、重要なポイントを選別し、国民の総意として発信することに意味があると思っています。
考え甘いでしょうか…?
書きたいことは色々ですが、まとめようと思ったら言葉が足りない感じですが、なんとなく伝わることを信じます!

シエル
余命様の言葉を敢えて復唱させていただきます。実態を日本人が知ること。実態を投稿すること。すべてはそこから始まる。諦めたらそれで終わりだ。5万人10万人がこの記事を読む。各界乗っ取られているから奪還は大変だが、みんなで頑張ればなんとかなる。正に至言であります。どうもありがとうございます。

いと
こんにちは。
いつもありがとうございます。
医療について考えていて「朝鮮人による対日本人マニュアル」というものを思い出しました。「モンスター社員を辞めさせる方法」で話題になった社労士のブログがありましたが、このマニュアルの現代版があったりするのでしょうか?

朝鮮人による「対日本人マニュアル」
1 謙遜する 自分を低くして接し言葉遣いも雰囲気もうやうやしくおだやかにする。
2 哀れみを乞う 困りきったような情をあらわし憐憫で見られるようにする
3 怨みを言う 精神を失ったかのように憤ってはらわたから激しい怒りを出す。
4 恐喝 まさに威圧し脅しをかけておそれさせる。
5 閃くように弄する  あらゆる機会を用い時に乗じて翻弄する。
6 変幻 同じ態度をせず眩惑し推し量ることを難しくする。

曾テ韓人 我ヲ待ニ 六條ノ秘訣アリト聞ケリ 偶 住永友輔 左ノ文ヲ得テ出セリ 果シテ 其 聞所ノモノナラン
朝鮮人待日本人六條
一 遜辭  屈己接人辞氣温恭
一 哀乞  勢窮情迫望人見憐
一 怨言  失志慷慨激出怒膓
一 恐喝  将加威脅先試嚇動
一 閃弄  乗時幸會翻用機関
一 変幻  情態無常眩惑難測
右元禄年
資料:国立公文書館 アジア歴史資料センター

レビンコスタ
川崎駅近くの病院に入院しております。結婚して東京から川崎追分に移り住んで5年、そこまで朝鮮を感じたことはありませんでした。しかし病院内は朝鮮で溢れていました。
入院患者は名札と態度を見れば一目瞭然。成○という方は朝鮮らしさが溢れた娘と孫が1日中部屋に居座る。木○という名前の方はタバコをトイレで吸いまくり。
オモニたちは集まりTVを観つつアベガー、トランプガーの大合唱。金という医者は遅刻三昧で、最悪の患者対応という話。こんなことは余命ブログを見ていなければ気が付かないこと。ただの迷惑な患者とダメな医者が朝鮮という言葉で繋がること。なんだこの人!?という気持ちを持ったら名前と顔をみて納得して、そこへ憎悪の気持ちも沸いてきます。

医拳士改め医戦士
「テーマ 余命74号 医師、看護師の免許、資格について」
私はこの官邸メールが問題になると思っていなかったのと、私の役目は「余命情報」の拡散だと(勝手に)思っていたのと、その頃は仕事が忙しかったのとで議論の中に入りませんでした。
この官邸メールが必要な事の傍証として在日(の可能性が非常に高い)精神科医に向精神薬依存症にされた患者さんを紹介しました。
ただいろんな意見が出るので、遅ればせながら現役の医師として意見を述べたいと思います。
「余命ブログ」は日本を(日本人の手に)取り戻す。の目的個人ブログです。
余命チームが医療関連の不正も正す事が必要であると判断したのです。
それだけ不正の規模が大きいのでしょう。

不正は犯罪です。
不正(犯罪)とそれ以外に分けて考えるべきだと思います。
高額な医療費が不正(犯罪)によって横どりされているのでしょう。
本来ならそのお金があれば医療がもっと充実するはずです。
金銭だけの問題でなくて傷害や*人に匹敵する様な犯罪もあるのではと思います。
在日医師Red事案もありました。
医師資格(を含めた医療国家資格)の有無は、日本国籍の有無と同じく明瞭な問題です。
それを厳密化しマイナンバーと関連付ければ、なりすましを含めて国家資格絡みの不正(犯罪)の一部を正す事ができるはずです。
医療不正(犯罪)全体の一部でしょうが、それを突破口にしてさらに大きな関連不正(犯罪)を正す事もできるはずだと思います。
在日絡みの医療不正(犯罪)で、システムの作成や規模の大きな不正(犯罪)に主導的な立場で加担した日本人は外患誘致罪で告発しても良いのではと思っています。
なりすまし医師(を含めて医療国家資格者)の数はすごいのでしょうか。
私が思いつくのは共産党関連の民*連ぐらいですが、推測でも良いのでデータはあるのでしょうか。
不正以外の問題として医師資格更新時の労力の問題です。
沢山の勉強会や学会が(複数)あり、医師はその中から自分で選択して参加しているので、その水準以上に内容が充実していれば全然問題ないと思います。
自分にも有用で、日本の医療の向上にも有用で、日本の医療の不正をも正す事に有用であるなら是非参加したいと思います。
私は基礎や臨床各科の現在のトピックスや最先端の話が良いと思います。
他科を紹介する時に他科の現在を知る事も、他科のやり方を生かす(真似する)のも非常に有用です。
基礎の医師には研究の需要の方向性を確認するのにも有用だと思います。
試験をするならその時の講義などの内容から出題すれば良いと思います。
医拳士改め医戦士
コメント

【転載】余命3年時事日記 784 選挙関係アラカルト⑰

2016年05月24日 | 在日韓国・朝鮮人
5月25日に重要なお知らせがある。たぶん数日は通常の受付と対応ができなくなると思うので、できるだけ投稿の差し控えをお願いする。

真太郎
余命プロジェクトチーム様、余命読者様お疲れ様です。
みんな死刑になぁ~れ!と思う売国奴リストですが、選挙前に一人でも外患罪で告訴されれば野党は全滅でしょうね。

●集団的自衛権行使容認の閣議決定に抗議し、その撤回を求める憲法研究者の声明
安倍晋三内閣は、7月1日、多くの国民の反対の声を押し切って、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更の閣議決定を強行した。これは、「集団的自衛権の行使は憲法違反」という60年以上にわたって積み重ねられてきた政府解釈を、国会での審議にもかけずに、また国民的議論にも付さずに、一内閣の判断で覆してしまう暴挙であり、断じて容認できない。

閣議決定は、従来の政府憲法解釈からの変更部分について次のように述べている。
「我が国に対する武力攻撃が発生した場合のみならず、我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合において、これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないときに、必要最小限度の実力を行使することは、従来の政府見解の基本的な論理に基づく自衛のための措置として、憲法上許されると考えるべきであると判断するに至った」。
しかし、この新解釈では、どのような「他国に対する武力攻撃」の場合に、いかなる方法で「これを排除し」、それがどのような意味で「我が国の存立を全う」することになるのか、またその際の我が国による実力の行使がどの程度であれば「必要最小限度」となるのか、全く明らかでない。その点では、次のように述べた1981年6月2日の稲葉誠一衆議院議員の質問主意書に対する政府の答弁書から完全に矛盾するものである。

「憲法9条の下において許容されている自衛権の行使は、我が国を防衛するため必要最小限度の範囲にとどまるべきものであると解しており、集団的自衛権を行使することは、その範囲を超えるものであって、憲法上許されない」。
結局、今回の閣議決定は、どのように言い繕ってみても、日本が武力攻撃されていないのに他国の紛争に参加して武力行使に踏み切るという点においては、従来の政府見解から明白に逸脱するものである。

また、閣議決定は、公明党に配慮してか集団安全保障措置への武力行使を含めた参加についてはふれていないが、国連決議にもとづく軍事行動も、「憲法9条の下で許容される自衛の措置」の条件を満たせば可能であることは否定されていない。
加えて、米軍などとの軍事協力の強化は、閣議決定の中で、「我が国の防衛に資する活動に現に従事する米軍部隊」に対する攻撃の際の、自衛隊による「武器等防護」名目の武器使用や、国連安保理決議に基づく他国の軍隊の武力行使への自衛隊の支援という形で画策されている。
以上の点をふまえれば、今回の閣議決定は、海外で武力行使はしないという従来の自衛隊からの決定的変貌であり、「戦争をしない、そのために軍隊をもたない」と定め、徹底した平和外交の推進を政府に求めている憲法9条の根本的変質にほかならない。
私たち憲法研究者は、こうした憲法9条とそれに基づく戦後の平和・安全保障政策の完全なる転換ないし逸脱を意味する今回の閣議決定に対して、断固として抗議するとともに、その速やかな撤回を強く求めるものである。
さらに、政府は、この閣議決定を踏まえて、自衛隊法、周辺事態法、武力攻撃事態法、PKO協力法などの法律「改正」による国内法の整備を画策している。このことは、今回の問題が、7月1日の閣議決定で終了したのではなく、その始まりであり、長く続くことを意味している。私たち憲法研究者は、今後提案されてくるであろう、関連諸法律の「改正」や新法の制定の動きに対して、今回の閣議決定を断固として認めないという立場から、これらを厳しく検討し、時宜に応じて見解を表明することを宣するものである。
2014年7月18日

<呼びかけ人>
青井未帆(学習院大学教授) *飯島滋明(名古屋学院大学准教授) 石村修(専修大学教授) 稲正樹(国際基督教大学教授) 井端正幸(沖縄国際大学教授) 植野妙実子(中央大学教授) 浦田一郎(明治大学教授) 大久保史郎(立命館大学教授) 大津浩(成城大学教授) 奥平康弘(憲法研究者) *小沢隆一(東京慈恵会医科大学教授) 上脇博之(神戸学院大学教授) 小林武(沖縄大学客員教授) 小松浩(立命館大学教授) 小山剛(慶応大学法学部教授) *清水雅彦(日本体育大学教授) 杉原泰雄(一橋大学名誉教授) 隅野隆徳(専修大学名誉教授) 芹沢斉(青山学院大学教授) *徳永貴志(和光大学准教授) *永山茂樹(東海大学教授) 西原博史(早稲田大学教授) 水島朝穂(早稲田大学教授) 本秀紀(名古屋大学教授) 森英樹(名古屋大学名誉教授) 山内敏弘(一橋大学名誉教授) 渡辺治(一橋大学名誉教授) 和田進(神戸大学名誉教授)
以上28名/*は事務局

<賛同人>
愛敬浩二(名古屋大学教授) 青木宏治(関東学院大学法科大学院教授) 青野篤(大分大学経済学部准教授) 穐山守夫(明治大学兼任講師) 浅川千尋(天理大学教授) 浅野宜之(大阪大谷大学教授) 麻生多聞(鳴門教育大学准教授) 足立英郎(大阪電気通信大学教授) 新井信之(香川大学教授) 井口秀作(愛媛大学教授) 石川多加子(金沢大学准教授) 石川裕一郎(聖学院大学) 石埼学(龍谷大学法科大学院教授) 石塚迅(山梨大学准教授) 井田洋子(長崎大学教授) 市川正人(立命館大学教授) 伊藤雅康(札幌学院大学法学部教授) 猪股弘貴(明治大学教授) 今関源成(早稲田大学教授) 岩本一郎(北星学園大学教授) 植木淳(北九州市立大学) 上田勝美(龍谷大学名誉教授) 植松健一(立命館大学教授) 植村勝慶(國學院大學教授) 右崎正博(獨協大学教授) 浦田賢治(早稲田大学名誉教授) 榎澤幸広(名古屋学院大学講師) 江藤英樹(明治大学准教授) 榎透(専修大学准教授) 榎本弘行(東京農工大学専任講師) 江原勝行(岩手大学准教授) 大隈義和(京都女子大学教授) 大河内美紀(名古屋大学教授) 太田一男(酪農学園大学名誉教授) 大田肇(津山工業高等専門学校教授) 太田裕之(同志社大学法学部准教授) 大野友也(鹿児島大学准教授) 大藤紀子(獨協大学教授) 岡田健一郎(高知大学教員) 岡田信弘(北海道大学法学研究科教授) 岡本篤尚(神戸学院大学教授) 奥野恒久(龍谷大学政策学部教授) 小栗実(鹿児島大学法科大学院教員) 押久保倫夫(東海大学教授) 加藤一彦(東京経済大学教授) 金子勝(立正大学名誉教授) 彼谷環(富山国際大学准教授) 河合正雄(弘前大学講師) 河上暁弘(広島市立大学広島平和研究所准教授) 川畑博昭(愛知県立大学准教授) 菊地洋(岩手大学准教授) 北川善英(横浜国立大学名誉教授)  木下智史(関西大学教授) 君島東彦(立命館大学教授) 清末愛砂(室蘭工業大学准教授)清田雄治(愛知教育大学教授) 久保田穣(東京農工大学名誉教授) 倉田原志(立命館大学教授) 倉持孝司(南山大学) 小竹聡(拓殖大学教授) 後藤光男(早稲田大学教授) 木幡洋子(愛知県立大学名誉教授) 小原清信(久留米大学教授) 小林直三(高知短期大学教授)  近藤敦(名城大学教授) 今野健一(山形大学人文学部教授) 齊藤一久(東京学芸大学准教授) 斉藤小百合(恵泉女学園大学教員) 阪口正二郎(一橋大学) 笹川紀勝(国際基督教大学名誉教授) 笹沼弘志(静岡大学教授) 佐藤潤一(大阪産業大学教養部教授) 佐藤信行(中央大学法科大学院教授) 澤野義一(大阪経済法科大学教授) 菅原真(名古屋市立大学准教授) 鈴木眞澄(龍谷大学教授) 高佐智美(青山学院大学教授) 高橋利安(広島修道大学教授) 高橋洋(愛知学院大学大学院法務研究科教授) 竹内俊子(広島修道大学教授) 武永淳(滋賀大学) 竹森正孝(岐阜市立女子短期大学) 田島泰彦(上智大学教授) 多田一路(立命館大学教授) 只野雅人(一橋大学教授) 玉蟲由樹(福岡大学法学部) 塚田哲之(神戸学院大学教授) 寺川史朗(龍谷大学教授) 内藤光博(専修大学法学部教授) 長岡徹(関西学院大学法学部教授) 中川律(埼玉大学准教授) 中島宏(山形大学准教授) 中島茂樹(立命館大学教授) 永田秀樹(関西学院大学教授) 中富公一(岡山大学教授) 長峯信彦(愛知大学法学部教授) 西嶋法友(久留米大学教授) 成澤孝人(信州大学教授) 成嶋隆(獨協大学教授) 西土彰一郎(成城大学教授) 丹羽徹(大阪経済法科大学教授) 根森健(新潟大学教授) 野中俊彦(法政大学名誉教授) 口晶子(龍谷大学准教授) 樋口陽一(憲法学者) 廣田全男(横浜市立大学教授) 深瀬忠一(北海道大学名誉教授) 福岡英明(國學院大學教授) 福嶋敏明(神戸学院大学准教授) 藤井正希(群馬大学准教授) 藤野美都子(福島県立医科大学教員) 前原清隆(日本福祉大学教授) 松井幸夫(関西学院大学教授) 松田浩(成城大学教授) 松原幸恵(山口大学准教授) 三宅裕一郎(三重短期大学教授) 宮地基(明治学院大学法学部教授) 三輪隆(元埼玉大学教員) 村田尚紀(関西大学教授) 元山健(龍谷大学名誉教授) 諸根貞夫(龍谷大学教授) 山崎英壽(都留文科大学非常勤講師) 柳井健一(関西学院大学教授) 結城洋一郎(小樽商科大学名誉教授) 横尾日出雄(中京大学教授) 横田力(都留文科大学教授) 吉田栄司(関西大学教授) 若尾典子(佛教大学) 脇田吉隆(神戸学院大学准教授) 渡辺賢(大阪市立大学大学院法学研究科教授) 渡邊弘(活水女子大学准教授) 渡辺洋(神戸学院大学教授)
以上132 名(2014 年8 月5 日11 時00 分現在)
(弁護士ドットコムニュース)

.....以前、なぜ公表するのかなんて誰かにかみついていた学者先生がいたが、今回は全員、確信的、賛同だよな。国防がかかっている案件だからお花畑は許されないよ。
とにかく事態がかなり悪化しているから、これらの学者先生には近づかないことで身を守ろう。


ミラコスタ
余命翁さま、スタッフさま、連日の更新ありがとうございます!どうか、お疲れの出ませんように…
怒涛の更新で埋もれてしまいましたが、板橋区さま同様、余命本情報で川崎国にも同志がいた事がわかり、嬉しいです!
そして…コメント欄相違、ならびに内容的に削除で構いませんが、職場近くの某ファミレスで昼食の最中…
煎餅とは違う○○正宗教のおしいさんが仲間の男性と勧誘活動をかけていた男性から、まともな仕事をしたいが上手く行かず、生活が苦しくて生活保護を申請したがなかなか承認されないと言われた時。
おしいさん
共産党や民主党の議員さんに言って、早く下りるようにしてあげましょう!
とのたまっていました。その後、あの人達は票が欲しいだけなんだから!との事。
悪気はないのだろうし、本当に困っている人の為に使われるのは良いのですが、本当に、口利きってあるんだなぁ…と、びっくりした次第です。こう言う人がいるなんて、役所の人も大変だなぁ…と改めて思いました。
また、本当に困っている人の為にも、不正受給は許せないですね。

正義のななし
YKK様
やはり日教組は、即刻解体すべきですね。学生をそそのかして共産運動に参加させるなんて最低です。
先日、自民党が教職員の政治活動に罰則を加える改正案を秋の臨時国会に提出することを決めた(参考http://www.sankei.com/politics/news/160510/plt1605100003-n1.html)そうですが、まだまだ不十分のように感じられます。
日教組は朝鮮人、日本共産党とともに朝鮮進駐軍事件にも加わった共産テロ組織です。
共産党が公安監視対象の組織であると安倍内閣が閣議決定した際、保守速報やニュースUSなどに投下されたコピペの中にこのような一文も見つけました。

(一連の朝鮮進駐軍事件の中で日教組が起こしたもの↓)
1953.11.12 新潟県で講演内容が気にくわないと県教組(日教組)が文部常任専門員を吊し上げ。
このような組織に日本の教育を任せておくこと自体が異常なのです。
こちらの記事でも、日教組がいかに異常なテロ・犯罪集団であるかが解説されております。

日教組の正体 URL削除
この記事には日教組に所属する連中は研修という名目で一年間北朝鮮におもむき、そこでスパイとして教育されて帰国してくるということが取り上げられています。
また、日教組が募金詐欺までやっていたことも暴露されています。熊本地震で募金詐欺をした共産党と同じですね。
教育者を名乗る者たちが犯罪を平然と行うのですから開いた口がふさがりません。

余命64号へのエールとして、こんな官邸メールも送ってみました。
日教組の解体および共産思想を持つ者の教育界からの徹底排除を強く求めます
日教組は終戦直後の1953年、新潟県において日本共産党員や朝鮮人とともに騒乱事件を起こしており、すでにそのころから共産テロ組織であると言っても過言ではありません。
また、余命64号にも例示されていますとおり、暴力革命も辞さず、中国・韓国・北朝鮮におもねる共産思想を持つ教師に教育を任せておくことは日本の安全と国益を大きく損なう非常に危険な行為であります。
日教組の構成員の中には研修という名目で北朝鮮で一年間スパイ養成教育を受けて帰国する者も多くいます。
参考 日教組の正体 URL削除
日本の教育を正常化するために、日教組は即刻解体すべきと考えます。
我が国では思想・良心の自由が憲法第19条で保証されています。
しかし、共産思想に傾倒している教師たちによって偏った考えを押しつけられている学校の児童・生徒たちは、思想・良心の自由を著しく侵害されているのではないでしょうか?
これは大変ゆゆしき問題です。

余命64号で提案されております窓口の整備とともに、共産思想を持つ者の教育界からの徹底排除を強く求めます。
共産党員とその支持者に教職員の資格を与えない、教育委員会に置かない、共産思想を持つ教師は即刻免許を剥奪し、二度と教職に就けないようにする制度を導入していただきたいです。

神宮の森
待ちかねていた「余命三年時事日記2」が、Amazonから届きました。今回は、ゆっくりかみしめながら読みました。歴代と現三代目余命様には、たいへんなご苦労をされてこられたのですね。改めて、戦闘状態の意味がわかりました。
今回の2には直接紹介されていませんでしたが、青林堂さんから出ている「日本乗っ取りはまず地方から」(村田春樹著)が、タイトルが気になってすぐにAmazonに注文して読んでみたら、わが町(千葉県成田市の隣のK市です)も汚鮮されていることがわかり、ショックです。
既出でしたらすみません。恐るべき自治基本条例(まちづくり基本条例)について(抜粋)
「なにが危険なのかというと、”市民の定義を思い切り広げている”ことにある。条文では、住民だけでなく、その町の住民票も選挙権も持っていない、無関係な人までもが市民に定義されており、市民としての権利や義務をすべて行使できると明記してあるのだ」
ここまで読んで、寒気がしました。これって在日の日本乗っ取りですよね。市役所のホームページで確認したら、しっかり「市民恊働課」があってショックでした。「恊働」がキーワードです。コンセプトは、わざと曖昧に意味不明にして、わかりにくくしています。 要は、少数の在日を市の行政に自由に参画させて、自分たちの都合のいいように行政を動かそうとする試みで、さらにショックなのが、これが県と国レベルでも行われていること。もうなんなのって位です。
(私の理解が間違っていなければ・・)
で、お願いがあります。作文の書ける方、もっときちんと調べられる方、どなたかこれを官邸メールにしてください。
ほんとに地方もやばいです。外国人参政権がなくても、あやつらは、泥棒猫のように既にやらかしてます。駆除願いたいですが、この件も一斉駆除、ハードランニングで解決するならば、もちろん待ちます。取り急ぎまとめましたが、もう7年も前に決まっていたことにもショックで、平静ではいられません。
コメント